「高島礼子」タグアーカイブ

吉沢亮 主演映画『あのコの、トリコ。』豪華追加キャスト解禁!


映画情報どっとこむ ralph 主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼(吉沢亮)が大好きなあのコ・雫(新木優子)のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した白石ユキの「あのコの、トリコ。」。今月5日より待望の続編連載も決定している大ヒットコミックが、今秋、実写映画化を果たします。
幼い頃“あのコ”と交わした「一緒に映画に出ようね!」なんて約束は、すっかり忘れたつもりだった。

でもある日、雑誌で笑っている“あのコ”の笑顔が目に入ったとたん、あの約束が蘇り……。

映画情報どっとこむ ralph そしてこの度、物語を豪華に彩る追加キャストを一挙解禁!
主人公・頼の秘めた魅力を見出し、ランジェリーの広告モデルや映画の主演に抜擢、俳優としての彼を導き応援する監督・近藤 啓には、自身も映画監督であり、舞台演出家でもある岸谷五朗さん。宮脇 亮監督の熱烈オファーを受け、本作への出演が決定。監督としての演出シーンでは圧倒的な存在感と説得力をもって演じています。

そんな近藤が監督を務めるアート系恋愛映画に出演し、相手役の頼に好意を抱く共演者キラーの女優・山田 華には内田理央さん。「おっさんずラブ」(18/EX)で魅せたサバサバ女子から一転、個性的で色気を纏ったミステリアスな女優に扮し、頼と雫の恋の障害に!また、昴が所属する大手芸能事務所の社長で、昴に目をかける時田可奈江には高島礼子さん。雫が所属するプロダクションの社長・奥井には古坂大魔王さんが扮し、それぞれのキャラクターを好演、物語に深みとアクセントを加えます。

さらに、頼が注目されるきっかけとなるランジェリー広告の制作プロデューサー酒井役に水上剣星さん、雫の高校の友人・咲(さき)役には大幡しえりさんが脇を固め、観るものすべてを“トリコ”にするシンデレラ・ラブストーリーが誕生しました。

映画情報どっとこむ ralph ドキドキの恋と、芸能界を目指すキラキラな夢を追いかける、

あのコの、トリコ。

は、10月5日(金)より、全国にて公開となります。

toriko-movie.jp

物語・・・
田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生の鈴木 頼(吉沢 亮)は、東京の芸能コースがある高校に転入し、幼い頃から好きだった立花 雫(新木優子)と再会する。女優という夢に向かって真っすぐにがんばる雫にあらためて恋をした頼は、彼女が所属する芸能事務所に頼まれ、雫の付き人として現場に同行するようになる。ランジェリーの広告撮影では、共演するはずだった、頼と雫の幼なじみでもあり人気俳優の東條 昴(杉野遥亮)が、あるアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を受けることに!そして、頼がカメラの前に立つと別人のような輝きを放ち、雫は思いがけずときめいてしまう。そしてこの広告が話題となり、頼、そして雫と昴の未来を変えていく―。

“top”>

***********************************

吉沢 亮 新木優子 杉野遥亮
水上剣星 大幡しえり ・ 内田理央 古坂大魔王/高島礼子(友情出演)/岸谷五朗
原作:白石ユキ『あのコの、トリコ。』(小学館Sho-Comiフラワーコミックス刊)
監督:宮脇 亮
脚本:浅野妙子
配給:ショウゲート
(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会 


高島礼子、文音 仲良しアピールに伊藤秀裕監督驚く! 映画『おみおくり』初日!


映画情報どっとこむ ralph 7 つのお別れのエピソードを通して、自らの心を解き放っていく女性納棺師の姿を描く映画『おみおくり』。

本日3月24 日初日を迎え、舞台挨拶が行われ、本作で主演を務めた高島礼子さん、文音さん。そして、伊藤秀裕監督が登壇して行われました。

おみおくり初日舞台挨拶
日程:3月24 日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:高島礼子、文音、伊藤秀裕監督
MC:伊藤さとり

映画情報どっとこむ ralph 女性納棺師・弥生役の高島さんは

高島さん:女性納棺師は人に目立つような仕事ではないので、その立ち位置が演じる上で難しいと思った。葬式の状況によって納棺師として遺族にこれまでの経験を生かすべきなのか黙るべきなのか。シビアなお仕事だが、遺族を慰めることのできる大切なお仕事だと思いました。

と紹介。見習い女性納棺師・亜衣役の文音さんは


文音さん:人の死に向き合う役なので、中途半端な気持ちではできないと悩んだのですけれど、主演が高島礼子さんと聞いて『おっしゃ!やるぞっ!』という気持ちでした。共演は二度目で、その時から礼子さんが大好きだったので。

と喜んでオファーを受けたそう。

本作の特殊メイクは『ゴーストバスターズ』などハリウッドでも活躍した江川悦子さんが担当。

その仕事ぶりに高島さん

高島さん:日本人は手先が器用。傷を治すようなメイクは繊細な作業で、本当に凄いと思いました。

映画情報どっとこむ ralph 本作の撮影は富山県氷見市で行われ、現地の人々がエキストラとして多数参加したそうで

高島さん:監督の簡単な説明で、現地の方々が本番でポロポロ泣いたりする。その感情移入の上手さに、役者として焦りを感じました!

と現地の方々の演技力に驚き、

文音さん:死体役の方が『自分はどのような死に方をしたのか?それによって死に方も変わると言っていて、プロ意識が高かったですね。

と話すと伊藤監督は

伊藤監督:氷見市の人たちは芸能感覚があるみたい。そういう遺伝子があるのかも。

と驚いたのだそう。

また二度目の共演で大好きな高島さんについて

文音さん:動じない。現場がどんな場所でどんな人がいて、何が何であろうとも、ブレない軸がある。その佇まいが素晴らしい女優さん。人としても女性としても大好き!

と絶賛!

高島さん:これまで素晴らしい先輩の背中を見て成長してきた部分もあるので、そう言ってもらえると嬉しい。頑

張らなきゃと思うけれど、でもほめ過ぎ!文音さんはとにかく明るい。現場ではテンションも高くて、それにつられてこっちも高くなる。美味しいものを食べると『美味しい!』、楽しいと『楽しい!』と。喜怒哀楽がはっきりしていて一緒にいて楽。歳の差を感じない!

と褒めると、

伊藤監督:まさか2 人がこんなに仲がいいとは思わなかった。まるで親子…いや、姉妹かな?


と笑わせました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

文音さん:この映画を観て、女性納棺師と復元師の仕事を知ってもらいたい。そしてまた、生きているうちに大切な人に何かをしてあげたいという気持ちになってもらえれば。

高島さん:7 つのお葬式のエピソードが綴られているけれど、自分がもし亡くなった時にどう見送られたいか、そして大切な人が亡くなった時にどう見送りたいか。その参考にしていただければ嬉しいです。

と作品をアピールしイベントを締めました。


映画『おみおくり


有楽町スバル座ほか全国順次公開中!

公式サイト:
http://www.exf.info/omiokuri/

***********************************

出演︓ ⾼島礼⼦ ⽂⾳ / 渡部秀 ⾵⾕南友 芳賀優⾥亜 井上奈々/藤⽥富 / 宮下順⼦ / 重盛さと美/加藤雅也(特別出演)
原案及び納棺師監修︓永井結⼦「今⽇のご遺体 ⼥納棺師という仕事」(祥伝社⻩⾦⽂庫刊) 主題歌︓「YOU〜120歳のラブソング〜」2Voice(フジパシフィックミュージック)

脚本・監督︓伊藤秀裕 プロデューサー︓芳賀正光、佐藤敏宏
キャスティングプロデューサー︓河野優
アソシエイトプロデューサー︓間瀬頼彦
ロケーションコーディネーター︓中村

正⼀郎 撮影協⼒︓⼀般社団法⼈氷⾒市観光協会、富⼭県ロケーションオフィス、⽴⼭フィルムコミッション
制作・配給︓エクセレントフィルムズ
配給協⼒︓トリプルアップ
カラー/ビスタ/5.1ch/117分
Ⓒ2018「おみおくり」製作委員会





高島礼子、文音ら登壇 2VOICEライブも!『おみおくり』完成披露上映会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 3月24日(土)に劇場公開となる『おみおくり』。
本作は、女性の納棺師を軸に、人の「死」に触れる仕事を通し自らの心の傷をいやし、生きることへの希望を見出していく様を繊細に描いた作品です。

その完成披露上映会が東京・有楽町スバル座にて行われました。
その舞台挨拶を華やかに彩ったのは、本作で主演を務めた高島礼子、文音、渡部秀、風谷南友といったキャスト陣に、伊藤秀裕監督。更に主題歌を担当した2VOICEの二人がミニライブとともに華を添えました。

『おみおくり』完成披露 舞台挨拶
日程:3月14日(水)
場所:有楽町スバル座
登壇:高島礼子、文音、渡部秀、風谷南友、伊藤秀裕監督 / 2VOICE
MC:伊藤さとり

映画情報どっとこむ ralph 女性納棺師・弥生役の高島さんは

高島さん:人が亡くなるとその段階でお葬式の準備に入る。ご遺族にはやることがたくさんあり、ご遺体が放っておかれることがある。その間に、大切なご遺体を綺麗にしたり、大切な人に代わってご遺体を管理したりするのが納棺師の仕事。大切な職業ですが、後継者も減っています。作品を通じて、このような職業があることに興味を持っていただければ。

と語り掛けた。 見習い女性納棺師・亜衣役の文音さんは

文音さん:7 つのすべてのお葬式に参加しました。撮影は、今日も明日もお葬式という色々なお葬式を巡る旅だった」と振り返り「お葬式は亡くなった人のためではなく、亡くなった方について語り合う、残された側が送る準備をする儀式。それが撮影を通して気づいた新しい発見でした。

と話し、 高島とは 2 度目の共演だが

文音さん:刑事役の時も私の上司でした(笑)。高島さんから『女々しいという言葉は男のためにあるのよ』と聞いた時は、凄いカッコいいと思いました。撮影でもプライベートでも 2 人でいることが多く、ひたすら甘えていました。

と敬礼!

映画情報どっとこむ ralph 高島さん:文音ちゃんは本当に楽しい人。撮影中も今日も緊張していないと思う。お話も面白くて、何かと気になることが多いらしく、撮影中も『あれっておかしくないですか?』と私の気づかないところを色々と指摘していた。

と文音の飾らなさを気に入っているそうで、亜衣の弟・孝広役の渡部さんも

渡部さん:撮影が終わって帰ろうと思ったら、文音さんが『一緒に私のマネジャーの車に乗って行く?』と気軽に誘ってくれた。それが凄く男前でカッコよかった。僕の方が女々しいくらい。

と自虐。すると文音さんは、仮面ライダー出身でもある渡部さんについて

文音さん:撮影場所に地元のファンの子供たちがやって来て、渡部さんがその一人一人に『ありがとう』と言っていた。めちゃくちゃ心の優しい役者さん。

と男前エピソードを披露すると

高島さん:いいねぇ。

と感心していた。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌「YOU~120 歳のラブソング~」を生披露した夫婦デュオ・2VOICE は


2VOICE:私たち夫婦が還暦を迎えたときに作った歌。熱いラブソングだけれど、映画によって“人が生きる”という大きなテーマを与えてもらった。映画は重いテーマを扱っていますが、大切なメッセージがたくさん詰まっています。自分なりに感じ取る映画だと思いました。

と感想を述べた。

伊藤監督:7 つのお葬式に 7 つの人間ドラマ。お葬式という舞台に集まった人たちのドラマです。

と作品をアピールすると、

高島さん:泣けるところはふんだんにありますが、泣いてほしいだけの映画ではなくて、基本的に楽しんで観てもらえれば。大切な人を亡くすのは悲しいことです。映画を通してお葬式に関する知識を自分の中の引き出しに 入れてもらえれば嬉しい。

と締め括った。

物語・・・
愛する人との悲しい過去を背負う女納棺師・満島弥生(高島礼子)。
一方、子供の頃、両親を交通事故で亡くした亜衣(文音)は、フラッシュバックする事故の悪夢に苦しめられていた。
ある日、知人の葬儀の場で満島弥生に出会う。
遺体を修復し、きちんとお見送りができるようにしてあげる仕事をしている満島の姿が亜衣の脳裏に刻まれる。そして亜衣は、自分にきちんと向き合うため、満島に弟子入りしようと決意する。様々な「おみおくり」の現場に接しながら、亜衣は自分の心の闇から徐々に解き放たれてゆく。やがて亜衣は、彼女を暖かく見守る満島の悲しい過去の出来事を知ることに……。

***********************************

出演:高島礼子 文音
渡部秀 風谷南友 芳賀優里亜 井上奈々
/藤田富 / 宮下順子 / 重盛さと美/加藤雅也(特別出演)

原案及び納棺師監修:永井結子「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)

脚本・監督:伊藤秀裕
プロデューサー:芳賀正光、佐藤敏宏
キャスティングプロデューサー:河野優
アソシエイトプロデューサー:間瀬頼彦
ロケーションコーディネーター:中村正一郎
撮影協力:一般社団法人氷見市観光協会、富山県ロケーションオフィス、
     立山フィルムコミッション
制作・配給:エクセレントフィルムズ 
配給協力:トリプルアップ  
カラー/ビスタ/5.1ch/117分 
(c)2018「おみおくり」製作委員会
  


『おみおくり』完成披露上映会に高島礼子、文音、渡部秀 伊藤秀裕監督 2VOICE 登壇決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、3月24日(土)に劇場公開となる女納棺師を軸に描いた愛の物語『おみおくり』の完成披露上映会が東京・有楽町スバル座にて実施されることが決定し、3月3日のチケット販売開始に伴い、登壇者情報が解禁!

本作は、女性の納棺師を軸に、人の「死」に触れる仕事を通し自らの心の傷をいやし、生きることへの希望を見出していく様を繊細に描いた作品です。
初日を前に実施される完成披露上映会では、主人公の女納棺師・満島弥生を演じた高島礼子。満島の弟子として納棺師への道を進むことを決意した河村亜衣を演じる文音。亜衣の弟役で、姉と一緒に両親を事故で亡くしたトラウマに苦しみながら生きる河村孝弘を演じた渡部秀と豪華キャストの登壇が決定いたしました。更に、主題歌を担当した2VOICEのお二人と、伊藤秀裕監督が華を添えての登壇となります。
当日は、2VOICEによるミニライブも予定。

映画『おみおくり』完成披露上映会
日程:3月14日(水)
時間(予定):18:00開場 18:30開演 19:10上映開始
場所:有楽町スバル座
登壇:高島礼子、文音、渡部秀、伊藤秀裕監督 / 2VOICE
(※登壇者は余儀なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。)

映画情報どっとこむ ralph 【チケット情報】
※舞台挨拶上映会は、特別興行の為、招待券および各種割引はご利用いただけません。
※前売券はご利用いただけません。
■料金: 2,000円均一(前売券使用不可)

■チケット発売
3月3日(土)AM11時よりチケットぴあにてプレリザーブ開始
3月9日(金)AM11時 プレリザーブ締め切り、抽選
3月10日(土)AM10時よりチケットぴあにて一般発売開始
<Pコード558-296>

■インターネット購入
チケットぴあ 「おみおくり」チケット 
http://w.pia.jp/t/omiokuri/

■直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00(営業時間は店舗によって異なります)
サークルK・サンクス 営業時間 朝5:30~深夜2:00【発売初日は10:00~】
セブンーイレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】
■電話予約
チケットぴあ音声自動応答 TEL:0570-02-9999 
※要Pコード・自動応答24時間受付
(毎週火・水 2:30〜5:30はシステムメンテナンスのため受付休止)
※チケットぴあのみでの販売となります。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

愛する人との悲しい過去を背負う女納棺師・満島弥生(高島礼子)。一方、子供の頃、両親を交通事故で亡くした亜衣(文音)は、フラッシュバックする事故の悪夢に苦しめられていた。ある日、知人の葬儀の場で満島弥生に出会う。遺体を修復し、きちんとお見送りができるようにしてあげる仕事をしている満島の姿が亜衣の脳裏に刻まれる。そして亜衣は、自分にきちんと向き合うため、満島に弟子入りしようと決意する。様々な「おみおくり」の現場に接しながら、亜衣は自分の心の闇から徐々に解き放たれてゆく。

やがて亜衣は、彼女を暖かく見守る満島の悲しい過去の出来事を知ることに……。


***********************************

出演: 高島礼子 文音
渡部秀 風谷南友 芳賀優里亜 井上奈々
/藤田富 / 宮下順子 / 重盛さと美/加藤雅也(特別出演)
原案及び納棺師監修:永井結子「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)
脚本・監督:伊藤秀裕
プロデューサー:芳賀正光、佐藤敏宏
キャスティングプロデューサー:河野優
アソシエイトプロデューサー:間瀬頼彦
ロケーションコーディネーター:中村正一郎
撮影協力:一般社団法人氷見市観光協会、富山県ロケーションオフィス、
立山フィルムコミッション
制作・配給:エクセレントフィルムズ
配給協力:トリプルアップ
カラー/ビスタ/5.1ch/117分
(c)2018「おみおくり」製作委員会


高島礼子3月14日登壇決定映画『おみおくり』完成披露上映会


映画情報どっとこむ ralph この度、3月24日(土)に劇場公開となる女納棺師を軸に描いた愛の物語『おみおくり』の完成披露上映会が東京・有楽町スバル座にて実施することが決定しました。

本作は、女性の納棺師を軸に、人の「死」に触れる仕事を通し自らの心の傷をいやし、生きることへの希望を見出していく様を繊細に描いた作品です。

初日を前に実施される完成披露上映会では、主人公の女納棺師・満島弥生を演じた高島礼子をはじめ、豪華キャストの登壇が予定されております。

映画『おみおくり』完成披露上映会 実施解禁
日程:3月14日(水)
場所:有楽町スバル座
登壇:高島礼子 
他豪華キャスト登壇予定 

映画情報どっとこむ ralph 後日チケット販売情報とともに登壇者全員を発表するそうです!

映画情報どっとこむ ralph 大切な人を<みおくる>ということは、誰もが経験することでしょう。そしていつしか自分自身も誰かにみおくられる時がやってきます。悲しい葬儀の現場を温かい視線で捉え、誰かを<みおくる>ということは、残された者たちのためのセレモニーであることを本作で描かれる7つのエピソードを通して気づかせてくれる温もりに満ちた作品が誕生しました。

映画『おみおくり

2018年3月24日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開です。

物語・・・
愛する人との悲しい過去を背負う女納棺師・満島弥生(高島礼子)。

一方、子供の頃、両親を交通事故で亡くした亜衣(文音)は、フラッシュバックする事故の悪夢に苦しめられていた。

ある日、知人の葬儀の場で満島弥生に出会う。

遺体を修復し、きちんとお見送りができるようにしてあげる仕事をしている満島の姿が亜衣の脳裏に刻まれる。そして亜衣は、自分にきちんと向き合うため、満島に弟子入りしようと決意する。様々な「おみおくり」の現場に接しながら、亜衣は自分の心の闇から徐々に解き放たれてゆく。やがて亜衣は、彼女を暖かく見守る満島の悲しい過去の出来事を知ることに……。

***********************************


出演: 高島礼子 文音
    渡部秀 風谷南友 芳賀優里亜 井上奈々
    /藤田富 / 宮下順子 / 重盛さと美/加藤雅也(特別出演)
原案及び納棺師監修:永井結子「今日のご遺体 女納棺師という仕事」(祥伝社黄金文庫刊)
脚本・監督:伊藤秀裕
プロデューサー:芳賀正光、佐藤敏宏
キャスティングプロデューサー:河野優
アソシエイトプロデューサー:間瀬頼彦
ロケーションコーディネーター:中村正一郎
撮影協力:一般社団法人氷見市観光協会、富山県ロケーションオフィス、
     立山フィルムコミッション
制作・配給:エクセレントフィルムズ 
配給協力:トリプルアップ  
カラー/ビスタ/5.1ch/117分 
(c)2018「おみおくり」製作委員会