「齊藤工監督」タグアーカイブ

齊藤工監督作品『blank13』舞台挨拶 高橋一生、リリー・フランキーら豪華登壇!


映画情報どっとこむ ralph 13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まるある家族の物語『blank13』で、実力派、個性派俳優陣が集結し。家族の歴史が紐解かれていく前半パートと、何が飛び出すかわからないアドリブ全開の後半パートを見事に融合させているお薦めの作品。

本日全国公開を迎え舞台挨拶が行われ、主演の高橋一生さん、神野三鈴さん、佐藤二朗さん、村上淳さん、リリー・フランキーさん、永野さんと、齊藤工監督がイベントに登壇した。


日付:2月24日
登壇:高橋一生、神野三鈴、リリー・フランキー、佐藤二朗、村上淳、永野、齊藤工監督

映画情報どっとこむ ralph 高橋さん:ようこそいらっしゃいました。楽しんでいってください!

といつもの笑顔で挨拶し客席からは悲鳴とも取れる歓声があがった。

齊藤工監督:尊い皆さんと舞台に立つことができて幸せ。夢を見ている気分です。

その後挨拶を振られ

永野さん:まだ役が抜けなくて…芝居だと喋れるんですがこういうバラエティの場だと…

とクールに話し始めるが、すかさず

齊藤監督:これバラエティじゃないですから!

と齊藤監督につっこまれ、チームワークの良さを伺わせた。

村上さん:ずっと舞台を観てきた神野さんと共演できて本当に嬉しかった。工君、ありがとう!

と感謝の意を述べ、本編でオモシロさ爆発させている佐藤さんは

佐藤さんは:僕と村淳が出ているシーンは動物園のようなシーンなんですが、僕たちだけ浮いてないか不安だったんですよね。完成後もなかなか観る勇気が出ませんでした。まぁ浮いてるんですけどね。

と佐藤節を炸裂。

映画情報どっとこむ ralph さらに、バスケットボールを手に登場した村上さんについて

高橋さん:僕が小学生のときに校庭でタンクトップ姿でバスケをしている格好良い男性がいました。「バスケットボールは放物線を描くように山なりに投げるんだよ。」って教えてくれたので山なり兄さんって僕は呼んでたのですが、その山なり兄さんが村上淳さんだったんです。

と驚きのエピソードを披露!すると・・・・村上山なり兄さんは持っていたボールを観客にプレゼントし、会場を沸かせました。

続いて

神野さん:私は家族のシーンばかりでしたが、とにかくリリーさんと共演できてとっても幸せでした。

と満面の笑みで語るとリリーさんも

リリーさん:家族のシーンはとにかく濃度が濃かったですね。入るだけで楽しかった。でも一番思い出に残っているのはファーストカットを撮影した日に蛭子さんが1時間遅刻したことですね。

と裏話を暴露して会場は爆笑に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph そして今世界中が盛り上がっているオリンピックとかけて、個人の力が発揮されるフィギュアスケートとチームワークが求められるカーリング、どちらの方がblank13に近いかという質問に対して

永野さん:カーリングですね!誰か一人でも抜けたら成立しない。

と熱弁し、会場は大盛り上がり。

終始和やかな雰囲気で過ぎた舞台挨拶だったが、

佐藤さん:最初は低予算な自主映画の企画だと思っていました。それがこんなに大きな劇場でこれだけの人が集まって、感慨深い。都内1館から始まって、口コミで徐々に全国に広がっていくというのも映画として素晴らしいよね。

と熱く語ると、

齊藤監督:最初は劇場に空きがなくて、公開するまでに1年かかりました。今後は台湾でも上映を予定していて、先日の地震で被害を受けた方々にグッズの売り上げの一部を義援金としてお渡しするつもりです。

と話し、会場からは拍手が起こりました。

blank13』は全国順次公開中。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
借金を残して蒸発し、13年間音信不通だった父が余命3ヶ月で見つかった。しかし家族との溝は埋まらないまま、父はこの世を去ってしまう。果たして父は13年間なにをしていたのか?もう取り戻せないと思っていた13年間の空白が、葬儀の参列者が語る父のエピソードで、家族のだれも知らなかった父の真実とともに埋まっていく…。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて“最優秀作品賞”にあたる、ゆうばりファンタランド大賞の受賞を皮切りに、第20回上海国際映画祭[アジア新人賞部門]では、日本人俳優として初となる《最優秀監督賞》受賞、第15回ウラジオストク国際映画祭【長編コンペティション部門】にて、高橋一生、リリー・フランキー、斎藤工の3人が最優秀男優賞トリプル受賞(日本人初&映画祭史上初)、第3回シドニー・インディ映画祭では4部門【最優秀脚本賞(西条みつとし)/最優秀楽曲賞(金子ノブアキ)/最優秀編集賞(小川弾/木村悦子)/最優秀ドラマ賞】にノミネートされ《最優秀脚本賞》を受賞する快挙を成し遂げるなど、世界中の映画祭を席巻している作品だ。(14カ国/18映画祭に出品/6冠獲得※1/15現在)

***********************************


高橋一生
松岡茉優 斎藤 工 神野三鈴
大西利空 北藤 遼 織本順吉 川瀬陽太 神戸浩 伊藤沙莉 / 村上淳
岡田将孝(Chim↑Pom) くっきー(野性爆弾) 大水洋介(ラバーガール)昼メシくん 永野 ミラクルひかる 曇天三男坊
豪起 福士誠治 大竹浩一(SET) 細田香菜 小築舞衣 田中千空
蛭子能収 杉作J太郎 波岡一喜 森田哲矢(さらば青春の光) 榊 英雄 金子ノブアキ 村中玲子
佐藤二朗 / リリー・フランキー

監督:齊藤工
原作:はしもとこうじ
脚本:西条みつとし 音楽:金子ノブアキ 主題歌:笹川美和「家族の風景」cutting edge スチール:LESLIE KEE

製作:板東浩二 富永正人 藤本款 余田光隆 企画プロデューサー:佐久間大介 エグゼクティブ・プロデューサー:小林智

プロデューサー:小林有衣子 小川貴史 協力プロデューサー:宮野敏一 撮影:早坂伸(JSC)照明:田島 慎 録音:西岡正己 美術:中谷暢宏

助監督:桑原周平 ラインプロデューサー:大川裕紀 編集:小川 弾 木村悦子 音響効果・ミキサー:桐山裕行 衣裳:藤山晃子 ヘアメイク:伊藤里香 辻有見子
2017/日本/カラー/5.1ch/アメリカンビスタ/70分
制作プロダクション:イースト・ファクトリー 配給:クロックワークス
製作:「blank13」製作委員会
(ひかりTV / EAST GROUP / クロックワークス / TBSサービス ) & 福山雅治
(C)2017「blank13」製作委員会
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「したまちコメディ映画祭in台東」オープニングセレモニー


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台に繰り広げられるコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)に「第10回したまちコメディ映画祭in台東」が開催中!

本日華々しく9月15日(金)よりスタート。レッドカーペットに引き続き・・・

オープニングセレモニーが行われました。

日付:9/16(土)
場所:浅草公会堂前
「実行委員会」…服部征夫台東区長、河野純之佐台東区議会議長、いとうせいこう総合プロデューサー
「たいとう観光大使&したコメ応援人」…友吉鶴心、ロケット団、昭和こいる
「特殊メイクワークショップ」…西村喜廣監督、特殊メイクの子供たち(RCのみ)、破れタイツ
「小松政夫リスペクトライブ」…ポカスカジャン、ワタナベイビー(ホフディラン)
「男おばさん!!」…軽部真一アナ、笠井信輔アナ
「メインビジュアル」…いがらしみきお
「野良スコ」…内山勇士監督、コタロー(RCから)
「コメディ栄誉賞」…小松政夫
「ヨスの海の夜」…チョン・ヒョンソク監督、イ・ソンウォン
「We Love Television?」…萩本欽一、土屋敏男監督
「blank13」…齊藤 工、高橋一生、神野三鈴、金子ノブアキ
「小松政夫リスペクトライブ」…浅草ジンタ
「セントラル・インテリジェンス」…LiLiCo

映画情報どっとこむ ralph 東泉小学校オーケストラによるオープニングアクト!

服部台東区長挨拶
映画祭も第10回目になりましたね。東泉小学校の演奏聴いていただいたかと思いますが、今回も素晴らしいプロローグから映画祭が始まりました。ここ浅草は伝統文化、伝統芸能の発祥地ですね。今回の映画祭は小松政夫さんがコメディ栄誉賞を受賞し、リスペクトライブもございます。昨日のシネマ歌舞伎を含めまして、4日間どうぞお楽しみいただければと思います。

河野台東区議会議長挨拶
映画を愛する多くの皆さんが熱意を持って映画祭を作り上げていってくれたことに、本当に感謝しております。今まで以上に、いとうさんも張り切っておりますので、充実した映画祭になるだろうと、私も期待しております。「下町・映画・笑い」という映画祭の3つのキーワードを思い切ってコラボレーションさせて、大いに盛り上がりましょう!

映画情報どっとこむ ralph たいとう観光大使 友吉鶴心さん挨拶
浅草生まれの琵琶奏者です。うちは150年くらい浅草に住まわせていただいております。10回目おめでとうございます。浅草・上野でたくさん楽しんで帰ってください!


「男おばさん‼︎」軽部真一アナ 笠井信輔アナ
ベストを揃えて来ておりますが、お笑いコンビではございません(笑)4回目の出演になりました。したコメが終わらないと、夏が終わらないという感じです!

「セントラル・インテリジェンス」LiLiCo
毎年お世話になってるんですけど、今年は声援が若いし、女子が多い…(高橋一生さんを見つめて・・・)。
齋藤工監督が寸でのところで、LiLiCoを阻止!

映画情報どっとこむ ralph 「コメディ栄誉賞」小松政夫 
こんな晴れ晴れしいところに読んでいただき、ありがとうございます。浅草といえば、我々コメディアンの発祥の地と言いますか?ここで私も育ちました!よろしくお願いします。

「メインビジュアル」いがらしみきお
(小松政夫さんは、いがらしさんのファンとのこと)小松さんが私のファンだとかそんな話が出ると思っていませんでしたが、10回目のメインビジュアルのお仕事頂きまして、楽しく完成させることができました。

がっつり握手のお二人。

「We Love Television?」萩本欽一
今日はタキシード着てよかったと思います。高橋一生さんと握手してもらいました!本当によかった!

映画情報どっとこむ ralph 「blank13」齊藤工監督
ハリー・ポッターです!(黒い帽子にロングコートの服装の齊藤さんがボケ、会場に笑いが広がる)この後上映する作品は、ハリー・ポッターではありません。(笑)せいこうさんが10年築いてくださった、この映画祭のステージに自分の作品を素晴らしいキャストと共に戻って来れたことを嬉しく思います。“祭り”なんで、皆さんぜひ楽しんでいってください。


総合プロデューサー いとうせいこう
実際“祭り”ですので、みんなでで本当に楽しんでいただいて、お客さんもスタッフもキャストも全員一つになって楽しめるような映画祭にしていきたいです!素晴らしい場所をみんなで作っていただけたらと思います!!!

いとうせいこうさんによる開会宣言で映画祭が始まりました!!

そして、オープニング上映の齊藤工監督「blank13」舞台挨拶へ

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

齊藤工監督『blank13』本年度大賞「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」


映画情報どっとこむ ralph ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017も、いよいよ本日3月6日(月)に最終日を迎えました。

今年度のゆうばり映画祭の本年度総来場者数:12,516人。開催期間中は天候にも恵まれ、道内外から多数の方々に来場しました。

市民のおもてなしによる<さよならビュッフェ>では、映画祭に参加したゆうばり市民や一般客が選ぶ「ゆうばりファンタランド大賞」ほか各賞が発表となり、本年度の大賞には、人気俳優・斎藤工さんによる“齊藤工”名義での長編初監督作『blank13』が選ばれました。

<ゆうばりファンタランド大賞発表!>
【作品賞】『blank13』
アンケートの得票数が圧倒的に多くいずれも高い評価が集まったこと、またゆうばり映画祭とも関係の深い斎藤が、“齊藤工”初めて長編監督作品ということで、ゆうばりファンタランド大賞の受賞が決定した。

◆受賞コメント:齊藤工(監督)
写真は3月3日舞台挨拶
親愛なる夕張の皆様、今年も素晴らしい映画祭をありがとうございました

皆様の暖房よりも暖かい歓迎に対し再び作品と共に「ただいま」と言える様精進して来たつもりです。そんな皆様に支えられ作った『blank13』が夕張の皆様によって評価して頂けた事はこの上ない歓びです

しかし本当に評価されるべきは映画祭スタッフ、学生ボランティアスタッフ、夕張市民の皆さんの方です

あなた方がいなかったら多くの作品が路頭に迷います
多くの映画人が行き場を失います

皆様に心から感謝しています。

この度の受賞。
我が最高のスタッフ・キャスト陣と喜びを分かち合いたいと思います。

そしてまた、次の「ただいま」の活力になりました。

齊藤工

映画情報どっとこむ ralph また、会期中最も市民や一般客に支持された人物に贈られる「人物賞」は、『KOKORO』、『哭声/コクソン』、

【人物賞】國村隼
(『KOKORO』、『哭声/コクソン』、國村隼トーク企画「俳優・國村隼KOKOROの声」)

招待作品部門で上映された『KOKORO』、『哭声/コクソン』というタイプの違うに作品を見事に演じ分けたことが、多くの観客に感動を与えたとして人物賞が授与された。

◆受賞コメント:國村隼(俳優)
ゆうばり映画祭の存在は知っていて、行った人から「すごくいいよ」とずっと聞いていました。今回実際に来てみて、この寒い時期の北海道でこんなにあたたかい映画祭があるというのは、日本に誇るべきだと感じました。さらに人物賞もいただいて、ありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph そしてトーク企画に登場した國村隼さんに決定。ご本人が登場し、会場で受賞の喜びを語りました。なお受賞者には、夕張の石炭で作った特製トロフィーが授与されました。

【イベント賞】北海道ロケトークスペシャル第3弾 鈴井貴之監督作品『雪女』からみる旧産炭地の魅力
鈴井貴之と鈴木直道夕張市長が旧産炭地の魅力についてトークイベントを実施。旧産炭地である夕張ならではの企画が好評を博し、イベント賞に決定した。

【ゆうばり市民賞】『大怪獣チャランポラン祭り 鉄ドン』
ゆうばり映画祭常連の「鉄ドン」チームが、今まで以上にハイクオリティな作品を引き連れて映画祭に帰ってきたことから、熱い支持を受けての受賞となった。

◆受賞コメント:おかひでき
本作は監督だけで28人いて、今回のゆうばり映画祭では45人の関係者が関わりました。怪獣の着ぐるみもたくさん持ってきて、市民のみなさんと楽しく遊べました。今回市民賞をいただけで感無量です。ゆうばり映画祭とは切っても切り離せない縁がある「鉄ドン」、これからもかわいがってください。


***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

齊藤工が発案「cinéma bird in 福島2016」雨の中大盛況!


映画情報どっとこむ TJ 俳優・齊藤工が発案した「cinéma bird(移動映画館)」プロジェクトの第4弾となる「cinéma bird in 福島2016」が11月19日(土)に福島県南相馬市の県立原町高等学校で行われました。
cinemabird1119 福島県では昨年7月に双葉郡のふたば未来学園高等学校に続き2回目の開催となります。

日付:11月19日
場所:福島県南相馬市の県立原町高等学校
登壇:齊藤工、あばれる君、永野
   古賀モス(古賀小由実・MOGMOS)
MC:サンドウィッチマン
残念な冷たい雨の中でも、3部構成で約900人の観客が集って本イベント。

今回「cinéma bird」への参加は初めてながらもMCを務めたのは、宮城県出身で3・11以降継続して復興支援活動を精力的に続けているお笑いコンビのサンドウィッチマンのおふたり。
%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%9e%e3%83%b3
郡山市に3年半住んでいたという伊達みきおさんは

伊達さん:福祉用具の営業マン時代に、この地域には週一で来てました。大好きな場所なんです。

と思い出を語り、富澤たけしさんは息の合ったつっこみをしながら終始場を盛り上げました。

映画情報どっとこむ TJ そして発案者の齊藤工さんが登場。

齊藤さん:南相馬市での実施は悲願でした。子供のころから色んな人生を疑似体験できる映画館で衝撃を受けてきたが、どんどん映画館が減ってきています。誰かと感動を共有することを子供たちに体験してほしいです。

とcinéma birdプロジェクトを立ち上げた動機を語りました。

第一部ではネイチャー・ドキュメンタリー映画『シーズンズ 2万年の地球旅行』を、日本語吹き替え版を担当した女優の木村文乃さんからの応援メッセージとあわせて上映。
%e9%bd%8a%e8%97%a4%e5%b7%a5%ef%bc%91 齊藤さんは上映後客席に降りて「どの動物が好きだった?」と子供たちに話しかけ、「犬!」「リス!」という元気で可愛い子供たちの声に顔をほころばせました。


%e6%b0%b8%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93 また5月に実施した大分に続いての参加となるお笑い芸人の永野さんは・・・

永野さん:ラッセンより~普通に~福島が好っきー!

と叫び、会場を駆けまわり子供たちも大興奮。全力疾走のステージで場を熱くしました。

また出演者全員で会場近くの南相馬市牛越応急仮設住宅を訪問し、みなさんと交流。
%e7%89%9b%e8%b6%8a%e5%bf%9c%e6%80%a5%e4%bb%ae%e8%a8%ad%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%81%ab%e3%81%a6
映画情報どっとこむ TJ 第2部の上映作品は行定勲監督が、出身地・熊本の地域創生を目的とした「くまもと映画プロジェクト」で手がけ、オールキャスト熊本県出身の『うつくしいひと』。上映前には出演者の俳優・高良健吾さんが

高良さん:『震災前の美しい熊本を映像に残してくれてありがとう』と多くの人から言われ、『これが映画の記憶、映画の力なんだ』と思いました」と感慨深く述べ、現在製作中の続編も「cinéma birdで上映して欲しい。その時は行きたいです。

と嬉しいメッセージを送ってくれました。観客からの「(映画を観て)熊本に行きたくなりました」という感想に

齊藤さん:被災地では観光面の2次災害が一番辛いこと。

と残念がると、

サンド:本当に熊本も東北もとてもいいところ。是非行ってほしい

と力説しました。

%e3%81%82%e3%81%b0%e3%82%8c%e3%82%8b%e5%90%9b さらに福島県出身のお笑い芸人・あばれる君も駆け付け大爆笑のステージを披露。第3部では口コミで大ヒットした感動作『チョコレート・ドーナツ』を上映。また各回でシンガーソングライターの古賀小由実さんとMOGMOSさんのユニットである古賀モスが今回のために書き下ろした新曲「この街のマーチ」などを心が温かくなる歌声で披露し、曲が収録されたCDと「cinémabird」のステッカーが来場者に配布されました。
%e5%8f%a4%e8%b3%80%e5%b0%8f%e7%94%b1%e5%ae%9f%ef%bc%86mogmos
映画情報どっとこむ TJ その他鉄拳さんによるパラパラ漫画「家族のはなし」も各回で上映され、サンドウィッチマンの伊達さん

伊達さん:今日3回見たけど3回泣きました。

とコメント。

そして会場外では来場者に「博多もつ鍋 いっぱち」のもつちゃんぽんが振る舞われ寒さを和らげてくれました。
%e3%82%82%e3%81%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%bd%e3%82%93%e9%85%8d%e5%b8%83
回を追うごとに、多くの賛同者に支えられてグレードアップしている「cinéma bird」。次はどの土地に飛び立ち、感動と笑いを届けてくれるのか、早くも次回の開催が待ち遠しい暖かいイベントとなりました。

<「cinéma bird(移動映画館)」とは?>
小さな島々を含め日本中から映画館が減っています。震災などによって映画館がなくなってしまった地域もあります。劇場体験をしないまま大人になっていく子供達。劇場で映画を見ることがなくなってしまった大人達。
cinéma birdはそんな地域の人たちに同じ空間で感動を共有する大切さを伝えるために映画+ライブというフェスティバルのような体験を鳥のように自由に届けるプロジェクトです。

公式HP:cinemabird.com
公式Twitter:@cinema_bird

主催:cinéma bird実行委員会
後援:南相馬市協力:福島県、TSUTAYA、博多もつ鍋いっぱち
企画/制作:株式会社 W media

***********************************

    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

コンペしたコメ大賞決定&齊藤工監督舞台挨拶



明日の16日まで開催中の「第7回したまちコメディ映画祭in台東」。
第7回したコメメインビジュアル
6回目を迎える『下町コメディ大賞』

20分以内のオリジナル・コメディ作品の中から、12本の入選作品が上映されました。今年も魅力的な審査員を迎え、今年は『女子!読みきり!コミックワールド!』がグランプリに決定しました。

受賞した監督の破れタイツの二人はグランプリ受賞の喜びのあまり、登壇中に言葉にならないくらい号泣してしまう場面も。


特別招待作品として、今、最も人気急上昇中の齊藤工が監督を務めた「バランサー」が上映。上映後の舞台挨拶では、齊藤工監督と出演者達のトークがひろげられました。普段、俳優・
斎藤工では見られない監督としての顔を見ることができました。

実施日時:9月14日(日) 10:30~15:30

場所:浅草公会堂
審査員:吉田大八、洞口依子、辛酸なめ子、いとうせいこう
登壇:齊藤工監督、あばれる君、曇天三男坊、バッドナイス常田

MC:大場しょう太、奥浜レイラ

0914 「したまちコメディ大賞2014」
コンペ入選で上映12作品は以下の通り!※50音順

『お前、本当に梅吉か?』/ 『帰ろうYO!』/ 『彼女の告白ランキング』/ 『黄色い気球とばんの先生』/『洗濯機は僕らを回す』/ 『なめくじ劇場ザ・ムービーtake3』/ 『日本の日常』/『はちきれそうだ』/ 『HATTORI!!!!』/ 『夢まぼろし ノブヒデ』

U-25特別枠作品
『ECIRAVA』/ 『女子!読み切り!コミックワールド!』

さらに招待作品は斉藤工さん企画・制作・監督作『バランサー』!工さん本当はコンペに出たかったんですって!でも出来上がったのが金曜日だったようでこのプレミア上映もギリギリだったとご本人が言っていました!

審査委員さんのコメント!

吉田大八:(入選した作品に対し)良い意味で裏切られました。コメディ映画というと、面白い映画ですということなんで、コメディ映画を初めてのお客さんに見せるっていうのはすごく勇気の必要なことだと思うので監督のみなさんを尊敬します。お世辞抜きで、どれもレベルが高く、審査する上ですごく迷いました。


洞口依子:楽しかったです。どうもありがとうございました。勝者の方たち(受賞者)は、これからも勝ち続けなければいけないようなことも待っていると思います。「負けるが勝ち」という言葉もありますので・・。これからも楽しい映画作りを頑張ってください。 女優目線から言うと、大賞に俳優部門があっても面白いのではないかと思いました。


辛酸なめ子:今日はいろんな作品を長時間観させていただきましたが、長く感じない程どれも面白かったです。いろんな種類の笑いがあって、免疫が活性化しました。去年よりレベルが上がっている気がします。

いとうせいこう: 審査の時、審査員それぞれ2作品を選んだのですが、全員の2作の中に(グランプリを受賞した監督)破れタイツの作品が入っていました。特に女性達から非常に高い評価を受けていました。みなさん本当に素晴らしい作品ばかりで、今回選ばれないことも全く悪いことではありません。素晴らしいことだと思っています。今日来てくれたみんな(各作品の監督)もそれぞれの作品について話し合って、お互いに面白いコメディ映画もっともっと造り出せるように私含めみんなで頑張っていきたいと思います。今日は本当にありがとうございました。

グランプリ受賞

『女子!読み切り!コミックワールド!』

破れタイツ 破れタイツ:こんな展開になるんですかね!!

2011年のしたまちコメディ映画祭でグランプリをとって、もう一度グランプリをとりたいという気持ちでずっとやってきました。

本当に嬉しい気持ちでいっぱいです!


招待作品

『バランサー』

齊藤工監督:(作品をつくるにあたり)企画として無理やりなところもありましたが、みなさんに無事に届ける為に一生懸命頑張りました。おとといの朝、完成したんですよ! この作品は、波紋を呼ぶと思うんですが、それでいいと思っています。(笑)観ていただいた方に何か引っかかってもらえればといいなと思います。

0914 『バランサー』オフィシャル
(c)2014 「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会

********************************************************************

 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

第7回したまちコメディ映画祭in台東「オープニングセレモニー」


今年も始まりました!「第7回したまちコメディ映画祭in台東」

9月12日(金)~16日(火)の期間で開催されています。

13日。浅草公会堂前のオレンジ通りにて恒例人力車&レッドカーペットが行われました。(そちらの模様はこちら

その後、13:00から、その後公会堂内にて、オープニングセレモニーが行われました。

実施日時:9月13日(土)13:00
場所:浅草公会堂
登壇:吉住弘、和泉浩司、内海桂子、友吉鶴心、浅草ジンタ、ポカスカジャン、笠井信輔(フジテレビアナウンサー)、内山勇士監督、齊藤工監督、ニッチェ、関根勤監督、温水洋一、村松利史、酒井敏也、アマンダ、チャーリー・シストヴァリス

したコメオープニングセレモニー
オープニングアクト 
幇間(ほうかん) 伝統のお座敷芸!感動しました!かっぽれかっぽれ!お座敷で飲んでみたいって思わせてくれました。凄い芸です!

1かっぽれ
MCは、いとうせいこうさんと大場しょう太さんで進行です!
いとうせいこう&大場しょう太
吉住弘 台東区長:今日は天気が良くて、大勢の方にお越しいただき、感謝しております。16日まで、浅草並びに上野にも是非お越しください。

和泉浩司 台東区議会議長:ようこそお越しくださいました!映画って本当に良いものですから、ゆっくり見て行って頂きたいと思います。
2実行委員会会長&台頭議会議長
いとうせいこう:いろんな人たちに助けていただき、本日も沢山の方達にお越しいただき本当にありがたいと思っています。
いとうせいこう
台東区観光大使 友吉鶴心さん:毎年、いとうせいこうさんプロデュースで、楽しい映画祭にして頂いてありがとうございます。
4台東区観光大使友吉鶴心
浅草ジンタ:今年、10周年なんですけど、その10周年の内、7回出させて頂いてるんです。今年も盛り上げていきます!
4浅草ジンタ
ポカスカジャン:今回のリスペクトライブは西田敏行さん。今日、一足早く西田敏行さんがいらっしゃっているらしくて…!(会場ざわめき)あ、西田さんのモノマネをさせて頂きます(笑) うふふふ・・・(西田さん風)
6ポカスカジャン
笠井信輔さん:CSフジで「男おばさんL」という番組を軽部アナウンサーと14年間やっているんですが、今回初めてこの「したコメ」に呼んで頂けてとても嬉しいです! 軽部アナは公開録音には戻ってきます。無料のイベントです。ヨロシクお願いします。
7男おばさんL笠井信輔
内山勇士監督:「野良スコ」の監督をしてます内山です。僕自身、浅草はなじみの深い街なので、お呼び頂けて嬉しく思っています。
8野良スコ 内山勇士監督
齊藤工さん:(映画に出演して頂いた)ニッチェお二人とは阿佐ヶ谷で呑んでいまして、阿佐ヶ谷の血の通った温かい雰囲気と浅草の雰囲気は非常に近いなと思います。ちなみ、映画は、昨日完成しました(笑)。明日の上映なので皆さん、ぜひお越しください。
バランサー斎藤工 バランサー斎藤工&ニッちぇ
関根勤さん:開催おめでとうございます。ひょんなことから監督をすることになりまして、映画のジャンルはSFアクションコメディーです!この3名。温水洋一さん、村松利史さん、酒井敏也さんをどうしても主役にしたくて、プロデューサーにお願いして、スケジュール等おさえました。3人の活躍が華々しく、物悲しくて、笑えまる(笑)作品になりました。
騒音関根監督 騒音
チャップリン100周年!と言うことで特別コメディ栄誉賞を授与。受け取りにお孫さんが登場!
チャップリンの血が浅草に降り立ちます!

吉住弘 台東区長から表彰状を授与


チャーリー・シストヴァリス:特別コメディ栄誉賞を授与し本当にありがとうございます!私の祖父は今年で125歳になりますので、ここに来られないのが本当に残念です。ごめんなさい。私の祖父が愛したこの日本という国からこのような賞を頂けて、本当にうれしいです。私の祖父は、極貧の幼少時代を過ごしました。なので人から認められることは本当に大事なこと彼は言っていました。日本でこうやってまた認めて頂けて祖父はきっと喜んでいることだと思います。
チャプリン表彰
いとうせいこう:ラッキーセブンの第7回を迎えられて、とても嬉しいです。今年も最高の笑いをお届けいたしますので、帰りには一杯やっていっていただけると町の方も潤うので、どうぞよろしくお願いします。


「したコメ」は、東京随一の下町(したまち)の魅力をコメディ映画を通じて存分に味わっていただく、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭。

9月16日(火)、まで開催中です!

(c)2014 「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会
********************************************************************

 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ