「高橋一生」タグアーカイブ

高橋一生&蒼井優、MCなしでトークイベントに挑戦『ロマンスドール』


映画情報どっとこむ ralph ラブドール職人の男と、一目で恋に落ち結婚した妻の日々を描き、型破りな設定とセンセーショナルな展開が大きな話題と共感を呼んだ、タナダユキの小説
  • 『ロマンスドール』


  • 発表から10年を経て、同小説が映画『ロマンスドール』としてタナダ自らが脚本・監督を務める形で実写化。1月13日(祝・月)に公開記念イベントが開催され、主人公・哲雄役の高橋一生と園子役の蒼井優が登壇。MCを立てずに2人で進行を担当しつつ、観客から集められた質問に答え、結婚や恋愛観について語り合った。

    『ロマンスドール』公開記念イベント
    場所:神楽座
    登壇:高橋一生、蒼井優

    映画情報どっとこむ ralph 通常の舞台挨拶とは異なるMCなしのトークイベントとなったが、

    高橋はさん:みなさんの顔がよく見えます。新鮮な気持ちです。

    と微笑みながらコメント。
    客席に晴れ着姿の新成人を見つけた高橋と蒼井が祝福するなど、会場はアットホームな雰囲気に包まれた。

    観客からの最初の質問は、【結婚したいけど、他人と人生を共にするのが怖い】という方からの【この映画に出て、結婚に対する意識が変わったか?】というもの。

    高橋さん:(結婚が)できるかな? という恐怖はあります(苦笑)。この歳になると…。

    と自虐気味に答えつつ

    高橋さん:そもそも結婚に対して、イメージしているものが少ないです。

    と明かし、

    蒼井さん:私もそうでした。

    と同意。トークは劇中の新婚生活のシーンについての話になり、

    高橋さん:去年の1月に蒼井さんと(劇中の)新婚生活の撮影をしたのが楽しかったです。新しいダンボールや荷物を持って帰って『よろしくお願いします』とか言うのは、俳優冥利に尽きるなと思いました。(結婚)したいけど、相手がいないと始まらないですからね。

    と語る高橋さんだが、普段ほとんど外に出ず、家の中で自転車をこいでいることが多いと明かすと、

    蒼井さん:それ(=自転車)を捨てたほうがいい! その脚力で外に出るべき!

    とツッコミが!一方蒼井さんは、独身生活から結婚生活への変化を

    蒼井さん:“車線変更”って感じです。大きく道が変わるというわけでもない感じ。

    と自身の結婚生活を言い表した。

    映画情報どっとこむ ralph 続いて、

    【この映画に出演することを決めた一番の決め手は?】という質問には、高橋さんも蒼井さんもタナダユキ監督の存在が大きかったと即答。

    約19年ぶりとなった共演に関しては、

    高橋さん:お芝居に普段のところからスムーズに入っていけるんです。会話のキャッチボールが多かったけど、キャッチボールの球は一個じゃなく机の下でも2~3個、飛ばしてるような感じでできたのは、相手が蒼井さんだったから。

    とコメント。


    蒼井さん:全く同じことを思ってました。

    と語り、哲雄と園子の食卓での重要なシーンの撮影について

    蒼井さん:延々とやっていたかったです。

    と述懐。互いへの強い信頼を感じさせた。

    さらに【一目ぼれをしたことはありますか?】という質問には、

    高橋さん:あります。だいたい、ファーストインプレッションで『あ、僕はこの人を好きになってしまうんだろうな』というのはブレないんですけど、(恋に落ちる人の)系統が似てるかというとそうでもない。

    と語った。

    蒼井さん:いまはどんな人がいいですか?

    という蒼井さんからの問いには、

    蒼井さん:笑うときにものすごく笑ってくれる人がいい。

    と返答、

    蒼井さん:若いうちはビジュアルや造形美みたいなことが気になるかもしれないけど、ちょっと歳を重ねると、結果、表情筋(が大事になる)。若い子でコンプレックスがある子もいるかもしれないけど、もうちょっとしたら、素材で勝負できる時が来る。

    と同意した。

    また【好きな人への愛情表現はどう表すか? お金? 時間? 言葉?】という質問に、

    高橋さん:お金と時間と言葉は簡単に渡さないでしょうね。それをやったらつまんない。

    と答えると、

    蒼井さん:だから付き合えないんじゃないですか?

    と鋭すぎるツッコミが飛ぶと、会場からは笑いが。

    蒼井さん:私は家族に対しても言葉ですね。家族って横にいて当たり前と思ってたら、意外と言葉で伝えないと伝わってないことが多いけど、きちんと言葉で伝えたら喜んでくれます。

    と“金言”ともいえるアドバイスを口にし、高橋さんも観客も深くうなずいた。

    映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

    蒼井さん:観た方の時間にそっと寄り添うような、『正しい!』と押し付けることなく、そっと寄り添える夢のような映画ができたと思います。

    とアピール。

    高橋さん:人生はどうしても進んでいくけど、つまづいてしまったり、先がわかんなくなった時に、この映画をもう一度見直していただくと、前に一歩だけ進もうかなと思えるんじゃないかと思います。

    と呼びかけ、イベントは温かい拍手に包まれながら幕を閉じた。

    ロマンスドール_メイン_表面_再入稿ol


    『ロマンスドール』

    2020年 1月24日(金)全国ロードショー

    【あらすじ】  
    変わらない⽇常の中で、どうして僕らは、変わってしまったんだろう。
    美人で気立てのいい園子に一目惚れして結婚した哲雄が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていること。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていた。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明けた。
    僕と妻の、10年の、嘘と秘密と、ほんとの愛。
    変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリー。



    ***********************************

    高橋一生 蒼井優
    浜野謙太 三浦透子 大倉孝ニ ピエール瀧
    きたろう 渡辺えり 

    脚本・監督:タナダユキ
    原作:タナダユキ「ロマンスドール」(角川文庫刊)
    ©2019「ロマンスドール」製作委員会
    配給:KADOKAWA 




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    never young beachが映画主題歌を書き下ろし! 純愛と性愛が交差する『ロマンスドール』


    映画情報どっとこむ ralph 発表から10年、原作者自らがメガホンを取り、純愛と性愛が交差する、新たな映画作品が誕生した。

    映画『ロマンスドール』が2020年1月24日(金)に全国公開となる。

    この度、主題歌アーティストとして、never young beachが本作の為に楽曲を書き下ろしたことが分かった!
    「never young beach を知ったのは3年近く前のこと。いつか何かの映画で主題歌をお願いしたいなとずっと思っていて、ようやくそれが叶いました。」と念願のオファーだったことを明かすタナダ監督。

    今回の起用についてnever young beachは「愛するということは許すということなのかな。そんなことを思い作りました。 」と語り、主演の高橋も主題歌を聞いたときの感想として、「兄だけど。好きです。」とコメントを寄せた。
    タナダ監督は楽曲についても、「その詞や曲、歌声が、主人公の哲雄の哀しみや後悔をもやさしく肯定してくれているようで、深くあたたかく胸に響き、感極まりました。」と大絶賛。

    さらにnever young beachは本作の主題歌に加え劇中歌も手掛けており、心地よくも登場人物の心情に寄りそったサウンドで、『ロマンスドール』の唯一無二な世界を彩っている。

    映画情報どっとこむ ralph never young beach
    【never young beach:コメント全文】
    自分たちのつくった曲が映画館で流れるという経験がないのでワクワクしました。映画の本編が終わり、エンドロールを観ながらエンディングの曲を聴いている時間が実は一番脳みそから何か出ている気がするんです。見終わってジュワーといろいろ実感するというか。あの時間に自分たちが関われるなんて。そんな気持ちがあったので主題歌のオファーを頂いた時は単純に嬉しかったです。

    映画から受けた印象は、余白があって、凄く素朴。だからこそ役者さん、音、映像、様々な個性を感じられました。

    人間、誰かを愛しても様々なすれ違いがあると思います。ベストな状況は少しの間。日々の中、互いに変わっていき、ぶつかる。それでいいと思うんです。正しさだけが人を救うわけじゃない。疲れちゃう。どんな状況になっても受け入れ、楽しみ、互いの違いを理解出来たら。

    愛するということは許すということなのかな。そんなことを思い作りました。


    【高橋一生:コメント全文】
    (主題歌をnever young beachさんが手がけるとお聞きになった際のお気持ち)
    えー!

    (主題歌を聞いたときの感想)
    兄だけど。好きです。


    【タナダユキ監督:コメント全文】
    never young beach を知ったのは3年近く前のこと。彼らの作る曲には新しさと同時に、どこかノスタルジーがありました。とっつきやすいのに、一筋縄ではいかない豊かさ。ひねくれてなんかいないのに、でもやっぱりちょっとひねくれているような可愛げ。いつか何かの映画で主題歌をお願いしたいなとずっと思っていて、ようやくそれが叶いました。
    初めて完成した主題歌を聴いた時、その詞や曲、歌声が、主人公の哲雄の哀しみや後悔をもやさしく肯定してくれているようで、深くあたたかく胸に響き、感極まりました。最後の一音が終わるまでが、映画「ロマンスドール」の世界です。この曲が沢山の人に届きますように。

    映画情報どっとこむ ralph 映画『ロマンスドール』

    映画公式サイト:
    romancedoll.jp

    ロマンスドール
    【あらすじ】  
    変わらない⽇常の中で、どうして僕らは、変わってしまったんだろう。
    美人で気立てのいい園子に一目惚れして結婚した哲雄が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていること。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていた。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明けた。
    僕と妻の、10年の、嘘と秘密と、ほんとの愛。
    変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリー。

    ***********************************


    高橋一生 蒼井優
    浜野謙太 三浦透子 大倉孝ニ ピエール瀧
    きたろう 渡辺えり 

    脚本・監督:タナダユキ
    原作:タナダユキ「ロマンスドール」(角川文庫刊)
    ©2019「ロマンスドール」製作委員会
    配給:KADOKAWA 




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    高橋一生×蒼井優18年ぶり共演、初夫婦役『ロマンスドール』美しいキスシーンに心奪われる特報映像解禁!!


    映画情報どっとこむ ralph 惹かれ合い、愛し合った先にある、夫の“嘘”と妻の“秘密”とは―。

    一人のラブドール職人と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻との日々を描いたタナダユキの小説「ロマンスドール」。

    この度、ついに初・映像解禁となる特報映像が到着した。

    18年ぶり2度目の共演となる高橋と蒼井。
    ロマンスドール 本作では初の夫婦役に挑み、解禁となった特報映像では、高橋演じる哲雄と、蒼井演じる妻・園子がベッドで見つめ合い、ドキッとするほど美しく儚げなキスシーンを魅せている。愛し合う中で交わされる、「…どういう夫婦になりたかった?私はね、なんでも言い合える夫婦になりたかった」「なにが言いたいの…?」という物憂げな会話。そしてそれぞれの目線から対照的に添えられた、「妻を愛して“嘘”をついた」「夫を愛して“秘密”を持った」という印象的なメッセージ。その先に、果たしてどのような展開が待ち受けるのかー?変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しくも儚い大人のラブストーリーが誕生する。



    映画情報どっとこむ ralph 映画『ロマンスドール

    2020年 1月24日(金)全国ロードショー

    映画公式サイト:
    romancedoll.jp

    型破りな設定と衝撃的な展開の中で、男女が強く惹かれ合い、そして時間とともに変わっていく感情と関係を繊細に描いた物語は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されるやいなや、多くの話題と共感を呼んだ。

    その傑作小説がこの度、原作者であるタナダユキ自らが脚本・監督を手掛け映画化される!主演をつとめるのは、現在放送中のTBSドラマ「凪のお暇」での好演も話題の高橋一生。美大卒業後にフリーター生活をしていたところ、ひょんなことからラブドール制作工場で働き始め、次第にその魅力にのめり込んでいく主人公・北村哲雄を演じる。

    哲雄の妻・園子を演じるのは、『リリィ・シュシュのすべて』(01)で高橋と18年ぶりに共演を果たす、蒼井優。
    『百万円と苦虫女』(08)以来、映画としては11年ぶりのタナダ組参加となる蒼井は、優しさの中に強さをもった、芯のある大人の女性を繊細に演じる。さらに二人をとりまく共演陣に、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうら個性豊かな実力派俳優陣が集結した。

    ロマンスドール
    【あらすじ】
    美人で気立てのいい園子に一目惚れして結婚した哲雄が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていること。
    平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていた。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明けた。
    10年の、嘘と秘密と、ほんとの愛。
    変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリー。

    ***********************************

    高橋一生 蒼井優
    浜野謙太 三浦透子 大倉孝ニ ピエール瀧
    きたろう 渡辺えり 

    脚本・監督:タナダユキ
    原作:タナダユキ「ロマンスドール」(KADOKAWA刊)

    配給:KADOKAWA
    ©2019「ロマンスドール」製作委員会




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    映画『引っ越し大名!』高橋一生が槍を振り回す大立ち回り披露!メイキング&本編映像解禁


    映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズをはじめ、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し続ける土橋章宏の原作を、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め映画化、星野源が主演を務める『引っ越し大名!』が大ヒット公開中です。
    引っ越し大名!_星野源 「国替え」という全ての藩士とその家族を連れて引っ越さなければいけないため、参勤交代をはるかに上回る費用と手間がかかる無理難題ばかりのプロジェクトをテーマに、星野源演じる引きこもり侍・片桐春之介が、ひょんなことから総責任者である「引っ越し奉行」に任命され、あらん限りの知恵をしぼり、周囲と協力しながら乗り越えていく笑いと感動の物語である本作。
    引っ越し大名! 『引っ越し大名!』
    映画情報どっとこむ ralph この度、春之介の幼馴染であり、超体育会系の御刀番・鷹村源右衛門に扮するが、巨大な槍・御手杵(おてぎね)を振り回す、大迫力の大立ち回りのメイキング&本編映像が解禁となりました!

    今回解禁された映像で鷹村が嬉々としてふるっている巨大な槍は、彼が仕える松平大和守家に伝わる家宝である御手杵の槍。
    日本号、蜻蛉切と並んで「天下三槍」と呼ばれる名槍だが、全長3.8mという巨大さから参勤交代の馬印として使用されるなど「家の象徴」を表す役割が強く、本来は実戦で使用されるようなものではなかったと逸話を持つ槍です。
    本作ではそんな「普通の人なら持ち上げるのもやっと」というほど巨大な槍が、実際に殺陣で使用されているという点も見どころのひとつとなっている!

    撮影で使用された御手杵の槍もレプリカとはいえ、その重さは数十キロ、振り回して空中でピタリと止めることは至難の技。
    演じる高橋自身も普段のスーツが合わなくなってしまったほど体を相当鍛えて撮影に臨んだといいます。

    舞台となる江戸時代は、すでに戦乱の世は過ぎ、皆が平和に暮らしている時代。
    そんな時代に身分はれっきとした武士でありながら、誰よりも武芸を愛し、日々磨いている腕をいつの日か披露することに憧れている、犬童監督曰く「サムライバカ」な男こそが高橋演じる鷹村。

    しかし、引っ越しがテーマであるはずの本作でなぜ鷹村は御手杵の槍を振り回しているのか…⁉
    引っ越しだけでは終わらない、娯楽時代活劇としての本作にますます期待が高まる!



    映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』

    大ヒット公開中!

    ■公式サイト:
    http://hikkoshi-movie.jp

    ■公式Twitter:
    @hikkoshi_movie

    <STORY>
    引っ越しは戦でござる!
    姫路藩の書庫番、片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手でいつも書庫にこもりっきり、周囲から「かたつむり」とあだ名で呼ばれている引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)(及川光博)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。すべての藩士とその家族全員で1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!


    ***********************************


    監督:犬童一心 
    原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
    出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
    主題歌:ユニコーン「でんでん」作詞:川西幸一/奥田民生 作曲:奥田民生(Ki/oon Music)
    配給:松竹
    ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    星野源 引っ越し蕎麦の鏡開き『引っ越し大名!』公開初日舞台挨拶


    映画情報どっとこむ ralph 犬童一心監督がメガホンをとり、星野源ら豪華キャストを迎えて映画化した『引っ越し大名!』。

    公開初日を記念して主演の星野源、共演の高橋一生、高畑充希、及川光博、濱田岳、犬童一心監督が舞台挨拶に登壇した。

    星野源、高橋一生、高畑充希、及川光博、濱田岳、犬童一心監督『引っ越し大名!』初日舞台挨拶
    映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶

    日時:8月30日(金)
    場所:丸の内ピカデリー1
    登壇:
    星野源、高橋一生、高畑充希、及川光博、濱田岳、犬童一心監督

    映画情報どっとこむ ralph 上映後の和やかな余韻に包まれた会場にキャスト、監督が登壇すると盛大な拍手に包まれた。
    いよいよ公開初日を迎えた同日に公式Instagramも開設したと言う星野さんは

    星野さん:みなさん今日はありがとうございます。本日Instagramをはじめました星野源です。

    と挨拶し、会場の笑いを誘うと

    星野さん:公開を迎えられてものすごく、ものすごく嬉しいです。撮影から1年以上空きましたが、こうやって初日迎えられて嬉しいです。ほんとに嬉しい。

    と、感無量のコメント。
    本作で激しい殺陣に挑戦した高橋さんは撮影について

    高橋さん:過酷は過酷でしたけど、出来上がった作品をみると救われます。こんなに楽しい作品になって、キャストの皆さんも仲が良かったので炎天下のなかでも楽しく過ごせました。

    乗馬に初挑戦して

    高畑さん:馬のテンションが上がるとすごいスピードになるので、怖すぎて顔が固まったんですけど、それがいい具合に意志強く走っているように映って安心しました。この作品は楽しいし、ジーンとするし、いろんな人に見てほしいと思う映画になりました。

    とそれぞれ振り返った。

    本日も絶好調の麗しの殿、

    及川さん:王子から殿に転職しましたから・・・・

    と会場を笑わせると、松平直矩という実在の大名を演じたことについて

    及川さん:気をつけたところはお殿様としての風格と男色家としての素顔…そのギャップですかね。

    とチャーミングな魅力を放つ直矩のポイントを語った。

    犬童監督:この3人は撮影中にずっと集まって楽しそうに話しているんです。

    というほど仲がよかった星野さん、高橋さん、濱田さん。

    濱田さん:一生さんとは何度か共演させていただいていますが、本当に2人とも優しいお兄ちゃんという感じで。

    と語るは、取材にいないにも関わらずよく星野さん、高橋さんから話題にされることが明かされると

    濱田さん;何を話したんですか!!?

    と質問。すると

    高橋さん:悪口だね・・・。

    と即答し、

    濱田さん:言うんじゃないよ、取材で悪口を…どうかしてるぞ、そんなの(笑)

    と息ぴったりのやりとりを見せ、会場が笑いに包まれる一幕も。そんな愉快で豪華なキャストが集結した本作、

    犬童監督:適材適所のキャスティングで、僕が子供の頃に頃に見た時代劇の楽しさが再現できた気がします。

    と自信を見せた。

    映画情報どっとこむ ralph そして、本作のタイトル『引っ越し大名!』にちなみ、登壇者同士がお互いを「〇〇大名」かを答えることに。及川さんは星野さんを「インスタ大名」と本日始めたばかりのInstagramに触れながら名付けると、

    星野さん:今日始めたのに!?

    と思わずツッコミ。しかし、実際は

    及川さん:人を嫌な気分にさせない方だなと初対面から思っていて、穏やかなコミュニケーションを取る方だなと。撮影現場でも僕が離れたところで、マイ扇風機の風に当たっていると話しかけに来てくれるんです。

    と撮影中のエピソードを交えながら、星野さんは「気遣い大名」であることを明かした。濱田さんもそんな星野さんの気遣いに触れたそうで、そのあまりの優しさに

    濱田さん:こんな優しい人は大名になれません!

    とバッサリ、登壇者を笑わせていた。星野さんは高畑さんについて、なぜか「肉大王」と回答。

    高畑さん:大王になっちゃった!焼肉大名です。

    とお茶目な言い間違いに笑いながら、

    星野さん:いつもはすごく上品でお美しいんですけど、お肉食べている時、すごくかっこいいんですよ。

    と意外な一面を披露すると、

    高畑さん:野生が止まらないんです!

    とユーモアのある返しでこれを認めた。

    犬童監督は高橋さんが「腕組み大名」だったと明かし、

    犬童監督:撮影中に腕組みしている印象がすごくあるんです。撮影場所の横で腕組みをしている、星野さんとも腕組みしながら話してて。

    と理由を語ると、すかさず

    高橋さん:でも心理学的に腕組みって拒絶って意味らしいんですよね。

    とまさかの発言が。しかしこれにはちゃんとした理由があったようで

    高橋さん:着物を着ると、所作的にしてしまうんですよね。落ち着くんです。

    と役者ならでは!という理由で弁明した。

    映画情報どっとこむ ralph 終始楽しいトークが繰り広げられるなか、公開を祝し、登壇者全員で鏡開きをすることに。
    星野源『引っ越し大名!』
    観客と一緒に「よいしょ、よいしょ、よいしょー!」の掛け声で樽を割ると、なんと中から『引っ越し大名!』にかけて引っ越し蕎麦が!

    最後に・・・

    高橋さん:脚本を読んでこれは面白いなと思って、ぜひ出たいと思ったあの日からすごく長い時間が経ちまして、やっとこの日を迎えられて嬉しいです。皆さんと現場で楽しくお話したり、苦労を共にした思い出が、映像の中で素晴らしい作品として昇華されているのを観て僕はものすごく嬉しかったです。小さいお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまでどんな人でも楽しめて、現代の日本でいま観るべき、観て楽しい時代活劇だと思いますのでぜひ何度でも観に来てください。

    と締め、舞台挨拶は大盛り上がりのまま幕を閉じた。
    引っ越し大名!ポスタービジュアル
    『引っ越し大名!』

    公式サイト:
    http://hikkoshi-movie.jp

    公式Twitter:
    @hikkoshi_movie

    <STORY>
    引っ越しは戦でござる!
    姫路藩の書庫番、片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手でいつも書庫にこもりっきり、周囲から「かたつむり」とあだ名で呼ばれている引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)(及川光博)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。すべての藩士とその家族全員で1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!


    ***********************************


    出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
    原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
    監督:犬童一心
    主題歌:ユニコーン「でんでん」(Ki/oon Music)
    配給:松竹
    ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会





    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    高橋一生と蒼井優 映画『ロマンスドール』美しすぎるティザービジュアル解禁&公開日決定!


    映画情報どっとこむ ralph 一人のラブドール職人と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻との日々を描いたタナダユキの小説「ロマンスドール」。型破りな設定と衝撃的な展開の中で、男女が強く惹かれ合い、そして時間とともに変わっていく感情と関係を繊細に描いた物語は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されるやいなや、多くの話題と共感を呼んだ。その傑作小説がこの度、原作者であるタナダユキ自らが脚本・監督を手掛け映画化される!主演をつとめるのは、高橋一生。美大卒業後にフリーター生活をしていたところ、ひょんなことからラブドール制作工場で働き始め、次第にその魅力にのめり込んでいく主人公・北村哲雄を演じる。哲雄の妻・園子を演じるのは、高橋と18年ぶりに共演を果たす、蒼井優。

    さらに二人をとりまく共演陣に、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうら個性豊かな実力派俳優陣が集結した。

    この度、映画公開日が2020年1月24日(金)に決定!

    さらに第一弾ビジュアルとなる、ティザービジュアルが解禁!!
    高橋一生と蒼井優 ロマンスドール 今回夫婦役初共演となる高橋&蒼井が魅せる、愛し合う美しい男女の姿が披露された。タナダ監督が映画のキーカラーとした「スモーキーブルー」の世界観に包まれた、主人公の哲雄(高橋)とその妻・園子(蒼井)は、ドキッとするほど美しく、幸せそうに見えるが、こちらを見つめる眼差しはどこか物憂げで、二人の間に何かを感じさせる。それぞれの目線から、対照的に添えられた「妻を愛して“嘘”をついた。」「夫を愛して“秘密”を持った。」というキャッチコピー。

    惹かれ合い結婚し、愛し合った先に二人がもった”嘘“と”秘密“とは―。変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリーが誕生する。

    映画公式サイト:
    romancedoll.jp

    あらすじ
    美人で気立てのいい園子に一目惚れして結婚した哲雄が、彼女にずっと隠し続けている仕事、それはラブドール職人としてドールを作っていること。平穏に過ぎていく日常の中、哲雄は仕事にのめり込み、恋焦がれて結婚したはずの園子とは次第にセックスレスになっていた。いよいよ夫婦の危機かと思ったとき、園子はぽつりと胸の中に抱えていた秘密を打ち明けた。
    10年の、嘘と秘密と、ほんとの愛。
    変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリー。


    ***********************************


    高橋一生 蒼井優
    浜野謙太 三浦透子 大倉孝ニ ピエール瀧
    きたろう 渡辺えり 

    脚本・監督:タナダユキ
    原作:タナダユキ「ロマンスドール」(KADOKAWA刊)
    ©2019「ロマンスドール」製作委員会 配給:KADOKAWA




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    予習はばっちり!ずん飯尾『引っ越し大名!』クイズを出題する特別映像解禁!


    映画情報どっとこむ ralph 『超高速!参勤交代』シリーズをはじめ、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し続ける土橋章宏の原作を、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め映画化した『引っ越し大名!』が8月30(金)に公開する。

    引っ越し大名!_星野源
    すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題の引っ越し(=国替え)を生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)。
    本作はそのエピソードを基に、お国の一大事を救うため、引きこもり侍の片桐春之介(星野源)らをはじめとした姫路藩の藩士たちが、あらん限りの知恵と工夫で引っ越しを乗り切ろうと奮闘する笑いと感動の物語だ。

    この度、本作にも姫路藩士の高橋四郎役として出演するお笑いコンビ「ずん」の飯尾和樹がナレーションを務める特別映像が解禁となった!
    今回解禁される映像では本作の主人公の春之介のあだ名から、舞台となる姫路城についてまで、『引っ越し大名!』に関するバラエティ豊かな4択クイズが飯尾より出題される。春之介のように「愚か者!こんなことも知らないのか!」と叱られることのないよう、この映像で予習をして映画公開に備えられえる映像となっている!

    ナレーションを終えた飯尾は、「楽しい映像だったので、(収録も)楽しくさせていただきました」と言いながらも、映像内で自身のギャグ「ペッコリ45度」を声だけで披露したことに対して「恥ずかしかった」と照れ笑い。
    映画自体はエンターテインメント作品としての娯楽映画だが、飯尾の出演シーンは「現実を突きつけられる真面目なシーン」のため、映画を観ると「全編を通して明るい映画です(笑)」とギャップを楽しんだよう。
    さらに撮影時は「外撮影はカンカン照りで暑かったんですが、休憩時間に星野源くんが絶妙なタイミングで『アイスにしましょう!』と言ってくれたのが助かりました(笑)」と振り返った。

    最後に「普段から引っ越しはテンポよくと言いますが、映画もテンポがよくて、人のいい人の葛藤がコミカルに描かれていて、すごく楽しい作品」と魅力を語った。


    映画情報どっとこむ ralph また、合わせて本作に登場する個性豊かな登場人物のキャラクターポスターも解禁!

    今回お披露目となったのは春之介(星野源)、鷹村源右衛門(高橋一生)、於蘭(高畑充希)、山里一郎太(小澤征悦)、中西監物(濱田岳)、藤原修蔵(西村まさ彦)、本村三右衛門(松重豊)、松平直矩(及川光博)ら8名。
    星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博『引っ越し大名!』
    ビジュアルとともに、「引っ越しは…戦でござる!」「女抜きで引っ越しができるとお思いですか?」など、各登場人物がお国の一大事である引っ越しにどのように絡んでいくのかがわかるような、印象的な台詞が添えられている。

    移動人数10,000人!移動距離600km!予算も圧倒的に足りない中、失敗すれば即切腹!
    絶体絶命の状況で引っ越しの総責任者を任された春之介はいかにしてピンチを乗り越えていくのか!? ますます期待がかかる。

    映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』

    8月30日(金)全国公開

    公式サイト:
    http://hikkoshi-movie.jp

    公式Twitter:
    @hikkoshi_movie

    引っ越し大名!ポスタービジュアル
    ***********************************

    監督:犬童一心 
    原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
    出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
    主題歌:ユニコーン「でんでん」作詞:川西幸一/奥田民生 作曲:奥田民生(Ki/oon Music)
    配給:松竹 
    ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会
       




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

     

    映画『引っ越し大名!』星野源、高畑充希らが大合唱!“引っ越し唄”を歌う本編映像を解禁!


    映画情報どっとこむ ralph 『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務め映画化される『引っ越し大名!』が8月30日(金)に全国公開します。

    そしてこの度、劇中で星野源、高畑充希といった豪華キャストが唄う映画オリジナル曲”引っ越し唄”の本編映像を解禁!

    この楽曲は脚本開発中に犬童監督のアイディアによって生まれた映画オリジナルのもの。
    歌詞を原作者であり脚本を担当した土橋章宏が制作、振り付けを犬童監督の『のぼうの城』(12)で主役を務めた日本が誇る狂言師・野村萬斎が担当しています。

    引っ越し大名!星野源
    今回解禁されたシーンは姫路から大分へ引っ越し道中のシーンですが、引っ越し唄は準備パートから出発パート、道中パートとストーリーの過程で引っ越しの進み具合とリンクしながら所々で聴くことが出来ます。

    道中のシーンは夏に差し掛かった季節に撮影していたということもあり、大変過酷な現場だったそうで、星野もこの撮影に関して「朝から晩まで一日中撮影していて、角度を変えて何度も何度も撮影したので、非常に過酷でした」と当時を振り返っています。

    星野自身も時代劇であまり見たことがないと語る、苦労しながらも作り上げた全員で唄を歌いながら行進するシーンは、映画ならではの見どころのひとつとなっています。




    映画情報どっとこむ ralph 『引っ越し大名!』

    8月30日(金)全国公開

    ■公式サイト:
    http://hikkoshi-movie.jp

    ■公式Twitter:
    @hikkoshi_movie

    引っ越し大名!ポスタービジュアル 本作のテーマはなんと“引っ越し”(=国替え)。
    すべての藩士とその家族全員で引っ越さなければならないため、参勤交代をはるかに上回る費用と労力がかかる無理難題です。
    本作は、そんな引っ越しを幕府から生涯に7回も命じられ、「引っ越し大名」と呼ばれた実在の大名・松平直矩(なおのり)のエピソードを基に、お国の一大事を救うため、引きこもり侍の主人公含む姫路藩の藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する笑いと感動の物語となっています。

    お国の一大事である引っ越しの総責任者“引っ越し奉行”に白羽の矢が立ったのは、周囲から「かたつむり」と呼ばれ、読書好きで書庫番として引っ越し奉行に任命される引きこもり侍・片桐春之介(星野源)でした。
    引っ越し大名!星野源 引っ越し大名!星野源
    果たして春之介は、幼馴染にして超体育会系の御刀番・鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の引っ越し奉行の娘・於蘭(高畑充希)たちの力を借りながら
    引っ越しを成功させることはできるのでしょうか!?
    引っ越し大名!高橋一生 引っ越し大名!高畑充希x星野源
    ***********************************

    監督:犬童一心
    原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)
    出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか
    主題歌:ユニコーン「でんでん」
    作詞:川西幸一/奥田民生 作曲:奥田民生(Ki/oon Music)
    配給:松竹
    ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会




    良かったらランキングUPにご協力ください。
     にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ