「高畑充希」タグアーカイブ

星野源“引っ越し”に困り顔!高橋一生、高畑充希『引っ越し大名!』ビジュアル&特報映像も初披露!


映画情報どっとこむ ralph 土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」を犬童一心監督で映画化される『引っ越し大名!』が8月30日(金)に全国公開となります。

そしてこの度、本作のティザービジュアルと初めての映像となる特報が解禁となります!

ビジュアルは縁起の良い紅白を背景とした2種で験担ぎ!

片面には、周囲からは「かたつむり」と呼ばれ、本ばかり読んでいる書庫番の片桐春之介(星野)が引っ越し奉行という大役に任命され、「頭を抱える」表情が写し出されています。
そしてもう片面では、春之介の幼馴染であり武芸の達人・鷹村源右衛門の高橋一生、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭を演じる高畑充希の2人のビジュアルを初公開!
本作が時代劇映画初出演となる3人が困り顔、晴れやかな笑顔、心配そうな顔と、各々が演じるキャラクターの性格を表現しながら、力を合わせて城ごと引っ越しプロジェクトに臨む姿をポップに描いています。

映画情報どっとこむ ralph 特報では、<人数:10,000人、移動距離:600km、予算:なし?>のテロップとともに、参勤交代よりも厳しいとされる本作のテーマ・国替え(引っ越し)という超難関プロジェクトに挑む春之介たち藩士の活躍が、コミカルかつスピーディーな映像で映し出されています。普通に取り組んでは絶対に不可能なこのプロジェクトで、 「ひとつ思いつきました!」と語る春之介。一体どのような知恵と工夫とひらめきで、次々に降りかかる難題をクリアし、この難局を乗り切るのか!鷹村源右衛門、於蘭といった個性豊かな姫路藩士たちとともに、無事にこの壮大な引っ越しを成し遂げることができるのか!春之介の「かかれぃ!」という掛け声とともに、今、引っ越しが始まります!



映画情報どっとこむ ralph 本作のテーマは“引っ越し”!(国替え)。
すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題です。そんな引っ越しを幕府から生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。その大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、星野源演じる引きこもり侍の主人公・片桐春之介を含む姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語です。

『引っ越し大名!』

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp 

公式Twitter:
@hikkoshi_movie

***********************************


出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心
配給:松竹
ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会


『 町田くんの世界 』超新人オーディション舞台裏に迫る特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 石井裕也監督『町田くんの世界』が6月7日(金)より全国公開されます。

このたび、岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀ら豪華過ぎる奇跡のキャストに失神寸前!天才・石井裕也監督に見出された、演技経験ゼロの超新人ふたりのオーディションの舞台裏に迫る特別映像を解禁!

主演にスター俳優を置くことが常識とされている中、本作では主演に演技経験ほぼゼロの超新人を起用!
1000人超えのオーディションから大抜擢された細田佳央太と関水渚が、最高最強のキャストとともに、新しい日本映画の扉を開きます!
そしてこの1本の映画に集結したのは9人の超豪華俳優陣。岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子――誰が主演でもおかしくない、まさに奇跡の顔合わせが実現しました。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁されたオーディション舞台裏映像では、細田と関水の自己紹介から、合格した後に、石井裕也監督と北島直明プロデューサーから共演者を告げられるシーンが収められています。



豪華すぎるキャスト名が発表される度に、チラ見、ため息、驚きを隠せない表情など細田の素のリアクションや、硬直状態からあまりのプレッシャーで泣きだしてしまう関水。前代未聞のプロジェクトに、監督とプロデューサーの言葉をかみしめるふたりの姿は初々しく、最後には本編一部が初公開!「異彩を放っていて、この人と組めば間違いないと思わせられた」と天才監督言わしめた超新人・細田は「噛み付いていくしかないぐらいの勢いでやろうと思います!」と意気込みます。果たして、演技経験ゼロの超新人のふたりにどんなドラマが待ち受けているのか!?

映画情報どっとこむ ralph 石井裕也監督『町田くんの世界』

【ストーリー】

運動も勉強も苦手で、見た目も普通な町田くん。

しかし、彼には困った人の事は絶対に見過ごさず、接した人みんなの世界を変えてしまう不思議な力が…!?
そんな町田くんに訪れた突然の出来事…。優しさに溢れていた“町田くんの世界”がひっくり返る!

***********************************


細田佳央太 関水 渚
岩田剛典 高畑充希 / 前田敦子 太賀
池松壮亮 戸田恵梨香
佐藤浩市
北村有起哉 松嶋菜々子

監督:石井裕也  
脚本:片岡 翔 石井裕也 
音楽:河野丈洋  
企画・プロデュース:北島直明
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会


『引っ越し大名』こと松平直矩は、及川光博!他、追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓した土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。その小説を、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め、また、星野源、高橋一生、高畑充希ら豪華キャストによって映画化される『引っ越し大名!』が8月30日に全国公開となります。

本作のテーマはなんと“引っ越し”!参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題の国替え(引っ越し)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。そんな大名のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、引きこもり侍の主人公含む姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語です。
映画化発表時より、タイトルにもなっていて物語のきっかけとなる実在の「引っ越し大名」を誰が演じるのか、原作ファンなどの間で話題になっていましたが、いよいよ、解禁です! 引っ越し大名こと松平直矩役は、及川光博に決定いたしました! 生涯7回もの国替えを幕府から命じられた不運の大名である松平直矩を、大名の風格漂う及川が時に熱く、時にコミカルさも加えながら演じ、新しい大名を生み出しました。


そして、春之介と共に引っ越しに奮闘する姫路藩士たちを演じる超豪華キャストも解禁です!

多額の費用工面に協力する勘定頭・中西監物役には濱田岳。冷酷な上司との狭間で葛藤しながらも春之介を支えます。 勤勉で将来有望な藩士・山里一郎太役には小澤征悦。春之介との熱き友情で物語を盛り上げます。 次席家老・藤原修三役には西村まさ彦。春之介に飄々とプレッシャーをかける役どころを表情豊かに演じます。 春之介を引っ越し奉行に命じる国家老・本村三右衛門役には松重豊。圧倒的な存在感で映画のスケールを大きなものに昇華しています。 この度、邦画界を代表する豪華キャストが集結し、映画「引っ越し大名!」を鮮やかに彩ります。

映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』
引っ越しは戦ござる!
姫路藩書庫番の片桐春之介は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで、周囲から「かたつむり」とあだ名される引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。
藩まるごと1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。
 国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!与えられた期限は3か月!
 果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp

公式Twitter:
@hikkoshi_movie

***********************************

出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊) 
監督:犬童一心
配給:松竹
ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会


星野源1月28日誕生日に合わせ『引っ越し大名!』場面写真を解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」。

この度、主演・星野源、共演に高橋一生、高畑充希を迎え、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め映画化される『引っ越し大名!』が8月30日に全国公開。

本作 のテーマはなんと“引っ越し”!参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題の国替え(引っ越し)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。そんな大名のエピソードを基に、引っ越しをせねばならないお国の一大事を救うため、姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する、汗と努力と涙と笑いの物語です。

そしてこの度、主人公・片桐春之介を演じる星野源の誕生日1月28日にあわせ、侍姿の星野を捉えた場面写真を初解禁!
本作の主人公である姫路藩書庫番の片桐春之介は、周囲から「かたつむり」と呼ばれていますが、その理由は彼が人と話すのが苦手でいつも書庫にこもって本ばかり読んでいる引きこもり侍だから。この度、初解禁された写真にも大量の本に囲まれた春之介が、幸せそうな笑みを浮かべながら読書する姿が写されています。しかし、大好きな本に囲まれて過ごす彼の平穏な生活は、藩主の松平直矩(なおのり)に言い渡された国替えというお国最大のピンチに<引っ越し奉行>として白羽の矢が立ったことで突然終わりを告げることに…!藩まるごとの引っ越しの方法など皆目見当つかないうえに、前任の引っ越し奉行はあまりの激務が原因ですでに亡くなっており、様々な無理難題に怖気づく春之介。しかし、幼馴染であり武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の引っ越し奉行の娘・於蘭(高畑充希)など、まわりの人々の助けを借りながら引っ越しの準備が徐々に整っていきます。気弱で引きこもり侍と言われていた春之介が、引っ越しを通して成長していく姿はまさに痛快!俳優・音楽家・文筆家と多彩なジャンルで才能を発揮する星野源が、誰もが応援したくなる春之介を魅力たっぷりに、生き生きと演じる様子も必見です!

映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』

8月30日(金)全国公開です。

公式サイト:
http://hikkoshi-movie.jp

公式Twitter:
@hikkoshi_movie

引っ越しは・・・戦でござる!
姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりで、周囲から「かたつむり」とあだ名される引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。
藩まるごと1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。

国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!与えられた期限は3か月!

果たして春之介はこの一世一代の大仕事を知恵と工夫で無事に成し遂げ国を救うことができるのだろうか?!


***********************************


出演:星野源 高橋一生 高畑充希
原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
監督:犬童一心
配給:松竹 
2019「引っ越し大名!」製作委員会


『町田くんの世界』1000 人を越えるオーディションから超新人 細田佳央太・関水渚 を主演に大抜擢!


映画情報どっとこむ ralph 1000 人を越えるオーディションから超新人を主演に大抜擢!

これまで実力のある様々な俳優たちと組んできた石井裕也監督。
主演にスター俳優を置くことが常識とされている中、今回新た な試みとして、1000 人を超える一大オーディションを実施、すべてのオーディションに立会い、監督自らが主演を選考しました。

その中からなんと演技経験ほぼゼロの超新人、細田佳央太さん、関水渚さんの2人を大抜擢!

細田さんが町田一役を、関水さんが猪原奈々役を 演じます。
思いもよらない間とかリズムとか反応といった偶発的な面白さが超新人抜擢にあると語る石井監督は、細田さんを「一人だけ 異彩を放っていて、理屈でも経験でもない、作品に人生を捧げられる人だと感じました。この人と組めば間違いないと 16 歳に思わ せられました。」とコメント。一方、関水さんは、「演技経験もテクニックも何もないはずなのに、不思議な魅力というか華やかさというか、 とてつもない伸びしろを感じ、彼女に賭けてみようと思いました」と北島プロデューサーが選考理由を明かしています。

■細田佳央太(町田一)コメント
(出演が決まったときは)一番最初に嬉しいっていう気持ちがあって、でもその中でもすぐ「やっていけるのかな」っていう心配や不 安だったり、緊張もありました。本当にいろんな感情が混ざった状態で、でもその中でもやっぱり嬉しさとか、撮影これから楽しみだな っていうのが自分の中で強かったです。本当にあっという間の1か月間でしたけど、自分の中で楽しいことの連続で、体力的にきつく ても、お芝居がこんなにも楽しいなんて、という気持ちでした。そして、監督、スタッフの皆さんにご指導を頂いて、僕は何とか町田く んになれたのかなと思っています。この映画に出演させていただき、この作品のチームの一員になれて、すごく幸せでした。この作品 がたくさんの人に届いてほしいなと思います。

■関水渚(猪原奈々)コメント
出演が決まった実感が湧かなかったんですけど、その後からだんだんこんなに自分が大きい役をやらせて頂くんだと考えると、ず っと緊張していて。もちろんすごく嬉しかったんですけど、同じくらい大丈夫かなっていう不安がすごく大きかったですね。この役をやら せて頂けたことに本当に感謝しています。今まで生きてきた中で一番悩み、一番苦しみました。でもそういうことがあったからこそ今 までで一番充実していて楽しくて幸せでした。


映画情報どっとこむ ralph さらに!

石井裕也監督の才能の元、全員主役級の超豪華キャストが集結!

石井裕也監督の新たなチャレンジに呼応するように、奇跡的なキャスティングが本作で実現。脇を固めるのは、これまで石井組 に参加経験のある役者だけでなく、初めて参加する最高のキャストが勢揃い。町田くんの同級生に氷室雄役の岩田剛典、高嶋さく ら役の高畑充希、栄りら役の前田敦子、西野亮太役の太賀。町田くんの世界に関わるキャラクターに吉高洋平役の池松壮亮、吉高葵役の戸田恵梨香、日野役の佐藤浩市。町田くんの両親に町田あゆた役の北村有起哉、町田百香役の松嶋菜々子ら、若手 からベテランまでの全員主役級の実力派超豪華キャストが集結しました。石井監督は今回のキャスティングに関して、新人2人がど うすれば輝きを放つこが出来るのか考えた結果、実力派俳優陣を起用することでした。真夏の 2018 年 7 月 1 日にクランクイン。



■岩田剛典(氷室雄)コメント
前回、短編映画「ファンキー」でご一緒させて頂きまして、次はがっつり長編でやろうっていう風にお話をしてくださっていたので、 監督から直接のオファーでしたのですごく嬉しい気持ちでした。まあでも作品のプロットを読ませて頂いた時に、え、石井さんが少女 漫画原作やるの?みたいな驚きが一番最初に来て、いやどうなるんだろうというか、石井さんテイストのその作風っていうものがあん まりこう漫画の世界感とマッチする印象がなかったので、第一印象、どうなるんだろうっていうところで衣装合わせとか撮影に入って いきました。現場に入っても、現場が終わっても、どういう仕上がりになるのかさっぱり想像がつかなかったです。

■高畑充希(高嶋さくら)コメント
脚本を頂いて読んで、なんだこの面白い脚本は!と思い、何回も読みました。久々に石井組に参加できてすごく楽しかったです。2 6歳にもなって(※撮影当時)、制服を着て高校生活ができたのも嬉しかったし、主演の 2 人といろんな話をしながら、彼らのピュア な美しさを近くでずっと見てられることにとてもドキドキしました。

■前田敦子(栄りら)コメント
石井監督の演出はおもしろかったですし、楽しかった。なんか、いきなり土足で入ってきてくれる感がみんな多分クセになるんだろ うなって思いますね。すごく普通の青春なんですけど、でも今ってすぐにくっついちゃったりとかするじゃないですか。それがなかなかく っつかない、それが普通でかわいいなって思いました。

■太賀(西野亮太)コメント
映画での石井組の参加は念願でした。 これまでもご縁はありましたが、ようやく映画に出れるんだっていう事がすごく嬉しかったです。脚本はあまりにもおもしろくて、読み終 えたら興奮して熱くなっていました。 現場での監督の演出も痺れる事の連続でした。改めて「青春」を体現すること、それは痛いし辛いし全然甘くない。でも監督を信じて、 とにかく食らいついていく気持ちで臨みました。 ほんの数日間の撮影でしたが、終わってみたら忘れられない夏になっていました。 この作品の純真さは、必ず見る人の胸を打つと思います。

■池松壮亮(吉高洋平)コメント
(脚本を読んで)とにかく素晴らしかったです。今まで石井さんは何本も映画を作られてきましたけども、色々なテーマがありつつ、 更に研ぎ澄まされたものを感じました。

■戸田恵梨香(吉高葵)コメント
(撮影を終えて)とにかく石井さんが楽しそうだったので、凄く嬉しかったですし、石井さんの柔らかさが現場の空気になっていて、と ても居心地が良かったです。

■佐藤浩市(日野)コメント
石井監督の作品は久しぶりでしたが、楽しく、久々にフィルムで撮っている感じが嬉しかった。演じている側にはそんなに関係無い 事かもしれないけども、我々は昔から体感してきたので、やっぱりフィルムがまわっているのは嬉しかったですね。

■北村有起哉(町田あゆた)コメント
(脚本を読んで)先ず面白かったですね。読んだことの無い世界観で、それを石井監督がメガホンを取る、何より主役の2人が新 人で、オーディションで選ばれたということで、相当フレッシュで凄いまっすぐなエネルギーな映画になるだろうなと思いましたし、普通 に僕も観てみたい映画になりました。

■松嶋菜々子(町田百香)コメント
初めて脚本を読んだ時、それぞれに愛がありました。ちょっとひねくれていそうだけれど、根底に持っている愛、優しさ、素直さ、そ ういうものが最後みんなに感じ取れる優しくふわぁっとした作品なので、石井監督の世界観の期待に応えられるよう向き合いました。

■石井裕也(監督・脚本)コメント
人を好きになる気持ち、愛とかそういうものは、普通であれば恥ずかしくて口に出すのもはばかられますが、やはりどう考えても人間 にとって必要なこと。それが今、本当にやるべき題材だと感じ、それをまったくてらいもなく、恥ずかしげもなくやってる“少女漫画原作 の力”に僕も乗っかりたいと思いました。この作品では、本当に例外的なことをやりまくっています。まさか自分が少女漫画原作をや るとは思っていなかったので、逆に振り切れたというか、冒険的になれたし、映画的な自由を得られたんだと思います。

■北島直明(プロデューサー)コメント

石井監督が作る少女漫画原作の映画を僕自身が観たかった。例えば、その材料を誰が調理するかで全然違う料理になるように、 監督と話していると、【町田くんの世界】を映画として再構築したらどんなものが仕上がるのか、それが楽しみで仕方がありませんでし た。 恋愛映画や、恋愛漫画って、『好き』とか『嫌い』とか、登場人物達が皆“恋愛を知っている”という前提で物語が進行していきます。 ほとんどの作品が、【モテない子が急にモテるようになる】あるいは【三角関係になる】といったいくつかの基本フォーマットで物語が進 んでいくのですが、どのキャラクターも『人を好きになる』という根本を深く考えていない事が多いんですよね。大人だって『好き』という 感情を明確に説明できる人は少ないはずなのに、なぜか皆、『恋愛』は知っているんです。家族への好き、友達への好き、片思いの 人への好き、恋人への好き、夫・妻への好き、子供への好き…違いを説明できますか? 【町田くんの世界】は『人を愛する事』はしっているのに、『好き』っていう事が分からない主人公・町田くんが、『好き』を学ぶ物語です。 その過程で、恋愛を知っている“はず”の登場人物たちが、改めて、『好き』を学ぶ物語でもあります。兎にも角にも、絶対に予想でき ないラストシーンを用意しましたので、エンディングを観て、皆さんの『好き』が見つかってくれたら嬉しいです。石井監督の才能が爆 発しています!

映画情報どっとこむ ralph 邦画史上、類を見ない<予測不可能な結末>にご期待下さい! 新たな時代の始まりに相応しい傑作の誕生です!

町田くんの世界

6月7日(金)全国公開です。

【ストーリー】
運動も勉強も苦手で、見た目も普通な町田くん。しかし、彼には困った人の事は絶対に見過ごさず、接した人みんなの世界を変えてしまう不思議な力が…!? そんな町田くんに訪れた突然の出来事…。優しさに溢れていた“町田くんの世界”がひっくり返る!

***********************************


キャスト:
細田佳央太、関水渚
​岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、​池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子

監督・脚本:石井裕也
脚本:片岡翔
原作:安藤ゆき「町田くんの世界」(集英社マーガレットコミックス刊)
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会