「高橋朋広」タグアーカイブ

桜田通主演映画『ラ』主題歌を制作するにあたってSILENT SIRENコメント


映画情報どっとこむ ralph 映画・ドラマ・舞台のみならずミュージシャンとしても活躍中の桜田通主演映画『ラ』が、2019年4月5日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります!

本作は、解散したバンド「LACTIC ACID」の再結成を目指し、失われた友情を取り戻すため奮闘する音楽青春エンターテインメント。

桜田通は、「LACTIC ACID」の元ボーカル・慎平を演じております。

桜田のほか、ある“もの”と引き換えに慎平にお金をバックアップする恋人・ゆかり役に福田麻由子。
元バンドメンバーで元親友の黒やん役に笠松将。
若き3人の男女がぶつかり合い、苦悩しながら、それぞれの「夢」を探していくリアルな人間模様に胸が震えます。
映画情報どっとこむ ralph そして本作のエンディングソングは、SILENT SIRENが書き下ろした「REBORN」。

映画の脚本を読んだSILENT SIRENがキャラクターたちの心情に共感し、実現!

<SILENT SIRENコメント>
今回映画「ラ」の主題歌を制作するにあたって、台本を最初に読み、ラフの段階も含め何度も観ました。
観るたびに解釈が変わりこの人はこう思ってるのかな?こう感じてるのかな?どうなりたいのか、自分なりに考えて歌詞を考え、楽曲を制作しました。私達も音楽をやっているので他人事ではなくて入り込めました。
誰しもが過ちを犯して、希望は少ないかもしれないけど、その少しの光を信じて進めば生まれ変われる。生まれ変わらなければならない。その想いを込めてこの映画がより観てくれた皆さんの心に刺されば良いと思いました。
完成してからもう一度映画を観て、この作品を一緒に作れて本当によかったと思いました。
音楽をやっていない人も人生において夢や人間関係に悩まされる事があると思うので是非観て欲しいと思いました。一歩進むためのきっかけになったら嬉しいです。
出演者の皆様の演技に圧倒されました。表現者として私達も勉強になりました!


映画情報どっとこむ ralph 監督は、自主映画『それでも、お父さん』にて脚本と監督を務め、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015“国際長編部門”にノミネートされ、作品が高い評価を受け、福岡インディペンデント映画祭など多数の国内の映画祭で上映された高橋朋広。本作でも脚本も担当し、劇場公開用映画としては初監督作品となります。

<高橋朋広監督コメント>
とても面白い作品です。
何より役者陣の芝居の熱量が凄い。特にこの映画のメインである、「慎平」「ゆかり」「黒やん」という3人はスクリーンの向こう側で息づいています。生きています。そしてスタッフ達のこだわりも凄い。ぜひ見てほしい、本当に面白いのです。

……と、恥ずかしげもなく全力で言えるのは僕がこの作品の母親みたいなものだからだと思います。産み落として乳をあげ、成長を見守り、教育し、生暖かい目で見つめ続けました。『ラ』という作品について知らないことはないけれど、『ラ』を語る上では下駄を履かせているのは間違いない。僕にとって『ラ』は、目に入れても痛くないほどの可愛い息子だから。
逆に、ある程度人間性だったりルックスだったり、そういうものが出来上がった状態で出会って好きになっていくみたいなプロセスを踏めなかったのが残念でもあります。高校で知り合う彼女みたいな立ち位置ですよね。あ、何かクラスにステキな人いるなって。ちょっと気になるなって。そんで試しに映画館デートしてみたら好きになっちゃったみたいな。さっき会ったばかりなのに、また会いたくなってきちゃったみたいな。
僕も『ラ』とそんな出会い方をしてみたい。けど出来ない、母親だから。それが少し寂しい。
なので皆さんには、『ラ』とそういう出会いをして欲しいなと思います。
不器用だけど、良いやつです。歪んでるけど、光るものもあります。
哀しくて切なくても、きっと希望はそこにある。『ラ』は始まりの音なんです。

一回目のデートでわからなければ、是非二度どうぞ。

桜田通主演映画『ラ』

公式サイト:
http://is-field.com/la/

***********************************


桜田通
福田麻由子 笠松将
清水尚弥 キンタカオ 連下浩隆 ヒカルヤマモト 十枝梨菜 一色絢巳 古沢一郎 小野和子
佐津川愛美 ダンカン / 西田 尚美

監督・脚本・編集:高橋朋広
音楽:クボナオキ
エンディング|SILENT SIREN「REBORN」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)
配給:アークエンタテインメント
宣伝:MUSA
2018年/日本語/カラー
© 2018年 映画『ラ』製作委員会


桜田通 主演映画『ラ』初出し・ビジュアルが解禁&コメント到着


映画情報どっとこむ ralph 桜田通が主演を務める青春映画『ラ』の情報初出し・ビジュアルが解禁となりました。

マイナス3℃の極寒の中、総量15トンもの雨に打たれながら泥まみれでの芝居に初挑戦した桜田通。
桜田は3時間もの間冷たい雨に打たれ、濡れた髪がすぐさま凍りつく過酷な環境の中、低体温症寸前になりながらも役者人生を賭して芝居に打ち込みました。
桜田の人生初となる泥まみれのショットの他、劇中に登場するバンド、LACTIC ACIDのライブカットが初公開となります。

『ラ』とは、始まりの音。
世界中の赤ん坊の産声が「ラ」の音であることから発想し、「始まり」「生まれ変わること」をテーマにした本作。

登場人物たちの葛藤・喜び・苦悩を丁寧に描いた作中で、桜田通は彼女の家でヒモ生活をする元バンドマン・岡浜慎平を演じます。慎平は1年前にとある理由で解散したバンド『LACTIC ACID』の再結成のため動き出します。だが、そんな慎平の身に様々な出来事が降りかかります。メインビジュアルの雨のシーンも、彼に起きた出来事の一つ。慎平は、再びステージで歌うことが出来るのか?

慎平にお金を貢ぐ便利な彼女、加瀬ゆかり役を福田麻由子、そして物語のキーマンである慎平の元親友、『LACTIC ACID』の元リーダーである黒やんこと、黒須彰太役を若手実力派俳優・笠松将が演じます。


主人公・岡浜慎平役
桜田通さんからのコメント

『過酷な撮影だった』と語られる作品はよく目にしますが、この『ラ』の撮影もそう 表現されそうですが、本気で作品を作るためなら今回行われた撮影の過程は大変な ことではなく、当たり前なんだと思えるほど現場の熱量が凄まじく、 絶望に立ち向 かう意味を身を持って納得させられるような作品でした。僕はただ慎平という1人の 男の子の人生を寒くても、苦しくても、痛くても、責任を 持って生き抜くということ だけを挑み続けた日々でした。どんな作品として完成するのか、自分でも想像がつ かないほどその日々に没頭していました。音楽面では作詞をして演奏をして歌い、芝 居面では感情の全てを引きずり出されるような、自分のキャパを越えなければ終わ りが来ないような途方もない撮影でしたが、だからこそ今まで出会ったことのない 時間や自分を経験することができました。『ラ』という始まりの音がテーマの映画 になっていますが、僕にとってもこの作品が新しい自分の『始まりの音』を予感する ことができました… と誰もが思いつきそうな言葉を今伝える前に、この綺麗事だ けでは語り切れない僕にとって異色な作品となった映画『ラ』をとにかく見て欲し いです。そしてそれぞれの『始まりの音』を感じて貰えたら、きっと慎平も報われま す。どうぞよろしくお願い致します。そしてこの作品の監督をし、脚本を書き下ろし た高橋監督には撮影期間中、よくもあんな苦しい思いをさせてくれて、本当にありが とうございました、とこの文章を通して感謝を伝えたいです。

ヒロイン 加瀬ゆかり役
福田麻由子さんからのコメント

今までにない経験をたくさんできた刺激的な現場でした。私が演じたゆかりという女性は、私とは正反対の女性でした。
撮影前のリハーサルのときには、慎平くんへの愛情のかたちを理解できなくて、ゆかりのことが嫌いでした。でも、今ではゆかりを愛しています。 ゆかりを好きになっていくぶん、自分のことを嫌いになっていく、不思議な 2 カ月でした。不器用で歪んだ登場人物たちを笑いながら、最後には自分のことも笑い飛ばしたくな るような、そんな映画になればいいなと思います。

慎平の元バンドリーダー 黒須彰太役(あだ名:黒やん)
笠松将さんからのコメント

いま出来る限りの全てを注ぎました。些細なシーンにも拘りを持ち、スタッフ、キャ ストとたくさん会話をしました。そして悩みや不安を一つずつ解決し作り上げた作品 です

映画情報どっとこむ ralph さらに先日、ライブシーンの撮影が渋谷のクラブ・WOMBで行われました。実際にバンド活動を行なっている桜田通が劇中バンドを引っ張り、「当て振り吹き替え一切無しの生演奏収録」に挑戦しました。
『ラ』渋谷WOMBライブ

観客を200人呼び、実際に演奏で観客を盛り上げていく様は、収録ではなくライブそのもの。
笠松はベース初心者ながら猛練習に励み、役柄通りの名ベースプレイヤーを演じました。

劇中歌の作詞は桜田通。作曲を手がけたのは、若者に人気を誇るロックバンド「SILENT SIREN 」の音楽プロデューサー・クボナオキ氏。

青春映画ながら、人間の本質的な弱さと強さが描かれる本作品の全貌が徐々に明らかになっていきます。

公式サイト:
http://is-field.com/la/


***********************************


出演:桜田通 福田麻由子 笠松将 他
監督・脚本:高橋朋広
プロデューサー:関根大介・渡邉直哉
協力プロデューサー:嶋田豪 音楽:クボナオキ
撮影:髙橋祐太 照明:髙﨑信
録音:池田知久 美術:佐藤千穂
衣裳:中島宏人 ヘアメイク:長谷阪絵美 他
配給宣伝:アイエス・フィールド