「A Million on My Soul」タグアーカイブ

リュック・ベッソン監督、アレクシアン・シラ in 六本木『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』トークショー


映画情報どっとこむ ralph 数々の名作を世に送り出してきた世界的巨匠リュック・ベッソン監督によるSF超大作『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が3月30日(金)に公開となります。

本作の公開を目前とした3月14日(水)、来日中のリュック・ベッソン監督によるトークイベントを開催いたしました!

少年の頃、本作の原作コミック「ヴァレリアン」シリーズと出逢い、その世界と主人公たちに夢中になったベッソン監督が、ついに自ら映画化するという長年の夢をかなえたと言える本作。
このたび、平日にもかかわらず、イベントの開催を知って会場に駆け付けた熱狂的なファンを前に、本作への想いについてはもちろん、世界中にいまだに根強いファンを獲得している『グラン・ブルー』や『フィフス・エレメント』などの名作の裏話や、ベッソン監督の想像力の源など、熱いトークを展開しました。
さらに!リュック・ベッソン監督の姪であり、本作の劇中歌を担当したアレクシアン・シラも共に来日し、劇中歌「A Million on My Soul」を熱唱し、観客を魅了しました。

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』リュック・ベッソン監督トークショーイベント
日時 :3月14日(水)
会場 :TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
登壇:リュック・ベッソン監督、アレクシアン・シラ、多田涼士(MC)

映画情報どっとこむ ralph リュック・ベッソン監督は6年ぶりの来日ということで、昨夜のジャパンプレミアに続いて監督を一目見ようと、会場は平日にもかかわらず多くの観客が詰めかけた。大の親日家を公言しているベッソン監督は、熱い拍手に包まれながら集まったファンたちへ挨拶。

『アデル/ファラオと復活の飛躍』でも、バンド・デシネを映画化しているベッソン監督は、コミックや他のバンド・デシネから受けた影響について「少年の頃は地方に住んでいて、継父がテレビを置かない主義だったんだ。だから、当時の僕にとってバンド・デシネやコミックはテレビの代わりだった。むしろテレビより良かったよ。時間も空間も超えられるし、色んなエイリアンにも会えるからね(笑)」と感慨深げに少年時代を振り返っていた。また、本作の原作の「ヴァレリアン」については、

ベッソン監督:当時の連載が『ピロット』という雑誌で、週1回2ページだけだったんだ。だから毎週(続きが気になって)忍耐を強いられたけど、次号を待つ間に展開や使われる色彩を想像していて、そこで脳が鍛えられたよ!

と想像力の原点を明らかに!続いて、シンガーソングライターで、ベッソン監督の姪でもあるアレクシアン・シラが登場!

監督は過去作の『アーサーとミニモイと不思議な国』の際にも、まだ幼かったアレクシアンが曲を作ってくれたと言い、

ベッソン監督:ただ、出来た曲が暗すぎて、アレクシアンに『これは子供向けのアニメーションなんだ』と説明して採用はしなかったんだよ。

と振り返っていた。
本作のために、アレクシアンが「A Million on My Soul」を作った際、プロデューサーのヴィルジニー・ベッソン=シラと曲に惚れ込んだそうで、

ベッソン監督:姪だから起用したってわけじゃないよ(笑)

と笑いながら話しんがらも姪っ子大好きおじさんの顔も。

映画情報どっとこむ ralph そして、満を持してアレクシアンがデビュー曲となった本作の劇中歌「A Million on My Soul」を日本初披露!

最初は少し緊張気味だったアレクシアンも歌い始めると一気にスイッチがオンに。その魂のこもった迫力ある歌声に観客も思わず聞き入り、歌が終わるやいなや盛大な拍手が巻き起こった。この歌にはベッソン監督も大満足の様子で、

アレクシアン:アリガトウゴザイマシタ!この曲のパフォーマンスを披露したのは、まだ2回目なの。ぜひ劇場で聴いてね!

とアピールした。

「A Million on My Soul」をはじめとして、28世紀を舞台としていながら、オープニングに最新曲ではなく、デヴィッド・ボウイの名曲「スペース・オディティ」を使うなど、音楽へとてもこだわるベッソン監督。その理由について、

ベッソン監督:本作の脚本執筆中に、車の運転中に『スペース・オディティ』がかかったんだ。僕は映画のシーンが頭に思い浮かんでいるから、『オープニングシーンにピッタリじゃないか』と思ったんだよ。ボウイとは付き合いが長くて、『アーサーとミニモイ~』でも声優をお願いしたんだ。天国の大きな劇場で『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』を3Dで観ているって聞いたよ(笑)

と茶目っ気たっぷりにコメントし、会場を沸かせていた。

集まったファンから、『ブレード・ランナー』の人造人間(レプリカント)役で著名なルドガー・ハウアーが出演している理由について聞かれると、

ベッソン監督:『ブレード・ランナー』の大ファンだからお願いしたかったんだ。今回は(レプリカントではなく)人間として登場したら面白いじゃないかと思って。

とコメントし、非常に楽しんで本作を作っていた様子だった。

映画情報どっとこむ ralph また、会場には『グラン・ブルー』のレーザーディスクを持参したコアなファンも!ベッソン監督が急きょレーザーディスクにサインをするというサプライズもあった。最後に、監督がファンに向けて感謝の言葉を語り、大盛況の中イベントは幕を閉じた。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主
3月30日(金) 全国ロードショー!

物語・・・

西暦2740年。

銀河をパトロールする腕利きのエージェント、ヴァレリアンは同僚の美女、ローレリーヌに首ったけ。忙しい任務の合間を見てはあの手この手でアプローチを試みるが、愛しの彼女は素知らぬ顔。

そんなある日、二人が向かった巨大宇宙ステーション”千の惑星都市”が放射能に汚染されていることが判明。

全種族が死滅する危機を「10時間以内に救え」という極秘ミッションを託されたヴァレリアンたちの前に突如現れたのは、30年前に消えたはずの平和な惑星パールの住人たち。彼らの思惑とは一体…?

果たしてヴァレリアンは銀河の危機を救い、ローレリーヌにプロポーズすることができるのか―!?

***********************************

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:「ヴァレリアン」ピエール・クリスタン(作)/ジャン=クロード・メジエール(画) ※小学館集英社プロダクションより発売中 
キャスト:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、イーサン・ホーク、リアーナ、クリス・ウー、ジョン・グッドマン、ハービー・ハンコック、ルトガー・ハウアー
日本語吹替え版声優:日野聡(ヴァレリアン)、沢城みゆき(ローレリーヌ)、大塚明夫(フィリット司令官)、関俊彦(オクト=バー将軍)、咲野俊介(客引きジョリー)
石川界人(ネザ軍曹)、富田耕生(国防長官)、楠見尚己(アイゴン・サイラス)、ゆりやんレトリィバァ(バブル)、THE ALFEE(ドーガン=ダギーズ)他
2017年|フランス|英語|カラー|スコープサイズ|137分
配給:キノフィルムズ
© 2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION