「8年越しの花嫁 奇跡の実話」タグアーカイブ

佐藤健、土屋太鳳 中原尚志・麻衣ご夫妻登壇!『8年越しの花嫁 奇跡の実話』岡山先行公開舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 結婚式の直前に突然の病で意識不明となった花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎の奇跡の実話を描いた『8年越しの花嫁 奇跡の実話』。既に行われた試写会でも「ずっと泣きっぱなしで、とにかく感動」「これが実話とはすごい!」と話題沸騰の本作。

この度、12月16日(土)の全国公開を前に、

いよいよ岡山での先行公開初日を迎えた12月9日(土)。
主演の佐藤健・土屋太鳳、瀬々敬久監督が舞台となった岡山を訪れ、MOVIX倉敷、TOHOシネマズ岡南、イオンシネマ岡山、岡山メルパの岡山4館にて舞台挨拶を行いました!

本作は、本日より上記4館にて先行公開。MOVIX倉敷での舞台挨拶には、伊原木隆太岡山県知事が応援に駆け付けたほか、本作のモデルとなった中原尚志さん・麻衣さんご夫妻も登場。中原夫妻からサプライズでキャストに向け感謝のメッセージが贈られ、土屋さんが涙を流す場面もあり、記念すべき封切を温かく飾る、感動の舞台挨拶となりました。
『8年越しの花嫁 奇跡の実話』岡山先行公開舞台挨拶

日時:12月9日(土)
場所:MOVIX倉敷
登壇:佐藤健、土屋太鳳、瀬々敬久監督
〈ゲスト〉伊原木隆太岡山県知事、中原尚志・麻衣ご夫妻


映画情報どっとこむ ralph 一足早く公開を迎えたMOVIX倉敷は、少しでも早く本作を見ようと駆けつけたお客様で超満員。上映後の涙の余韻に包まれた客席の前に佐藤健さん、土屋太鳳さん、瀬々敬久監督が登場すると、会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれました。

佐藤さん:去年のちょうどこのくらいの季節に岡山県で撮影をしていて、その間一度も東京に戻らず、岡山に暮らしているような感じだったのですが、その日常の空気感が画面にも映るといいなと思って演じていました。そういう意味ではこの場所・この空気に凄く助けられていて、本当に感謝しています。記念すべき日をこの場所で迎えることが出来てうれしく思います。

と挨拶。

土屋さん:岡山で生まれた物語を基に、岡山で育てていただいた映画がこういう風に皆様にお届けできたことを本当に嬉しく思います。『里帰り出産』ってこういう気持ちなのかなって思いながらこの場に立たせていただいております。

と早速観客の笑いを誘い、瀬々

瀬々監督:いつの間に?聞いてないぞ!

とツッコミ!そんな監督は

瀬々監督:この映画のスタートだと思います。この物語は、岡山で実際にあった物語で、ここ岡山で是非とも撮りたいと思って撮影させてもらいました。岡山の場所と岡山の人々の助けがあったからこそできた映画だと思います。

と岡山の皆様へ感謝の気持ちを述べました。


映画情報どっとこむ ralph ここで、岡山で撮影された本作の門出を祝うため、伊原木隆太岡山県知事が登場。佐藤さんに花束を贈呈し、

伊原木県知事:岡山に“お戻り”いただきましてありがとうございます!先行上映で観させていただいたのですが、大泣きしてしまいまして…皆さんどうでした?良かったと思う人!

と観客に呼びかけ、会場が大きな拍手に包まれました。まさに県をあげての祝福に、花束を受け取った

佐藤さん:ありがとうございます!。

と笑顔が溢れます。


いよいよ先行公開の初日を迎えた気持ちについて、

佐藤さん:嬉しいです。ただ初日って緊張しますね。僕も結構岡山でロケをすることが多くて、『岡山でロケをしたら、必ずヒットする』という風になればいいなと思います。

とコメント。今日の気持ちを「里帰り出産」と表現した土屋さんは・・・

土屋さん:お世話になった方々のことを思い出すと、緊張するような、ほっとするような、そんな気持ちです。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph さらに、本作のモデルとなった中原尚志さん・麻衣さんご夫妻が登場。
お2人から佐藤さん、土屋さん、瀬々監督に花束を贈呈しました。佐藤さんはクランクアップ以来の対面。

佐藤さん:撮影前も、僕が撮影している合間にも、土屋さんはお2人のご実家に遊びに行っていて、『次は誘ってね』って言ったのに誘ってくれず…。

と零すと、

麻衣さん:土屋さんから急に『明日オフになったので、行ってもいいですか?』と連絡が来たので、まさか本当に来るのかな、と思っていたら、来たね!

と明かされ、土屋さんの行動力に会場が笑いに包まれました。

そして、ここで、麻衣さんから佐藤さん、土屋さんに手紙のスペシャルサプライズが!

麻衣さん:2人だからこそ強く届く映画になっていると思います。辛いシーンもあったけど、信じて生きていれば必ずいい方向に向きます。この映画が1人でも多くの人に届いて、何かの力になる事を願っています。

思わぬサプライズに土屋さんは大粒の涙を零し、

土屋さん:凄く嬉しいです。麻衣さんが頑張ったこと、尚志さんが麻衣さんの命を愛し続けてくださったことで、今こういう瞬間を迎えられたんだな、と思います。ありがとうございます。

と感謝の気持ちを述べました。

佐藤さん:本当に素敵な映画になったと自分でも思っていて、改めて幸せを感じているんですが、全ての始まりは、お2人がこの映画では収まり切れないほど壮絶な日々から逃げずにいてくださっていたことだと思います。本当にありがとうございます。実在する方を演じた経験は今までなくて、正直怖かった部分もあります。一番このお2人にどう思われるかというのが怖くて、まさかこんな感謝の気持ちをいただけると思っていなくて、ほっとしています。

と心境を吐露しました。


しかし、サプライズはこれだけにとどまらず、尚志さんから佐藤さんへもメッセージが!尚志さんが、涙で言葉を詰まらせながらも、

尚志さん:スクリーンに映った健さんの笑顔は、暖かくて優しく人を幸せにする最高の笑顔でした。僕たちがたくさんの人に支えられて試練を乗り越え、8年越しに結婚式を挙げることができ、新しい命を授かることが出来たのも奇跡ですが、僕にとって、健さんに演じて頂いた事も奇跡です。

と述べると、

佐藤さん:尚志さんの笑顔が素敵すぎて、どうしようかと思っていました。その笑顔の素敵さ、芯の強さ、魅力の全てを自分の芝居で体現できないかと悩んで、トライしていたんですが、そう言っていただけて、本当に嬉しいです。

と感謝の気持ちを述べました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

瀬々監督:普通の人生の中にも突然試練が訪れるという事があると思います。そこを、愛と勇気と家族の助け合い、友情で乗り越えていく物語です。皆さんにも広く伝わる物語だと思います。この映画を広めることが、尚志さん・麻衣さんと繋がるという事だと思います」土屋さんが「ちょうど1年前に岡山に来て、麻衣さんの過去を生きるものとして、全力でこの作品を愛して、温めてきました。今日こうして皆様にお届けできたこと、本当に幸せに思います」佐藤さんが「役者としてこの映画に出られたこと、本当に幸せに思います。自信作と言えます。支えてくれた全ての方に感謝します。なかでも、全ての始まりとなった尚志さん、麻衣さん、“8年越しの花嫁”という奇跡を僕たちに見せてくれて、本当にありがとうございます。心からたくさんの方にこの映画を届けたいと思っております。応援の程よろしくお願いいたします。

と締めくくり、岡山の愛に溢れたエールに背中を押され、惜しまれながら会場を後にしました。


全国公開は12月16日(土)よりです!

物語・・・ 
結婚を約束したカップル、尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え幸せ絶頂だったある日、原因不明の病が突然麻衣を襲い、意識不明となってしまう。いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親(薬師丸ひろ子、杉本哲太)からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めず麻衣の側で回復を祈り続ける。長い年月の末、ようやく麻衣は目を覚ますが、さらなる試練が二人を待ち受けていた。そして二人が結婚を約束してから8年、ついに最高の奇跡が訪れる。
***********************************

佐藤 健 土屋太鳳
北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治
杉本哲太 薬師丸ひろ子
主題歌:back number「瞬き」(ユニバーサル シグマ)
監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」) 脚本:岡田惠和(「ひよっこ」) 音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
配給:松竹 ©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会


佐藤健がマフラープレゼントに・・・『8年越しの花嫁 奇跡の実話』イベント


映画情報どっとこむ ralph 結婚式の直前に突然の病で意識不明となった花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎の奇跡の実話を描いた「8年越しの花嫁 奇跡の実話」。

すでに始まった試写会でも「ずっと泣きっぱなしで、とにかく感動」「これが実話とはすごい!」「見終わった後、心があったかくなる」などすでに話題沸騰の本作。

この度ナイーブ×「8年越しの花嫁 奇跡の実話」プレミアムイベントが行われ、佐藤健さんが登壇しました。

ナイーブ×「8年越しの花嫁 奇跡の実話」プレミアムイベント
日時:12月7日(木)
場所:新宿ピカデリー
登壇:佐藤健 

映画情報どっとこむ ralph MCの呼びかけで大歓声の中、登場した佐藤健さん。

佐藤さん:みなさん作品いかがでしたでしょうか。一足先にこの作品を観たいと思って来ていただきありがたいです。今回はナイーブさんのイベントというところで心なしか皆様からもナイーブの香りがしますね(笑)

とあいさつ。そう今回のイベントは、主催がクラシエさんのナイーブ。


『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で主人公の尚志役について尋ねられると

佐藤さん:ドキュメンタリーの映像を観たときに衝撃を受けました。この実話を映画化をして、たくさんの人に届けたいと思いました。もちろん我々役者は芝居をしているのですが、芝居をしているように見えない、セリフを言うけどセリフを言っているように聞こえない、ことを心がけて、日常の延長線上にあるような芝居を意識しました。瀬々監督から具体的な指示はなかったけど、言葉なくとも理想としていることは共通してるはず。なので監督から「もう一回!」って言われた時は、究極に肩の力を抜くなどし、現場に挑みました。


と撮影を振り返った。

また、

佐藤さん:尚志さんご本人にお会い出来たのは大きかったです。実際に会ったイメージはドキュメンタリーの映像で見てた時のイメージとブレがなかったです。

と尚志さんに実際に会った際のエピソードを明かした。さらに共演した土屋太鳳さんとのエピソードを尋ねられると、

佐藤さん:(会場のみなさんには)映画を観ていただいたのでわかると思うのですが、本当に難しい芝居を要求されていたので、少しでも彼女が力を発揮できる環境づくりをしたいなと思っていました。彼女が腑に落ちた状態で芝居が始まらないといい作品にはならないので、彼女の引っかかりをとる、彼女が発言しやすい環境を作るようにはしました。

と撮影現場を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph また主題歌について尋ねられると

佐藤さん:歌詞に、幸せとは『大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事』、という部分があって、なぜback numberのみなさんはこの映画の本質をここまで理解できるんだろう、と思いました。8年間麻衣さんを待っていて尚志さんは幸せだったはずなんです。そこをよく分かってくれているな、と思いました。

と印象を持ったと話した。

また、佐藤がダンスを披露しているナイーブのCM撮影の練習を『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の撮影中に練習したというエピソードが明かされ、

佐藤さん:映画の撮影中は岡山で暮らしていたので、映画のオフの日や撮影の空き時間にスタジオを借りて、ナイーブのダンスを練習していました。高校時代にブレイクダンスをやっていたのですが、立って踊るというのは経験ないので、ただの素人が岡山で練習をしてあの形に持って行きました。ただの頑張り屋さんです(笑)。

と振り返り、会場の笑いを誘った。実際のCM撮影時には

佐藤さん:宝塚のみなさんと踊ったのですが、息を合わせるのが難しかったです。ハットを投げる時のタイミングも難しかった。

と、軽やかに踊っているCMの舞台裏を告白。

ここで、劇中で土屋太鳳さん演じる麻衣が佐藤健さん演じる尚志にマフラーをプレゼントしているシーンにちなみ、抽選で選ばれた観客1名にピンクのマフラーを佐藤さんからサプライズプレゼント。

佐藤さん:メリークリスマス!

声をかけ、マフラーを首に巻かれた当選者は感極まった様子で、会場からも悲鳴が起こった。

当選者:10年間応援してきて、心臓が飛び出そうです。すごい幸せです。死んでも大丈夫。」と話す当選者に「生きてくれ!」と返す佐藤さんに会場も暖かな雰囲気に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

佐藤さん:本日はありがとうございました。公開に向けて、宣伝ラストスパートの時期です。

日本中に愛を届けるため、たくさんの方に観ていただくために頑張って行きたいと思います。

本日観ていただいて良い映画だと思っていただいた方は是非お力をお貸しください。また今回のイベントを開催できましたのはクラシエさんのおかげです。

改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

と話し、イベントは幕を閉じた。

***********************************

佐藤 健 土屋太鳳 北村一輝 浜野謙太 中村ゆり 堀部圭亮 古舘寛治 杉本哲太 薬師丸ひろ子
主題歌:back number「瞬き」(ユニバーサル シグマ)

監督:瀬々敬久(「64-ロクヨン-前編/後編」)
脚本:岡田惠和(「ひよっこ」)
音楽:村松崇継(「抱きしめたい-真実の物語-」)
原作: 中原尚志・麻衣「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」(主婦の友社)
配給:松竹
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会