「EXILE」タグアーカイブ

EXILE TAKAHIROと、市原隼人、岡田義徳が3人の信長 映画『3人の信長』特報&ビジュアル完成!


映画情報どっとこむ ralph 数々の映画・ドラマの題材となった“織田信長”の新たな姿を描いた前代未聞の時代劇エンターテインメント『3人の信長』が9月20日(金)より全国公開となります。

本作は、「我こそが信長」と主張する3人の信長と、主を討たれ復讐心に燃える元今川軍の侍たちとの攻防を描いた時代劇エンターテインメント。

この度、特報とポスタービジュアルが完成しました。

特報では、今川軍の前に現れた、影武者を含む3人の織田信長(EXILE TAKAHIRO、市原隼人、岡田義徳)に、髙嶋政宏や相島一之らが戸惑う様子が滑稽に描かれます。真の信長の命を敵から守るため、「ホンモノの信長は、だ〜れだっ!」と叫ぶTAKAHIROに、クセまでそっくりな3人の信長が、「俺」こそ信長であるとアピールする姿に、結末へ向けた展開が楽しみな特報に仕上がっています。



映画情報どっとこむ ralph ポスタービジュアルは、「ホンモノ、だ〜れだっ!」というキャッチコピーに、3人の信長のちょんまげ姿。初の時代劇映画主演にして、初のちょんまげ姿を披露するTAKAHIROは3人のなかで最も“頭がキレるかぶき者”の信長・甲。市原隼人は“噂通りの貫禄はあるが、ときどき天然”な信長・乙。岡田義徳は“噂通りのうつけ者だが、まったく読めない”信長・丙。それぞれのキャラクターに合わせた信長の肖像を持ち、本作の中でそれぞれの信長が、敵にどういった謀略をかけるのか期待を持たせるビジュアルになっています。

映画『3人の信長』
映画情報どっとこむ ralph 織田信長を演じる、TAKAHIRO、市原隼人、岡田義徳からコメントが到着しました。


「岡田義徳さん、市原隼人さんをはじめ、大先輩であり豪華すぎるキャストの皆様との素晴らしい出会いに感謝します。心地よい緊張感のなか、良いチームワークで作り上げたこの作品が、皆さんに愛される映画になることを心から願っております‼」

<市原隼人 コメント>
「『3人の信長』という枠の中で、信長の枠を壊そうと精いっぱい遊ばせて頂きました。誰が信長なのか、という心理戦があり、ちょっとした言葉とか、目線とか表情が伏線となってつながっていくので、一瞬一瞬に注目してご覧ください」

<岡田義徳 コメント>
「歴史も題材にし、ちゃんとしたフィクションで、面白い話ができたというのは、僕にとっては挑戦的な一本となりました。すごくフランクに見れる時代劇ですので、楽しみにして観に来て下さい」

映画情報どっとこむ ralph 豪華キャストが織田信長を演じる、前代未聞の時代劇エンターテインメントに是非ともご期待ください!

『3人の信長』

ときは永禄13年。金ヶ崎の戦いにより敗走中の織田信長の首を狙って廃村に潜んでいた元今川軍の蒲原氏徳たち。
復讐心に燃えた元今川軍がついに捕らえたのは、なんと3人の信長!?
万が一影武者の首を打ち取ってしまっては、今川家はいい笑いものになってしまう。
3人のうち2人は影武者に間違いないが、今川家の威信にかけて、蒲原たちはあの手この手で本物をあぶりだそうとする。しかし真の信長を守るため、3人の信長たちも我こそが信長」と猛アピール!!

噂に聞いた信長にそれぞれ似通っている3人が今川軍を翻弄する!互いの誇りを賭けた笑いと人情の謀略合戦が幕を開ける!!

公式HP:
3nin-nobunaga.jp

公式Twitter:
@3nin_Nobunaga


***********************************


出演:TAKAHIRO 市原隼人 岡田義徳 相島一之 前田公輝 奥野瑛太 坂東希 /
髙嶋政宏 監督・脚本:渡辺啓

作:イメージフィールド
製作:「3人の信長」製作委員会
配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ2019「3人の信長」製作委員会


TAKAHIRO、松坂慶子ら登壇決定『僕に、会いたかった』公開記念舞台挨拶4月25日チケット発売


映画情報どっとこむ ralph 「EXILE」のTAKAHIROが、満を持して長編映画で初めて単独主演『僕に、会いたかった』は、5月10日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。
記憶を失くした漁師・徹を演じるTAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今が旬の若手俳優たちが出演。松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支えます。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成。家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動の人間ドラマが誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph そして

5月11日(土)、12日(日)キャスト・スタッフ登壇の公開記念舞台挨拶が決定いたしました。チケットは4月25日より発売です。

■日程:5/11(土)
▼会場:TOHOシネマズ 日比谷 12:10の回<上映後>および15:05の回<上映前>舞台挨拶
▼会場:ユナイテッド・シネマ豊洲 15:00の回<上映後>および17:45の回<上映前>舞台挨拶
▼会場:TOHOシネマズ 新宿 18:30の回<上映後>舞台挨拶
登壇者:TAKAHIRO、松坂慶子(12:10の回のみ)、山口まゆ、柴田杏花、秋山真太郎、錦織良成監督(予定)

■日程:5/12(日)
▼会場:ユナイテッド・シネマアクアシティお台場 9:30の回<上映後>および12:00の回<上映前>舞台挨拶
▼会場:京成ローザ⑩ 13:00の回<上映後>および15:40の回<上映前>舞台挨拶
登壇者:TAKAHIRO、秋山真太郎、錦織良成監督(予定)
※両日ともに登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。

<チケット情報>
料金(税込):2,000円
※ 別途お客様手数料あり
※ユナイテッド・シネマ豊洲はプレミア・ペアシート6,400円(2名・税込)の販売あり
※TOHOシネマズ 新宿はプレミアボックスシート3,000円(税込)、プレミアラグジュアリーシート5,000円(税込)の販売あり
※ユナイテッド・シネマアクアシティお台場はペアシート4,000円(2名・税込)の販売あり

≪発売情報≫
【一般発売(先着)】・受付期間:4/25(木)18:00~
※但し、限定数の販売ですので、無くなり次第終了となります。
・受付方法:WEB予約 (PC/モバイル/スマホ) ≪URL:https://l-tike.com/bokuai-pr5≫
・決済方法:WEB予約 →クレジット決済のみ
Loppi直接購入 →店頭決済のみ (レジにてクレジットカードも使用可能です。)
・Lコード:TOHOシネマズ:38391/ユナイテッド・シネマ:38392/京成ローザ:38393
・手数料:WEB/モバイル→324円/1枚(内訳:システム利用料216円、店頭発券手数料108円)
Loppi直接購入→店頭発券手数料108円/1枚
・枚数制限:4枚まで

≪注意事項≫
・特別興行の為、各種招待券はご利用いただけません。・お席はお選びいただけません。・ご購入の際は各種手数料がかかります。詳しくは、購入の際ご確認ください。・場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。・転売目的でのご購入は、固くお断り致します。・いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。・全席指定となります。チケットをお持ちでない方はご覧になれません。・当日マスコミ取材が入る場合がございます。予めご了承ください。

≪チケット販売に関するお問合せ≫
ローソンチケットインフォメーション
(10:00~20:00) 0570-000-777

映画情報どっとこむ ralph 『僕に、会いたかった』

5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式HP:
bokuai.jp

ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるのだろうか?その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIRO。満を持して、映画で初めて単独主演した感動作が『僕に、会いたかった』だ。これまでの華やかなイメージから一転、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。映画俳優として、新境地を切り開いた。ドラマを支えるのは、NHK 連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派、ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』の山口まゆ、『ソロモンの偽証』で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固める。家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。家族との「今」を大切にしたくなる。

***********************************

TAKAHIRO :山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨:宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝:秋山真太郎 黒川芽以 
小市慢太郎 :松坂慶子
監督:錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO 脚本:錦織良成 秋山真太郎 音楽:瀬川英史 撮影:金子正人 照明:吉角荘介 録音:西岡正巳 
編集:栗谷川 純
配給:LDH PICTURES    
2019年:日本:カラー:5.1ch:シネマスコープ:96分  
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会


『僕に、会いたかった』EXILE TAKAHIRO釣りの腕前を実演披露本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 記憶を失った男を島の人々の優しさが包む。家族の絆と再生を描いた感動の物語。
『僕に、会いたかった』撮影の合間は釣りばかり!?釣りの腕前を実演披露本編映像解禁

日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して長編映画で初めて単独主演した感動作『僕に、会いたかった』。このたび5月10日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります。

記憶を失くした漁師・徹を演じるTAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら今が旬の若手俳優たちが出演。松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支えます。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成。島根県隠岐島の壮大な自然を舞台に、家族との「今」を大切にしたくなる、絆と再生を描いた感動の人間ドラマに仕上がりました。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作の本編映像が解禁!

本作で主演を務めるのは、日本を代表するダンス&ボーカルグループ・EXILEのメインボーカルTAKAHIRO。長編映画で初の単独主演という現場で、これまでのイメージを覆す無精ひげ姿の凄腕漁師という役どころを熱演し、記憶喪失というキャラクターを難なく演じきった。今回解禁されるのは、劇中、“島留学”で島にやってきた学生:福間雄一とTAKAHIRO演じる徹が釣りを楽しむ姿を捉えたシーン。島に来てすぐ、徹に釣りを教わる雄一を演じたのは、映画『ソロモンの偽証 前編・後編』や『響HIBIKI-』など話題の映画に出演し本年度大注目の若手俳優・板垣瑞生だ。

劇中では、このシーンだけでなく、随所で釣りをしながら学生や島の人と交流をする徹の姿が描かれるが、そんな徹を演じたTAKAHIROさんも実は大の釣り好きなんだとか。映画の撮影時にも、空き時間があればずっと釣りをしていたとかで、名前も知らない地元のおじさんとおしゃべりしながら、TAKAHIROであることにも気づかれないまま2時間以上も釣りを楽しんでいたという驚きのエピソードを明かしている。

今回解禁された映像では、漁師としての知識と経験から板垣さん演じる雄一に釣りのやり方を指南する徹の姿が描かれれている。初対面だというにもかかわらず、ごく自然にコミュニケーションを取る二人の姿は、ゆっくり流れる時間とともに、人と人との絆やぬくもりを強く感じさせる本編の雰囲気をしっかりと映し出している。

4月9日(火)には、撮影現場である島根の隠岐島で舞台挨拶を行ったばかりのTAKAHIROさん。その舞台挨拶上でも、撮影の空き時間に釣りを楽しんでいたという
エピソードを語る程、生粋の釣り好きとして、劇中の釣りシーンではその実力を
遺憾なく発揮し、凄腕をまさに実演している。

映画情報どっとこむ ralph 『僕に、会いたかった』

5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるのだろうか?その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIRO。満を持して、長編映画で初めて単独主演した感動作が『僕に、会いたかった』だ。これまでの華やかなイメージから一転、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。映画俳優として、新境地を切り開いた。ドラマを支えるのは、NHK 連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派、ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』の山口まゆ、『ソロモンの偽証』で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固める。家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。家族との「今」を大切にしたくなる。

***********************************

TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以 
小市慢太郎 /松坂慶子
監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳 
編集/栗谷川 純  配給/LDH PICTURES  (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会  bokuai.jp
2019年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96分  


EXILE ÜSA、TETSUYA、佐藤大樹が出席!映画等々で観光振興「しあわせ信州創造プラン2.0」


映画情報どっとこむ ralph EXILEのEXILE ÜSA、TETSUYA、佐藤大樹が3月20日、長野県庁で行われた長野県が掲げる「しあわせ信州創造プラン2.0」の実現に向けた包括連携協定の締結式に出席しました。

「Love, Dream, Happiness」「日本を元気に!」というスローガンのもと、エンタテインメントの力による地域活性を目的とした社会貢献活動へ取り組むLDHは、その理念にかねてより深く共感していた阿部守一長野県知事の依頼を受けて、ダンス教育の推進、長野オリンピックレガシー施設の活用、祭りやスポーツ、映画を通じた観光振興などで地域を盛り上げるべく、協定締結を結ぶ運びとなりました。

映画情報どっとこむ ralph 今回の協定は、県が促進する「誰もがしあわせに暮らすことができる長野県」の実現に向けて、「Love, Dream, Happiness」の理念もと、エンタテインメントによる地域活性、地方創生に取り組むLDHに共感する、阿部守一長野県知事の依頼により実現。「日本を元気に」のスローガンを掲げるLDHとともに、子どもの育成や地域社会の発展に取り組んでいく。

18年、19年に長野・信州善光寺で行われた節分会に参加したÜSAは、「長野に来るたびに皆さんが温かく迎えていただき、本当に優しい方が多く、来ると癒されて嬉しくなります。地元の皆さんと一緒に長野を盛り上げていきたい」と、県の祭りや伝統芸能、イベントを中心に、地域文化やスポーツの振興を通した地域活性をサポートしていく。

早稲田大学大学院でダンス教育に取り組んだTETSUYAは「全国的にダンス教育について体育の先生が困っている。一方で生徒の皆さんはダンスを求めている。そのギャップを埋める授業を、長野県でカタチにしていきたい」と、県内の中学校における「新たなダンス授業のデザインづくり」をテーマに、ダンス教育を支援する。

また、長野県で撮影が行われた映画「4月の君、スピカ。」(2019年4月5日公開)で主演を務め、同県の千曲市に三週間以上滞在した佐藤は「温泉もあって、星もキレイで、ご飯も美味しくて。色んなものに魅了されました。僕が果物で一番好きなシャインマスカットもあります」と長野の魅力を早速PR。今後も、映画やドラマなど映像作品を通して信州の魅力をプロモーションすることで、観光振興に協力していく。

締結式では、阿部知事とLDH JAPAN代表取締役CEOの森雅貴氏が協定書に署名。

森CEOとガッチリと握手をした阿部知事は「大変心強く、期待しています。LDHさんのチカラを得ながら、愛と夢に満ち溢れた地域社会を作れるよう、私も全力で取り組みたい」と声を弾ませた。

一方の森CEOも「この協定を通じて、施設や教育、イベントをはじめとした様々な分野からLDHが掲げている『Love, Dream, Happiness』の理念によるエンタテインメントで貢献していきたい」と宣言。

映画情報どっとこむ ralph すでに、長野オリンピック、パラリンピックレガシーの利活用による地域活性に取り組んでいて、3月23日、24日に開催するTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE、6月29日に開催するEXILE SHOKICHIのライブツアーの会場が、それぞれ長野M-WAVE、長野ビックハットに決定。さらに7月には、LDHが主催する小学生のフットサル大会「EXILE CUP 2019」の北信越大会が、長野オリンピックスタジアムで開催することも決定しているそうです。

***********************************



TAKAHIRO主演『僕に、会いたかった』2枚で1つになる!特別ティザービジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、満を持して映画で初めて単独主演した感動作。今回特別ティザービジュアルと場面写真を解禁。

2枚で1人のTAKAHIRO!特別ティザービジュアル

海辺をバックに物憂げな表情を浮かべるTAKAHIRO演じる徹のアップを捉えたビジュアルだが、今回は左右の顔に分かれ、2枚で1枚の絵が完成する特別仕様となっている。TAKAHIROは、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。本人も「俺じゃないみたいだ」と話すほど、これまでの華やかなイメージを覆し、無精髭を蓄えた寡黙な男を演じる。

ティザーチラシは上映映画館等で配布される予定。ぜひ2枚とも手に取ってほしい。

映画情報どっとこむ ralph 島根県隠岐島の壮大なロケーションをバックに、躍動する若手俳優たち

TAKAHIRO演じる漁師・徹の住む隠岐島にやってくる“島留学”の学生たち。島留学とは、都会で学校生活になじめなかったり、家庭に居場所を失くした子供たちを島の住人たちが“親”として預かる制度。実際隠岐島でも、豊かな自然の中で、学力以外にも未来を切り開いていく人間力を育てていく制度として行われている。育ってきた環境とは違う生活の中で、壮大な自然に触れ、密すぎるコミュニティのなかでときにぶつかり、自分を見つめなおしながら成長していく子供たち…その成長は、記憶を失くしたことで前に進めずにいた徹を少なからず刺激していくことになる。

島留学の学生たちを演じたのが、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、浦上晟周、小野花梨といった旬の若手俳優たち。

とくに島留学に来る3人の学生たちは、群像劇としてそれぞれドラマを秘める役どころ。
ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』で高い演技力を披露し注目を集める木村めぐみ役の山口まゆは、島留学の同期たちの成長をそばで見守りながら、最後まで素性を明かさない難しい役どころを熱演しており、ブレイク必至!と目されている。また、母との確執を島での成長を通し乗り越えていく福間雄一役の板垣瑞生は『ソロモンの偽証』で準主役を務め、ダンスボーカルユニット「M!LK」としても活動。また、島での生活を通し、思いやりと感謝の気持ちを学んでいく横山愛美役の柴田杏花の演技にも注目が集まる。 そんな彼らの躍動する場面写真が解禁に。

映画情報どっとこむ ralph 『僕に、会いたかった』

5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
ある事故をきっかけにして、記憶を失った男、徹。その後の日々を優しく見守る、母と島の人々。本島から島へ来る留学生たちとの触れ合いの中で、徹の記憶は蘇るのか?島の愛は、人の心を救えるのだろうか?その裏側には家族の、温かくも切ない秘密があった。漁に出られなくなった元漁師は島で懸命に今を生きようとするも、「ありがとう」を言いたい人も忘れ、心だけが前に進まない。そんな男を、島の人々の優しさが包み込む。雄大な自然に囲まれた島で、男は“自分自身”を見つけることができるのか? 事故の真相を知った時、男は……。
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIRO。満を持して、映画で初めて単独主演した感動作が『僕に、会いたかった』だ。これまでの華やかなイメージから一転、12年前に起こった事故がきっかけに記憶を失くした元漁師という難役に挑戦。映画俳優として、新境地を切り開いた。ドラマを支えるのは、NHK 連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の松坂慶子、“カメレオン俳優”と呼ばれる名バイプレーヤーの小市慢太郎らベテラン実力派、ドラマ「コウノドリ」『相棒 劇場版Ⅳ』の山口まゆ、『ソロモンの偽証』で準主役を務めたボーカルダンスユニット「M!LK」の板垣瑞生ほか、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨など次世代を担う若手が脇を固める。家族の絆と再生を描いた感動の人間ドラマ。家族との「今」を大切にしたくなる。

***********************************


TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以

小市慢太郎 /松坂慶子

監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
音楽:瀬川英史 撮影:金子正人
照明:吉角荘介 録音:西岡正巳

編集:栗谷川 純
配給:LDH PICTURES
2019年/日本/カラー/5.1ch/シネマスコープ/96分
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会