「黒木華」タグアーカイブ

星野源まさかの結婚宣言!?『未来のミライ』大阪親子試写会舞台挨拶で!


映画情報どっとこむ ralph 細田守監督の全世界待望の最新作『未来のミライ』は、2018年7月20日(金)に公開となりました。

本作で細田守監督が挑むのは、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語です。

主人公である甘えん坊の4歳の男の子・くんちゃんを、第7回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリ・上白石萌歌さん、未来からやってくる妹・ミライちゃんを今作で細田作品3作目となる黒木華さんが務めます。

また、くんちゃんとミライちゃんの両親は、おとうさん役を俳優・音楽家・文筆家と様々なジャンルで活躍する星野源さんが務めます!

そして、このたび、映画の公開を記念して本日7月12日(木)に主演の上白石萌歌さん、黒木華さん、星野源さん、細田守監督が大阪に赴き、親子試写会の舞台挨拶に登壇しました。

日付:7月12日(木)
登壇:上白石萌歌、黒木華、星野源、細田守監督

映画情報どっとこむ ralph 本イベントには、映画のテーマでもある家族にちなんで、関西の親子800名が参加し、キャストや監督が登壇すると温かい拍手で包まれました。

そして、自分の子供のころの夏休みのエピソード

上白石さん:夏休みに朝6時に起きてラジオ体操に行くのが日課でした。今でも行きたい。

星野さん:公園で花火をしていたら半ズボンの隙間から花火の灰が中に入って股間を火傷したことがある(笑)皆さんは真似をしないように!
などを披露すると会場からは驚きのリアクションもあがりました。

映画情報どっとこむ ralph 子供たちからの質問コーナーでは、細田監督の熱烈なファンという女の子からファンレターが読み上げられて、直接細田監督に手渡しされ、温かい雰囲気に会場が包まれました。

また、『隣のクラスに気になる子がいるのだけど、どうしたらうまく行きますか?』という可愛らしい恋の悩みに対して、

上白石さん:私も小学生のころ隣のクラスに好きな子がいて手紙を渡した事があるので、是非手紙を書いてみては?

と自身の体験に基づくアドバイス。

そして、『星野さんはどうして結婚しないのですか?』という直球な質問が。
それに対して、

星野さん:したいです!相手を探してください!

さらに他の女の子から『好きです!結婚してください!』というまさかのプロポーズが飛び出しました!

星野さん:まさか結婚相手が現れるとは!よろしくお願いします!
と相思相愛で、二人だけでの写真撮影のポーズをするなど満更でもない様子でした。そして、フォトセッションでは、「未来のミライ」にふさわしく子供たちとキャスト・監督が一緒に笑顔で溢れる和やかな撮影となりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

細田監督:とても楽しい時間をありがとうございました。この会場にいる子供たちの笑顔を見ていると3年間かけてアニメーションを作ってきて良かった。そんなに長くない映画なので最後まで楽しめると思います。是非楽しんでください!

とご挨拶。大盛況のうちに舞台挨拶は終了しました。


未来のミライ

は7月20日(金)全国公開です!

映画公式サイト
http://mirai-no-mirai.jp/

映画『未来のミライ』公式Twitter
@mirai_movie

細田守監督作品ポスター復刻版ポストカードセット付き前売り券 発売中
http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/mirai-no-mirai.html


とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。

そんな時、くんちゃんはその庭で自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。

それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

待ち受ける見たこともない世界。
むかし王子だったと名乗る謎の男。
幼い頃の母との不思議な体験。
そして父の面影を残す青年との出会い。

そこで初めて知る様々な「家族の愛」の形。
果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは

小さな庭から時をこえる旅へ

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

***********************************

監督・脚本・原作:細田守

『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)

キャスト:上白石萌歌 黒木華
星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司 / 福山雅治

オープニングテーマ「ミライのテーマ」・エンディングテーマ「うたのきしゃ」:山下達郎

音楽:髙木正勝
企画・制作:スタジオ地図
公開:2018年7月20日(金)
©2018スタジオ地図


『ビブリア古書堂の事件手帖』特報映像も解禁! 第2弾キャストに東出昌大×夏帆


映画情報どっとこむ ralph 『ビブリア古書堂の事件手帖』実写映画化が11月1日(木)に公開となります。

極度の人見知りだが、驚くべき本の知識と優れた洞察力で古書にまつわる謎を解き明かす、若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子を演じるのは、実力派女優・黒木華。
そしてひょんなことからビブリア古書堂で働き始め、栞子に密かに思いを寄せる、不器用ながらも誠実で不器用な青年・五浦大輔(ごうら だいすけ)を、大ヒット作への出演が続く野村周平が演じました。監督は、昨年『幼な子われらに生まれ』で第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞ほか数々の映画賞を受賞した三島有紀子がメガホンを取っています。

映画情報どっとこむ ralph そして!

この度、本作を彩るキャストが新たに発表となりました。
野村さん演じる大輔の亡くなった祖母・五浦絹子(ごうら きぬこ)の若き日を演じるのは『海街diary』で日本アカデミー賞・助演女優賞を受賞、清楚な役柄からアクション、更には艶やかな役まで幅広いキャラクターを演じ分け各界から高い評価を受ける個性派女優・夏帆。

そして、その絹子に惹かれる小説家志望の田中嘉雄(たなか よしお)には映画やドラマなど出演作が絶えない、今や日本を牽引する俳優となった東出昌大が演じます。

また、キャストの発表と併せて特報映像も解禁となりました。

大輔の亡き祖母の遺品の中から出てきた夏目漱石の「それから」と、栞子が大切に保管している太宰治の「晩年」の2冊の本を中心に、黒木さんと野村さんが演じるビブリア古書堂を舞台とした “大切な秘密”を巡る≪現在のパート≫、そして東出さんと夏帆さんの演じる“知られてはいけない恋”を描く≪過去のパート≫が交差し、ある事件を解決へと導くミステリアスな雰囲気漂う映像となっています。


数々の実在の名作古書と、そこに刻まれた謎と秘密を紐解く古書ミステリー映画が満を持して誕生します!

映画情報どっとこむ ralph 『ビブリア古書堂の事件手帖』
すべては一冊の本をめぐる祖母の遺言から始まった―。
鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることを―。
***********************************

原作:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)
出演:黒木華 野村周平 夏帆 東出昌大
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈

配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA
© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会


黒木華・樹木希林・多部未華子「茶道あるある」満載 『日日是好日』 初日決定&特報・第一弾ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph エッセイスト・森下典子が、約25年に渡って通い続けた茶道教室の日々を綴った大人気エッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)を日本映画界屈指の実力派キャスト・スタッフで映画化した今作。

母親からの勧めがきっかけで二十歳から茶道を始める主人公・典子役には、『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀女優賞)を最年少で受賞した黒木華。

茶道教室の武田先生役には日本が誇るベテラン女優であり、『モリのいる場所』『万引き家族』の公開も控える樹木希林。

典子のいとこで共に茶道を始める美智子役には卓越した演技力で幅広いフィールドで活躍し続ける多部未華子。

監督・脚本を手がけたのは『光』『セトウツミ』『さよなら渓谷』『まほろ駅前』シリーズなどで、いまや国内外から熱い視線を集めてやまない大森立嗣。

この度、公開が2018年10月13日(土)に決定、特報と第一弾ポスターが完成しました。


映画情報どっとこむ ralph 特報映像は茶道の稽古シーンからスタート。



顔をしかめながら「これって、何やってるんですか?」と言う典子のセリフの通り、お茶の一つ一つが謎だらけ。四苦八苦する典子たちを見て「お茶ってそういうものなのよ。」と微笑む武田先生。「ボチャン!」と大きな音をたてて怒られたり、畳の上を決められた歩数で歩く場面では大股で歩きすぎて歩数があわず慌てたり。コメディエンヌとしてのセンスも光る、黒木、多部のふたりの細やかな演技は初心者の「茶道あるある」をユーモラスに表現している。お茶の先生役である樹木も、時間をかけてお茶を習得していく黒木も茶道は未経験。多部も幼少期に多少の経験があるのみ。撮影まえに集中して茶道の始動を受けた。短い時間ではあったが指導者もおどろくほどの集中力で茶道を習得したという。この先、典子達は不思議な決まり事でがんじがらめになった小さな茶室で何を感じ、どう成長していくのだろうか。心から信頼できる師匠との出会い。お茶のようにちょっぴりほろ苦い青春の輝き。そして、掛け軸に書かれた『日日是好日』の本当の意味とはー。併せて解禁された第一弾ポスターは、茶人にとって最高のご馳走ともいわれる“掛け軸”をイメージしたデザインとなっている。茶碗を前に正座する典子・美智子・武田先生の姿はイラストで描かれ、優しくも凛とした表情を繊細なタッチで表現している。

五感で“今”を味合う歓びを描く、一期一会の感動作『日日是好日』。千利休などを描く「時代劇」としての茶道はしばしば映画やドラマになっているが、「Let it Tea. 史上初。お茶の映画できました。」という惹句どおり、茶道教室を舞台にした現代映画は史上初。本作は昨年の11月〜12月に横浜近郊を中心に撮影され、今年の5月に完成した。

映画情報どっとこむ ralph 『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)

10月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー!

公式HP:
http://www.nichinichimovie.jp/

とにかく私はお茶を習うことになった。二十歳の春だった。
たちまち過ぎていく大学生活、二十歳の典子(黒木華)は自分が「本当にやりたいこと」を見つけられずにいた。ある日、タダモノではないと噂の“武田のおばさん”(樹木希林)の正体が「お茶」の先生だったと聞かされる。そこで「お茶」を習ってはどうかと勧める母に気のない返事をしていた典子だが、その話を聞いてすっかり乗り気になったいとこの美智子(多部未華子)に誘われるまま、なんとなく茶道教室へ通い始めることに。そこで二人を待ち受けていたのは、今まで見たことも聞いたこともない、おかしな「決まりごと」だらけの世界だった。

***********************************

主演:黒木華 共演:樹木希林 多部未華子

監督・脚本:大森立嗣

原作:森下典子著『日日是好日 –「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』
配給: 東京テアトル/ヨアケ
(C)2018「日日是好日」製作委員会


この夏タイムリープ!『未来のミライ展~時を越える細田守の世界』展示内容が解禁!


映画情報どっとこむ ralph この夏、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、そして『バケモノの子』に続くスタジオ地図が贈る細田守監督最新作『未来のミライ』が7月20日(金)に公開となります。
そんな本作の公開に合わせ、2018年7月25日(水)より、“未来のミライ展~時を越える細田守の世界 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』”が東京ドームシティGallery AaMoにて開催!細田守監督が描く『未来のミライ』の世界を、体感型展示・テクノロジー・原画・背景画などを通じて立体的なイベントで再現することがコンセプトとなっており、過去作の展示も盛りだくさんな見ごたえのある展示会となっています!

【開催概要】
会期:2018年7月25日(水)~ 9月17日(月・祝)
会場:東京ドームシティGallery AaMo(文京区後楽1-3-61)
時間:10:00 – 18:00(17:30最終入場)※予定

公式ホームページ:
http://mirai-ten.jp/
公式twitter:
@mirai_ten

主催:日本テレビ放送網、ムービック・プロモートサービス、東京ドーム、KADOKAWA
特別協力:スタジオ地図
協力:面白法人カヤック、NTTドコモ

映画情報どっとこむ ralph 本日、5月15日(火)10時より本展の前売券が販売開始!さらに『時をかける少女』から『未来のミライ』までの細田守監督5作品の魅力が詰まった、ファン垂涎の“数量限定のプレミアムグッズ付チケット”が2種類、発売となります!

第1弾は〝限定マスキングテープ付チケット”となっており、真琴、健二、雪と雨、熊徹、そしてくんちゃんとミライちゃんといった個性豊かなキャラクターたちが、作品を飛び越え大集合したプレミアムグッズとなっております。

さらに第2弾は〝限定ネックストラップ付チケット”が6月より発売開始予定!カードケース付のネックストラップに各5作品の印象的なシーンを、クロスステッチデザイナー・大図まこと氏がピクセルデザインで表現した、超レアな逸品!どちらも限定発売となっており、会場では手に入らない超貴重なグッズとなります!

★チケット情報★
第1弾 限定マスキングテープ付チケット・・・日テレゼロチケ、ローソンチケットにて発売中!
『時をかける少女』から『未来のミライ』までの細田守監督5作品から、真琴、健二、雪と雨、熊徹、そしてくんちゃんとミライちゃんといった個性豊かなキャラクターたちが作品を飛び越え大集合!
価格: 2,000円(税込)

第2弾 限定ネックストラップ付チケット・・・6月発売開始予定!

『時をかける少女』から『未来のミライ』までの細田守監督作品の印象的なシーンを、クロスステッチデザイナー・大図まこと氏がピクセルデザインで表現!全5作品が集結した、カードケース付のネックストラップは超レアな逸品!

通常前売券・・・各プレイガイドにて発売中!
観覧料(税込) 前売券
大人[大学生以上] :¥1,500
小人[高校生以下] :¥700
親子ペア券[大人券+小人券] :¥2,000

※3歳以下無料
※「障がい者手帳のご提示」により、「介助者1名様の入場料」が免除されます。ただし、ご本人様は入場券が必要となります。

映画情報どっとこむ ralph そして本展の内容も一部公開!『未来のミライ』の物語において、家族が住む“家”と“庭”は重要な舞台のひとつとなっており、本展では、その家の不思議な“庭”を会場内に再現。魅力あふれる“庭”が作り上げられる作画の過程を、プロジェクションマッピングによって、様々に変化する“庭”としてダイナミックに表現します!
また、『未来のミライ』では、ジャンルを問わない多種多様な才能が参加していることも特徴です。その中のひとつ、くんちゃんとミライちゃんが住む“家”の設計は、今最も注目を集める建築設計事務所
SUPPOSE DESIGN OFFICE、代表の建築家である谷尻誠氏を中心としたチームがプロダクションデザインを担当しております。本展では、谷尻氏が細田監督とともに作りあげたこの「家」の設計を、貴重な資料とともに立体的に展示し、体感いただきます。

映画情報どっとこむ ralph この夏、くんちゃんとミライちゃんが見る“未来”を体験して頂き、細田守監督が描く『未来のミライ』の不思議な世界に“タイムリープ”

映画『未来のミライ

2018年7月20日(金)全国ロードショー 

物語・・・
小さな庭から時をこえる旅へ―それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。そんな時、くんちゃんが出会ったのは、“未来からやってきた妹”、ミライちゃんでした。このちょっと変わったきょうだいが織りなす物語。

それは、誰も観たことのない、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。たくさんの人との出会い、待ち受ける困難や成長、そして家族の愛。時間も空間もこえて、二人がたどり着いたその場所とは?ミライちゃんがやってきたその理由とは。

***********************************

監督・脚本・原作/細田守

キャスト/上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子、吉原光夫、宮崎美子、役所広司 / 福山雅治 音楽/高木正勝 オープニングテーマ・主題歌/山下達郎
作画監督/青山浩行、秦綾子 美術監督/大森崇、髙松洋平 プロデューサー/齋藤優一郎 企画・制作/スタジオ地図

©2006 TK/FP ©2009 SW F.P. ©2012 W.C.F.P 
©2015 B.B.F.P ©2018 CHIZU


岡田准一主演 x 木村大作監督 美しい時代劇『散り椿』特報映像・ポスタービジュアル初解禁


映画情報どっとこむ ralph 木村大作さんが、三度目の監督作として挑んだ本作『散り椿』。

黒澤明監督作品『隠し砦の三悪人』の撮影助手からキャメラマンのキャリアをスタートさせ、『悪い奴ほどよく眠る』『用心棒』『椿三十郎』『どですかでん』と黒澤明監督に従事してきた 木村大作さんが映画人生60周年を迎える作品として、盟友の小泉堯史さん脚本で初タッグ。

木村大作さんと言えば、過去日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回受賞、キャメラマンとしてだけでなく映画監督としても『劔岳点の記』(2009)で第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している日本映画界の巨匠。監督として初の時代劇に臨みました。

そして、この度本編映像とポスタービジュアルが初解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph そんな彼が本作に選んだ主演は幅広い世代から絶大な支持を受ける国民的俳優・岡田准一さん。

本作では、かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛を儚くも強く演じます。また、道場の四天王の一人という役柄から約3ヶ月に亘る殺陣の稽古に励み、激しく鋭い剣豪アクションに臨みます。


また、共演には『MOZU』『クリーピー 偽りの隣人』『CRICIS公安機動捜査隊特捜班』などTVドラマに映画にと話題作に立て続けに出演する演技派俳優・西島秀俊さん。

岡田准一さん演じる新兵衛と共に道場の四天王の 一人で、持ち前の頭脳明晰さで藩主の側用人として頭角を現す榊原采女を演じます。かつての親友であり、一人の同じ女性を想いあう恋敵でもあり、藩を追われた新兵衛とは対照的な藩で頭角を現すというキャラクターを初共演となる岡田准一と静かに熱く対峙するのも話題となること必至です。


撮影は、富山、彦根、長野にて時代劇としては前代未聞の全編オールロケを敢行し、“美しい自然”と木村キャメラマンによる“美しい画”、木村監督の演出と岡田准一さん、 西島秀俊さんら豪華俳優陣による“美しい佇まいと生き様”が全編通して描かれた様を切り取ったポスタービジュアルが完成しました。


更に、黒木華さん、池松壮亮さん、 緒形直人さん、新井浩文さん、柳楽優弥さん、 麻生久美子さん、石橋蓮司さん、富司純子さん、奥田瑛二さん ら錚々たる日本を代表 する豪華俳優陣が集結しました!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界に新たな歴史を刻む“美しい時代劇”

『散り椿』

は 9月28日(金)全国東宝系にて公開となります。

ものがたり・・・

最愛の妻と交わした最期の約束を叶えるため、
一人、故郷に戻った男が哀しき剣を振る――――

享保15年――藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を離れた男、瓜生新兵衛(岡田准一)。
追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。『藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい』と。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良き   ライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ二人であった。

妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する。

篠の妹、坂下里美(黒木華)とその弟・坂下藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛に戸惑いながらも、亡くなった篠を一筋に想いやる姿や、侍としての不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。

そして、ある確証を得た新兵衛は、かつての親友の采女と対峙する。そこで過去の事件の真相や妻が遺した願いの苦しく切なくも愛に溢れた本当の想いを知ることになっていく・・・。

しかし、その裏では大きな力を持ったものが新兵衛を襲おうとしていた・・・。

***********************************

原作:葉室麟(「散り椿」角川文庫刊)
監督・撮影:木村大作「劒岳 点の記」「春を背負って」に続く三作目の監督作品
脚本:小泉堯史 木村大作
出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、緒方直人、新井浩文、柳楽優弥、 芳根京子、駿河太郎、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ほか
撮影スケジュール:2017年5月15日(月)~7月5日(水) 
撮影場所:富山、長野、滋賀 ※全編オールロケ