「麻雀放浪記2020」タグアーカイブ

映画公開決定に安堵。斎藤工・白石和彌監督ら登壇『麻雀放浪記2020』完成報告ファンミーティング


映画情報どっとこむ ralph 映画『麻雀放浪記2020』製作委員会・東映等の協議の結果、ノーカットで4月5日(金)に公開することを決めたとの発表を受けて、本作にとっての初のイベントとなる完成報告ファンミーティング&完成披露しないイベントが行われ、斎藤工さん、もも(チャラン・ポ・ランタン)さん、ベッキーさん、竹中直人さん、白石和彌監督が登壇しました!

白石監督は、涙をためて公開の報告をファンに向けて行いました。

日程:3月20日(水)
場所:新宿バルト9
登壇:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督 

映画情報どっとこむ ralph バルト9のバルコニーの階段を登壇者が下りてくる演出。
斎藤工さん、もも(チャラン・ポ・ランタン)さん、ベッキーさん、竹中直人さん、白石和彌監督がファンの真中に登場!

斎藤さん:構想10年。阿佐田哲也さんの奥様と出会ってから、映画化を夢見て寄り添ってきたので、今朝公開する発表があるまで不安の中で過ごしましたけれど、この日を迎えられて皆さんに笑顔で迎えていただいて嬉しいです。(どんな映画?)ピータンを初めて食べた時のようですね。何を食べたのか?公開後に僕ももう一度確かめたいと。関わっていますが、もう一度観させていただけない状況でしたので、、、、

ももさん:公開されるか不安でしたが、ニュースを見てホントに良かったって!思いました。4月5日を楽しみに待っててください!(どんな映画?)テンポのいい、ぶっ飛び映画でした!何が起きたのか整理が出来ない状態です。

ベッキーさん:現場で出演者スタッフのみなさんの頑張りを見てきた者として公開されること。ホッとしています。(どんな映画?)ちゃんじゃのような映画、ない是?どう咀嚼すればいいの?でも癖になる。そんな映画です。

竹中さん:ありがとう!嬉しいです!ホッとしてます。監督大好きです。心からほっとしています。。(どんな映画?)斎藤君がシャブ。。しゃぶの中に手を突っ込んで肉を食う。熱くねーのか。
竹中さん:ももは恋人役で可愛いんで。(ももさん:そうでした?あ!そうですね)

白石監督:きょう午前中に会見しまして。こういう決断が正しかったのかはまだわかりませんが、ご批判を受けることもあるかと思いますが決断しました。『麻雀放浪記2020』は和田誠監督の傑作『麻雀放浪記』が好きな人には怒られる映画です。ただ、今まで見たことのない映画にはなったかなと。お客様に楽しんでいただきたいと作った映画です。(ファンの皆さんの大拍手)

映画情報どっとこむ ralph 今回の公開にあたり、
斎藤さん:映画作りは公開までに紆余曲折があるものですが、この作品は今日の朝まで難産で。色々な作品のとっても重要な一つだった、これから起こることは計り知れませんが、ベッキーさんも言っていましたが、現場で汗水流して作った皆さんも公開して人に届けることをゴールに突っ走ってきたものなので、ひとまず御英断にホッとしています。応援よろしくお願いします。

と、語ると、目に涙をため、鼻を赤くした監督は

白石監督:凶悪からピエール瀧さんが大好きになって、瀧さんが・・瀧容疑者が長い時間があったのですが、その中で気づけなかった。瀧さんがしたことを許すことはできませんし、ただ作品には罪がないと、この映画だけでなく過去の作品も無くすのは、どうかと思います。この決断が正しいのかはわからないですけど。いつか・・・間違ってなかったと。思える日が来ることを望んでいます。そして、僕は作品の中で禁止薬物を使用するシーンを撮って来たので、良くないことだと言う啓発活動を個人的にしていきたいと思います。

とのコメントに温かい拍手が。

ももさん:瀧さんの事は、映画の中で一緒のシーン合は無かったのですが、一緒の映画に出られることは嬉しかったんです。本当に残念です。

ベッキーさん:ニュースを見て驚きましたし、いろいろな作品がどうなるのかとおもっていました。そんな中、今朝予定通りの公開を聞いてほっとしました。

竹中さん:僕もとても好きな俳優でミュージシャンだったので。知ったときには、胸をえぐられるようでした。監督の言葉を聞いて、抱きしめたいなと。
とする竹中さんですが、心の中が整理がついていないとも語っていました。

映画情報どっとこむ ralph オファーを受けた時のことを

白石監督:和田誠監督の『麻雀放浪記』があるので、最初は作っちゃいけない映画だとオファーを受けた時は思いました。だから、お叱り頂くかと思いますが、ぶっ飛び映画にして、今の世の中を笑い飛ばす映画にしたかったんです。iPhoneでの撮影は、僕が映画のカメラで撮ると、昭和っぽくなっちゃうんです。孤狼の血はマッチしたんですけど。今回2020年なので、昭和臭はダメだと。だいぶポップに撮れてると思いす。
斎藤さん:回転ずしの目線は多分世界初。あれは素晴らしい。大正解だと思います。
フォトセッションの後、降壇する際、ベッキーさんを優しくエスコートする工さん。

完成披露しない舞台挨拶へ移動 続く


『麻雀放浪記2020』

4月5日(金)全国ロードショー!

公式HP:
mahjongg2020.jp
***********************************

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
主演・斎藤工 x 監督・白石和彌
斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、竹中直人、白石和彌監督
ピエール瀧、岡崎体育 他
配給:東映 
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


『麻雀放浪記2020』 驚異の全身整形タレント・ヴァニラ 映画初出演!


映画情報どっとこむ ralph 2019年4月5日(金)全国公開の斎藤工 主演映画『麻雀放浪記2020』。

そして2020年の東京の至るところに出現する「量産型セクサロイド」役として、総額2億円以上の全身整形で今話題になっているタレント・ヴァニラが、≪映画初出演!≫していることが解禁となりました! 

先日解禁になりましたベッキー演じるAIユキは、このセクサロイドをプロトタイプとして生み出されたものであります。

映画情報どっとこむ ralph 1945年の【戦後】から斎藤工演じる坊や哲がやってきたのは2020年の【戦後】。

そこは科学技術が加速度的に発達し、国民の労働や生活の管理すべてを人工知能が支配する世界でありました。そして、2020年の東京の至るところに出現する量産型AI搭載セクサロイド役に、総費用2億円以上の全身整形タレント・ヴァニラがキャスティングされていることが明らかになりました!全身整形に総額2億円以上を費やしたヴァニラは、まさに人類が追い求める理想の姿。見た目は人だが魂のないアンドロイドという難しい役どころと、彼女の究極の美が、これ以上にない形で共鳴し、量産型AI搭載セクサロイドの醸し出す虚無感を見事に表現しました。
果てしなき人間の欲望を満たすために生み出された量産型のセクサロイドとして、時にはバッティングセンターの客寄せロボットとして、時には高級クラブのホステスとして、物語の随所に登場します。そして、アンドロイドの概念も知らない坊や哲にとってヴァニラ演じるセクサロイドは、絡繰り人形ならぬまるで人間そのもの。戦後から来た哲と最先端のアンドロイドの未知なる遭遇がもたらす超化学反応に乞うご期待ください。

■ヴァニラコメント
初めての映画出演でとても緊張したけど、和気あいあいの現場でとても楽しかったです。
監督やスタッフさんに色々とご指導頂きながらアンドロイド役を演じさせて頂きました。
びっくりしちゃうようなシーンもあるので是非皆さん楽しみにしていてくださいね!

■白石和彌監督コメント
究極の美しさを求めるヴァニラさんに強い感銘を受け、量産型アンドロイドを演じて頂きました。
二度登場しますが、少しアンドロイドとしての仕様が違います。将来のアンドロイドがヴァニラさんの容姿になったら最高だと思いました。

映画情報どっとこむ ralph このように科学と時代の進歩と共に、あらゆる理想を手に入れることが可能となった人類。人間の女性そっくりで、高度な人口知能を搭載しているために、会話をしたり家事をこなすことすらできるアンドロイドは、生身の女性のトリセツに翻弄される男どもを癒やし、いずれ人間の地位すら脅かす存在になるでしょう。すでに中国では慢性的な嫁不足解消のために量産型嫁ロボットが誕生しており、ロボットと人類の共存社会はもはや絵空事ではなく、いま目の前にある現実なのです。


こうした科学の発展の末には、本当に幸福があるのか。2020年に突然迷い込んだ「坊や哲」というフィルターを通して見る、現代社会の想像を超えたモラル崩壊が、観る者の倫理観を極限まで揺さぶります。これはまったくの虚構なのか、それとも起こりうる現実なのか?我々人類が辿り着いた科学の進歩の象徴でもある人工知能は、果たして未来を明るく照らす希望の存在となり得るのか。それとも人類を終末へと導く災いとなるのか……?

『麻雀放浪記2020』

4月5日(金)全国ロードショー!

公式HP:mahjongg2020.jp

***********************************


原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)

主演・斎藤工 x 監督・白石和彌

配給:東映 
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会


斎藤工&白石和彌監督『麻雀放浪記2020』の劇伴は牛尾憲輔。リリースはLP盤&配信で


映画情報どっとこむ ralph 2019年4月5日(金)全国公開の東映配給の新作映画『麻雀放浪記2020』

マスコミ向けに試写会をしないという宣伝戦略を行っている本作はなかなか全貌がつかめていません。
平成最後の最も危険な【センセーショナル・コメディ】だそうです。

今回、明らかになったのは、電気グルーヴのサポートメンバーであり、agraphとしても活躍する電子音楽家・牛尾憲輔が劇伴を行うと言うことと、サウンドトラックはLP盤&配信でのリリースされること!

映画情報どっとこむ ralph 2020年、第三次世界大戦が勃発し、東京オリンピックが中止となった衝撃の日本。労働は人口知能にとって代わられ、身体に埋め込まれたマイナンバーチップがもたらす過剰な管理社会という、まさにテクノロジーに支配された近未来を描いた本作。

agraph(アグラフ)としても精力的に活動する牛尾は、パソコンを使用した打ち込みや、シンセサイザーでの楽曲制作を得意とし、これまでに『聲の形』(16)や『リズと青い鳥』『モリのいる場所』(18)等の劇伴を手掛け、高い評価を得てきました。

静謐な響きの中で刻まれるしなやかなリズムと深く研ぎ澄まされた抒情的な牛尾のサウンドは、舞台となる2020年の日本を壮大に映しながらも、 そこへ突如やってきた坊や哲の心情と見事にリンクして観る者を作品の真髄へと引き込んでいきます。


■牛尾憲輔 コメント
このサントラは哲と共に戦い、破れ、そして立ち向かった記録であり、文字通り昭和と未来を股にかけた男の記録です。巨大な物語に音楽をつける長い旅がようやく結実しました。是非楽しんで頂けますよう祈っております。

■白石和彌監督 コメント
『麻雀放浪記2020』のサントラがLP盤になると聞き、これ以上ない喜びです。この物語に曲をつける作業という無理難題はまさしく時空をデジタルとアナログの間を彷徨う終わりのない放浪の旅だったと思います。そのおかげもあって、『麻雀放浪記2020』は近年の日本映画にないスペクタクルを獲得した映画になってくれました。
牛尾さんの魂の苦しみと叫びを是非とも聞いて下さい。

映画情報どっとこむ ralph また、映画公開に先駆けて3/29(金)よりLP収録曲に加えて全ての劇伴曲を詰め込んだ配信アルバムもリリースされます。

■配信アルバム:「麻雀放浪記2020」オリジナル・サウンドトラック-完全版-(音楽:牛尾憲輔)
2019年3月29日(金)配信スタート
収録曲:全42曲

■限定LPレコード:「麻雀放浪記2020」オリジナル・サウンドトラック(音楽:牛尾憲輔)
2019年4月13日(土)発売
定価:¥3,500+税 DUMJ-2020
発売元:ディスクユニオン
収録曲:全20曲

ジャンルを超えて混然一体となったキャストたちの玉石混合オールスタースーパーセッションと、ハードなアウトサイダーを描き続けている白石和彌監督が、後にも先にもない最高のエンターテイメントを完成させます。


麻雀放浪記2020
【ストーリー】
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人 口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている・・・。そしてそこは“東 京オリンピック”が中止となった未来だった・・・嘘か?真か!?1945年の“戦後”から やってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲー ム“麻雀”での死闘とは!?


***********************************

企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、 岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか 監督:白石和彌


白石和彌監督映画に欠かせないピエール瀧×音尾琢真 参戦発表!斎藤工主演『麻雀放浪記2020』


映画情報どっとこむ ralph 2019年4月5日(金)全国公開の新作映画『麻雀放浪記2020』。

不朽の名作として、今なお読み継がれている阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説「麻雀放浪記」が、和田誠監督の映画化以来、35年ぶりに再び映画化いたします。主演は、映画版『麻雀放浪記』を生涯ベストの1つと公言している斎藤工。
メガホンを執るのは『凶悪』(13)、『孤狼の血』(18)など“いま日本映画で一番攻める作品を撮る”と言われる日本映画界のトップランナーであり、『孤狼の血』で現在行われている賞レースを総ナメにしている白石和彌が務めます。

そして今回、白石組の顔とも言える、ピエール瀧・音尾琢真の“狂喜”のビジュアルが解禁になりました!

映画情報どっとこむ ralph 2020年、第三次世界大戦が勃発し、東京オリンピックが中止となった衝撃の日本に、白石組常連・個性爆発の2名が集いました。

元五輪組織委員会・会長の杜(もり)役をピエール瀧、AbemaTV麻雀番組のプロデューサー役を音尾琢真が務めます。ピエール瀧演じる杜は、2020年、第三次世界大戦が勃発し、開催中止となってしまった元五輪組織委員会の会長です。一世一代の世界の祭典の中止を受け、ナインボットに跨がり左目にスカウターを装着したサイバーチックでド派手な風貌で一体何を企むのか?白石監督との抜群の信頼関係が織りなすグルーヴを以て、観る者の想像を超える劇的なキャラクターとなって“坊や哲”の運命を揺れ動かします。
■ピエール瀧 コメント
白石監督の作品にまた出演できて嬉しく思います。
白石さんの演出は「この人ふざけているのか?」
と思わされる事が多いのですが、今回は確実にふざけてました。
本編のできが楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph そして対する音尾琢真は、AbemaTV麻雀番組のプロデューサーとして立ちはだかります。
テレビも全自動麻雀卓もない1945年の日本からやってきた“坊や哲”に、時代のトレンドを網羅するザ・プロデューサーが劇中仕掛ける“脱ぎ脱ぎ女子麻雀番組”。さらに音尾が魅せる某女優とのヴァーチャルVRセックスの実態とは!?白石監督作品の名物と言っても過言ではない“音尾イジリ”も過去最高の過激さと面白さで観客の期待を超えていきます。
■音尾琢真 コメント
白石和彌監督に、今回も出演を熱望したところ、麻雀番組のプロデューサーという栄えある
役を頂きました。白石作品への出演は前人未踏の6作品目。いつも感謝しています、ありがとうございます。この場を借りて(笑)
そのせいか、監督からシマウマの鳴き声を出してください、などと無茶振りをされましたが、粛々と応えてまいりました。
斎藤工さん、ももさん、竹中直人さんらが積み上げる素晴らしい世界に入れて、感無量です。是非ご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 『日本で一番悪い奴ら』(16)『サニー/32』、『孤狼の血』(18)と過去3作に渡り、白石組で観客を魅了し続けてきた両者。異例の4作目競演となる本作は、白石組常連としてのユーモアの集大成であり、独特の存在感を発する狂喜の演技が、荒唐無稽とブラックジョークの狭間で揺れる奇天烈な2020年の日本で見事に炸裂します!

■白石和彌監督 コメント
大真面目に奇想天外なコメディを作るに当たり、瀧さんと音尾さんは必要不可欠な方々でした。
真摯にくだらないことをしてくれて愛を感じました。いつも出て頂いてありがとうございます


強烈なストーリーとピエール瀧・音尾琢真の個性がぶつかり合い、新たな“麻雀放浪記2020”の中で、一体どんな活躍を魅せるるのか⁉是非とも心待ちにしてください!


また、映画公式ツイッター(@mahjongg2020)限定で、ピエール瀧演じる杜の特別映像もご覧いただけます!!

ジャンルを超えて混然一体となったキャストたちの玉石混合オールスタースーパーセッションと、ハードなアウトサイダーを描き続けている白石和彌監督が、後にも先にもない最高のエンターテイメントを完成させます。ギャンブル・スペクタクルに、ぜひ、ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 宣伝さんが困るほど、公開できるギリライン!?で攻めている監督、最もエキサイティングで危険な問題作

『麻雀放浪記2020』

2019年4月5日(金)全国ロードショー
***********************************


企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)

キャスト:斎藤工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、
岡崎体育、ピエール瀧、音尾琢真、小松政夫 / 竹中直人 ほか

監督:白石和彌
   


バンド「CHAI」が初映画主題歌! 斎藤工 X 白石和彌監督 映画『麻雀放浪記2020』


映画情報どっとこむ ralph 斎藤工 X 白石和彌監督 映画『麻雀放浪記2020』が、4月5日(金)より、全国公開となります。

原作は、1945年の戦後を舞台にしたアウトローたちの青春期であり、その時代の空気や風俗も余すところなく活写。しかし、本作ではこの原作を原案とし、その精神を盛り込みながら、設定も2020年が舞台!キャラクターも大胆にアレンジ。しかも20台のiPhoneで全編を撮影!

原案を敬愛し続けた製作陣が挑む、スーパーリブート作品がついに誕生します!
映画情報どっとこむ ralph そして!

この度、映画主題歌を今大注目の『NEOかわいい』バンド「CHAI」が担当することが決定しました!!!

「CHAI」は、双子のマナ・カナに、ユウキとユナで編成された4人組、『NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド』。


白石和彌監督がぜひ本作の主題歌に、ということで、今回の企画を提案。

ラッシュ(音声の入っていない完成前の映画)を見て、主題歌「Feel the BEAT」を制作。CHAIにとっては初の映画主題歌となります。

1月9日(水)22時~放送のNHK「クローズアップ現代+」でも「CHAI」の全貌が明らかになる彼女たちの現象を大特集!(緊急のニュースが発生した場合、放送日時は変更になることがあります)

映画情報どっとこむ ralph CHAI、白石和彌監督のコメントが到着しています!

■CHAI コメント

この映画で描かれていることが本当に起きたらと考えると怖すぎる!深刻なことがコミカルに詰まっているけど、すごく現実的でヤバい。リアルに感じます。

哲(斎藤工)の「もっと命かけて麻雀やったらどうなんだ!」と言うセリフの熱さがすごくて、誰に対しても刺さる言葉・刺さる映画なんじゃないかなと思いました。ビシッとしなきゃ、ちゃんと生きなきゃ!と思いましたし、たくさん笑えて感動するから、何かに熱中したくなりました!

そして、哲の“絶対に俺はこれだ!”という一生懸命さと譲れない気持ちが「Feel the BEAT」のテーマになっています。誰かに聞いたり迷ったりするのではなく「言い切る!」という大事な気持ちは、哲にもあるしドテ子(もも)にもあるし、そしてCHAIにもあると感じて曲にしました。だから【思いっきりCHAI】な曲になっています!!映画の曲は初めてだったのでエンドロールで流れているのを想像しながら作ったのですが、合っていて嬉しかった(笑)!映画の最後にみんなの気持ちをグッと掴めるといいなと思います!


■白石和彌監督コメント

CHAIのアーティストとしてのグローバルな活動と限りなく広がる世界観に一目惚れしてお願いしました。

初めて会った時、CHAIのみんなは「どんな感じの曲がいい?」って優しく僕に聞いてくれたので、一生懸命説明するとキャッキャしながら「わかった!やってみる!」と言ってくれました。少しだけ不安を覚えましたが、上がってきた曲は超カッコよかったです。その時『孤狼の血』のムビチケを渡したのですが、果たしてCHAIは見てくれたのか、今度会ったら聞いてみようと思います。CHAIありがとう!
映画情報どっとこむ ralph 映画『麻雀放浪記2020』

2019年4月5日(金)全国ロードショー!


***********************************


原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
キャスト:斎藤工
チャラン・ポ・ランタンもも,ベッキー,竹中直人
監督:白石和彌
企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会