「高畑充希」タグアーカイブ

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』北海道庁へ表敬訪問


映画情報どっとこむ ralph 大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(渡辺一史 著/文春文庫刊)を大泉洋さん、高畑充希さん、三浦春馬さんで実写化、映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』として、2018年冬に全国公開する運びとなりました。

車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の<笑いと涙の実話>--幼少期から難病にかかり、人に助けられながらでないと生きていけない体となった実在の人物・鹿野靖明。ときには度を超えるワガママぶりを見せながらも、自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた鹿野さんと、彼を支えながら共に生きたボランティアたちと家族の実話が、この冬、笑って泣ける最高の感動作として誕生します!

オール北海道ロケ作品として、北海道命名150周年を迎える今年、札幌市などの全面協力のもと、6月から7月上旬にかけて撮影を予定しているということで北海道庁へ表敬訪問。​
松竹㈱ 執行役員/映像企画担当の武田功さん(以下:武田さん)は

武田さん:北海​道が誕生して150年という節目の年に、北海道が舞台となる本​作を製作させていただけることをありがたく思っております。​北海道の皆さまのお力添えがなければ完成しない作品だと思​います。

と記念すべき年に本作を製作できることに感謝の意​を示した。それに対し阿部啓二副知事(以下:阿部副知事)は​

阿部副知事:主演の大泉洋さん(鹿野靖明役)も北海道出身であり、北海道​としても命名150周年という記念の年でもありますので、​実際に鹿野さんが住んでおられた道営住宅での撮影などのお手伝いもさせていただきました。

と、本作の撮影を支援した流れにも言及。実際に鹿野さんが使用していた場所で撮影ができることに対して

武田さん:作品にリアリティが出ますし、前田哲監督もとても喜んでおりました。みんなに愛を伝えられる、感動できる作品にしていきたいと思っております。

と語った。​

映画情報どっとこむ ralph 本作のプロデューサーの石塚慶生(以下:石塚P)は

石塚P:撮影は、鹿野さんが実際に旅行に行かれた美瑛での撮影も予定しており、皆様のご協力のおかげで実際に泊まられていたペンションでの撮影もご協力いただけることになりました。また、札幌、旭川でも撮影しますが自然の多い旭山公園や、八剣山の果樹園、さらには鹿野さんが実際通っていた病院も撮影にお借りする予定です。

と述べ、北海道でのオールロケ撮影であること、鹿野さんが実際に訪れた地でも多く撮影することについても語った。また

石塚P:北海道での撮影ということで、監督とともにオーディションを開催したのですが、札幌の方も多く出演者として採用させていただきました。みなさんとても演技力が高く、幅広い層の方に出演していただくことになりました。

と、北海道全体から協力していただいている点についても言及した。​

また、

石塚P:鹿野さんは松竹の寅さん(男はつらいよ)や浜ちゃん(釣りバカ日誌)のような主人公だと思います。鹿野さんは実在の人物ですが、そこに人が集まって、彼とぶつかって、交流していく中で、それでも彼から離れられないという、寅さんや浜ちゃんと共通する部分があると思います。そういう部分を本作の中でも描ければ良いなと思います。「血がつながっていないけれど家族である」というのは、松竹らしいテーマでもあり、世界に通じるテーマでもある。海外でも観ていただけるよう、観た人たちが北海道に来たくなるような作品にしていきたいです。

と製作への意気込みを語った。​

最後に

阿部副知事:北海道の清々しい大地の中で、こうして一つの映画が撮影されることに我々も楽しみに期待しておりますので、宜しくお願いします。

と締めくくった。​

映画情報どっとこむ ralph オール北海道ロケ作品として、北海道命名150周年を迎える今年、札幌市などの全面協力のもと、6月から7月上旬にかけて撮影を予定。

この度、松竹の製作陣が映画の舞台でありロケ地にもなる北海道を訪れ、北海道庁へ表敬訪問しました。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

2018年冬 全国ロードショー

公式サイト
bananakayo.jp
公式Twitter
@bananakayomovie

***********************************

監督:前田哲
脚本:橋本裕志
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)

出演:大泉洋 高畑充希 三浦春馬

配給:松竹


主演 星野源 が引きこもり侍! 共演に高橋一生・高畑充希 『引っ越し大名(仮題)』実写映画化決定!コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph このたび、『超高速!参勤交代』シリーズで、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、大ヒットを収めた土橋章宏原作の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」を、松竹制作・配給にて映画化することが決定しました!

生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられた実在の大名・松平直矩(なおのり)をモデルに、参勤交代をはるかに上回る莫大な費用がかかる無理難題の引っ越しをせねばならないお国の一大事を救うため、あらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩の藩士たちの汗と努力と涙と笑いの物語です。
主人公の書庫番で引っ越し奉行・片桐春之介を演じるのは、俳優・音楽家・文筆家といくつもの顔を持ち、各ジャンルで類まれな才能を発揮して大活躍中の星野源。気弱でコミュ障に見えながらも、持ち前の知恵を生かして成長していく春之介を演じます。

また春之介の幼馴染で、春之介を引っ越し奉行に推薦する御刀番・鷹村源右衛門役には、高橋一生。腕っぷしの強さと豪傑さで春之介を支える相棒としての役割を担います。

そして、前任の引っ越し奉行・板倉の娘で父親から受け継いだ引っ越しのコツを春之介に指南する於蘭(おらん)役に、高畑充希。気丈でしっかりものの娘として、春之介をサポートして引っ越しを仕切っていきます。今、最も旬で実力と人気を兼ね備えた最強のキャストが勢揃いし、素晴らしいアンサンブルが期待できる夢のキャスティングが実現しました。

今作が3人にとって時代劇映画初出演となり、初共演となります。

映画情報どっとこむ ralph 星野 源(片桐 春之介役)さんからのコメント​
オファーをいただいた時、時代劇の主演だというのでどんなシリアスな役柄だろうと身構えたのですが、その役が「引きこもり侍」だと聞き、楽しい作品になりそうだと非常にワクワクしました。​僕が演じる片桐春之介は、本を読むのが大好きで、人と接するのが苦手な男です。そんな内気な男が“引越し奉行”として無理やり引っ張り出されたことを切っ掛けに、人と接し、悩み、協力し、己の才能を開花させていきます。​脚本を読み、その痛快かつ胸が震えるようなストーリーに驚きました。犬童監督、一生くん、充希ちゃんをはじめ、素晴らしいスタッフ・キャストの皆様とお仕事できることを光栄に思います。​久しぶりの主演作品『引っ越し大名』。春之介として精一杯楽しみたいと思います。​


高橋一生(鷹村 源右衛門役)さんからのコメント​
台本を読ませていただいて、この役を何故僕にお声掛けくださったのか、嬉しく思うと同時に不思議でなりませんでした。​俳優は、少しずつそのイメージの幅が狭まってくるものだと理解しています。それでも僕は幸運な事に、今までいただいた役それぞれが独立していたと思います。​ただ、今回演じる鷹村源右衛門は、今までとはさらに違った方法論を持ち出さなければならないことを感じていますし、それをこの組で、この共演者の方々と共に作っていけることが楽しみで仕方ありません。​


高畑充希(於蘭役)さんからのコメント​
2015年の犬童監督とのメッセージのやりとり履歴を先日発見して、「いつか一緒に。」という言葉を見つけ、やっと実現するんだなぁ、、と嬉しくなっています。時代劇で、京都で、馬にまで乗る。慣れないことだらけですが、未知の場所に思いっきりダイブするつもりで。​以前わたしの奥様だった(笑)源さん、高橋さんがいてくださることが、とてもとても心強いです。ほぼ紅一点、そわそわします。がんばります。​

映画情報どっとこむ ralph
監督には、大ヒット作『のぼうの城』で豊臣秀吉に立ち向かった500人の軍勢を圧倒的なスケールとユーモラスな人物像で描き注目を集めた犬童一心監督。エンタメ作品から繊細な人間ドラマまで幅広く手掛ける日本映画界の名手が、笑いと人情味に溢れた痛快ドラマとして描きます。

犬童一心監督 コメント​
江戸時代、理不尽な人たちや、タイミングが引き起こす苦難を、偽ることなく、真っ直ぐな正直さ、そして笑顔で乗り切ろうとする若者を描きたい。それこそ、今一番必要だと思うから。星野源こその片桐春之介。きっと、最高にグッとくるはずです。キュート極まる高畑さん、ぶっ飛んだ一生さんにも、乞うご期待!


『超高速!参勤交代』の脚本家と制作陣が贈る痛快エンタテインメント時代劇の新たな作品がいよいよ始動します。

引っ越し大名』(仮題)

2019年 全国公開

***********************************

出演:星野源 高橋一生 高畑充希​
原作:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫 刊)​
監督:犬童一心​
脚本:土橋章宏​
配給:松竹​
撮影:2018年5月~6月予定​
公開:2019年 全国公開


大泉洋・高畑充希・三浦春馬でオール北海道ロケ!映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』実写化!


映画情報どっとこむ ralph
この度、大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(渡辺一史 著/文春文庫刊)を実写化、映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』として、2018年冬に全国公開する運びとなりました。


車イスの人生を、愛のままに、ワガママに生きた男の<笑いと涙の実話>

幼少期から難病にかかり、人に助けられながらでないと生きていけない体となった実在の人物・鹿野靖明。ときには度を超えるワガママぶりを見せながらも、自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた鹿野さんと、彼を支えながら共に生きたボランティアたちと家族の実話が、この冬、笑って泣ける最高の感動作として誕生します!

映画情報どっとこむ ralph
12歳の時、筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを発症しながらも、信じられないバイタリティで人生を駆け抜けた最強のワガママ&愛され男・鹿野靖明を演じるのは、北海道を代表する俳優・大泉洋さん。同じ北海道で生まれ育ったという共通点を持つ実在の人物を演じるに際し、大泉さんは初めて車イスと介助を受ける役に挑戦する。

鹿野のボランティアとして参加し、心を通わせていく女子大生・安堂美咲を演じるのは高畑充希さん。ふとしたことで鹿野と知り合い、そのワガママぶりに巻き込まれながらも、彼の生きる強さに共鳴していく。

その美咲の彼氏で、医学生の田中久を演じるのは三浦春馬さん。医者の家系に生まれ、将来に悩んでいるが、支えるはずの鹿野から逆に色々なことを学び成長していく。

物語の軸となる3人を演じる大泉×高畑×三浦は、本作が初共演となる。

映画情報どっとこむ ralph 監督は『ブタがいた教室』『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』など、「命」をテーマに描くことをライフワークとする前田哲。

脚本は『映画 ビリギャル』『テルマエ・ロマエⅡ』など、常に時代と向き合ってエンターテイメントを描き続ける橋本裕志が手掛ける。

大泉洋主演の『探偵はBARにいる』シリーズや『しあわせのパン』など、ヒット作を数多く生み出したオール北海道ロケ作品として北海道命名150周年を迎える今年、札幌市などの全面協力のもと、5月下旬から7月上旬にかけて撮影を予定しているそうです!


こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
2018年冬 全国ロードショー

公式サイト
bananakayo.jp
公式Twitter
@bananakayomovie

***********************************


監督:前田哲
脚本:橋本裕志
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)

出演:大泉洋 高畑充希 三浦春馬

配給:松竹


『旅猫リポート』福士蒼汰の相棒ナナ(猫)の声は高畑充希に決定!音楽はコトリンゴ


映画情報どっとこむ ralph 有川浩の“一生に一本しか書けない物語” 『旅猫リポート』 福士蒼汰の相棒・ナナ(猫)の声は高畑充希に決定!! 福士蒼汰と高畑充希演じる・ナナの凸凹コンビの特報初解禁! そして、音楽はコトリンゴに決定!

舞台、ラジオドラマ、絵本、 朗読劇と、数多くメディアミックス展開された「旅猫リポート」。原作者の有川浩自身も、過去のイン タビューで「一生に一本しか書けない物語」と表現するほど思い入れの強い作品で、自ら脚本開発にも 参加しています。


映画情報どっとこむ ralph 猫が主要なキャラクターとして登場し、全編にわたって高度な演技が求められることから、映像化困難 とされてきた本作が、満を持して福士蒼汰主演で実写映画化となりました。 原作は猫の目線で描かれているため、昨年の映画化発表以来、猫(ナナ)の心の声を誰が担当するのか、 ファンの間では様々な憶測を呼び、話題となっておりましたが、この度、高畑充希が声を担当することに決定しました!

高畑充希さんからのコメント
『植物図鑑』ぶりに有川さんの作品に参加させていただける、ということでお話を伺うと、まさかの、猫! わたしの実家で幅を利かせているニャンコも、ニャーとかギュルギュルとか、ギャーとか。なんだか分からない猫語をよく発している ので、“猫が話す”というのはなんだか少し、想像がついたのですけれど、さて、自分がやるとなると、どうしたものかなぁ〜、、。 ハテナだらけで向かったアフレコでしたが、俳優猫ちゃんの可愛げのない可愛らしさに夢中になっているうちに、気づいたら終 わっていました。 声を担当させていただいてはいるのですが、見所はズバリ、喋らない時の猫ちゃんの顔! 大きな目に映る様々なものに、想像力を掻き立てられてしまいました。

映画情報どっとこむ ralph また、この度、音楽はコトリンゴに決定! 2016年に公開しロングランヒットとなった「この世界の片 隅に」で音楽を担当し、第40回日本アカデミー賞のほか数 多くの音楽賞を受賞したコトリンゴが、原作の世界観を柔 らかなメロディーと歌で表現し、本作を彩ります。映画音楽を担当するのは同作以来となります。

コトリンゴさんからのコメント

悟とナナ、その友人たちのように、大切なパートナーや仲間と共に過ごす時間、その一瞬一瞬が愛おしく思える、素敵な作品 に参加できてとても光栄です。 今回、音楽を作っていく上での監督さんからのアドバイスの一つに、観てくださったお客さんが思わず口ずさんでしまうようなテー マだといいな、という言葉がありました。 シンプルなようでいて難しく、でもとても大切な事だと思い、制作中は何度も振り返っていました。 この作品を観た後の、あたたかい気持ちがたくさんの方に届きますように。

映画情報どっとこむ ralph そして、今回ティザービジュアルが完成。

悟とナナのコンビが初お披露目となります。 特報予告では高畑充希演じるナナの声とコトリンゴの曲も 初解禁! 心優しき青年とツンデレ猫の凸凹コンビと、菜の花畑や富 士山など息を呑むほど美しい日本の風景がコトリンゴの音 楽ときれいに重なり、見た人を優しい気持ちにさせてくれ ます。

柔らかい雰囲気の中、「さあ行こう、これは僕らの 最後の旅だ」「俺の最後の猫がナナでよかった」という意味深なセリフが物語の結末を期待させます。


果たして2人の はどうなるのか?

旅猫リポート

本作は10月26日(金)より全国公開です。

公式サイト:
http://tabineko-movie.jp/

公式twitter:
https://twitter.com/tabineko_movie

物語・・・
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸 せに暮らしてきた。とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、ナナと 一緒に、親友や初恋の人など、悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを訪ねる旅に出る。 それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい 物語。旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは。

***********************************

原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)
監督:三木康一郎
脚本:有川浩、平松恵美子
音楽:コトリンゴ
企画・配給:松竹 公開: 2018年10月26日(金) 全国公開
©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社


丸山隆平(関ジャニ∞)『泥棒役者』DVD & Blu-ray 5月16日(木)に発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 2017年11月18日全国劇場公開「泥棒役者」の DVD & Blu-ray を5月16日(木)に発売することが決定しました。

丸山隆平(関ジャニ∞)さんを映画単独初主演に迎え、「とと姉ちゃん」(NHK 連続テレビ小説)、「TIGER & BUNNY」等多数の脚本を手がけた西田征史監督『泥棒役者』! “人違い“と“勘違い”をくり返し、クセもの 8 人による“だまし・だまされ”が見事に描かれつつ、最後にはホロリ涙するとされ、各映画レビューサイトの満足度で【1 位】を記録し話題となった≪超喜劇エンターテインメント≫がいよいよ DVD と Blu-ray で発売です!

物語・・・

かつて泥棒稼業に手を貸した過去がある大貫はじめ(丸山隆平)。

今は溶接工員として真面目に働き、恋人の美沙(高畑充希)と幸せな同棲生活を送っていた。ある日、昔の泥棒仲間・畠山(宮川大輔)から、美沙に泥棒だった過去をバラすと脅され、泣く泣く、とある豪邸に盗みに入ることに。だが、忍び込んだ豪邸で、家主の絵本作家・前園俊太郎(市村正親)、訪問してきた編集者・奥(石橋杏奈)、セールスマン・轟(ユースケ・サンタマリア)から、「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々と間違えられてしまう。「泥棒」として捕まりたくない一心で、はじめはその都度、勘違いされた「役」を必死に演じるハメになるのだが…。

前園家の隣に住むユーチューバー・高梨(片桐仁)、奥の上司の編集長(峯村リエ)も巻き込み、屋敷の中は一層カオスに。

はたして、はじめは正体を隠したまま、愛する恋人の元に帰ることができるのか???


映画情報どっとこむ ralph
DVD (DVD3 枚組) JABA-5194~5196

税込\7,020/税抜\6,500
収録:[Disc1/DVD]本編(114 分)+予告編映像 [Disc2/DVD]特典ディスク① [Disc3/DVD]特典ディスク②

仕様:
●三方背ケース+デジパック仕様 ●ブックレット封入音声:[Disc1]①ドルビーデジタル 5.1ch ②ドルビーデジタル 2ch [Disc2・3]ドルビーデジタル 2ch 字幕:日本語字幕(本編のみ)


Blu-ray (Blu-ray1 枚+DVD2 枚) JAXA-5059~5061

税込\8,100/税抜\7,500
収録:
[Disc1/Blu-ray]本編(114 分)+予告編映像 [Disc2/DVD]特典ディスク① [Disc3/DVD]特典ディスク② 仕様:●三方背ケース+デジパック仕様 ●ブックレット封入音声:[Disc1]①DTS Master Audio 5.1ch ②DTS Master Audio 2ch [Disc2・3]ドルビーデジタル 2ch 字幕:日本語字幕(本編のみ)

***********************************

出演:丸山隆平 市村正親 石橋杏奈 宮川大輔 片桐仁 / 高畑充希 / 峯村リエ ユースケ・サンタマリア

監督・脚本:西田征史(『小野寺の弟・小野寺の姉』「TIGER & BUNNY」「とと姉ちゃん」)
製作:「泥棒役者」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート
(C)2017「泥棒役者」製作委員会