「Alexandros」タグアーカイブ

ALEXANDROS『Pray』が日本版主題歌に!映画『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』


映画情報どっとこむ ralph ゴジラ、モスラ、ラドン、ギドラ、、、そして、ドロス!

この度、日本発、ハリウッド製作の世界最大級の超大作映画『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(5月31日世界同時公開)』の日本版主題歌をロックバンド[ALEXANDROS]が担当することが決定しました。
そんな今作の日本版主題歌として [ALEXANDROS]は新曲『Pray』を提供。人類愛を壮大なロックバラードで表現している今作について、以前、ゴジラをイメージした楽曲を制作するほど、大のゴジラファンでもある川上洋平(Vo&Gt)は今回念願の主題歌を担当することに「いつの日か何でもいいからゴジラの映画の作品に関わりたいと思っていたのでとても嬉しく思います。」と喜びのコメントを寄せています。

既に解禁されているポスターや予告編では、ゴジラが背びれを光らせて空へ向かって咆哮している、その神々しい姿は、まさに“王(キング)が目醒める”描写となっており、今回発表された[ALEXANDROS]の楽曲が、さらに壮大な世界観を彩ります。

新曲『Pray』は5月に配信予定とのことなので、ぜひ全貌が明らかになるのを、お楽しみに。

<[ALEXANDROS]オフィシャルHP>
https://alexandros.jp

[ALEXANDROS]川上洋平(Vo&Gt)コメント
東宝さんからご連絡があったと聞いた時「ヤバイ、昔勝手にゴジラの曲を作ったのがバレた!」とお叱りのご連絡かと思いましたが、違いました。というわけで、この度『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の日本版主題歌を担当させていただきました。身に余る光栄です。冒頭にあるように本当にゴジラが好き過ぎて頼まれてもないのに主題歌を作って東宝さんに送るという暴挙をはたらいたこともありました(kaijuという曲です)。いつの日か何でもいいからゴジラの映画の作品に関わりたいと思っていたのでとても嬉しく思います。到着まもないラッシュを鑑賞させていただいた直後ぐらいにはもうすでに曲全体のフラッシュアイデアが閃き、早速着手し始めました。あとはもう映画のムードに誘き寄せられるようにアレンジも出来上がって行きました。それぐらい訴えかけてくる映画でした。
是非ご覧いただきたい。(光栄なことに)完全なる回し者になりましたが、それとは関係なく本当に最高にかっこよく、素晴らしい映画なので一映画ファン、ゴジラファンとしてオススメしたい。是非ご覧あれ!

映画プロデューサー・Alex Garcia(アレックス・ガルシア)コメント
“[ALEXANDROS] has created a song that impressively mirrors the emotion and scale of the journey in Godzilla: King of the Monsters. We are thrilled to have such a captivating song from such renowned Japanese artists.”
和訳:[ALEXANDROS]の作ったこの曲は、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の感動やスケールを見事に反映している。日本の有名なアーティストに、このような魅力的な曲を提供してもらえたことを大変嬉しく思っている。

Mike Dougherty(マイケル・ドハティ監督)コメント
“Music always adds such a powerful element to every film, and we feel incredibly fortunate to have had contribute [ALEXANDROS] such an anthemic song that captures not only the gravitas of the film, but also perfectly complements its dramatic conclusion.”
和訳:音楽はどの映画にも、常に(いつも)強力な要素を加えてくれる。
[ALEXANDROS]が本作の厳粛さを捉えるだけでなく、ドラマチック(劇的)な結末を完璧に補完してくれるこの聖歌(アンセム)のような曲を作ってくれたことを大変幸運に感じている。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』


ストーリー
『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を舞台に、復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらの怪獣たちとゴジラの戦い、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする未確認生物特務機関・モナークの活躍を描く。この単なる伝説にすぎないと思われていた古来の圧倒的な力をもつ生物たちが再び目覚め、世界の覇権をかけて争いを始めたとき、全人類の存在すらもが危ぶまれてゆく。

***********************************

  
監督:マイケル・ドハティ
脚本:マイケル・ドハティ、ザック・シールズ
エグゼクティブ・プロデューサー:ベリー・H・ウォルドマン、ザック・シールズ、
松岡宏泰、大田圭二、ダン・リン、ロイ・リー、坂野義光、奥平謙二
プロデューサー:メアリー・ペアレント、アレックス・ガルシア、トーマス・タル、
ジョン・ジャシニ、ブライアン・ロジャース、
共同プロデューサー:アレクサンドラ・メンデス
撮影監督:ローレンス・シャー
美術監督:スコット・チャンブリス
音楽:ベン・マクリアリー
編集:ロジャー・バートン
衣装:ルイーズ・ミンゲンバック
VFX監修:ギヨーム・ロシェロン
キャスト:カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、
ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンス、
渡辺謙、チャン・ツィイー他
製作:レジェンダリー・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース
北米公開日(日本同時公開):2019年5月31日
日本配給:東宝
© 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.


中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈、Alexandros登壇『きょうのキラ君』初日


映画情報どっとこむ ralph この度、待望の実写映画『きょうのキラ君』が2月25日(土)に公開!

その初日舞台挨拶が行われ、中川大志さん、飯豊まりえさん、葉山奨之さん、平祐奈さん。そして、主題歌「今まで君が泣いた分取り戻そう」を担当した[Alexandros]も駆けつけ、映画に友情出演もしたVo./Gt.川上洋平が撮影当日のエピソードについてを語りました!
日時:2月25日(土)
場所:TOHOシネマズ 新宿
登壇:中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈、
Alexandros(川上洋平・磯部寛之・白井眞輝・庄村聡泰)、
川村泰祐監督

映画情報どっとこむ ralph 客席を回って登場したAlexのメンバー、キャストに大盛り上がりの客席。

中川さん:今日は初日にありがとうございます!

とのキラくんの挨拶からイベントスタート。

映画情報どっとこむ ralph 初日を迎えて・・・
中川さん:沢山のお客さんとキャストと5人(含む川村さん)と監督とAlexanrosのみなさんを迎えられて幸せです。
飯豊さん:1年前に撮影していて、あっという間だったなと。ここからは観客の皆さんのものになるのでちょっぴり寂しいです。
葉山さん:普段舞台挨拶緊張しますが、みんなと一緒なので大丈夫です。
平さん:1年かけてやっとお届けできてうれしいです。号キュンの映画なので、キュンて感じて、寒さをぶっ飛ばしてください!
監督:嬉しく思っています。この4人のキャストとALEXの主題歌は僕の中では奇跡です。

主題歌に向けた思い。

ALEX川上さん:LOVEソングがAlexsandrosは少ないのですが、一度きりの人生だから大切な人に伝えたいなと思った時に。パッと歌詞が出てきて。映画の製作段階から加えていただいて光栄でした。

中川さん:この映画の無いようにピッタリで。演じていて胸に刺さりました。川上さんもこの作品を愛してくださったのだなと思いました。

飯豊さん:エンドロールも素敵です。実は以前PVに出していただいて、初めての主演があったら主題歌をやりたいと言っていただいていて4年越しで叶って、驚きました。夢はかなうんだなと。

ALEX川上さん:本当に実現できました!

映画情報どっとこむ ralph 川上さんは映画にも出演。その思いとは
ALEX川上さん:撮影は大興奮でした。映画の現場の裏側にはいることが初めてで映画ファンとしては嬉しかったです。現場は一人一人の熱い思いが籠ってるんですよ。 のほほんと構えちゃいけないなと頑張りました。

と、撮影時の気持ちを明かすと。
中川さん:格好良かったです!
ALEX磯部さん:彼、映画ファンなんですよね。メンバーとしては涙がちょちょぎれる感じです。

ALEX白井さん:英語の特進コースの彼が英語の先生やってるんで面白かったです。

ALEX庄村さん:2が出来たら是非僕も。

映画情報どっとこむ ralph 注目のシーンは

中川さん:カーテンの刑ですね。この大きさのスクリーンですから。アップで恥ずかしいですが・・・・新しいものができたなと。

飯豊さん:ニノンちゃんが、髪が長かったのを、短くするシーン。注目です。

葉山さん:矢部が僕のまんまなんです。役作りなしで、アドリブがい多いんです。あと、矢部の2面性を注目してください。

平さん:御木本先生ならではの猫のピンを付けてますので、探してみてください!

「わたし、365日、キラ君と一緒にいます」にちなんで、365日後の宣言を!

中川さん:365日後にきょうのキラ君2をやりたいです!またこのメンバーで撮りたいですね。英語の先生をお願いします!

飯豊さん:365日後に絵本を出したいです。マジックタイムのしーんで絵本出したいって。あのセリフに響いて、世界が変わって見える話を描きたいなとおもって・・・書いてる途中です。本当に頑張っています!


葉山さん:川上さんと話してて、事務所の先輩の綾野さんとCMやってるので。365日後には、その座を奪いたいです。ハヤマサンドロスでCMを!

平さん:今より笑ってられるように!毎日幸せでいます一日一善を心がけます。

ALEX川上さん:今より健康になっていたいです。

映画情報どっとこむ ralph ここで、原作のみきもと凜先生からのお手紙の朗読
うっすら涙が・・・・

最後に・・・

中川さん:毎日現場では悩みましたし、ありがたいお言葉ももらえて、このタイミングで「」出会えたことが役者として宝物だと思います。

公式HP:kirakun.jp

物語・・・

初めて本気で人を好きになった。キラ君、あなたと365日、一緒にいたい。

誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”(中川大志)に恋をした“ニノ”(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近!初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な“秘密”を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は―? 同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼馴染の澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない“365日”がはじまった。キラ君、あなたとずっと一緒にいたい。


***********************************

出演:中川大志 飯豊まりえ 葉山奨之 平祐奈
監督:川村泰祐
原作:みきもと凜「近キョリ恋愛」、「午前0時、キスしに来てよ」
配給:ショウゲート
©2017「きょうのキラ君」製作委員会


『きょうのキラ君』Alexandros川上洋平が英語教師役で友情出演発表!


映画情報どっとこむ mari この度、別冊フレンドで連載され、累計230万部突破の大ヒットを記録した少女漫画「きょうのキラ君」を実写映画が、17年2月25日(土)に公開します!

きょうのキラ君ティザー原作者は、「近キョリ恋愛」、「午前0時、キスしに来てよ」で知られる人気少女漫画家のみきもと凜!「きょうのキラ君」は、みきもと作品の中でも切なく純愛なストーリーが中高生を中心に絶大な支持を獲得、本作はファン待望の映画化であり、17年・大注目の“キュン泣きラブストーリー”です!

物語は、他人と関わることが苦手な“ニノ”こと岡村ニノンが、学校のクラスメイトで、誰もが憧れる“キラ”こと吉良ゆいじに初めて恋に落ちる所から始まります。しかしキラ君には、誰にも言えない秘密があり…というもの。

この度、本作の主題歌を担当しているロックバンド[Alexandros]のVo.&Gt.川上洋平さんが、本作に1シーンだけ友情出演している事がわかりました!
%e3%80%8e%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a9%e5%90%9b%e3%80%8f_%e5%b7%9d%e4%b8%8a%e6%b4%8b%e5%b9%b3%e3%81%95%e3%82%93%e5%8f%8b%e6%83%85%e5%87%ba%e6%bc%94 川上さんが演じたのは、主人公キラ(中川大志)と、ニノ(飯豊まりえ)が通う高校の英語教師!映画では、授業シーンで登場し、メガネをかけ、すべて英語の台詞!

9歳から14歳まで海外に住んでいたという川上さん、当初、台本は日本語の台詞でしたが、現場での監督のアイディアで急きょ英語の台詞に変えて撮影したところ、より演技が自然になったために、そのまま本番を撮ったそう。川上さんの英語力の高さがうかがえます!

川上さん:笑わないで観てください、すごく真剣に取り組みました。初の演技、たぶんもう観る事は無いと思いますので、貴重な私の演技をぜひ楽しんでください。

と、照れながらのメッセージを寄せてくれました!

映画情報どっとこむ mari きょうのキラ君

%e3%80%8e%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a9%e5%90%9b%e3%80%8f学校中の女子が憧れる「キラ君」に抜擢されたのは中川大志!ヒロインの“ニノ”役は、飯豊まりえ!他キャストに、葉山奨之・平祐奈!監督は『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』(10)、『海月姫』、『L・DK』(共に14)等、様々なラブストーリーを手掛けてきた川村泰祐が務めています!

物語・・・
初めて本気で人を好きになった。キラ君、あなたと365日、一緒にいたい。

%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a9%e5%90%9b_%e7%8f%be%e5%a0%b4%e5%86%99%e7%9c%9f誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”(中川大志)に恋をした“ニノ”(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近!初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な“秘密”を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は―? 同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼馴染の澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない“365日”がはじまった。キラ君、あなたとずっと一緒にいたい。



2017年2月25日(土)号キュン ROADSHOW

公式サイト:
http://kirakun.jp/

***********************************

出演:中川大志 飯豊まりえ 葉山奨之 平祐奈 岡田浩暉 三浦理恵子 安田顕
友情出演:Alexandros川上洋平

監督:川村泰祐
原作:「きょうのキラ君」みきもと凜(講談社コミックス別冊フレンド刊)  
脚本:中川千英子
脚本監修:松田裕子
製作:©2017「きょうのキラ君」製作委員会  
制作:メディアミックス・ジャパン  
配給:ショウゲート
©2017「きょうのキラ君」製作委員会
    


Alexandrosが主題歌を!キュン泣きラブ映画『きょうのキラ君』


映画情報どっとこむ mari “会いたい”想い詰まった楽曲にエンドロールまで“キュン泣き”必至!!

17年2月25日(土)に公開「きょうのキラ君」の主題歌を人気ロックバンドの[Alexandros]が務める事が決定しました!

%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%ae%e3%82%ad%e3%83%a9%e5%90%9b-x-alexandros
主題歌のタイトルは、「今まで君が泣いた分取り戻そう」。作詞・作曲を担当するVo./Gt.川上洋平さんが、原作の漫画、台本を読み「大切な人に対しての包み隠さない愛情」というテーマで、映画のために特別に書き下ろしたもの。

楽曲は、大切な人への“会いたい”想いが綴られた切ない歌詞を川上のヴォーカルが優しく歌い上げ、バンドの奏でる温かいバラードが印象的な、ラヴソングとなっており、映画の中のニノとキラの純愛を想起させる、作品と見事にシンクロする主題歌となっています![Alexandros]が主題歌を務めるのは、映画『明烏』(15)、『ターザン:REBORN』(16)、以来3作目。楽曲は来月発売となるニューアルバム「EXIST!」(11月9日(水)発売UNIVERSAL J/RX-RECORDS)にも収録される事が決まっています。

映画情報どっとこむ mari そして、[Alexandros]川上洋平さんと、川村泰祐監督からもコメントが到着しました!

[Alexandros]川上洋平(Vo./Gt.)コメント
川村監督と初めに打合せをした時に「川上さんはどういう曲が良いと思います?」と逆に聞いて頂けたので、とても嬉しかったです。そのおかげで自由気ままに作れました。原作の漫画や台本を読み、「大切な人に対しての包み隠さない愛情」というテーマを何となくですが読み取り、曲に落とし込みたいと思いました。「会いたい」と思った時に大切な人が近くにいる事。それは当たり前の事ではなく、奇跡に近いことである。限りある時間の中で目一杯大切な人と素敵な時間を過ごして欲しい、そんな想いをこの曲に詰め込みました。作っている最中は作品とはなるべく距離を置いたのですが、完成してみると不思議な事にピッタリはまっていたので我ながら驚きました。

川村泰祐監督コメント
彼らはメッセージを歌で伝えられるバンド。いつか僕の映画の主題歌に!と思っていました。縁があり台本を読んで頂いた所、彼らの答えは「バラードで行きたい。[Alexandros]史上最高の曲にする自信があります」と。出来上がった曲はとにかく「素晴らしい」の一言でした。彼らにお願いしてよかったと心から思っています。

映画情報どっとこむ mari 映画は!

学校中の女子が憧れる「キラ君」に抜擢されたのは、その甘いルックスで“ポスト山﨑賢人”との呼び声も高い、

次世代の注目イケメン王道俳優、中川大志さん!

ヒロインの“ニノ”役には、女優だけでなく雑誌「Seventeen」でモデルも務めマルチに活躍中の、人気女優・飯豊まりえさん!

物語・・・
初めて本気で人を好きになった。キラ君、あなたと365日、一緒にいたい。
誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”(中川大志)に恋をした“ニノ”(飯豊まりえ)。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの秘密を知ったことから2人は急接近!初めての気持ちにとまどいながら、ある重大な“秘密”を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は―? 同級生の矢部(葉山奨之)、キラの幼馴染の澪(平祐奈)も加わって、かけがえのない“365日”がはじまった。キラ君、あなたとずっと一緒にいたい。

映画『きょうのキラ君

公式サイト:kirakun.jp

***********************************

出演:中川大志 飯豊まりえ 葉山奨之 平祐奈 
監督:川村泰祐
原作:みきもと凜「近キョリ恋愛」 「午前0時、キスしに来てよ」 
配給:ショウゲート 
©2017「きょうのキラ君」製作委員会   
©みきもと凜/講談社
   


映画『ターザン:REBORN』アレキサンドロス日本版予告が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2016年夏、世界中を魅了してきた名作「ターザン」が『ハリー・ポッター』シリーズの監督&スタッフによって、全く新しいスタイリッシュ・アクション・エンターテイメント大作として生まれ変わる!

「ターザン:REBORN」
映画『ターザン:REBORN』は、7月30日(土)より2D/3Dにて全国公開となります!

「ターザン:REBORN」×AlexandrosアレキサンドロスAlexandros書き下ろし「Nawe, Nawe」入り日本版予告解禁!!!

英国貴族であった男が、愛する妻を取り戻すために、すべてを捨てて再びジャングルへ戻り、数多くの危機に身体ひとつで立ち向かう――。

公開された映像では、観る者の野生の力を呼び覚ますような、縦横無尽に飛び回る圧巻の高速ライドアクションに加え、行く手を阻む敵の罠や大自然の猛威に傷つきながらも、愛する妻・ジェーンを助けようと突き進むターザンと、奇跡を信じ抜く妻ジェーンの、互いの愛の信念が描かれます。アフリカのスワヒリ語で“with you(あなたと共に)”の意味を持つ「Nawe, Nawe」。



アフリカ・コンゴを舞台に繰り広げられるジャングルの王ターザンのリアルな感情を謳ったエモーショナルで壮大な楽曲が、デイビット・イェーツ監督の描く唯一無二の独創的な世界観にマッチし、鳥肌級の感動と爽快感を感じさせます。

映画情報どっとこむ ralph ターザン:REBORN

7月30日(土)公開 丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー他2D/3D全国ロードショー

『ターザン:REBORN』ポスター すべてを手に入れた英国貴族、そして美しき妻と裕福な暮らし送る男ジョン。彼の別の名は“ターザン”。 産まれて間もなく、国の反乱に巻き込まれ、コンゴのジャングルで動物たちに育てられたのだった。スマートにしてワイルド、そのアンバランスな魅力を備え持つターザンは英国政府でも一目置かれる存在だった。 ある日、政府の命により、外交の為、妻ジェーンとともに故郷へ戻る。しかしそれはターザンに仕向けられた罠だった。故郷は侵略され、ジェーンはさらわれてしまう。愛する妻と故郷を救うため、持てるものを投げうちジャングルに戻ること決意するターザン。果たしてターザンは、己の野生を呼び覚まし、すべてを取り戻すことが出来るのか?

***********************************

監督:デイビッド・イェー
キャスト:アレクサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビー、サミュエル・L・ジャクソン/クリストフ・ヴァルツ

© 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved