「Bunkamura ル・シネマ」タグアーカイブ

桜沢エリカ、小田島久恵が語る『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』


映画情報どっとこむ ralph 現在Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほかにて大ヒット上映中の『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』。

本作の公開を記念し、バレエ好きで知られる漫画家の桜沢エリカさんと音楽・舞踊ライターの小田島久恵さんが登壇、Bunkamuraル・シネマにてトークショーを開催いたしました。
日時:2017年7月22日(土)11:00の回上映後
会場:Bunkamura ル・シネマ
​登壇:桜沢エリカ(漫画家)、小田島久恵(音楽・舞踊ライター)

映画情報どっとこむ ralph 現在大ヒット上映中の『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』の公開記念トークイベントが7月22日、Bunkamuraル・シネマにて行なわれ、バレエ好きで知られる漫画家の桜沢エリカさんと音楽・舞踊ライターの小田島久恵さんが登壇、セルゲイ・ポルーニンにについて熱く語った。

本作は、孤高の天才ダンサー、ポルーニンの知られざる素顔に迫るドキュメンタリー。19歳で名門・英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルに選ばれるが、人気絶頂期に電撃退団。全身にタトゥーを纏い、決して型にはまらないバレエ界きっての異端児ポルーニンの生き様を、本人や家族、友人、関係者らのインタビューを交えながらひも解いていく。


二度目の映画を鑑賞した

桜沢さん:観ていて胸がいっぱいで、なんといっていいのか、家族の映画でもあるし、苦悩の青春映画でもありまよね。

と感想を述べると、

小田島さん:登場人物が濃いですよね。お父さんがとにかくせつなくて…。お母さんはというと、若くて綺麗で、でもあの目つきは只者ではないかんじがしましたね(笑)

とコメントし、会場の笑いを誘った。


映画情報どっとこむ ralph ロシアに行っても順当に出世し、スターになっていたのではないかと小田島さんが問いかけると

桜沢さん:ボリショイやマリインスキーでもポルーニンは出世はできたと思いますが、やはり外国に言ったほうが早くスターになったと思うんですよね。

と分析。ロイヤルでの活動を振り返り

小田島さん:でもロイヤルってみんなすぐ辞めちゃいますよね。そういえば以前アダム・クーパーに会った時に、どうしてみんな辞めてしまうのかって聞いたことがあるんですけど『あんな軍隊みたいな所、すぐに辞めちゃうよ!』って言っていたのを思い出しました(笑)。

と述べると、

桜沢さん:でも、オペラ座をやめてロイヤルに入ったシルヴィ・ギエムみたいな人もいるので、やっぱり合うか合わないかではないんじゃないですかね!

と指摘。

また、前回ポルーニンが来日した2012年の公演を観に行った

桜沢さん:その時はロイヤルを辞めたばかりで、日本ではまだ彼がすごいという噂がひろまっていなくて。確かに観てすごいとは思ったのですが、感情が呼び覚まされるまでではなく…ただ、とてもいい演目を踊っていたのでずっと印象には残っていました。

と当時の印象を語った。

映画情報どっとこむ ralph そして、ポルーニンの身体に刻まれたタトゥーの話題になると

小田島さん:これはわたしの考えではありますが、タトゥーがいっぱい入っている人というのは他人との一体感を求める人だと思うんですよ。ゼレンスキーの顔を彫るっていうのは、彼の中で何か残したいというのか…絆を刻みたいというのか…。わたしは占いライターもやっているのでホロスコープも調べてみたんですが、さそり座のポルーニンはというと真面目過ぎて自分を追い込んでしまう性格ですが、何をやっても大成する人と出ました。

とポルーニンを分析。

更に

小田島さん:ダンサーって、自分の心の内を語らないひとが多くて、その中でこの監督は、異端児などとメディアで騒がれていたポルーニンの裏側を、よくも見つけることが出来たなと思うんですよ。

と監督を賞賛した。

桜沢さん:”すっぽかし!!”などと新聞で書かれると、ただのお騒がせみたいに見えてしまう。それこそエイミー・ワインハウスもそう。彼女もすごくセンシティブだったけど、奇行ばかりが取り沙汰されて…。そう考えるとポルーニンも生き急いでいる感があって心配になりますね。この先愛情をいっぱいもらえるような人と出会って、安定した踊りを踊ってほしいなと思います。

とエールを送ると、

小田島さん:今まだ28歳ですもんね。まだまだずっと踊っていてほしいですよね。

と同調。会場全体から大きな拍手が巻き起こりイベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 桜沢エリカ(漫画家)
10代でデビューして以来、コミック誌やファッション誌など多方面で活躍中。女性の心情をリアルに描写した漫画やイラストを多く手掛けるほか、そのファッションセンスも注目を集める。91~93年、名作「メイキン・ハッピィ」で人気が不動に。常にその時々のオシャレでカワイイものや場所に敏感で、軽やかで洗練された画風もその魅力を最大限に生かしている。97年飛鳥新社より選集(全10巻)刊行開始。粋なストーリーマンガを描く一方で「シッポがともだち」のようなエッセイマンガにも定評があり、自身の出産体験は『贅沢なお産』(飛鳥新社・新潮文庫)、『今日もお天気』シリーズ(祥伝社)に詳しい。

小田島久恵(音楽・舞踊ライター)
オペラ、バレエ、オーケストラを中心に音楽・演劇の公演やアーティストについて執筆。ボリショイ・バレエ、マリインスキー・バレエ、マリインスキー・オペラ等を現地で取材。著作に「オペラティック!」(河出書房新社)

映画情報どっとこむ ralph 映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅や野獣
原題:DANCER

Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほかにて大ヒット公開中。

<ヌレエフの再来>と謳われる類まれなる才能と、それを持て余しさまよう心――

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

ウクライナ出身で、19歳の時、史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。
スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲『Take Me To Church』のMVだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはyoutubeで2,000万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。

<ヌレエフの再来>と謳われる類い稀なる才能と、それを持て余しさまよう心。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…?

***********************************

監督:スティーヴン・カンター
『Take Me To Church』
演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演:セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソン他
配給:アップリンク・パルコ
(2016年/イギリス・アメリカ/85分/カラー、一部モノクロ/16:9/DCP/)




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

草刈民代 登壇 映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 7月15日(土)よりBunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほかにて公開となった映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』。

本作は19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリーです。
この度、ゲストに「こんな天才ダンサーが現れたことがあっただろうか」と熱いコメントを寄せていた草刈民代さんをお招いてトークイベントが行われました。

日時:2017年7月17日(月・祝)
時間:10:30の回上映後
会場:Bunkamura ル・シネマ
登壇:草刈民代(女優) [聞き手]:乗越たかお(舞踊評論家)

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりの観客の前に登壇したのは草刈民代さん。暖かな拍手に迎えられ、


乗越さん:セルゲイは天才で花開かた人。危ういですよね?

草刈さん:危ういというより、ダンサーとして出来上がるのが速かったんだと思うんですね。学生で自由自在に動ける凄さ。テクニックが凄い人はいますが、彼の場合は学生の時でも表現力も含めて出来るタイプだったんだと思います。そんな彼がポテンシャルの高さと努力して・・・花咲かせても、バレエだけやってきた自分自身の模索が始まっているのだと思います。

と分析。「私も似たような経験はしてきましたからね。」と言う草刈さんは

草刈さん:彼は劇中あらゆる薬んでもましたが、心臓の薬って。あそこまでできないと思いますが、飲んでる子はいましたね。私は自分でセーブしたましたが、彼はそこまでしないと納得した踊りにならないからあそこまでなんだと思います。そして・・・あのバランスをとるために、考える時間が必要なんだと思います。昔のダンサーは、国の選んだ芸術家だということを背負ってきて辞めちゃうという選択はなかった。でも時代が自由になったので、世代が違う生き方が出来ていての模索なのかなと。亡命でなくても、できるようになった時代。自由の中で育って、だから悩みを持ったりするようになったのかなと。

自由が生んだ申し子だと分析。


映画情報どっとこむ ralph
乗越さん:現役の時からお芝居もしていますが?それはノイズでしたか?

草刈さん:Shall we danceの前は言われてやっていただけのノイズでした。でも映画の後は周防監督(旦那さん)が映画を知ってもらうために物凄い取材を受けているのを見て、観てもらう為の努力をみんながする世界を見て180度世界観が変わりました。バレエも知ってもらわなければと。目立つことで入りいろありましたけどね。

と、映画界を知ることで学んだことも多かったそう。


乗越さん:セルゲイもプロジェクトをやってますが、草刈さんも踊られながらプロデュースしていますが。

草刈さん;自分で決めてやるのはですね、1回目は雑用が大変でしたが、2回目からはこなせるようになって難しくなくなって。行き詰ったから、時分で自分で考えないと納得できなくなっていたんですね。自分の満足感と、日本でも可能なんだと見せていけたかなと思っています

乗越さん:セルゲイの今後をどう思いますか

草刈さん:彼自体が何をしたいのか?10年たたないとわからないと思います。映画を経験するうちに何を目指すのか?見つかるのか、芝居ではなくて、踊りを深めるのか?どういう立ち位置に立つのかですね。見守っていきたいです。

と締めてトークイベントを終えました。

映画情報どっとこむ ralph
<ヌレエフの再来>と謳われる類まれなる才能と、それを持て余しさまよう心

映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
原題:DANCER

2017年7月15日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。
ウクライナ出身で、19歳の時、史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。

スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲『Take Me To Church』のMVだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはyoutubeで2,000万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。

本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…?


***********************************

監督:スティーヴン・カンター
『Take Me To Church』
演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演:セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソン他
配給:アップリンク・パルコ
(2016年/イギリス・アメリカ/85分/カラー、一部モノクロ/16:9/DCP/)
© British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

セルゲイ・ポルーニン写真展『ビギニング・オブ・ジャーニー』本日より開催


映画情報どっとこむ ralph いよいよ明日、7月15日(土)よりBunkamura ル・シネマ、新宿武蔵野館ほかにて全国順次ロードショーとなる映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』。

その公開を記念し、セルゲイ・ポルーニン写真集『The Beginning of a Journey: Project Polunin』(写真:ハービー・山口/パルコ出版)が刊行されます。また、それにあわせて7月15日(土)から7月23日(日)まで、東京渋谷のGALLERY X BY PARCOにて写真展も開催されます。
この写真展では、写真集に未収録のカットも多数展示・販売されるほか、写真家ハービー・山口氏によるトークやサイン会も行われます。また、今年3月にロンドンで撮影された「プロジェクト・ポルーニン」のリハーサル風景とそれを撮影するハービー・山口氏の姿を捉えた映像(約16分)、および今年4月のセルゲイ・ポルーニン来日時に東京藝術大学・奏楽堂で開催されたプレミアイベント映像(約5分)も、本写真展会場のみで公開! さらに会場限定で、エディションナンバーとハービー・山口氏サイン入りのオリジナルプリント(2Lサイズ)が写真集に付属するスペシャルセット(税抜8,000円)も販売されます。

映画情報どっとこむ ralph ◆写真展 概要

セルゲイ・ポルーニン 写真展
『ビギニング・オブ・ジャーニー』
写真/ハービー・山口
会場:GALLERY X BY PARCO(渋谷区宇田川町13-17)
会期:7月15日(土)~7月23日(日)11:00~20:00
入場料:無料
協力:イルフォード・ジャパン株式会社
お問い合わせ:03-6712-7505(GALLERY X BY PARCO)
公式サイト:http://www.parco-art.com/web/gallery-x/exhibition.php?id=1115

<特別映像「プロジェクト・ポルーニン」リハーサル映像(約16分)の予告編>
YouTube

◇ダウンロードはこちら


<トークイベント>
●7月15日(土)16:45~17:45
出演:ハービー・山口×浅井隆(アップリンク代表)
●7月22日(金)16:45-17:45
出演:ハービー・山口×町口覚(アートディレクター)
※両日ともトーク後にサイン会あり

<ハービー・山口氏の在廊日>
●7月17日(月祝)16:30-17:30
●7月19日(水)18:00-20:00

映画情報どっとこむ ralph
◆写真集 概要

セルゲイ・ポルーニン写真集
『The Beginning of a Journey: Project Polunin』
写真/ハービー・山口

定価:3,500円(税別)
仕様:B5変型/上製/176頁
出版社:パルコ出版

先行発売:7月15日(土)Gallery X BY PARCO、劇場ほか
一般発売:7月22日(土)よりAmazon、全国書店ほか

映画情報どっとこむ ralph 映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』作品情報

<ヌレエフの再来>と謳われる類まれなる才能と、それを持て余しさまよう心――
19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

ウクライナ出身で、19歳の時、史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。
スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲『Take Me To Church』のMVだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはyoutubeで2,000万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。<ヌレエフの再来>と謳われる類い稀なる才能と、それを持て余しさまよう心。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…?

公式サイト:
http://www.uplink.co.jp/dancer/
Facebook:
@DancerMovieJP/20/
Twitter:
@DancerMovieJP

監督:スティーヴン・カンター
『Take Me To Church』
演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演:セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソン他
配給:アップリンク・パルコ
(2016年/イギリス・アメリカ/85分/カラー、一部モノクロ/16:9/DCP/原題:DANCER)

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

湯山玲子と上野千鶴子が『未来よ こんにちは』現代女性の生き方イベント決定!


映画情報どっとこむ ralph 第 66 回ベルリン国際映画祭銀熊(監督)賞に輝いたミア・ハンセン=ラブ監督、本年度アカデミー賞ノミネートでも話題となったイザベル・ユペール主演作『未来よ こんにちは』は3月25日(土)より全国公開です。

その公開を記念して、劇場トークイベントの開催が決定しました。

本作は、イザベル・ユペール演じる50代後半のヒロインが、想定外の孤独に直面し、そこから孤独=自由を受け止め前進する姿を、ユーモアと知性で爽やかに描き出した作品です。
上野千鶴子さんの「おひとりさまの老後」が発売されてから今年でちょうど 10 年、湯山玲子さんも著書「四十路超え」が今年の 10 月で発行から 4 年となる湯山玲子さんと上野千鶴子さんが対談形式で現代女性の生き方についてトークを展開する予定。

様々な形の孤独に生きる人が増え、“おひとりさま”も当たり前になりました。単身化社会と言われる現代に、女性が各年齢で直面する孤独、それをどのように楽しむかー?を語っていただきます。

映画情報どっとこむ ralph 日時:3 月 26 日(日)最終回上映前
※開催時間などの詳細は後日ホームページで発表。
会場:Bunkamura ル・シネマ
登壇:上野千鶴子(社会学者)、湯山玲子(著述家・プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 未来よ こんにちは
原題:L’AVENIR
英題:Things to come

物語・・・
充実した日々のはずが、気づけば予想もしていなかったおひとり様。

けれど、孤独も時の流れもしなかやに受け入れたなら、未来は再び微笑みかけてくる。

パリの高校で哲学を教えているナタリーは、教師の夫と独立している二人の子供がいる。哲学の授業に情熱を傾け、年老いた母親の面倒をみる日々。そんなある日、夫に別の女性ができ、彼女と生活をすると告げられる。続けて長い付き合いだった出版社とは契約も終了し、母は他界する。バカンスシーズンを前に、ついにおひとり様となったナタリーは完全なる自由を得て、人生を再スタートさせるのだが。



3 月 25 日(土) Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

公式サイト:
crest-inter.co.jp/mirai

***********************************

監督・脚本:ミア・ハンセン=ラブ
出演:イザベル・ユペール、アンドレ・マルコン、ロマン・コリンカ、エディット・スコブ

2016年/フランス・ドイツ/102分/カラー/1:1.85/5.1
©2016 CG Cinéma · Arte France Cinéma · DetailFilm ·Rhône-Alpes Cinéma
協力:フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、ユニフランス
配給:クレストインターナショナル
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』特製チケットホルダ前売り特典に!


映画情報どっとこむ ralph その美しさに思わず息をのむ・・・

バレエ界の天才にして異端児、セルゲイ・ポルーニン

この度、バレエ界きっての異端児セルゲイ・ポルーニンの知られざる素顔に迫るドキュメンタリー、『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』を、2017年7月より、Bunkamura ル・シネマ、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。

全国共通特別鑑賞券を2017年3月4日(土)より販売開始いたします。

劇場窓口&オンラインSHOP「メイジャー」限定特典は、『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』特製チケットホルダー。
美しく優雅に舞い踊るセルゲイ・ポルーニンと、どこか儚げな表情が印象的な、異なる2種の絵柄が両面に描かれた特製チケットホルダーです。

映画情報どっとこむ ralph ◆ 全国共通特別鑑賞券 ¥1,500(税込)

*当日一般料金 ¥1,800(税込)のところ

発売日:2017年3月4日(土)
取扱店:
オンラインSHOP「メイジャー

劇場窓口
Bunkamura ル・シネマ、新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか

各種プレイガイド

【特典】
『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』特製チケットホルダー
※在庫がなくなり次第終了となります。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』作品情報


<ヌレエフの再来>と謳われる類まれなる才能と、それを持て余しさまよう心――
19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

ウクライナ出身で、19歳の時、史上最年少で英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。

スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲「Take Me To Church」のMVだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはyoutubeで1,800万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。

<ヌレエフの再来>と謳われる類い稀なる才能と、それを持て余しさまよう心。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…?

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣
原題:DANCER

2017年7月より、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

公式サイトwww.uplink.co.jp/dancer
Twitter:@DancerMovieJP

***********************************

監督:スティーヴン・カンター
『Take me to church』演出・撮影:デヴィッド・ラシャペル
出演:セルゲイ・ポルーニン、イーゴリ・ゼレンスキー、モニカ・メイソン他
配給:アップリンク・パルコ
(2016年/イギリス・アメリカ/85分/カラー、一部モノクロ/1:1.85/DCP/)
© British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ