「高川裕也」タグアーカイブ

窪塚洋介ご機嫌!『アリーキャット』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 野良猫のように街の片隅でひっそり生きる男が、ひょんなことからバディとなった男と一緒に、一人の女を守るために奮闘し、アツイ想いを取り戻していく物語。闇社会に絡んだクライムサスペンスの要素を持ちつつも、人生に躓いた人間の再生が描く「アリーキャット」が7月15日よりテアトル新宿ほか全国ロードショーとなり、初日舞台挨拶が窪塚洋介、市川由衣、品川祐、高川裕也、岡本拓真、川瀬陽太、榊英雄監督が登壇して行われました。

日時:7月15日(土)
会場:テアトル新宿
登壇:窪塚洋介、市川由衣、品川祐、高川裕也、岡本拓真、川瀬陽太、榊英雄監督

映画情報どっとこむ ralph エンドロールが終わると大きな拍手が起こった会場。
どうやら、本作が刺さったご様子の観客の皆さん。

窪塚さん:初日を迎えることができて感激しています。みなさんにこの映画がどう届いたのか楽しみです。

岡本君:今日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございます。
との挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph 現場はいかがでしたか?の質問に、

窪塚さん:2週間という短い時間の中で、極寒だったんですね。丸とリリーの熱さをみんなで盛り上げました!KJツアー中でこれませんでしたが、彼はいまだに俺のことを丸って呼んでくれていて。ドキッとします。いい時間を過ごせました!

市川さん:本当にみんな気さくで。楽しい現場でしたが・・私の役は息子への愛がないと成り立たなかったので、拓真で良かったです。(思い出のシーン)クランクインが品川さんとのビデオのシーン。凄いお酒臭かったんです!でも、あの役ですが品川さんほんと優しかったんです。

監督:そう、初日遅刻してきた!

窪塚さん:すっげーなー!

と、バラされる品川さん。

品川さん:現場で、はしゃげない役で、KJが現場を盛り上げてくれて。。終わってからも気にかかる現場でした。

窪塚さん:温かい汁を作って品川さん持ってきてくれて、現場あったまったんですよね。温度も純度も高まりました!役柄上八茶けられなかったんで、皆さんの演技を受けて受けて。

岡本君:撮影の時はとっても優しくて。肩車してくれてとっても嬉しかったです。

と、品川さんが優しい攻撃を受けて、にやにや。

映画情報どっとこむ ralph 高川さん:悪い役とかいやらしい役が多いので。普通でした。でも今回は照れました。窪塚さんとの格闘シーンは楽しみましたね。

と、監督の演出につわものでも高川さんが戸惑ったそう。

監督の榊は、プライベートでも進行のある川瀬さんに

川瀬さん:撮影から1,2日はピリピリしてましたよね。

と、暴露され、

監督:最初の2日間くらいはピリピリしてましたが、その先は俳優さんにお任せでした。

窪塚さん:確かに、みんなでアイディア出し合って、作りましたね。監督が話を聞いてくれるんで。一致団結しましたね。

市川さん:そういえばセクシーな時だけ、任せないで監督張り切って実演してました!

品川さん:自由な監督です!

最後に、

窪塚さん:いろんな世代の方が観に来てくれていて嬉しいです。夢とかに一歩進める気掛けの映画になったら嬉しいです!NEXTSTAGEへ!
alleycat-movie.com

***********************************

窪塚洋介 降谷建志
市川由衣 品川祐
柳英里紗 川瀬陽太 森岡豊 馬場良馬 岡本拓真 森本のぶ
三浦誠己 高川裕也 / 火野正平
監督:榊英雄、脚本:清水匡、音楽:榊いずみ
撮影:早坂伸、照明:大庭郭基、録音:日下部雅也
美術:井上心平
編集:清野英樹
助監督:山口雄也
製作:東映ビデオ/アークエンタテインメント/アサツー ディ・ケイ/東京メトロポリタンテレビジョン/ソニーPCL
制作:ファミリーツリー  

制作協力:キリシマ1945  
配給:アークエンタテインメント 

カラー/ビスタ/5.1ch/129分/R15+



コメントが次々到着!澤田サンダー商業デビュー作『ひかりのたび』予告解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、9月16日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開する『ひかりのたび』の予告編が一般解禁。

10年ほど前から中国資本による日本への不動産投資の話題を耳にし、とくに北海道の水源地を含んだ森林の買収が目立ち、目的は投資、居住、別荘など様々だという。その事実に切り込んだ本作。絵本「幼なじみのバッキー」で岡本太郎現代芸術賞に入選、監督自身が不動産ブローカーとして働いた体験を元に着想したというオリジナルストーリー。豊かな経歴から作品を生み出す新たな才能。澤田サンダー監督の商業デビュー作です。

長編映画初主演を果たしたのは、ティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルを務めたネクストブレイク必至の若手女優・志田彩良さん。

本予告編では志田さん演じるヒロイン・女子高生の奈々の日常と、その父親で不動産屋の植田がやり手のブローカーとして暗躍する様が描かれ、父と娘の姿が対比するように映し出されます。あえてカラーを排したモノクロームの丹念な演出によって未来や過去、現実や空想ともつかない曖昧で不確かな映像世界をエモーショナルに表現します。

映画情報どっとこむ ralph さらに本作の作家の横山秀夫氏を始めとする各界の著名人からも絶賛コメントも届きましたのでご紹介。


横山秀夫/作家
地方と都会を、作為と不作為を、善意と悪意を、ビジネスバッグを持ったトリックスターがモノクロの糸で縫い上げてゆく。「心理劇」ならぬ「真理劇」。澤田サンダー監督、恐るべし、である。

大塚英志/漫画原作者(「多重人格探偵サイコ」)
誰かが一方的に喪失した世界のなかで、「他者」として生きるヒロインが、その逆説の中に、確かな希望を描き出す。あらゆる表現が「順接」としてしか語られない今、「逆説」としての映画をひさしぶりにみた。

副島隆彦/評論家
大きな泥臭いお金の話を正直にしないで作られて来た、これまでの社会派映画の限界が、この映画で明らかになった。人間の営み(人生)のあらゆる場面に、こういう交渉ごとと掛け引きがある。企業で働き続ける人間にも企業(経営者)や上司、同僚との日々の掛け引きがある。幼い頃から、そういう親の姿を見ながら、子供は自分の人生環境を運命(与件(よけん)。既に与えられてしまったもの)として引き受けながら生きてゆく。

ヴィヴィアン佐藤/美術家・非建築家
里山の風景や、町の長の家訓、土地、それらは消滅しつつある日本の精神的原風景そのものである。成長し続ける経済という神話を盲信してきたツケが廻ってきたに過ぎない。虚無に満たされた者の身体は完全に糸が切れた凧のようで私たち日本人すべての象徴である。しかし、もう後戻りは許されない。ある男が言ったように、進歩という激しい強風に煽られ飛ばされていく歴史の天使を、いまや世界中の至る処で見つけることができるのだ。

森チャック/キャラクターデザイナー
(代表作:「いたずらぐまのグル~ミ~」「汎用うさぎ」など)
本音と建て前、世間体、協調性、金、憎悪。そんな煩わしさだけで構築されたような日常。結局、人はみな自分が一番かわいい。極端に言えば孤立を恐れない勇気の持ち主だけが幸せになれるのかもしれない。居場所は一つではないのだから。

映画情報どっとこむ ralph “故郷”を裏切り続ける父の秘密、
失われた“郷里”に焦がれる娘の罪
とある地方都市に冷酷非情なやり方で成り上がった不動産ブローカーの男がいた。
高校三年生の娘は父親が荒らしたこの町に愛着を持っている。表立たずに暗躍し町にとって異分子である男と、男の裏の顔に気付きながらも共に暮らす娘。父娘の交差する思いは紆余曲折しながら結びついていく。
不動産売買というテーマを巡ってモノの価値、さらには人間の本質的な真価を冷静に見極める怖さと危うさを描いた本作。
hikarinotabi.com

***********************************

出演:志田彩良 高川裕也 / 瑛蓮 杉山ひこひこ 萩原利久 山田真歩 浜田晃

監督・脚本:澤田サンダー 
製作:テンカラット HIR マグネタイズ 
配給:マグネタイズ 
配給協力・宣伝:太秦
2017年/日本/モノクロ/シネマスコープ/DCP/91分   
©2017『ひかりのたび』製作委員会
 


澤田サンダー商業デビュー作『ひかりのたび』ビジュアル&公開日解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、映画『ひかりのたび』が9月16日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開することが決定。
映画化された小説『クライマーズ・ハイ』『64』で知られる作家の横山秀夫氏から【澤田サンダー監督、恐るべし、である。】と称賛のコメントが届いた本作は、新星・澤田サンダーの商業映画デビュー作です。

本作にて長編映画初主演を果たしたのは、宮崎あおい、長澤まさみ、夏帆など多くの女優を輩出してきたティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルを務めたネクストブレイク必至の若手女優・志田彩良。

志田演じるヒロインのあどけなくもアンニュイな表情が印象的なビジュアルも初解禁となりました。
そして、圧倒的な透明感と瑞々しさたっぷりに悪の一面を持つ父に寄り添うヒロインを演じる。父親は「カンブリア宮殿」のナレーションでおなじみの高川裕也。『ソロモンの偽証』では問題児の父親を演じたバイプレーヤーが、裏がありつつも礼儀正しく誠実で奇妙な男を見事に体現している。脇を固める俳優陣に瑛蓮、萩原利久、山田真歩、浜田晃が名を連ね、音楽を「乃木坂46」の映像作品をプロデュースする狩生健志が担当し、個性豊かに作品を彩る。

映画情報どっとこむ ralph 横山秀夫氏コメント全文

地方と都会を、作為と不作為を、善意と悪意を、ビジネスバッグを持ったトリックスターがモノクロの糸で縫い上げてゆく。「心理劇」ならぬ「真理劇」。澤田サンダー監督、恐るべし、である。                         
横山秀夫 作家 

映画情報どっとこむ ralph “故郷”を裏切り続ける父の秘密、

失われた“郷里”に焦がれる娘の罪
とある地方都市に冷酷非情なやり方で成り上がった不動産ブローカーの男がいた。高校三年生の娘は父親が荒らしたこの町に愛着を持っている。表立たずに暗躍し町にとって異分子である男と、男の裏の顔に気付きながらも共に暮らす娘。父娘の交差する思いは紆余曲折しながら結びついていく。

不動産売買というテーマを巡ってモノの価値、さらには人間の本質的な真価を冷静に見極める怖さと危うさを描いた本作。あえてカラーを排したモノクロームの丹念な演出によって未来や過去、現実や空想ともつかない曖昧で不確かな映像世界をエモーショナルに映し出す。

2007年に絵本「幼なじみのバッキー」で岡本太郎現代芸術賞に入選、映画制作だけにとらわれない新たなる才能・澤田サンダー監督の商業映画デビュー作。伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2015では、史上初の二度目のグランプリに輝いた。同映画祭開催の町、群馬県中之条町をメインロケ地とし誰もが持つ愛郷心や地域コミュニティへの帰属意識を通して郊外の暗部に切り込んだ作品が生まれた。

ひかりのたび

9月16日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開

hikarinotabi.com

***********************************

キャスト:
志田彩良 高川裕也
瑛蓮 杉山ひこひこ 萩原利久
山田真歩 浜田晃

監督・脚本:澤田サンダー
2017年/日本/モノクロ/シネマスコープ/DCP/91分   
©2017『ひかりのたび』製作委員会