「GYAO!」タグアーカイブ

『2018年第92回 キネマ旬報ベスト・テン』過去受賞作品70本を『GYAO!』無料配信を開始


映画情報どっとこむ ralph 動画配信サービス「GYAO!」は、昨年に引き続き株式会社キネマ旬報社が選出する『2018年第92回 キネマ旬報ベスト・テン』と連動し、過去のベスト・テン受賞作品を無料配信することが決定しました。

「キネマ旬報ベスト・テン」は、1924年に当時の編集同人の投票によってベストテンを選定したことを発端とする映画賞です。

現在はのべ約130名の映画評論家、日本映画記者クラブ員を中心に選定されており、その年齢・所属の幅も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を業界内外から受けています。2019年2月10日(日)に第92回の表彰式と第1位作品の鑑賞会が開催される予定です。

株式会社GYAOと株式会社キネマ旬報社はこの取り組みを通じて、映画作品を新旧問わず盛り上げ、映画業界全体の活性化を目指します。

映画情報どっとこむ ralph 今回配信となるのは、過去のベスト・テン受賞作品。
邦画では最新作『来る』も絶賛公開中の中島哲也監督の『下妻物語』、山田洋次監督が昭和初期につつましく生きる家族の姿をとらえ、現代の家族へのメッセージとしてつづった感動の家族ドラマ『母べえ』のほか、洋画ではボクシングを通しトレーナーとボクサー志望の女の強い絆を描き、アカデミー賞主要4部門を受賞したクリント・イーストウッド監督の大作『ミリオンダラー・ベイビー』など邦画・洋画含めて約70本をお届け。

【特集概要】
特集名 :GYAO! Presents キネマ旬報ベスト・テン特集
特集ページURL:GYAO! kinejun/
展開期間:2019年1月9日(水)~未定
視聴料金:無料でご視聴いただけます。

映画情報どっとこむ ralph 配信作品ラインアップ
※2019年1月9日(水)時点のラインアップです。
※配信作品および配信期間は予告なしに変更になる場合があります。
※()はキネマ旬報ベスト・テン受賞年と順位を表示。受賞年度順に並べています。


<日本映画>

『GO』(2001年1位)
2019/2/22~2019/3/7

『ピンポン』(2002年9位)
2019/2/14~2019/3/13

『下妻物語』(2004年3位)
2019/1/18~2019/1/31

『クライマーズ・ハイ』(2008年8位)
2019/2/27~2019/3/12

『桐島、部活やめるってよ』(2012年2位)
2019/2/23~2019/3/8

『苦役列車』※R15+(2012年5位)
2019/2/1~2019/2/21

『0.5ミリ』(2014年2位)
2019/1/17~2019/2/16

『小さいおうち』(2014年6位)
2019/2/25~2019/3/10

『私の男』※R15+(2014年7位)
2019/2/22~2019/3/7



<外国映画>

『さらば、わが愛 覇王別姫』(1994年2位)
2019/1/14~2019/2/13

『花様年華』(2001年2位)
2019/1/21~2019/2/20

『JSA』(2001年5位)
2019/1/26~2019/2/25

『戦場のピアニスト』(2003年1位)
2019/2/14~2019/3/13

『マッチポイント』※PG12(2006年10位)
2019/2/8~2019/3/7

『ハート・ロッカー』※PG12(2010年5位)
2019/2/23~2019/3/8

『ミッドナイト・イン・パリ』(2012年5位)
2019/2/15~2019/3/14

『愛、アムール』(2013年1位)
2019/2/17~2019/3/16

『黒衣の刺客』(2015年5位)
2019/1/23~2019/2/22

『キャロル』※PG12(2016年2位)
2019/2/5~2019/3/4



<「キネマ旬報ベスト・テン」概要>


世界的にみて、非常に長い歴史を持つ映画賞(*)であり、ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」の3つのカテゴリーに分けて発表しています。さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、各10作品発表するほか、各個人賞部門ではその年の称賛すべき作品

・映画人を多面的に選び出しています。

ベスト・テンおよび各賞の選出者は、映画を多く鑑賞し、そのなかでも独自の基準において厳しく選抜された方で構成されています。選出者数も多く(2018年度はのべ約130名)、その年齢・所属の幅(映画評論家、日本映画記者クラブ員など)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けています。

(*)・・・アメリカのアカデミー賞は2019年で第91回となるため、それと比較しても歴史の長い映画賞と言えます。

(C)キネマ旬報社

***********************************



木村拓哉がさまざまなお題にチャレンジ! 『木村さ~~ん! 特ば~~ん!』決定!


映画情報どっとこむ ralph 「GYAO!」は、 TOKYO FM の番組『Flow』と連動し、木村拓哉さんが与えられる“お題”に挑戦していくバラ エティー番組『木村さ~~ん!』の特別番組『木村さ~~ん! 特ば~~ん!』(全 4 回)を 2019 年 1 月 8 日(火)より毎週火曜日 21 時より無料配信(※)することが決定しました。
今回の特別番組は、1 月 18 日(金)より公開の木村拓哉さん主演の映画『マスカレード・ ホテル』にちなんで企画されたもので、木村拓哉さんが刑事役を演じることから「潜入捜査」をテーマとしてさまざまなお題に木村拓哉さんがチャレンジをしていくという内容です。

初回の配信では、映画の舞台でもあるホテルに潜入するため、番組ディレクターからの“むちゃ ぶり?”でバーテンダーの特訓を開始。バーテンダーならではのスゴ技にチャレンジします。 第 2 回の配信ではホテルに着いた木村拓哉さんのところへバーに現れるという「犯人」を捜 せという指令書が届きます。一体、「犯人」は誰なのか?、バーにいる宿泊客に“取り調べ”を 行い手がかりを探す木村拓哉さん。果たして「犯人」の正体を見破ることができるのか? 映画「マスカレード・ホテル」とのコラボということで、特別ゲストも登場する本番組、どんな展開が待ち受けているのか?全4回にわたり盛りだくさんでお届けいたしますのでぜひご期待ください。

※当番組は 2019 年 1 月 8 日(火)以降毎週火曜日の 21:30 から 22:59 まで、Yahoo! JAPAN アプリ、Yahoo! JAPAN トップページ(PC・スマートフォン)で視聴することも可能です。

映画情報どっとこむ ralph <番組概要>
■番組タイトル:『木村さ~~ん! 特ば~~ん!』(全 4 回・各 15 分程度)
■番組サイトURL:こちら
■配信スケジュール:2019 年 1 月 8 日(火)21:00 より配信開始 ※毎週火曜日更新
■内容:木村拓哉の“素”が垣間見える「GYAO!」で配信中の人気バラエティー番 組『木村さ〜〜ん!』。同番組では、TOKYO FM『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』リスナーからのリクエストに全力で応えてきた拓哉キャプテ ン。そんな彼が今回挑む企画は――「潜入捜査!」。2019 年 1 月 18 日公 開予定の映画『マスカレード・ホテル』に新田浩介という警視庁捜査一
課の刑事役で主演する木村拓哉が映画『マスカレード・ホテル』にちな んだ企画に挑戦します!

出演者:木村拓哉 他

映画情報どっとこむ ralph <映画「マスカレード・ホテル」について>
350 万部突破の東野圭吾作品屈指の人気を誇る『マスカレード』シリーズの第 1 作「マスカレー ド・ホテル」が木村拓哉、長澤まさみの豪華共演で待望の実写映画化!木村扮する敏腕刑事が、長澤扮する優秀なフロントクラークとコンビを組み、衝突しながらも難事件に挑む姿を描く。 『HERO』シリーズの鈴木雅之が監督を務め、小日向文世、渡部篤郎、松たか子、前田敦子など 多彩なキャストが出演。2019 年 1 月 18 日(金)より全国東宝系にて公開。


公式サイト:http://masquerade-hotel.jp/

***********************************


(C)Johnny&Associates


「PEACE MAKER 鐵」前篇~想道~の冒頭映像がGYAO!限定のロングPVとして配信開始


映画情報どっとこむ ralph 慶応三年・幕末動乱の時代を舞台に、武士になることを望み、京へと旅立ち懐かしき故郷にその錦を飾るため、戦いへと突き進んでいく若者たちの姿は、長年に渡り多くのファンを虜にしている。2018年・劇場アニメとして再びアニメ化。
監督には きみやしげる、シリーズ構成には「Re:ゼロから始める異世界生活」で脚本を手掛けた梅原英司、アニメーション制作は「刀語」「シュタインズ・ゲート」で丁寧な作品作りを見せるWHITE FOX。

この度、「PEACE MAKER 鐵」前篇~想道~の冒頭映像がGYAO!限定のロングPVとして現在配信開始となりました。

GYAO!冒頭映像サイト

また「PEACE MAKER 鐵」後篇~友命~の公開日が、11月17日(土)になることが決定致しました。
併せまして新撰組隊士達が集まり、決意の表情を見せる後篇の本ビジュアルが公開となりました。

映画情報どっとこむ ralph また劇場前売鑑賞券が前篇~想道~の公開日であります6月2日(土)より販売開始となり、前売特典としてA5サイズのミニクリアファイル(全3種ランダム)になることが決定致しました。
黒乃奈々絵先生描き下ろしのキャラを使用したラバーストラップ全2種が特典のアニメイト限定版劇場前売鑑賞券も発売されます。


また前篇公開日の6月2日より劇場公開記念のコラボカフェやフェアなどの開催が続々と決定。

アニメプラザ池袋店では「PEACE MAKER 鐵」と「曇天に笑う<外伝>」のコラボカフェを実施します。

また新撰組の聖地であります池田屋の跡地にある「池田屋 はなの舞」を始め、チムニーグループ全国14店舗にてコラボメニューを展開することが決定致しました。
一部のアニメイトでは劇場公開記念で、「PEACE MAKER 鐵」×「曇天に笑う<外伝>」コラボフェアが開催致します。

映画情報どっとこむ ralph 前篇:PEACE MAKER 鐵 ~想道(フリガナ:オモウミチ)~ 2018年6月2日劇場公開
後篇:PEACE MAKER 鐵 ~友命(フリガナ:ユウメイ)~ 2018年11月17日劇場公開予定

公式HP:
http://www.peacemakerk.jp/
公式Twitter:
@peacemakeranime


【前篇ストーリー】
新撰組は、油小路事件を経て大きな傷を負いながらも、将軍・徳川慶喜に忠義を尽くす覚悟を決めようとしていた。 そんな中、朝廷により徳川幕府の終了が宣言され、慶喜は大坂へ下る。新撰組も戦いに備え、伏見奉行所へ屯所を移すこととなった。
慶応三年―――幕末動乱の時代。新撰組隊士・市村鉄之助は、かつてより親しくしていた少女・沙夜を想いながらも、副長・土方歳三の小姓として、隊医で親友でもある山崎烝、兄の辰之助らと、新撰組として運命を共にしようとするが……。

【後篇ストーリー】
慶応四年――幕府軍と薩摩軍の争い“鳥羽伏見の戦い”が始まった。土方は前線で指揮を執り、山崎は隊医として負傷者の救護にあたる。しかし圧倒的に不利な銃撃戦、淀城の薩摩への寝返りと、苦戦する新撰組は次第に追い詰められていく。 一方で、思いを寄せる少女・沙夜を身請けするため奔走していた鉄之助は、隊を離れたまま幕府軍大敗の知らせを聞く。自分は何のために新撰組に入ったのか――屯所へ来て間もない頃、山崎と交わした会話を思い出した鉄之助は、もう一度刀を手に、隊へと戻る決意をするが……抗うことの出来ない運命の戦いが幕を開ける。

***********************************

【スタッフ】
原作:黒乃奈々絵(掲載「月刊コミック ガーデン」/WEBコミックサイト「MAGCOMI」)
監督:きみやしげる
脚本:梅原英司
キャラクターデザイン・総作画監督:小磯沙矢香
セットデザイン:岩畑剛一
美術監督:甲斐政俊
色彩設計:土居真紀子
撮影監督:佐藤光洋
編集:後藤正浩
音響監督:亀山俊樹
音楽:中西亮輔
主題歌:「Rust」ジェッジジョンソン
アニメーション制作:WHITE FOX
配給:ショウゲート
特別協力:京都市

【キャスト】
市村鉄之助:梶 裕貴(青年期)/小林由美子(少年期)
土方歳三:中田譲治
沖田総司:斎賀みつき
山崎 烝:櫻井孝宏
市村辰之助:うえだゆうじ
永倉新八:山口勝平
藤堂平助:鳥海浩輔
原田左之助:乃村健次
斉藤 一:松山鷹志
島田 魁:岩崎征実
近藤 勇:土師孝也
沙夜:高橋美佳子
大和屋 鈴:立花慎之介

©黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会


『恋は雨上がりのように』隠れたエピソードをオリジナルドラマ~ポケットの中の願いごと~でGYAO!が配信!


映画情報どっとこむ ralph 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する映像配信サービス「GYAO!」は、映画『恋は雨上がりのように』のオリジナルドラマ『恋は雨上がりのように~ポケットの中の願いごと~』(全4話)を5月2日(水)より独占配信することが決定しました。

かつては陸上部のエースだったクールな性格の女子高生・あきら(小松菜奈)と、彼女が好意を寄せるアルバイト先のファミレスの45歳の店長・近藤正己(大泉洋)との関係を描く物語。

今回、オリジナルドラマで描かれるのは、映画本編であきらと近藤が働くファミレス「ガーデン」の店員で、原作でも人気のキャラクター、吉澤(葉山奨之)とユイ(松本穂香)の隠れたラブストーリー。あきらのことが好きな吉澤、そんな吉澤に惹かれていくユイ・・というそれぞれが片想いをしているストーリーは“恋雨”らしい切なさと真っすぐな恋心が描かれています。

映画でもメインのシーンとなるファミレス「ガーデン」を舞台に、映画と並行する時間軸を描くことで、映画だけでは味わいきれない “恋雨”の隠れたエピソードと個性豊かな人々が織り成す人間模様が楽しめる必見のドラマです。映画公開を待ちきれない方にいち早く映画の雰囲気を味わっていただけるとともに、映画を観たあとでも楽しめる内容ですのでぜひお楽しみください。
映画情報どっとこむ ralph コメントが届いています!

小松菜奈:物語の舞台「ガーデン」の中で、こんなにも切なくてキュンとするラブストーリーが繰り広げられていたのか、と驚きました。私も大好きな吉澤くんとユイちゃんの2人の物語を映画とともに楽しんで頂ければと思います。

眉月じゅん(原作者):原作で私が大切にしていた吉澤くんとユイちゃんの物語を、今回オリジナルドラマという形で描いて頂いて嬉しいです。映画とともにとても楽しみました。映画は、あきらと店長を中心にストーリーが展開していきますが、このドラマで描かれる吉澤くんとユイちゃんの片想いに、切なくなったりキュンとしてください。

葉山奨之:なんと吉澤タカシが「恋雨」オリジナルドラマの主役です!吉澤の人柄の良さ、可愛さがこのドラマにいっぱい詰まっています。映画には描かれていないユイちゃんとのエピソードを中心に、映画と少し繋がっているので、きっとこのドラマを観たら必ず映画を観たくなると思います。両方を楽しんでもらえたら嬉しいです!

松本穂香:吉澤くんもユイちゃんも、かなり不器用で素直な二人です。怒るも泣くもぜんぶ全力!そんなまっすぐな二人のお話です。コチョコチョと忙しい二人の恋愛模様を映画と共に楽しんで頂きたいです。

<オリジナルドラマ配信概要>
『恋は雨上がりのように ~ポケットの中の願いごと~』(全4話/各15分予定)
配信スケジュール:
第1話:2018年5月2日(水) 0:00
第2話:2018年5月11日(金)0:00
第3話:2018年5月18日(金)0:00
第4話:2018年5月25日(金)0:00

配信ページURL:
https://gyao.yahoo.co.jp/p/02000/v00062/

ストーリー
高校生の【橘あきら】(17)は、バイト先のファミレス店長【近藤正己】(45)に片想い中。そんなファミレス「ガーデン」では、あきらに片想いしている【吉澤タカシ】(17)、あきらと友達の【西田ユイ】(17)が今日も騒がしく働いている。吉澤はあきらに必死にアピールしようと、あきらが探していたヘアピンを必死に探すが、実はそれはユイがなくしたものだった。そうと分かっていてもユイのためにヘアピンを探す吉澤に、ユイは恋心を抱くように・・・。片想いがいっぱいの「ガーデン」の一日は今日もドタバタと過ぎていく。果たして、それぞれの片想いの行方は・・・。


出演:葉山奨之 松本穂香 /小松菜奈 大泉洋

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)
監督:風間太樹
脚本:坂本絵美
脚本協力:坂口理子
(C)2018 映画「恋は雨上がりのように」製作委員会
(C)2014 眉月じゅん/小学館

映画情報どっとこむ ralph 映画『恋は雨上がりのように

5月25日(金)東宝系にて公開です。


物語・・・
高校2年生の【橘あきら】(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。
偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の【近藤正己】(45)だった。 それをきっかけに【あきら】は、ファミレスでのバイトを始める。
バツイチ子持ちでずっと年上の【近藤】に密かな恋心を抱いて……
【あきら】の一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない【近藤】。
しかし【近藤】への想いを抑えきれなくなった【あきら】はついに【近藤】に告白する。
【近藤】は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず。
真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。 ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

***********************************

原作:眉月じゅん『恋は雨上がりのように』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載)

監督:永井聡(『世界から猫が消えたなら』、『帝一の國』)
脚本:坂口理子(『メアリと魔女の花』)
映画タイトル:『恋は雨上がりのように』
音楽:伊藤ゴロー 〈参加アーティスト〉
の子 / mono(神聖かまってちゃん) 柴田隆浩(忘れらんねえよ) 澤部 渡(スカート)

出演:小松菜奈 大泉 洋
清野菜名 磯村勇斗 葉山奨之 松本穂香 ・山本舞香
濱田マリ 戸次重幸 吉田 羊
主題歌:「フロントメモリー」鈴木瑛美子×亀田誠治(ワーナーミュージック・ジャパン)
配給:東宝
Ⓒ2018映画「恋は雨上がりのように」製作委員会 ©2014 眉月じゅん/小学館


菅田将暉 x 土屋太鳳 映画『となりの怪物くん』西野カナ挿入歌SPメドレーMVのGYAO!先行配信


映画情報どっとこむ ralph 映像配信サービス「GYAO!」は、映画『となりの怪物くん』西野カナ挿入歌スペシャルメドレーMVを3月29日(木)より先行配信することが決定しました。

MVは、映画主題歌でもあり、西野カナのデビュー10周年の第1弾シングルでもある『アイラブユー』のほか、映画挿入歌として採用された自身のヒット曲『Best Friend』などファンから人気の高い5曲を映画本編映像にのせたスペシャルなメドレーで構成されています。
『Best Friend』以外の楽曲は、映像化されるのが初となり、西野カナがかなでるメロディーラインと映画のシーンがリンクする見ごたえのあるMVとなっています。
同名原作は、2008年~2014年まで『月刊デザート』(講談社)で連載され、コミックス累計発行部数は610万部を突破したろびこ氏の同名漫画を、映画『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が実写化したものです。友達が全くいない、恋もしたことのないガリ勉・冷血な女子高生・水谷雫(土屋太鳳)が、となりの席の問題児・吉田春(菅田将暉)に、ふとしたことがきっかけで告白されたことから始まる青春恋愛映画です。

MV冒頭では、映画本編初公開となる登場人物たちの卒業後のシーンが含まれる貴重な内容のMVですので、ぜひご注目ください。

映画情報どっとこむ ralph <配信概要>
配信スケジュール:2018年3月29日(木)0:00~2018年7月27日(金)23:59
※独占先行期間は2018年4月28日(土)23:59までです。

配信ページURL:こちらから

配信楽曲:合計6曲(映像尺:3分40秒)

映画主題歌『アイラブユー』・映画挿入歌5曲(『Best Friend』、『Call Me Up』、『LOVE & JOY』、『このままで』、『Wishing』)

映画情報どっとこむ ralph
映画『となりの怪物くん

4月27日(金)より全国東宝系にて公開!

映画公式サイト:
http://tona-kai.jp

映画公式Twitter:
@MovieTonakai


ストーリー
行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。
それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。
そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。

なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?
***********************************

キャストビリング
菅田将暉 土屋太鳳
古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳
佐野史郎 / 速水もこみち

原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊)
監督:月川 翔
脚本:金子ありさ
音楽:林ゆうき
主題歌:西野カナ「アイラブユー」(SMEレコーズ)
公開:4月27日(金)

撮影期間:2017年5月下旬~7月上旬
企画・製作:東宝
製作プロダクション:東宝映画
配給:東宝
©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社