「androp」タグアーカイブ

上白石萌音 内澤崇仁(androp)主題歌「ハッピーエンド」を熱唱!『L♡DK』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星とキャストを一新して再映画化。ドキドキの三角関係になってパワーアッ プして帰ってくる『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』が公開し、全国に胸きゅんを届けています。

この度、公開を記念して、本作の主演を務め、主題歌も担当した上白石萌音さんと内澤崇仁(androp)さんによるアコースティックライブ付き舞台挨拶イベントが行われ、主題歌の「ハッピーエンド」を熱唱しました!


日時:3月28日(木)
会場:新宿バルト9
登壇:上白石萌音 内澤崇仁(androp)

映画情報どっとこむ ralph 温かい拍手に乗って上白石萌音さんが登場。
上白石さん;こんばんは!両隣と監督が居ないのはとっても違和感を感じておりますが・・・この後、内澤さん来てくれますし、生で歌えると言うことで、嬉しく思っています。(反響を)結構頂いています。有難い限りです。SNSで小学生の息子さんと観てくれたお母さんが、お子さんに「僕葵ちゃんと住みたい!柊聖いいな~」って言ってくれたそうで、とっても嬉しいです。

と、SNSも含めて色々盛り上がっているそうです。
本作で、あちこちキャンペーンで各地をめぐって
上白石さん:総じて、ごはんがおいしかったですね。特に博多の屋台。店主のお父さんとお母さんと仲良くなりましたし、大阪の焼き肉屋さんではサラリーマンのおいちゃんと仲良くなりました!各地で仲良しが出来ました。

出身地の鹿児島にも凱旋した時に

上白石さん:登壇してすぐ、「お帰り!」って言われて、どーって涙が、、私にとっての初日は鹿児島かなと思ったぐらいです。

と、キャンペーンも楽しんだご様子。

映画情報どっとこむ ralph ここで、andropの内澤崇仁さんが呼び込まれ、
上白石さん:デビューしたての7-8年前短編の主題歌をandropさんが手掛けて下さいました。

内澤さん:僕らもそれが初めての主題歌でした。完成披露の時に楽屋で初めてお会いしました。

上白石さん:その後もLIVEに行かせて頂いたり、で2年前に、『ストーリーボード』という曲を提供していただきました。6曲ぐらい作ってくださっていて、その中に今回の「ハッピーエンド」の元になる曲があったんです。最後まで迷って、
内澤さん:仮歌も入れていたんだよね。

上白石さん:今回LDKの曲を歌わせていただけることになったので、バチンってこの曲をお願いしました。

内澤さん:当時も、ある程度形になっていたのですが、LDKの主題歌と言うことで、映画の思いとか初めてキスシーンもあると聞いていたんで、葵の多いも入れないと。どんなやつとチューするんだ!と観てから歌詞を作りました。

映画を観て

内澤さん:ハラハラドキドキして観ているうちにキラキラを受け取りまして。凄くいい映画でした。
上白石さん:3年焦がれた曲に、どうしてこんな乙女な歌詞がかけるのか。大好きです。

内澤さん:最後に萌音さんが歌った時に、さらに映画が良くなることを考えて創りました。
と、力強く語る内澤さん。

映画情報どっとこむ ralph ここで、「ハッピーエンド」を生で初披露することに、

上白石さん:緊張しましたね!!もう一回歌いたいですね。本当に素敵な曲を創っていただいて、幸せです!

この曲、4月5日から配信が決定!

最後に・・

上白石さん;映画を観終わった後の彼らの未来が想像できるようなキラキラした作品。エンドロールの最後の最後まで楽しんでいただけたらと思います。

映画情報どっとこむ ralph コミックス累計発行部数は1088万部を突破し、愛され続ける超人気少 女コミック「L?DK」(講談社「別冊フレンド」刊)。

2014 年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」が その年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こしました。 そんな「L♡DK」がフレッシュな新キャストたちによって再映画化、ドキドキの三角関係になってパワーアッ プして帰ってくる『L?DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』

『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』

公式HP:
http://www.l-dk.jp/

公式Twitter:
@loveldk

#ドンしてキュンするLDK

【ストーリー】
高校3年生の西森葵(上白石萌音)には、学校のみんなには言えないある秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野遥亮)とナイショで付き合って、さらには同居をしていること。葵が柊聖の家で起こしてしまったボヤ騒ぎで、部屋をダメにしてしま い、柊聖はなんと葵の家で暮らすことに!最初はからかったり、ちょっかいばかりかけてくる嫌なやつ。と思っていたけど、次第に惹 かれあい、ついにふたりは付き合うことに!恋人同士になり、ふたりの同居生活もますますラブラブに・・・!と思っていたら、柊聖の いとこ・久我山玲苑(横浜流星)が突然アメリカからやってきた!同居の秘密を必死に隠そうとするもあっさり秘密はバレてしまい、 葵と柊聖のふたりを引き離そうとする玲苑とまさかの3人同居がスタート!?

***********************************

原作 :渡辺あゆ『L♡DK』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:川村泰祐
脚本:江頭美智留
出演:上白石萌音 杉野遥亮 横浜流星 町田啓太 ほか
©「2019 L♡DK」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

androp 内澤崇仁『九月の恋と出会うまで』主題歌「Koi」生歌披露!完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph “書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説”第1位に選ばれた松尾由美による同名小説を、高橋一生と川口春奈の初共演にしてW主演で遂に映画化。
時空を超える一途な想いと切ないウソに涙する、大人のラブストーリー『九月の恋と出会うまで』が3月1日(金)に公開となります。


1月30日午前中、乃木神社にて御祈祷イベントを行った本作。午後には公開に先駆けて、高橋一生さん、川口春奈さん、山本透監督が登壇する完成披露舞台挨拶が、イイノホールにて行われました。イベントの最後にはandrop 内澤崇仁が主題歌「Koi」を生歌で披露しました!


『九月の恋と出会うまで』完成披露舞台挨拶イベント
日時:1月30日(水)
場所:イイノホール
登壇:高橋一生、川口春奈、山口透監督、内澤崇仁(androp)

映画情報どっとこむ ralph 高橋さん、川口さん、監督が順に登壇すると会場から割れんばかりの大きな歓声が上がり、

高橋さん:こういった形で、作品を見た直後の皆さんのリアクションを見られるのは初めてなので、ずっとドキドキしていました。

とコメント。

川口さん:こんなにたくさんの方に観ていただけて、本当に幸せです!皆さんがどのような感想を持っていただけたのか気になります!公開に向けて頑張っていくので、宜しくお願い致します!

と元気いっぱいに挨拶した。

監督:この日を目指してやってきました。いただいた拍手で嬉しい気持ちになりました。皆さんが少しでも温かい気持ちなれば良いと思って作りました。

と作品に対する想いを語った。

映画情報どっとこむ ralph MCから、時空を超えて届く一途な想いと、志織のためにつく切ないウソが感動的な本作ですが、平野を演じる上で意識したことはありますか?との質問に、

高橋さん:川口さんや皆さんが、現場で作ってくださっている雰囲気にしっかりと反応していくというのを意識して演じました。

と役作りに対する姿勢をコメント。
続いて、志織は川口さんの実年齢より年上の設定ということで、演じる上で普段と違うことを意識しましたか?との質問に

川口さん:彼女は、すごく色んな戸惑いや葛藤など、感情の波がたくさんある役柄なのですが、平野さんと一緒にいることで、志織を引き出してくれることが多かったです。

と撮影中の高橋さんとの関係性を語った。

そして、本作の中でも印象的な時空を超えて声が聞こえてくるシーンの表現について聞かれ

監督:この映画を作る時、タイムトラベルものはたくさんあり、特に“本人”がタイムトラベルする設定が多いですが、本作はそれが“声”になるので、はじめは難しいと感じました。しかし、一生さんの説明がすごく上手く伝わってきたので、平野が志織に説明するシーンは気に入っています。

と、高橋さんの演技を称賛した。

映画情報どっとこむ ralph さらに、本作の主題歌「Koi」を担当したandropのボーカル・ギターの、内澤崇仁(うちさわ たかひと)が登壇。

内澤さん:めちゃくちゃ緊張する!

と言いながら特別に弾き語りで、「Koi」を初披露。



ハートフルで心地の良いサウンドに、内澤さんのクリアな歌声が合わさり、会場は一体となって聞き入っていた。

生歌を聴いて、

高橋さん:この歌で映画が完成されていると思います。僕もとっても聴いていて、すごく好きです。

と曲への想いを語り、

川口さん:本当に贅沢で、映画の世界観にピッタリの曲を作ってくださり、あらためて音楽って大事だとすごく思いました。

とコメント。

監督:この楽曲を頂いた時に、映画の本編用にアレンジしたものを内澤さんに聴いていただいたのですが、平野の最後のセリフから聴きたいと仰ってくれて、自分の楽曲がどのように流れて使われるかバランスをみて作ってくださったので、すごく感動しました!

と三者三様の楽曲への想いを述べた。それに対し

内澤さん:作品を見終わった後に、純粋に人を愛することを感じられたので、そういった所を楽曲に落とし込んでいきたいと思い、また自分が平野になった気持ちで作りました。

と楽曲制作の裏側を語った。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後に

川口さん:純粋に誰かを思う気持ちとか、誰かを思って行動を起こすことなど、あらためて純粋でキレイなことだなって感じました。そんなメッセージが1人でも多くの人に届けば良いなと思います。

と語り、

高橋さん:人が人を思う気持ちっていうのは混じりっ気のない純粋な気持ちだと思います。この映画を見ていただいた人達に、少しでもそんなあったかい気持ちに触れていただければと思います。また、多くの人に見ていただきたいという気持ちもありますが、自分の中で大事にしていただくだけでも十分です。

とこれから見るファンに向けての想いを語り、イベントは幕を閉じた。

主題歌「koi」は、2月27日発売です!
『九月の恋と出会うまで』主題歌「Koi」映画版MV




九月の恋と出会うまで

3月1日(金)全国ロードショー

公式HP:
http://kugatsunokoimovie.jp/

公式Twitter:
https://twitter.com/9koi_movie 
ハッシュタグ:#九月の恋


【ストーリー】
ちょっと不思議なマンションに引っ越してきた志織は、小説家志望の隣人平野と運命的に出会う。そして、新しい部屋で突然聞こえてきた不思議な声――。「こちらは一年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」それは強盗殺人にあうところだった志織を助けようと時空を越えて届いた、未来からの誰かの声だった。相談を受けた平野は、助かった志織に<タイムパラドクス>が生じることに気付く。それは一年後、志織の存在が消えることを意味していた。必死に自分を助けようとする平野に惹かれていく志織だったが、平野との別れは近づいていた――。

***********************************


主演:高橋一生 川口春奈 ※W主演
出演:浜野謙太 中村優子 川栄李奈 古舘佑太郎 ミッキー・カーチス
原作:松尾由美「九月の恋と出会うまで」(双葉社刊)
監督:山本透(『探検隊の栄光』『猫なんかよんでもこない。』『わたしに××しなさい!』)
主題歌:androp「Koi」(image world / ZEN MUSIC)
(C)松尾由美/双葉社
(C)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

<伊藤くんの日>イベント第3弾andropボーカル内澤崇仁ミニライブ


映画情報どっとこむ ralph <伊藤くんの日>イベント第3弾でラストは・・・

映画「伊藤くん A to E」主題歌を担当した、andropボーカル内澤崇仁が登場したリリースミニライブが行われました。

そして!W主演の岡田将生&木村文乃が登場し、盛り上げました。

映画『伊藤くん A to E』 androp 映画主題歌「Joker」発売記念インストアライブイベント
場所:渋谷タワーレコード
登壇:androp内澤崇仁(vocal & guitar)、伊藤彬彦(drums)、岡田将生、木村文乃

映画情報どっとこむ ralph 映画「伊藤くん A to E」主題歌「Joker」リリース記念として、andropボーカルの内澤崇仁さんが登壇しアコースティックミニライブが、東京・TOWER RECORDS渋谷店にて、300人の観客を集めて行われました。
 
内澤さんの貴重なアコースティックライブに、観客が盛り上がる中、この日全4曲演奏され、
内澤さん:エレクトロな雰囲気とバンド的なものと融合というか、一人でどこまでできるのか、俺も謎なんです。初めてでドキドキしてます。今後やることはない、スペシャルバージョン、渋谷のタワレコバージョンで演奏したいと思います。

と語るほどの、プレミアムなソロ歌唱。
最後に本作の主題歌である「Joker」を披露。

映画情報どっとこむ ralph そしてスペシャルゲストとして、記念日協会によって正式に制定された、1月10日<伊藤くんの日>にちなんで、ドラムの伊藤彬彦さんがサプライズ登場!! すると「今日の演奏良かったよ」となぜか、内澤さんに対して上から目線の伊藤さんの言葉に、場内のandropファンは盛り上がり。
ミニライブもこのまま終了と思いきや、さらにスペシャルなゲストとして、W主演の岡田将生と木村文乃が、艶やかな着物姿で、突如登場し場内は、黄色い歓声が!

内澤のソロ歌唱を、実は観客に隠れて鑑賞していた2人は、

岡田さん:聴けて良かったです!

木村さん:どうしても頭からライブを聴きたくて、全てのイベントを早回しで、巻き巻きで駆けつけました。

と、興奮した面持ちで感想を語った。

「Joker」の作詞作曲をした内澤さんは、事前に原作を読み、ドラマを鑑賞し、映画の台本も読み込んだ上で、曲作りに取り組んで

内澤さん:小説や脚本、ドラマを拝見させていただいた上で、伊藤くんのように無自覚で人を傷つけてしまうことが普段の生活でもあるなと思いながら書きました。伊藤くん目線でも、振り回されている女性たちからの目線でも共感できる歌詞にしたつもりです。自分も無自覚に人を傷つける瞬間があるなと。

と、楽曲を手掛けた時のエピソードを語りました。
 

また岡田さんの映画インタビュー記事を見て

内澤さん:インタビューで、岡田くんの(役柄の)ことを、“痛い男”と言ったりするので、脳のなかで岡田くんは痛い男になっちゃっている。

と語ると、 岡田将生はショックを受けたように苦笑いをしていた。

さらに主題歌「Joker」について聞かれて

岡田さん:(主題歌「Joker」は)映画の全てを説明してくれるような曲です。映画を観た後で気持ちよく映画館から出れる。エンドロールで流れるのが別の曲だったらこの環状にはなれなかった。自分が出演している映画の曲を聞いて興奮しています。

そして

木村さん:初めて本編に流れる曲を聴いたときに、希望が持てるなって思ったんです。それでパンフレットの歌詞を見たときに、ありがとうと思いました。曲(主題歌「Joker」)を聴いただけで、映画のことが分かっちゃうって。

と口を揃えて絶賛しました。

映画情報どっとこむ ralph 伊藤くん A to E

1月 12 日(金)より全国ロードショー

公式サイト:
ito-kun.jp

物語・・・
落ち目の脚本家・矢崎莉桜(木村文乃)は、“伊藤”という男について悩む【A】~【D】4人の女たちの切実な恋愛相談を、新作脚 本のネタにしようと企んでいる。心の中で毒づきながら「もっと無様に」なるよう巧みに女たちを誘導、そんな莉桜の前に“伊藤”(岡田将生) が現れる。“伊藤”は莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒。中身が無く、いつも口先だけの彼が、なぜか莉桜と同じ4人の女たちについての 脚本を書いていくのだ。しかもそこには、莉桜のネタにはない 5 人目【E】の女が存在し…。“伊藤”の狙いは一体何なのか――。莉桜は、徐々 に追い詰められていく。


***********************************

出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 田口トモロヲ・中村倫也 田中 圭

監督:廣木隆一
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
脚本:青塚美穂
音楽:遠藤浩二
主題歌:androp「Joker」(image world)
配給:ショウゲート
©「伊藤くん A to E」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

坂口ら演奏の君100挿入歌「アイオクリ」はmiwa作詞、内澤崇仁(androp)!


映画情報どっとこむ TJ miwa・坂口健太郎のW主演で贈る、歌姫と一途男子のオリジナル恋愛映画『君と100回目の恋』(2017年2月4日公開)。この度、miwa・坂口健太郎・竜星涼・泉澤祐希が劇中で組むバンド「The STROBOSCORP」(ストロボスコープ)がクライマックスで歌う劇中歌「アイオクリ」の楽曲タイトル・楽曲提供アーティストを発表!
%e5%90%9b%e3%81%a8%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%e5%9b%9e%e7%9b%ae%e3%81%ae%e6%81%8b_miwa%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89 楽曲を提供したのは、ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチと傑出した音楽性で人気を博すandropの内澤氏。そして、主人公葵海(あおい)としてmiwaが作詞を担当。デビュー以来、作曲提供曲は、miwaにとって初になります。

映画情報どっとこむ TJ 劇中で演奏されるバンド曲は、陸(坂口)が作った楽曲に葵海(miwa)が歌詞をつけ、二人で完成させていくもの。この楽曲にリアリティを持たせ、物語の中に息づく映画ならではの楽曲を生み出すため、実際の楽曲制作もmiwa一人ではなく別のアーティストと一緒に生み出す形で制作したい、と制作陣は考えていました。そして、映画の世界観に合うアーティストを検討していく中で、監督・プロデューサー・音楽プロデューサー、全員からandropの名前があがり、満場一致でオファーに至ったとのこと。また、主人公二人の名前(〝葵海【あおい】” 〝陸【りく】”)がひそませてあるなど、miwaが葵海として作った歌詞は、想いがたくさん詰まったものとなりました。楽曲名は、歌詞を読んだandrop内澤さん氏が、歌詞内に“あおい”と“りく”を入れてるところからのヒントを元に、葵海と陸のアナグラムで、【葵海と陸が愛を送りあう的な意味合いの「愛贈り」】【愛で時間を巻き戻すじゃなく進める意味合いの「愛送り」】から「アイオクリ」という楽曲名をつけられました。

撮影の数ヶ月前から坂口はギター、竜星はベース、泉澤はドラムを猛特訓。

「アイオクリ」を歌うライブシーンは3日間にわたり撮影され、この切ないラブソングに、涙するエキストラらも多く見られました。

楽曲の素晴らしさに加え、彼らの想いとその姿が映画の中でもキーポイントになるシーンになり、更なる感動を呼んでいます。

映画情報どっとこむ TJ ★miwaコメント

内澤さんが紡いでくださった素敵なメロディーに乗せて、私が演じたヒロインである「葵海」として歌詞を書きました。映画のなかでも坂口健太郎くん演じる「陸」がメロディーを作り、「葵海」が歌詞を書き、一緒に曲作りをするというシーンとリンクした曲に仕上がりました。
葵海ならこういうことしそう!と思って歌詞のなかにそっとふたりの名前を忍ばせて入れたのですが、それに気づいてくださった内澤さんが、ふたりの名前を入れ替えた「アイオクリ」という運命的なタイトルをつけてくださいました。お互いに愛を送り合うふたりにピッタリの「アイオクリ」をぜひ映画のシーンとともにお楽しみください♪
miwa
miwa

★内澤 崇仁(androp) コメント

製作当初から、月川監督をはじめとした関わる方々の熱意や真っ直ぐな意志に心を突き動かされながら作品に関わらせて頂きました。「アイオクリ」はmiwaさんやスタッフの皆さんと何度もやりとりをする中で、作品に込められた伝えたい感情を少しずつ音で紡いでいきました。
登場人物や作品に関わるすべての人たちの想いを音楽からも感じて頂けたら嬉しいです。
androp
androp

映画情報どっとこむ TJ また、映画の製作と並行して、「(君100)プロジェクト」も始動中。いよいよクライマックスをむかえる「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の同タイトルの漫画「君と100回目の恋」(原作:Chocolate Records構成:イナバセリ 漫画:よしづきくみち)のほか、集英社オレンジ文庫・みらい文庫にて、本作の関連小説の出版も決定。本日発表した音楽での様々な展開も今後予定しています。映画・出版・メディア・WEBと広がっていく(君100)プロジェクトにもご注目ください。

2017年2月4日(土) ロードショー

%e5%90%9b%e3%81%a8%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%e5%9b%9e%e7%9b%ae%e3%81%ae%e6%81%8b%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc物語・・・
彼女の運命を変えるため100回人生を捧げようとした彼と、彼の1回の未来を守るため自分の運命を決めた彼女。歌姫と一途男子が奏でるラブソングに感涙!時をかけめぐる純愛映画。

7月31日の誕生日。うまくいかなかったライブの帰り道。大学生の葵海は事故にあってしまう。しかし、気が付くと葵海は大学の教室にいた。日付は事故から1週間前、7月24日―。動揺する葵海に、陸は告げる。自分が葵海の運命を変えるために、時を巻き戻したのだと。想いが通じ合った二人は幸せな日々を送るが、葵海の運命を変えるためのタイムリープには、陸の重大な秘密が隠されていた―。

***********************************


出演:miwa 坂口健太郎 竜星涼 真野恵里菜 泉澤祐希 太田莉菜 大石吾朗 堀内敬子/田辺誠一

監督:月川翔(『黒崎くんの言いなりになんてならない』)
脚本:大島里美(『ダーリンは外国人』 「1リットルの涙」)

製作:「君と100回目の恋」製作委員会
制作・配給:アスミック・エース




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ