「4DX」タグアーカイブ

“新感覚恐怖”が、あなたの心に忍び寄る・・貞子。池田エライザ『貞子』は4DXでいかが?


映画情報どっとこむ ralph 世界的ヒット作『リング』シリーズに登場するホラーアイコン・貞子が巻き起こす恐怖を描いた『貞子』4DXが、5月24日(金)より、4DX上映スタート!『リング』の中田秀夫監督が再びメガホンをとったことでも話題の本作は、SNS時代に現れた「撮ったら死ぬ」貞子の呪いを数々のホラー映画で培ってきた4DXならではのノウハウをふんだんに活かし、今まで感じたことない新感覚体験を与えるはず!
4DX 日本では、『貞子vs伽椰子』4DXや『死霊館のシスター』4DXなど、〈4DX〉と〈ホラー映画〉という究極なコラボレーションで進化する”新感覚4DX恐怖”にも期待が寄せられており、すでにSNS上では「えぇえーーーー! 貞子4DXやるのーーーー! 絶対行きたいーーーー!」、「えっ!貞子も4DXあんの?!見なきゃ…」、「ホラー4dxとかあったら面白いのになぁ〜 と思ったら貞子あるんや!!!」など、『貞子』4DX上映に期待の声が続々!

ホラージャンルの4DX映画は、ほかの映画と比べ《どうやったら最も怖くなるのか》といった、恐怖感を極大化できる演出にこだわっているため、4DXで観る『貞子』も間違いなく、思わず背筋がひんやり!としてきそうな新しい体験を味わうことができる。
貞子 なお、4DXは、ヨーロッパや北米の20〜30代若い層を中心に人気トレンドとして話題のNO.1プレミアムムービー上映フォーマット。21個以上の4DXオリジナル環境効果や繊細なモーション効果で【観る映画の代案:目で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】として注目されている。全世界63カ国、641スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年5月現在)

映画情報どっとこむ ralph 中田秀夫監督x池田エライザ『貞子』

公式サイト:
https://sadako-movie.jp/

貞子
<ストーリ>
病院で心理カウンセラーとして働く茉優は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始める。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介の薦めでYouTuberとなった、茉優の弟・和真は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…。
***********************************


監督:中田秀夫
出演:池田エライザ/塚本高史/清水尋也/姫嶋ひめか/桐山漣/ともさかりえ

©︎2019「貞子」製作委員会


5月の4DXは『アベンジャーズ/エンドゲーム』『映画刀剣乱舞』~『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』と盛沢山!


映画情報どっとこむ ralph 4DXは、最大10連休となるこのゴールデン・ウィークに向けて、SF、アドベンチャー、ホラー まで様々なジャンルの4DX新作を取り揃えた、5月以降の新作ラインアップを発表!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』
大ヒット公開中

『名探偵ピカチュウ』
5月3日(金)より、 全国4DX劇場にてロードショー

『ラ・ヨローナ ~泣く女~』
5月10日(金)より、 全国4DX劇場にてロードショー

『貞子』
5月24日(金)より、 全国4DX劇場にてロードショー

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』
5月31日(金)より、 全国4DX劇場にてロードショー

と、合計6作品が、4DXシアターで上映です!

映画情報どっとこむ ralph 26日公開され、4DX映画史上最大級の製作規模!最強の4DX演出職人によって、世界初!1つの4DX作品のなか、総勢10キャラクターの《オリジナル4DXモーション効果》が披露された『アベンジャーズ/エンドゲーム』 は、 『アベンジャーズ』シリーズのなか、歴代最高のオープニング成績を達成し、4DX映画の歴史に残るレジェンド作品になること間違いなし!
©Marvel Studios 2019

ゴールデンウィークの真っ最中、5月3日には、世界で愛されているピカチュウの初!ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』 4DXが日本先行公開!とてつもない重さと大きさをもつ巨大ポケモンから、強力なパワーをもつ伝説のポケモンまで、様々な4DX効果によってリアルすぎるポケモンのパワーが再現。まだ誰も見たことのないピカチュウの物語は、誰も想像できない4DX演出に期待の声が上がっている。
© 2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
© 2019 Pokémon.

GW明け早々は、新感覚ホラー4DX新作が続々公開!10日は、超ヒットホラー『死霊館』シリーズや『ワイルド・スピード SKY MISSION』、『アクアマン』を手掛けた天才ジェームズ・ワンが贈る恐怖の新章『ラ・ヨローナ ~泣く女~』4DXが公開。古くから中南米に伝わる呪われた存在”ヨローナ”。そのゾッとするようなビジュアルだけでもこわばってしまいそうだが、水のあるところに現れるという設定や”ヨローナ”が登場する時のサプライズ演出はもちろん、予告映像で登場したお風呂のシーンでは、間違いなく恐怖MAXの体験が期待できるはず。
©︎2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


また、24日は、世界的ヒット作『リング』シリーズに登場するホラーアイコン・貞子が巻き起こす恐怖を描いた『貞子』4DXが公開。「リング」中田秀夫監督が再びメガホンをとったことでも話題の本作。SNS時代に現れた「撮ったら死ぬ」貞子の呪いを数々のホラー映画で培ってきた4DXならではのノウハウをふんだんに活かし、今まで感じたことない新感覚体験を与えるはず!
©︎2019「貞子」製作委員会

17日は、名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・強化し、日本の歴史上の合戦場に出没する敵を討伐していく刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の実写映画『映画刀剣乱舞』が、2週間限定で4DXリバイバル上映開始。本作の耶雲監督は「刀剣アクション、桜吹雪、雷鳴、炎上、地響き、信長のカリスマ、秀吉の人間臭さなどなど「映画刀剣乱舞」の全シーンが4Dの迫力で蘇ります!まさに次元を超えた4Dならではの魅力をぜひ体感してもらいたいです!」とコメントを寄せるなど、次元を超える歴史エンタテインメント大作を4DXが具現できる様々な演出によって、ダイナミック&迫力満点で披露する予定。
©︎2019「映画刀剣乱舞」製作委員会  ©︎ 2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

また、31日は、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』がいよいよ4DXシアターに君臨。モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラの姿はもちろん、世界の破滅を阻止しようとする人々が奮闘する姿をぜひ!究極の4DX演出で仕掛けられた4DXシアターで味わっていただきたい!
©︎2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

映画情報どっとこむ ralph 【4DX(フォー・ディー・エックス)シアターについて】

4DXとは、いま映画業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全20種類の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。


なお、4DXは、ヨーロッパや北米の20〜30代若い層を中心に人気トレンドとして話題のNO.1プレミアムムービー上映フォーマット。21個以上の4DXオリジナル環境効果や繊細なモーション効果で【観る映画の代案:目で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】として注目されている。全世界63カ国、641スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年5月現在)

***********************************



爆発、銃撃戦、魔法技術 プロデューサーが語った『劇場版 幼女戦記』4DXの魅力とは!


映画情報どっとこむ ralph エリートサラリーマンが金髪と青い目を持つ幼い少女ターニャ・デグレチャフとして転生し、過酷な戦場の最前線に立つというファンタジーな世界観を描いていたTVシリーズの続編となる劇場版アニメ『劇場版 幼女戦記』が大ヒット公開中。

この大人気アニメ4DXファンの熱い声に応えて、いよいよ4月5日(金)より、全国の4DX劇場にて上映スタートします!

早速、本作の4DX演出を仕掛けた3人のプロデューサーより、<日本>でしか観れない『劇場版 幼女戦記』4DXの魅力についてコメントが到着し、『劇場版 幼女戦記』4DX鑑賞を楽しめる見どころが明らかに!

映画情報どっとこむ ralph Michael Martinez(マイケル・マーティーネズ)プロデューサーは、「冒頭の強烈なアクションシーンでは、飛行している動き、銃撃&爆発のシーンでは、様々な4DX演出効果を豊富に取り入れて、仕掛けてみた。そして、主人公のターニャ率いる航空魔導大隊は、自由自在に空を飛びながら戦う設定から、”滑空アクション”と”戦闘アクション”をうまく調和させており、迫力ある空戦シーンが楽しめるはず。また、主人公である“ターニャ”の過激さにも漏れなく4DX演出を仕掛けており、冒頭メアリー・スーと初めて出会うシーンでは、4DX演出の時間を長く設定し、緊張感を最大限に引き上げるようにした」とコメントし、見逃してはいけない様々なアクションシーンへのこだわりと、キャラクターそのものへの没入感を引き立たせるような繊細な演出がされていることを語った。

また、Reny Nazarian(リーニー・ナゼリーアン)プロデューサーは、 「ファンタジーな世界観をみせているので、(世界観から離れないように)全ての4DX効果に気を配った。特にターニャの空戦シーンでは〈風〉、モーションチェアからの〈エアショット〉、〈光〉など、様々な4DX環境によって彼女の能力とパワーを体験できる」と、4DX劇場で意識して感じ取ってほしい4DX効果を紹介。

最後、Seong Kim(ソン・キム)プロデューサーは、「爆発のシーン、銃撃戦、魔法技術で滑空するシーンにフォーカスし、4DX演出を仕掛けていた。特に、4DXで本作を観ている観客が思わず興奮しながら、ドキドキできる体験を心がけて、豊富な4DX環境効果はもちろん、モーションチェアの動きも間違いなく楽しさを与えるはず。〈風〉効果では、空を飛んで、雲の中を飛び回るような体験を、様々なモーションチェアのバイブ効果により、銃撃、爆弾、各登場人物の動きにも変化をかけて表現した」とコメントし、様々な工夫がされている『劇場版 幼女戦記』4DXの魅力を伝え、ますます本作への期待も高まる!

映画情報どっとこむ ralph 4DX上映劇場では、4DX限定の入場者特典(35mmフィルムコマ)配布も決定しており(※予定数量に達し次第終了/一部劇場は除く/ご鑑賞者1名様につき1点の配布)、4月明け早々、『劇場版 幼女戦記』4DXのさらなるブームが巻き起こること間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph 【4DX(フォー・ディー・エックス)シアターについて】
4DXとは、いま映画業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全20種類の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。

なお、4DXは、ヨーロッパや北米の20〜30代若い層を中心に人気トレンドとして話題のNO.1プレミアムムービーフォーマット。20個以上の4DXオリジナル環境効果や繊細なモーション効果で【観る映画の代案:目で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】として注目されている。全世界63カ国、630スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年4月現在)

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 幼女戦記』4DX

公式サイト:
http://youjo-senki.jp/


【STORY】
統一暦1926年。ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐率いる、帝国軍第二〇三航空魔導大隊は、南方大陸にて共和国軍残党を相手取る戦役を征す。
凱旋休暇を期待していた彼らだが、本国で待ち受けていたのは、参謀本部の特命であった。
曰く、『連邦国境付近にて、大規模動員の兆しあり』。新たな巨人の目覚めを前に、なりふり構わぬ帝国軍は、自ずと戦火を拡大してゆく……
時を同じく、連邦内部に連合王国主導の多国籍義勇軍が足を踏み入れる。
敵の敵は、親愛なる友。国家理性に導かれ、数奇な運命をたどる彼らの中には、一人の少女がいた。メアリー・スー准尉。
父を殺した帝国に対する正義を求め、彼女は銃を取る。

***********************************

監督:上村 泰
脚本:猪原健太
製作:劇場版幼女戦記製作委員会
キャスト:ターニャ・フォン・デグレチャフ(悠木 碧)、ヴィーシャ(早見沙織)、レルゲン(三木眞一郎)、ルーデルドルフ(玄田哲章)、ゼートゥーア(大塚芳忠)、メアリー(戸松 遥)他
配給:角川ANIMATION
©カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/劇場版幼女戦記製作委員会


『キャプテン・マーベル』4DX公開記念!ブリー・ラーソン × ジェンマ・チャン期待コメント映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 2019年初のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)4DX映画『キャプテン・マーベル』が、3月15日(金)より、上映スタート!マーベル史上初となる女性ヒーローが主役となる本作では、歴代マーベル・ヒーロー4DX映画史上、最強にダイナミックで、最もエモーショナルな4DX演出を披露することに期待が集まっています。

『キャプテン・マーベル』4DX公開記念!

ブリー・ラーソン × ジェンマ・チャンによる、『キャプテン・マーベル』4DXイ・チ・オ・シ期待コメント映像到着!

そして、この度、『キャプテン・マーベル』4DX公開を記念し、 キャプテン・マーベル役のブリー・ラーソン、ミン・エルヴァ役のジェンマ・チャンによる、『キャプテン・マーベル』4DXイ・チ・オ・シ期待コメント映像が到着!『キャプテン・マーベル』4DXの期待ポイントについてブリー・ラーソンは「宇宙でのシーンは、まるで自分が宇宙に浸れるような気持ちになると思う」と言い、ミン・エルヴァ役のジェンマ・チャンは「冒頭の戦闘シーンは、4DXで観るとすごいかも」とコメントし、“ 4DX宇宙戦闘シーンが、サイコー!“というメッセージから、宇宙を背景に広がる迫力の4DXアクションへの期待を膨らませる!

映画情報どっとこむ ralph 4DX映画『キャプテン・マーベル』

3月15日(金)より、上映スタート!

公式サイト
captain-marvel.html


【STORY】
過去の記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベル。彼女の記憶には、恐るべき戦いの引き金となる “秘密”が隠されていた。正体不明の敵に狙われた彼女が、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?禁断の記憶をめぐるサスペンスフル・アクションが幕を開ける!

***********************************

監督:アンナ・ボーデン&ライアン・フレック
製作:ケヴィン・ファイギ 
キャスト:ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L.ジャクソン、ベン・メンデルソーン

ⒸMarvel Studios 2019


4DX『スパイダーマン:スパイダーバース』ビジュアル3種、到着


映画情報どっとこむ ralph 第91回アカデミー賞®の長編アニメーション賞を受賞し、各メディアから「スパイダーマン映画史上最高傑作!」と大好評のスパイダーマン初のアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が、マーベル・ヒーローアニメ映画としては初!4DX上映を決定!3月8日(金)より、全国の4DXシアターにて公開。

歴代「スパイダーマン 」シリーズ4DXで披露してきた《クモの糸で滑空するアクション》は、自由自在に飛び回るスパイダーマンの動きをモーションチェアの動き、バイブ効果、エアショットなど、4DXシアターでしか体験できないオリジナル効果によってパワーアップ!物語の舞台となるニューヨーク都心をはじめ、様々な次元の”スパイダーバース”の世界観を風や光、水といった4DX環境効果によって絶妙な方向感と速度感が加わり、今まで見たことも、体験したこともない『スパイダーマン』シリーズを披露する予定。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、4DXは、『スパイダーマン:スパイダーバース』4DXの日本公開を記念し、 4DXシアターで出会う”リアル”並みの<スパイダーバース>をテーマにした、4DXオリジナル・ビジュアル3種が到着!

クモの網にかかった4DXモーションチェアのビジュアルから、新しい『スパイダーマン』シリーズと4DXモーションチェアが生み出すシナジー効果が想像できるようなポップなビジュアルまで、4DXシアターだからこそ、堪能できる新感覚“滑空”4DXアクションへの期待を膨らませる!

映画情報どっとこむ ralph SNS上では、「スパイダーバース、4DXが絶対楽しいやつだと思うので4DXでいきたいな」、「あのスピード感は4DXでも観てみたいし何度も観たい映画🎦」、「『スパイダーバース』が初めての4DX体験になるかもしれない🔥」、「私の初4DXは絶対スパイダーバースに捧げるからね!」など、4DXシアターで味わう『スパイダーマン:スパイダーバース』に期待の声が続々!

『スパイダーマン:スパイダーバース』 4DX上映劇場 
※上映劇場は変更となる場合があります。 
※劇場により、対応している効果が異なります。

【ユナイテッド・シネマ】
【シネマサンシャイン】
【USシネマ】
【109シネマズ】
【コロナシネマワールド】
【イオンシネマ】
【フォーラム那須塩原】
【アースシネマズ姫路】

映画情報どっとこむ ralph 4DX版『スパイダーマン:スパイダーバース』
3月8日(金)より、全国4DXシアターにてロードショー

公式サイト:
Spider-verse.jp
公式twitter:
@SpiderVerseJP
#スパイダーバース


STORY:
ニューヨーク、ブルックリン。マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生。彼はスパイダーマンだ。しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは、全く異なる次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマンたちだった――

***********************************


監督:ボブ・ペルシケッティ/ピーター・ラムジー/ロドニー・ロスマン

声の出演:
<吹替版>:小野賢章/宮野真守/悠木碧/大塚明夫/吉野裕行/高橋李依/玄田哲章