「高杉真宙」タグアーカイブ

高杉真宙 歯科技工士役に挑戦『笑顔の向こうに』2019年2月、全国公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本歯科医師会の全面協力のもと製作された歯科医療をテーマにした映画『笑顔の向こうに』が、2019年2月に全国のイオンシネマにて公開することが決定しました。

主演は、2018年映画『世界でいちばん長い写真』『虹色デイズ』『ギャングース』、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』やドラマ「セトウツミ」など主演を多数務め、人気ドラマの劇場版『賭けグルイ』の出演も控えている人気若手実力派俳優の高杉真宙さん。数々の役柄を演じている高杉が、初の医療関係・歯科技工士役に挑みます。

ヒロインには、第35回ホリプロタレントスカウトキャラバンオーディション2010にてグランプリを受賞し、映画『ロボジー』『リアル鬼ごっこ』などバラエティからホラーまで多ジャンルの映画に出演、また2015年より3年間継続して今話題の「龍角散」のCMに、2016年からは「東京メトロ」のCMにも出演している安田聖愛を迎え、高杉扮する大地の幼じみの新人歯科衛生士・真夏役を演じます。

監督は、早稲田大学理工学部を休学後ニューヨーク工科大学に渡り、ニューヨークにて映像やアートの制作に携わり活躍してきた榎本二郎。
長編映画初となります。

2月、歯科医療の現場をテーマに、若者たちの成長を描いた青春感動ストーリーをお楽しみ下さい!

***********************************

高杉真宙
安田聖愛
辻本祐樹 西方凌 濱田英里 ayanonono 木村祐一
池田鉄洋 佐藤藍子 聡太郎 阿部祐二 善知鳥いお 中村昌也 阿部桃子 大出俊 熊切あさ美
藤田朋子 丹古母鬼馬二 大平サブロー 児島美ゆき 中山秀征(特別出演) 秋吉久美子 松原智恵子

原案・製作総指揮:瀬古口精良 監修:8020運動30周年記念事業映画製作チーム
エグゼクティブプロデューサー:井内徳次
プロデューサー:藤原健一
ラインプロデューサー:石川二郎 
脚本:川﨑龍太 音楽:フジパシフィックミュージック 
音楽監修:上阪伸夫
主題歌:HANDSIGN「ふたりのサイン」(ユニバーサルミュージック)
撮影:ふじもと光明 照明:江川斉 録音:松島匡 
衣装:佐藤友美 荒川小百合 ヘア・メイク:高村みこ
美術:矢部義明
スチール:中居挙子
制作:テンダープロ
配給:テンダープロ/プレシディオ
製作:公益社団法人日本歯科医師会
監督:榎本二郎
©公益社団法人日本歯科医師会


高杉真宙・加藤諒・渡辺大知『ギャングース』第31回東京国際映画祭“特別招待作品”へ出品決定!


映画情報どっとこむ ralph 犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描く漫画・肥谷圭介先生×ストーリー共同制作・鈴木大介先生による青春漫画の実写映画化『ギャングース』が11月23日(金)に公開となります。

この作品が10月25日(木)〜11月3日(土・祝)まで開催される第31回東京国際映画祭の“特別招待作品”への出品が決定しました。
本映画祭での上映が、日本国内では初上映となります。
公開に先駆け、いち早く鑑賞できる機会でもあり注目される。上映日は後日発表の予定。

映画情報どっとこむ ralph 社会で生きる術は犯罪しかないという犯罪少年たちの実情をもとにしたリアルなストーリーラインと、個性豊かな登場人物、“タタキ”仕事のエンターテインメント性溢れる描写が評判を呼んだ青春漫画を実写映画化した本作。

情報収集・標的選定担当のサイケを演じるのは高杉真宙さん。
また工具全般担当のカズキを加藤諒さん。
そして車両・機動担当のタケオには渡辺大知さん。

映画情報どっとこむ ralph サイケたちの前に立ちはだかる強敵、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達には、世界的ギタリストのMIYAVIさん。
その安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤には金子ノブアキさん。加藤の部下で恋人のアゲハには篠田麻里子さん。情報屋の高田には林遣都さんなど豪華キャストが集結しています。

監督と脚本には、社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーに定評のある入江悠。主人公の少年たちの友情と成長、再起への想いをより際立たせ、痛みだけではなく、躍動感、爽快感も伝える王道の青春エンターテインメント。

映画『ギャングース』

は11/23公開です。


公式HP:
gangoose-movie.jp
twitter:
https://twitter.com/MovieGangoose

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン 
©2018「ギャングース」FILM PARTNERS©肥谷圭介・鈴木大介/講談社
R15+


高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよとsumika登壇「君の膵臓をたべたい」大ヒット舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph その衝撃的なタイトルで発表直後から大反響を呼び、累計発行部数270万部を突破した住野よるの小説デビュー作「君の膵臓をたべたい」が劇場アニメーション作品としてスクリーンに登場!公開から1週間が経った9月8日(土)に本作の大ヒットを記念した舞台挨拶が川崎チネチッタにて行われ、本作の主人公「僕」の声優を努めた高杉真宙さんをはじめ、Lynnさん、藤井ゆきよさんら豪華キャストと牛嶋新一郎監督、更にオープニングテーマ・劇中歌・主題歌を手がけたsumikaの片岡健太さん、荒井智之さん、黒田隼之介さん、小川貴之さんが登壇した。


日付:9月8日
場所:川崎チネチッタ
登壇:高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、牛嶋新一郎監督
sumika:片岡健太、荒井智之、黒田隼之介、小川貴之


映画情報どっとこむ ralph 高杉さんはsumikaが加わった大人数での舞台挨拶に

高杉さん:何度か舞台挨拶をさせていただきましたが、この人数での舞台挨拶は初なので嬉しいです。
とコメント。sumikaの片岡さんは

片岡さん:劇場のステージに上がるのは初めてで、ライブハウスとは違って劇場は階段状で後ろの方までお客さんの顔が見えるので、作品を観た後の皆さんの泣きはらした顔が分かってつられて泣きそうです。

と、初の映画舞台挨拶の感想を感慨深げに語った。


オープニングテーマの“ファンファーレ”について聞かれ
片岡さん:キミスイの楽曲の中で最初に作った曲で、曲から先に作ってほしいと牛嶋監督やスタッフさん達から言われてプレッシャーを感じました。最終的に登場人物たちと同じ高校生の頃の感性を思い出しながら作った。

とコメント。

これに対して曲を最初に聞いた時の感想を聞かれ

牛嶋監督:エネルギッシュな曲だなと思い、絵コンテにはいる時に曲と同じエネルギーをぶつけると喧嘩してしまうと思ったので、わざと絵に完璧に合わせず若干ずらして曲に寄り添う形にしてい行きました。

と映画冒頭シーンの裏話を披露した。

実際に画と音が合わさった映像を観て

片岡さん:最初から涙が出てきた。曲は自分の子どものようなものなので、嫁に出したような気持だったが、きちんとキミスイの家の子になっていて良かったねと思った。

とコメント。

また、劇中歌の“秘密”について聞かれたsumikaの小川さんは

小川さん:劇中歌ということで音と画がマッチングするかが全てなので、カットの秒数を測ったりしながら2人の心情や距離感を大切にしながら作っていた。

とコメント。


映画情報どっとこむ ralph 「秘密」がかかるシーンについて
高杉さん:僕と桜良の距離が近づいていく最大のシーンだと思って演じました。

と語り、ヒロイン桜良を演じたLynnさんも

Lynnさん:全編通して一番穏やかな心情で演じました。映像と歌詞も丁度リンクしていて、ここで幸せな状態で終わってほしいと思いましたね。

と語った。
小川さんは完成した映像に対する感想を求められ、

小川さん:絵コンテで流れる映像の想像は出来ていたんですが、その100倍くらいの映像が上がってきて、音楽と映像の気持ちのいい掛け算が出来ました。

とコメントした。


主題歌の“春夏秋冬”についての質問に対しては、

片岡さん:主題歌が終わった後のシーンにどう繋げるかと主人公がこの作品が終わった後どう生きてくかの意思表示にもなるように作った。

とコメントし、劇中で「春夏秋冬」が流れた後のシーンについて聞かれた恭子役の藤井さんがそのシーンを思い出して涙ぐみ、声を詰まらせるシーンも。

sumikaの黒田さんは作品に対する感想を聞かれて

1年前にキミスイの話を頂いて、考えてやってきたので、他人事として捉えられない。作品の流れからすると最初のシーンは泣くところではないんですが、泣きました。

と語り、

荒井さん:バンドを始めたころの学生時代の気持ちを取り戻せましたし、いい意味で初心に帰る事が出来ました。

と語るなどキャスト、スタッフの作品に対する思いの強さが伝わる舞台挨拶となりました。

映画情報どっとこむ ralph 「君の膵臓をたべたい」

物語・・・
他人に興味をもたず、いつもひとりで本を読んでいる高校生の「僕」。そんな「僕」はある日、『共病文庫』と記された一冊の文庫本を拾う。それは、天真爛漫なクラスの人気者・山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女が膵臓の病気で、余命いくばくもないことが記されていて…。病気を隠して日常を過ごす桜良と、その秘密を知った「僕」。――二人の距離には、まだ名前がない。

***********************************


監督・脚本:牛嶋新一郎
出演:高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、内田雄馬、福島潤、田中敦子、三木眞一郎、和久井映見
オープニングテーマ・劇中歌・主題歌:sumika
配給:アニプレックス
アニメーション制作:スタジオヴォルン 
原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社 刊)
©住野よる/双葉社
©君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ


高杉真宙・Lynn感涙!お姫様抱っこも挑戦!『君の膵臓をたべたい』初日舞台挨拶で!


映画情報どっとこむ ralph 劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』が9月1日(土)より遂に全国公開となり、本作の主人公「僕」を演じた高杉真宙さん。膵臓の病気を抱えるヒロインの桜良役を務めた声優・Lynnさん。桜良を支える母親役として自身キャリア初の劇場アニメ声優に挑んだ和久井映見さん、さらに藤井ゆきよさん、内田雄馬さん、牛嶋新一郎監督が登壇して初日舞台挨拶が行われました。

劇中で「僕」と桜良が距離を縮めるきっかけとなった“真実か挑戦か”ゲームに登壇者が挑戦!果たして!

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』初日舞台挨拶
日時:9月1日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、内田雄馬、和久井映見、牛嶋新一郎監督

映画情報どっとこむ ralph 見終えたばかりの観客の大きな拍手の中、キャストの皆さんと監督が登場。

高杉さん:いよいよ公開です。声を入れてからあっという間という気もします。今日は楽しんで下さい。

Lynnさん:今日は朝早くから劇場に足をお運びくださりありがとうございます。皆さんが見終えた今どういう気持ちなのかドキドキしています。とにかく今日の日を迎えられたこと。うれしく思っています。
と、鑑賞後すぐのお客さんの気持ちにドキドキなLynnさん。

藤井さん:初日ありがとうございます。皆さんと一緒に作品を振り返りたいと思います。

内田さん:皆さんと同じ気持ちを共有して楽しみたいと思います。

和久井さん:この日を迎えたのだなと・・・・先ほど裏で泣きそうになってしまいました。この作品を作り上げた多くの皆さんの思いが皆さんに伝わればと思っています。

と、思い入れが大きいと語る和久井さん。

牛嶋監督:この作品を作り始めて2年。今日のこの日を嬉しく思っています。胸を張って皆さんにお届けできる作品です!
と、それぞれの挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 好きなシーンを聞かれると

高杉さん:花火のシーンが大好きです。あそこって思いが見えるし。花火も実写ではできないアングルが綺麗で。好きです。この作品にかかわれてよかったです。今めちゃめちゃ盛り上がっていて、大好きでーーーす!って言いたいぐらいです。不思議。
と、かなり、作品意思い入れがあるそうです。

Lynnさん:海辺のシーン。絵も綺麗だし本音があらわれるし。ぼくが顔を赤らめるのもいいなと。
高杉さん:僕も好きですね青春感があって。

藤井さん:困っちゃうな。ぼくが桜良との会話でだんだん相槌とかも優しくなっていって。エンドロール後の最後もね。素敵だなと。

内田さん:僕の登場シーン。2シーンしか出てませんが。重要なので。普通の高校生の思春期とさくらとの対比を大切に演じました。

和久井さん:海のシーン。僕の表情が変わる瞬間。顔に線が入って顔が赤らんで・・・。そして、最後「・・・ですか?」が泣けます。

監督:映像を力入れたところなので、好きなシーンに選んでいただけたのは嬉しいなと。


役者が声優をしてみて

高杉さん:今回初めての声優でしたが、自分が動きに声をつけるのに戸惑いましたが、皆さんとやっていくうちになくなって。和久井さんとのシーンでは。声をあてるのではなく自然体になっていました。
と、語ると

和久井さん:お母さんがどういう人かという、イラストをいただきまして。その瞬間から緊張して挑みました。

と、ベテラン女優も緊張したそう。

映画情報どっとこむ ralph ここで、真実と挑戦!ゲーム。劇中と同じ柄の大判のカードを引く監督。

最初に選ばれたのは高杉さん

真実:気になる異性にどうやってアプローチする?
挑戦:誰かをお姫様抱っこしてください!

内田さん:準備はできてる!

真実を選ぼうとしていた高杉さん・・・挑戦します!
と内田さんをお姫様抱っこ!満面の笑みの内田さん。


次は藤井さんが選ばれ!Lynnちゃんならお姫様抱っこできる!と意気込むもお題は・・・

真実:男子高校生だったら、桜良ときょう子どっちを選ぶ?
挑戦:春夏秋冬をアカペラで歌う!

藤井さん:真実で!でも、・・・困ったね・・・高校生なら桜良。わかりやすくときめきをくれる。そして中の人もかわいい!(内田さん:中の人いうな!)大人になればきょう子の良さもわかると思うんですけどね。

三人目に選ばれたのは和久井さん

真実:役者になって良かったこと。挑戦:自分の良いところ5つ上げよ!

和久井さん:私も(お姫様)・・。いろんな人で会えること。ここに立っていること。(役者って)素敵です。


最後に

Lynnさん:感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんの心に温かい気持ちが生まれていたら嬉しいです。作品がどんどん広がっていくと幸せです。
高杉さん:今回作品にかかわれて幸せです。舞台挨拶で、こんな気分になることないんですけど・・・本当にいろんな人に出会えて・・・(絶対ヤダ)・・・・・この作品のこの役ができて、大好きな作品になりました。見る人が大好きな作品になってくれたら嬉しいです。

と、二人の感涙で閉めるイベントとなりました。


物語・・・
他人に興味をもたず、いつもひとりで本を読んでいる高校生の「僕」。そんな「僕」はある日、『共病文庫』と記された一冊の文庫本を拾う。それは、天真爛漫なクラスの人気者・山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女が膵臓の病気で、余命いくばくもないことが記されていて……。病気を隠して日常を過ごす桜良と、その秘密を知った「僕」。
――二人の距離には、まだ名前がない。
***********************************

原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社 刊)
原作イラスト:loundraw
監督・脚本:牛嶋新一郎
キャラクターデザイン・総作画監督:岡勇一 
美術監督:小川友佳子
音楽:世武裕子 
アニメーション制作:スタジオヴォルン
オープニングテーマ・劇中歌・主題歌:sumika 
配給:アニプレックス 
出演:高杉真宙 Lynn 藤井ゆきよ 内田雄馬 福島潤 田中敦子 三木眞一郎 和久井映見
(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ
  


乃木坂46の高山一実、松村沙友理から絶賛コメント『君の膵臓をたべたい』


映画情報どっとこむ ralph その衝撃的なタイトルで発表直後から大反響を呼び、累計発行部数260万部を突破した住野よるの小説デビュー作「君の膵臓をたべたい」が劇場アニメーション作品としてスクリーンに登場!

劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』が9月1日(土)より全国公開となります。

この度、本作のオリジナルサウンドトラックCDと、“sumika“によるオープニングテーマ・主題歌「ファンファーレ/春夏秋冬」が本日8月29日に発売となりました!
オリジナルサウンドトラックは音楽を担当した世武裕子の劇伴に加え、本作の劇中歌に使用されている”sumika”の「秘密(movie ver.)」などが収録されており、非常に豪華な内容となっております。


《劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』Original Soundtrack 概要》
発売日:2018年8月29日(水)
価格:¥3,000+税 SVWC-70364

【詳細】
9月1日に全国公開となる劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」のオリジナルサウンドトラック。
音楽・世武裕子の劇伴を豪華収録。
スタジオヴォルン描き下ろしイラストジャケット仕様
※仕様・収録内容は告知なく変更になる場合がございます。
さらにジャケットにはスタジオヴォルン描き下ろしのイラストが使用されており、”キミスイ“の世界観が凝縮された1枚です。

映画情報どっとこむ ralph
さらに、先日放送された本作の公開記念特番でナビゲーターを務めた、乃木坂46の高山一実、松村沙友理から絶賛コメントが到着しました!

高山さん:こらえてもこらえても涙が抑えられず、見終えた後は自分がこの世界に生まれてきた意味を考えさせられました。

松村さん:何度も涙が溢れて、見終わった後に優しい気持ちになれる作品です。

とコメントを寄せています。



他人に興味をもたず、いつもひとりで本を読んでいる高校生の「僕」。そんな「僕」はある日、『共病文庫』と記された一冊の文庫本を拾う。それは、天真爛漫なクラスの人気者・山内桜良が密かに綴っていた日記帳だった。そこには、彼女が膵臓の病気で、余命いくばくもないことが記されていて……。病気を隠して日常を過ごす桜良と、その秘密を知った「僕」。

二人の距離には、まだ名前がない。


***********************************

出演:高杉真宙 Lynn 藤井ゆきよ 内田雄馬 福島潤 田中敦子 三木眞一郎 和久井映見

原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社 刊)
原作イラスト:loundraw 
監督・脚本:牛嶋新一郎
キャラクターデザイン・総作画監督:岡勇一
美術監督:小川友佳子
音楽:世武裕子
アニメーション制作:スタジオヴォルン
オープニングテーマ・劇中歌・主題歌:sumika 
配給:アニプレックス

(C)住野よる/双葉社 (C)君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ