「GYAO!」タグアーカイブ

ピアニストのタカヤ(ディーン・フジオカ)のシーンから始まる映画『エンジェルサイン』冒頭約4分の本編映像公開!


映画情報どっとこむ ralph 北条司初総監督作品、 実写映画『エンジェルサイン』を2019年11月15日(金)より、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国順次公開致します。

★11月15日(金)の劇場公開を間近に控え、 冒頭約4分の本編映像を無料動画サービス「GYAO!」で配信。

『エンジェルサイン』 本作『エンジェルサイン』は、セリフを使わない短編マンガの国際マンガ賞「サイレントマンガオーディション」に、世界108の国と地域から寄せられた6,888編もの作品から選び抜かれた受賞作品を実写化。受賞作品の「別れと始まり」、「空への手紙」、「30分30秒」、「父の贈り物」、「故郷へ」の5作品に、北条司が書き下ろしたオリジナルの「プロローグ」、「エピローグ」を加えて構成された長編オムニバス映画で、全編を通してセリフを用いず映像と音楽のみでストーリーが展開する。5作品の監督はアジアの有名監督たちが担当し、5作品をつなぐ重要な役割を果たす「プロローグ」、「エピローグ」では総監督を務める北条司自らが初めてメガホンを取っています。

映画情報どっとこむ ralph このたび配信された冒頭約4分の本編映像は、本作の総監督を務める漫画家・北条司がメガホンを取った「プロローグ」の映像。本編はコンサート会場でチェロを演奏するアイカ(松下奈緒)と、楽譜を抱えながらアイカのもとへ急ぐピアニストのタカヤ(ディーン・フジオカ)のシーンから始まる。
『エンジェルサイン』 アイカのもとへ向かう道中、急な心臓発作で階段から転げ落ちるタカヤ。時を同じくしてアイカは、演奏中にチェロの弦が切れてしまい不穏な空気を感じるのだった・・・。

冒頭約4分の本編映像は【GYAO! 『エンジェルサイン』特集ページ】

https://gyao.onelink.me/AeWv/d69dd690

気になる本編の続きは、ぜひ劇場でご覧下さい。


映画情報どっとこむ ralph 『エンジェルサイン』

11月15日(金)より、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかにて全国順次公開

公式サイト
https://angelsign.jp

公式twitter
@AngelSignMovie

『エンジェルサイン』ポスタービジュアル
***********************************

企画 堀江信彦
総監督 北条司
監督 北条司/落合 賢/ノンスィー・ニミブット/ハム・トラン/旭 正嗣/カミラ・アンディニ
出演キャスト 松下奈緒 ディーン・フジオカ/緒形直人 菊池桃子/佐藤二朗
プレオパン・パンイム ピポッブ・カモンケットソーポン ブンイン・インルアン
ゴー・クアン・トゥアン スアン・ヴァン
坂井彩香 ニーンナラ・ブンビティパイシット メカトロウィーゴ
トゥク・リフヌ・ウィカナ アビゲイル 吉田美佳子
主題歌 DEAN FUJIOKA「Chasing A Butterfly feat. Nao Matsushita」(A-Sketch)
製作 「エンジェルサイン」製作委員会
配給 ノース・スターズ・ピクチャーズ
上映劇場 ユナイテッド・シネマ豊洲 ほか
公開日 2019年11月15日(金)
上映分数 105分
©「エンジェルサイン」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』公開記念「GYAO!」にて劇場上映版第一章冒頭映像の独占先行配信が決定!!


映画情報どっとこむ ralph 株式会社GYAOがヤフー株式会社と協力して運営する無料動画配信サービス「GYAO!」は9月27日(金)より劇場で各章3週間限定イベント上映される『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』の公開を記念し、劇場上映版をより楽しめるさまざまな企画を展開いたします。

本日より配信開始となる上映直前特別番組(全2話)では、第1弾でラインハルト役の宮野真守さん、ヤン役の鈴村健一さんが出演。

第2弾では原作者・田中芳樹先生と多田俊介監督が出演いたします。さらにファーストシーズン「邂逅」の総集編を無料でご覧いただけます。

そして、目玉施策としては『銀河英雄伝説Die Neue These 星乱』第一章の冒頭映像を劇場上映前に初公開いたします。冒頭映像は、声優・宮野真守さんのコメント入りとなっていますのでぜひお楽しみに。

そのほか、9月23日(月・祝)より過去作品『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』、石黒監督版『銀河英雄伝説 本伝』の無料配信も予定しているそうです!
『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』 『銀河英雄伝説 本伝』
映画情報どっとこむ ralph ■『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』上映直前特別番組(全2話)

第1弾「常勝と不敗」:配信中~2019年12月19日(木)23:59
視聴URL:
https://gyao.onelink.me/AeWv/2c39a8a2

内容:ラインハルト役の宮野真守さん、ヤン役の鈴村健一さんによる対談とゲームコーナーにファーストシーズン「邂逅」の総集編がご覧いただけます。

第2 弾「長征一万光年」:2019年9月24日(火)12:00~2019年12月19日(木)23:59
視聴URL:https://gyao.onelink.me/AeWv/2d97636a
内容:原作者田中芳樹先生、多田俊介監督による対談にファーストシーズン「邂逅」の総集編がご覧いただけます。


■『銀河英雄伝説Die Neue These 星乱』第一章 本編冒頭映像

視聴URL:
https://gyao.onelink.me/AeWv/1cb33f9d

配信スケジュール:2019年9月26日(木)12:00~2019年10月17日(木)23:59
内容:「銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱」第一章(9月27日劇場公開)の冒頭映像
※声優・宮野真守さんのコメントが映像冒頭でご覧いただけます。
※映像尺は約13分です。

映画情報どっとこむ ralph <過去作品>
■『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』(全12話)
視聴URL:https://gyao.onelink.me/AeWv/2355016e

【各話更新配信スケジュール】
・2019年9月23日(月・祝)0:00~2019年12月22日(日)23:59
※毎週月曜更新。第1話は配信期間中はいつでもご覧いただけます。

【一挙配信スケジュール】
※劇場版全3章がそれぞれ公開されるタイミングで一挙配信いたします。
・2019年9月27日(金)0:00~2019年9月29日(日)23:59
・2019年10月25日(金)0:00~2019年10月27日(日)23:59
・2019年11月29日(金)0:00~2019年12月1日(日)23:59

■『銀河英雄伝説 本伝』(全110話)
視聴URL:https://gyao.onelink.me/AeWv/eafafa01
配信スケジュール:2019年9月23日(月・祝)0:00~2020年2月27日(木)23:59
※平日1話更新。第1話は配信期間中はいつでもご覧いただけます。

映画情報どっとこむ ralph 『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』

9月27日(金)より劇場で各章3週間限定イベント上映


【公開スケジュール】
第一章:9月27日(金)
第二章:10月25日(金)
第三章:11月29日(金)

【ストーリー】
宇宙暦796年(帝国暦487年)。3000万人の将兵を動員した自由惑星同盟の遠征軍は、帝国領内で銀河帝国宇宙艦隊副司令長官となったラインハルト元帥と麾下の率いる大艦隊と交戦。8個艦隊中、3個艦隊を失うという大きな被害を受けた。しかし、自由惑星同盟最高評議会の意向を受けたロボス総司令官は、残存戦力を集結させての戦闘継続を指示。完全なる勝利を求めるラインハルトも、自由惑星同盟軍の集結ポイントであるアムリッツァ星域へと進攻したことで、後に「アムリッツァ星域会戦」と呼称される戦いが幕を開けた。「アムリッツァ星域会戦」の翌年、銀河帝国皇帝フリードリヒ四世が後継者を指名しないまま急死。門閥貴族による権力闘争が始まる。一方、自由惑星同盟内では大規模な軍事クーデターが勃発。帝国、同盟それぞれの国を揺るがす二つの内乱はラインハルトとヤンの行く末をも左右することに…。

***********************************


【スタッフ】
原作:田中芳樹(東京創元社刊)/ 監督:多田俊介 /助監督:森山悠二郎/
シリーズ構成:高木登/キャラクターデザイン:菊地洋子、寺岡巌、津島桂/
総作画監督:後藤隆幸、菊地洋子/特技監督:竹内敦志/
メカデザイン:竹内敦志、臼井伸二、常木志伸/オリジナルメカデザイン:加藤直之/
プロップデザイン:太田恵子/プロップデザイン・紋章デザイン:秋篠Denforword日和/
3D:I.G3D/3D監督:森本シグマ/美術:Bamboo/美術監督:竹田悠介/
美術設定:塩澤良憲、曽野由大、藤井一志/美術デザイン:渡部隆/
色彩設計:竹田由香/音響監督:三間雅文/音楽:橋本しん(Sin)、井上泰久/
音楽制作協力:Sony Music Publishing (Japan)Inc./撮影監督:荒井栄児/
編集:植松淳一/制作:Production I.G/監修:らいとすたっふ/企画協力:ROOFTOP/
制作協力:徳間書店/製作協力:DMM pictures/製作:松竹・Production I.G/


【出演】
ラインハルト・フォン・ローエングラム :宮野真守
ヤン・ウェンリー           :鈴村健一
ジークフリード・キルヒアイス    :梅原裕一郎
ユリアン・ミンツ :梶裕貴
パウル・フォン・オーベルシュタイン :諏訪部順一
ウォルフガング・ミッターマイヤー :小野大輔
オスカー・フォン・ロイエンタール :中村悠一
アンネローゼ・フォン・グリューネワルト :坂本真綾
アレックス・キャゼルヌ :川島得愛
フレデリカ・グリーンヒル     :遠藤綾
ワルター・フォン・シェーンコップ :三木眞一郎
オリビエ・ポプラン         :鈴木達央
ダスティ・アッテンボロー     :石川界人
ナレーション             :下山吉光

【配給】松竹

(C)田中芳樹/松竹・Production I.G

『銀河英雄伝説 本伝』クレジット:

(C)田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっふ・サントリー (C)加藤直之




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「ついにここまでこれた…!」望月歩、山田杏奈、兵頭功海 登壇 『五億円のじんせい』 完成披露


映画情報どっとこむ ralph GYAO とアミューズがオーディションによりオリジナル映画を作るプロジェクト「NEW CINEMA PROJECT」。約 400 本の中から見事グランプリを受賞した脚本の蛭 田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』が 7 月 20 日(土)よりユーロスペース他にて公開します。

善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。17 歳になり五億円にふさわしい自分かどうか悩んでいた望来は、とある出来事 をきっかけに SNS で自殺を宣言。そこへ見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。夏休み、望来は家を飛び出し、五億 円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていたーー。

そして、この度、望月歩、山田杏奈、兵頭功海、ZAO、文晟豪(ムン・ソンホ)監督、蛭田直美(脚本) 登壇する完成披露舞台挨拶を実施致しました。
『五億円のじんせい』web完成披露舞台挨拶&試写会
日時:7月9日(火)
会場:ヤフーLODGEスタジオ
登壇:望月歩、山田杏奈、兵頭功海、ZAO、文晟豪(ムン・ソンホ)監督、蛭田直美(脚本)

映画情報どっとこむ ralph 劇場公開に先駆けて、無料で本編を視聴できるという業界初の試みである web 完成披露舞台挨拶&試写会。舞台挨拶の様子がオンライン配信されている中、緊張の面持ちで登壇したキャストの皆さん。 映画初主演の望月さんはついに迎えた完成披露に

望月さん:ここまでこれたのか…と嬉しい。

と喜びを噛みしめて、役作りについては

望月さん:純粋な男の子という役柄で、色々と考 えて調べて、監督と沢山お話もしました。これから皆さんに観てもらえるということで…恥ずかしい限り。

と緊張の面持ちだった。

幼少期の望来の憧れの存在だった橘明日香役の山田さんは

山田さん:初めて一人二役をやらせていただき、それぞれが魅力的な子になっています。一方は大人しくて優しく て包み込んでくれる魅力があり、一方は明るくてパワフルな子。その違いを意識して、声のトーンや話し方で変化をつけました。

と工夫を報告。
望来と幼馴染の透役の兵頭さんは本作で演技初挑戦。

兵頭さん:撮影では右も左もわからず、監督の持つ役のイメージにすり合わせて演じるのが大変でした。こ れから役者を続けていく中で、デビュー作というのは一生残るもの。それがこの作品で良かった。自分の芝居は下手だけれど、一生懸命やりました。

と意気込みも 十分だった。

文晟豪監督:2 年前にグランプリを受賞し、心強い仲間を連れて戻ってきた感覚。

と完成を喜び、脚本家の蛭田さんも

蛭田さん:脚本に命を吹き込んでもらった感覚があっ て、登場人物全員が生きているように思えたし、自分のイメージにピッタリのキャスティングでした。

と絶賛だった。

この日、主題歌「みらい」を生歌披露した

ZAOさん:緊張しました。これまでは自分が体験したことしか歌ったことがなかったので、物語 に合わせて楽曲を作ったのは初めて。映画から感じられる感情を抽出しながら作りました。

と創作の舞台裏を披露。

そんな ZAO の生歌に

望月さん:生歌を聴くのが初めてで感動しました。生歌もいいけれど、映画を観てもらってそこで楽曲を聴いてもらえるのが嬉しい。

と公開後の反響に期待。

山田さん:鳥肌が立ちました! 生歌も素晴らしいですが、映画の後に流れるからこそ新たに生まれる感情もありますよ。

とアピールし、

兵頭さん:歌っている人ってカッコいい!

と大興奮だった。これから映画を観る観客に向けて

兵頭さん:心が温まる作品になった」と述べて、山田も「望来が様々な人との出会いを通して成長する姿を見て、私も周りの人 を大切にしなければいけないと思った。

とシミジミ。

望月さん:色々な思いが詰まっています。観客の皆さんには映画の最初から最後までを楽しんで観てほし いです。

と思いを込めた。なお NEW CINEMA PROJECT 第二弾開催も決定。映画公開当日の 7 月 20 日に映画公式サイトで詳細が発表されるそうです。

映画情報どっとこむ ralph 『五億円のじんせい』

7月20日(土)よりユーロスペース他にて全国順次公開
五億円のじんせい 主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月歩。『ソロモンの偽証』やドラマ「3 年 A 組ー今から皆さんは、人質ですー」などに出演 し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼にとって、本作が初主演作となる。周囲の期待に応えようとする「いい子」の望来が、家出の中で、ホームレスや、 工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長していく様子が描かれる。
そしてこの度、主演の望月歩さんに加え、映画『ミスミソウ』主演やガーナの CM キャラクターも務めるヒロイン役の山田杏奈さん、
本プロジェクトの「出演者」部門で グランプリを受賞し、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の新ヒーローへの抜擢が記憶に新しい兵頭功海さんら注目俳優陣が演じています。
***********************************

監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美
出演:望月歩 山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり 水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 / 平田満 西田尚美 主題歌:「みらい」ZAO

製作:畠中達郎 田中祐介 プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元
協力プロデューサー:盛夏子 諸田創 宮瀬佐知子 助監督:久保朝洋 撮影:田島茂 照明:山田和弥
録音:齋藤泰陽
美術:小坂健太郎 装飾:遠藤善人
スタイリスト:水野遼平
ヘア・メイク:有路涼子 スクリプター:松本月
編集:脇本一美
制作担当:芳野峻大
音楽:谷口尚久 制作プロダクション:オフィス・シロウズ
宣伝:ミラクルヴォイス
配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
2019 年/日本/112 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル

©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「HUMAN LOST 人間失格」宮野真守ら登壇の「Anime Expo 2019」トークイベントをGYAO!にて独占生配信決定


映画情報どっとこむ ralph 日本文学の傑作である太宰治の「人間失格」をダイナミックにリメイクした『HUMAN LOST 人間失格』。破滅に至った一人の男の生涯を描き、その深い死生観・文学性が今なお強烈な衝撃を与え続ける不朽の名作が、世界に誇る日本最高峰のクリエイター陣によって再構築される『HUMAN LOST 人間失格』として太宰治生誕110周年を迎える2019年、全世界公開となります。

この度、アメリカ・ロサンゼルスで開催の、世界最大級のアニメイベント「Anime Expo 2019」にて行われる、主人公・大庭葉藏を演じる宮野真守と、監督の木﨑文智が登壇するトークショーが動画配信サービス「GYAO!」にて独占生配信(2019年7月6日(土)AM2:00より開始予定 ※日本時間(アメリカLA現地時間:7月5日(金)10:00より)されることが決定致しました。

さらに「GYAO!」での独占生配信を記念して、声優の宮野真守さんが選ぶLA(アメリカ・ロサンゼルス)でのお土産が当たるプレゼントキャンペーンも実施します。

映画情報どっとこむ ralph ■AnimeExpo『HUMAN LOST 人間失格』スクリーニング&トークショー概要

<配信概要>
配信対象イベント:『HUMAN LOST 人間失格』トークショー
場所: JWマリオット・ロサンゼルスL.A.ライブ プラチナルーム
登壇:宮野真守(大庭葉藏役)、木﨑文智(監督)
配信日時:2019年7月6日(土)AM2:00より開始予定 ※日本時間      
 (アメリカLA現地時間:7月5日(金)10:00より)
視聴URL
gyao.onelink.me/AeWv/3ce460fb

※現地イベントでは本編スクリーニングも含まれますが、「GYAO!」での配信はトークショーのみが対象となります。
※トークショーの映像については当日生配信のほか、後日アーカイブ配信もいたします。
※当日の生配信について電波状況などやむを得ない事情により配信の中止や配信途中での番組終了の場合もございますのであらかじめご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph <プレゼントキャンペーン概要>
■応募方法:実施期間中に、「GYAO!」アニメ公式Twitter(@GYAO_Anime)と「HUMAN LOST 人間失格」(@HUMANLOST_PR)をフォローしていただき、「GYAO!」アニメ公式Twitter(@GYAO_Anime)より投稿された対象ツイートを自身のアカウントにてリツイートいただくことで応募完了です。
■実施期間:2019年7月23日(火)~2019年7月29日(月)
■景品:宮野真守さんのLA土産 3名様
※実施期間については変更する可能性がございます。詳細は特設サイトをご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 『HUMAN LOST 人間失格』
2019年 全世界公開


<WEB>
Official Site:
human-lost.jp

Official Twitter:
HUMANLOST_PR


「恥の多い生涯を送って来ました。」

医療革命により、“死”を克服した昭和111年の東京――
人々は体内の“ナノマシン”とそれらを“ネットワーク”により管理する“S.H.E.L.L.”体制の支配により、病にかからず、傷の手当を必要とせず、120歳の寿命を保証する、無病長寿を約束された。

しかし、その究極的な社会システムは、国家に様々な歪を産み出す。

埋まることのない経済格差、死ねないことによる退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして、S.H.E.L.L.ネットワークから外れ異形化する“ヒューマン・ロスト現象”……。

日本は、文明の再生と崩壊の二つの可能性の間で大きく揺れ動いていた。



***********************************

<CAST>
大庭葉藏:宮野真守
柊美子:花澤香菜
堀木正雄:櫻井孝宏
竹一:福山潤
澁田:松田健一郎
厚木:小山力也
マダム:沢城みゆき
恒子:千菅春香

<STAFF>
原案:太宰治「人間失格」より
スーパーバイザー:本広克行
監督:木﨑文智

ストーリー原案・脚本:冲方丁
キャラクターデザイン:コザキユースケ
コンセプトアート:富安健一郎(INEI)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
企画・プロデュース:MAGNET/スロウカーブ
配給:東宝映像事業部
©2019 HUMAN LOST Project




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

長渕剛、飯島直子、広末涼子ら撮影裏話!映画『太陽の家』クランクアップ後の特別座談会を「GYAO!」で独占配信


映画情報どっとこむ ralph 動画配信サービス「GYAO!」は、日本を代表するアーティスト、長渕剛主演映画『太陽の家』の特別座談会映像(全3回)を本日より順次無料配信いたします。

本映像は、映画がクランクアップ後に撮影されたもので、主演・川崎信吾役を演じる長渕剛を筆頭に、信吾の妻・美沙希役の飯島直子、さらに信吾と関わっていくシングルマザーの女性・池田芽衣役を務める広末涼子といった豪華な出演者3名が登場。

映画撮影秘話はもちろん、役者としての姿勢、クランクアップ後の打ち上げ話、さらに飯島直子自ら考えた長渕剛への質問など盛りだくさんの内容でお届けいたします。
撮影前後での長渕剛の印象については、

飯島直子は「ドラマ『とんぼ』(TBS系)でのイメージから怖い印象がありました(笑)」と、

広末涼子は「アーティストとしての世界観“長渕剛ワールド”というのが常にあって、それが今回の(映画の)役柄と融合していくことで長渕さんの様々な顔が垣間見られてとてもぜいたくで面白かったです。」
とざっくばらんに打ち明けるなど終始リラックスした様子は必見です!

映画情報どっとこむ ralph <配信概要>

映像タイトル:映画『太陽の家』クランクアップ特別座談会 (全3回)

特設サイトURL
配信スケジュール:
第1回:配信中 ~配信終了未定
第2回:2019年7月5日(金)10:00~配信終了未定
第3回:2019年7月12日(金)10:00~配信終了未定
映画情報どっとこむ ralph 映画「太陽の家」

太陽の家
ストーリー:

俺が男にしてやる!――

神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾(長渕剛)。普段はサングラスに強面風な川崎は、やんちゃで人情味の厚い男。そんな川崎が現場で木と向き合えば、職人気質なオーラを放つ。しっかり者の女房・美沙希(飯島直子)と年頃の娘・柑奈(山口まゆ)と共に幸せに暮らす川崎だが、そこは男!好みの女性には少々弱い。いつものように弟子の入江たちと現場で仕事に励んでいるところに川崎が無視できない保険会社の営業ウーマンが通りかかる。

彼女の名前は池田芽衣(広末涼子)。
独身だと思っていた芽衣には、龍生(潤浩)という名の息子が一人。シングルマザーだった。父親を知らずに育った少年・龍生が気になる川崎。俺が男にしてやる!とばかりに、川崎の血が騒ぐ。

半ば強引な川崎になかなか懐かない龍生だったが、徐々に男同士の触れ合いができるまで心を開いていく。そんな折、川崎はこの親子に家を作ろうと思い立つのだが、そんな父親の様子にどうも納得がいかない、娘と妻と信吾の一番弟子の高史(瑛太)。

しかし周りの不穏な空気も気にせず、家づくりに没頭する川崎の前に、突如龍生の父と名乗る男が現れて・・・。

***********************************


キャスト・スタッフ:

長渕 剛

飯島直子 山口まゆ 潤浩

広末涼子 瑛太

監 督:権野 元
脚 本:江良 至
製作:喜本孝
プロデューサー:遠藤茂行、飛田野和彦 
制作:楽映舎  
配給:REGENTS
(C)2019 映画『太陽の家』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

五億円稼いでボクは死ぬ。『五億円のじんせい』公開日決定&ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph さまざまな形でエンターテインメントを発信してきたGYAOとアミューズが今後の次世代を担う新たな才能の発掘を目指し、オリジナル映画の企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出しながら作品を完成させるという挑戦的な取り組み「NEW CINEMA PROJECT」。約400本の応募の中から第一回グランプリを受賞した脚本の蛭田直美と文晟豪(ムン・ソンホ)監督のコンビによる『五億円のじんせい』。本作が7月20日(土)よりユーロスペース他にて公開することが決定。この度解禁されたポスターは、主人公・望来が躍動的に青空を駆ける姿と「五億円稼いで、ボクは死ぬ」というドキッとするような言葉が組み合わされている、本作を象徴するようなポスター。
映画情報どっとこむ ralph 主人公に抜擢されたのは、撮影時に役柄同様、高校3年生だった望月歩。『ソロモンの偽証』やドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」などに出演し、着実に経験を積んでいる若手実力派の彼にとって、本作が初主演作となる。周囲の期待に応えようとする「いい子」の望来は、家出の中で、ホームレスや、工事現場、添い寝カフェ、死体清掃などの労働を経験し、今まで知らなかった世界を知ることで強くたくましく成長しながらも、汚れることのない魂をもち続ける。そんな望来を望月は、卓越した身体能力を武器に、みずみずしく伸びやかに体現している。

また望来が入院中の小児病棟で慕っていた年上の少女・橘明日香を演じるのは、テレビドラマやCMを始め映画『ミスミソウ』での主演も記憶に新しい山田杏奈。物語のキーとなる全く異なる二役を印象的に演じ分ける。また、本プロジェクトのキャスト部門でグランプリを受賞した兵頭功海、審査員特別賞を受賞した小林ひかりも出演。その他共演者には、日本の映画界を支える個性派&実力派が集結した。望来を愛するシングルマザーの母役に西田尚美、旅に出た望来が出会うクセ者たちに、森岡龍、平田満、松尾諭、水澤紳吾、芦名すみれ、諏訪太朗らが扮している。

主題歌「みらい」を歌うのは、本プロジェクトのミュージシャン部門でグランプリを受賞した広島在住のラッパーZAO。グランプリ受賞曲「夜に溶けて」とは別に本作オリジナルの主題歌「みらい」を描き下ろしている。
 

映画情報どっとこむ ralph 『五億円のじんせい』

7月20日(土)よりユーロスペース他にて公開。
なお本作は3/15(金)より開催される第一回愛媛国際映画祭のコンペティション部門にて上映が決定している。

主人公は幼い頃に、善意の募金五億円により心臓手術に成功し、命を救われた少年、高月望来。健康に成長し17歳になった望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、マスコミに晒される、窮屈な青春を送っていた。

ある日、とある出来事をきっかけにSNSで自殺を宣言したところ、見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。夏休み、望来は家を飛び出し、五億円の“借金”を返して自由になるための旅に出る。そして、様々な人と出会い、事件に巻き込まれながら、思わぬ発見が彼を待っていた。

映画情報どっとこむ ralph 【NEW CINEMA PROJECT第二弾始動決定!】

7月企画募集開始予定!!
公式サイトにて第一弾の受賞作品の以下を公開!
・文晟豪(ムン・ソンホ)さん・蛭田直美さん応募の400字詰企画書
・ZAOさんによる「夜に溶けて」自主制作MV

NEW CINEMA PROJECT公式HPURL】


***********************************


監督:文晟豪(ムン・ソンホ)
脚本:蛭田直美
出演:望月歩(「ソロモンの偽証」「3年A組-今から皆さんは、人質です-」)
山田杏奈 森岡龍 松尾諭 芦那すみれ 吉岡睦雄 兵頭功海 小林ひかり
水澤紳吾 諏訪太朗 江本純子 坂口涼太郎 / 平田満 西田尚美
主題歌:「みらい」ZAO

製作:畠中達郎 田中祐介 プロデューサー:遠藤日登思 押田興将 松田広子 中澤元 協力プロデューサー:盛夏子 諸田創 宮瀬佐知子 助監督:久保朝洋 撮影:田島茂 照明:山田和弥 録音:齋藤泰陽 美術:小坂健太郎 装飾:遠藤善人 スタイリスト:水野遼平 ヘア・メイク:有路涼子 スクリプター:松本月 編集:脇本一美 制作担当:芳野峻大 音楽:谷口尚久
制作プロダクション:オフィス・シロウズ 宣伝:ミラクルヴォイス 配給協力:コピアポア・フィルム
配給:NEW CINEMA PROJECT
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
2019年/日本/112分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル 
©2019 『五億円のじんせい』NEW CINEMA PROJECT
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『2018年第92回 キネマ旬報ベスト・テン』過去受賞作品70本を『GYAO!』無料配信を開始


映画情報どっとこむ ralph 動画配信サービス「GYAO!」は、昨年に引き続き株式会社キネマ旬報社が選出する『2018年第92回 キネマ旬報ベスト・テン』と連動し、過去のベスト・テン受賞作品を無料配信することが決定しました。

「キネマ旬報ベスト・テン」は、1924年に当時の編集同人の投票によってベストテンを選定したことを発端とする映画賞です。

現在はのべ約130名の映画評論家、日本映画記者クラブ員を中心に選定されており、その年齢・所属の幅も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を業界内外から受けています。2019年2月10日(日)に第92回の表彰式と第1位作品の鑑賞会が開催される予定です。

株式会社GYAOと株式会社キネマ旬報社はこの取り組みを通じて、映画作品を新旧問わず盛り上げ、映画業界全体の活性化を目指します。

映画情報どっとこむ ralph 今回配信となるのは、過去のベスト・テン受賞作品。
邦画では最新作『来る』も絶賛公開中の中島哲也監督の『下妻物語』、山田洋次監督が昭和初期につつましく生きる家族の姿をとらえ、現代の家族へのメッセージとしてつづった感動の家族ドラマ『母べえ』のほか、洋画ではボクシングを通しトレーナーとボクサー志望の女の強い絆を描き、アカデミー賞主要4部門を受賞したクリント・イーストウッド監督の大作『ミリオンダラー・ベイビー』など邦画・洋画含めて約70本をお届け。

【特集概要】
特集名 :GYAO! Presents キネマ旬報ベスト・テン特集
特集ページURL:GYAO! kinejun/
展開期間:2019年1月9日(水)~未定
視聴料金:無料でご視聴いただけます。

映画情報どっとこむ ralph 配信作品ラインアップ
※2019年1月9日(水)時点のラインアップです。
※配信作品および配信期間は予告なしに変更になる場合があります。
※()はキネマ旬報ベスト・テン受賞年と順位を表示。受賞年度順に並べています。


<日本映画>

『GO』(2001年1位)
2019/2/22~2019/3/7

『ピンポン』(2002年9位)
2019/2/14~2019/3/13

『下妻物語』(2004年3位)
2019/1/18~2019/1/31

『クライマーズ・ハイ』(2008年8位)
2019/2/27~2019/3/12

『桐島、部活やめるってよ』(2012年2位)
2019/2/23~2019/3/8

『苦役列車』※R15+(2012年5位)
2019/2/1~2019/2/21

『0.5ミリ』(2014年2位)
2019/1/17~2019/2/16

『小さいおうち』(2014年6位)
2019/2/25~2019/3/10

『私の男』※R15+(2014年7位)
2019/2/22~2019/3/7



<外国映画>

『さらば、わが愛 覇王別姫』(1994年2位)
2019/1/14~2019/2/13

『花様年華』(2001年2位)
2019/1/21~2019/2/20

『JSA』(2001年5位)
2019/1/26~2019/2/25

『戦場のピアニスト』(2003年1位)
2019/2/14~2019/3/13

『マッチポイント』※PG12(2006年10位)
2019/2/8~2019/3/7

『ハート・ロッカー』※PG12(2010年5位)
2019/2/23~2019/3/8

『ミッドナイト・イン・パリ』(2012年5位)
2019/2/15~2019/3/14

『愛、アムール』(2013年1位)
2019/2/17~2019/3/16

『黒衣の刺客』(2015年5位)
2019/1/23~2019/2/22

『キャロル』※PG12(2016年2位)
2019/2/5~2019/3/4



<「キネマ旬報ベスト・テン」概要>


世界的にみて、非常に長い歴史を持つ映画賞(*)であり、ベスト・テンという形で、その年を代表する「日本映画」「外国映画」「文化映画」の3つのカテゴリーに分けて発表しています。さらに「日本映画」と「外国映画」には読者選出部門を設け、各10作品発表するほか、各個人賞部門ではその年の称賛すべき作品

・映画人を多面的に選び出しています。

ベスト・テンおよび各賞の選出者は、映画を多く鑑賞し、そのなかでも独自の基準において厳しく選抜された方で構成されています。選出者数も多く(2018年度はのべ約130名)、その年齢・所属の幅(映画評論家、日本映画記者クラブ員など)も広いことから、当年の映画界の実勢を反映する、最も中立的で信頼に足る映画賞という評価を受けています。

(*)・・・アメリカのアカデミー賞は2019年で第91回となるため、それと比較しても歴史の長い映画賞と言えます。

(C)キネマ旬報社

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

木村拓哉がさまざまなお題にチャレンジ! 『木村さ~~ん! 特ば~~ん!』決定!


映画情報どっとこむ ralph 「GYAO!」は、 TOKYO FM の番組『Flow』と連動し、木村拓哉さんが与えられる“お題”に挑戦していくバラ エティー番組『木村さ~~ん!』の特別番組『木村さ~~ん! 特ば~~ん!』(全 4 回)を 2019 年 1 月 8 日(火)より毎週火曜日 21 時より無料配信(※)することが決定しました。
木村拓哉『木村さ~~ん! 特ば~~ん!』 今回の特別番組は、1 月 18 日(金)より公開の木村拓哉さん主演の映画『マスカレード・ ホテル』にちなんで企画されたもので、木村拓哉さんが刑事役を演じることから「潜入捜査」をテーマとしてさまざまなお題に木村拓哉さんがチャレンジをしていくという内容です。

初回の配信では、映画の舞台でもあるホテルに潜入するため、番組ディレクターからの“むちゃ ぶり?”でバーテンダーの特訓を開始。バーテンダーならではのスゴ技にチャレンジします。 第 2 回の配信ではホテルに着いた木村拓哉さんのところへバーに現れるという「犯人」を捜 せという指令書が届きます。一体、「犯人」は誰なのか?、バーにいる宿泊客に“取り調べ”を 行い手がかりを探す木村拓哉さん。果たして「犯人」の正体を見破ることができるのか? 映画「マスカレード・ホテル」とのコラボということで、特別ゲストも登場する本番組、どんな展開が待ち受けているのか?全4回にわたり盛りだくさんでお届けいたしますのでぜひご期待ください。

※当番組は 2019 年 1 月 8 日(火)以降毎週火曜日の 21:30 から 22:59 まで、Yahoo! JAPAN アプリ、Yahoo! JAPAN トップページ(PC・スマートフォン)で視聴することも可能です。

映画情報どっとこむ ralph <番組概要>
■番組タイトル:『木村さ~~ん! 特ば~~ん!』(全 4 回・各 15 分程度)
■番組サイトURL:こちら
■配信スケジュール:2019 年 1 月 8 日(火)21:00 より配信開始 ※毎週火曜日更新
■内容:木村拓哉の“素”が垣間見える「GYAO!」で配信中の人気バラエティー番 組『木村さ〜〜ん!』。同番組では、TOKYO FM『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』リスナーからのリクエストに全力で応えてきた拓哉キャプテ ン。そんな彼が今回挑む企画は――「潜入捜査!」。2019 年 1 月 18 日公 開予定の映画『マスカレード・ホテル』に新田浩介という警視庁捜査一
課の刑事役で主演する木村拓哉が映画『マスカレード・ホテル』にちな んだ企画に挑戦します!

出演者:木村拓哉 他

映画情報どっとこむ ralph <映画「マスカレード・ホテル」について>
350 万部突破の東野圭吾作品屈指の人気を誇る『マスカレード』シリーズの第 1 作「マスカレー ド・ホテル」が木村拓哉、長澤まさみの豪華共演で待望の実写映画化!木村扮する敏腕刑事が、長澤扮する優秀なフロントクラークとコンビを組み、衝突しながらも難事件に挑む姿を描く。 『HERO』シリーズの鈴木雅之が監督を務め、小日向文世、渡部篤郎、松たか子、前田敦子など 多彩なキャストが出演。2019 年 1 月 18 日(金)より全国東宝系にて公開。

長澤まさみx石橋凌x鶴見辰吾『マスカレード』 勝地 涼『マスカレード』 前田敦子『マスカレード』
公式サイト:http://masquerade-hotel.jp/

***********************************


(C)Johnny&Associates




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ