「高木渉」タグアーカイブ

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』東京コミコントークイベント


映画情報どっとこむ ralph 4人の大学生が主人公で、呪われたゲーム“ジュマンジ”に吸い込まれた仲間を救うため、自らがプレイヤーとなってゲームの中にログイン、“無理ゲー”と化した超絶難関なゲームステージの中で仲間を見つけ出し、生きて現実世界に戻るために命をかけてクリアを目指すアクション・アドベンチャー超大作『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が12月13日(金)に日米同時公開!

この度、本作が声優初挑戦となるファーストサマーウイカさんが東京コミコンに登壇し、これまで明かされていなかった“役名”を発表!さらに、ジャック・ブラック演じるオベロン教授の声優を担当した高木渉さんも応援にかけつけ、初めての吹替に悩むウイカさんにアドバイス!あの大物ハリウッド俳優からのビデオメッセージも到着し、大盛り上がりのトークイベントとなりました。

東京コミコントークイベント
日時:11月23日(土)
場所:幕張メッセ 国際展示場
登壇:ファーストサマーウイカ、高木渉

映画情報どっとこむ ralph 今年で第3回目となる東京コミコンには例年以上の人々が訪れ、『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の特設ステージの前にも、イベント開始を待ちわびるファンの熱気で溢れかえっていた。そこに、本作で日本語版吹替声優を担当したファーストサマーウイカさんが全力疾走でステージに登壇!割れんばかりの拍手で迎えられたウイカさんは「のっけから圧倒されてしまいました」と初めて東京コミコンの空気を味わっていた。

本作が初の日本語吹替声優挑戦となるウイカさんは、オファーが来たときのことを「完全にドッキリだと思ってました。絶対嘘や!って(笑)」と笑いながら振り返った。気になる役どころは謎のベールに包まれていたが、イベント内では遂に彼女の口から発表!新キャラクターであり、ゲームクリアの鍵を握る重要人物である、TVゲーム「ジュマンジ」内のキャラクターの一人、ミン・フリートフット。演じるのは、ラッパーとしても活躍し、MCU史上初となる“アジア系ヒーロー”映画作品に出演も決まった話題の女優・オークワフィナ。重要な役どころにプレッシャーを感じる反面、自身との共通点を「少ししゃがれたハスキーな声」と挙げたウイカさんに、ミンに扮したオークワフィナから、サプライズでビデオメッセージが到着!

オークワフィナは「私の声優に決まっておめでとう!“無理ゲー”ミッションへのチャレンジ、頑張ってね!プレミアにおいでよ!」とウイカさんを激励。メッセージを見たウイカさんは、「嬉しい!!泣きそう!!」と目を潤ませながら、感極まった表情を見せた。

さらにイベントでは、初声優に「もっとうまくなりたい」と語るというウイカさんの元に、ジャック・ブラック演じるシェリー・オベロン博士の日本語吹替を担当した声優の高木渉さんが、“助っ人”として登壇!ウイカさんと高木さんは熱い握手を交わすと、「実は今日サプライズで登場する予定だったんです。だけど、せっかくお会いするなら、(ウイカさんと一緒に)アフレコもやろうかなと思って。収録現場で一緒にアフレコやったんです」と明かす高木さん。すると、ウイカさんは「でも本当はその日、高木さんはお仕事じゃなかったんですよ。でも私のためにわざわざ来てくださって」と明かしつつ、「本当に優しいんです。一瞬で好きになっちゃいました!」と語り、神対応っぷりに感激した様子を見せていた。そんな高木さんに対して、アフレコでのウイカさんの様子を問われると、「声優が初めてだとお聞きして、『色々コツを教えてあげてください』と言われたんですが、すごくお上手で」と振り返り、その実力に驚いたという。「お芝居にとても貪欲で、色々なバリエーションのお芝居をされてます。僕も初めてなのに凄いなぁと思っちゃいました」と太鼓判を押した。そんな言葉に謙遜するウイカさんは、「今回収録現場は基本的に私一人だったので、他の方がいない状況で自分の声を聴くと、これで合っているのか、わからない部分も多いんですよね。それが、高木さんがいらっしゃって、隣でアフレコさせていただいた瞬間に世界が広がって。全然違いましたね」と振り返り、初のアフレコ現場でプロ声優の凄さを肌で感じた様子。さらに、残りの収録へ臨むウイカさんへアドバイスを求められると、「そのままでいいです!」と力強くコメント。「芝居に貪欲で、姿勢が素敵でした」と最後まで称賛を惜しまなかった。

そんなアドバイスに対し、ウイカさんは「高木さんからは、楽しむことが大事ということを教わりました。私の“初アフレコ”作品をぜひ見て頂きたいです。何よりもめちゃくちゃ面白い作品に仕上がっています!」と本作をPR。

また、高木も「『ウェルカム・トゥ・ジャングル』を観てから続編を観るともっと面白いんですが、どちらが先でも面白いです!あのシーンはこういうことだったのか、と繋がっている部分もたくさんありますし、物語自体もレベルアップしているので、ぜひぜひみなさんに楽しんで頂きたいです」と、続編を心待ちにするファンにメッセージを送り、イベントは大盛況で幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』

12月13日(金)日米同時公開!

公式サイト:
https://www.jumanji.jp

公式Twitter:
@JumanjiJP

***********************************

監督:ジェイク・カスダン(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』)

出演:ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、ニック・ジョナス(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』) 、ダニー・デヴィート(『ツインズ』)、ダニー・グローヴァー(『リーサル・ウェポン』シリーズ)

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、梶裕貴ら『ニンジャバットマン』トークも炸裂で観客大爆笑!!


映画情報どっとこむ ralph 前代未聞の戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント映画『ニンジャバットマン』が6月15日(金)より公開中です。

公開語からSNSでは「何度でも見たくなる」「これはやばい」と中毒性を感じさせる強烈な内容で大好評の本作。公開を記念して、6月16日(土)に豪華キャスト陣と制作陣による、大爆笑の舞台挨拶が行われました!

‪イベントでは、冒頭から山寺さんが「バットマン役のクリスティアーノ・ロナウドです!」と挨拶するなど、500人の観客と共に大盛り上がりしました。

さらに、6月17日に57歳の誕生日を迎える山寺さんに、サプライズで特製のバースデーケーキも登場し、全員でハッピーバースデーを歌って祝福いたしました!

『ニンジャバットマン』公開記念舞台挨拶
日付:6月16日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、梶裕貴、水﨑淳平、中島かずき、岡崎能士、松澤千晶(MC)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の興奮冷めやらぬ、どこか緊迫感のあった場内に、キャスト陣とスタッフ陣が登場すると、場内は大きな拍手が沸き起こった。 バットマン役を演じた山寺さんがいきなり

山寺さん:バットマン役のクリスティアーノ・ロナウドです!

とタイムリーな挨拶すると、一気に場内は和やかな雰囲気に。

高木さん:違うでしょ!

とナイスツッコミも起き、その高木さんは山寺さんのせいで

高木さん:何を言いたかったのか忘れた!

ととびっちり。 冒頭からキャストの連係プレーが光る展開となった。 日本で本作を見た観客の前に立つのは初めてという水﨑監督が、

水﨑監督:ニンジャバットマンを楽しんでもらえましたか?

と観客に呼びかけ ると、すぐさま観客からは、この日一番大きな拍手が巻き起こり、安心した様子だったが、直後に

水﨑監督:朝からこんなもん見せてすみません。

と申し訳なさそう。すぐさま

山寺さん:”こんなもん”って!すごいもの作ったんですよ!

とフォローが入ったが、

水﨑監督:キャストの方は悪くないんです。

と謎のフォロー返しが。

ここにもすかさず

山寺さん:悪い前提でしゃべらないでください!

と突っ込むと、場内から大きな笑いが起きていました。

映画情報どっとこむ ralph 先にアメリカでの上映に立ち会っていたという

水﨑監督:アメリカでも卵が飛んでくるかもって思っていたんです。でも日本でも皆さん に楽しんでいただけて、これでやっと眠れます。

と笑顔を見せ、脚本を担当した中島さんも

中島さん:皆さん胸焼けしてませんか?僕はこういうもの しか作れないんです(笑)。90 分満足してもらえたならよかったです。

と満足した様子。
キャラクターデザインを担当した

岡崎さん:やっ と日本の皆さんに届けられてよかった。

と満を持しての公開に感無量だった。スタッフ陣が不安だったという理由について

水﨑監督:実は 作品自体はだいぶ前に完成していたんです。完成した直後は『やった!』と勢いがあったけれど、公開を待っているうちにだんだん不安になってきて…“こんなことしてよかったのか”と…

と胸中を明かに。

映画情報どっとこむ ralph 一方でキャスト陣からは

山寺さん:何回か過去にバットマン役を演じさせてもらっていて、今回も同じものかと思ったら、日本で作ったすごいクオリティの作品で。全然かっこよくてびっくりしたんです。みんなに見てもらえてうれしいです。

とが言うと、

加隈さん:キャットウーマンはどっちに味方に付くか読めないキャラなんですけど、「女の気の迷いを許せる男は素敵よ」ってセリフがあって…皆さん、許せる方が素敵だそうですよ!

と駆けつけたファンに呼びかけていた。

ロビンを演じて

梶さん:まさか時代に合わせて髪形があんなに変わるとは思わなかったです。戦国であり、バットマンであり、そしてまさかのロボットで、日本とバットマンの融合が素晴らしい作品です。

と太鼓判。

高木さん:ジョーカーをやるプレッシャーは感じましたね。特に隣に大先輩の山寺さんが…。

と語り始めると、ここでも

山寺さん:大先輩って!ほぼ同じでしょ!大河俳優が何を言っているんだ!

と怒涛のツッコミ。それに対して

高木さん:なんとしてもジョーカ ーとして山寺さんをいじめたい、これでもかってくらいこっちのほうが楽しくなって、バットマンを振り回せるようにというのは考えて演じてい ました。

と明かし、

山寺さん:いろんな意味でいらつきました…。

というと、高木はニンマリだった。

映画情報どっとこむ ralph 一方で、ジョーカーの相棒であるハーレイ・クインを演じ、2 人のバトルをワクワクしながら見ていたという釘宮さんは

釘宮さん:好きな人しかいない現場で、毎回テンション全開でジョーカーについていきました。

といい、舞台挨拶前にもエレベーターで一緒だった高木さんから「俺に惚れるなよ。」と言われ

釘宮さん:惚れちゃう♥

と返していたというエピソードを明かした。

これにはさすがに「キャスト陣も引いてた」と山寺さんが言うも、紫のシャツとネクタイの高木さんと、紫と黒のドレスの釘宮さんと、衣装のコーディネートもそろっえた2人は意に介さない様子で、作中同様のコンビネーションを見せつけていた。そんなエピソードが明かされていく中、一人で収録だったという梶さん・・・

梶さん:楽しくやらせてもらったけど寂しかった…。

とポツリ。それでも、あるシーンについて

梶さん:絵が完成するのを楽しみにしていたら、なんとそれがすでに完成した絵だった。でもあれはあれで素敵なので、全部あの絵になってるものを見てみたい

と語っていた。 ここで、水﨑監督からどうしても聞いてみたいとのことで「今回初めて「バットマン」シリーズを見た方は?」というと、客席からは意外にも多くの方が挙手。その様子に

中島さん:これすごく間違ってますので!

と申し訳なさそうにすると、逆に

水﨑監督:あれ?僕は今回”バットマ ン入門編”という気持ちで作っていたんですけど。こんなに楽しい作品なんだよと。

というと中島さんが驚いた様子で

中島さん:でも、ニンジャバ ットマンを見た人は、どんなバットマンも大丈夫だと思いますので!どれでも楽しめます!

と観客に呼びかけていた。そんな中島さんはジョ ーカーについて

中島さん:ジョーカーはひたすら喋らせようと思ってた。黙っちゃうと死んじゃう人みたいに。戦闘シーンもセリフが入ってなかったのを 追加したんです。

というと、

高木さん:喋った後に死にました…。

と苦労を明かした。子供のころからバットマンが大好きで、今回のデザインにすべて詰め込んだという

岡崎さん:普通のアニメだと消されてしまうような細かいデザインも、監督が全部拾ってくれた。着物の模様 とか、装飾とか本当に細かいので、是非皆さんもう一度見て確認してみてください。

というと、デザインについて

山寺さん:宣教師のバッ トマンの髪形がバットマンのマークになってて、あれはすぐばれるでしょ!

というと、

水﨑監督:あのカツラは、実はキャットウーマンが渡し たからバットマンは気づいてないんです。

という思わぬ裏話に、初耳だったキャスト陣は大爆笑。

加隈さん:遊び心を許せる男は素敵よ!

とキャットウーマンのセリフになぞらえていた。

映画情報どっとこむ ralph そしてここで、翌日 57 歳を迎える山寺へのサプライズケーキが登場!

バットマンマークをあしらった特製ケーキを前に、全員からハッピ ーパーズデーの歌で祝福された。特大スプーンを持った梶さんにケーキを食べさせてもらって、何味なのかと聞かれると

山寺さん:バットマン 味!!こんなにお祝いしてもらってうれしい。励みになります!

と嬉しそう!

最後に・・・、

高木さん:朝早くからこんなに多くの方に来ていただいて感無量です。今日、壇上に上がった瞬間に皆さんの笑顔を見て、 本当に楽しんでもらえたんだなって伝わりました。

山寺さん:みなさんワールドカップで寝不足な中、来てもらってうれしいです。水﨑監督も、これがコケたら神風動画がつぶれてもいいっ て言ってたくらい、みんなで情熱を注いだ作品です。ここからさらに発信して、『ニンジャバットマン』ブームになってほしい!

と語り、最後 は観客全員との三本締めで、イベントは大盛況に終わりました。

なお、明日 17 日には、イオンシネマ名古屋茶屋とミッドランドスクエアシネマ2でも、水﨑監督と、音響監督の岩浪美和、プロデュ ースの川瀬浩平による舞台挨拶が実施され、来場者への抽選による豪華声優陣のサイン入りポスタープレゼントなども予定されて いる。

映画『ニンジャバットマン』
米題:BATMAN NINJA

6月15日(金)より新宿ピカデリー他 公開中

公式 HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/

公式 Twitter
@batmanninja2018

WB 公式 Twitter
@warnerjp

物語・・・
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本 だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーロー、バットマンは世紀の歴史改変を阻止することができるの か? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 眼を見張る映像×前代未聞のストーリーで日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエン ターテイメント!

***********************************

キャスト
山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、子安武人、田中敦子、諏訪部順一、チョー、森川智之、三宅健太、梶裕貴、河西健吾、小野大輔、石田彰、大塚芳忠

スタッフ
監督:水﨑淳平
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:岡崎能士
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:神風動画

Batman and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © Warner Bros. Japan LLC




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『ニンジャバットマン』本編の映像が一部解禁!日本の歴史とバットマンが奇跡の融合


映画情報どっとこむ ralph 世界から熱望されている日本のトップクリエイターたちが、世界中で愛される米国のキャラクターたちをベースに “悪vs正義”の時空を超えた壮大なバトルを描く、話題の戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント『ニンジャバットマン』が6月15日(金)に公開となります。

公開に先駆けて、本編の映像が一部解禁となりました。

今回解禁されたのは、タイムスリップしてきたばかりで状況がわからないバットマンが、先にタイムスリップしていたキャットウーマンから、祭り囃子のような音楽と提灯とねぷたの山車灯篭で鮮やかな説明を受けるシーン。

バットマンより先に戦国時代にタイムスリップしていたジョーカーたちは、各国の戦国大名と入れ替わって着実に日本の支配を始めていることが明らかとなる。

ジョーカーを始めとした悪役たちが日本の戦国武将と絶妙な融合を果たしている点に注目してほしい。甲斐の国ではペンギンが、「疾きこと鳥のごとし」と、越後のエコテロリスト・ポイズンアイビーと小競り合いを繰り広げている。一方で、隻眼であるデスストロークが陸奥の国を、近江の国では二面性を持ち合わせるトゥーフェイスが大名となって国を支配。そして、最も国家統一に近い勢力となっている第六天魔王となった最狂の愉快犯・ジョーカーがジョーカ(城下)町を、魔小姓のハーレイ・クインと共に支配している。

世界的に有名なキャラクターたちと、日本の戦国武将を彷彿とさせる数々の日本文化が見事な融合を果たしている本作。劇場の公開館数も大幅に拡大され、ますます期待値が上がっている。日本のトップクリエイターが随所に巡らせた細かな、そしてユーモアたっぷりの世界観を、是非劇場の大スクリーンで堪能してほしい。

映画情報どっとこむ ralph ニンジャバットマン
(米題:BATMAN NINJA)

6月15日(金)新宿ピカデリー他 ロードショー

公式HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/ 

公式Twitter:
@batmanninja2018


物語・・・
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメントがついに開幕!

***********************************

キャスト:
山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、子安武人、田中敦子、諏訪部順一、チョー、森川智之、三宅健太、梶裕貴、河西健吾、小野大輔、石田彰、大塚芳忠

スタッフ:
監督:水﨑淳平
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:岡崎能士 
音楽:菅野祐悟 
アニメーション制作:神風動画
BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics. © 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ポプ子&ピピ美がニンジャバットマンねんどろいど登場!AnimeJapan 2018にて特別展示決定!


映画情報どっとこむ ralph 世界から熱望されている日本のトップクリエイターたちが、世界中で愛される米国のキャラクターたちをベースに “悪vs正義”の時空を超えた壮大なバトルを描く、話題の戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント『ニンジャバットマン』が6月15日(金)に公開となります。

豪華キャスト&スタッフ陣が参加することですでに話題となっている本作の、『ポプテピピック』とコラボしたねんどろいどが、AnimeJapan 2018にて展示されることが決定しました!

映画情報どっとこむ ralph コラボ発案の経緯について

水﨑監督:バットマンとジョーカー、ポプ子とピピ美という関係に共通するものを見つけました。それは愛だとか簡単な単語では言い表せない、「互いが欠けているものを持っている」ということではないかと。痛めつけ合い、自身が生きていることを確認できる相手。「えいえい!怒った?」「怒ってないよ」という会話は、そのような意味なのです。あとは、ポプ子たちの黒目がバットマークに見えたので。

と、『ニンジャバットマン』愛をにおわせる共通点がきっかけとなった。

今回の『ニンジャバットマン』と「ポプテピピック」による禁断のコラボレーションによって、ポプ子が“ハイテク装備を失ったヒーロー”バットマンに、ピピ美が“過去からの歴史改変を狙う最狂の悪党”ジョーカーに変身!ポプ子は黒いマスクで顔を隠し、甲冑をイメージした黒色のセーラー服にチェンジ。ピピ美はカラフルなセーラー服+リボン、さらに黒髪も緑色になって顔は白塗り(!)と、愉快犯を体現した姿になっている。

この前代未聞の禁断コラボとなったねんどろいどが、3月24日(土)~25日(日)に東京ビッグサイトで開催される、AnimeJapan 2018のワーナー ブラザース ジャパンブース(東4ホールJ01)内にて参考展示されることが決定!このコラボねんどろいどは現時点で販売予定はないので、ねんどろいどの実物を見られる貴重な機会を見逃すな!

映画情報どっとこむ ralph <AnimeJapan2018 ブース情報>
開催日時:2018年3月22日(木)~25日(日)
会場:東京ビッグサイト (〒135-0063 東京都江東区有明3-10-1 東展示棟 東1-8 ホール)
東4ホール ブースNo.:J01 ワーナー ブラザース ジャパンブース
※『ニンジャバットマン』壁面前にて参考展示

<AnimeJapan 2018 ニンジャバットマンステージ情報>
開催日時:2018年3月25日(日)10:25~11:00
会場:東京ビッグサイト(〒135-0063 東京都江東区有明3-10-1 東展示棟 東1-8 ホール)

【BLUEステージ】
登壇:加隈亜衣(キャットウーマン役)、岩浪美和(音響監督)、杉山すぴ豊(映画評論家/アメキャラ系ライター)

映画情報どっとこむ ralph 『ニンジャバットマン』

公式HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/

公式Twitter:
@batmanninja2018 




物語・・・
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメントがついに開幕!

***********************************

キャスト
バットマン 山寺宏一、ジョーカー 高木渉、キャットウーマン 加隈亜衣、
ハーレイ・クイン 釘宮理恵、ゴリラグロッド 子安武人、ポイズン・アイビー 田中敦子、
デスストローク 諏訪部順一、ペンギン チョー、トゥーフェイス 森川智之、ベイン 三宅健太、
ロビン 梶裕貴、レッドロビン 河西健吾、ナイトウィング 小野大輔、レッドフード 石田彰、
アルフレッド 大塚芳忠

スタッフ
監督:水﨑淳平(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP)
脚本:中島かずき(「天元突破グレンラガン」、「キルラキル」、「仮面ライダーフォーゼ」)
キャラクターデザイン:岡崎能士(「アフロサムライ」、「サマーウォーズ」アバターデザイン)
音楽:菅野祐悟(「PSYCHO-PASS サイコパス」、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」)
アニメーション制作:神風動画(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP 、「ドラゴンクエスト」シリーズOP)

BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics.
© 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』:豪華日本語吹き替え版キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph ドウェイン・ジョンソン出演最新作​『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。
公開は、3月30日(金)よりMX4D/4DXにて先行上映。4月6日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなります!

​​ゲームの中の世界に入り込んでしまった高校生達は、自分達にいったい何が起きたのか状況をつかめていないまま、見た目も、中身も違うキャラクターとなり<ジュマンジ>の世界を冒険する事に!

そして!この度、本作の日本語吹き替え版キャストに、

<ジュマンジ>の世界で、入れ替りを果たしてしまうアバター役に、楠大典、高木渉、伊藤健太郎、白石涼子が担当!!

<現実>世界の高校生役には、木村良平、M・A・O、武内駿輔、水瀬いのりが務めます!!!

と発表に!

映画情報どっとこむ ralph ロック様演じる、勇敢で無敵なムキムキ冒険家ブレイブストーン博士の吹き替えを務めるのは楠大典さん。
『カリフォルニア・ダウン』(15)といった数多くの作品で、ロック様を演じた経歴がある楠さん

楠さん:前回の『ジュマンジ』をTVで吹き替え版を観て、まだ声の仕事を始めたばかりの私はこんな作品に早く関われるようになりたいなと思った記憶があります。ドウェイン・ジョンソンの吹き替えは何作かやらせて頂いてますが いつもとちょっと違う感じかもしれませんね。何故かは見て頂けると分かると思いますが、見た目がいつものドウェイン、中身が、、、と言うわけで観て下さい。

とコメントを寄せています!

またブレイブストーン博士と共に<ジュマンジ>の世界を冒険する事となるコメディ俳優ジャック・ブラック演じる、デブオヤジの地図専門家・オベロン教授には『愛しのローズマリー』(02)といった作品でも、ジャックの吹き替えを務めた高木渉さん。

チビで足が遅い動物学者・フィンバーには二枚目キャラクターから、三枚目役を見事に演じ分ける事に定評がある伊藤健太郎さん。

タフな美女戦士・ラウンドハウスには、アニメ『ハヤテのごとく!』の綾崎ハヤテ役で知られる白石涼子さんが担当。

皆前作『ジュマンジ』が大好きだと明かしており、前作のスピリットを継承する『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に参加出来た事が嬉しいと明かしている。

さらに現実世界で、学校の地下室で居残りをさせられていた高校生4人の役も豪華声優陣が命を吹き込んでおり、やせっぽっちで気弱なゲームオタク男子・スペンサーには、アニメ『東のエデン』の滝沢朗役や、アニメ「黒子のバスケ」シリーズで黄瀬涼太役を演じる木村良平さんが務めていて

木村さん:最高の第1作をご存知の方にも、初めて『ジュマンジ』に触れる方にも、安心してオススメできる作品です!

と文章を寄せる。

映画情報どっとこむ ralph セルフィー大好きうぬぼれ金髪美人ベサニーには、アニメ「まじっく快斗1412」のヒロイン・中森青子役を演じたM・A・Oさん。

勉強苦手で背が高いアメフト部のスーパースター・フリッジには、アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」シリーズで、プロデューサー役を担当した武内駿輔さん。

シャイで地味で真面目なガリ勉マーサには、劇場アニメ『心が叫びたがってるんだ。』(15)で、主人公・成瀬順を演じた水瀬いのりさん。

水瀬さん:個性豊かなキャラクターたちが<ジュマンジ>の中で更に魅力を増していきます。彼らが体験する大冒険をぜひ劇場で楽しんでください!

と、豪華声優陣が集結しています!

物語・・・
学校で居残りをさせられていた高校生4人は「ジュマンジ」という名のソフトが入った古いテレビゲーム機を発見。
プレイするキャラクターを選んだ途端、4人はなぜかゲームの中に吸い込まれてしまった!
そして、現実の自分とは身体も性格も性別までも違うキャラに入れ替わり~!
気弱でやせっぽっちなゲームオタク男子は、ムキムキつるつるで勇敢な冒険家に。
自撮り大好きインスタ美少女は、まさかのヒゲもじゃ中年デブという衝撃的な姿に!
しかも、そこはジャングル!カバ、ジャガー、ゾウ、ヘビ、サイ、サイ、サイ、サイ、サ~イ!
現実世界に生きて帰りたければ、もはや、難攻不落のステージを各自のスキルを使ってクリアするしか道はない!
ライフは3回。使い切ったらゲームオーバー・・・。
果たして彼らは、〈ゲームクリア〉して現実世界に戻ることができるのか~!?

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 

3月30日(金)よりMX4D/4DXにて先行上映
4月6日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
http://www.jumanji.jp/ 
公式Twitter:
https://twitter.com/JumanjiJP
#マジジュマンジ

***********************************

米公開:2017年12月20日 
監督:ジェイク・カスダン(『バッド・ティーチャー』)
出演:
ドウェイン・ジョンソン(『ワイルド・スピード』シリーズ)、
ジャック・ブラック(『ガリバー旅行記』)、
ケヴィン・ハート(『リベンジ・マッチ』)、
カレン・ギラン(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、
ニック・ジョナス

ボビー・カナヴェイル




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ニンジャバットマン』追加キャスト発表!!予告編とポスターも解禁


映画情報どっとこむ ralph とある出来事により現代から過去にタイムスリップし“歴史改変を狙う最狂の悪党たち”と、それを阻止すべく現代からやってきた”ハイテク装備も富も失ったヒーロー”。世界から熱望されている日本のトップクリエイターたちが、世界中で愛される米国のキャラクターたちをベースに “悪vs正義”の時空を超えた壮大なバトルを 描く、話題の戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント『ニンジャバットマン』の公開日が、6月15日(土)に決定しました。

さらに、現代のハイテクから切り離されたヒーローの声優を山寺宏一、歴史改変を目論む最狂の愉快犯の声優を高木渉が演じることも注目の本作。未発表だった豪華声優陣と日本のトップクリエイター達も追加発表!

日本が世界に放つ迫力の映像を制作しているのが、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのオープニング映像で世界の度肝を抜き、アニメ「ポプテピピック」で一躍注目を浴びている、水崎淳平監督率いる神風動画。本作は「ポプテピピック」以前に制作されており、世界から注目される神風動画 初の長編映画となる。
キャラクターデザインは和のテイストと力強さで世界中に多くのファンを持つ『アフロサムライ』の岡崎能士。脚本は『天元突破グレンラガン』をはじめアニメ・実写・演劇とマルチに活躍する劇団☆新感線の中島かずき。音楽は『PSYCHO-PASS サイコパス』の菅野祐悟。世界から熱望される日本のトップクリエイターによる奇蹟のコラボが実現した。

目を見張る映像に声という形で命を吹き込む声優陣にも、人気・実力ともにトップクラスのメンバーが集結。最狂の愉快犯ジョーカーと共に戦うキュートな悪役ハーレイ・クインを釘宮理恵、現代テクノロジーから切り離されたヒーロー バットマンに協力しながらも真意の見えない謎の美女・キャットウーマンを加隈亜衣、そのほか戦国大名となって日本の歴史を改変しようと企む悪党たちには、ゴリラグロッド役に子安武人、トゥーフェイス役に森川智之、デスストローク役に諏訪部順一、さらに歴史改変を阻止すべく戦うヒーローたちには、レッドフード役に石田彰、ロビン役に梶裕貴、ナイトウィング役に小野大輔、執事アルフレッド役に大塚芳忠といった、数々の有名キャラクターを演じてきた実力派声優陣が競演する。

映画情報どっとこむ ralph さらに、3月21日(水・祝)より上映劇場にて順次掲出・上映開始される新たな予告編とポスターも解禁に。

新たな予告編は、タイムスリップしてしまった日本の戦国時代を舞台に大胆なアクションや迫力あるバトルシーンも満載の、疾走感あふれる映像となっている。

映画情報どっとこむ ralph 世界のエンタメを圧倒する本作。世界のどこより早く映画館の大スクリーンで楽しめる日本公開をぜひお見逃しなく。

ニンジャバットマン

6月15日(金)新宿ピカデリー他 ロードショー

公式HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/

公式Twitter:
@batmanninja2018

物語・・・
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーローは、世紀の歴史改変を阻止することができるのか? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエンターテイメントがついに開幕!

***********************************

キャスト:
バットマン 山寺宏一、ジョーカー 高木渉、キャットウーマン 加隈亜衣、ハーレイ・クイン 釘宮理恵、ゴリラグロッド 子安武人、ポイズン・アイビー 田中敦子、デスストローク 諏訪部順一、ペンギン チョー、トゥーフェイス 森川智之、ベイン 三宅健太、ロビン 梶裕貴、レッドロビン 河西健吾、ナイトウィング 小野大輔、レッドフード 石田彰、アルフレッド 大塚芳忠

監督:水﨑淳平(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP)
脚本:中島かずき(「天元突破グレンラガン」、「キルラキル」、「仮面ライダーフォーゼ」)
キャラクターデザイン:岡崎能士(「アフロサムライ」、「サマーウォーズ」アバターデザイン)
音楽:菅野祐悟(「PSYCHO
-PASS サイコパス」、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」)
アニメーション制作:神風動画(「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズOP 、「ドラゴンクエスト」シリーズOP)
パート監督:高木 真司/山元 隼一/森田 修平
絵コンテ:ロマのフ比嘉/山元 隼一/森田 修平
メカデザイン:曽野 由大/桟敷 大祐/岡崎 能士/権瓶 彰/荒牧 伸志
コンセプトアート:鈴木 理
イメージボード:木﨑 文智/JOOYO Chang
CGI監督:澤田 覚史/水野 貴信
チーフモデラー:石川 優希、チーフロボモデラー:権瓶 彰、アニメーションチーフ:坂本 隆輔/吉野 功一
テクスチャチーフ:齋藤 弘光、色彩設計:木村 聡子、美術監督:野村 正信、編集:廣瀬 清志(eDiTz)
コンポジットディレクター:先名 美帆、音響監督:岩浪 美和、音響効果:小山 恭正
設定考証:堺 三保、アニメーションプロデューサー:里見哲朗
制作プロデューサー:清水 一達、制作協力:LAPIZ, Inc. スタジオカラー
アニメーション制作:神風動画/YAMATOWORKS

BATMAN and all related characters and elements © & ™ DC Comics.
© 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

兜甲児の盟友ボスが贅沢解説!『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』特別映像完成


映画情報どっとこむ ralph 1970年代一世を風靡した永井豪原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が映画で超復活します!

いよいよ明日!『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開となります。

主人公・兜甲児の盟友ボス(CV:高木渉)が贅沢解説!
マジンガーZをよく知らないビギナーにも、優しく丁寧にマジンガーZを紹介する<だいたい3分でわかる!マジンガーZ特別映像>が完成しました。


(注意:権利関係に伴い、2018年度をもって公開を終了)

映画情報どっとこむ ralph また映像では、かつてマジンガーZと共に世界を救った、兜甲児(CV:森久保祥太郎)の盟友・ボス(CV:高木渉)を特別ゲストに迎え、ボスが「マジンガーZが戦う理由」、「マジンガーZの強さの秘密」、「マジンガーZイチオシの武器」、「なぜまたDr.ヘルと戦うのか」などなど、マジンガーZについての様々な質問を、ボス節全開で次々と答えていきます。

そしてアクションだけでなくドラマ要素も気になる「マジンガーZ」、そんな本作でも常に微妙な甲児とヒロイン・弓さやか(CV:茅野愛衣)の関係性についての質問では、「(甲児とさやかが)ラブラブ!?そんなハズねぇだろ!!(さやかは)オレの事が好きなはずだ!」と、さやかに好意を寄せるボスらしく若干嫉妬しながら解説する場面も。

TVシリーズから10年後の世界を描く本作では、マジンガーZのパイロットを辞めて研究者となった甲児と、光子力研究所の所長にまで上り詰めたさやか。二人の関係は一体どうなっているのか!?

二人の行方、そして「お正月から大暴れだわさ!!」と劇中での大活躍を期待させるボスとボスが乗り込むロボット・ボスボロットの活躍も気になるところ!

本作の劇中映像だけでなく、懐かしのTVシリーズの映像も交え、“3分でわかる!”と謳いながら、時間をオーバーする大雑把な性格のボスっぷりも全開の楽しくマジンガーZを学べる映像に仕上がりました。

映画情報どっとこむ ralph 1月13日(土)、日本が誇る伝説のロボットアニメ「マジンガーZ」の”完全復活”の瞬間、そして新たな伝説誕生の時を、是非劇場で見届けてください。

劇場版 マジンガーZ / INFINITY

2018年1月13日(土)全国ロードショー

mazinger-z.jp

物語・・・
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

森久保祥太郎 茅野愛衣
上坂すみれ 関 俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木 渉 山口勝平 菊池正美
森田順平 島田 敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 朴璐美 藤原啓治 石塚運昇 
石丸博也 松島みのり /おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)/ 宮迫博之

原作:永井 豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ) 
キャラクターデザイン:飯島弘也 
メカニックデザイン:柳瀬敬之 美術監督:氏家 誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹 井野元英二(オレンジ)  
助監督:なかの★陽 川崎弘二 音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司
アニメーション制作:東映アニメーション 配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「グレートマジンガー」参戦決定!マジンガールズに田所あずさ、伊藤美来 


映画情報どっとこむ ralph 「マジンガーZ」が映画で超復活します!

今年画業50周年を迎える永井豪『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開いたします。

このたび、かつて「マジンガーZ」と共に人類を救ったもう一つの魔神「グレートマジンガー」の参戦決定

ファン待望の「グレートマジンガー」堂々参戦決定!!

本作への登場があるのか、その行方が熱狂的ファンの間で大きな話題を呼んでいた「グレートマジンガー」の参戦が決定!「グレートマジンガー」は、「マジンガーZ」TVシリーズ最終回で初登場後、続く「マジンガー」シリーズ続編「グレートマジンガー」の主人公として活躍した、「マジンガーZ」と共に人類を救ったもう一つの魔神。

初登場の「マジンガーZ」最終回では、敵の機械獣に苦戦する「マジンガーZ」の元に突如現れ共闘して機械獣を一掃し、衝撃的なヒーローの交代劇を見せつけた。世界消滅の危機に、今再び「マジンガーZ」と共闘を果たします!

映画情報どっとこむ ralph レジェンドが参戦!新旧豪華キャストが勢揃い!

「グレートマジンガー」を操り、かつて兜甲児と共に人類を救ったもう一人の英雄・剣鉄也役に関俊彦。

鉄也と共に数々の戦果を収めた元軍人であり、現在は鉄也と結ばれ、彼の子を宿して平和な暮らしを送る炎ジュン役に小清水亜美。

そして、世界征服を目論むDr.ヘルの忠実なる部下・ブロッケン伯爵役に、藤原啓治。

「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役、映画『アイアンマン』などのトニー・スターク役といった数々の代表作をもつ藤原は、2016年8月〜の療養期を経て、本作がアニメーション映画の復帰作となる。

そして悪と戦う統合軍の戦うアイドルグループ、マジンガールズに田所あずさ、伊藤美来。さらに、言わずと知れた初代「マジンガーZ」の兜甲児役を務めた石丸博也、TVシリーズで弓さやか役を務めた松島みのりのダブルレジェンドの参戦も決定!TVシリーズ放映当時のファンも大興奮間違い無しのキャストが揃い踏み。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれる。
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

公式HP:
mazinger-z.jp

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 
   森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治

原作:永井豪 
監督:志水淳児 
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之 
キャラクターデザイン:飯島弘也 
美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸 
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎 
制作:東映アニメーション 
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会
       




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、寺崎裕香、大塚明夫 舞台挨拶『僕のワンダフル・ライフ』!


映画情報どっとこむ ralph 優しい涙で溢れたい日にはこの映画おすすめ!

『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作&ドッグシリーズの集大成、けなげでかわいい犬を主人公に贈る、この秋一番の感動作『僕のワンダフル・ライフ』。

犬と人間の極上のラブストーリーが遂に、昨日9月29日(金)に公開を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開記念舞台挨拶が行われました!

『僕のワンダフル・ライフ』公開記念 舞台挨拶
日程:9月30日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、寺崎裕香、大塚明夫
宣伝“ワン”バサダー:ゼウス(ゴールデン・レトリバー)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の舞台挨拶登場したのは本作の日本語吹替え版にて声優を務めた高木渉さん、梅原裕一郎さん、花澤香菜さん、寺崎裕香さん、大塚明夫さんら豪華声優5名。

本作の主人公で飼い主への一途な想いから生まれ変わりを果たし4つの犬生を生きた<ベイリー>の心の声を担当した高木さんは

高木さん:犬の吠える声というか、音が入っているので、なんとなく心の声といいながらも、それぞれの犬の声とマッチしているかな〜って自分なりには心配でしたね。一貫して魂の声みたいな感じでやれば、統一されていいかなって気持ちで演じました。

とアフレコ時を振り返り、

高木さん:やっぱりそれぞれの人間と犬の関係が出てくるんですけれど、犬との別れとか・・・本当に泣いちゃいますよね。

と溢れる想いを口に。

映画情報どっとこむ ralph 梅原さん、寺崎さん、大塚さんら3人が演じたのは“イーサン”。

寺崎さん:イーサンの3つの世代の中で<出会い><別れ><再会>(パートが)があるとしたら、私は出会いになるんです。純粋にまっすぐイーサンと遊ぶシーンが多かったなって思います。私自身、8歳の時に家でハスキー犬を飼っていたので、その時の暖かさだったり、上に乗られた時の重量感だったりを思い出しながら、思いっきりベイリーと遊ぶシーンを楽しみながら演じさせて頂きました。

と幼少期(8歳)を演じた寺崎さん。

寺崎さん:演じているうちに、今天国で元気かな?ってぶーちゃん(飼われていたハスキー犬/ブルー)を思い出しましたね。もしかしたら生まれ変わってるのかな?って希望を抱かせてくれました」

と続けてコメント。

青年期(10代)を演じた梅原さん

梅原さん:イーサンに限らず、10代って本当に一番人生が変わる時期だと思うんですけど、昔からそのまま持っていた明るい性格のイーサンと、とある事件があって殻に閉じこもってしまうイーサン。同じ年代ではあったんですけれど2種類のイーサンを演じさせて頂いたような感覚になるぐらい、最初と終わりでは全然違ったなっていう感覚がありましたね」。

話すと、その梅原さんの姿を見て

高木さん:・・・かっこいいね、あなたは。ずっと横顔を見ていたんですよ(笑)声も素敵・・・

と思わず。少し照れた表情を見せながら、進学の為にイーサンとベイリーが別れるシーン、そして、イーサンがベイリーの最後を看取るシーンについて、梅原さんと高木さんが熱く語り、

梅原さん:ベイリーがイーサンに向かう想いが本当に健気で。

と思いを巡らせます。

大塚さん:退化している感じを出すのが大変でした。青春期の心の傷によって、ちょっとふてくされている感じを、喋りだけで出せないかなって考えましたね。出せてるかは疑問ですけれど・・・。

と大人になったイーサンを担当した大塚さんが話すと、場内から大きな拍手で返事が。

映画情報どっとこむ ralph イーサンの初恋の相手・ハンナ(10代)の声を務めた花澤さん

花澤さん:彼女は天真爛漫で、笑顔がチャーミングで。将来のこととか自分なりに考えていて、イーサンとの関係もすごい先まで見ているんだなって分かって、結構しっかりしているんですよ。本当に素敵な女の子だなって思っていたんですけれど・・・(彼女を)フる人がね・・・あれをフルなんておかしな話ですよね?

と梅原さんに目線を向け笑いを誘う一幕も。すると・・・

梅原さん:あの時は、仕方ないと思ってください・・・

と梅原さんがイーサンの心情を代弁。

それぞれが、アフレコ時を振り返った後、宣伝スタッフたちが気になった各吹替えキャストのトピックスをご紹介。

寺崎さんはかつて一緒に時を過ごした愛犬・ブルーとの思い出を語り、この映画を観るまで完全に猫派だったと明かされた梅原さんは、

梅原さん:この作品に関わらせて頂いて、段々と犬ってこんなに可愛いいんだってことを知って。ワンちゃんと取材で一緒に撮影をしたりして、なんてかわいい生き物なんだと。猫に無いものを全て持っているなって感じたので、実は僕(犬派と猫派で)とても揺れているところなんですよ(笑)この映画を観たら、きっと犬派じゃない人もきっと犬が好きになるんじゃないかな思います。

と本作の宣伝ワンバサダー・ゼウスくんとの触れ合いや本作を通じて芽生えた犬への愛情、魅力語りました。本作のオファーを受けた際に“かわいい犬に癒されたい”とコメントしていた高木さんは

高木さん:犬を飼ったことがないんですけれど、犬が大好きなんです。この映画もそうですけれど、色々な動物が出てくるテレビとか映画を観ていて、犬っていいなって思っていて。犬が側にいるだけで、癒される。家に帰ってきて、犬が寄ってきて甘えらえれたりなんかしたら、癒されるんだろうなってそんな思いから(このコメント)を書いたんだと思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 実は動物アレルギーの花澤さん。

花澤さん:私が生まれた時に、父が母にプレゼントしたシーズーの女の子の犬がいたんですけれど、やがてくしゃみ・鼻水が止まらなくなってしまって・・・おじいちゃん・おばあちゃん家に預けていたんです。私が生まれた時から一緒にいたせいか、飼っているというよりも、私の“お姉ちゃん”みたいなそんな感覚で。私が怒られて泣いていたりすると、後ろからトテトテってやってきて、隣でじっとしている。すごく出来た子でした。

と思い出を披露し、動物が好きなのに声優という職業柄、共に生活できないもどかしさを明かしました。

本作を観た後、“全大塚明夫が泣いた”とTwitterに投稿し、話題を呼んだ大塚さんは

大塚さん:台本を頂いた時に裏表紙に印刷された(ポスタービジュアル)の写真を見ただけで泣いてしまいました(笑)案の定、リハーサルをしてボロ泣き、本番でも泣きました。そして、仕上がった映画を観て泣いて。“もういいです”ってぐらい泣きました。そのぐらい“泣いた”ということをどう表現しようかと思って、この言葉をつぶやきました。決して嫌な涙ではなくて。悲しい、悲しいじゃなくて・・・嬉し涙に近いものがあって。話しているだけで泣きそうなんです。そんな素敵な涙が流せる映画だなと思います。辛い悲しいじゃないから、安心して涙を流して欲しいです。心のデトックスになりますよ!

と熱く魅力を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後には、昨年Amazonプライムの心温まるCMで大人気者となったゴールデン・レトリバーで、本作の宣伝ワンバサダーとして活躍してきたゼウスくんが登場!「かわいい〜!」との会場から声が。

特製のくす玉が登場し、

登壇ゲスト&来場者たちの「頑張れ!」という暖かな声援の中、梅原さんが手にしたくす玉を、高木さんと一緒に見事に割りイベントは終了。

全ての人を笑顔に変える、犬と人間の極上のラブストーリー

僕のワンダフル・ライフ』は大ヒット公開中。

公式HP:
http://boku-wonderful.jp/

***********************************

監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ジョシュ・ギャッド(声)、ブリット・ロバートソン、K・J・アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド
配給:東宝東和 
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC
       




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』ローマ国際映画祭10月28日ワールドプレミア決定


映画情報どっとこむ ralph 搭乗型巨大ロボットアニメの元祖として知られる「マジンガーZ」はロケットパンチなど多彩な武器や、出撃シーン、合体シーンなど、その後のロボットアニメの特徴を全て含んだ、原点にして伝説のロボットアニメです。

今年画業50周年を迎える永井豪先生のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開いたします。

このたびは、復活を遂げた「マジンガーZ」の堂々たる勇姿を切り取った、躍動感満載の劇中カットを含む<新場面写真>を一挙大解禁いたします。

今回解禁する場面写真では、復活を遂げた「マジンガーZ」の躍動感溢れる激闘シーンを中心に、「マジンガーZ」のパイロットであり、かつての英雄、

主人公・兜甲児、

弓さやか、

兜シロー、

新キャラクターのリサの姿、

そして、荒廃した大地にそびえ立つ”謎の巨大シルエット”をも捉えており、ストーリーの行方がますます気になる劇中カットが一挙に公開です!

映画情報どっとこむ ralph ローマ国際映画祭で世界最速上映<ワールドプレミア>実施決定!
日本公開に先駆けて〈世界先行公開〉が決定している本作。世界最速となるイタリア公開日が10月31日(火)に決定!

さらにイタリアで人気の高い本作、イタリアのローマで行われる「第12回ローマ国際映画祭」の公式招待作品に選定!

10月26日より開催されるローマ国際映画祭で、10月28日(土)に実施する特別上映にて、本作の世界最速上映となるワールドプレミアを開催することが決定いたしました!新生「マジンガーZ」の初お披露目となる会場には、永井豪も駆けつける予定。

さらに先日アヌシー国際アニメーション映画祭も開催された<フランス>では、11月22日(水)から劇場公開が決定!世界中から愛される伝説のスーパーロボットアニメ「マジンガーZ」が、着々と世界へ飛び立ち出撃します!

また、現在【僕らの夢、みんなで創ろう 超巨大マジンガーZ プロジェクト!】

実施中!リターンコース追加!あなたもマジンガーの活躍を支える新時代の光子力研究所のスタッフになろう!!
プロジェクトサイト

全世界注目の、永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の続報に、乞うご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』

2018年1月13日(土)全国ロードショー

mazinger-z.jp

物語・・・
あれから10年¯。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。

再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 石塚運昇

原作:永井豪
監督:志水淳児 脚本:小沢高広(うめ)
メカニックデザイン:柳瀬敬之 キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽
音楽:渡辺俊幸 
オープニングテーマ:水木一郎 
制作:東映アニメーション
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ