「CHAI」タグアーカイブ

バンド「CHAI」が初映画主題歌! 斎藤工 X 白石和彌監督 映画『麻雀放浪記2020』


映画情報どっとこむ ralph 斎藤工 X 白石和彌監督 映画『麻雀放浪記2020』が、4月5日(金)より、全国公開となります。

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定も2020年が舞台!キャラクターも大胆にアレンジ。しかも20台のiPhoneで全編を撮影!

原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生します!
映画情報どっとこむ ralph そして!

この度、映画主題歌を今大注目の『NEOかわいい』バンド「CHAI」が担当することが決定しました!!!

「CHAI」は、双子のマナ・カナに、ユウキとユナで編成された4人組、『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』。


白石和彌監督がぜひ本作の主題歌に、ということで、今回の企画を提案。

ラッシュ(音声の入っていない完成前の映画)を見て、主題歌「Feel the BEAT」を制作。CHAIにとっては初の映画主題歌となります。

1月9日(水)22時~放送のNHK「クローズアップ現代+」でも「CHAI」の全貌が明らかになる彼女たちの現象を大特集!(緊急のニュースが発生した場合、放送日時は変更になることがあります)

映画情報どっとこむ ralph CHAI、白石和彌監督のコメントが到着しています!

■CHAI コメント

この映画で描かれていることが本当に起きたらと考えると怖すぎる!深刻なことがコミカルに詰まっているけど、すごく現実的でヤバい。リアルに感じます。

哲(斎藤工)の「もっと命かけて麻雀やったらどうなんだ!」と言うセリフの熱さがすごくて、誰に対しても刺さる言葉・刺さる映画なんじゃないかなと思いました。ビシッとしなきゃ、ちゃんと生きなきゃ!と思いましたし、たくさん笑えて感動するから、何かに熱中したくなりました!

そして、哲の“絶対に俺はこれだ!”という一生懸命さと譲れない気持ちが「Feel the BEAT」のテーマになっています。誰かに聞いたり迷ったりするのではなく「言い切る!」という大事な気持ちは、哲にもあるしドテ子(もも)にもあるし、そしてCHAIにもあると感じて曲にしました。だから【思いっきりCHAI】な曲になっています!!映画の曲は初めてだったのでエンドロールで流れているのを想像しながら作ったのですが、合っていて嬉しかった(笑)!映画の最後にみんなの気持ちをグッと掴めるといいなと思います!


■白石和彌監督コメント

CHAIのアーティストとしてのグローバルな活動と限りなく広がる世界観に一目惚れしてお願いしました。

初めて会った時、CHAIのみんなは「どんな感じの曲がいい?」って優しく僕に聞いてくれたので、一生懸命説明するとキャッキャしながら「わかった!やってみる!」と言ってくれました。少しだけ不安を覚えましたが、上がってきた曲は超カッコよかったです。その時『孤狼の血』のムビチケを渡したのですが、果たしてCHAIは見てくれたのか、今度会ったら聞いてみようと思います。CHAIありがとう!
映画情報どっとこむ ralph 映画『麻雀放浪記2020』

2019年4月5日(金)全国ロードショー!


***********************************


原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工
チャラン・ポ・ランタンもも,ベッキー,竹中直人
監督:白石和彌
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会