「AnimeJapan2019」タグアーカイブ

櫻井孝宏・福山潤・小野大輔・鈴村健一登壇 シェーWAVE「おそ松ステーション」公開録音


映画情報どっとこむ ralph 東京ビッグサイトで開催された世界最大級のアニメイベント「AnimeJapan2019」メインステージにて、劇場版「えいがのおそ松さん」公開を記念して(大ヒット上映中)、WEBラジオ シェーWAVE「おそ松ステーション」の公開録音を実施しました。

TVアニメ「おそ松さん」の人気企画のひとつ、公式WEBラジオ シェーWAVE「おそ松ステーション」の公開録音が行われるのは、2018年4月以来3回目。メインパーソナリティーをイヤミ役の鈴村健一さんが務め、おそ松役:櫻井孝宏さん、一松役:福山潤さん、十四松役:小野大輔さんをゲストに迎え、約1000人の観客で満員となった会場では爆笑トークに加え、劇場版「えいがのおそ松さん」6週連続舞台挨拶の4週目に行われる舞台挨拶付き上映の決定も解禁され、大盛況となりました。

映画情報どっとこむ ralph 公開録音のオープニングトークでは、“普通のお便りを紹介するコーナー”『おた松さん』からスタート。

劇場版「えいがのおそ松さん」を鑑賞してくださったお客さんからたくさんの感想が寄せられ、櫻井孝宏(おそ松役)は、「最後(オチ)言いたい~!(笑)」、福山潤(一松役)は「僕が一番グッときたシーンは、僕ら(6つ子)が一切しゃべっていないシーンです!」と、TVアニメシリーズでおなじみのギャグに加えて、今回の劇場版で描かれている『青春』や『感動』を感じるシーンをおススメ。鈴村健一(イヤミ役)も「映画ならではの音楽シーンの使い方などが絶妙だった」と、小野大輔(十四松役)も「たしかに!」と十四松風に応じるなど来場している観客へのサービスも満点。また、PN「あいだ罪夫」さん(男性)から『AnimeJapan2019にはいくけれども、別のステージを見に行くのでメールだけ送っておきます』というお便りを読み上げると、キャスト陣が一斉に「あいだー!メール読んだよー!」「どこのステージ行ってんのー!」「あいだー!この後もアニメジャパン楽しんでねー!」と呼びかける一幕もあり、会場は笑いに包まれました。

そして、メインパーソナリティ―鈴村健一が、中継スタイルでお知らせをお届けする人気コーナー『おし松さん』では、劇場版「えいがのおそ松さん」で実施している6週連続舞台挨拶の4週目の舞台挨拶が決定し、4月6日(土)に、福山潤、上田燿司(デカパン役)、飛田展男(ダヨーン役)、そして4月7日(日)には鈴村健一、中村悠一(カラ松役)の登壇が発表され、会場からは大きな歓声が上がりました。

つづく、“ナンセンスでシュールな質問を受け付ける”『おこ松さん』では、大喜利コーナーで、寄せられた質問ひとつひとつに、櫻井孝宏は「何言ってんの(笑)」「え、誤植?(笑)」と丁寧に突っ込みを繰り広げていきます。そして、キャスト陣が『チョロ松』のカードを選んだところ、質問は『ペットのミキちゃんの名前を教えてください』という難解な質問。難しい問題にキャスト陣全員頭を抱え、小野大輔は「うわぁ~一番パンチのあるやつひいちゃったよ~!」と笑い、みんなが混乱する中、福山潤は「ヒト科であるミキちゃんをペットにしたなら名前を付けないといけない」と真面目なフォローをし、「さすがのプロファイリング能力!」と拍手が起こりました。最終的に、小野大輔が名前をつけることに。

また、コーナー最後に、会場から「おぉ~!」というどよめきと拍手が湧き起った櫻井孝宏の回答も、是非放送でお聞きください(4月中に公式HPにて配信予定)
そして、公開録音終了後、キャスト陣が観客と一緒に記念撮影を行うと、鈴村健一が「えいが観るザンス!」とイヤミの声で観客にコール、会場からは「シェー!」とレスポンスが返ってくるなど会場が一体となり、本イベントを締めくくりました。

劇場版「えいがのおそ松さん」は全国絶賛上映中です。本イベントの大盛況是非に加え、6週連続の舞台挨拶、そして3月31日には6つ子のオールキャストの登壇が決定している舞台挨拶(全国ライブビューイング上映)も決定している本作、引き続き、ご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph 新情報解禁!
6週連続舞台挨拶付き上映、4週目が決定!

◆4月6日(土)
劇場:109シネマズ二子玉川  /時間:11:00の回上映後/14:00の回上映前
登壇者:福山潤、上田 燿司、飛田 展男(予定・敬称略)
◆4月7日(日)
劇場:ユナイテッド・シネマ豊洲  /時間:9:30の回上映後/12:30の回上映前 
登壇者:鈴村健一、中村悠一(予定・敬称略)
→本日、24日(日)16:45~先行プレリザーブ抽選販売開始!詳しくは、HPをご覧ください! 

映画情報どっとこむ ralph 劇場版「えいがのおそ松さん」

3月15日(金) 全国ロードショー!

公式サイト:
https://osomatsusan-movie.com

公式Twitter:
@osomatsu_movie



初めて描かれる「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリー!

赤塚不二夫生誕の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、2度にわたって制作・放送されたTVアニメ「おそ松さん」。

“クズ”で“ニート”、しかも、全員“彼女ナシ”で“童貞”。ダメだけど、どこか憎めない大人に成長した松野家6兄弟が主役として描かれた、予測不能なギャグコメディとして、2016年度の流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象を巻き起こした。

完全新作となる劇場版には、高校生時代の6つ子たちも登場し、「おそ松くん」と「おそ松さん」をつなぐストーリーが、初めて明らかになる…!“笑い”はもちろん、まさかの“青春”や“感動”も詰め込んで贈る「おそ松さん」の新境地。

***********************************

キャスト: おそ松:櫻井孝宏/カラ松:中村悠一/チョロ松:神谷浩史/一松:福山 潤/十四松:小野大輔 トド松:入野自由/トト子:遠藤 綾/イヤミ:鈴村健一/チビ太:國立 幸/デカパン:上田燿司 ダヨーン:飛田展男/ハタ坊:斎藤桃子 ほか

原作:『おそ松くん』 赤塚不二夫
監督:藤田陽一 
脚本:松原 秀 
キャラクターデザイン:浅野直之
美術監督:田村せいき
色彩設計:垣田由紀子
編集:坂本久美子
音楽:橋本由香利
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:菊田浩巳
音響製作:楽音舎
アニメーション制作:studioぴえろ
主題歌「Good Goodbye」Dream Ami(rhythm zone)
配給:松竹
©赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

逢坂良太登壇!!監督・スタッフが明かす、アフレコ秘話も⁉『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』AnimeJapan2019


映画情報どっとこむ ralph 映画化した『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』が6月14日(金)に公開となります。

この度公開に先駆け、3月24日に東京ビックサイトにて行われた『アニメジャパン2019』にて劇場版映画のスペシャルステージを開催しました!

当日はゲストに声優の逢坂良太さん(エドガー・L・レオンハート役)、河森正治総監督、高橋正典監督、今泉潤プロデューサーが登壇し、製作裏話や映画に関する新情報など盛りだくさんを語る貴重な機会に大盛り上がりのイベントとなりました。

日程:3月24日(日)
場所:AnimeJapan2019 ROSE REDステージ
登壇:
逢坂良太(エドガー・L・レオンハート役)河森正治総監督 高橋正典監督 
今泉潤(「誰ガ為のアルケミスト」原作、プロデューサー)

映画情報どっとこむ ralph 先日完成した特報映像が流れ、
 

期待が高まる中、「誰ガ為のアルケミスト(以下、タガタメ)」原作者・ゲームプロデューサー の今泉潤さん、『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の高橋正典監督、エドガー・L・レオンハート役の逢坂良太さん、そして、河森正治総監督が順に登壇。

今泉P:このゲームは物語や世界観にすごくこだわった作品で、ゲームのオープニングムービーを担当していただいた河森さんにぜひ映画化を、と依頼しました。河森さんは本当に勉強家で、たとえば錬金術の話をするとどんどん深い話になっていって…そうやって一緒に作品を掘り下げていきました。

と語り、

河森総監督:ゲームのオープニングムービーを担当したため、最初の頃から関わらせていただいていました。映画化のお話を頂いた時、『タガタメ』の世界観が好きで、僕自身錬金術にも興味があったのでとても楽しみでした。ただ、ゲームのプレイ時間に比べると短い2時間に凝縮するのが課題でしたね。

と当時の想いを明かしました。

今回が初となる河森総監督とのタッグについて、

高橋監督:ゲームのストーリーがしっかりしていて、そこに河森さんの色を出せるようにしました。河森さんはどんどんアイディアが溢れてくる方なので、それを実際に画にするのが大変でしたが頑張りました。

と話し、

今泉P:高橋監督はバランサーですね。河森さんのアイディアが本当にすごい量なので大変だと思います(笑)

と製作についてコメント。本作がゲーム本編ストーリーの数年後の設定になっていることについて、

今泉P:河森さんは奇才であり、ご自身の作品でもTVアニメと映画でキャラクターを変えることもあると聞いており、河森さんがキャラクターやストーリーも自由に膨らませられるよう本編ストーリーから数年後という設定にしました。脚本については僕からも“こういうのはどうですか”とやりくりさせてもらって、一番良い形になったと思います。

と答え、

河森総監督:ゲームのダイジェストになるのは嫌だったので、ストーリーの本質をとらえつつ、2時間楽しませられるようにしました。ゲームをやっている方にも受け入れられるようにキャラを掘り下げていきましたね。

と本作へのこだわりを語りました。

映画情報どっとこむ ralph
ゲームでもおなじみのキャラクターたちが紹介されると、

逢坂さん:台本を頂いた時にエドガーがめちゃくちゃ喋っていて驚きました(笑)ゲームとは違う一面を見せるので、すごくやりがいがあったし、最終的に良い形で演じられました。

と明かし、エドガーと自身の共通点を尋ねられると、

逢坂さん:僕はそこまで女好きじゃないです(笑)ただ、似ているとしたら譲れないところを持っていたり、自分の信念が強いところですかね。そこはエドガーの魅力だし、僕自身も少し持っています。

と回答。

今泉P:ゲームと映画で、エドガーらしいキャラクターの変わり方をしているんですけど、見事に演じ分けられていたので、逢坂さんは本当にプロだなって思いました。

と改めて逢坂さんのプロフェッショナルぶりに驚きをみせ、

河森総監督:エドガーは感情の起伏が表現しやすいんです。女好きでありながら、芯が強いところなど二面性も魅力的です。映画に映えるキャラだなと思いました。

とエドガーの魅力について語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして今回ストーリーに登場する「セツナ」と「ザイン」について、

高橋監督:タガタメでも人気の高いキャラで、映画の中でも活躍します。ゲームユーザーの皆さんにも楽しんでいただけると思います。

と語り、本作の主人公のカスミ(CV:水瀬いのり)について、

河森総監督:ゲームプレイしている人と初めてタガタメを見る人の間には情報量の差があるので、入りやすいようにカスミを主人公にしました。女子高生の成長物語を描くのに、バベル大陸は魅力的だったんです。

今泉P:オッサンたちで女子高生を分析しましたね(笑)

と裏話も。カスミと行動を共にする謎の生物「パタ」について、

今泉P:ストーリーは少し重苦しいシーンもあるので、それを和ませるように、異世界感を感じることができるように。

とオリジナルキャラクターに込めた想いを明かしました。


河森総監督といえば“メカ”であることから、今回アレンジされた闇の魔人について、

河森総監督:4つ足のところとか造形が魅力でした。それがさらなる力を発揮したらとどうなるんだろうと、パワーアップさせました。

と嬉しそうに語り、ビジュアルが画面に映されると、

逢坂さん:僕も男の子なので、見た時興奮しました。河森さんっぽいなって。

河森総監督:僕の過去作品のTVアニメ『天空のエスカフローネ』も女子高生が異世界へ迷い込んでしまうのですが、それが21世紀になった今作ったらどうなるかな、と楽しみでもありました。

と明かしました。

今泉P:劇場へ来てくれたらビックリするような仕掛けを用意しています!ゲームを知らない方にも楽しんでいただけるように、みんなで頭を振り絞って作りました。ぜひゲームと映画をリンクさせたことで楽しめる特別な体験を味わって欲しいです。

と本作をアピールし、改めて製作陣の熱意を届けるイベントとなりました。


『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』

6月14日(金)全国ロードショー
***********************************

水瀬いのり 逢坂良太 降幡愛
花江夏樹 石川界人 堀江由衣
生天目仁美 内田雄馬 今井麻美 早見沙織 江口拓也
Lynn 福山潤
総監督/ストーリー構成:河森正治
原作:今泉潤/FgG  監督:高橋正典 脚本:根元歳三 
キャラクターデザイン:嘉手苅睦 サブキャラクターデザイン:戸谷賢都
作画監督:宮西多麻子 長坂寛治 大河内忍 福田佳太 田中亜優 堀内修 出野喜則 小園菜穂 芳賀亮 小橋陽介
美術設定:二エム・ヴィンセント ロキャデリ・ロイック ジェローム・ペリヤ
美術監督:古宮陽子 湖山真奈美 CGディレクター:原田丈 撮影監督:若林優(T2studio) 色彩設計:秋元由紀 編集:兼重涼子
企画・プロデュース:今泉潤
プロデューサー:木村将人 佐藤道明 
制作プロデューサー:高野健一 音響監督:明田川仁 音響制作:マジックカプセル 
音楽:Akiyoshi Yasuda(★STARGUiTAR) 音楽制作:フライングドッグ
音楽プロデューサー:佐々木史朗 永原洋子
製作:FgG 制作:サテライト 配給:アスミック・エース
宣伝:博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ、ガイエ
宣伝協力:ファイズマンクリエイティブ
©2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight







良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松山ケンイチ・早乙女太一サプライズ登壇!AnimeJapan2019 『プロメア』スペシャルステージ


映画情報どっとこむ ralph 「天元突破グレンラガン」(2007)、「キルラキル」(2013)を手掛けた監督:今石洋之と脚本:中島かずきが再びタッグを組む、製作TRIGGERの完全オリジナル劇場アニメーション映画『プロメア』が5月24日(金)全国公開いたします!

新たな情報が解禁される度に大きな盛り上がりを見せる本作は、声優キャストとして松山ケンイチさん、早乙女太一さんをW主演に迎え、堺雅人さん、ケンドーコバヤシさん、古田新太さんと超豪華声優陣が参戦しています!

この度、3月23日(土)から4日間開催されている、世界最大級のアニメイベント、AnimeJapan2019にて『プロメア』のスペシャルステージが行われ、松山ケンイチ(ガロ・ティモス役)さん、早乙女太一(リオ・フォーティア役)さん、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)さん、稲田徹(バリス・トラス役)さん、今石洋之監督、中島かずき(脚本)さんが登壇しました!

AnimeJapan2019 『プロメア』スペシャルステージ 
日時:3月24日(日) 
場所:東京ビッグサイト AnimeJapan COBALTBLUEステージ
登壇:松山ケンイチ(ガロ・ティモス役)、早乙女太一(リオ・フォーティア役)、佐倉綾音(アイナ・アルデビット役)、稲田徹(バリス・トラス役)、今石洋之(監督)、中島かずき(脚本)

映画情報どっとこむ ralph 24日(日)に行われたスペシャルステージイベントには、公開を待ち望む約1000人のファンが集結し早くも、その期待の高さが伺えます。

イベントが始まると、今石洋之監督と、脚本を手掛けた中島かずきさん、本作に声優として参加している佐倉綾音(アイナ役)さん、稲田徹(バリス役)さんが登壇!

ファンからの盛大な拍手で迎えられました。


そして、会場のお客様にはサプライズのW主演の松山ケンイチ(ガロ役)さんと早乙女太一(リオ役)さんも登場!
知らされていなかったファンからは歓声が上がり、会場のボルテージは作品の熱さに負けないぐらいの熱気に満ち溢れました。今回、AnimeJapanに初参加となった松山さんは

松山さん:熱いお迎えありがとうございます!お客さんとして来たかったな(笑)熱気があって感動しました!
と興奮した様子で語り、同じくAnimeJapan初参加となった早乙女さんも

早乙女さん:ここに来られて嬉しいです。向こう(ステージ外)が気になって、うずうずしています!
と会場の盛り上がりに喜びの様子をみせました。

本作は今石監督×中島かずきさんの初のオリジナル劇場作品ということで、

今石監督:長い時間かけて構想を重ね、過去最高に手間暇掛かった作品です。

と話し、

中島さん:劇場版なので、劇団☆新感線でご一緒していた松山さん、早乙女さんに声優をお願いしました。本当に第一希望が通って、AnimeJapanで2人と一緒に出るのは不思議な気持ち。声優も含めて新しいチャレンジです。

とこの豪華声優のキャスティングが実現した経緯を語り、会場を盛り上げました。

また、ご自身が演じたキャラクターについて

松山さん:勇気を与える熱を持ったキャラクターです。

と熱血漢・ガロについて語り、早乙女はオファーを貰った経緯を聞かれると

松山さん:とても、嬉しかったです。舞台中にお話しを貰って、すぐにやります!と返事をしました。

と作品に参加できた喜びを語りました。

また、TRIGGER作品の常連でもありイベントでは自身が演じるバリスの格好で登場した稲田さんは

稲田さん:もし、この作品に出られなかったら(悔しくて)作品を観ることは出来なかった。今回、参加できたのでいい形で作品を観ることが出来ます!

と作品への熱い思いを話しました。

また、佐倉綾音さんはトリガー作品でオーディションを受けたことがないと話し、更に声が大きい人が受かる!という噂話しを暴露し会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、AnimeJapan参加が叶わなかった堺雅人さんの声の演技についても言及し、

松山さん:3人でアフレコが出来たのですが、本当に芝居をしているような感じで出来た。堺さんの芝居の幅が広すぎて驚いた。

と絶賛!
早乙女さん:叫んだ時の演技が凄かった。3人の中で“誰が一番叫ぶか選手権”ぐらい叫んだのですが(笑)堺さんが一番凄かった。

と堺さんの演技に圧倒されたと話しました。

また、アフレコ現場でのエピソードも披露され、

松山さん:休憩中に3人でニコニコ話していたのに、収録が始まると堺さんが凄い顔をしていた。笑ってはいるんですが、狂気を感じるぐらいです(笑)

と現場での裏話も披露しました。

映画情報どっとこむ ralph イベント終盤では『プロメア』のサントラ発売の決定や、「キルラキル」再放送の決定にBlue-rayBOXの発売が決定したことも解禁され、会場につめかけたファンから割れんばかりの拍手が起こるなど終始盛り上がりをみせました。

『キルラキル』Blu-ray Disc BOX 6月26日(水)発売決定!!
4月6日(土)~TOKYO MXにて再放送決定!!


「キルラキル」Blu-ray Disc BOX6月26日(水)発売決定!
■発売日:2019年6月26日(水)
■形態:完全生産限定版 Blu-ray Disc BOX
■仕様:DISC5枚組
■価格:\28,000+税
■品番:ANZX-12651~12655
■収録内容
★収録話:TV放送全24話+TV未放送の第25話(計25話)
〈完全生産限定版特典〉
★新規描き下ろしBOXジャケットイラスト
★特製ブックレット
★映像特典:PV・CM集
発売:アニプレックス 販売:ソニー・ミュージックマーケティング
※特典内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
「キルラキル」TOKYO MXにて再放送決定!
■日時:2019年4月6日より毎週土曜日21:00~
■放送局:TOKYO MX
※放送日時は都合により変更となる可能性がございます。



映画「プロメア」 オリジナルサウンドトラックCD発売決定!

監督:今石洋之×脚本:中島かずき×アニメーション制作:TRIGGERによる初の完全オリジナル劇場アニメーション
『プロメア』のオリジナルサウンドトラックの発売が決定しました。
■発売日:2019年5月24日(金)
■価格:\3,000+税
■品番:SVWC-70414
■初回仕様限定盤特典:
★三方背ケース
★特製ブックレット
発売:アニプレックス
販売:ソニー・ミュージックマーケティング
※特典内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

松山さん:今石さん、中島さんらしい作品ですが、その中に新しい演出、新しい要素が入っています。そこを楽しんでいただけたらと思います。ガロは大人な部分と子供な部分を持ち合わせていますが、いいバランスで持っているキャラクターだと思うので、是非そういう部分も楽しんでいただけたらと思います。

と、作品への期待を語り、イベントは幕を閉じました。

映画『プロメア』

公式:
promare-movie.com

公式Twitter
@promare_movie


***********************************


キャスト】 松山ケンイチ 早乙女太一 / 堺 雅人
佐倉綾音 吉野裕行 稲田 徹 新谷真弓 小山力也 小清水亜美 楠 大典 檜山修之 小西克幸
【スタッフ】 原作:TRIGGER・中島かずき 監督:今石洋之 脚本:中島かずき キャラクターデザイン:コヤマシゲト
美術監督:久保友孝 色彩設計:垣田由紀子 3DCG制作:サンジゲン 3Dディレクター:石川真平
撮影監督:池田新助 編集:植松淳一 音楽:澤野弘之 
音響監督:えびなやすのり タイトルロゴデザイン:市古斉史
アニメーション制作:TRIGGER  
製作:XFLAG 
配給:東宝映像事業部
©TRIGGER・中島かずき/XFLAG   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「おジャ魔女どれみ」20周年記念イベントで映画化発表!


映画情報どっとこむ ralph この度、東京ビッグサイトにて開催中のAnimeJapan2019にて『おジャ魔女どれみ』20周年を記念したスペシャルステージ『「おジャ魔女どれみ」20周年記念 ~マジカルステージ~』を開催。
1999年2月7日に放送を開始したTVアニメ『おジャ魔女どれみ』20周年となるアニバーサリーイヤーに向けて、おジャ魔女たちを演じた声優5人とプロデューサーの関弘美が登壇し、『おジャ魔女どれみ』の20年間で残した歴史を振り返るステージを行いました。

そして、イベント最後には今後の20周年の展開を発表!
さらに、2020年公開に向けた映画『魔女見習いをさがして』の製作を行っていることを発表!超特報、ティザーポスターも解禁されました!!

日程:3月23日(土)
場所:東京ビッグサイト AnimeJapan2019会場KILLERPINKステージ
登壇:
千葉千恵巳(春風どれみ役)、秋谷智子(藤原はづき役)、松岡由貴(妹尾あいこ役)、宍戸留美(瀬川おんぷ役)、宮原永海(飛鳥ももこ役)
関弘美プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph イベントが開始されると懐かしの歌「おジャ魔女カーニバル!!」の曲が当時のOP映像と共に流れ、会場のボルテージは一気に上昇!

この音楽に合わせ主要キャスト千葉千恵巳(春風どれみ役)さん、秋谷智子(藤原はづき役)さん、松岡由貴(妹尾あいこ役)さん、宍戸留美(瀬川おんぷ役)さん、宮原永海(飛鳥ももこ役)さんが、登場し歌唱を披露!
この懐かしの曲での登場に会場は熱気に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph そして、ここで会場にて初出しとなる「おジャ魔女どれみ お笑い劇場」の第一話が公開。


可愛いおジャ魔女たちの姿に会場のお客様から「可愛い」「ちっちゃい」など感想飛び出しました。
そして、テレビシリーズの振り返りのコーナーに移り第1期「おジャ魔女どれみ」のスチールが会場のスクリーンに映し出されると、どれみ役の千葉さんは

千葉さん:無印の時はまだ魔法の呪文をどんな風に言うかに苦労し大変でした。とくに最後のぶら下がりのセリフの言い方が全然わからなくて無印の前半と後半の方では言い方が変わっていると思います!すごい手探りで大変でした。

と、シリーズが始まった当時のお話を披露した。次に第2期「おジャ魔女どれみ♯」のスチールが登場すると、おんぷ役の宍戸さんは

宍戸さん:やっとMAHO堂の仲間に入れてもらえたおんぷちゃんなんですけど、昼間はお仕事でハナちゃんのお世話が出来ないから、夜こっそりお世話して“ルピナスの子守唄”を歌ったのがすごく印象に残っている思い出です!

と語り、次に第3期「も〜っと! おジャ魔女どれみ」について、ももこ役の宮原さんは

宮原さん:日本語がうまく喋れない役でどれみちゃんとの手作りのお菓子作りを通して皆と仲良くなれたのが思い出です。

とし、第4期「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!」について、はづき役の秋谷さんは

秋谷さん:これは最終回に向けて皆で涙をこらえて作品を作っていったというのが印象的ですね。

と当時の心境を語りました。第5期「おジャ魔女どれみナ・イ・ショ」あいこ役の松岡さんは

松岡さん:とにかく考え事をしながら大車輪が出来るような抜群の運動神経の持ち主のあいこが、まさかの泳げないカナヅチっていうのが衝撃的な作品で、ストーリーは切なくてキュンとするお話しになっていて、あいこにも弱点があったんだなぁと思った印象的な作品です。

と、当時のテレビシリーズの思い出の振り返りに会場の雰囲気は同窓会のような温かな雰囲気に包まれました。
映画情報どっとこむ ralph そして、イベント後半で20周年プロジェクトとして映画『魔女見習いをさがして』の製作発表が行われ、


プロデューサーの関弘美から会場にいる観客へ

関プロデューサー:昔おジャ魔女どれみシリーズを観ていた観客は19歳から26歳ぐらいになっていると思うんですね。そんな大人になった人たちに向けて、おジャ魔女どれみの世界をもう一度作っていければなぁと思っています。TVシリーズオリジナルのスタッフにも集まってもらい、今がんばって制作しています!

とコメント。まだ、明かされないストーリーの本作のティザーポスターをみて千葉さんは、ポスター先頭の魔女を指さし

千葉さん:あの人がいっぱいいろんな人を引っ張っていくんですかね、、、まだまだ、人が増えるんですかね??

とコメントし、それに対し

関プロデューサー:色々なことを思い描きながら本作を楽しみにしていただければと思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

宮原さん:20周年という事で終わってから何年も経つのに沢山の人が応援してくれて、会いに来てくれることをメンバー一同感謝しております!20周年がやってくるという事で様々な事があると思うのでまた皆さんとお会いできるのが楽しみです!皆さん一緒に盛り上げて行きましょう!

宍戸さん:多くのお客様にお越しいただき今日が始まりのような気がします!先ほどの映画の映像を見て私も目がウルウルして来ました。私たちも声がまだ元気なのでこれからも頑張っていきたいと思います!

松岡さん:当時おジャ魔女どれみを観てくれていた人たちと一緒にイベントが出来て良かったです。今度は私たちが日本中を追いかけて皆さんにお会いできればと思います!ホンマありがとう!

秋谷さん:これから20周年の色んなイベントがあるという事なのでまた皆様とお会いできればと思います!

千葉さん:AnimeJapanのたくさんのステージの中で本ステージにお越しいただきありがとうございます。この20周年を新たな生まれ変わったおジャ魔女どれみが色々とスタートしていくと思うので皆さんと一緒にワクワクドキドキして、楽しんでいきながら25周年30周年と頑張っていければと思います!

イベントは締めくくりました。

魔女見習いをさがして

2020年公開!
***********************************


監督 佐藤順一 鎌谷 悠
脚本 栗山 緑
キャラクターデザイン・総作画監督 馬越嘉彦
作画監督 中村章子
アニメーション制作 東映アニメーション

©東映・東映アニメーション




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ