「GANTZ」タグアーカイブ

ケンコバ、レイザーラモンHG&RG、武田あやな登壇『GANTZ:O』大ヒット記念


映画情報どっとこむ TJ 死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉による大ヒットSFアクションコミック「GANTZ」。その中でも特に人気を誇るエピソード「大阪編」が、フル3DCGアニメーションで再始動。『GANTZ:O』は、10月14日より大ヒット公開中!

本日、大ヒットを記念して、声優として參加しているケンドーコバヤシ、レイザーラモンHG、レイザーラモンRGによる、大ヒット記念トークショーに緊急登壇が決定!さらにモデル武田あやなが【ガンツ応援隊長】として、ガンツスーツ姿で映画の見どころをPRしました!

gantz%ef%bc%9ao%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%88

大ヒット記念トークショー
日程:10月22 日(土)
場所:TOHOシネマズ日本橋
登壇:
ケンドーコバヤシ(岡八郎役)
レイザーラモンHG(島木譲二役)
レイザーラモンRG(室谷信雄役)
武田あやな(GANTZ 応援隊長)

映画情報どっとこむ TJ ケンドーコバヤシ(44歳/岡八郎役)
Q:岡役でオファーが来て
ケンコバさん:リアルタイムで漫画を読んでたので、最初はセックス中毒の桑原役かと思ってたんですが(笑)、まさかの“大阪最強の男”でプレッシャーはありました。

Q:大阪が舞台ということで
ケンコバさん:ぬらりひょんが出てくる戎橋のあたりで、若い頃はよくみんな、ナンパしてました!ナンパする者同士でよくケンカになったりして、そうするとサバンナの高橋が土下座してた(笑)。思い出深い大阪の街がメチャクチャになるのは複雑な気持ちでした。

レイザーラモンHG(40歳/島木譲二役)
(GANTZスーツで登場するや、開口一番)
GANTZフォー!!
この衣装、相当お金がかかってるらしくて、個人で買い取れないか交渉中です!
(※ケンコバさんから「奥さんと“GANTZプレイ”楽しめるやん(笑)」)
Q:島木役は
HGさん:相当、荒くれ者の男で、僕はいい人過ぎて(苦笑)…。何度も「もっと不良っぽく!」と演技指導されて、入り込むまで難しかったです。

レイザーラモンRG(42歳/室谷信雄役)
Q:大阪チームへの好評の声について
HGさん:「RG」「GANTZ」ってエゴサーチして、「声優やり続けた方がいい」とか「エンドロールで見るまで誰なのかわかんなかった」という声をいただいてます!!

BOOWYの「季節が君だけを変える」に乗せて、GANTZあるあるを披露!!
RGさん:オチ:女の子の巨乳が揺れすぎ!CGだと、巨乳ってだけでなく、すごく揺れるんですよ。(GANTZスーツの武田さんに)ちょっと、揺らしてもらっていいですか(笑)?

武田さん、その場でジャンプ!!!
武田さん:全然、揺れないです…(苦笑)

武田あやな(21歳/GANTZ 応援隊長)
(GANTZスーツで登場)
武田さん:着心地は…強くなった気がします(笑)! 靴とか、細かい部分まで漫画のままなんですよ。でも私、(足に巻いたフォルダのせいで)足がハムみたいなんですけど…(苦笑)。

Q:完成した映画について
武田さん:3DCGとGANTZの組み合わせがすごいです! 迫力もすごいし、3DCGにしか出せないスピードや臨場感があります。ぜひ劇場で見ていただきたいです!

映画情報どっとこむ TJ そして!「GANTZ:O」プレミア英語吹替版が上映されます!

それは・・・

2016年10月29日(土) 東京国際映画祭にて一夜限りの上映決定!

河北麻友子(山咲杏役)、英里子(レイカ役)、梶裕貴(玄野計役)、川村泰監督の舞台挨拶あり!

この度、海外への展開も視野に、2016年10月25日(火)から11月3日(木)まで開催される東京国際映画祭に出展することが決定し、一夜限りのプレミアム英語吹替版が制作される運びとなりました。

日時:10月29日(土)20:30開場
21:00舞台挨拶:河北麻友子(山咲杏役)、英里子(レイカ役)、梶裕貴(玄野計役)、川村泰監督
21:20上映スタート
22:54上映終了後、川村監督ティーチイン

「GANTZ:O」プレミア英語吹替版では、河北麻友子さんが、主人公加藤とミッション中に出会い一般人を守るために戦いに身を投じるヒロイン山咲杏役を、英里子さんは東京チームのリーダーである玄野に強い想いを寄せている人気グラビアアイドルのレイカ役を演じます。加えて、日本版の玄野計役を演じる梶裕貴さん、川村泰監督の舞台挨拶が決定しました。

映画情報どっとこむ TJ INTRODUCTION
GANTZ濃度300%

gantz_oこの不条理な大阪の街から生き残れるのか−!?
累計発行部数2,100万部。死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉による大ヒットコミック「GANTZ」。

その中でも特に人気を誇る「大阪編」がフル3DCGアニメーションで再始動する。総監督には一世を風靡した『TIGER & BUNNY』の監督さとうけいいちが、監督には日本初フル3DCG超大作『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰が担当。

脚本には『ONE PIECE FILM GOLD』等のアニメだけでなく『ストロベリーナイト』『LIAR GAME』など多くの実写作品で緻密でシリアスな傑作を手がけた黒岩勉が壮絶な戦い、そして個性溢れるキャラクターたちを描く。

アニメーション制作は、実写版『GANTZ』シリーズのVFXを担当し実写・アニメーションのジャンルを問わず数々の大ヒット作を生み出すデジタル・フロンティア。最新技術と充実の製作陣が贈る、GANTZ濃度300%の衝撃をスクリーンで体感せよ。
GANTZo2

『GANTZ:O』

10月14日(金)より絶賛公開中
公式HP:http://gantzo.jp
GANTZポータルサイト:http://gantzx.jp

***********************************

CV:
小野大輔 M・A・O 郭智博 早見沙織 池田秀一
ケンドーコバヤシ レイザーラモンHG レイザーラモンRG
津嘉山正種 小野坂昌也 津田健次郎 小川輝晃 吉田尚記 梶裕貴

原作:奥浩哉
総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
脚本:黒岩勉
音楽:池頼広
制作:デジタル・フロンティア
配給:東宝映像事業部
製作:「GANTZ:O」製作委員会
主題歌:「人間ビデオ」/ドレスコーズ(キングレコード)
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ヴェネツィア国際映画祭『GANTZ:O』正式出品 川村泰監督登壇!


映画情報どっとこむ ralph ガンツの舞台は大阪からイタリア、そして世界へ!

死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉による大ヒットSFアクションコミック「GANTZ」。その中でも特に人気を誇るエピソード「大阪編」が、フル3DCGアニメーションで再始動。『GANTZ:O』は、10月14日(金)全国ロードショーとなります!

日本での公開に先駆け、第73回ヴェネツィア国際映画祭にて正式上映が、9月8日(木)22:50(現地時間)に行われ、川村泰監督が登壇、上映に先出ちプレス・カンファレンスが行われました。
gantzo%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%8d%e3%83%81%e3%82%a2%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad

『GANTZ:O』第73回ヴェネツィア国際映画祭 正式出品
会場:ベネチア リド島 SALA GRANDE
上映日時:9月8日(木)
上映劇場:SALA GRANDE

映画情報どっとこむ ralph %e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%8d%e3%83%81%e3%82%a2%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad6会場のSALA GRANDEの前には、世界最速のプレミア上映を待ちわびる、映画ファン、アニメファン約300名が列を作りました。年齢層は幅広く20代~60代まで、男女も半々といった割合で、およそ500名の観客が劇場に駆けつけました。

ヴェネチア映画祭に正式上映となった日本映画の中で唯一のジャパアニメーションということで、必然的に映画祭のシネフィルからも注目を集めた形になりました。

大阪を舞台にしたGANTZチームの活躍、愛する者を守るために闘う姿に、映画祭の観客はどのように見たのか。結果はスタンディングオベーションと拍手が約5分間のエンドロール中に鳴り響き、日本が誇るSFの世界、3DCGアニメーションの力を証明する形になった。

上映後のロビーでは、川村監督にサインと写真を求めるファンが長蛇の列を作り、サイン会&撮影会ような様相を呈しました。海外映画祭の熱気を肌で感じた川村監督は、以下のようにコメントしました。

%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%8d%e3%83%81%e3%82%a2%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad3川村監督:夜中の上映にも関わらず、非常に沢山のお客様に観て頂き、しかも歴史ある映画祭なので物凄く感動しました。レッドカーペットを歩かせて頂いた時も、文字通り夢のような気持ちでした。とても最高の経験をさせて頂きました。映画祭のお客様のリアクションがとてもよく、エンドクレジットが始まったところからスタンディング・オベーションが起こり、すごく感動しました。そして、上映後にサインや握手、写真を求められ、その熱さが伝わってきて、この5年間やってきて良かった、私自身も報われた、との思いが込み上げて来ました。この気持ちを日本に持ち帰って、支えてくれたスタッフの皆様にも伝えたいと思っています。本当にありがとうございました。
 
いよいよ10月14日(金)より公開となる『GANTZ:O』。海外映画祭で確かな手ごたえを得ることができた映画祭になりました。

公式HP:
http://gantzo.jp

GANTZポータルサイト:
http://gantzx.jp

***********************************

小野大輔 M・A・O 郭智博 早見沙織 池田秀一
ケンドーコバヤシ レイザーラモンHG レイザーラモンRG
津嘉山正種 小野坂昌也 津田健次郎 小川輝晃 吉田尚記 梶裕貴

原作:奥浩哉
総監督:さとうけいいち/監督:川村泰/脚本:黒岩勉/音楽:池頼広
制作:デジタル・フロンティア/配給:東宝映像事業部/製作:「GANTZ:O」製作委員会

主題歌:「人間ビデオ」/ドレスコーズ(キングレコード)
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「BLEACH」実写映画化!福士蒼汰×GANTZの佐藤信介監督で!


映画情報どっとこむ TJ 2001年より「週刊少年ジャンプ」から連載を開始。連載の終了が発表された「BLEACH」が、満を持してついに実写映画化です!
BLEACHx福士蒼汰
主人公・黒崎一護を演じるのは、福士蒼汰。
メガホンを取るのは、『GANTZ』や『アイアムアヒーロー』の鬼才・佐藤信介監督。

二人の最強タッグで実写映画化するのはワーナー・ブラザース映画が総力を上げて製作です!

映画情報どっとこむ TJ この作品は、霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護が、ある日突然現れた死神・朽木ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊たちと戦う物語。

ただのバトルアクションにとどまらず、ルキアとの友情、勝てるはずのない相手に挑む一人の男としての成長、かつ高校生らしい仲間たちや家族との明るい笑いに満ちたストーリーテリングも絶妙に織り交ぜられ、「BLEACH」ならではのテンポ感が人気の秘訣となっている。シリーズの中でもファンに根強い人気を誇る “死神代行編”の物語を中心に映画化予定。

「BLEACH」は15年続いた、シリーズ終了を名残惜しむファンにとって、今回のニュースは嬉しい朗報となりそうだ。

映画情報どっとこむ TJ 主人公の黒崎一護役を演じることになった福士さんは、

福士さん:まず『BLEACH』が実写になると聞いて自分も驚きでした。自分が一護となり死神の代行として、責任を持って演じたいと思います。
そして、15年連載が続いた大人気作品が終わりを迎えたことも感慨深いです。読者としては一護や死神たちの雄姿をまだ見ていたい気もしますが、実写でもその雄姿を感じていただければと思います。

佐藤信介監督
佐藤信介監督
そして佐藤監督とは映画『図書館戦争』シリーズ以来のタッグです。緊張もしますが、監督を信頼して頑張りたいと思います。

佐藤信介監督は意気込みを

佐藤監督:『BLEACH』 この壮大な物語を、映画化します。想像力の限りが尽くされたこの世界を、映像の力の限りを尽くして描きます。尸魂界<ソウルソサエティ>、虚<ホロウ>、ざんぱく斬魄とう刀、そして福士蒼汰が一護として暴れまくる姿、お楽しみに。

映画情報どっとこむ TJ そして!原作者の久保帯人先生は・・・

久保先生:映画化です。ボンヤリ浮かんでは、なんやかんやで(主に俺のイチャモンにより)立ち消えてた実写映画が遂に実現することになりました。

幸運にも連載完結のタイミングと重なったので、原作者としてできる限り協力して、BLEACHを知らない人にも楽しんで貰え、BLEACHの読者にも満足して貰えるものに近づける一助になればと思っています。唯一心配なのは一護の髪の色かなー!あの色実写だとヘンだけどどうすんだろなー! 

壮大なスケールで実写化される、エンターテイメント超大作、

映画「BLEACH

は2018年全国ロードショーです。

公式:bleach-movie.jp

***********************************

原作:「BLEACH」久保帯人(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

監督:佐藤信介
出演:福士蒼汰(黒崎一護役)
配給:ワーナー・ブラザース映画




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『GANTZ:O』主演キャスト加藤勝役に小野大輔 コメントも!


映画情報どっとこむ mari 超大型フル3DCGアニメーション映画『GANTZ:O』が、ついに始動!

主演キャストが発表!世界最速映像も到着!

死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉による大ヒットSFアクションコミック「GANTZ」。その中でも特に人気を誇るエピソード「大阪篇」が、フル3DCGアニメーションで再始動します。

GANTZo3

先日4月28日に、フル3DCG長編アニメーション映画『GANTZ:O』という正式タイトルが発表、公開時期も【2016年10月14日(金)全国ロードショー】 と解禁となりました。

原作では、主人公の玄野計が死亡した世界で、加藤勝をリーダーに、東京と大阪のガンツチームが自らの命を懸け「妖怪軍団」に闘いに挑むストーリー!その主人公である「加藤勝」を、小野大輔が演じることが決定!

GANTZO_小野大輔

それに伴い、小野が加藤を演じる【本編映像】の一部が、この度、初めてのお披露目となります!

以下のアドレスにて特報解禁!!
http://gantzo.jp/news/

映画情報どっとこむ mari 小野大輔さんからコメントも到着!

小野さん:僕もファンとして待ち望んでいた大阪編の映像化です。原作にあるストーリーを1本の映画にするためにすばらしい構成がなされていて、奥先生が原作で描いた心の動きであったり、哀しみ、感動が鮮明に伝わってくる作品になっていると思います。ファンの方には絶対見ていただきたい。期待していてください!

映画情報どっとこむ mari GANTZ:O総監督には『TIGER & BUNNY』や、『聖闘士星矢Legend of Sanctuary』など、実写映画、アニメ映画などの監督を手がけてきたさとうけいいちが、監督には日本初フル3DCCG超大作『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰が担当。脚本には『ONE PIECE FILM GOLD』等のアニメだけでなく『ストロベリーナイト』『LIAR GAME』など多くの実写作品で緻密でシリアスな傑作を手がけた黒岩勉が壮絶な戦い、そして個性溢れるキャラクターたちを描く。

そして、アニメーション制作は、実写版『GANTZ』シリーズのVFXを担当し実写・アニメーションのジャンルを問わず数々の大ヒット作を生み出すデジタル・フロンティア。 最新技術と充実の製作陣が贈る、GANTZ濃度300%のSFサバイバルアクション超大作。

いよいよ時代が奥浩哉の「GANTZ」に追いついた。人間VS凶悪・強烈な「妖怪軍団」が大阪の街で繰り広げる死闘と驚愕の映像革命を、目撃せよ!!

GANTZ:O

2016年10月14日(金) 全国ロードショーです。

公式HP:
http://gantzo.jp

GANTZポータルサイト:
http://gantzx.jp

***********************************

GANTZ_O

主演:小野大輔
GANTZo2原作:奥浩哉
総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
脚本:黒岩勉
制作:デジタル・フロンティア
配給:東宝映像事業部
製作:「GANTZ:O」製作委員会
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ