「高倉健」タグアーカイブ

「第2回あしかが映画塾」木村大作秘話を熱烈トーク!!


映画情報どっとこむ ralph 11月12日(日)実施 第2回あしかが映画塾映画界のレジェンドカメラマン・映画監督の木村大作さん×映画パーソナリティー襟川クロさんが高倉健主演『駅 STATION』から監督最新作『散り椿』まで秘話を熱烈トーク!!

栃木県足利市、ユナイテッド・シネマアシコタウンあしかがにて「第2回あしかが映画塾」が開催されました。

近年多くの映像作品(「湯を沸かすほどの熱い愛」「団地」「64」「ユリゴコロ」「斉木楠雄のΨ難」等)の撮影が行われ、映像関連事業が成長しつつある同市で、「映像のまち構想」(映像という視点をまちづくりに活かし、地域を活性化させる)推進の一環として、映画をもっと深くもっと楽しんで頂くためのイベントです。

第1部では、午前十時の映画祭8『グロリア』の上映とあわせて足利市出身の映画パーソナリティー襟川クロさんによるトークショー。

1980年代商業主義的アクション大作が全盛だった時代に、自らの思いを貫きインディペンデント作品を製作していた夫ジョン・カサヴェテスと公私共にベストパートナーであった女優ジーナ・ローランズの魅力を、当時の映画界事情を絡めつつ熱く語りました。

最後は観客からの質問に答える場面も。

お客様の中には小学生が1人おり、クロさんが「どうだった?」と語りかけると「面白かった」と回答。名作に大人も子どもも無いということなのか!「子どもの頃、家族が映画館に連れていってくれるという行為がとっても大事なこと。映画で色々な世界を知って学ぶこともあると思うんです。お父さん、また連れていってあげてくださいね。」と語りかけました。

映画情報どっとこむ ralph 第2部は『駅 STATION』の上映とあわせて、本作の撮影を担当したカメラマン・映画監督の木村大作さん(足利市初訪問)と襟川クロさんによるトークショーが行われました。

まずは、『八甲田山』の出会いから、木村大作さんとは40年近いお付き合いがあった伝説のスター高倉健さんの秘話。当日着用していた背広・靴・時計は全て高倉健さんからのプレゼントだそう。

高倉健さんと女優・倍賞千恵子さんとの居酒屋でのシーンは3カメラ1カット9分30秒で撮影したそう。監督と木村さんで入念な準備をし、俳優二人はテスト無しで本番にのぞんだとのこと。それだけ「2人はしっくりいっていたんだ」と木村大作さん。冒頭の女優・いしだあゆみさんが走り出す列車から身を乗り出し敬礼をするシーンでは、「本当に走っている列車で撮影をしたから一発本番だった。あの敬礼は監督の演出などではなくいしだあゆみさんご自身のアドリブなんだよ。」と撮影現場での制作人と役者人のヒリヒリするようなやりとりを知るにつけても、映画の奥深さをあらためて感じました。

そして木村さん監督最新作、岡田准一主演『散り椿』(2018年公開)への思いも吐露。撮影を担当した「追憶」(降旗康男監督)で出会った岡田さんに魅力を感じて監督最新作でもオファーをしたとのこと。「彼は、いつか次世代の高倉健になる俳優だと思う。」と絶賛。最後に木村さんは、本作に最も強く込めた思いを語りました。「大切なものに出合えればそれだけで幸せだと思っております」。「誰にでもそういう出会いはあると思うんだ。言葉を交わさなくてもその人を見ているだけでも自分が変わっていく。皆さんにもそういう出会いを大切にしてほしいと思います。僕が今あるのは、黒澤明と高倉健との出会いのおかげです。」

来場したお客様は皆、木村大作さんと『散り椿』を必ず観るという約束を交わしました。

***********************************



9月2日より「女優・倍賞千恵子」特集上映がいよいよ始まります


映画情報どっとこむ ralph 今週末9月2日より神保町シアターにて開催される「女優・倍賞千恵子」特集上映。

倍賞千恵子は国民的大人気シ リーズ映画「男はつらいよ」(69~95)の寅さんの妹、兄を優しく見守り支えるさくら役を演じ、人気を不動のものに。
長年、松竹の 専属女優として150本以上の映画に出演してきました。本特集上映では、倍賞千恵子にスクリーンで出会えて良かったと思える、 厳選された珠玉の17作品を上映致します。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度デジタルアーティストとして活躍中のwataboku氏とのコラボレーションビジュアルが解禁となりました!

wataboku氏はこれまでも欅坂46や池田エライザさんとのコラボレーションで注目を集めてきました。

この度描き上げたのは、倍 賞千恵子初の主演作にして「男はつらいよ」シリーズを始めその後長年タッグを組むきっかけとなった山田洋次監督の『下町の太 陽』(63)の一場面、モノクロの世界が唯一無二のタッチでカラーで色付いています。

このコラボレーションについて、

watabokuさん:今回このような機会をいただき大変光栄です。上映作品をリアルタイムで体験していない私にとっても、残された作品は日本の興 行界にとっても大変貴重なものだと認識しております。僭越ながら倍賞千恵子さんを描き起こすにあたり使用したツールは当時無 かったものですが、上映当時のイメージを想像しながら配色は温もりを感じられるよう仕上げました。当時とはまた 違った角度の魅力がお客様に伝われば幸いです。

とコメントしています。

映画情報どっとこむ ralph 9月6日(水)には、渥美清さんと初めて共演した『水溜り』上映終了後に、倍賞千恵子登壇の舞台挨拶も決定!また、神保町シアター以外でも横浜シネマリン(11月)、シネ・ヌーヴォ(今秋)、シネマスコーレ(時期未定)と全国の劇場で上映が決まっておりま す。


「女優・倍賞千恵子」特集上映
女優・倍賞千恵子 特集上映 日程:9月2日(土)~9月29日(金) 場所:神保町シアター

上映タイトル 斑女、水溜り、酔っぱらい天国、雲がちぎれる時、 あいつばかりが何故もてる、私たちの結婚、踊りたい夜、下町の太陽 二十一歳の父、霧の旗、横堀川、愛の讃歌、喜劇 逆転旅行、 男はつらいよ、遙かなる山の呼び声、離婚しない女、小さいおうち

※倍賞千恵子 舞台挨拶決定!※ 日時:9月6日(水)12時「水溜り」上映終了後 ➜13:00~13:20<20分間> 場所:神保町シアター

映画情報どっとこむ ralph
書籍『倍賞千恵子の現場

渥美清さん、高倉健さんはじめ名優の方々。山田洋次監督はじめ名監督や凄腕 スタッフたち…。素敵な人たちとの、とっておきの裏話や、演じること歌うこ との醍醐味を明かします。

好評発売中
予価920円(税別)
版元=PHP研究所

***********************************


追悼特集「高倉健と生きた時代」倍賞千恵子、中野良子 登壇決定!


c_ken_takakura.jpg_cmyk10月22日(木)~31日(土)に開催致します第28回東京国際映画祭。

映画祭の特別上映として、来月一周忌をむかえる高倉健さんの追悼特集「高倉健と生きた時代」がおこなわれます。

その中で、三度に渡る映画共演を果たしている名女優・倍賞千恵子さん(25日)と、海外でも高い人気を得ている中野良子さん(26日)の舞台挨拶への登壇が決定致しました。

chieko_baisho
倍賞さんは、今回の追悼特集にて上映します
・『幸福の黄色いハンカチ』(1977)
・『遙かなる山の呼び声』(1980)
・『駅 STATION』(1981)
にて共演。

今まで多くは語ってこなかった、高倉健さんとの共演エピソードや高倉健さんへの想い出を語る貴重な機会の場となります。


ryoko_nakano
中野良子さんは、
・『君よ憤怒の河を渉れ』
が中国で8億人の心を魅了し、現在日本と中国の文化交流の場で活躍されています。
・『野性の証明』も初DCP上映されます。

なお、今回は特集上映のために全作品をDCP化。

あの公開当時の鮮明な画質で、英語字幕付き上映となります。

≪追悼特集「高倉健と生きた時代」全上映スケジュール≫

場所:TOHOシネマズ新宿
◆10月23日(金)
『幸福の黄色いハンカチ』(1977) 配給:松竹/監督:山田洋次
『遙かなる山の呼び声』(1980) 配給:松竹/監督:山田洋次
『鉄道員(ぽっぽや)』(1999) 配給:東映/監督:降旗康男
(c)「幸福の黄色いハンカチ」監督/山田洋次c1977.2010松竹株式会社

◆10月24日(土)
『日本侠客伝』(1964) 配給:東映/監督:マキノ雅弘
『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』(1966) 配給:東映/監督:佐伯 清

◆10月25日(日)
『幸福の黄色いハンカチ』(1977) 配給:松竹/監督:山田洋次
『遥かなる山の呼び声』(1980) 配給:松竹/監督:山田洋次
※倍賞千恵子さん舞台挨拶
(c)1981 東宝
『駅 STATION』(1981) 配給:東宝/監督:降旗康男

◆10月26日(月)
『君よ憤怒の河を渉れ』(1976) 配給:KADOKAWA/監督:佐藤純彌
『野性の証明』(1978) 配給:KADOKAWA/監督:佐藤純彌
※中野良子さん舞台挨拶
『網走番外地』(1965) 配給:東映/監督:石井輝男

◆10月27日(火)
『鉄道員 (ぽっぽや)』(1999) 配給:東映/監督:降旗康男
『単騎、千里を走る。』(2005) 配給:東宝/監督:チャン・イーモウ、降旗康男
(c)KADOKAWA 1976
『日本侠客伝』(1964) 配給:東映/監督:マキノ雅弘

◆10月28日(水)
『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』(1966) 配給:東映/監督:佐伯 清
『君よ憤怒の河を渉れ』(1976) 配給:KADOKAWA/監督:佐藤純彌
『野性の証明』(1978) 配給:KADOKAWA/監督:佐藤純彌
(c)「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会


◆10月29日(木)
『網走番外地』(1965) 配給:東映/監督:石井輝男
『単騎、千里を走る。』(2005) 配給:東宝/監督:チャン・イーモウ、降旗康男
『駅 STATION』(1981) 配給:東宝/監督:降旗康男

第28回東京国際映画祭 開催概要
イベントタイトル:第28回東京国際映画祭
開催期間:2015年10月22日(木)~10月31日(土)
会場:六本木ヒルズ(港区)、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿他
公式サイト:http://www.tiff-jp.net
チケット発売 :10月10日(土)よりticket boardにて発売開始!

********************************************************************



ありがとう!高倉健さん「幸福の黄色いハンカチ」夕張で追悼上映


25th anniversaryゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015
2015年2月19日(木)~2月23日(月)

ゆうばり映画祭では今年の11月10日に83歳で亡くなられた日本が誇る映画スター“高倉健さん”を偲び、『ありがとう!高倉健さん 「幸福の黄色いハンカチ」追悼上映会』の実施されます。

映画祭運営サイドは「作品の上映、鑑賞を通して、ゆうばり映画祭に集う全国の映画ファンが、健さんへ感謝の意を表す場として提供できれば」と話されています。

ありがとう!高倉健さん 「幸福の黄色いハンカチ」追悼上映会 (無料)
日程:2015年2月20日(金) 13:00開演
会場:アディーレ会館ゆうばり大ホール(580席)
内容:デジタルリマスター版を上映後、撮影に参加した市民やエキストラ参加者が座談会を行う予定

関連イベント
①ロケ地「幸福の黄色いハンカチ広場」を映画祭期間中<2月20日(金)~22日(日)>の3日間臨時オープン・来場者に高倉健さんへのメッセージカード(黄色)の記入コーナーを設置。いただいたカードは関係者を通じ て健さんの墓前に供えられるよう調整。
・広場に献花台を設け、広場ロケセット内で献花を提供(有料を予定)。
・上映会のある20日は、アディーレ会館ゆうばり(メイン会場)と広場の無料送迎シャトルを運行予定。
②店舗・住宅を黄色いハンカチでデコレーション予定


今回、本映画祭で特別上映が決定した『幸福の黄色いハンカチ』は、1977年に公開された高倉健さんの代表作ともいえる作品。

幸福の黄色いハンカチ<br /><figcaption class=(C)1977 松竹株式会社” width=”210″ height=”135″ class=”size-medium wp-image-23858″ /> 幸福の黄色いハンカチ (C)1977
松竹株式会社
“ゆうばり”を舞台に健さん演じる刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いたロードムービー。第1回日本アカデミー賞を始め、国内における同年の映画賞を総なめにした、まさに不朽の名作です。

この追悼上映会は、作品のゆかりの地である“夕張”市民の声が発端となり、映画祭で実現することに。また、この上映に関連したイベントとして、映画祭期間中の2月20日(金)~22日(日)の3日間、本作のロケ地である「幸福の黄色いハンカチ広場」を臨時オープンすることも決定。

地元商工会などによる市内の店舗・住宅を黄色いハンカチでデコレーションするなどの追悼企画も同時に予定しているようです。

25th anniversary
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015
2015年2月19日(木)~2月23日(月)

各部門の上映作品ラインナップ、ゲスト情報などは、1月15日解禁となります!お楽しみに!

********************************************************************