「Isle of Dogs」タグアーカイブ

『犬ヶ島』ウェス・アンダーソン監督絶賛の美少年! コーユー・ランキンと製作現場を覗き見映像到着


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)を手掛けたウェス・アンダーソン監督が贈る映画『犬ヶ島』が5月25日(金)より全国公開いたします。

全編にわたり日本を舞台とし、”ドッグ病”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く本作。

そして!

この度、全世界初解禁となる『犬ヶ島』のスペシャルメイキング映像が到着しました!!

本作の主人公アタリを演じたコーユー・ランキンが『犬ヶ島』の製作現場に訪れ、アタリを中心とした作品つくりにおける様々な工程を見学し、時には体験する様子が収められている本映像。



粘土でつくられたアタリの顔に表情を作り出してみたり、エアブラシでの色付けや眉毛の塗装、人形を立たせるためのアーマチュアという器具が組み込められた人形にポーズを取らせてみるなど興味津々に作業に取り組むコーユー。『犬ヶ島』の裏側の一部をコーユーと共に少しだけ覗き見ることができると共に、映像内では、ウェス監督から「コーユー・ランキンの演技を基に人形をデザインした。

彼の演技は本作の隅々にまで影響を与えた」と絶賛コメントが寄せられていることからも、コーユーが劇中でどんな演技を見せるのかにも期待が高まる内容に仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph 本作が長編映画デビューとなったコーユー・ランキンは、スコットランド系カナダ人の父と日本人の母の間に生まれた、現在11歳の美少年!

NYでのオーディションでウェス監督に才能を見出され、主役に抜擢されたコーユーですが、アタリは12歳という設定ながらも、収録当時は8歳だったそうで、ウェス監督はキャスティングを決めた時点では、そのことを認識していなかったのだとか。しかし、今回のようなストップモーション・アニメーションにおいては、製作の早い段階から声優が関わってくるそうで、役者たちの声と演技によりインスパイアされていったとウェス監督は明かします。その中で、「コーユーの声は素晴らしかった」とウェス監督は大絶賛!「私は日本語がわからないので彼の言っていることのほとんどは理解できませんでしたが、彼の素敵な声は、このキャラクター、そしてパペットを作っていく中で本当に多くのインスピレーションを与えてくれました」と語っています。

映画情報どっとこむ ralph ユニークで愛くるしい犬たちと少年の間に芽生えていく温かい絆に、世界中がピュアなハートを取り戻す、心躍る冒険物語。

犬ヶ島
原題:ISLE OF DOGS

5月25日(金)全国ロードショー

公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/

公式Twitter:@foxsearchlightj

ストーリー
近未来の日本。ドッグ病が大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。

ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。

愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。
島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく。

***********************************

監督:ウェス・アンダーソン

キャスト:ブライアン・クランストン、コーユー・ランキン、エドワード・ノートン、 ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、野村訓市、グレタ・ガーウィグ、フランシス・マクドーマンド、スカーレット・ヨハンソン、ヨーコ・オノ、ティルダ・スウィントン、野田洋次郎(RADWIMPS)、村上虹郎、渡辺謙、夏木マリ

全米公開:3月23日

配給:20世紀FOX映画
(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


『犬ヶ島』日本人VCに RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリが決定!


映画情報どっとこむ ralph 『グランド・ブダペスト・ホテル』の製作陣が再結集!映画『Isle of Dogs』(原題)の邦題が『犬ヶ島』に決定。2018年4月20日の全米公開、および2018年春、日本を含む世界公開が決定しました。

本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描きます。
声優陣として、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結したことでも話題となっている本作ですが、この度、第一弾日本人ボイスキャストとして、RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリの出演が決定いたしました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『君の名は。』(16)の音楽を担当し、幅広い世代から支持を得るRADWIMPSのボーカル&ギタリストである野田さんは、映画『トイレのピエタ』(15)で主演を務め俳優デビューを果たし、第39回日本アカデミー賞・新人賞を受賞、現在放送中の連続ドラマ『100万円の女たち』でも主演を務めるなど、役者としても類まれな才能を発揮していますが、今回ハリウッドでもその才能を発揮することとなりました。

野田さん:ニュースキャスター役で参加させてもらいました。iPhoneのボイスメモ機能を使っての台詞のやり取りから始まりました。そのデータを送って、返ってきて、修正して。はじめての経験で面白かったです。僕自身ストーリーの全容をまったく見ずに断片的に関わらせて頂いたので完成を観るのが今から楽しみです。とても幅広いキャストに象徴されるように、きっとボーダーレスでどこまでも自由なウェス・アンダーソン監督の作品になるのかなと期待しています。

とコメントを寄せています!

単に日本を舞台としているだけでなく、ウェス・アンダーソン監督を通じて日本カルチャー、Cool Japanを世界へ発信する一大プロジェクト、「犬ヶ島」にご注目ください。
    
***********************************

映画『Isle of Dogs』
邦題『犬ヶ島』

監督:ウェス・アンダーソン
ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノ

RADWIMPS・野田洋次郎、夏木マリ


ウェス・アンダーソン監督が日本舞台でアニメ映画『Isle of Dogs』(原題)


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する、20世紀フォックス映画配給にて、2018年の全世界公開予定の映画『Isle of Dogs』(原題)。


本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描きます。

声優陣として、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結したことでも話題となっている本作は、ただいま絶賛製作中です。

映画情報どっとこむ ralph 先日、海外ニュースサイトのIndieWireでのインタビューにおいて、最新作『Isle of Dogs』(原題)のアイデアの源泉について語ったウェス・アンダーソン監督。

アンダーソン監督がまず挙げているのが、70年代にTVアニメ(ストップモーション・アニメーション)として一世を風靡した、 “ランキン・バス クリスマス スペシャル”です。アンダーソン監督は、この作品を子供の頃に夢中で見ていたといい

アンダーソン監督:いつか自分でもあんな作品(人形アニメーション)を作って見たかったんだよ。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph そして、もう一つアイデアの源泉として挙げているのが、黒澤明監督です。本作を制作にするにあたって、黒澤明監督への熱烈なる敬愛を余すことなく表明しているアンダーソン監督ですが、

アンダーソン監督:新作、「Isle of Dogs」は黒澤作品からの影響の方が(ストップモーション・アニメーションより)大きいかもしれないね。

と断言。そこでこの度、日本のファンに向けて特別に、ウェス・アンダーソン監督本人にお気に入りの黒澤作品を聞きました!

アンダーソン監督:もちろんお答えするよ!挙げるとすれば、『天国と地獄』『悪い奴ほどよく眠る』『酔いどれ天使』かな。

ひとつめに挙げた“ランキン・バス クリスマス スペシャル”を制作したランキン・バス・プロダクションは、日米合作作品も多く残しており、のちに関連会社が宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』の制作母体となったことでも知られていますが、黒澤監督同様、宮崎駿監督作品にも深い敬意を持っていると明かしているアンダーソン監督の日本文化への愛が垣間見られます。

単に日本を舞台としているだけでなく、日本のエンターテイメントの源流にまで視野に入れた最新作、『Isle of Dogs』でどのような世界が展開されるのか、今から期待が膨らみます。

***********************************