「黒沢監督」タグアーカイブ

ウェス・アンダーソン監督が日本舞台でアニメ映画『Isle of Dogs』(原題)


映画情報どっとこむ ralph 全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する、20世紀フォックス映画配給にて、2018年の全世界公開予定の映画『Isle of Dogs』(原題)。


本作は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描きます。

声優陣として、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結したことでも話題となっている本作は、ただいま絶賛製作中です。

映画情報どっとこむ ralph 先日、海外ニュースサイトのIndieWireでのインタビューにおいて、最新作『Isle of Dogs』(原題)のアイデアの源泉について語ったウェス・アンダーソン監督。

アンダーソン監督がまず挙げているのが、70年代にTVアニメ(ストップモーション・アニメーション)として一世を風靡した、 “ランキン・バス クリスマス スペシャル”です。アンダーソン監督は、この作品を子供の頃に夢中で見ていたといい

アンダーソン監督:いつか自分でもあんな作品(人形アニメーション)を作って見たかったんだよ。

と語っています。

映画情報どっとこむ ralph そして、もう一つアイデアの源泉として挙げているのが、黒澤明監督です。本作を制作にするにあたって、黒澤明監督への熱烈なる敬愛を余すことなく表明しているアンダーソン監督ですが、

アンダーソン監督:新作、「Isle of Dogs」は黒澤作品からの影響の方が(ストップモーション・アニメーションより)大きいかもしれないね。

と断言。そこでこの度、日本のファンに向けて特別に、ウェス・アンダーソン監督本人にお気に入りの黒澤作品を聞きました!

アンダーソン監督:もちろんお答えするよ!挙げるとすれば、『天国と地獄』『悪い奴ほどよく眠る』『酔いどれ天使』かな。

ひとつめに挙げた“ランキン・バス クリスマス スペシャル”を制作したランキン・バス・プロダクションは、日米合作作品も多く残しており、のちに関連会社が宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』の制作母体となったことでも知られていますが、黒澤監督同様、宮崎駿監督作品にも深い敬意を持っていると明かしているアンダーソン監督の日本文化への愛が垣間見られます。

単に日本を舞台としているだけでなく、日本のエンターテイメントの源流にまで視野に入れた最新作、『Isle of Dogs』でどのような世界が展開されるのか、今から期待が膨らみます。

***********************************

    


黒沢清監督的ホラー・ラブロマンス『ダゲレオタイプの女』


映画情報どっとこむ TJ 『岸辺の旅』で2015年カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞、先日行われたベルリン国際映画祭では『クリーピー 偽りの隣人』
が正式出品されている黒沢清監督の海外初進出作品となる

ダゲレオタイプの女

本作は、黒沢清監督が、オールフランスロケ、外国人キャスト、全編フランス語で挑んだ約10年ぶりとなるオリジナル脚本作品です。

ダゲレオタイプの女
10月15日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開となります。

映画情報どっとこむ TJ ダゲレオタイプの女s5“ダゲレオタイプ”って何?

世界最古の写真撮影方法。長時間露光を必要とするため、人物を撮影する場合は長時間に渡り身体を拘束されます。

ダゲレオタイプの女s2 ダゲレオタイプの写真家・ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘・マリーに恋心を募らせる。世界最古の撮影を通して交わされる愛の物語、愛から始まる取り返しのつかない悲劇。これまでにないクラシカルで、端正なホラー・ラブロマンスが誕生しました。

映画情報どっとこむ TJ 『予言者』や『ある過去の行方』に出演しているタハール・ラヒムや『女っ気なし』に出演していたコンスタンス・ルソー、ダルデンヌ兄弟の常連であるオリヴィエ・グルメが出演、そして名優マチュー・アマルリックが脇を固める。

物語・・・

ダゲレオタイプの女_ティザーダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった。

芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリーとともに生きたいというジャンの願い、そして、自ら命を絶っていたステファンの妻の幻影…

愛が命を削り、愛が幻影を見せ、愛が悲劇を呼ぶ。世界最古の撮影を通して交わされる愛の物語であり、愛から始まる取り返しのつかない悲劇。

それでは、特報をお楽しみください。



ダゲレオタイプの女』10月15日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開となります。

公式サイト:
www.bitters.co.jp/dagereo

Facebook:
www.facebook.com/dagereo/

Twitter :
@dagereo_movie

***********************************

監督・脚本:黒沢清
撮影:アレクシ・カヴィルシーヌ
音楽:グレゴワール・エッツェル
出演:タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー、オリヴィエ・グルメ、マチュー・アマルリック
2016/フランス=ベルギー=日本/131分
原題:La Femme de la Plaque Argentique

配給:ビターズ・エンド
提供:LFDLPA Japan Film Partners(ビターズ・エンド、バップ、WOWOW)