「鶴見辰吾」タグアーカイブ

矢野聖人x武田梨奈『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』クラウドファンディングがスタート


映画情報どっとこむ ralph 実在する日本唯一のクジラ博物館。
地方の小さな街で起きた、でっかいクジラと人間の奮闘記。


和歌山県オールロケをした映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』は、10月12日(金)より和歌山県先行公開し、11月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開することが決定しました!これにあわせ第一弾ポスタービジュアル解禁となりました!


本作は、和歌山県にあるクジラだけを飼育している「太地町立くじらの博物館」を舞台に、クジラを愛する青年・鯨井太一をリーダーとしながら博物館を盛り上げていく様子を描いたクジラと人間の奮闘記。

矢野聖人が映画初主演を果たし、実在するクジラ博物館を支えるため、悩み挫けながらもクジラをひたむきに愛する太一の心の葛藤を見事に演じています。ヒロインには、頭突きで瓦割りをするCMで話題となり、ドラマ「ワカコ酒」や映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』など数々の主演を飾り、日米合作映画『殺る女』出演が待機するなどアクション女優としても国際的に活躍している武田梨奈。和歌山県出身の岡本玲や近藤芳正、鶴見辰吾など実力派俳優が脇を固め、物語に味わいを加えております。

主題歌は、女性アイドルグループ「虹のコンキスタドール」メンバーで、和歌山県出身の清水理子が担当。

監督は、SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA2013にて入選し、第12回山形国際ムービーフェスティバル2016にて、『U・F・O~うしまどの、ふしぎなできごと~』がグランプリを受賞するなど国内外で評価の高い藤原知之。

映画情報どっとこむ ralph 現在、映画応援プロジェクトとして本作のクラウドファンディングがスタートしていますので
本作を一緒に盛り上げませんか?

クラウドファンディングページ:
https://greenfunding.jp/lab/projects/2279

映画情報どっとこむ ralph 黒潮をバックに、一歩一歩目標に向かい進んでいく様が、観る人すべてに勇気と希望を与えてくれる

映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。

10月12日(金)和歌山県先行公開
11月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

公式HP: 
bokujira.com

物語・・・
舞台は、クジラしか飼育されていない、和歌山県南部にある「太地町立くじらの博物館」。
来客も増えず、次々に飼育員が辞めていく中、館長は、経験豊富なベテランスタッフから強い反対を受けても、飼育員リーダーに、純粋にクジラを愛する青年・鯨井太一(矢野聖人)を任命する。
東京の水族館からピンチヒッターとして呼ばれた白石唯(武田梨奈)や、学芸員の間柴望美(岡本玲)ら、同僚たちの中にも懸命に太一をサポートする人も現れるが、皆を悩ませていたのは来客がすくないことだった。そんな中、博物館を盛り上げるために太一は、スタッフの手作りによる「くじら夢まつり」を行うことを思いつく。しかし、開催を目前に控えたある日、「くじら夢まつり」中止の危機が訪れる・・・。

***********************************


矢野聖人
武田梨奈
岡本玲
近藤芳正(特別出演)  鶴見辰吾

監督:藤原知之『U・F・O~うしまどの、ふしぎなできごと~』
脚本:菊池誠 音楽:稲岡宏哉 主題歌:清水理子「Colorful~あなたといた時間」
後援:和歌山県、和歌山県観光連盟、太地町、太地町観光協会、那智勝浦町、那智勝浦町観光協会
新宮町、新宮町観光協会、串本町、串本町観光協会、熊野灘捕鯨文化継承協議会
制作:アクシーズ
配給:キュリオスコープ
2018年/日本語/カラー/117分

©2018映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」製作委員会


文音、草笛光子、三浦貴大、桜田通、鶴見辰吾登壇!『ばぁちゃんロード』初日舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph この度、文音×草笛光子W主演で贈る篠原哲雄監督最新映画『ばぁちゃんロード』が4月14日(土)に初日を迎え、豪華キャスト大集結による、舞台挨拶を実施いたします。

初日を鮮やかに彩るのは、本作W主演となる、文音さん、草笛光子さん。

そして三浦貴大さん、桜田通さん、鶴見辰吾さんといった重要な役どころを演じたキャストと篠原哲雄監督が登壇しました。

映画『ばぁちゃんロード』初日舞台挨拶
日程:4月14日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇者:文音、草笛光子、三浦貴大、桜田通、鶴見辰吾、篠原哲雄監督

映画情報どっとこむ ralph 会場は多くのお客様が入り立ち見も出るほどの大盛況。
文音さんが草笛さんの手を引きながら登場!

文音さん:昨日からドキドキで。ちゃんと公開を迎えたことにホッとしています。
と語り、最後のシーンでは

文音さん:草笛さんのお力でできたことが沢山あって、最後のシーンは心に来ました

と振り返ります。

矍鑠とした草笛さんは苦労があったそうで
草笛さん:ばーちゃんロードに出演するっていったらバイクで走るのって友達から言われました(笑)今回、おばあさん役で動かない役は大変でした。1cmしか足を上げないのは大変!動く方がいいですね。文音のために一生懸命頑張りました。
と語ります。

映画情報どっとこむ ralph 三浦さんは監督の演出法が大変だったようで
三浦さん:台詞が終わってもカットかけてくれないんです。文音さんと打ち合わせしないでアドリブでしたがうまくいったと思います。

とすると、お相手の文音さんは

文音さん:初めての結婚式だったので新鮮でした!
三浦さん;初めて?ラッキー!綺麗でしたね。一緒に写真を撮ってしまいました!

文音さん:三浦君はいて欲しいところにいてくれる俳優さん。精神的にも側にいてくれる素敵です。
と、意気投合しているのをみてMCがお二人がもし結婚したら豪華なファミリーですよね!と振ると

文音さん:顔合わせの席はめっちゃ豪華!

と言うと

三浦さん:それは大騒ぎですよ。顔合わせの場には行きたくない。欠席するわ!

文音さんの両親は長渕剛さん・志穂美悦子さん。三浦さんの両親は三浦友和さんと山口百恵さん。
凄い芸能な血筋。ホントだったらマスコミ大騒ぎです!

映画情報どっとこむ ralph 鶴見さんは、
鶴見さん:(金八先生で)14歳で父になってから、ずいぶん経ちました。(笑)

と笑いを取り、役作りは

鶴見さん:私の奥さんの父。義理のお父さんからヒントを得ています。最後のシーンは最後に撮ったのでチームワークが凝縮しているシーンになっています。

と見どころも明らかに。桜田さんはリハビリ介護士役。草笛さんが体が柔らかいことに驚いたそうで
桜田さん:草笛さんの足をストレッチするシーンのリハで草笛さんの足がどこまでも行くので、びっくりして。でも、本番では、良いところで痛そうな顔をしていただいて、安心して演じることが出来ました。
と、ベテラン女優の凄さを実感しているご様子。

そして、劇中で草笛さんは歌を口ずさんでいますが、実はアドリブ。
監督:長回ししていたら、草笛さんが「この道」(作詞 北原白秋)を 口ずさんでいて。これを主題歌にしようと決めました。

と、エピソードを明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
文音さん:愛には様々な形があります。愛とは形もなく、言葉でも伝わらないもの。感じることが全てです。そんな愛が溢れてる作品になりました。観ていただいた皆さんが、自分の大切な人のことを考えるきっかけになれば嬉しいです。

草笛さん:私はお祖母ちゃん子でした。ことわざや知識は今でも宝です。有り難い存在でした。今回は芝居はせずに素で演じています。心配ではありますが、よろしくお願いいたします。

とし、イベントを締めました。

降壇時に、鶴見さんが草笛さんを階段でエスコート。紳士です。

ばぁちゃんロード

4月14日(土)有楽町スバル座他ロードショー

http://baachan-road.com 

物語・・・
ガソリンスタンドで働く夏海(文音)は、父の跡を継ぎ一人前の漁師を目指す高校時代からの友達・大和(三浦貴大)にプロポーズされる。結婚を決めたことを報告するため、2人はまず、夏海の両親のもとへ、そして施設で暮らす夏海のばぁちゃん・キヨ(草笛光子)のもとへ出向く。
夏海は、両親が共働きだったことで、幼い頃からキヨに育てられたばぁちゃんっ子だった。自宅の庭で足を骨折してしまったことで歩けなくなってしまい、車椅子の生活をしているキヨ。久々に施設で再会した夏海は、なんとかキヨを励まし、元気を取り戻してほしいと悩む。そんな彼女が思いついたこと、それは「結婚式のバージンロードをばぁちゃんと歩く」ということ。ひたむきな夏海の想いが、キヨに“歩く”という目標を与え、次第にその目標がキヨの希望へと変化していくのだった・・・。

***********************************

出演:文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 鶴見辰吾 他

監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆 音楽 かみむら周平
主題歌「この道」(作詞 北原白秋 作曲 山田耕筰) 歌 大貫妙子
(アルバム「にほんのうた 第一集」(commmons)より)
製作幹事:セントラル・アーツ
製作プロダクション:スタジオブルー
製作:「ばぁちゃんロード」製作委員会(オフィスレン/セントラル・アーツ/東北新社)
配給:アークエンタテインメント
©2018「ばぁちゃんロード」製作委員会 2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/89分


文音 草笛光子W主演 篠原哲雄監督 映画『ばぁちゃんロード』本ビジュアル完成!


映画情報どっとこむ ralph 4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります映画『ばぁちゃんロード』の本ビジュアルが完成しました。

本作の主人公は、結婚を間近に控えた根っからのばぁちゃんっ子の孫娘と、足をケガして施設で暮らす祖母。
両親が共働きだった孫娘にとって、子供の頃からずっと側で見守ってくれた祖母は何よりも大切な存在。祖母を元気づけるために思いついた「一緒にバージンロードを歩きたい」という孫娘の願いは、施設に引きこもったまま心を閉じかけていた祖母を動かし、希望へ向かって一緒に奮闘する。

今回、解禁となった本作のビジュアルは、絆と愛がテーマ。
まぶしいくらいの純白のウエディングドレスに身を包み、優しくばぁちゃんに微笑む孫娘と礼服姿で少し緊張ぎみのばぁちゃんが、何とも微笑ましい。


出演は、女優・文音(『八重子のハミング』『おみおくり』)と日本を代表する名女優・草笛光子がW主演。

文音が、いつも明るく、真っ直ぐに目標へ向かう純粋な孫娘・夏海を表情豊かに活き活きと演じ、また草笛が、孫娘の願いに応えようと頑張る、芯の強い祖母・キヨを演じています。文音は、デビュー作『三本木農業高校、馬術部』(08)以来の主演映画であり、また草笛はスクリーンデビューを飾った『純潔革命』(53)以来、数々の作品へ出演するなかで、新たな主演映画が加わりました。


ほか共演陣には、夏海の婚約者に三浦貴大、キヨが暮らす施設でリハビリ治療を行う理学療法士に桜田通、また夏海の優しい父に鶴見辰吾など、若手、ベテランの実力派俳優が集結しました。

映画情報どっとこむ ralph そして、日本映画界に多くのクリエイターを輩出してきた教育機関、映画美学校が行った「映画美学校プロットコンペティション2016」にて最優秀賞を受賞した上村奈帆のプロット(ストーリー)から生まれた脚本を名匠・篠原哲雄監督(『月とキャベツ』『花戦さ』)がメガホンを取って映画化。撮影は、風光明媚な港町として知られる富山県氷見市を中心に2017年夏に行われました。さらに、大貫妙子が歌う「この道」(作詞:北原白秋/作曲:山田耕筰)が主題歌に起用されました。世代を越えて歌い継がれているこの童謡が、孫娘とばぁちゃんの絆を優しく包み込んでいます。

『ばぁちゃんロード』
4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
http://baachan-road.com

***********************************

出演

文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 鶴見辰吾 他

監督:篠原哲雄 脚本:上村奈帆

配給:アークエンタテインメント
(c)2018「ばぁちゃんロード」製作委員会
   


あたたかく愛おしい想いは届くのか。映画『ばぁちゃんロード』予告編完成


映画情報どっとこむ ralph 4月14日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショーとなります映画『ばぁちゃんロード』の予告編がこのたび完成しました。

結婚を間近に控えた根っからのばぁちゃんっ子の孫娘と、足を怪我して施設で暮らす祖母。子どもの頃から両親が共働きで不在だったために、子供の頃からずっと隣りで見守ってくれていたばぁちゃんを励ますために、孫娘は宣言する。

「ばぁちゃんと一緒にバージンロードを歩きたい!」

その願いは施設に引きこもったまま心を閉じかけていた祖母を動かし、いつしか祖母の生きがいとなる。はたして、孫娘の想いは届くのか…。
この予告編を観て、公開前の春いちばん、ほっこりはいかが。



物語・・
ガソリンスタンドで働く夏海(文音)は、父の跡を継ぎ一人前の漁師を目指す高校時代からの友達・大和(三浦貴大)にプロポーズされる。結婚を決めたことを報告するため、2人はまず、夏海の両親のもとへ、そして施設で暮らす夏海のばぁちゃん・キヨ(草笛光子)のもとへ出向く。夏海は、両親が共働きだったことで、幼い頃からキヨに育てられたばぁちゃんっ子だった。
自宅の庭で足を骨折してしまったことで歩けなくなってしまい、車椅子の生活をしているキヨ。久々に施設で再会した夏海は、なんとかキヨを励まし、元気を取り戻してほしいと悩む。そんな彼女が思いついたこと、それは「結婚式のバージンロードをばぁちゃんと歩く」ということ。ひたむきな夏海の想いが、キヨに“歩く”という目標を与え、次第にその目標がキヨの希望へと変化していくのだった・・・。

***********************************

出演:
文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 鶴見辰吾 他

監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆
配給:アークエンタテインメント
(c)2018「ばぁちゃんロード」製作委員会


鶴見辰吾 有村昆 熱く語った「密偵」(原題:密偵 밀정)トークイベント


映画情報どっとこむ ralph ソン・ガンホ、コン・ユ、イ・ビョンホンら韓国のトップスターが豪華共演を果たし、韓国で 750 万人を動員する大ヒットを記録したサスペンス・アクション巨編「密偵」(原題:密偵 밀정)が 11 月 11 日(土)よりシネマート新宿ほか全国公開となります!

この作品で、日本警察の組織ナンバー2であるヒガシ部長を演でている鶴見辰吾さんは、韓国映画スター相手に重厚な演技を見せて、韓国でも高い評価を受けています。

今回、公開に先立ちまして、特別試写会を実施。鶴見辰吾さんと映画コメンテーター、有村昆さんが登壇してトークイベントを行いました。


東京新聞主催「密偵」(原題:密偵 밀정)特別試写会
日程:11月7日(火)
場所:ユーロライブ
登壇:鶴見辰吾 有村昆(映画コメンテーター)

映画情報どっとこむ ralph 日本による統治時代の 1920 年代を舞台に、独立運動団体「義烈団(ウィヨルダン)」と彼らを追う日本警察との攻防をスリル満点に描いた本 作。韓国が誇る大御所俳優であるソン・ガンホやイケメンの代表格イ・ビョンホン、日本でも人気急上昇中のコン・ユが出演していることでも話題です!

MC の合図と共に本作唯一の日本 人主要キャスト東役を演じた鶴見辰吾とお茶の間でお馴染みの映画パーソナリティ有村昆が、大きな拍手と共に登場。

有村さん:本当に『密偵』は素晴らしい作品です!本日は観客の皆様も沢山お写真撮って SNS に載せて頂いてバンバン宣伝して下さい!

と有村が言うと、続けて

鶴見さん:密偵ミッテネ!

とお茶目な姿を見せ会場を和ませスタート。

映画情報どっとこむ ralph 本作を既に鑑賞して
有村さん:まず僕、キム・ジウン監督面白いなと思ったのが、鶴見さんは日本統治時代の朝鮮半島で日本警察のボス役で、部下を演じる主役のソン・ガンホさんに色々指令を出す役なんですけど、そこを悪 役らしく全く描いていないというのが逆に良かったんですよね。

それを受け

鶴見さん:それはね、最初の会談の時に 監督が仰ってましたね。反日抗日の映画にするつもりはないその時代の立場の違いで生き方が変わってしまった人 たちを描きたいんだと言っていましたね。

と鶴見さんが監督の想いを答えた。

話は韓国と日本の映画の撮影現場での違いに‥

鶴見さん:食事が大きく違いますね。日本は食事の時間にロケ弁が出るのが 一般的ですが、韓国は朝から湯気がもくもくの炊き立てのご飯にサムゲタンスープやキムチ、海苔など。もう新大久保がそのままやってきたような感じで、色んな種類のキムチも出てきて本当に美味しかった。食事の時間が本当 にリラックス出来る時間で共演者のソン・ガンホさんやコン・ユさんと一緒にご飯行きましょうと同じテーブルで ご飯を食べたり、撮影が自分だけの時僕が一人で食事をしていると韓国のスタッフさんが近寄って来て一緒に食事 をしたりして気遣ってくれた。

と韓国のキャストやスタッフが暖かく迎えてくれたとしみじみ話した。

有村さん:韓国を代表する俳優ソン・ガンホさんはどんな俳優さんでしたか?演技プランですとか・・・

鶴見さん:演技プランは全くないって言っていましたよ。直観的な感覚でやる、と。僕も凄く共感しましたね。たとえば所作や英語を話す役なら言語であったり、そういった訓練はしますが、演技的な役作りを僕はしないんです。ソン・ ガンホさんもそういうスタイルの俳優で非常に共感しましたね。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph そして、話題は日本でも記憶に新しい『新感染 ファイナル・エクスプレス』が大ヒットした、共演者コン・ユの 話題に

鶴見さん:ソン・ガンホさんとコン・ユさんと撮影後三人で食事をした際に「コン・ユお前はなんでそんなに身体を 鍛えているんだ?」とソン・ガンホさんが聞いた事があって、そしたら「私は先輩のように演技が上手くないので 身体を鍛えているんです」と謙遜していて本当に礼儀正しい人だと思いましたね。

と豪華な三人での食事のエピソードを振り返った。

続けて

鶴見さん:イ・ビョンホンさん、ソン・ガンホさん、コン・ユさんの共演シーンの撮影の時には、若手俳優達がみんな勉強をしたいと見学に来ていたんですけど、360 度をぐるっと撮影するカメラワークのため回りで見る事が出来なくて皆天井の上から登って見ているくらい三人の芝居はスタッフやキャスト達の中でも貴重な撮影だったそうです。

と話すと、興奮気味に

有村さん:本当そうですよね、恐らく韓国映画を引っ張っていく新旧のスターが三人揃うってなかなか無いですよね!750万人動員の大ヒット作『密偵』で日本代表として鶴見さんが出演してるという事は僕ら日本人にとっては本当に嬉しいですよね。

と続け会場の観客も頷きながら鶴見さんを見守った。 また朝鮮人でありながら日本警察官を演じたソン・ガンホが今回流暢な日本語を披露している事でも話題だが、 その事に関し

鶴見さん:「僕の日本語が日本の方々に聞かれてしまうのか・・」とソン・ガンホさんは非常にこの事を危惧していましたね(笑)。鶴見さん:でもそこも見どころなんです!

と会場を和ませます。
有村さん:こういうスパイ物って誰が誰を騙してるの!?って『インファナル・アフェア』や『ディパーテッド』 などもそうですけど、本当に面白いですよね!『密偵』は脚本も素晴らしいです。

鶴見さん:そうなんですよね、実際にあった話をモチーフにしていて見応えがありますよね。

と、実話ベースであることを付け加えました。

映画情報どっとこむ ralph そして最後に・・・

鶴見さん:韓国のスタッフと一緒になって半年間懸けて作った作品です。中にはカットになってしまっ たシーンもあるんですけど、そういったシーンが報われるような本当に素晴らしい作品になっておりますので是非楽しんでいって下さい!

という言葉で締めた。 会場からは大きな拍手が巻き起こり拍手と共に鶴見と有村は退場した。

物語・・・・
1920 年代の日本統治時代。朝鮮人の日本警察官イ・ジョン チュル(ソン・ガンホ)は独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。

出処不明の情 報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統 治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。

そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警 察のかく乱作戦が繰り広げられる緊張感の中、爆弾を積んだ列車は国境を 越えて京城へ向かうが…。

密偵
原題:密偵(밀정)
11月11月(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー!!



***********************************

監督:キム・ジウン
出演:ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、鶴見辰吾、オム・テグ、シン・ソンロク、イ・ビョンホン

2016 年/韓国/韓国語・日本語/カラー/140 分/PG12
配給:彩プロ
(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved