「高崎グラフィティ。」タグアーカイブ

「高崎グラフィティ。」主題歌/スカート『遠い春』に決定!


映画情報どっとこむ ralph 堤幸彦(映像監督・演出家)を筆頭に大根仁(演出家)、平川雄一朗(演出家)、小原信治(作家)といった、気鋭のクリエイターを輩出する映像制作会社オフィスクレッシェンドが次代を担うクリエイターの発掘・育成をめざして立ち上げた映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」=「MI-CAN」。

その第1回グランプリを受賞した「高崎グラフィティ。」が8月18日(土)よりシネマテークたかさき、イオンシネマ高崎ににて先行公開、8月25日(土)よりアップリンク渋谷、イオンシネマ シアタス調布ほか全国順次公開となります。

そしてこの度、本作の主題歌が、スカートの最新曲「遠い春」に決定しました。

スカートさんのコメント
「この3月をどう越えようか」。彼らが抱えた「今、この時間をどうするべきか」という気持ちを映画から受け取り、それが「遠い春」の曲となり、やがて詩になりました。詩に「桜」と「つつじ」が出てきますがそのどちらも俳句で言えば同じ春の季語です。僅かな時間が濃密になるように願ってこの対比にしました。いい映画の後味になれば幸いです。

映画情報どっとこむ ralph 物語
群馬県高崎市を舞台に高校の卒業式を終えてからはじまる、5人の男女の数日間を描いた青春群像劇。

幼なじみの、美紀、寛子、優斗、直樹、康太の5人は、高校を卒業してそれぞれが未来への夢や不安を抱えていた。

そんな中、美紀の父親が進学のための入学金を持ったまま失踪。年上の彼氏との結婚生活を夢見ていた寛子も、彼氏への不信感を募らせる事態が。自動車修理工場を営む父との確執を抱えた優斗は、ふとしたはずみで犯罪に巻き込まれていく。直樹と康太もそれぞれに心に抱えた屈折を持て余していた。クラスメイトなのにそれぞれが抱える夢や悩みも知らなかった5人は、卒業パーティーの一夜をきっかけに衝突しあいながらも友情を育み、自らの人生の新たな一歩を踏み出していく


8月18日(土)シネマテークたかさき、イオンシネマ高崎ににて先行公開

8月25日(土)より アップリンク渋谷、イオンシネマ シアタス調布ほか全国順次公開

HP:takasaki-graffiti.com
***********************************

佐藤 玲 萩原 利久 岡野 真也 中島広稀 三河 悠冴

佐藤 優津季 冨手 麻妙 狩野 健斗 山元 駿 / JOY / 篠原ゆき子 玄覺悠子 戸田昌宏

奥野 瑛太 川瀬 陽太 ・ 渋川 清彦


監督:川島直人 脚本:小山正太 音楽:長尾洋輔 製作:長坂信人 エグゼクティブプロデューサー:神康幸

プロデューサー:利光佐和子 松永弘二 協力プロデューサー:木城愼也 井上 潔 撮影:武井俊幸 照明:山本浩資 録音:柳田耕佑

助監督:東條政利 美術・装飾:平原孝之 衣裳:高橋幸希ヘアメイク:杉本妙子 キャスティング:新江佳子 制作担当:髙橋恒次

制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:エレファントハウス
©2018 オフィスクレッシェンド


映画『高崎グラフィティ。』高崎映画祭クロージング上映舞台挨拶決定!


映画情報どっとこむ ralph 高崎市内オールロケーション映画『高崎グラフィティ。』は、無事クランクアップし最終仕上げ作業 をしております。 本作品は、堤幸彦監督や大根仁監督を擁し次々と話題作を産み出してきた映像制作 会社オフィスクレッシェンドが実施し、堤幸彦、大根仁・平川雄一朗・小原信治ほか脚本家の岡田惠和 や映画プロデューサーの川村元気らが審査員を務めた映像コンテスト、第一回「未完成映画予告編大賞」 にて、応募作品 285 本の中から、グランプリを勝ち取った企画です。次代を担うクリエイターの発掘・ 育成を目指した本企画に、日本中から熱い注目を集めております。

そしてこの度、高崎映画祭クロージング上映の舞台挨拶が決定!!さらに川島直人監督からのクランクアップ後のコメントと、追加キャスト情報も到着しました。

◆高崎映画祭クロージング上映 舞台挨拶◆ 主演:佐藤玲(さとうりょう)監督:川島直人登壇決定! クロージング上映決定に関しては、すでに映画祭側から発表いただいていますが、 このリリースでは、主演の佐藤玲、川島直人監督による舞台挨拶を発表させていただきます。4 月 8 日 ㊐ 当日は、ぜひ、取材へお越しいただけますと幸いです。

<『高崎グラフィティ。』クロージング上映・舞台挨拶スケジュール>

日時:4 月 8 日(日) 14:30~上映
上映後に舞台挨拶がございます。

場所:高崎シティギャラリー コアホール(群馬県高崎市高松町 35-1)

登壇者(敬称略):佐藤 玲(さとう りょう)、川島直人監督

映画情報どっとこむ ralph 川島直人監督からコメントが届いています!

昨年12月15日、無事にクランクアップしました。まずはご協力いただいた すべての人に感謝したいです!さ せてください!ありがとうございます!!! キャスト・スタッフ・協力してくれた高崎の方々一人一人の想いや熱量、そして高崎の空気感を作品に込めら れた気がします。 僕自身、今、出来上がりつつある作品の中で、必死にもがく5人を見ていると、誰にでもあったあの時期のか けがえのなさに再度、気づくことが出来ました。 高崎映画祭のクロージングに選んでいただいて、戦々恐々していますが、ぜひ、ご覧ください。

映画情報どっとこむ ralph 追加キャストについて

若手5名のメインキャストを支える個性豊かなキャスト陣に渋川清彦(群馬県渋川市出身) 、JOY(高崎市出身) 、奥野瑛太、佐藤優津季、冨手麻妙、狩野健斗(群馬県前橋市出身)、山元 駿、そして川瀬陽太。

を紹介いたします。

主人公美紀の父親役には、 主演作「榎田貿易堂」が6月に公開を控えている群馬県渋川市出身の渋川清彦。
高崎市出身でモデル、 バラエティタレント、歌手と多才な活躍をしているJOYは主人公たちの兄貴分であるカフェバーの店 長を演じる。 「SR サイタマのラッパー」の好演以降、映画出演が絶えない奥野瑛太。
主人公たちを取り巻く友人たちに佐藤優津季、冨手麻妙、狩野健斗、山元駿と若手期待株が揃い、

そして!
川瀬陽太が怪しい社長を快演している。

映画情報どっとこむ ralph 映画『高崎グラフィティ。
2018 年 夏 公開予定
URL:
takasaki-graffiti.com

物語・・・
高校の卒業式を迎えた、幼馴染の美紀・寛子・優斗・直樹・康太の 5 人。 それぞれが将来に不安を抱えていたまま、新生活を待っていた。 そんな中、美紀の父親が彼女の入学金をもったまま失踪する。美紀の父親を探す5人だが、同時に寛子は同棲 を始める彼氏に浮気疑惑、優斗は先輩に保険金詐欺を強要される等、それぞれがトラブルに襲われ、皆地元の 閉塞感が嫌になり始める。 道中の出会いや事件、そして父親の真意を前にして、5 人は自分について初めて考える。 そうして、5 人はそれぞれの道へ自ら歩き出す。

***********************************

佐藤 玲 萩原 利久 岡野 真也 中島 広稀 三河 悠冴 佐藤 優津季 冨手 麻妙 狩野 健斗 山元 駿 JOY 川瀬 陽太 奥野 瑛太 ・ 渋川 清彦

監督:川島 直人
脚本:小山 正太 音楽:長尾 洋輔

製作:長坂 信人 エグゼクティブプロデューサー:神 康幸 プロデューサー:利光 佐和子 松永 弘二 協力プロデューサー:木城 愼也 井上 潔 音楽プロデューサー:鈴木 聖也
撮影:武井 俊幸 照明:山本 浩資 録音:柳田 耕佑 助監督:東條 政利 美術・装飾:平原 孝之 衣裳:高橋 幸希 ヘアメイク:杉本 妙子 キャスティング:新江 佳子
制作担当:高橋 恒次 「未完成 映画予告編大賞」プロデューサー:笠井 一二 服部 洋
制作協力:ガンズロック
撮影協力:高崎フィルム・コミッション
後援:ドリ ームインキュベータ
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:エレファントハウス
Ⓒ2018 オ フィスクレッシェンド