「駿河太郎」タグアーカイブ

知英レッドカーペットに登場!プチョン国際ファンタスティック映画祭2018 レッドカーペットに登場!映画『殺る女』


映画情報どっとこむ ralph 知英さん 最新主演映画『殺る女』は、日本×韓国×アメリカ×フィリピン×タイ×デンマークと世界のトップスターが豪華競演している日米合作映画。10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開となります。


公開に先駆け、知英が主演映画を引っ提げ、本日 7月12日(木)からスタートしたプチョン国際ファンタスティック映画祭2018に凱旋帰国!主演・知英さんが率いる「殺る女」チームが、レッドカーペットを歩きました。
プチョン国際ファンタスティック映画祭は、アジアを代表するジャンル映画祭として「ラブ、ファンタジー、アドベンチャー」をテーマに掲げて上映されており、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭やヨーロピアン・ファンタスティック映画祭連盟などと共に協力し、ジャンル映画の普及に努め、アジア最大ともいえる映画祭の一つ。

主演の知英さん、駿河太郎さん、宮野ケイジ監督がレッドカーペットに登場すると、ひときわ大きな歓声があがり、われんばかりの拍手に会場は包まれ、華々しい幕開けとなりました。今年一番の猛暑の中、知英は大胆な背中と美しい脚のラインが透けてみえるセクシーなドレスで、日頃から運動で鍛えた美しい体を披露。かつて韓国で活動していた頃のあどけない少女の姿からは想像できない大人の女性として現地の報道陣・観客2000人を魅了しました。
本作は、プチョン国際ファンタスティック映画祭2018のWorld Fantastic Red部門に正式出品されており、7月13日(金)に、韓国にて世界最速上映する運びとなっています。

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットに出席した知英さん、駿河太郎さん、宮野監督からコメントが届いております。

故郷の韓国の大きい映画祭に参加できて光栄です。レットカーペット歩くときにみんなからジヨンこっち見て!後ろ振り向いて!と声掛けてもらって、有り難かったです。久々韓国に来てファンの皆さんに会えたことが何より嬉しいです。レッドカーペットは、4月の沖縄映画祭以来ですが、あの時は雨で皆さん大変でしたが、今回は故郷韓国で、天候にも恵まれて嬉しかったです。レッドカーペットが長くてびっくりしました!

駿河太郎さんからのコメント
初めて参加させて頂きましたが、街を上げて盛り上げているすごく派手な映画祭で、この場所に映画『殺る女』で参加出来た事を嬉しく思います!
韓国の方を筆頭に、世界の方にどのように届くか楽しみです?


宮野ケイジ監督からのコメント
華やかな祭典に参加でき、大変光栄です。
『殺る女』の公開に向けて追い風にしたいです。

映画情報どっとこむ ralph 「世界」をターゲットにした本作の予告が解禁となりました!


予告は、幼き日の自分と似た少女との出会いにより葛藤が生まれていく愛子の心理描写を主軸にストーリーが展開され、愛子が追い続けている組織の鍵を握る女・由乃の不敵な笑みや、家族を守るものの追い詰められていく加賀の表情がインパクトを与え、アクションにとどまらず、ドラマ性ある内容になっております。
セリーヌ・ディオンとの共演経験もある歌手・シャリースの主題歌“OUT THE WINDOW”が、哀しく交錯していくそれぞれの運命に光を当てております。


この秋、スタイリッシュなバイオレンス・エンターテインメントな日米合作映画をお楽しみ下さい!

10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開です。


『殺る女』は、幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。

知英のほか、家族を殺害したため愛子が探し続けている腕にサソリのタトウーがある男の妹で孤児院育ちの加賀由乃役に、アクション女優として国際的に活躍している武田梨奈。

由乃の兄で元暴力団員・加賀俊介には、LAの映画祭で最優秀主演男優賞を受賞し数々の出演作で急成長を遂げている駿河太郎。
元K-1選手のニコラス・ペタス、やセリーヌ・ディオンとの共演や世界で最も影響力のある人物とされるオプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と言わしめた歌手シャリースも出演しております。

監督は前作『夢二 愛のとばしり』で、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、評価を得ている宮野ケイジ。

***********************************


知英

武田梨奈

駿河太郎 篠原篤
藤田りんか(子役) ニコラス・ペタス 中尾隆聖 サヘル・ローズ 和希沙也
松本大志 日向丈 水石亜飛夢 江口祐貴 伊崎右典 清水一哉 玉代勢圭司
Irin Sriklao Jaw Maran /Charice a.k,a Jake Zyrus
監督・脚本:宮野ケイジ
主題歌:“OUT THE WINDOW” Charice a.k,a Jake Zyrus(バップ)
製作:岡本東郎 五十嵐匠 藤巻典敏 プロデューサー:行実良 関顕嗣 長井龍 Jaw Maran
ラインプロデューサー:山地昇 撮影監督:中澤正行 助監督:佐々木利男
照明:野村久数 録音:山口勉 美術:中谷暢宏 ガンエフェクト:遊佐和寿
衣裳ヘアメイク:おかもと技粧 編集:江橋佑太 宣伝プロデューサー:廿樂未果
特別協賛:FCAジャパン株式会社 オハヨー乳業株式会社
制作:ストームピクチャーズ
制作協力:アトリエ羅夢
配給:プレシディオ
宣伝:MUSA
劇場営業:長谷川裕介
©2018「殺る女」製作委員会
    


岡田准一主演 x 木村大作監督 美しい時代劇『散り椿』特報映像・ポスタービジュアル初解禁


映画情報どっとこむ ralph 木村大作さんが、三度目の監督作として挑んだ本作『散り椿』。

黒澤明監督作品『隠し砦の三悪人』の撮影助手からキャメラマンのキャリアをスタートさせ、『悪い奴ほどよく眠る』『用心棒』『椿三十郎』『どですかでん』と黒澤明監督に従事してきた 木村大作さんが映画人生60周年を迎える作品として、盟友の小泉堯史さん脚本で初タッグ。

木村大作さんと言えば、過去日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回受賞、キャメラマンとしてだけでなく映画監督としても『劔岳点の記』(2009)で第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している日本映画界の巨匠。監督として初の時代劇に臨みました。

そして、この度本編映像とポスタービジュアルが初解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph そんな彼が本作に選んだ主演は幅広い世代から絶大な支持を受ける国民的俳優・岡田准一さん。

本作では、かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛を儚くも強く演じます。また、道場の四天王の一人という役柄から約3ヶ月に亘る殺陣の稽古に励み、激しく鋭い剣豪アクションに臨みます。


また、共演には『MOZU』『クリーピー 偽りの隣人』『CRICIS公安機動捜査隊特捜班』などTVドラマに映画にと話題作に立て続けに出演する演技派俳優・西島秀俊さん。

岡田准一さん演じる新兵衛と共に道場の四天王の 一人で、持ち前の頭脳明晰さで藩主の側用人として頭角を現す榊原采女を演じます。かつての親友であり、一人の同じ女性を想いあう恋敵でもあり、藩を追われた新兵衛とは対照的な藩で頭角を現すというキャラクターを初共演となる岡田准一と静かに熱く対峙するのも話題となること必至です。


撮影は、富山、彦根、長野にて時代劇としては前代未聞の全編オールロケを敢行し、“美しい自然”と木村キャメラマンによる“美しい画”、木村監督の演出と岡田准一さん、 西島秀俊さんら豪華俳優陣による“美しい佇まいと生き様”が全編通して描かれた様を切り取ったポスタービジュアルが完成しました。


更に、黒木華さん、池松壮亮さん、 緒形直人さん、新井浩文さん、柳楽優弥さん、 麻生久美子さん、石橋蓮司さん、富司純子さん、奥田瑛二さん ら錚々たる日本を代表 する豪華俳優陣が集結しました!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界に新たな歴史を刻む“美しい時代劇”

『散り椿』

は 9月28日(金)全国東宝系にて公開となります。

ものがたり・・・

最愛の妻と交わした最期の約束を叶えるため、
一人、故郷に戻った男が哀しき剣を振る――――

享保15年――藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を離れた男、瓜生新兵衛(岡田准一)。
追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。『藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい』と。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良き   ライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。そして新兵衛の藩追放に関わる、大きな因縁を持つ二人であった。

妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相と、その裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する。

篠の妹、坂下里美(黒木華)とその弟・坂下藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛に戸惑いながらも、亡くなった篠を一筋に想いやる姿や、侍としての不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。

そして、ある確証を得た新兵衛は、かつての親友の采女と対峙する。そこで過去の事件の真相や妻が遺した願いの苦しく切なくも愛に溢れた本当の想いを知ることになっていく・・・。

しかし、その裏では大きな力を持ったものが新兵衛を襲おうとしていた・・・。

***********************************

原作:葉室麟(「散り椿」角川文庫刊)
監督・撮影:木村大作「劒岳 点の記」「春を背負って」に続く三作目の監督作品
脚本:小泉堯史 木村大作
出演:岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、緒方直人、新井浩文、柳楽優弥、 芳根京子、駿河太郎、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ほか
撮影スケジュール:2017年5月15日(月)~7月5日(水) 
撮影場所:富山、長野、滋賀 ※全編オールロケ


真木よう子演じる「クラブ梨子」のママ・高木里佳子の新場面写真解禁『孤狼の血』


映画情報どっとこむ ralph この度、5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』より、真木よう子演じる「クラブ梨子」のママ・高木里佳子の新場面写真が解禁となりました!

昨今増えてきたバイオレンス物とは、一味違う魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。
役所広司演じる大上章吾と、江口洋介演じる“尾谷組”若頭・一之瀬守孝が常連の「クラブ梨子」。真木よう子演じるママの里佳子は、自身の店で“尾谷組”と敵対する“加古村組”の諍いが始まっても、まったく物怖じしない気丈な女性。常に着物を身にまとい、上品なイメージから、時には鮮やかなドレスで男性を魅了する里佳子。常軌を逸した行動をとる大上(役所)の良き理解者の一人。​

店では常に笑顔を絶やさない里佳子だが、劇中では激しい一面を見せるシーンも。ギラついた昭和の男達の世界で、女性としてのしなやかさを併せ持ちながら、強く・たくましく生き抜いていく女性を演じている。​

そして今回解禁された場面写真では、艶やかに着物を着こなす姿に合わせて、
周囲の静止を振り切り、どこかに駆けていく姿が…。物語が急展開する要因の一つの重要なシーンで、里佳子本人も、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦に巻き込まれていく…。​
真木さん:私から見てもカッコいい男たちだらけの見応えある作品です。女性の皆さんにもぜひ観ていただきたいですね。

と語る、映画『孤狼の血』は5月12日(土)より全国ロードショー!​

映画情報どっとこむ ralph 孤狼の血

公式HP:www.korou.jp​

物語・・・

物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。​

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!​

***********************************

キャスト:
役所広司  松坂桃李
真木よう子 音尾琢真 駿河太郎 中村倫也 阿部純子 /中村獅童 竹野内豊/滝藤賢一 矢島健一 田口トモロヲ ピエール 瀧 ​
石橋蓮司 ・ 江口洋介 ​

原作:柚月裕子(「孤狼の血」角川文庫刊) 

監督:白石和彌 

脚本:池上純哉 音楽:安川午朗 撮影:灰原隆裕 照明:川井稔 録音:浦田和治 美術:今村力​

企画協力:株式会社KADOKAWA 
製作:「孤狼の血」製作委員会
配給:東映 
上映時間:126分 
©2018「孤狼の血」製作委員会​


北原里英卒業発表後初の主演作 白石和彌監督『サニー/32』サントラ発売!


映画情報どっとこむ ralph アイドルグループNGT48・北原里英のグループ卒業発表後初の主演作、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』など話題作を世に送り続ける、白石和彌監督最新作『サニー/32』のオリジナル・サウンドトラックが作品の全国公開に先駆け2018年2月14日(水)に発売することが決定しました。

そして本作の劇伴を担当するのは、TVアニメ「ピンポン」や映画『聲の形』の劇伴も手がけた牛尾憲輔。ソロユニット”agraph”としても活動し、電気グルーヴのライブサポートメンバーとしても活動する注目のアーティストが初の実写映画の劇伴を手掛けた。
さらに元NUMBER GIRLの田渕ひさ子が歌う本作の主題歌「pray」や『南極料理人』『モヒカン故郷へ帰る』の沖田修一監督が歌う劇中歌「もっともかわいいマーダーはサニー」も収録されるなど、映画同様サウンドトラックも話題性に事欠かない仕上がりとなっている。
今回のサウンドトラックに収録される主題歌「pray」に関して、

牛尾憲輔さん:監督から主題歌を頼まれ、歌って頂く方を考えました。作中での赤理の向井に向けた母性的な眼差しや、監督から頂いた”祈り”というキーワードの純粋さを表せる歌声を、と思い、田渕さんにお願いしました。

とコメントを寄せています。

まさに映画の予測不能なストーリー展開が音楽にも反映され、様々な楽曲が本編を彩っている。映画を見た人も、見ていない人も堪能できる内容となりそうだ。

2018年2月17日(土)の全国劇場公開前に一足早くこのサウンドトラックで映画『サニー/32』の世界を体感してみてはいかがだろうか。

リリース情報
映画『サニー/32』オリジナル・サウンドトラック
音楽:牛尾憲輔
2018年2月14日(水)Release

PCCR-00668 \2,500+税
発売元・販売元:ポニーキャニオン 
(C)2018『サニー/32』製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 本作は脚本の髙橋 泉をはじめ、2013年に公開され、国内映画賞を席巻した『凶悪』のスタッフ、キャストが再集結した話題作。「犯罪史上、最も可愛い殺人犯」と呼ばれ、ネットなどで神格化し世間を騒がせた11歳の少女“サニー”。事件から14年後、仕事も私生活も今一つの中学教師・藤井赤里(北原里英)が、柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)という“サニー”の狂信的信者から拉致をされ、雪深い山麗の廃屋に監禁されてしまうところから始まる予測不能の物語。

映画『サニー/32』情報

2月17日(土)全国公開  2月9日(金)新潟・長岡先行公開

公式サイト
http://movie-32.jp/

物語・・・
仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理(北原里英)は、24歳の誕生日に2人組の男に誘拐されてしまう。誘拐犯の柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)は、「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ世間を騒がせた少女サニーの狂信的な信者で、赤理を「サニー」と呼んで監禁するのだが……。

***********************************

北原里英
ピエール瀧・門脇麦・リリー・フランキー
駿河太郎 音尾琢真(特別出演)
山崎銀之丞 カトウ シンスケ 奥村佳恵 大津尋葵 加部亜門 松永拓野 蔵下穂波 蒼波 純

スーパーバイザー:秋元 康 脚本:髙橋 泉  音楽:牛尾憲輔
監督:白石和彌
(C)2018『サニー/32』製作委員会


北原里英 拉致・監禁&縛られポスター解禁!『サニー/32』


映画情報どっとこむ ralph 今年8月、キャプテンを務めるNGT48・並びにAKB48グループからの来春卒業を発表し、卒業後女優としての活躍を誓った北原里英さんが女優業を本格始動する第一弾作品、映画『サニー/32』。

この度、本作の超“凶悪”なポスタービジュアルが解禁。
また、公開日が2018年2月9日(金)新潟・長岡先行公開を経て、2月17日(土)より全国公開が決定。

映画情報どっとこむ ralph 現役国民的アイドル・北原里英が女優覚醒か!?

本作は、今、日本映画界でもっとも勢いのある白石和彌監督と脚本・髙橋泉さんの『凶悪』タッグによる完全オリジナル作品。

本作で北原さんが演じるのは、仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理。

物語・・・・
彼女の24歳誕生日にピエール瀧さん&リリー・フランキーさん演じる“サニー”の狂信的信者に拉致・監禁されるところから始まります。“サニー”とは「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」と呼ばれ、ネットなどで神格化し世間を騒がせた11歳の少女の愛称。

誘拐犯の柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)の二人は赤理(北原)を“サニー”と呼び、強烈なキャラクターたちの群像劇がサスペンスフルに展開していく中、人間の弱さと強さ、さらにはネット社会の危うさまでをも内抱している物語は、予想を超えた結末に向けて走り出していきます。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となるポスターで注目を惹くのは、今や日本映画界の顔となったピエールさん&リリーさんの2人。不気味に笑みを浮かべるリリー・さんとは対照的に表情一つ変えず、北原里英さんのみ縛られた異様な写真を持ち、こちらをじっと見つめるピエールさん。二人の姿はまさに超“凶悪”!

この二人に拉致・監禁され、極限まで追い込まれた北原里英さんは捨て身で撮影を乗り切り、本格女優として覚醒した姿を見せています。

さらに本作での役どころが未だ明かされていない実力派女優・門脇麦さんの存在や、白石組の常連で、毎作品毎に個性的な役どころで出演し、強い印象を作品に残す音尾琢真さん、さらには北原さん演じる主人公の同僚に駿河太郎さんら、確かな演技力を持つ出演陣にも注目です。

サニー/32

2月9日(金)新潟・長岡先行公開
2月17日(土)全国公開

***********************************

北原里英

ピエール瀧・ 門脇 麦 ・ リリー・フランキー
駿河太郎 音尾琢真(特別出演)
山崎銀之丞 カトウ シンスケ 奥村佳恵 大津尋葵 加部亜門 松永拓野 蔵下穂波 蒼波純

スーパーバイザー:秋元 康
脚本:髙橋 泉 音楽:牛尾憲輔 監督:白石和彌

主題歌:「pray」牛尾憲輔+田渕ひさ子

製作:永山雅也・間宮登良松・三宅容介
エグゼクティヴプロデューサー:千葉善紀
企画:石田雄治
プロデューサー:高橋信一・押田興将

撮影:灰原隆裕 美術:多田明日香
照明:谷本幸治 録音:浦田和治
装飾:佐々木健一 音響効果:柴崎憲治

編集:加藤ひとみ キャスティング:安生泰子 衣裳:高橋さやか
ヘアメイク:有路涼子 助監督:佐和田 惠 制作担当:宮森隆介

企画・製作幹事:日活
製作:日活・東映ビデオ・ポニーキャニオン
制作プロダクション:オフィス・シロウズ 配給:日活

協力:新潟県フィルム・コミッション協議会・長岡フィルムコミッション
Ⓒ2018『サニー/32』製作委員会