「NEW」タグアーカイブ

Wヨウちゃん!真木よう子・大泉洋と井上真央、桜庭ななみ、が揃って登壇『焼肉ドラゴン』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 何があっても、本気でぶつかり、本気で生きる!
高度経済成長の片隅で描かれる、小さな家族の大きな歴史の物語。
鄭義信作・演出による舞台『焼肉ドラゴン』は朝日舞台芸術グランプリ、読売演劇大賞および最優秀作品賞など数々の演劇賞を受賞。

初日の幕が明けた後、瞬く間に口コミが広がりチケットは争奪戦になり、2011年、2016年と再演を重ね、多くのファンを魅了しました。

そんな演劇界では一流の演出家であり、映画界では『月はどっちに出ている』、『愛を乞うひと』、『血と骨』(この3作品すべてで、キネマ旬報ベストテン脚本賞を受賞)で脚本家としても名高い鄭義信さんが、本作では初監督に挑みます。生涯胸に留めておきたいと絶賛された名シーン、名台詞の数々を映像の世界でいかに描くのか―記念すべき第一作目に注目が集まります。

そして、完成を記念に完成披露試写会が行われ、長女・静花役の真木よう子さん、次女・梨花役の井上真央さん、三女・美花役の桜庭ななみさんの美人三姉妹と、静花への想いを秘めたまま梨花と婚約する哲男役の大泉洋さんが一同に会して舞台挨拶を行いました。

『焼肉ドラゴン』完成披露試写会&舞台挨拶
日時:4月9日(月)
会場:ニッショーホール
登壇:真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、鄭義信監督

映画情報どっとこむ ralph 物凄い「ようさん!」「ようちゃん!」コールと拍手の中登場したキャストと監督の皆さん。

真木さん:皆さんに見ていただけること大変うれしく思っています。今日は楽しんでください!

鄭監督:お昼過ぎには並んでる方がいて、感謝感謝です!

大泉さん:ようちゃん!ようちゃん!って・・これは果たして大泉のヨウちゃんなのか?真木のヨウちゃんなのか?(笑)ヨウちゃんが二人。今日はお忙しいところ・・・いや、本当に忙しかったらここに来てないですね(笑)じゃ、そこまで感謝はね~。(爆笑)昨日観ましてね。とてつもなく感動します!

と大笑いでイベントはスタート。大泉の洋ちゃん最初から飛ばします。

本作は舞台版:日本版、韓国版でもが大ヒットしたものを映画化。
鄭監督:舞台では在日韓国人の特殊な話を描いたつもりでしたが、日本人の方達が自分たちの家族の話のように愛おしく観て下さってるのが嬉しかったです。

映画情報どっとこむ ralph 完成したものを観て

真木さん:どんな境遇でも、ぶつかり合ったり、本音を言いあったり。でも笑いあって助け合いながら、これがりそうな家族ではないかと。凄く心に希望が満ち溢れました!

井上さんは喜怒哀楽の激しい役、大泉さんにカッとなってるシーンは大変だったそうで、実は
井上さん:罵声を浴びせながら下りていくシーンがクランクインでいきなり監督から台本にない罵声を付け加えられて。関西弁が大変で。さらに大泉さんの自転車が下手で。こっちはいっぱいいっぱいなのに、お尻痛いし!自然と怒りが沸き上がっていたんです(笑&拍手)。感謝しています!

と言うと、当然大泉さんは不満そうに

大泉さん:先日自転車教えたばっかりなのに!あの乗り方がおかしい。女優さん乗りだし。あれは、言われたくないは。。。
とボヤきます。

関西弁に苦労した皆さんですが、真木さんは万博の発音に苦労したそうですが、
大泉さん:真木さんは若干素直じゃなかったんです!方言指導の方に若干切れてるんです!

真木さん:私は、出来てると思ってたんです!

その発音は映画でチェック!

そして、桜庭さんは関西弁に加え韓国語のセリフも
桜庭さん:大阪弁も大変だったですが、韓国の発音が難しかったですし、韓国語でセリフは初めてだったのでバクバクしました。(韓国人俳優さんたち)凄く役に対して熱くて。その時間は家族だ!と思わせてくれてさあ得られました。

一方、

大泉さん:僕は北海道弁しか話したことなかったので。初めて、大阪弁。なじみ深い大阪弁なのに、事細かく直されました!大変だった!それから、今までやったことのない役で。荒々しい部分もあったり。いい映画だなと。まだ見てないんですよね。全然言えないじゃないですか!!!最後ね。泣ける。ずっと見て対3人。
真木さん:現場は和気藹々でね。韓国人キャストの皆さんも暖かくて。

井上さん:ななみちゃんが韓国語が達者なので助けられましたね。

映画情報どっとこむ ralph ここで、キャッチコピーが「例え昨日がどんなでも、明日はきっとええ日になる」に掛け、4月の新生活に向けて、明日に前向きに生きる秘訣を

真木さん:笑うこと。
井上さん:今日の自分に負けないこと!
桜庭さん:自分を信じる!
監督:とりあえずビールを飲んで寝る!


ここで、なぜか出しずらそうな大泉さん。実は4月の新生活!を聞いていなかったとボヤキながら
大泉さん:本当の話、大人は一番元気出る。今日1日をボヤいて寝る。

是非、社会人の皆さん。是非ボヤいて寝る実践してみては!


映画情報どっとこむ ralph 『焼肉ドラゴン』

6月22日(金)より、全国ロードショー!

公式サイト:
http://yakinikudragon.com 
公式Twitter:
@yakiniku_dragon

物語・・・
万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。そして店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで泣いたり、笑ったりー。そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。




***********************************

真木よう子 井上真央 大泉 洋
桜庭ななみ  大谷亮平 ハン・ドンギュ イム・ヒチョル 大江晋平 宇野祥平 根岸季衣 イ・ジョンウン キム・サンホ
原作:戯曲「焼肉ドラゴン」(作:鄭 義信)
脚本・監督:鄭 義信 
配給:KADOKAWA ファントム・フィルム
製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会
c2018「焼肉ドラゴン」製作委員会


日中国交正常化45周年記念中国映画祭「電影2018」開催・全上映作品情報公開


映画情報どっとこむ ralph 2017年12月、日中両国の国交正常化から45周年を迎えたことを記念し、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)、公益財団法人ユニ ジャパン(東京国際映画祭事務局)、上海国際影視節有限中心(上海国際映画祭事務局)は、中国3都市での日本映画上映会を行いました。 それに続き2018年3月8日より、日本での中国映画祭「電影2018」を東京/大阪/名古屋の3都市で順次開催いたします!

中国稀代のヒットメイカーにして多くの国際映画祭で受賞歴のある馮小剛(フォン・シャオガン)監督最新作『芳華-Youth-』をはじめ、アクション、コメディ、ミステリーなど、日本初公開となる新作中国映画を10本上映!

本映画祭の全会場、全プログラムの前売りチケットが2月17日(土)発売開始となります!


◆公開表記:
「電影2018」東京、「電影2018」大阪、「電影2018」名古屋
2018年3月8日(木)〜14日(水)
東京:2018年3月8日(木)〜10日(土)
大阪:2018 年 3 月 10 日(土)〜12日(月)
名古屋:2018 年 3 月 12 日(月)〜14 日(水)

◆会場:
東京:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
大阪:大阪アジアン映画祭との提携企画として実施。 阪急うめだホール、梅田ブルク7
名古屋:109 シネマズ名古屋

公式サイト:
http://www.jpfbj.cn/FilmFestival/

映画情報どっとこむ ralph <中国映画祭「電影2018」・プログラム一覧>
※合計10作品。『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は東京のみ上映。大阪、名古屋会場は9本の上映。

『芳華-Youth-』 
原題:芳華|2017年|135分|
監督:馮小剛(フォン・シャオガン) 出演:黄軒(ホァン・シュアン)、苗苗(ミャオミャオ)、鐘楚曦(チョン・チューシー)
©Huayi Brothers Pictures Limited


『追跡』 
原題:追・踪|2017年|112分|
監督:李霄峰(リー・シャオフォン)
出演:ルオ・チン(羅晋)、ニエ・ユエン(聶遠)


『シティ・オブ・ロック』
原題:縫靱機楽隊|2017年|117分|
監督:大鵬(ダーポン)
出演:ダーポン、喬杉(チャオ・シャン)、古力娜扎(グーリー・ナーザー)
©The City Film Co., Ltd. Shanghai RUYI Film & TV ProducFon Co.,Ltd.


『無言の激昂』
原題:暴裂无声|2017年|119分 監督:忻鈺坤(シン・ユークン) 出演:宋洋(ソン・ヤン)、姜武(ジャン・ウー)、袁文康(ユアン・ウェンカン)
©Bingchi Pictures


『乗風破浪〜あの頃のあなたを今想う』
原題:乗風破浪|2017年|102分
監督:韓寒(ハン・ハン)
出演:鄧超(ダン・チャオ)、彭于晏(エディ・ポン)、趙麗穎(チャオ・リーイン)、董子健(ドン・ズージエン)、金士杰(チン・シーチェ)
©Shanghai PMF Pictures Co.,Ltd


『無敵名人の最強食譜』
(食譜ルビ:レシピ)
原題:絶世高手|2017年|116分
監督:盧正雨(ルー・ジェンユー)
出演:郭采潔(アンバー・クォ)、範偉(ファン・ウェイ)
©C2M Pictures(Shanghai)Co.,Ltd.


『ライスフラワーの香り』 
原題:米花之味|2017年|95分
監督:鵬飛(ポンフェイ)
出演:英澤(イーン・ヅェー)、葉門(イエー・メン)、葉拼(イエー・ピン)、葉不勒(イエー・ブーロウ)
©Yong an (Fanjin) producFons


『南極の恋』
原題:南極之恋|2018年|118分
監督:呉有音(ウー・ユーイン)
出演:楊子珊 (ヤン・ズーシャン)、趙又廷 (マーク・チャオ) 画像クレジット:©C2M Pictures (Shanghai)Co.,Ltd.


『奇門遁甲』(キモントンコウ)
 
原題:奇門遁甲|2017年|113分
監督:袁和平(ユエン・ウーピン)
出演:大鵬 (ダーポン)、倪妮 ( ニー・ニー)、李治廷 (リー・ジーティン)
©2017 LE VISION PICTURES (BEIJING) CO LTD ACME IMAGE(BEIJING) FILM CULTURAL CO LTD FILM CAN PRODUCTION LT DLE  VISION PICTURES (HK) CO LTD


『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 
原題:解憂雑貨店|2017年|109分
監督:ハン・ジエ (HAN Jie)
出演:ワン・ジュンカイ (Karry WANG)、ドン・ズジェン (DONG Zijian)、 ディルラバ・ディルムラット (Dilraba DILMURAT)、 ジャッキー・チェン (Jackie CHAN)
©2017 EMPEROR FILM PRODUCTION COMPANY LIMITED WANDA MEDIA CO., LTD. SHANGHAI PMF PICTURES CO.,LTD KADOKAWA CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

***********************************




​『ママレード・ボーイ』光希の親友・ミステリアスな美人・茗子役に“優希美青”


映画情報どっとこむ ralph 「ママレード・ボーイ」が桜井日奈子x吉沢亮 W主演で実写映画化。

光希の親友・秋月茗子役に優希美青が決定!!

​​本作の主人公の小石川光希(桜井日奈子)、松浦遊(吉沢亮)、須王銀太(佐藤大樹)らと共に同じ高校に通う、光希の親友・秋月茗子を演じるのは、

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)で注目を集め、NTV「デスノート」(15)、映画『暗殺教室』(15)、『暗殺教室~卒業編~』(16)、『ちはやふる -結び-』(18)、Netflix「僕だけがいない街」(17)等、話題作への出演が続く若手人気女優・優希美青(ゆうき・みお)さん。

映画情報どっとこむ ralph 光希と銀太とは、中学校からの同級生で資産家令嬢の茗子。光希と遊の恋を見守りながら、実は茗子も禁断の恋を…⁉美人でミステリアスな一面を持つ茗子は原作漫画、アニメファンから愛される登場人物で、茗子が育む“学校の先生”との恋は多くの女性たちの憧れの的となり、人気を博した伝説的エピソードです。

優希さん:お話をいただいて凄く嬉しくて、撮影まで待ち遠しくて待ち遠しくてたまらなかったです。公開を楽しみに待っていてくださるみなさんの期待を裏切らないように、
私なりに精一杯頑張らせていただきました。

とコメントしています。


また今回のキャスティングに関し、北島直明プロデューサーは

「芝居力が高く、非常に未来を感じる女優。茗子という繊細な役も彼女なら!と思い、オファーした。

と起用理由を明かし、

原作者・吉住渉先生からは「お会いして、落ち着いた雰囲気が茗子っぽいと思いました。名村先生との恋をどう演じて下さったのか、観るのが楽しみです。

との期待が寄せられています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『ママレード・ボーイ

は2018年4月27日(金)より全国ロードショーとなります。

公式HPアドレス:
http://marmaladeboy.jp 
Twitter:@marmalade_movie
ハッシュタグ:#ママレードボーイ
本作は突然ひとつ屋根の下で暮らすことになった同い年の高校生・小石川光希と松浦遊が織りなすラブストーリー。
ある日、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。ハワイ旅行で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?

更には松浦夫妻の1人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。
そして、一つ屋根の下で暮らし始める光希と遊。「家族なんだから好きになっちゃダメよ!」と母親に釘を刺されながらも、次第に2人は距離を縮めてゆくが・・・この恋の先に、全少女マンガファンが夢中になった展開が待っている!
***********************************

出演:桜井日奈子 吉沢 亮
佐藤大樹 優希美青
筒井道隆 谷原章介 檀 れい 中山美穂

原作:「ママレード・ボーイ」吉住 渉(集英社文庫〈コミック版〉)
監督:廣木隆一  
脚本:浅野妙子  音楽:世武裕子
製作:映画「ママレード・ボーイ」製作委員会  制作プロダクション:プラスディー  
配給:ワーナー・ブラザース映画 
ⓒ吉住渉/集英社 ⓒ2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会


『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』ムック本、限定で発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 2月15日(木)から開催される第68回ベルリン国際映画祭に正式招待され、「ベルリナーレ・スペシャル部門」で上映されることが決定している坂本龍一のNYライブを収録した『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async』が、1月27日(土)より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国17館にて公開します。


公開を前に、2月15日(木)から開催される第68回ベルリン国際映画祭「ベルリナーレ・スペシャル部門」に正式招待され、世界的な評価を得ている本作は、8年ぶりに発表されたオリジナルアルバム「async」をベースに2017年4月、ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで行われた坂本龍一の限定ライブの完全収録版です。

アンドレイ・タルコフスキー監督の架空の映画音楽を書くというコンセプトの下、100人限定の貴重な空間で、ピアノやガラス板などを駆使して「非同期的な音楽を作りたい」と本人が感じるまま演奏したパフォーマンスで、「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった」と坂本龍一自身が語っています。

映画情報どっとこむ ralph 公開を記念して、本作と『WIRED』日本版(コンデナスト・ジャパン)がタイアップし、『WIRED』日本版別冊『Ryuichi Sakamoto on async 坂本龍一 asyncのこと』(B5判、112ページ、定価:1,500円(税込))を、上映劇場と『WIRED』日本版公式サイト(WIRED.jp)にて販売することが決定致しました!※WIRED.jpでの販売開始は1月末日を予定しております。

販売ページURL


撮り下ろしのビジュアルや坂本龍一のインタビューに加え、これまでに『WIRED』が行ったインタビューの内容をほぼ語り下ろしに近いかたちで収録。音楽を担当した『レヴェナント:蘇えりし者』(2016年日本公開)以降の坂本龍一が語った言葉の数々を余すことなく収めた、完全保存版となっております。

映画情報どっとこむ ralph また、入場者プレゼントとして、坂本龍一の楽器に向かう真摯な姿が印象的なポストカード3枚セットを用意。

プレゼントは枚数に限りがありますので、お早めにご来場下さい。
上映期間中、上映劇場の角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAにてパネル展開催も決定。
そして、劇場ではCD「async」やRyuichi Sakamoto: async T-shirts、Ryuichi Sakamoto: asyncピンバッチなど坂本龍一のグッズも販売しております。

坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async

原題:RYUICHI SAKAMOTO: async AT THE PARK AVENUE ARMORY

映画公式サイト:http://liveviewing.jp/sakamotoasync/

***********************************

『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』
(原題|RYUICHI SAKAMOTO: async AT THE PARK AVENUE ARMORY)
監督|スティーブン・ノムラ・シブル『Ryuichi Sakamoto : CODA』
製作/プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA 
協力|commmons, Avex Entertainment Inc.
配給|ライブ・ビューイング・ジャパン 
配給協力|REGENTS 宣伝|MUSA ?KAB America Inc./SKMTDOC,LLC
2017年|アメリカ・日本|カラー|5.1chサラウンド|DCP|65分
映画公式サイト|http://liveviewing.jp/sakamotoasync/


『シェイプ・オブ・ウォーター』第75回ゴールデングローブ賞:監督賞、作曲賞2部門受賞


映画情報どっとこむ ralph この度ギレルモ・デル・トロの大人ファンタジー『シェイプ・オブ・ウォーター』が、日本時間1月8日(月)に発表されました第75回ゴールデングローブ賞におきまして監督賞(ギレルモ・デル・トロ)と作曲賞(アレクサンドル・デスプラ)を受賞しました!

本作は・・・
ひとりの孤独な女性と水の中で生きる不思議な生物との言葉を超えた“愛”を描居た作品。
孤独だが慈愛に満ちた女性イライザを演じたのは『ブルージャスミン』のサリー・ホーキンス、彼女を支える優しい隣人に『扉をたたく人』のリチャード・ジェンキンス、イライザと恋に落ちる生き物に息吹を与えるのは『パンズ・ラビリンス』でもデル・トロ監督とタッグを組んだダグ・ジョーンズ、冷徹な政府の調査官には『テイク・シェルター』のマイケル・シャノン、イライザの頼もしい同僚には『ドリーム』が日本でも大ヒットを記録したオクタヴィア・スペンサーが扮しています。

シェイプ・オブ・ウォーター
原題:The Shape of Water

3月1日(木) 全国ロードショー

物語・・・
1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。
人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……

***********************************


監督・脚本・プロデューサー:ギレルモ・デル・トロ『パンズ・ラビリンス』『パシフィック・リム』

出演:サリー・ホーキンス『ブルージャスミン』、マイケル・シャノン『テイク・シェルター』、リチャード・ジェンキンス『扉をたたく人』、ダグ・ジョーンズ『パンズ・ラビリンス』、マイケル・スツールバーグ『シリアスマン』、オクタヴィア・スペンサー『ドリーム』
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox