「高橋洋」タグアーカイブ

原作者:鈴木光司が「原作に忠実で、もっとも怖い」『ザ・リング/リバース』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 初代『リング』(1998年公開 監督:中田秀夫、脚本:高橋洋)公開から20年。数々の続編、リメイク作が軒並み大ヒットを記録してきた「リング」シリーズの三度目のハリウッド版リメイクとなる「Rings(原題)」が邦題『ザ・リング/リバース』として2018年1月、全国ロード―ショーの運びとなりました。

かの有名な最恐キャラクター“貞子”を生み出した傑作ホラーシリーズ「リング」。
その最新作がハリウッド版リメイク三作目にして原点回帰。呪いのビデオを見てしまった主人公が、そのルーツを辿り、謎を解き明かすべく奔走するという、原作に忠実なストーリー構成。さらに現代ならではの要素も取り入れつつ、さらにバージョンアップを遂げた戦慄シーンの数々は、原作者である鈴木光司氏も絶賛するほど!

監督はF・ハビエル・グティエレス。
主人公のジュリアを演じるのは新人俳優のマチルダ・ルッツ、ジュリアの恋人・ホルト役には『フィフス・ウェイブ』でクロエ・グレース・モレッツを救う謎のイケメンを演じ話題となったアレックス・ロー、テレビシリーズ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」の主人公レナード役でお馴染みのジョニー・ガレッキらが脇を固めています。

製作は『ザ・リング』シリーズのローリー・マクドナルドとウォルター・F・パークスが手掛け、デヴィッド・ルーカ、ヤコブ・アーロン・エステス、『ビューティフル・マインド』でアカデミー脚色賞を受賞したアキヴァ・ゴールズマンらが脚本を担当している。

映画情報どっとこむ ralph 「呪いのビデオを見た者は、必ず7日後に死ぬ…」戦慄の物語が再び始まる!
映画『ザ・リング/リバース』は2018年1月全国ロードショー

物語・・・
「必ず7日後に死ぬ」と言われる呪いのビデオを見てしまったジュリア。迫り来る運命から逃れ、呪いの連鎖を断ち切るべく、恋人のホルトとともに、呪いのルーツを辿り、謎を解き明かそうとする。やがて辿り着いたのは一人の少女の存在。しかしそれは更なる恐怖の幕開けだった…。

***********************************

監督:F・ハビエル・グティエレス『アルマゲドン・パニック』 
脚本:デイビッド・ルーカー『ドリームハウス』、『ボディ・ハント』、ヤコブ・アーロン・エステス『さよなら、僕らの夏』、
   アキヴァ・ゴールズマン『天使と悪魔』、『ダヴィンチ・コード』、『ビューティフル・マインド』*アカデミー賞脚色賞
製作:ウォルター・F・パークス&ローリー・マクドナルド「ザ・リング」シリーズ、「MIB」シリーズ、『ターミナル』、『ロード・トゥ・パーディション』
出演:マチルダ・ルッツ、アレックス・ロー『フィフス・ウェイブ』、エイミー・ティーガーデンガブリエル、ジョニー・ガレッキ「ビッグバン☆セオリー ギークなボクらの恋愛法則」、『TIME/タイム』 ボニー・モーガン、ビンセント・ドノフリオ『フルメタル・ジャケット』
原作:鈴木光司/映画「リング」 
原題「Rings」/2016/102分/アメリカ/G
配給:KADOKAWA 
提供:KADAOKAWA、アスミック・エース
(C) 2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
     


東京国際映画祭 ウルトラを超える作品とは?!トークイベント決定


映画情報どっとこむ TJ そして!円谷プロダクションは、ウルトラマンシリーズ放送開始50年という節目の年に、半世紀前にシリーズの原型を築き上げた脚本家・金城哲夫の功績を改めて讃えるとともに、『ウルトラマン』のような永久不滅の作品を生み出すべく、「円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞」を創設致しました。
(本年7月より応募受付中~11月末〆切 過去記事参照
%e9%87%91%e5%9f%8e%e5%93%b2%e5%a4%ab%e8%b3%9e 今回、第29回 東京国際映画祭共催・提携企画として、金城哲夫が脚本を担当した名作と呼ばれる作品群をダイジェスト映像で振り返り、「金城哲夫賞」審査員及び映画評論家・清水節による「ウルトラを超える作品とは?!」をテーマにしたトークで盛り上がります。

開催概要
開催日時:2016年11月3日(木・祝)
開場16:40/開演17:00
開場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
所在地:東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内

映画情報どっとこむ TJ <登壇者>
大友啓史(Keishi Otomo)/映画監督
高橋洋(Hiroshi Takahashi)/脚本家・映画監督
田中芳樹(Yoshiki Tanaka)/小説家
中島かずき(Kazuki Nakashima)/劇作家・脚本家
清水節(Takashi Shimizu)/編集者・映画評論家

<挨拶>
大岡新一(Shinichi Ooka)/株式会社円谷プロダクション代表取締役社長

<チケット>
発売日時:2016年10月15日(土)12:00
(10月22日(土)12:00~ 2次販売実施)
料金:一般1,800円/学生1,500円/学生当日500円
チケット販売の案内:http://2016.tiff-jp.net/ja/ticket/
※前売りで完売の場合は、当日券の販売はございません

映画情報どっとこむ TJ ■上映作品
※下記作品を含む、金城哲夫脚本作品をまとめた約20分のダイジェスト映像となります
・『ウルトラQ』第3話「宇宙からの贈りもの」
ultraq%e5%ae%87%e5%ae%99%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e8%b4%88%e3%82%8a%e3%82%82%e3%81%ae ・『ウルトラマン』第39話「さらばウルトラマン」
%e3%81%95%e3%82%89%e3%81%b0%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%83%b3 (C)円谷プロ

映画情報どっとこむ TJ 第29回東京国際映画祭

開催期間:10月25日(火)~11月3日(木・祝)

会場:EXシアター六本木、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、歌舞伎座、109シネマズ二子玉川 他
オフィシャルHP:
2016.tiff-jp.net/ja

併設マーケット:
TIFFCOM2016(Japan Content Showcase 2016)
10月24日(月)~10月26日(水)
チケット発売 :10月15日(土)よりticket boardにて発売開始!

***********************************



偽オカマバー始めました「小川町セレナーデ」予告解禁


小川町セレナーデポスター偽オカマバー始めました!

10月4日(土)より、公開の

『小川長セレナーデ』

予告解禁です。

女手ひとつでスナックのママとして娘を育ててきた母、スナックの店名に自分の名前をつけられ、どうも昔から男運のない娘。

借金まみれのスナックの再起に娘が考えたのは、「偽オカマバー!」その手ほどきを頼んだ母の旧知のオネエの友人エンジェルは、どうやら娘の父親らしく・・・というお話で、

母役を須藤理彩さん、娘役をこの後主演作含む映画出演が相次ぐ藤本泉さん、そしてオネエのカリスマダンサー・エンジェルをTEAM NACSの安田顕さんが演じています。

予告編・・ヤスケンさんいい味出してます。。。。。おかまっぷり。

派手できらびやか、でも家族の暖かみを感じる仕上がりです。



監督・脚本を担当したのは多数の映画で助監督を務めてきた新鋭 原桂之介。

場末のスナックの持つ魅力、常連客たちが持つわびしさ、あたたかさ、おねぇの持つパワー、母親のたくましさ、小夜子をとりまく世界をメランコリック描き、どこの町にでもある小さなスナックのちょっと大変で、ちょっと楽しく心あたたまる物語を紡ぎだしました。

エンディング曲は、ももいろクローバーZの妹分、私立恵比寿中学の『幸せの貼り紙はいつも背中に』。

いつでも、飲みにおいで!

「小川町セレナーデ」

10月4日(土)より、角川シネマ新宿、川崎チネチッタほか全国順次公開となります。

********************************************************************


キャスト
須藤 理彩,安田 顕,藤本 泉
小林きな子,高橋洋,阿部進之介,濱田ここね
いか八朗,大浦龍宇一,金山一彦
大杉 漣(特別出演)

監督・脚本:原桂之介
プロデューサー: 佐谷秀美 篠田 学
共同プロデューサー:中山賢一 片山 宣
ラインプロデューサー:坂口慎一郎、キャスティングプロデューサー:星 久美子
脚本・監督:原 桂之介
撮影:柴崎幸三、照明:上田なりゆき、録音:小原善哉、美術:愛甲悦子、装飾:平井淳郎、
ヘアメイク:内城千栄子、スタイリスト:チバヤスヒロ
振付: 西濵ひーとん、音楽:古川はじめ
編集:小野寺絵美、音響効果:松浦大樹
VFXスーパーバイザー:大萩真司
助監督:桑原昌英 大津 是、制作担当: 田中智明
アシスタントプロデューサー:豊田賀世
主題歌:『幸せの貼り紙はいつも背中に』(私立恵比寿中学)

製作:「小川町セレナーデ」製作委員会
製作プロダクション:パイプライン
配給:アイエス・フィールド 
配給協力:KADOKAWA
協力:かわさき街おこしシネマプロジェクト


Vシネ・歌謡・AVまでVHSテープを巻き戻します


VHSテープを巻き戻せ!7 月26 日(土)より公開の『VHSテープを巻き戻せ!』。

その公開を記念して、日本中からVHS超人たちが渋谷へ集結します!!!

イベントは劇場初公開となる東映Vシネマ上映からビデオにまつわる歌謡ショー、狂人たちの恐ろしいほどマニアックな話から、ビデオでボロ儲けした話などバラエティに富んだイベントになる模様。まさに全ての映画好きに捧ぐ「VHS祭り」ともいえる内容のようです。

この夏、暑さしのぎにもなるし
ちょっときてるVHSブームを劇場でチェックしてみることをおススメですね。

その内容はというと....

◆連日豪華イベント決定!◆
その他イベント決まり次第http://www.uplink.co.jp/movie/2014/28559随時更新されます。

2014年7月26日(土) 
Vシネマを巻き戻せ!part1
特別上映 (19:00~)『XX ダブルエックス 美しき狩人(ハンター)』
ゲスト:高橋洋(映画監督、脚本家『リング』)、中原翔子(女優)

2014年7月27日(日) 
Vシネマを巻き戻せ!part2
特別上映(19:00~)『クライムハンター 怒りの銃弾』
ゲスト:加藤和夫(東映Vシネマ仕掛け人/プロデューサー)

2014年7月28日(月) 
夜を巻き戻せ!タブレット純歌謡ショー&トーク!
ゲスト:タブレット純

2014年8月4日(月) 
ビデオバブルを巻き戻せ!
ゲスト:JOJO広重(非常階段、元ビデオショップ経営)、中原昌也(ミュージシャン、作家)

2014年8月6日(水)
VHS狂人を呼び寄せろ!
ゲスト:白石晃士(映画監督『コワすぎ!』シリーズ)、坪井篤史(シネマスコーレスタッフ/VHS狂人)

2014年8月7日(木)
トラッシュビデオを巻き戻せ!
ゲスト:屑山屑男(TRASH-UP編集長)、餓鬼だらく

2014年8月9日(土)
アダルトビデオを巻き戻せ!
ゲスト:バクシーシ山下(AV監督)

で、『VHSテープを巻き戻せ!』そのものの▶再生開始!
は、2014年7月26日(土)からです!

特別鑑賞券 \1,300(税込) 劇場窓口のみ、特製“VHSテープ”仕様で販売!
公式サイト http://www.uplink.co.jp/vhs
公式Facebook  https://www.facebook.com/VideoHomeSystem.movie

********************************************************************



『VHSテープを巻き戻せ!』

全ての映画好きへ捧ぐ!
愛すべき映画狂による映画愛溢れるドキュメンタリー!
消えゆくメディア「VHS」がなぜいまも多くの映画ファンを魅了するのか。
ビデオが築いた功績を辿り、新たな視点で再燃するVHSブームをひも解く。

ここには夢とチャンスと愛がつまっている!
家にビデオデッキがやってきた日の興奮、ビデオテープをセットした時の感触、レンタルビデオショップの会員になった時の高揚といった“初体験”の数々、中古ビデオを探し歩いた徒労と充実の日々。知っている人には懐かしく、知らない人には驚きの発見だらけ!ビデオカルチャーの仕掛け人や生き証人、ビデオに魅せられた人々の言葉からみえてくる映像作品のいまそこにある危機!『VHSテープを巻き戻せ!』は、ノスタルジーとテクノロジーをつなぐ“愛”のドキュメンタリーだ!

<VHSテープとは>
VHSとは、Video Home Systemの略で、旧・日本ビクターが1976年に開発した家庭用ビデオ規格。β(ベータ)など他社の様々な規格との競争に競り勝ち、「ビデオ」といえばVHSを指すほど、家庭用ビデオ方式のスタンダードとして永くその座に君臨した。テープの縦188×横104×厚さ25mmカセットタイプの形状は、映像を「手に入れた!」と実感させる説得力あるボリューム。
『VHSテープを巻き戻せ!』VHS_前売り
<クレジット>
監督・脚本・原案:ジョシュ・ジョンソン 
製作:キャロリー・ミッチェル 
撮影・編集・音響:クリストファー・パルマー エグゼクティブ・プロデューサー:フレディ・フィラーズ、パノス・コスマトス 
出演:アトム・エゴヤン、ジェイソン・アイズナー、フランク・ヘネンロッター、ロイド・カウフマン、
カサンドラ・ピーターソン、押井守、高橋洋、千葉善紀、加藤和夫、藤木TDC、中原翔子、いまおかしんじ、バクシーシ山下 ほか 
2013年/英語・日本語(英語・日本語字幕)/91分/
配給・宣伝 UPLINK/宣伝美術:大橋祐介/宣伝:contrail
© Imperial Poly Farm Productions 


/


VHSテープ型劇場鑑賞券『VHSテープを巻き戻せ!』


全ての映画好きへ捧ぐ!
愛すべき映画狂による映画愛溢れるドキュメンタリー!7月26日(土)より公開の『VHSテープを巻き戻せ!』の劇場鑑賞券が世界初のVHSテープ型として発売することが決定!

『VHSテープを巻き戻せ!』VHS_前売り
往年の映画ファンからは「アナログすぎる!」という声が聞こえてきそうなこの世界初仕様の鑑賞券は、本物のVHSテープを使用している。

「VHSを手にした時の記憶、感触を忘れないでほしいし、知らないひとには是非この感触、重みを知ってもらいたい」

という思いから企画されたそうです。

倉庫に眠っていたデッドストックのビデオを一本一本手作業でリメイク。
上面ラベルには『VHSテープを巻き戻せ!』のオリジナルラベル、背面ラベルは元々入っていた映画タイトルラベルをそのまま残した映画ファンにはちょっとうれしい仕様になっています。

要注意!!!
尚、このVHS型劇場鑑賞券のテープはあらかじめ切ってあるので中身は見れないです。
またデッキで再生しようとすると詰まる恐れがあるので絶対にやめてくださいとのこと。

映画『VHSテープを巻き戻せ!』<劇場情報>
2014年7月26日(土)より ▶再生開始!
特別鑑賞券 ¥1,300(税込) 劇場窓口のみ、特製“VHSテープ”仕様で販売!
詳しくは、UPLINK HPにて http://www.uplink.co.jp/

公式サイト :http://www.uplink.co.jp/vhs
公式Facebook:https://www.facebook.com/VideoHomeSystem.movie/
********************************************************************

映画『VHSテープを巻き戻せ!』

全ての映画好きへ捧ぐ!
愛すべき映画狂による映画愛溢れるドキュメンタリー!


『VHSテープを巻き戻せ!』
消えゆくメディア「VHS」がなぜいまも多くの映画ファンを魅了するのか。
ビデオが築いた功績を辿り、新たな視点で再燃するVHSブームをひも解く。
ここには夢とチャンスと愛がつまっている!

『VHSテープを巻き戻せ!』2家にビデオデッキがやってきた日の興奮、ビデオテープをセットした時の感触、レンタルビデオショップの会員になった時の高揚といった“初体験”の数々、中古ビデオを探し歩いた徒労と充実の日々。知っている人には懐かしく、知らない人には驚きの発見だらけ!ビデオカルチャーの仕掛け人や生き証人、ビデオに魅せられた人々の言葉からみえてくる映像作品のいまそこにある危機!『VHSテープを巻き戻せ!』は、ノスタルジーとテクノロジーをつなぐ“愛”のドキュメンタリーだ!

<VHSテープとは>
『VHSテープを巻き戻せ!』1VHSとは、Video Home Systemの略で、旧・日本ビクターが1976年に開発した家庭用ビデオ規格。β(ベータ)など他社の様々な規格との競争に競り勝ち、「ビデオ」といえばVHSを指すほど、家庭用ビデオ方式のスタンダードとして永くその座に君臨した。テープの縦188×横104×厚さ25mmカセットタイプの形状は、映像を「手に入れた!」と実感させる説得力あるボリューム。

監督・脚本・原案:ジョシュ・ジョンソン
製作:キャロリー・ミッチェル
撮影・編集・音響:クリストファー・パルマー エグゼクティブ・プロデューサー:フレディ・フィラーズ、パノス・コスマトス
出演:アトム・エゴヤン、ジェイソン・アイズナー、フランク・ヘネンロッター、ロイド・カウフマン、カサンドラ・ピーターソン、押井守、高橋洋、千葉善紀、加藤和夫、藤木TDC、中原翔子、いまおかしんじ、バクシーシ山下 ほか
配給・宣伝 UPLINK/宣伝美術:大橋祐介/宣伝:contrail
(2013年/英語・日本語(英語・日本語字幕)/91分)
© Imperial Poly Farm Productions