「HMV&BOOKS TOKYO」タグアーカイブ

太賀と原作:早見和真がHMVトークイベントに登壇『ポンチョに夜明けの風はらませて』


映画情報どっとこむ ralph 早見和真の同名小説を新鋭・廣原暁監督が映画化した青春ロードムービー『ポンチョに夜明けの風はらませて』が、10/28(土)より公開となります。

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生たち。彼らの行くあてもない“高校最後の旅”を描く青春ロードムービーです。

廣原監督のもとに太賀さん、中村蒼さん、矢本悠馬さん、染谷将太さん、佐津川愛美さん、阿部純子さんら若手実力派俳優が集結しました。

この度公開に先駆けて、書店イベントを実施し、主演の太賀と、原作の早見和真が登壇。

「原作」とは呼べないほどに大胆な脚色に、一部で話題の本作について、「原作にテーマが10個あるとしたら、その中の1つを輝かせるために頑張ってくれた。僕の書いた又八は、太賀の又八で間違いないし、いい意味でヘンテコで、そこに高校生4人が宿っているいい映画」と原作者が太鼓判を押しました!


『ポンチョに夜明けの風はらませて』書店イベント
日時:10月11日(水)19:30~20:00
場所:HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース
登壇:太賀、早見和真

映画情報どっとこむ ralph 「ひゃくはち」に続いてのタッグですね。

太賀さん:早見さんとは2008年に出演させて頂いた「ひゃくはち」以来です。

早見さん:高校野球を舞台にした「ひゃくはち」というデビュー作をいきなり映画にして頂いた。主役級以外の子たちは遠い存在だったけど、太賀くんはすごく印象に残ってた。1シーン、2シーンくらいのセリフなのに、すごく鮮烈に覚えてる。この子はきっと売れるんだろうなと、思ってました。実は「ひゃくはち」は、太賀主演説もあったんだよね。

太賀さん:それを聞いて斎藤(嘉樹)君はどんな気持ちでいるんだろう…

早見さん:斎藤だからいいかなって(笑)

太賀さん:なんで俺にしてくれなかったんですか! と、そこはぐっとこらえて素直に嬉しいです(笑)


映画情報どっとこむ ralph 本作の原作「ポンチョに夜明けの風はらませて」を書かれたきっかけは?

早見さん:僕の小説としての原体験は「ひゃくはち」です。でも、「いつまでもこのテーマではやれないな」と思ってました。だからこそちゃんと清算したい、どこかできちんと閉じたいと思っていた。だから、「ひゃくはち」と同じ、男の子4人の物語を書きたかった。主演は太賀君と聞いてめちゃくちゃ嬉しかった。プロデューサーは現役の高校生ではない俳優でのキャスティングに不安があったみたいですが、僕は全然信頼していた。映画の感想として「おっさんが高校生を演じてる」という人もいるらしいけど、僕にはちゃんと高校生に見える。そこに太賀君の魅力がある。高校生も30代の役もこなせる、面白い役者だと思う。
ところで実際どういう経緯でこの話を受けたの?

太賀:撮影の1年くらい前にプロデューサーから脚本をもらいました。勉強不足で廣原監督のことは知らなかったのですが、原作が早見さんで、プロデューサーが「ひゃくはち」の永井さんということで即決で出たい!と。高校生役についての抵抗や気負いは正直なかったですね。脚本を読んで、素直に又八という役に対して眩しい、魅力的だなと思いました。

早見さん:ところで、俺のこと苦手だよね?

太賀さん:恐れず言うと…怖い(笑)。隠してるわけではないのに自分の未熟さがバレるというか。眼差しの鋭さに足がすくみます。

早見さん:何度か飲んだんだけど、屈託なくないんですよね(笑)もう一人、共通の知り合いに石井裕也監督もいるんですが、石井さんも苦手だよね(笑)?

太賀さん:苦手とかじゃなくて!生半可なことは言えないな、と。リスペクトしている分、中途半端な自分で居られない。今日のトークも一ヶ月前から震えてたんですよ。プロデューサーからも「早見さんは、鋭く来るよ」と言われてたし…(笑)

早見さん:僕は本当に太賀ファン。僕は素人だし偉そうに言えないけど、着実に進んでる。同世代の役者が脚光を浴びていくことをどう見ているんだろうと思ってた。染谷くんとか同級生だけどどう?

太賀さん:将太は高校の同級生だし、その中では一番最初に日の目を浴びた存在。すごく羨ましくも、悔しくもあった。今は、比べてもしょうがない。どうあがいても彼にはなれないし、と思うんですが。彼、彼らに対してではなく、「演じる役」に対して僕は嫉妬していたんだと思います。でもそれは彼らだから演じられた。そういう大事なことを見逃していたんじゃないかなと。役の巡り合わせとか、それは縁なんじゃいかなと、どしっと構えられるようになりました。

早見さん:太賀君の出演作品を観すぎて、もうしばらく観たくないと思いましたが、観ながら書いたメモに「10時間見てられる」とあった。それが太賀の特性じゃないかなって。実際に10時間観たら嫌になるだろうけど(笑)

映画情報どっとこむ ralph 完成した「ポンチョに夜明けの風はらませて」を観た感想は?

太賀さん:僕はめちゃくちゃホッとしました。又八という主人公は周りが全然見えてなくて、目の前のことを楽しむことをテーマにアプローチした。客観性とかをまったく考えてなかったので、怖くて仕方なかった。でも、映画を見てその役割をしっかり監督が拾ってくれてました。それがホッとしたという一番の理由です。

早見さん:原作者としてもホッとした。製作陣はしきりに気にするんですが、全然原作と違うんですよ(笑)。なんですけど、みんなが思うほど違うと思ってない。決定稿までに、もっともっと違う、迷走した脚本を山ほど読んできた。監督の苦しみの過程をずっと見てきたし、最後に原作にすがってくれたのが見て取れた。原作にテーマが10個あるとしたら、その中の1つを輝かせるために頑張ってくれた。だから、原作読んで全然違うと思われるかもしれませんが、原作者としては全然そんなことは思ってない。僕の書いた又八は、太賀の又八で間違いないし、いい意味でヘンテコで、そこに高校生4人が宿っているいい映画。ぜひ見て欲しいなって思います。

太賀さん:今回撮影に入るにあたって、原作を読まずにやらせてもらいました。それは自分なりの決意表明で、又八という役を読んだ時に守りに入りたくなかったんです。持ち合わせたすべてでぶち当たりたかった。主人公を演じることはそこまで多くはないので、ひとつの正念場だと感じて臨みました。映画ができあがって原作を読みましたが、びっくりするくらい話し違って、「こんなに違うんだ!?」と(笑)。早見さんがおっしゃってたように原作と映画は別物でもあるけど、どちらも「ポンチョに夜明けの風はらませて」である、と。

早見さん:中村(蒼)くんとも「ひゃくはち」以来だし、10年前に出会って今回で一つの結晶になってる。またやろうね。今度は高校生以外で(笑)

太賀さん:ありがとうございます!

映画情報どっとこむ ralph ポンチョに夜明けの風はらませて

物語・・・
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた。



***********************************

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子 / 角田晃広(東京03) / 佐藤二朗 西田尚美
原作:早見和真 「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊) 
監督:廣原暁  
脚本:大浦光太 廣原暁
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)
製作:「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会 
企画・制作:RIKIプロジェクト 
配給・宣伝:ショウゲート 
©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会
       


黒沢清監督、林祐介『散歩する侵略者』公開記念 音楽トークショー


映画情報どっとこむ ralph 国内外で常に注目を集める黒沢清監督が劇作家・前川知大氏率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化。

数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる、という大胆なアイディアをもとに、誰も見たことがない、新たなエンターテインメントが誕生しました。

この度、9月9日(土)の全国公開とオリジナル・サウンドトラックの発売を記念し、黒沢清監督と音楽を担当した林祐介さんによるトークショーが行われました。

『散歩する侵略者』公開記念トークショー
日時:9月5日(火)
場所:渋谷モディ 6F HMV&BOOKS TOKYO
登壇:黒沢清監督、林祐介

映画情報どっとこむ ralph 国内外から注目を集める黒沢清監督と音楽を担当した林祐介さんの貴重な組み合わせによるトークイベントだけあって、映画の公開を待ち望む観客で会場は満席に。まずはじめに

黒沢監督:音楽についてお話するイベントはあまりないので、どんな話が出るのか楽しみです。スリリングな時間になるのではないかと思います。

続いて

林さん:今日は黒沢監督と対談させていただけるということで、とても楽しみにしていました。短い時間ですがよろしくお願いします。

との挨拶からイベントがスタート。

約10年前に原作と出会ったことをきっかけに、侵略SFを日本で映画化したいと決意した黒沢監督。

そんな黒沢監督と林さんは、2003年の『ドッペルゲンガー』以降、本作を入れて4作目のタッグとなります。旧知の仲とも言える黒沢監督と林さんですが、初めて仕事を依頼された時の感想について、

林さん:初めて取り組んだ映画音楽が黒沢監督の作品で、とても緊張しましたが、やりがいを感じましたね。頑張るしかなかったです。

と本音を明かしました。本作を監督する上で、新たにチャレンジしたことについて問われると、

黒沢監督:物語の軸でもある鳴海(長澤まさみ)と真治(松田龍平)の夫婦の関係がどのように変化していくのか、というありふれた日常と、いったい世界がどうなってしまうのか、ということを同時に描くことがチャレンジでした

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 映画音楽とは物語の最後に解釈するもの、と断言する黒沢監督。
音楽を依頼する時は、キャラクターの感情に添うものではなく、物語に添った音楽をオーダーするそう。今回はクラシカルな中にもSFらしさがある音楽を、と林さんに依頼しました。

林さんはこの要望に応えるべく、普段の楽曲制作ではあまり使うことのない珍しい楽器を採用したことを明かしました。“オンド・マルトノ”と呼ばれる繊細な音階のコントロールができる電子楽器や、ホラー映画らしい音色が出る“ウォーターフォン”、黒沢監督作品では欠かせない、低音が特徴的な民族楽器など、見たことのない楽器の数々に

黒沢監督:初めて知りました。びっくりです。

と驚きと興味津々の黒沢監督。

また、実際に劇中で使用されている劇伴を聴きながら、そのシーンの狙いや作曲面で苦労したエピソードもお伺いしました。
真治が散歩するシーンに何度も使用されている、一度聴いたら耳から離れないコミカルなテンポな「散歩する侵略者」という楽曲に関して、

黒沢監督:耳に残るようなフレーズの曲を何曲か入れて欲しいと林さんにお願いしました。この曲はその一曲で、このシーンは怖くないんです、可笑しいんです!とはっきりわかる曲ですよね。

と解説。

林さん:宇宙人が散歩するというブラックユーモアを、オーボエやミュートしたトランペットで表現しました。実は、劇中で真治が散歩するシーンの真治の歩調に合わせて曲調を考えたんです。

と、映画音楽ならではのエピソードを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph メインテーマ曲は「愛のテーマ」。
黒沢監督:僕としてはめずらしく、わかりやすくて観た後に心に残るようなメロディの曲を作ってほしいとお願いしました。『シザーハンズ』や『夕陽のギャングたち』などのサントラや、エンニオ・モリコーネの曲をイメージで聴いてもらったり、女性のスキャットを入れてほしいなど、色々と難しい注文をしました。でも、林さんから出来あがった曲を聴かせていただいた時に、これだ!と思いました。

林さんによるキーボード演奏を交えながら楽曲に彩られた印象的なシーンの数々を振り返ってきたイベント。

ここで林さんに本作の楽曲を本日だけ特別にメドレー形式で演奏。
ここでしか聞けない貴重な機会に、会場の観客も大いに聞き入りました。

黒沢監督:林さんってピアノが上手いんですね(笑)

とジョークを交えながらも、貴重な生演奏に大感激の様子でした。



最後に、黒沢監督と林さんから観客の皆さんへメッセージをいただきました。

林さん:是非『散歩する侵略者』をご鑑賞いただき、サントラで余韻に浸っていただければと思います。そして何かを感じ取っていただければ嬉しいです」

黒沢監督:この映画は今日聴いた音楽のように、あらゆる要素がつまっています。観ていて戸惑うこともあるかもしれませんが、最後には非常にわかりやすいメッセージが込められているはずです。それが何なのか、是非劇場で確かめてください。

本作を語る上で欠かせない劇中音楽の制作秘話が明かされると共に、観客が「散歩する侵略者」の世界観にたっぷり浸った大満足のイベントとなりました。

映画情報どっとこむ ralph
サウンドトラック情報

映画『散歩する侵略者』オリジナル・サウンドトラック
音楽:林 祐介
好評発売中

PCCR-00658 \2,500+税 発売元・販売元:ポニーキャニオン

映画『散歩する侵略者』
9月9日(土)全国ロードショー

公式HP:sanpo-movie.jp
公式Twitter:@sanpo_movie
公式FB:@sanpomovie

世界は終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい。
数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ 方向へと動く。「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。


***********************************

監督:黒沢清 
原作:前川知大「散歩する侵略者」
脚本:田中幸子 黒沢清 
音楽:林祐介 

出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 長谷川博己ほか           

製作:『散歩する侵略者』製作委員会 
配給:松竹/日活
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会


Q’ulleがミニライブ&トーク ボクソール★ライドショーイベント


日本初の4DX®専用映画『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』が2016年1月16日(土)より全国順次公開となります。

Jホラーの鬼才、白石晃士監督が4DX®の性能を100%体感できる真のアトラクションムービーとして作成!座席のムーブ、風、香りなどに加え、何と雪や雨を降らせる事もできる9つのアクションを駆使し、4DX®のパワーを最大限まで発揮する映像体験できます!

そして今回!

映画の公開に先駆けEDテーマを担当する、歌って踊れるガールズロックユニット、Q’ulleによるライブイベントが行われ、EDテーマ「UNREAL」と「ALIVE」も披露。“廃校の番人”&のりのりの監督が乱入しました!

Q'ulle_ボクソール
ボクソール★ライドショーQ’ulleライブ&トーク
日程:1月7日(木) 
場所:HMV&BOOKS TOKYO イベントスペース
登壇:Q’ulle (いとくとら、ゆずき、まぁむ、まなこ、やっこ)、白石晃士監督

MC:先ずはエンディング曲にUNREALが選ばれた感想を。

まなこ:私たちの曲がエンディングになったって聞いた時は凄い感動と驚きでいっぱいでしたが、予告が出来た時には嬉しいなと感じました!

ここで、UNREALを熱唱!
Q'ulle_UNREAL1 Q'ulle_UNREAL3
そして、お客さんの後ろから“廃校の番人”&白石監督が乱入!
学校の番人
ピコピコハンマーとハリセンで退治!
Q'ulle監督
白石監督:ゆるい感じで登場してみました。今回の映画で学校の番人が出てきまして、女の子たちを魔界に誘い込む重要な役なんです。POV(Point of view)で表現しているんですが、カメラマンの田代と言うのが出てきますが、私が演じています。

MC:今回4DX専用映画としてお作りになりましたが。

白石監督:4DXの機能全部を盛り込むのが目的でしたので、撮影自体よりも脚本を考える方が大変でしたね。水や煙、光の他にも、女の子の香りがしてきたりもします。本当です。

MC:映画の感想を。

まぁむ:ジュラシックワールドもスターウォーズも4DXで観たんですが、これほどの機能ではなかったので(この映画は)盛りだくさんで感動しました。
Q'ulleまあむ
いくら:映画ですが、アトラクションのような満足感でした。是非劇場で。楽しかったです。
Q'ulleいくら
ゆずき:映画の2時間って飽きちゃうんですけど。この映画は30分で、怒涛のようで楽しめました。
Q'ulleゆずき2
やっこ:匂いとか水と揺れるは知っていたんですけど。降ってくる出てくるボーンボーンって!ほんとですよ!びっくりしちゃいました!みんな見た後はこんなテンションになります!
Q'ulleやっこ
まなこ:わたし、ホラー苦手なんですよ。まじでトラウマレベルです。さっきの番人もドキドキしちゃいました!
Q'ulleまなこ
監督:特に最後のQ’ulleの曲の部分は全部盛り込んでメチャメチャ4DX機能をつかってますので必見です。
白井監督1
MC:ホラー映画のお仕事が来たら?

まなこ:お芝居は興味があるのでしたいですが。撮影で泊まるときは一人では寝たくないです。

やっこ:わたしゾンビで出たい!

MC:UNREALをエンディングテーマに採用の意図は?

白石監督:ホラーですけど。最後は楽しく盛り上がる感じにしたかった時に、プロデューサーが持ってきたのがUNREAL。凄い合っていたので。決めました。

白井監督②
MC:Q’ulleで映画を撮るとしたら?

白石監督:今度世界ツアーをするそうですが、その時に何か恐ろしいことが起こるっていうのも面白いかなと。ツアー中いつ恐ろしいことが起こるかわからないって言うのがいいですね。

MC:最後に告知を!

いくら:EDテーマのUNREAL絶賛発売中です!それから5月に5thシングルも出ますので予約してください!

ゆずき:アジアツアーが決定しましたFINALが10月15日ZEPPダイバーシティーです!

白石監督:今日発売ですが「フェイクドキュメンタリーの教科書」と言う本が出ましたので宜しくお願いいたします!

そして!ALIVEを披露して終了となりました!

Q'ulle_ALIVE2
映画『ボクソール★ライドショー 〜恐怖の廃校脱出!〜

は、2016年1月16日、ユナイテッド・シネマ豊洲他全国順次ロードショー!

公式HP:4dxmovie.jp

********************************************************************

ボクソール★ライドショーポスター出演:岡本夏美 渡辺恵伶奈 松本妃代 大迫茂生 久保山智夏 
監督・脚本・撮影・出演 白石晃士
製作:「ボクソール★ライドショー」製作委員会
(C)2016vauxhallrideshow
協力:ユナイテッド・シネマ
制作:Uhuru Films
制作協力:ダブ
配給・宣伝: KICCORIT 上映時間:約25分