「黒木メイサ」タグアーカイブ

第10回沖縄国際映画祭クロージングセレモニー:おーきな観客賞『レオン』がグランプリ!


映画情報どっとこむ ralph 4月22 日(日)、那覇市のよしもと沖縄花月で 4 日間にわたって開催した「島ぜんぶでお~きな祭 第10回沖縄国際映画祭」のクロージングセレモニーが行われました。

セレモニーに先立ち、沖縄国際映画祭実行委員会名誉会長である翁長雄志沖縄県知事の代役として

富川盛武副知事:全国や海外から島ぜんぶでおーきな祭にご参加頂いた皆さまに感謝を申し上げます。大﨑社長をはじめ、関係者の皆さまに御礼を申し上げます。おーきな祭で沖縄の魅力を笑顔とともに発信することは大きな力になっております.

と感謝 が述べられました。

そしていよいよ第 10 回沖縄国際映画祭各賞の発表。
地域発信型映画からは「地域ハピネス賞」に千葉県千葉市の『空からの花火』が、 「ひかり TV 応援賞」には鳥取県湯梨浜町の『純朴な梨農家の青年に、トラックが襲いかかる』が受賞。

映画情報どっとこむ ralph 「JIMOT CM REPUBLIC」では、今回のノミネート作品の中から、海外部門としてネパールの『ネパールの子どもたちと学校』、

全国 46 都道府県部門では京都府京丹後市の『便利さよりも安心を』、
沖縄県 41 市町村部門では与那原町(よなばるちょう)の『プロポーズ』 がグランプリに選ばれました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、今回新たに設けられた「おーきな観客賞」は観客投票により決定する賞です。栄えある最初の「おーきな賞」を受賞したのは『レオン』 、外国語映画部門では『蕭何、月下に韓信を追う』が選ばれ、黒木メイサさんがプレゼンターとして2作品に賞を贈呈しました。

『蕭何、月下に韓信を追う』のトウ・シュンケツ監督は
シュンケツ監督:映画に基づく映画で、伝統的な 作品ですが現代の人材育成や人材発掘に繋がっている。3Dやサラウンド技術で古典と現代 をつないだことが選んで頂いた理由ではないでしょうか!

と受賞の喜びを語ります。

『レオン』の主演を務めた知英さんも
知英さん:映画祭への参加も初めてで、賞を頂くのも初めて。なによりお客さんが選んでくれたことがうれしいです。

と喜びをかみしめました。

映画情報どっとこむ ralph 「クリエイターズファクトリー2018 U-25 映像コンペティション」では、宮嶋風花監督が手がけた『親知らず』がグランプリに選ばれ、沖縄在住の中江裕司監督からトロフィーが 渡されました。
贈呈式が終わり、続いて沖縄国際映画祭実行委員会の

安里繁信副委員長:大﨑社長ひと りの思いで立ち上げたイベントが10 年続くことに敬意を表します。映画祭も街づくりから 人づくりに進化してきました。10 年を迎えましたが、思い出を振り返るのではなく、明日 のために新しいことをやっていきたい。

と力強く挨拶。

最後に吉本興業の大﨑洋社長が登壇し、

大﨑社長:10年経ちました。ありがとうございます。色々な 人、色々な場所、朝昼夜問わずお世話になりました。ご協力頂き、ありがとうございました。映画祭を続けて、沖縄に寄り添って、一歩一歩前に進もうと思 いますので、今後ともよろしくお願いします。

とセレモニーを締めくくりました。


同時に、次回開催が来年 2019 年4月18 日(木)~21 日(日)に決定したことも発表されました。
映画情報どっとこむ ralph 那覇市の波の上うみそら公園ビーチステージにて、映画祭のオールエンディング となる「エンディングライブ 島ぜんぶでおーきなバンドステージ」 が行われ、MC のガレッジセ ール、そしてかりゆし 58 を中心に県内外で活躍する沖縄のアーティストによる映画祭のための 「島ぜんぶでおーきなバンド」が出演しました。
最後は恒例の「笑顔 のまんま」を大熱唱。歌い終わると夜空に花火が打ち上げられ、

「皆さんまた第 11 回沖縄国際映 画祭でお会いしましょう!」のゴリの一声により、「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映 画祭」の幕は降ろされました。

***********************************


沖縄国際映画祭新企画『マイ フェイバリットムービー』第1回ゲストは黒木メイサに決定!


映画情報どっとこむ ralph 「島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」は第10回目を迎え、2018年4月19日(木) ~ 22日(日) 開催となります。

エンターテイメントやスポーツ、アートなど、様々なジャンルの第一線で活躍されている沖縄にゆかりのある著名な方々をお招きして、ゲストの「フェイバリットムービー」を上映し、トークして頂く新企画『マイ フェイバリットムービー~Thanks to MOVIE & OKINAWA~』。

栄えある第1回目のゲストとして、映画ドラマで大活躍中の女優・黒木メイサさんが登場します。

上映する黒木メイサさんが大好きな作品は、当日までシークレット!!

映画情報どっとこむ ralph マイ フェイバリットムービー~Thanks to MOVIE & OKINAWA~

上映イベント無料ご招待の応募をよしもとIDで受け付けております。

開催日:4月21日(土) 開催時間 開場15:10 / 開始15:30
※終了時間は未定になります
会場:ミハマ7プレックス
登壇:黒木メイサ

無料ご招待の応募はこちら


黒木メイサさんプロフィール
女優。1988年5月28日、沖縄県出身。
2004年、主演舞台『熱海殺人事件・平壌から来た女刑事』でデビュー。
その後も、主演舞台『あずみ』や、フジテレビ系ドラマ『任侠ヘルパー』、映画『クローズZERO』シリーズのヒロイン、映画『ルパン三世』の峰不二子役など、様々な作品に出演。

映画情報どっとこむ ralph 名称 島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭
英語表記 10th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間 2018年4月19日(木) ~ 22日(日) 開催場所 那覇市
■波の上うみそら公園
■国際通り周辺
■新都心公園
■てんぶす那覇(てんぶす広場ステージ、テンブスホール、テンブス館3Fギャラリー)
■桜坂劇場
■沖縄ラフ&ピース専門学校
■よしもと沖縄花月
■シネマQ
■首里劇場
■那覇空港
北中城村
■イオンモール沖縄ライカム
宜野湾市
■宜野湾トロピカルビーチ
北谷町
■ミハマ7プレックス
沖縄市
■沖縄市民会館

主催 沖縄国際映画祭実行委員会
運営 株式会社よしもとラフ&ピース
テーマソング 「笑顔のまんま」BEGIN with アホナスターズ
(作詞:明石家さんま/BEGIN 作曲:BEGIN)
***********************************



「ポンペイ」Jプレミア 監督と妻ミラ・ジョヴォヴィッチ登場


ポール・W・S・アンダーソン監督、妻のミラ・ジョヴォヴィッチ、黒木メイサの登場で会場の熱は大噴火!

この度、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が贈る、歴史アクション超大作、

映画「ポンペイ」

が遂に6月7日(土)より公開となります。

そして本作の公開を記念した、ジャパンプレミアが行われ、映画のプロモーションの為に来日した監督のポール・W・S・アンダーソンと妻であるハリウッド女優・ミラ・ジョヴォヴィッチが本作をイメージした<マグマ・カーペット>を夫婦そろって闊歩しました。

『ポンペイ』ジャパンプレミア
『ポンペイ』ジャパンプレミア イベント詳細

日程:5月26日(月)

【マグマカーペット・イベント】
登壇者:
ポール・W・S・アンダーソン監督(49)
ミラ・ジョヴォヴィッチ(38)
黒木メイサ(25)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 正面階段

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 正面階段に、本作で描かれる火山のマグマをイメージした<マグマ・カーペット>が敷かれ、監督のポール・W・S・アンダーソン、妻のミラ・ジョヴォヴィッチ、女優の黒木メイサさんが登場し、大歓声を浴びました。

Pompeii_JapanPremier_Kiss黒木さんは本作をイメージした黒のアシンメトリーなドレス、一方のミラは黒と白であしらわれたシャネルのロングドレスを身にまとい報道陣と観客を魅了しました。

また、アンダーソン監督とミラの2ショット撮影の際、2人は報道陣の前でキスを披露!仲の良さが確認できる瞬間となりました。

レッド・カーペットで行われたファングリーティングでは、黒木さんはハリウッドスター顔負けに堂々とファンのサインに応じ、監督とミラは自らシャッターを押すなど気軽に写真やサインに応じ、叫び声にも似た声を発する熱狂的なファンもいるなどファンの熱気も大噴火!?

【舞台挨拶】
登壇者:ポール・W・S・アンダーソン監督(49)、黒木メイサ(25)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン

当初、舞台挨拶にはミラの登壇は予定されていませんでしたが、ミラの希望により急遽、夫の勇姿を見守るべく(?)観客として客席に登場するという観客にとって嬉しいサプライズが!また、アンダーソン監督と黒木さんの会話に客席から参加するなど、夫婦のやり取りも微笑ましく、終始笑いに包まれた大盛り上がりの舞台挨拶となりました。

『ポンペイ』舞台挨拶黒木メイサ
<レポート>

Q:早速本作の監督を務めました、ポール・W・S・アンダーソン監督の登場です!

『ポンペイ』ジャパンプレミア監督アンダーソン監督:本日は温かな歓迎をありがとうございます。本作はスペクタルで絶対に期待を裏切らないものに仕上がりました。感謝したいのは、今そこで客席にも座っているミラです。今回のプロモーションの為にカンヌから早めに帰ってきてくれました。

ミラ:(客席から監督に向かって)I Love You!

Q:今回、なぜ“ポンペイ”を題材に描こうと思ったのですか?

監督:実は小さな時から“ポンペイ”に対して興味があったんだ。たった24時間の内に街が消滅してしまって、1700年前もの間、忘れ去られていたんだよ。それに灰に覆われた街は今でも形そのままに残っている。壁画なんかもね。

Q:すごいこだわりがあると聞きました。

監督:火山学者の方にコンサルトしてもらったんだよ。だから本作で描かれている火山の噴火はかつてないほど正確だとお墨付きをもらったよ!

Q:本作で主演を務めたキット・ハリントンは海外で人気のドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で人気今日急上昇中ということですが、彼の起用理由は?

『ポンペイ』舞台挨拶ミラミラ:じゃがいもの話してよ!

監督:わかったよ(笑)最初の脚本の時、キット演じるマイロがじゃがいもを食べるシーンがあったんだ。だけど、この作品で描かれている時代にじゃがいもを食べる習慣がなくて、そのことを指摘された時に、学生の頃に戻った時みたいにションボリしてしまったんだよ(笑)このエピソードのことをミラは言っていて、今僕を辱めているんだ!

<ミラ、観客と共に爆笑>

Q:それではここで、スペシャルゲストである黒木メイサさんにご登場いただきましょう!まず、監督とミラさんに会った印象はいかがですか?

『ポンペイ』黒木メイサ黒木さん:本当に素敵な夫婦だと感じました。私は『バイオハザード』シリーズも観ているんですが、なんだか今日お会いして印象が変わりましたね。

Q:本作をご覧になっていかがでしたか?

黒木さん:火山噴火のシーンは本当にドキドキしますし、迫力のあるものとなっていましたね。あと“ポンペイ”の街中がとても綺麗で、どう撮影されたのかとても気になりました。どこまで再現しているのですか?

監督:壁画の落書きや床の模様など残っているものはすべて映画で再現しているよ。だから、この映画で描かれている“ポンペイ”は本物の“ポンペイ”だと思ってくれていい。“ポンペイ”は当時ローマ帝国のラスベガス的な位置づけで、噴火が起こる前までは天国のような場所だったんだけど、噴火の後は地獄に変わってしまったんだ。

Q:黒木さんは日本を代表する女優さんで、SF大作などにも出演されていたり、語学も堪能で歌やダンスもできる方なんですが、黒木さんを起用して映画を撮られたりなどいかがですか?

監督:僕だって歌もダンスも堪能だよ!・・・いや、歌もダンスもちょっと苦手かな(笑)

<ミラ、観客と共に爆笑>

ミラ:「僕らは本当に似ていてるね」っていうジョークなのよね?(笑)ということは、私がメイサと結婚しているってことなのかしら?(笑)

監督:そんなの夢の中の話しじゃないか!

ミラ:私の夢の中にはいつも貴方がいるわよ!

Q:アツアツですね(笑)

『ポンペイ』ジャパンプレミアフォト監督:本当に美しい女性と仕事するのが、仕事の中での楽しみのひとつなんだ!作品に出演してもらう為にはまず、銃を扱える必要があるんだけど。

黒木さん:バッチリですよ!

ミラ:もう採用決定ね!どうせ私の言うことを聞くんだからからポールは!

<ミラ、観客と共に爆笑>

Q:では本作で主演を務めたキット・ハリントンの起用も奥様に何かアドバイスされたのですか?

監督:そう、妻に言われたからなんだ。「すごいイケメンなの!キャスティングしてみたら?」と言われて・・・

<ミラ、観客と共に爆笑>

監督:海外で人気のドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』を彼女に勧められてハマってしまったんだ。このドラマの中でキットに一番スター性を感じて起用することになったんだよ。

『ポンペイ』マイロ役 キット・ハリントン
『ポンペイ』マイロ役 キット・ハリントン
Q:黒木さんはキット・ハリントンはどう思われましたか?

黒木さん:映画の中では孤独でなかなか掴めきれないところがあるけど、いざという時には引っぱってくれる強さがある、男らしい人物だと感じましたね。

Q:それでは最後に本作をこれから観る方にメッセージをお願いします。

黒木さん:“ポンペイ”という歴史に基づいているので、映像を観てもらえればそのままこの映画の世界に入っていけるので、とても楽しめると思います!

監督:3Dで没入して巻き込まれる映画なので覚悟してね!この映画は本当につくりたかった、愛と情熱が詰まった作品です。是非楽しんでください!



映画「ポンペイ」

6月7日(土)より、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー!

公式サイト:http://pompeii.gaga.ne.jp/
公式facebook:https://www.facebook.com/PompeiiMovie.jp
公式twitter:https://twitter.com/gagamovie

********************************************************************


ストーリー
ローマ人に一族を虐殺されたケルト人騎馬族の生き残り、マイロ(キット・ハリントン)は、奴隷となり無敵のグラディエーター(剣闘士)へと成長していた。
『ポンペイ』ポスター ある日、マイロはポンペイの有力者の娘、カッシア(エミリー・ブラウニング)の馬を助け、その瞬間二人は身分の差を超えて激しい恋に落ちる。

カッシアはローマからやってきた上院議員コルヴス(キーファー・サザーランド)にポンペイの平和と引き換えに婚姻を迫られていたが、その男はマイロの家族を彼の目の前で殺した男だった。

8月24日、ヴェスヴィオ火山がまさに噴火しようとしていた。果たしてマイロは降り注ぐ火山岩をくぐり抜け、熱雲が街を覆い尽くす前に、自由を手にし、愛する人を救いだすことができるのか―。

監督:ポール・W・S・アンダーソン 『バイオハザード』、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』
出演:キット・ハリントン 『サイレントヒル:リベレーション3D』 TV「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ
エミリー・ブラウニング 『エンジェル ウォーズ』、『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』
キーファー・サザーランド TV「24 TWENTY FOUR」シリーズ
配給:ギャガ

(C)2014 CONSTANTIN FILM INTERNATIONAL GMBH AND IMPACT PICTURES (POMPEII) INC.