「LGBT」タグアーカイブ

エル・ファニング トランスジェンダー(FTM)の主人公熱演『アバウト・レイ 16歳の決断』


映画情報どっとこむ ralph 映画『アバウト・レイ 16歳の決断』(『3 Generations』)。本作は製作国であるアメリカでの公開延期により、日本公開も同様に延期になっておりましたが、この度、2018年2月3日に新宿ピカデリーでの公開が正式決定しました。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。
ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。この度、本国予告(日本語字幕入り)も併せて解禁いたします。


*トランスジェンダーとは?→身体の性と心の性が異なる。
*FTMとは?→女性の身体で生まれてきたが、性自認が男性。

映画情報どっとこむ ralph アバウト・レイ 16歳の決断
原題:3 Generations

2018年2月3日(土)、新宿ピカデリーほかにて、全国ロードショー


物語・・・ 
「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように”」
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる。

***********************************

監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル  
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.


『ムーンライト』いかにして、同じ瞳を持つ3人をキャスティング?


映画情報どっとこむ ralph 第89回アカデミー賞、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門受賞し、オスカーの栄光を手にした『ムーンライト』。

更にアカデミー賞の歴史の中でLGBTをテーマにした作品として初めて作品賞を受賞した作品となり、まさに「映画史の歴史を変えた作品」といえます。

本作では、主人公・シャロンの成長を描いていますが・・・

少年期、青年期、成人期と3つの成長過程で3人の俳優が演じています。

これは、10歳の少年期から様々な段階を経て30歳前半までのシャロンの成長を、1人の俳優が年を重ねていかずに描くという、バリー・ジェンキンス監督の大胆な決断から始まり、監督はもちろん、キャスティング・ディレクターであるヤシ・ラミレスを初めとした多くのスタッフによって、“全く同じ目を持つ”3人の奇跡のキャスティングとなりました。

キャスティング・ディレクターは、ヤシ・ラミレス。バリー・ジェンキンス監督と同じマイアミ出身で・・・

キャスティング・ディレクターになる前、未成年の官選弁護人になる勉強をしており、問題を抱えた子供たちのために力を貸していた。キャスティングに関して、バリー・ジェンキンス監督は、非常に困難で時間がかかったことを明かし、「僕らは、同じフィーリング、同じ雰囲気、同じ要素をもつ俳優を探そうと思った。」と語った。映画において目は、“観客のための窓”と捉え、同じ雰囲気を感じさせる目をもつ3人を探したという。

映画情報どっとこむ ralph ★少年期(リトル):
アレックス・ヒバート


監督は、マイアミ中をくまなく歩いて、出演者募集のチラシを貼ったり、学校や近隣を歩いて周り、この重大な役柄を演じられる少年を探し歩いた。

最終的に2人はヒバートを見つけ、他のスタッフに見せるために彼を撮影した。

ラミレスは彼をオーディションで見た時、すぐにその幼い目に映る物静かな好奇心と脆弱性に強く惹かれた。誰もが彼こそがふさわしいと確信を持ったのだった。



★青年期(シャロン):
アッシュトン・サンダース


ラミレスは全国を回り、オーディション・テープや顔写真を見たり、インターネットで高校の演劇プログラムを終了した生徒のビデオクリップを探し回った。

最終的に、ラミレスが最初にロサンゼルスで行った数多くのキャスティング・オーディションで見つけたうちの1人だったアッシュトンは、それまでにサンダースはインディペンデント映画に出演したことがあり、静けさと不屈の精神を持ち合わせた第2章のシャロンの重要な役どころには打ってつけだった。



★成人期(ブラック):
トレバヴァンテ・ローズ


ルイジアナ出身の陸上競技界のスターであるトレヴァンテ・ローズは、もともとは第3章の大人になったケヴィン役のために呼ばれていた。しかし、筋肉隆々で男っぽいローズが、街に精通した大人の化身である“ブラック”ことシャロンの役柄に、より適していることに誰もが気づいたのだった。ラミレスは「キャスティング・ディレクターとして、入ってきてすぐ強烈に“これだ”と思うことはあまりないことないのに、ローズは特別だったわ」「彼の男らしい風貌に加えて、彼は観客がキャラクターに対して何か感じる弱さを持ち合わせていたの」と絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph ◎3人の主人公に共通する瞳

3人のシャロンは継ぎ目なく3つの章でつながっているが、ヒバート、サンダース、ローズの3人は監督の指示で、撮影中会うことはなかった。「私たちがラッキーだったのは、それぞれのパートに最もふさわしい俳優を見つけられたことよ」とラミレスは語る。「3人には3つの違った時期を一貫して流れる、内なる脆弱性という共通の特徴もあったのよ。それぞれの俳優はそれを目で表現できて、あのキャラクターの人生の完璧な映画を作るのを助けてくれたわ」と、振り返った。


物語・・・
名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校ではいじめっ子たちから標的にされる日々。そんなシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。高校生になっても何も変わらない日常の中、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに・・・


『ムーンライト』
原題:MOONLIGHT

3月31日(金)、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開です。

***********************************

監督・脚本:バリー・ジェンキンス
エグゼクティブプロデューサー:ブラッド・ピット

キャスト:トレバヴァンテ・ローズ、アンドレ・ホーランド、ジャネール・モネイ、アッシュトン・サンダース、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ/朝日新聞社
配給:ファントム・フィルム
2016/アメリカ/111分/シネマスコープ/5.1ch/R15+
© 2016 A24 Distribution, LLC    


安冨歩​教授​​​​とヴィヴィアン佐藤 ​『わたしはロランス』を語るイベント開催決定


Blu-ray BOX ​発売記念!
男装をやめた東大教授 ​・​安冨歩​さん​​​​と女装家ヴィヴィアン佐藤さん ​による

『わたしはロランス』トークイベント開催​ ​決定!!​

​​グザヴィエ・ドラン監督の『わたしはロランス』+『トム・アット・ザ・ファーム』 ​​​​Blu-ray BOXの5月2日(土)発売を記念して、4月20日(月)渋谷アップリンクにて『わたしはロランス』のトーク付き上映会 ​が行われるそうです!!
グザヴィエ・ドラン監督BOX
本作の原題は『Laurence Anyways』。

男でも女でもなく、苗字すら関係なく、ロランスという人間でしかない、という意味がこめられています。

「役割」で物事が進んでいくようなこの世界で生き辛さを感じている方も多いと思います。ゲストには男装をやめた東大教授、安冨歩さん、聞き手には女装家ヴィヴィアン佐藤さん。枠にはまらないお二人をお招きし『わたしはロランス』を違った視点から読み解いていきます。
東大教授​・​安冨歩さんとヴィヴィアン佐藤さん
東大教授​・​安冨歩さんとヴィヴィアン佐藤さん

​​​​【グザヴィエ・ドラン特集】Blu-ray BOX発売記念『わたしはロランス』トーク付き上映会 
『わたしはロランス』…『わたしは…』
日時 ​:​2015年4月20日(月) 
18:00開場/
18:30 ​開演​/上映後トーク
ゲスト:​安冨歩さん(社会生態学者、東京大学東洋文化研究所教授)/聞き手:ヴィヴィアン佐藤さん(美術家、ドラァグクイーン)

会場 ​:渋谷アップリンク(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階)​
料金:Blu-ray BOX付 8,500円 / 上映会のみ 1,500円​
​詳細・ご​予約 ​http://www.uplink.co.jp/event/2015/36216​

また、当日は『わたしはロランス』+『トム・アット・ザ・ファーム』Blu-ray BOXをの先行で販売。

トーク付き上映会のチケットとBlu-ray BOXをお得にご購入いただけます!アップリンク限定販売特典として新たにつくられた『わたしはロランス』A3サイズのポスターをお付けしてイベント当日に、品物は渡されるそうです。

わたしは・・・な、ゲストさんの​プロフィールは!お二人とも学校で教えてるんですね!日本もだんだんLGBTに対して慣用になってきましたね。

安冨歩 ​(社会生態学者、東京大学東洋文化研究所教授)
「男装をやめた」東京大学教授、社会生態学者、京都大学経済学部卒業。
歴史文化工学会会長。著書に『原発危機と「東大話法」』『誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠』などがある。無料電子音楽雑誌『エリス』に「マイケル・ジャクソンの思想」を連載中。

ヴィヴィアン佐藤 ​(美術家、ドラァグクイーン)
美術家、非建築家、映画批評家、プロモーター、ドラァグクイーン、と様々な顔を持つ。ジャンルを横断していき独自の見解で「トーキョー」と「現代」を乗りこなす。自身の作品製作のみならず、「同時代性」をキーワードに映画や演劇、ライヴなどを単なる受け取る側としてではないプロモーション活動も展開している。2012年からvantanバンタンデザイン研究所で教鞭を執る。

売りだされるBlue-ray BOX​詳細です!

『わたしはロランス』+『トム・アット・ザ・ファーム』Blue-ray BOX​
2015年5月2日(土)発売
3枚組(Blu-ray:2枚+DVD:1枚)
定価:10,800円

★映像特典★
●『ドラン先生の公開授業』パリの映画館forum des imagesが開催した、グザヴィエ・ドランのマスタークラス(公開授業)を2時間完全収録
●『トム・アット・ザ・ファーム』監督インタビュー(10分)、日本版予告編、本国版予告編
●『わたしはロランス』グザヴィエ・ドラン監督の解説付き未公開シーン(53分)、日本版予告編、本国版予告編

★封入特典★
●『わたしはロランス』ビジュアルブックレット
●グザヴィエ・ドランのポートレートカード4枚セット
●『トム・アット・ザ・ファーム』オリジナルステッカー
【仕様】3枚組(Blu-ray:2枚+DVD:1枚)
​​●『トム・アット・ザ・ファーム』【Blu-ray仕様】
2013年/カナダ=フランス/カラー/本編102分+特典映像15分/16:9ビスタサイズ/1層/音声:フランス語 本編DTS-HD Master Audio 5.1ch, 特典映像リニアPCM2.0chステレオ/日本語字幕
●『わたしはロランス』【Blu-ray仕様】
2012年/カナダ=フランス/カラー/本編約168分+特典映像60分/1.33:1スタンダードサイズ/1層/音声:フランス語 本編DTS-HD Master Audio 5.1ch, 特典映像リニアPCM2.0chステレオ/日本語字幕
●特典ディスク【DVD仕様】
カラー/特典映像約120分/16:9ビスタサイズ/片面1層/音声:フランス語 ドルビーデジタル2.0chステレオ/日本語字幕


********************************************************************



安田顕のオカマがメッチャいい『小川町セレナーデ』試写してきた


偽オカマバー始めました!10月4日(土)より、公開の

『小川町セレナーデ』

試写してきました!

小川町セレナーデ 安田 顕 須藤理彩
物語は・・・
小川町セレナーデ須藤理彩 女手ひとつでスナックのママとして娘を育ててきた母、スナックの店名に自分の名前“小夜子”をつけられ、どうも昔から男運のない娘。

借金まみれのスナックの再起に娘が考えたのは、「偽オカマバー!」その手ほどきを頼んだ母の旧知のオネエの友人エンジェル。。。は、どうやら娘の父親らしく・・・

というお話で、母役を須藤理彩さん、娘役をこの後主演作含む映画出演が相次ぐ藤本泉さん、そしてオネエのカリスマダンサー・エンジェルをTEAM NACSの安田顕さんが演じています。

監督・脚本を担当したのは多数の映画で助監督を務めてきた新鋭 原桂之介さん。

小川町セレナーデ 藤本 泉 場末のスナックの持つ魅力、常連客たちが持つわびしさ、あたたかさ、おねぇの持つパワー、母親のたくましさ、小夜子をとりまく世界をメランコリック描き、どこの町にでもある小さなスナックのちょっと大変で、ちょっと楽しく心あたたまる物語を紡ぎだしています。

小川町セレナーデ安田顕エンジェルで、感想ですが。

ヤスケンさんいい味出してます。。。。。おかまっぷり。
いいえ。エンジェルぷり。

きらびやかなのに、孤独な感じ素晴らしい。

母役を須藤理彩さんのスナックのママもいそう。

偽オカマバー始めました!って話としては、突拍子もないのだけど。その過程や物語は面白くってそして悲しくもあり。男・女・LGBT其々あるよねをうまく引き出していて好印象。監督の手腕を感じます。

この映画をオネエの方達はどう観るのかインタビューしてみたいです。

で、横浜育ちの僕としては一点気になったところが。。。
川崎の小川町は駅のすぐのエリアだし、東京まで1km位なので。。。。東京に出て行くは、どうも違和感でした。通えるよね~東京。
小川町セレナーデ5
実は・・
この映画は川崎の街おこしシネマプロジェクト作品なので。

大人の都合だね。まあ、しょうがない。

地方の小さな町イメージで観ていただけると幸いです。

映画はとっても面白かったです。終わり方 好き。お勧めです。

ストレートでもそうじゃなくても色々背負って生きていくもの。
家族って大切だね。
小川町セレナーデサブ_01小 久しぶりにスナック行ってみようかな~おカマバーも。

『小川町セレナーデ』

10月4日(土)より、角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか全国順次公開となります。

公式サイト http://ogawacho.com

日本初!!スマホの映画アプリが作られました!
詳細記事はこちら=>日本初!!映画アプリ始動 『小川町セレナーデ』

********************************************************************


『小川町セレナーデ』

小川町セレナーデポスター
監督・脚本:原桂之介
出演: 須藤理彩 藤本 泉 小林きな子 髙橋洋 阿部進之介 濱田ここね 大浦龍宇一 金山一彦

大杉 漣(特別出演) 安田 顕 

主題歌:『幸せの貼り紙はいつも背中に』(私立恵比寿中学)
協力:かわさき街おこしシネマプロジェクト 
2014年/日本/カラー/5.1ch(一部除く)/DCP(一部除く)/ DCP16:9/119分/G

配給:アイエス・フィールド 配給協力:KADOKAWA 
宣伝協力:アルゴ・ピクチャーズ 
© 2014「小川町セレナーデ」製作委員会