「黒川芽以」タグアーカイブ

阿部寛、岡田将生、榮倉奈々ら豪華ゲスト第10回沖縄国際映画祭にレッドカーペット@那覇市・国際通り


映画情報どっとこむ ralph 『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』も最終日!

雨を吹き飛ばすスターたちの競演にファンも熱狂! 10回目の開催を華やかに盛り上げたレッドカーペットが開催 4 月 22 日(日)、那覇市の国際通りで、人気俳優やタレントが多数参加する華やかな「レッドカーペット」が行われました。

あいにくの雨模様で2時間遅れの開始となりましたが、ゲストの登場を楽しみに待つお客様が大勢詰めかけ、スタート前ですが会場はいつにもま して大きな熱気に包まれました。

『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』
レッドカーペット@那覇市・国際通り

日付:4/22(日)
場所:那覇国際通り

映画情報どっとこむ ralph まず会場に姿を見せたのはNMB48。
沿道のファンににこやかに手を振り、レッドカーペットを大いに盛り上げます。
メンバーの吉田朱里は「この雨の中、お客さまがずっと待って いてくれて本当にありがたい」とコメント。

続いてTV DIRECTOR’S MOVIE『美人が婚活してみたら』から主演の黒川芽以さんが登場。淡いブルーのロングドレスに身を包み、とびきりの笑顔を見せてくれました。

TV DIRECTOR’S MOVIE『Bの戦場』に出演した速水もこみちさん、大野拓朗さんが現れると、スラリとした 2 人の姿に沿道からもため息が。

特別招待『洗骨』の照屋年之監督(ガレッジセール・ゴリ)は「今回本名で作品を撮らせてもらった」と話し、沖縄の粟国島に残る風習を題材にした作品をアピール。

そして、TV DIRECTOR’S MOVIE『家族のはなし』 の岡田将生さん、成海璃子さんが登場すると、赤絨毯の端からは端まで会場中から大きな 歓声がわき起こりました。

映画祭期間中、沖縄公演を行った吉本新喜劇の面々も揃ってレッドカーペットへ。手を振って沿道の声援にこたえます。TV DIRECTOR’S MOVIE『耳を腐らせるほどの愛』の主演、 森川葵さんは、あいにくの天気にもかかわらず「今日は歩くことができて本当に良かった」 とにこやかに語りました。

映画情報どっとこむ ralph その後もレッドカーペットにはスターの皆さんが続々登場。特別上映作品『レオン』の知英さんは、沿道のファンとの写真にも気さくに応じるなどフレンドリーな姿が印象的でした。
また、今回初開催となったプログラム「マイ フェイバリットムービー~Thanks to MOVIE&OKINAWA~」で映画愛を語った黒木メイサさんは「沖縄出身ですが、映画祭 10 年目でやっと来ることができた」と感激の様子。
「普段はあまり飲みませんが、滞在中は泡盛をたくさん飲みました」と沖縄らしいエピソードを気さくに語りました。

降り続く雨のなか、続いて登場したのは特別上映『ニワトリ★スター』の井浦新さん、成田凌さん。傘も差さずに沿道のサインに応じ、ファンの皆さんも感激の面持ち。
また、TV DIRECTOR’S MOVIE『劇場版ドルメン X』出演の志尊淳さんらキャストが姿を見せると、 待ちわびたお客様からの歓声が国際通りに響き渡ります。

さらに、特別招待作品『のみとり侍』主演の阿部寛さんも颯爽と登場し「沿道の皆さんの熱気がすごい」と雨のなか見守るファンにメッセージ。

特別招待作品『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の榮倉奈々さんは、ドレスからのぞく美脚とさわやかな笑顔 で観客を大いに魅了しました。


レッドカーペットの最後に登場したのは、映画祭実行委員長を務める吉本興業株式会社社長の大﨑洋。

10 回目の映画祭について

「やっと 10 年、まだ 10 年という気持ち。また来年 に向けて頑張っていきたい」

と決意を語り、雨のなか行われた節目のレッドカーペットを 締めくくりました。

***********************************


マンパワーでみせるアクション映画『忍者狩り』初日舞台挨拶


先日行われました第39回モントリオール世界映画祭(会期:8/27~9/7現地時間)「Focus on World Cinema」部門に出品し、大きな話題となりました映画『忍者狩り』。

第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭(2015)にも正式出品され大きな話題を呼びました。特集上映企画「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション」史上初、本場からの逆輸入上映も話題となっております。

この度、公開初日に本作のキャスト三元雅芸さん、黒川芽以さん、島津健太郎さん、辻本一樹さん、千葉誠治監督が登壇した初日舞台挨拶が行われました。

忍者狩り
『忍者狩り』初日舞台挨拶画
日程:10月5日(月)
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
登壇者(敬称略):三元雅芸、黒川芽以、島津健太郎、辻本一樹、千葉誠治監督

MC:本日皆様にご覧いただきます映画『忍者狩り』は、今年で4度目の開催となります特集上映シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクションにて上映される、初の邦画作品です。※登壇者入場と共に、大きな拍手が上がる。

三元さん:本日は数ある映画の中から『忍者狩り』公開初日にお越しいただき、誠にありがとうございます。いかがでしたか?―会場拍手―ありがとうございます。トークも楽しんでいただければと思います!よろしくお願いします。
三元雅芸
黒川さん:朝から…あ、昼、もう夕方か(笑)。ご覧いただきありがとうございました。激しいアクションの作品を観た後なので、街中で戦いたくならないように気を付けて下さい。
黒川芽以
島津さん:今日は土曜の昼間から、足をお運びいただきありがとうございます。僕は関西出身なのですが、監督から関西出身の人とは相性が良いと言われたので今日この場に居られて嬉しいです。
島津健太郎
辻本さん:皆さん数ある映画の中から…ん聞いたことあるな(笑)。ありがとうございます。楽しんで下さい、よろしくお願いします。
辻本一樹
千葉さん:皆さんお越しいただきましてありがとうございます。僕はボケませんよ(笑)。台本を書いたのが4、5年前でしょうか、長い期間かけて皆様の前に出られて良かったです。お越しいただいた皆様に感謝しています。
千葉誠治監督
MC:ものすごいアクション!?リハーサルはどのくらいやられましたか?また難しかったシーンなどありましたらお教え下さい。

三元さん:アクションは大好きなので、やりがいがありましたが時間があまりなかったです。全体で4日?島津さんとは2日位でした。辻本さんにいたってはその場で動きを付けられたりしていましたよね?

島津さん:そうそう、辻本さんは剣の達人なのにあまりアクションシーンがなくて「もっとやらせろ」って言ってましたよ(笑)。一度稽古を見に来たんですけど、自分ができないもんだからしびれをきらして帰っちゃった。

忍者狩り_初日舞台挨拶6 辻本さん:すごいチャレンジングなアクションをつけているから、僕もやりたかったんですよ!しかもみんなすごい楽しそうにやるから、帰っちゃいました(笑)。

三元さん:古武術を基にしたアクションなどが沢山あって、今までの経験ではできないところが沢山あり、新しいチャレンジでした。島津さんケガもしましたよね?

島津さん:手の指にひびが入って、曲がるようになったのはつい最近ですよ、ホントに(笑)。アクションではゴム製の剣を使うことが一般的ですが、細くした木刀を使ってますからね。普通はあまり使わないですし、長回しなので命がけですよ!立ち回りを長くやってきている人間からすると、簡単にプロフィールに特技:アクションなんて書いてあると、「なんだよっ」て思うこともあります!本気の立ち回りができるうちらを使ってくれる千葉監督には感謝です!

三元さん:なんの話ですか!


MC:ありがとうございます。劇中も紅一点の黒川さんにもお話を伺いたいと思います、くのいち役を演じられていかがでしたか?

島津さん:本当に芽以ちゃんセクシーでした!

黒川さん:昔の人の方が色仕掛けとか沢山あったんじゃないかと思って、そのあたりも気にしながら演じました。

島津さん:芝居じゃなくて、本気で好きになっちゃいそうでした。

忍者狩り_初日舞台挨拶7
黒川さん:アクションもすごいですけど、少しずつ違ったセリフなどで展開される謎解きの部分も楽しんでもらえるといいなと思います。

三元さん:セリフもそうですが、動きが少し違うアクションを重ねたりするのも大変でしたね。

辻本:いいよなー、そんなにアクションできて(笑)。

MC:千葉監督の演出などはいかがでしたか?

千葉監督:アクション映画は時間とお金がかかって皆やりたがらないけれど、僕のアクションに必要なキャストが揃ってくれたので、「これでもか!そんなにアクションやらせなくても」ってくらいやってもらいました。

忍者狩り_初日舞台挨拶2
島津さん:暗い洞窟の中で、長い時間アクションをやっているとなんだかおかしくなってくるんですよ。特に千葉組の最終日はいつも一日が30時間位に感じるくらいアクションをやらせるんです。これだけのアクションで忍者というテーマだと、海外映画祭から声がかかるのもわかりますよ。

三元さん:CGやワイヤーだけに頼らない、マンパワーでみせるアクションですよね。

千葉監督:『エイリアンVSニンジャ』が海外で評価されたのもあって、アナログでみせたいっていう思いは強いです。

辻本さん:アナログでもものすごいアクションをやれる!できるってことをアピールできた作品だと思います。

島津さん:千葉監督に大きな予算の映画化オファーが来るんじゃないですか?

MC:ありがとうございました。まだまだお話を伺いたいところですが、
最後に一言〆のコメントをいただければと思います。

三元さん:改めて本日お越しいただいた皆様、ありがとうございます。公開を迎えて映画は僕らの手を離れますが、皆さんの応援、声援で映画が成立します。ご覧いただき、お面白いと思っていただいた方は、ぜひお持ちのSNSなどで、広めていただければと思います。よろしくお願いします。

千葉監督:ご覧いただくとアクションだけでなく謎解きの要素があることもわかっていただけたと思います。二度目にご覧いただくときそこに注目していただきたいのと、個人的には物語の裏に、芽以ちゃんと辻本さんのサブストーリーも考えています。タイムリープものでもあるので『忍者狩り ゼロ』といった企画も考えています。企画が通るかは興行次第だと思いますので、応援よろしくお願いします!

忍者狩り_初日舞台挨拶
『忍者狩り』も上映している「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015」は本日よりヒューマントラストシネマ渋谷他で開催しています。

公式HP:http://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/
Twitter:@sitges_fanta
Facebook:https://www.facebook.com/sitgesfanta

********************************************************************



黒川芽以主演『愛を語れば変態ですか』画像到着!!


演劇界の鬼才・福原充則、映画監督デビュー!
愛を語れば変態ですかどんな男も拒まない!全ての男を愛する救世主、あさこ誕生!

愛を語れば変態ですか

ある平和な日常、郊外の住宅街で一組の夫婦がカレー屋の開店を明日に控え、幸せいっぱいに準備をしていた。そんな中、珍客が次々と現れる・・・オレ様調のバイト志願者、レトルトカレーを開店祝いに持ってきた若者、全身傷だらけで1億円を抱えた不動産屋。

何故こんな不思議な人達が集まってきたのか?!その答えを握っていたのは、妻・あさこだった!世界中を幸せにするため、あさこが立ち上がる!

話題の舞台を多数手掛ける演出家・福原充則、待望のデビュー作は、一見どこにでもいそうな男女が繰り広げる、ありそうでありえない爆走恋愛コメディです。

愛語_メイン 舞台の臨場感をスクリーンに投影したかのように、テンポの良い会話で引き込み、時に笑わせ、あっと驚く予想不可能な展開で意表を突きます。

主演は黒川芽以。『きみはいい子』(呉美保監督)など話題作への出演が続く若手演技派が、おとなしい平凡な主婦と思いきや、その裏で次々と男を惑わす愛の救世主を軽やかに演じます。人が良く、どこまでも妻を理解しようとする優しい夫を演じるのは、野間口徹。

そして今野浩喜(キングオブコメディ)、栩原楽人、川合正悟(チャンカワイ Wエンジン)、永島敏行といった、お笑い界から、実力派俳優まで多彩な俳優陣が集結しました。話題の舞台を多数手掛け、岸田國士戯曲賞にもノミネートされたマルチな才能のもと、個性溢れるキャストが放つ誰も見たことのなかった舞台感覚・新映像体験!
愛語_サブ2
福原ワールドへ、ようこそ!!

愛を語れば変態ですか

2015年11月28日(土)ロードショー

公式サイト:http://aikata.jp/

********************************************************************


出演:黒川芽以、野間口徹、今野浩喜(キングオブコメディ)、栩原楽人、川合正悟(Wエンジン チャンカワイ)/永島敏行

監督・脚本:福原充則
音楽:西山宏幸
プロデューサー:高根澤 淳
撮影:早坂 伸(J.S.C)
美術:須江大輔
照明:落合芳次
録音:栗原和弘
編集:西潟弘記
助監督:富澤昭文
製作担当:入交祥子
制作:松竹
企画:松竹撮影所
配給:松竹メディア事業部
上映時間:73分


謎解きアクション『忍者狩り』三元雅芸、黒川芽以試写会舞台挨拶


先ほど行われました第39回モントリオール世界映画祭(会期:8/27~9/7現地時間)「Focus on World Cinema」部門に出品し、大きな話題となりました映画『忍者狩り』。

海外マーケット向けに派手目に演じて、海外で観る人たちに面白く観てもらうことを意識した作品になっています。第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭(2015)にも正式出品されることが決定していて、特集上映企画「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション」史上初、本場からの逆輸入上映も話題となっております。

この度、公開に先駆け本作のキャスト三元雅芸、黒川芽以と千葉誠治監督が登壇した舞台挨拶付きプレミア試写会を実施いたしました。
忍者狩り_プレミア試写会
『忍者狩り』プレミア試写会舞台挨拶概要

日程:10月5日(月)
登壇者:三元雅芸、黒川芽以、千葉誠治監督

千葉監督:やっと皆さんに観ていただく機会ができました。初めて観ていただくことになり大変光栄です。今回かなり時間をかけて作ったので、ぜひ楽しんでください!

MC:三元さん。忍者役で、激しいアクションでしたが、演じるにあたって苦労された点、難しかったシーンなどありましたら教えてください。

忍者狩り三元:約二週間の撮影期間の中、アクションシーンの撮影がなかったのは、たった一日だけだったんです。それだけアクションシーンが多く、アクション好きな方には本当に楽しんでもらえる作品だと思います。また、今回は日本だけでなく海外に作品を出すことも考えていたので、だからこそ原点回帰しようと監督が考え、キックボクシングなどの流行の軍隊格闘術でなく、日本古来の古武術を使ってのアクションをメインにやっています。立ち方や、刀の握り方、足運びなど、今までとは違う新たなアクションに挑戦しています。

MC:今回くノ一の役を演じられ衣装もとても似合っていらっしゃいましたが、演じられていかがでしたか?

黒川:くノ一の衣装を着るのは、この撮影が初めてでした。衣装についてはかなり話し合いまして、女性が私一人しか出てこないこともあり、派手めなくノ一の衣装になったなと思います。今回、私自身はアクションが多かった訳ではなく、千葉さんにも「私アクションやりたい」といったんですけど(笑)。

千葉監督:こらこらこら(笑)。

黒川:アクションだけでなく謎解きの部分もあるので、私はそっちを軸にやらせていただきました。

MC:『忍者狩り』をつくろうと思ったきっかけなどありましたら教えてください。

千葉監督:忍者モノは今までたくさん撮ってきたのですが、それにタイムループという要素を入れてやってみたかったんです。それに加え、今回アクションが出来る俳優さんが集まったこともあり、お腹いっぱいアクションをやってみたかった。「忍者」、「タイムループもの」、「アクション」の三つを合わせてやりたかったので、この脚本を書きました。

MC:39回モントリオール世界映画祭「Focus on World Cinema」部門に出品されました。“ニンジャ”は海外でもとても人気があるとおもいますが、反響はいかがでしたか?

千葉監督:“ニンジャ”は世界中で大人気です。三元君が忍者の衣装で映画祭に行くと、写真を撮ってくれとよく言われます。作品の反響も大きいですね。

MC:少なからず海外のマーケット、映画祭を気にかけてつくられたところもあるかと思います。演じる際に監督から指示や気を付ける点などの演出・指導はありましたか?

三元:ネタバレになるので詳しくは言えないんですけど、あるシーンだけ大げさに演じて欲しいと言われました。通常ではそういうリアクションをしないんですけど、監督を信じて演じました。

黒川:私も三元さんと同じように大げさに演じて欲しいと言われました。それは海外で観る人たちに面白く観てもらう為だと思いましたし、海外に作品を持って行っている監督だからこそだと信じて演じました。

MC:そして『忍者狩り』は今年行われる第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭にも出品されます。ブリュッセル、ポルトと並ぶ世界三大ファンタスティック映画祭の代表格でもある映画祭に出品ときいて、いかがでしたか?感想と意気込みをお聞かせください。

三元:老舗の映画祭に出品が決まって大変光栄です。最初から世界に向けて作って作りましたし、みんなで日本のアクション映画史を塗り替える思いで臨みました。日本の底力を向こうの方が感じてもらえたらなと思います。

黒川:映画って撮ってから観られるまですごく時間がかかるんですけど、こうやって映画祭に出品されたりすると、改めて映画界に携われていることに幸せを感じます。映画祭にノミネートされることで、たくさんの人に作品を観てもらえることができるので、何より意味があることだと思います。

千葉監督:もともと海外向けに作った脚本だったんですけど、松竹さんのおかげでこうやって海外の映画祭に出品することができ、目標を達成したのでとても感謝しています。そしてモントリオール映画祭とシッチェス映画祭、両方に関わっているというのはアクションとドラマ両方で評価されたことなのかなと思い、とても光栄です。

MC:最後に一言ずつこれから作品をご覧になる方に。

黒川:アクションの部分はもちろんですが、終盤まで絡んでくる謎解きの部分、ドラマにも注目して観ていただけると嬉しいです。

千葉監督: 今までアクションについてたくさん語ってきましたが、この二人の関係だったり、裏切り、恋愛、友情といったドラマの要素もしっかり入っています。外国に持っていくとどうしてもアクションの部分に注目されますが、皆さんにはアクションとドラマをバランスよく楽しんでもらいたいです。

三元:世界に殴り込みをかけるために一致団結して作った作品なので、ただただ皆さんに楽しんでもらえたらなと思います!

********************************************************************


◆シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクションとは??

シッチェス2015_6ichi スペイン・バルセロナ郊外のシッチェスで毎年開催されているシッチェス・カタロニア国際映画祭はシッチェス映画祭の略称で知られるホラーやファンタジー、SFなどジャンル映画の祭典。

今年のラインアップでとりわけ注目したいのが、『ハウリング』、『ピラニア』、『グレムリン』などの鬼才ジョー・ダンテ待望の最新作『ゾンビ・ガール』。2014年本場シッチェス映画祭のクロージングを飾った元カノのゾンビに襲われるという王道コメディホラーは盛り上がり必至。

他にも第27回東京国際映画祭に出品されたSFスリラー『ミッドナイト・アフター』、頭脳は人間ながら見た目が狼の警官が自らの変貌の謎を解こうと暴れまわる『ウルフ・コップ』、『屋敷女』のジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バリチェロ監督が手掛ける美少女ホラー『恐怖ノ白魔人』、汚職警官と最強ギャングの争いが息をもつかせぬ緊張感をうみだす『ハイエナ』
など粒ぞろいの作品が揃っています。

そしてこの度発表となりました最後のラインアップは新感覚忍者アクション・サスペンス『忍者狩り』。

堂々本場シッチェス映画祭に乗り込む新感覚忍者アクション・サスペンスが特集上映を一層盛り上げます!

公式HP:http://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/
Twitter:@sitges_fanta
Facebook:https://www.facebook.com/sitgesfanta
  


『忍者狩り』シッチェス映画祭 F・セレクションに!


今年で4回目の開催を迎える、特集上映企画
シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション
ですが、すでに発表のあった、ラインアップ5作品に加えて最後の1作品が発表となりました。

過去記事:ホラー・SFなシッチェス映画祭F・セレクション今年もあるよ!

今回発表となりました一本は本上映企画初の邦画!松竹製作の忍者アクション・サスペンス『忍者狩り』です。
忍者狩り
イントロダクション

天正6年、伊賀の国。薄暗い洞窟の中で目を覚ました伊賀の下忍・突悪(たお)は、無数の忍者の惨殺死体を目の当たりにする。一体誰がこの忍者たちを殺したのか?徐々に回復していく突悪の記憶が真実を呼び覚ます!?記憶と疑惑が絡み合う、新感覚忍者アクション・サスペンス!

監督は『AVN/エイリアンVSニンジャ』の千葉誠治。主演は『極道大戦争』『AVN/エイリアンVSニンジャ』などで特にアクション、殺陣に定評のある三元雅芸。くの一楓衣(けい)を『横道世之介』『ボーイズ・オン・ザ・ラン』の黒川芽以が演じる。

監督・脚本・製作:千葉誠治  
出演:三元雅芸、黒川芽以、虎牙光揮、島津健太郎、辻本一樹

千葉誠治監督【監督・脚本・製作】コメント
過去に創られたいかなるニンジャ映画を凌駕するこのアクションと謎を体感せよ!

三元雅芸さん【突悪(たお)役】コメント
忍者狩り‥‥日本古来の古武道を基に作り上げられた、息も止まらぬこれぞ日本活劇!!どうぞ、ご堪能あれ!!
NinjaHunter_s1
黒川芽以さん【楓衣(けい)役】コメント
忍者の独特なアクションが見所で、瞬きする暇がありません。最後まで展開が分からないミステリーになっているので、そこも楽しんで頂けたら嬉しいです。
NinjaHunter_s2
佐藤究さん、下角哲也さん【プロデューサー】コメント
日本の忍者アクションは海外でもウケが良いので盛り上がってもらえると思います。本場の目が肥えたお客さんにも大いに楽しんでもらいたいと思います!また、本家公認の特集上映4度目の開催にして初の邦画参戦!松竹製作の作品を逆輸入して上映することは、4年前からの夢だったので実現できて感無量です!


「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015」 

2015年10月24日(土)~ 
東京:ヒューマントラストシネマ渋谷 
大阪:シネ・リーブル梅田 
名古屋:シネマスコーレ 
福岡:福岡中洲大洋
金沢:シネモンドにて公開!!

公式HP:http://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/
Twitter:@sitges_fanta
Facebook:https://www.facebook.com/sitgesfanta

過去記事:三元雅芸さんも登壇
西村組ファミリー登壇な『虎影』先行上映舞台挨拶 

********************************************************************

シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクションとは?

本場シッチェス映画祭に出品された作品からセレクトして日本で特集上映するシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクションは映画祭本家の公認上映。
2012年から開催され、好評を博しながら年々観客動員を増やし2015年で4度目の開催となる。
ミニシアターの減少などでジャンル映画の上映機会が減少する中、新たな試みとして開催されるようになった特集上映は人気を博し、ジャンルを絞って行う特集上映の火付け役となっている。