「麿赤兒」タグアーカイブ

「なすりあい」の醜さ『東京裁判』/予告編&保阪正康、ちばてつや他、著名人コメント解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 君は知っているか 敗戦の虚脱と混乱を、そして平和到来の歓喜を昭和から平成を超え、令和に問いかけてくる、何を裁き、何が裁かれなかったのかを“東京裁判”と呼ばれ、戦後日本の進路を運命づけた極東国際軍事裁判。
東京裁判 太平洋戦争敗戦後の1946年(昭和21年)、市ヶ谷の旧陸軍省参謀本部にて開廷された裁判の模様を、判決から35年の後の1983年(昭和58年)に公開された日本映画史上に残る、ドキュメンタリーの傑作。

アメリカ国防総省によって撮影された50万フィートに及ぶ膨大な記録フィルムをもとに、『人間の条件』『切腹』の名匠、小林正樹監督が5年の歳月をかけて編集、制作した巨編が、平成の終わりと新しい時代の幕開けに4Kフィルムスキャン、2K修復版によるデジタルリマスターで鮮やかに蘇ります。

そして、その予告編が完成しました!


映画情報どっとこむ ralph さらに!コメント到着

■ちばてつや(漫画家)
刮目すべき記録
「今後の世界平和のために」という美名のもと日本人たちを裁いた、その国々はそれまで何をして大国になり得たのか。その後少しでも世界を平和に導くことが出来たのか。欺瞞に満ちた裁判に憤りながら、では日本が歩むべき道筋とは、どんな形だったのだろう、と深く考えさせる記録。

■保阪正康(現代史研究家・ノンフィクション作家)
鎖国を解き、国際社会に勇んで出た日本。一等国にまで登りつめ、そして崩壊する。
その崩壊から新しい出発へ、東京裁判は節目にあたる「史実」である。
この史実を理解することは、次世代が歴史に生きるということだ。

■麿赤兒(大駱駝艦主宰・舞踏家・俳優)
凝縮された、たった4時間の映像の密度に息もつけない!
人類はこの宿題に解を得ることができるのか、
その苦悩のうちに滅亡するのか。
そして私は遂に哄笑してしまうのだ!

■伊藤俊也(映画監督)
『プライド 運命の』を作る時、私は本作を反面教師とした。
構想や壮大、東京裁判を通観しつつも戦前史から戦後の動向までを一つの歴史解釈として提示する試み。だが、ドキュメントというには説明過多、解釈先行が惜しまれる。私は劇映画ながら、弁論証言場面は裁判記録に拠り事実をもって事実のみを語らしめようとした。

■原一男(映画監督)
真に偉大なドキュメンタリーである。日本は戦争に負けて民主主義が導入されたものの、戦後史の中でその民主主義の魂・精神が崩壊して行くが、そもそもの源が、極東国際軍事裁判に存在することが良くわかる。
日本の民主主義が未曾有の危機にある今こそ我々は、この作品=歴史から学ぶべきことが山ほどある。

■森達也(映画監督・作家)
人はどこからきてどこへゆくのか。そしてこの国はどこでどう変わってどこへゆくのか。リマスター版『東京裁判』を観ながら考える。僕たちが暮らすこの国の原点のひとつが、まさしくここにある。

■坂手洋二(劇作家・演出家・燐光群主宰)
『東京裁判』は二度観るべし。
封切りの年、二番館の三軒茶屋中央で、観た。もう一度観ることができて、よかった。今この時代に、重く響く。
「戦争犯罪人」とは、何か。それを思うだけで、眩暈がする。「歴史の一ページ」ではない。そこには、具体的な、各々の価値観を生きた人間たちがいる。戦争という形で他者を蹂躙することを、当然のこととして、選択した者たちがいる。
「人間宣言」をした昭和天皇が免罪されたという経緯の胡散臭さ。天皇の責任を追究する判事ウエッブに、もうひと頑張りしてもらいたかったと思う。
様々な「都合」によって、戦時も、戦後も、当事者にとっては極めて重大なことが、いとも軽々と、決定されていく。「法廷の椅子が二十八しかないために罪を免れた者もいる」というナレーションには、戦慄する。
被告どうしの「なすりあい」の醜さ。そして、「これは日本軍隊の組織の中に育まれた非人間性の表れであった」というナレーション。私たちは、その「非人間性」が現在の日本に温存されているという事実を、認めざるを得ない。
それにしても、この国が、歴史に学ばない国であるということを、あらためて、とことん思い知らされる。

映画情報どっとこむ ralph 『東京裁判』

令和元年8月3日(土)よりユーロスペース他全国順次公開!

***********************************

総プロデューサー:足澤禎吉、須藤 博
エグゼクティブプロデューサー:杉山捷三(講談社)
プロデューサー:荒木正也(博報堂)、安武 龍  
原案:稲垣 俊  
脚本:小林正樹、小笠原 清(CINEA-1)
編集:浦岡敬一(CINEA-1)  
編集助手:津本悦子、吉岡 聡、佐藤康雄  
録音:西崎英雄(CINEA-1)  
録音助手:浦田和治  
音響効果:本間 明  効果助手:安藤邦男
資料撮影:奥村祐治(CINEA-1)  撮影助手:北村徳男、瓜生敏彦  ネガ編集:南 とめ ネガ編助手:大橋富代
タイトル美術:日映美術  現像:東洋現像所  録音:アオイスタジオ  協力:博報堂
史実考査:一橋大学教授 細谷千博(現代史)、神戸大学教授 安藤仁介(国際法) 
翻訳監修:山崎剛太郎  監督補佐:小笠原 清  助監督:戸井田克彦  製作進行:光森忠勝
ナレーター:佐藤 慶
音楽:武満 徹  指揮:田中信昭  演奏:東京コンサーツ
監督:小林正樹

デジタル修復補訂版2018
デジタルリマスター監修:小笠原 清、杉山捷三  アーカイブコーディネーター:水戸遼平  フィルムインスペクション:千陽裕美子
デジタルレストレーション:黒木 恒、高橋奈々子、森下甲一  カラリスト:阿部悦明  音調調整:浦田和治
協力:独立行政法人国立映画アーカイブ 株式会社IMAGICA Lab.  サウンドデザイン ユルタ 豊国印刷 バーミンガム・ブレーンズ・トラスト
特別協力:芸游会  企画・製作・提供:講談社  配給:太秦
1983年/日本/DCP/5.0ch/277分   (C)講談社2018


いっぺん、死んでみるー?玉城ティナ演じる冥界の復讐執行人「地獄少女」特報映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 主演:玉城ティナ×監督:白石晃士がタッグを組み、伝説的人気を誇るアニメ&コミックスの実写映画化!

11月15日(金)公開の映画「地獄少女」、<都市伝説>から始まる、戦慄の<特報映像>に加え、畏怖するほどに美しい<地獄少女のビジュアル>が解禁!


人気テレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミック(「なかよし」で連載)をはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、そして、遊技機など幅広く展開され、「地獄少女」の世界観がどのように広がっているのか、今から劇場公開が待ち遠しくなる、情報解禁となります。



魅惑的な原作の満を持しての映画化、メガホンをとったのは『貞子vs伽椰子』、『不能犯』で唯一無二の世界観を確立した白石晃士監督。

〈地獄通信〉サイトを通して依頼を受けたターゲットを地獄に送る地獄少女・閻魔あいをこの世の物に在らざる佇まいで演じるのは、『Diner ダイナー』、『惡の華』とyaヤバメな話題作への出演が続く玉城ティナ。

地獄通信にアクセスし、地獄少女と契約する女子高生の市川美保には、新人ながら「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」での好演で今最も注目される若手女優の森七菜。

美保の親友、南條遥には数多くのCM出演で話題の仁村紗和と、若手演技派俳優の注目株が集められました。

さらに、アイドルの御厨早苗(みくりや・さなえ)役をSKE48の大場美奈が演じているのも話題沸騰!

地獄少女と女子高生とアイドルが繰り広げる、赤黒くキラキラと輝く、世界に一つだけの戦慄の青春。
白石監督メイドの最凶の〈地獄映像〉で放つ、切なくも美しい地獄送りアトラクションムービーが完成しました!

映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁されたポスタービジュアルは、赤く染まった世界の中で、怨みを持った者のみが深夜0時にアクセスできる「地獄通信」へ の入り口である検索窓が煌々と不気味な光を放ち、アクセスを促す。その奥に、この世ならざる圧倒的な凄みを感じさせる玉城テ ィナ扮する閻魔あい。彼女が手に持つ藁人形から延びる赤い紐が、「その紐を一度 解いたら成立」する契約(=怨んだ相手の 地獄落ちと、その代償に自らも地獄へ落ちる)への意思の有無を、ポスターを見るものに問うかのように迫る 衝撃的なビジュアル となっている。

地獄少女B1ポスター
『地獄少女』

11 月 15 日(金)新宿バルト 9 ほか全国ロードショー

公式HP:
gaga.ne.jp/jigokushoujo-movie/

―午前0時に開く禁断のサイト「地獄通信」― 「ねえ、知ってる? 夜中0時にだけ開くサイトで依頼すると、地獄少女が現れて、怨みを晴らしてくれるんだってー」都市伝説の話 題に沸く女子高生、そのグループになじめず、浮かない表情を浮かべるのは、市川美保。 大好きなアーティスト、魔鬼のライブで知り合った南條遥に魅了された美保は、遥とともに魔鬼ライブのコーラスのオーディションを受 けることに。受かったのは遥。やがて少しずつ様子がおかしくなっていく遥を心配した美保は、魔鬼が、遥をライブで行う<儀式>の 生贄にしようとしていることを知り、噂のサイトにアクセスする。

***********************************


玉城ティナ 橋本マナミ 楽駆 麿赤兒 森七菜 仁村紗和 大場美奈(SKE48) 森優作 片岡礼子 成田瑛基 / 藤田富 波岡一喜

監督・脚本:白石晃士
原案:わたなべひろし
原作:地獄少女プロジェクト
製作:NBC ユニバーサル・エンターテイメント 藤商事 ギャガ ギャンビット
制作プロダクション:ダブル・フィールド
配給:ギャガ
©地獄少女プロジェクト/2019 映画『地獄少女』製作委員会


埼玉よ、これが我らの本気だ!二階堂ふみ・GACKT/伊勢谷友介・京本政樹 『翔んで埼玉』


映画情報どっとこむ ralph 2015年、約30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに、多数のメディアで取り上げられ、SNSやネット上で大きな話題を呼んでいる、魔夜峰央(まやみねお)原作の「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)。瞬く間に、累計発行部数は66万部を突破。そして、二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え、遂に2019年2月22日に実写映画が公開となります!

壇ノ浦百美(だんのうらももみ)を演じた二階堂は初の男性役、麻実麗(あさみれい)を演じたGACKTはまさかの高校生役という“とんでもない”設定に加え、第1弾ポスターでは全貌は明らかにされていなかったが、原作の世界観を完全に再現したビジュアルを発表。更に、先日解禁された追加キャストの情報では、強い個性と演技力を兼ね備えた出演者たちに、「最高!そして濃い!!」と評判は上々。そしてこの度、これまでひた隠しにされてきた、キャラクタービジュアルの全貌が遂に解禁となります!


この度解禁されるのは、二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、京本政樹、主要キャスト計4人のビジュアル。二階堂ふみ演じる壇ノ浦百美は、勇ましく凛々しい姿がまるで白馬の王子。そして、GACKT演じる麻実麗は、かつてを彷彿とさせる紫で統一された貴族のような装い。映画オリジナルキャラクターの伊勢谷友介演じる阿久津翔は、どこか謎めいた雰囲気を醸し出した東京都知事に仕えている執事。そして、原作では伝説の埼玉県民として語られつつもその姿は謎に包まれた京本政樹演じる埼玉デュークは、白髪・白塗りメイクの時代劇風と、魔夜峰央ワールド200%超の完全再現ビジュアルとなっております。人物デザイン監修・衣装デザインを担当した柘植伊佐夫の手によって作り上げられたキャラクターは、その完成度の高さに監督・武内英樹も大絶賛。

さらに、ポスターに書かれているコピーには、「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ」「ダさいたま、クさいたま、田舎くさいたま」など、それぞれのキャラクターが発した「ディス」台詞があしらわれており、キャラクターの表情が分かるアップVer.と人物造形が分かる全身Ver.の2種類、計8枚の贅沢なポスターとなっております。折しも世間はハロウィン真っ只中!各地に溢れかえる仮装している面々の群を抜く、正真正銘、本気の“魔夜峰央ワールド”の再現をご高覧ください!


映画情報どっとこむ ralph 『翔んで埼玉』

2019年2月22日(金)

公式HP:
tondesaitama.com

公式twitter:
https://twitter.com/m_tondesaitama


■原作を大胆にアレンジ!映画『翔んで埼玉』は、“伝説パート”と、“現代パート”の2部構成。

 原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』は、東京都民から迫害されていた埼玉県民の自由を求め、百美と麗が旅立つところで突然終了してしまう、未完成の物語。原作の魔夜氏が作品発表当時、埼玉県所沢市に住んでいたことから“埼玉”を題材に作品を執筆していたものの、途中で魔夜氏自身が他県へ引っ越すことになってしまい、それ以上書くと「悪口になってしまう」と判断したことが未完の理由だと魔夜氏は語る。

映画化にあたって、制作陣は最大限のリスペクトをもって、原作の舞台や設定を活かし、百美や麗が活躍する【伝説パート】と、埼玉県在住のある家族を通して、その伝説を振り返り、埼玉への郷土愛を再認識する【現代パート】の2部構成とした。

【伝説パート】では、
埼玉県人が東京へ入るための必須アイテムとして登場する“通行手形”の撤廃と、自由を求めて戦う百美・麗の前に、埼玉同様、自県の通行手形の撤廃をもくろむ対抗勢力として、千葉県が立ちはだかる。一方、東京都と密な関係を築き、埼玉と千葉の東京進出を快く思わない神奈川県という勢力も登場。東京、埼玉、千葉、神奈川をはじめ、群馬、栃木、茨城をも巻き込んだ関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、壮大なスケールで物語は展開する。

【現代パート】では、
埼玉県在住の菅原家を中心に物語が展開される。娘の結納の為一路東京へ向かう道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語。果たしてこの物語は、菅原一家や婚約者たちを、どんな結末に導いてしまうのか・・・。この邦画史上最大の茶番劇の行く末を、是非スクリーンで見届けてください!



***********************************

キャスト:二階堂ふみ GACKT
伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌(友情出演)
間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ / 中尾彬 / 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹 他

原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
脚本:徳永友一(ドラマ「探偵の探偵」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「僕たちがやりました」「海月姫」「グッド・ドクター」他)
音楽:Face 2 fAKE
監督:武内英樹(「のだめカンタービレ」シリーズ「テルマエ・ロマエ」シリーズ「今夜、ロマンス劇場で」他)

©2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
©魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社
   


佐藤江梨子が金時にダイエット方法伝授!『猫忍』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 大野拓朗さん初主演となります映画『猫忍』が5月20日より(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショーとなり、大野拓朗さんの他、船越英一郎さん、大野拓朗さん、金時さん、佐藤江梨子さん、藤本泉さん、船越英一郎さん、渡辺武監督が登壇。そして MCに有村昆さんを迎えて初日舞台挨拶を行いました。

日時:5月20日(土) 
場所:角川シネマ新宿
登壇:大野拓朗、金時、佐藤江梨子、藤本泉、船越英一郎、麿赤兒、渡辺武監督 MC:有村昆

映画情報どっとこむ ralph 本日はお着物での登壇。冒頭から格好良いかなりスタイリッシュにアクションをこなしている大野さんはお気に入り忍術を聞かれ
大野さん:アクションは気に入っていますね。忍術は水団の術が大好きでして、あからさまに竹筒の下に人いないよね。というのが、猫忍の良いところだと思います。

と、ゆるいところが見どころと語ります。今回の登壇者は全員忍者役。一番忍者っぽかったのは
船越さん:変化の術で一番多く変身していた磨さんですかね。

磨さん:そうかも・・ね。特殊な術を駆使してますので。。嘘です。

とオモシロ回答をする磨さん。

初忍者役の佐藤さんは
佐藤さん:忍者役楽しませていただきました。大野さんとの絡みでモミジという役の私を燕と呼び間違う。女性の名前を呼び間違うって、相当おもてになるか?浮気がばれる嘘がつけないタイプですよね。寝言で言っちゃうタイプ。
藤本さんも間違われたと暴露されると、大野さんは絶対しない!と否定!でも、浮気なのか寝言で言っちゃう方かは不明。

映画情報どっとこむ ralph ここで、壇上のキャストたちよりも忍者の中の忍者として呼び込まれたのは・・・

着物を着ている金時君が登場!

大野さん:愛おしいですね。芝居が上手でベストタイミングに鳴いたりなんです。名優です。

と、めろめろな皆さん。金時君のわがままボディーつながりで、ナイスボディーの佐藤さんがダイエット伝授。

佐藤さん:私の子供が14㎏で全然大丈夫だと持っていましたが、金ちゃん重くって。私は鏡を各部屋に置くんです。そうすると日々意識すると思うんです。金時さんもお痩せになるのでは?

とアドバイス。ドラマから見ている方!と客席に問いかける藤本さん、7割のお客さんがドラマから見ているとの反応に、
藤本さん:嬉しいです。最大の見どころは、父上が父上なのか?最大の謎が解けます。金時が可愛いのと、映画版は子猫も出てきて可愛いんです。素のやりとりに癒されます。

と、猫にメロメロな藤本さん。一方、猫嫌い役の忍者棟梁の磨さんは

磨さん:芝居は金時からヒントをもらいました。動かない役なんです。じーっとね。猫嫌ってる役だけどね。なぜそうなったかは映画を観てください!

映画情報どっとこむ ralph ネコ映画の立ち位置は

船越さん:新しいですね。なごみ系アクションエンターテインメント動物映画ですね。

監督:今回のテーマは変化の術です。

船越さん:シックスセンス並みにネタバレ厳禁映画ですので、SNS等では言っていただきたいですが、ネタバレだけはNGで!


最後に

大野さん:船越さんがおっしゃっていたように、なごみ系アクションエンターテインメント。ゆるくて・・・ゆっくりと日々の疲れをほぐしてくれる映画です。金時の姿ににやにやしてください!

この後、恒例の大野さんと金時の会場練り歩き!

物語・・・
時は、泰平―。霧生忍者の久世陽炎太(大野拓朗)は、忍び込んだ屋敷で、生き別れた父そっくりのデブ猫(金時)に遭遇。なぜかその猫が、秘伝【変化の術】で化けた父・久世剣山(船越英一郎)だと思い込んでしまった陽炎太。青年は、父を元の姿に戻さんと抜忍となり【秘伝の巻物】を探す旅に出る。だが、抜忍となった陽炎太を追う霧生忍者の魔の手はすぐそこに迫っていた…。

***********************************

大野拓朗  佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢 / 柄本明  麿赤兒 / 船越英一郎   
語り:森本レオ 
監督:渡辺武 
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫   
2017/日本/95分/カラー  
企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会
(C)2017「猫忍」製作委員会


オフショットが盛り沢山!『#猫忍』特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 「猫」+「時代劇」の斬新な組み合わせで癒し時代劇という新ジャンルで世間を席巻した「猫侍」。その「猫侍」製作チームが再び贈る、新たな痛快癒し活劇、映画『猫忍』が5/20(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショーとなります。


生き別れた父そっくりのデブ猫(金時)に遭遇。

霧生忍者の久世陽炎太(大野拓朗)は、忍び込んだ屋敷で、なぜかその猫が、秘伝【変化の術】で化けた父・久世剣山(船越英一郎)だと思い込んでしまった陽炎太。青年は、父を元の姿に戻さんと抜忍となり【秘伝の巻物】を探す旅に出る。だが、抜忍となった陽炎太を追う霧生忍者の魔の手はすぐそこに迫っていた…。

映画情報どっとこむ ralph この度、解禁された特別映像には・・・



デブ猫ネコ金時の撮影時の貴重なオフショットが盛り沢山!主演の大野拓朗のあまりの溺愛ぶりで金時に頬ずりするなど、微笑ましい撮影現場の様子を窺うことができる。また久世剣山役の船越英一郎と子供時代の久世陽炎太を演じた

鈴木福くん:ドラマ「猫忍」でモヤモヤしていた部分、明かされなかった秘密がついに映画『猫忍』で解き明かされます!

と本作の魅力を語るほか、大野拓朗はじめ麿赤児まで本作の豪華主要キャストからのメッセージも収録されてます。


映画情報どっとこむ ralph 映画『猫忍』

は、5/20(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

主人公のイケメン忍者・陽炎太を演じるのは、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」など話題作に抜擢され、最も注目される若手演技派俳優の大野拓朗。そして、陽炎太の父親、剣山を演じるのは、名優・船越英一郎。そのほか、佐藤江梨子、藤本泉、渋川清彦、鈴木福、永澤俊矢、柄本明、麿赤兒といった人気・実力を兼ね備えた面々が集結。そして「猫侍」でブレイクした“あなご”と“春馬”に続くネクスト猫スターに抜擢されたのは、「父上」役を演じる貫禄たっぷりのオヤジ猫“金時”!ゆとり系忍者とメタボ猫、そして奇奇怪怪な面々が壮大なロケーションの中、いまだかつてない笑いと癒しの大旋風を巻き起こす!

あらすじ・・・
時は、泰平―。霧生忍者の久世陽炎太(大野拓朗)は、忍び込んだ屋敷で、生き別れた父そっくりのデブ猫(金時)に遭遇。なぜかその猫が、秘伝【変化の術】で化けた父・久世剣山(船越英一郎)だと思い込んでしまった陽炎太。青年は、父を元の姿に戻さんと抜忍となり【秘伝の巻物】を探す旅に出る。だが、抜忍となった陽炎太を追う霧生忍者の魔の手はすぐそこに迫っていた…。

***********************************

大野拓朗 佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢/ 柄本明 麿赤兒 / 船越英一郎

語り:森本レオ
監督:渡辺武
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫 2017/日本/未定分/カラー
(C)2017「猫忍」製作委員会

企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会