「高橋優」タグアーカイブ

棚橋弘至サプライズに涙!寺田心も貰い泣き『パパはわるものチャンピオン』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット絵本、『パパのしごとはわるものです』と岩崎書店刊)が、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至の主演で待望の映画化となりました。

『パパはわるものチャンピオン』が9月21日(金)に、ついに公開を迎え、本日公開記念舞台挨拶を行いました。

本業が多忙なさなか、この映画の撮影のためプロモーション活動を全力で行ってくれた棚橋さんへ、本気のサプライズを敢行!!

撮影中に棚橋さんを支えてきたあるスタッフからの手紙が読み上げられると、これには棚橋さんも我慢できずに号泣!感動包まれた、あたたかな舞台挨拶となりました。


日程:9月22日(土) 
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:棚橋弘至、木村佳乃、寺田心、高橋優、藤村享平監督

映画情報どっとこむ ralph 棚橋さんと寺田さんは手をつないで登場、本作が映画は初主演となった棚橋さんは登壇直後、

棚橋さん:みなさんいかがでしたか?

と尋ねると、会場からは大きな拍手で返され、

棚橋さん:これで安心して進められます。(笑)

と笑顔で一言。満員の劇場をみて、藤村監督も感無量の様子。

9月22日の今日は、本作の最初の打ち合わせから493日目。500日近くこの映画に向き合ってきて本日の舞台を迎えた今の気持ちを聞かれると、

棚橋さん:ハレの舞台。プロレスラーになってから、こんなに大きな劇場で、こんなに多くのみなさんの前で舞台挨拶することになると思ってなかったので嬉しいです。僕監督に聞いてみたかったのですが、初めての打ち合わせのとき、本当に『棚橋でいける!』と思ってくれたのかなって・・・。

と恐る恐る監督に質問し、

棚橋さん:初めにお会いしたときは、棚橋さんと、一緒にやることは本当に決めていました。最初はどんな方かわからなかったので、不安だったんですが、お会いして、棚橋さんの覚悟をすごく感じたんです。僕も初めてで、棚橋さんも今回初主演できっとそうとうプレッシャーもあったと思いますが、そこに立ち向かっていく意思をすごく感じて、きっとそれが映画にも反映されていると思います。

と、初対面から棚橋の強さと覚悟を感じたという想いを明かす。

座長として気を付けたことについて聞かれ

棚橋さん:木村さんや寺田さんに演技の面ですごく助けられたので、スタッフさんやエキストラさんに積極的に声をかけたり、いい雰囲気で撮影できるように座長として勤めていました。

と座長としての立ち回りでの心がけを語った。

そんな座長・棚橋さんについて、

木村さん:棚橋さんは、とっても強そうですが、すごく可愛らしい一面もあるんです。差し入れのスイーツに飛びついたり。甘いものを嬉しそうにみて写真を撮ったりして、女子力が高いな~と(笑) こんなに男らしいのに、『でもあんまり食べたら太っちゃうな』とか悩んでる姿がとってもかわいらしいなと思ってみていました。

と、意外な一面があったことを語りました。

心くん:棚橋さんはたくさん遊んでくださりました。プロレスごっこしたり。

と明かすと、当時よくやっていた“オカダカズチカのレインメーカーをよけて棚橋に一撃する”という遊びを二人で実演し、和気あいあいとした撮影現場だったことを感じさせた。

心くん:思い出がつまっている毎日でした。毎日ワクワクがいっぱいでした。毎日撮影が楽しみだなと思っていました。

と話し、撮影が楽しいものだったと明かした。

今回の主題歌を担当した高橋は、映像を観て、何度も曲を書いたそうで、

高橋さん:何度もみて、その都度新しい発見があって、大好きな映画になりました。プロレスのシーンを観ているとかっこいい男の人の背中、というような曲もいいなと思ったのですが、人のあたったかさが伝わってくる映画だなと思ったので、そういう方向で曲をつくっていきました。

と曲作りの裏話を語った。

このプロモーションのため、100媒体を超える取材を一人で背負ってきた棚橋さんは、まさに“100媒体を背負う逸材”。

棚橋さん:やっぱり繰り返し情報を発信していかないと、映画があるということが伝わらない。なので、いろんな角度からみなさんに少しでも届けられるようにがんばりました。

と話し、座長ということに対するプレッシャーもあったからでは?と聞かれると、

棚橋さん:すごくプレッシャーを感じていました。一ミリもみせませんでしたけど。(笑)

と本音を暴露した。

映画情報どっとこむ ralph ★本気のサプライズ!!塩崎監督補からの手紙に棚橋さんは思わず…?

するとスクリーンにクランクアップで花束を受け取り、挨拶をしながら男泣きする棚橋さんの姿が投影され、普段は常に笑顔でふるまっている棚橋さんの貴重な姿が見られる、ファンにとっては嬉しい映像がここで初解禁となった。映像を

棚橋さん:本人なのにもらい泣きしてしまいました。

と照れ笑い。

するとここで、本舞台挨拶のメイン威厳とである、サプライズを敢行!!本作の監督補で、主題歌の『ありがとう』のPVの監督も務められた塩崎監督補からのサプライズの手紙が読み上げられた。棚橋さんを演技面で支え続けてきたスタッフからの手紙に、

棚橋さん:笑顔無理ですよ…(笑)ありがとうございます。

を天井を見つめながら、その瞳からは涙がこぼれ落ちていた。
監督から「我らのエース」と書かれた色紙のプレゼント。そんな、初めての映画主演で撮影からプロモーションまで走り続けてきた棚橋の姿に対し、

心くん:棚橋さんがんばりました…!

が涙声でコメント。

キャストに感情移入し、涙する観客もおり、場内があたたかい空気で満たされていった。

最後に

棚橋さん:これからも宣伝頑張っていきますので、みなさんも周りの方に『パパわる面白かったよ』と広めていってくださいね。みなさん!愛してま~す!

と締めたあと、客席に向かって、寺田と一緒に劇中に自身が演じた役の“ゴキブリポーズ”のサービス。

イベントは大盛況の中幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 『パパはわるものチャンピオン』

www.papawaru.jp

2018年9月21日(金)全国ロードショー


物語・・・
まぶしいほどのスポットライトのなか、大歓声を浴びる大村孝志(棚橋弘至)。人気も実力も兼ね備えたエースレスラーだったが、膝に大ケガを負って試合から長期離脱してしまう。それから10年、かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。妻の詩織(木村佳乃)は変わらず応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子の祥太(寺田心)に打ち明けられずにいた。だがある日、偶然から祥太にバレ、「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われてしまう。しかし、そんな孝志に、名誉を取り戻すチャンスが訪れる。かつての孝志に憧れていたトップレスラーのドラゴンが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。果たして、孝志が決意したすべてを賭けた危険な技とは?そして息子との絆を取り戻すことは出来るのか。

***********************************

出演:棚橋弘至/木村佳乃/寺田心/仲里依紗/オカダ・カズチカ/田口隆祐/大泉洋(特別出演)/大谷亮平/寺脇康文

原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」
作:板橋雅弘 
絵:吉田尚令(岩崎書店刊)
監督・脚本:藤村享平
制作プロダクション:ブリッジヘッド/パイプライン
配給:ショウゲート
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会 


高橋優 書き下ろし主題歌MV到着!棚橋弘至 初主演『パパはわるものチャンピオン』


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット絵本、『パパのしごとはわるものです』と『パパはわるものチャンピオン』が、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至の主演で待望の映画化となりました。

そして今回、本作の主題歌を務める高橋優の書き下ろし曲「ありがとう」(9月19日(水)発売)のMVが解禁される運びとなりました!
今回解禁されたMVには映画で主演をつとめる棚橋弘至、そして息子役を演じた寺田心も出演しています。

このMVの制作は『パパはわるものチャンピオン』の監督補・塩崎遵がメガホンをとり、本映画制作スタッフが再集結。

本編のアフターストーリーともとれる内容がMVに描かれ、高橋優が寺田心演じる大村祥太の成長した姿を表現しています。父と息子の理解し合えない関係性、なかなか伝えられない「ありがとう」という気持ち・言葉。

プロレスのリング上などで歌いあげる高橋優のパフォーマンスと共に、観る者の心を揺さぶるMVが完成いたしました。またMV撮影の合間に高橋優と棚橋弘至がリング上で共にポーズを取るオフショット写真も解禁となります。



映画情報どっとこむ ralph パパはわるものチャンピオン

www.papawaru.jp


【STORY】
大事なのは勝つことじゃない。人生を戦い続けるすべての人に贈る感動の物語。
まぶしいほどのスポットライトのなか、大歓声を浴びる大村孝志(棚橋弘至)。人気も実力も兼ね備えたエースレスラーだったが、膝に大ケガを負って試合から長期離脱してしまう。それから10年、かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。妻の詩織(木村佳乃)は変わらず応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子の祥太(寺田心)に打ち明けられずにいた。だがある日、偶然から祥太にバレ、「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われてしまう。しかし、そんな孝志に、名誉を取り戻すチャンスが訪れる。かつての孝志に憧れていたトップレスラーのドラゴンが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。果たして、孝志が決意したすべてを賭けた危険な技とは?そして息子との絆を取り戻すことは出来るのか。

***********************************

出演:棚橋弘至/木村佳乃/寺田心/仲里依紗/オカダ・カズチカ/田口隆祐/大泉洋(特別出演)/大谷亮平/寺脇康文

監督・脚本:藤村享平

原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」
作:板橋雅弘
絵:吉田尚令(岩崎書店刊)

制作プロダクション:ブリッジヘッド/パイプライン
配給:ショウゲート
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会 


『パパはわるものチャンピオン』×焼肉レストラン「安楽亭」コラボ決定


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット絵本、『パパのしごとはわるものです』と、『パパはわるものチャンピオン』(岩崎書店刊)が、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至の主演。そして、パパの本当の仕事を知ってショックを受ける息子・祥太役には、寺田心くんで待望の映画化となりました。

そして今回、本作と株式会社安楽亭が運営する焼肉レストラン安楽亭、全国約177店舗で、映画の公開を記念したコラボキャンペーンを2018年8月29日(水)から10月9日(火)まで実施する運びとなりました!
安楽亭で一番人気の上タン塩が、映画にちなみプロレスサイズの厚切りになって登場!期間中に、Twitterで画像を投稿すると抽選で、映画『パパはわるものチャンピオン』豪華キャストのサイン入りマスコミ向けパンフレットや、棚橋弘至サイン入りTシャツをプレゼント致します。

愛する家族のために戦うパパ・孝志と家族の織り成す感動映画『パパはわるものチャンピオン』と、ファミリー層に大人気の安楽亭のコラボキャンペーンとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 【コラボキャンペーン】
キャンペーン名:映画『パパはわるものチャンピオン』公開記念 「俺が焼肉チャンピオン」フェア

実施期間:8月29日(水)~10月9日(火)

対象店舗:安楽亭 全国約177店舗

参加方法:安楽亭店舗で厚切り上タン塩(1,580円(税別))を注文して、画像とハッシュタグ【#安楽亭】【#パパわる】を付けてTwitterで投稿すると、抽選で豪華賞品が当たる!

※抽選で賞品①②いずれかの賞品が当たります。

賞品①:豪華キャストのサイン入り!マスコミ向けパンフレット+安楽亭お食事券3,000円分(5名様)

賞品②:棚橋弘至サイン入りTシャツ(Mサイズ)+安楽亭お食事券3,000円分(5名様)   
 
キャンペーンURL:http://papawaru.anrakutei.jp

※8月29日(水)午前10時公開    

映画情報どっとこむ ralph パパはわるものチャンピオン


www.papawaru.jp

【STORY】
大事なのは勝つことじゃない。人生を戦い続けるすべての人に贈る感動の物語。
まぶしいほどのスポットライトのなか、大歓声を浴びる大村孝志(棚橋弘至)。人気も実力も兼ね備えたエースレスラーだったが、膝に大ケガを負って試合から長期離脱してしまう。それから10年、かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。妻の詩織(木村佳乃)は変わらず応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子の祥太(寺田心)に打ち明けられずにいた。だがある日、偶然から祥太にバレ、「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われてしまう。しかし、そんな孝志に、名誉を取り戻すチャンスが訪れる。かつての孝志に憧れていたトップレスラーのドラゴンが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。果たして、孝志が決意したすべてを賭けた危険な技とは?そして息子との絆を取り戻すことは出来るのか―。

***********************************

出演:棚橋弘至/木村佳乃/寺田心/仲里依紗/オカダ・カズチカ/田口隆祐/大泉洋(特別出演)/大谷亮平/寺脇康文

原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」作:板橋雅弘 絵:吉田尚令(岩崎書店刊)

監督・脚本:藤村享平 
主題歌:高橋優「ありがとう」(ワーナーミュージックジャパン/unBORDE)
制作プロダクション:ブリッジヘッド/パイプライン
配給:ショウゲート 
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会 


高橋優 映画『パパはわるものチャンピオン』主題歌「ありがとう」の特別MV解禁


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット絵本『パパのしごとはわるものです』と『パパはわるものチャンピオン』(岩崎書店刊)が、“新日本プロレス100年に一人の逸材“エース・棚橋弘至選手の主演で待望の映画化となりました。

そして今回、本作の主題歌を務める高橋優さんの書き下ろし曲「ありがとう」が9月19日(水)に発売される運びとなりました!
今回解禁されたジャケット写真では、本作の原作絵本の絵を担当した吉田尚令先生が書き下ろしたものとなり、映画に寄り添ったデザインで通常版・期間生産限定盤と2種類発売されます。

また、同じく映画版特別ミュージック・ビデオも解禁されました!
 

公開前の貴重な本編映像が数多く使用された映像では、大村孝志(棚橋弘至)がプライドと家族の為に立ち上がる姿、そして息子との葛藤が映し出されています。映像の最後には孝志が何かを決断したようにリング上でマスクを脱ぐ姿も…。「いつも近くにいさせてもらえるからこその心の安らぎと、すれ違い。愛するがゆえの葛藤。二人三脚のような人間関係の歌を作りたい。」という思いで書き下ろされた楽曲に合わせて、父と息子の関係を表したような映像となっています。

【商品情報】
高橋 優
映画「パパはわるものチャンピオン」主題歌
20thシングル 「ありがとう」
2018年9月19日発売

通常盤【CD】(WPCL-12927 / 1,200(税別)) 
1.ありがとう ・・・映画「パパはわるものチャンピオン」主題歌
2.高野豆腐~どこか遠くへ~ 
3.なくしもの 
4. First and Last Love / メガネツインズ(高橋優&亀田誠治)

期間生産限定盤【CD+DVD】(WPZL-31504 / 2,000(税別)) 
CD:収録内容は通常盤と同じ
DVD:全国LIVE TOUR 2017-2018 「ROAD MOVIE -LIVE HOUSE EDITION-」沖縄・ミュージックタウン音市場2018.4.8
1.(Where’s)THE SILENT MAJORITY?
2. ミラー
3.サンドイッチ
4.8月6日
5.ルポルタージュ
6.太陽と花
7.想いよ、届け
8. 明日はきっといい日になる
9.福笑い

映画情報どっとこむ ralph 映画「パパはわるものチャンピオン

2018年9月21日(金)全国ロードショー
www.papawaru.jp

棚橋が演じるのは悪役レスラー、ゴキブリマスクを職業とするパパ・孝志。2016年に『ベストファーザー・イエローリボン賞』(スポーツ部門/主催・一般社団法人日本メンズファッション協会、日本ファーザーズ・デイ委員会)を受賞した棚橋は、本作が初の全国公開映画の主演となり、10年ほど長かった髪の毛を役作りのためにバッサリと切って臨みました。

また、夫の仕事を支えながら、子供に父親の頑張っている姿をわかって欲しいと願っている妻・詩織役をNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロインの母親役を好演した実力派女優で2児の母でもあり、昨年度『第10回ベストマザー賞2017』(主催・日本マザーズ協会)を受賞した木村佳乃。そして、パパの本当の仕事を知ってショックを受ける息子・祥太役に、「TOTOネオレスト」CMのリトルベン役で話題となり、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の虎松役を好演した寺田心が演じ、豪華最強家族が誕生いたしました。

 

物語・・・
大事なのは勝つことじゃない。人生を戦い続けるすべての人に贈る感動の物語。
まぶしいほどのスポットライトのなか、大歓声を浴びる大村孝志(棚橋弘至)。人気も実力も兼ね備えたエースレスラーだったが、膝に大ケガを負って試合から長期離脱してしまう。それから10年、かつての強さを取り戻せないでいる孝志は悪役レスラーとなり、客席からブーイングを浴びる日々を送っている。妻の詩織(木村佳乃)は変わらず応援してくれるが、孝志は自分の仕事を9歳になった息子の祥太(寺田心)に打ち明けられずにいた。だがある日、偶然から祥太にバレ、「悪者のパパなんて大嫌いだ」と言われてしまう。しかし、そんな孝志に、名誉を取り戻すチャンスが訪れる。かつての孝志に憧れていたトップレスラーのドラゴンが、孝志をタイトルマッチの相手に指名したのだ。自らのプライドと家族への愛のために、全く勝ち目のない戦いに立ち上がる孝志。果たして、孝志が決意したすべてを賭けた危険な技とは?そして息子との絆を取り戻すことは出来るのか―。

***********************************

出演:棚橋弘至/木村佳乃/寺田心/仲里依紗/オカダ・カズチカ/田口隆祐/大泉洋(特別出演)/大谷亮平/寺脇康文

原作:「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」作:板橋雅弘 
絵:吉田尚令(岩崎書店刊)
監督・脚本:藤村享平
制作プロダクション:ブリッジヘッド/パイプライン
配給:ショウゲート
(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会 
   


平野紫耀、ファンの前で自ら映画の完成を生報告『honey』遂に完成!


映画情報どっとこむ ralph 主演・平野紫耀( King & Prince )とヒロイン・平祐奈で目黒あむ先生の「honey」の実写化が3月31日(土)に公開となります。

その完成を記念し、披露試写会が行われ、今回映画初主演を務めた平野紫耀(King & Prince)さん、平祐奈さん、横浜流星さん、水谷果穂さん、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)さん、佐野岳さん、高橋優さん、神徳幸治監督 豪華キャスト・スタッフ陣が勢ぞろいする舞台挨拶が行われました。

その試写会前には劇場メインロビーにて、ファンの前で平野紫耀さんが自ら映画の完成を生報告も行われました!

映画『honey』完成披露試写イベント
日時:2月21日(水)
会場:新宿バルト9
登壇:
平野紫耀(King & Prince)、平 祐奈
横浜流星、水谷果穂、浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)
佐野 岳、高橋 優、神徳幸治監督

映画情報どっとこむ ralph 試写会前に新宿バルト9劇場メインロビーには大勢のファン。

そして・・・バラで装飾された階段を、王子のような平野紫耀さんが降りてくると絶叫に近い歓声が!

自ら映画の完成を生報告しました!
平野さん:初めての主演映画で、。思い入れも気合も入っている作品です。今回完成しまして、これから観ていただきます。映画を観ていただいた後にはすっきりした顔で帰っていただければと思っています。少女漫画原作ですと壁ドンとかアゴクイ!(ファン:キャー)ですが、honey見どころは鬼瀬くんの人間みとかがあふれていて、身近な気持ちになります。鬼瀬のギャップと一途さをみて!

ここでは、大型スタンディーの除幕式も行われました!

映画情報どっとこむ ralph そして、場所を劇場に移し共演者と共に舞台挨拶。

平野さん:こんばんわ!今日は短い間ですが楽しい時間を過ごせればと思っています。

神徳監督:キャスト&スタッフ全員でまっすぐな映画を創りました!
との挨拶からイベントはスタート!

今の気持ちを
平野さん:とても緊張しながらも、思い入れも気合が入った作品ですので、どういう反応が返って来るのか楽しみです。映像にもクラスメイト感、恋愛や友情や細かい感情が詰め込まれていますので、瞬きしないように!

との、平野さんからのお達しが!

平さんは、この映画で20cm髪を切り更に茶髪に。
平さん:私とは正反対な女の子で、難しい面もあったのですが監督と話し合いながら演じていきました。

この映画、キャラクターがどんどん成長。変わっていきます。
横浜さん:演じるうえでは、思ったこととは反対の行動をとってしまうのは共感できたのと、みんなが現場では役として生きてくれていたのと紫耀のド天然が炸裂していたので良い雰囲気で撮影できました。それから、可愛らしさを表現したので。可愛いなと思っていただければ。

映画情報どっとこむ ralph 心情をあまりあらわさない役どころを演じて浅川さんは
浅川さん:感情表現が豊かな子ではないので、口数も少ないので。。。笑顔と目で訴えることを表現しました。

クールな役どころの水谷さんですが、かなり天然系のご様子。
水谷さん:最初は役柄に併せて現場でいたのですが、だんだんと仲良くなっていくうちに、わたしよりになっていました。

激しいアクションをしている佐野さんは・・
佐野さん:先に謝っときます。紫耀ちゃんボコボコにしてます。やりやすかったです。

やられた平野さんは

平野さん:クランクインから乱闘シーンで。岳ちゃんはアクションやっていたのでいろいろ教えてもらいました。

と撮影時にお世話になったエピソードを明かしました。

そして、今回映画初出演の高橋さんは、ご存知の通りミュージシャン。
高橋さん:今メチャメチャ不安です。セリフを言うのが初めてで、自分の喋りを録音して聞いてみたら、喋った後で足し笑していて・・・。直そうと思いました。

神徳監督:夢とか恋とか、精一杯頑張ってる人に。勇気を与えられたり、心が動かされるようなものにしました。僕の役割は、みんながノビノビ役を生きられるようにすること。うまくいったと思います。

撮影現場では和気藹々だったようで座長自ら考案のwith Bゲームをしたりしていたそうで、実演も飛び出しました!
映画情報どっとこむ ralph 初めて挑戦したいもの

平さん:ダイビング!
横浜さん:ギター弾き語り!
水谷さん:スケジュール管理・・・苦手なんです。
浅川さん:家事をしっかり!
佐野さん:茶道
高橋さん:全国ツアー中で、ツアーのファイナルがこの映画の公開の1日前。ツアーを無事終えて公開した映画を見に行く。

平野さん:無人島暮らし!プライベートで。甘えない環境に置かれたいんです。
と言う平野さんに公開日までの試練が!じゃーん!
本作のストーリー“はじめての恋”と劇中に出てくる“108本のバラ”にかけて、映画公開までに“108のはじめて”に挑戦することに!

初日の舞台挨拶で発表するそうです!

果たしてどんな挑戦をするのか!結果は3月31日に!

映画情報どっとこむ ralph 映画『honey

3月31日(土) 鬼キュン♡ロードショー
公式サイト:
honey-movie.jp
公式Twitter:
@honey-movie2018
#映画honey

物語・・・

「俺と、結婚を前提につき合ってください!」突然のプロポーズ!?
幼いころに両親を事故で失い、優しい叔父・宗介に見守られて育った女子高生・小暮奈緒は、ビビりでヘタレ、そして不良が大の苦手!
あろうことか、奈緒は入学式の日、上級生と新入生とのケンカに遭遇してしまう。
その新入生とは、真っ赤な髪と鋭い目つきをした“超”不良と恐れられる鬼瀬大雅だった。
ある日突然、奈緒はその鬼瀬から、体育館裏に呼び出される。放課後、奈緒がそこに向かうと…
「俺と、結婚を前提につき合ってください!」と、突然のプロポーズ!?からの告白。
叔父の宗介に憧れながらも、ビビッて断れなかった奈緒は、鬼瀬とつき合うことに。
しかし奈緒はギャップに戸惑いながらも、徐々に鬼瀬が見かけや噂と違って、人一倍優しく純粋だということに気付いていき…。
遂に奈緒は鬼瀬に嘘をついていることが心苦しくなり「怖くて告白を断れなかったけど、本当は他に好きな人がいる」と打ち明ける。奈緒の為に悲しい気持ちをかくして「あらためて友達になろう」と優しく笑う鬼瀬。そんな中、友達が出来ずに悩んでいた超かわいい転校生・雅と鬼瀬が急接近!?はじめての嫉妬、はじめての気持ち、はじめての…恋…?
奈緒の中に、今までに感じたことのない想いが溢れはじめる。



***********************************

出演:平野紫耀(King & Prince) 平 祐奈
   横浜流星 水谷果穂 浅川梨奈(SUPER☆GiRL) 佐野 岳 
   臼田あさ美 中山 忍 高橋 優
原作:「honey」目黒あむ(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:山岡潤平 監督:神徳幸治
主題歌:Sonar Pocket『108~永遠~』
配給:東映/ショウゲート 
映画クレジット:(C)2018「honey」製作委員会
原作クレジット:(c)目黒あむ/集英社マーガレットコミックス