「駒木根隆介」タグアーカイブ

吉永小百合 天海祐希がスカイダイビング!?『最高の人生の見つけ方』 特報映像&ポスター 解禁!


映画情報どっとこむ ralph ジャック・ニコルソン&モーガン・フリーマンの二大アカデミー俳優を主演に、余命6ヶ月の二人の男が棺おけに入る前にやっておきたいことを記した《棺おけリスト》を携えて、生涯最後の冒険旅行に出るハートフル・ストーリー『最高の人生の見つけ方』。


この感動の物語を原案に、2019年、主演・吉永小百合、共演に天海祐希という日本映画界珠玉の大女優二人を迎え、新たな感動の物語として生まれ変わり、10月11日(金)に全国公開となります。

そして!本作初映像となる特報映像&ティザーポスターが解禁!!

今回、初の本編映像となる特報映像が解禁! 

吉永演じる<大真面目な主婦>幸枝と天海演じる<大金持ちの女社長>マ子の二人は、たまたま手にした“少女のやりたいことリスト”を実行するというありえない決断をし、そのリストの一つにあったスカイダイビングに二人が挑戦することに!
ただ、直前になって怖くなってしまい、「ダメですか、ほんとに飛ばなきゃ」と話す幸枝に対して、「言い出しっぺなんだから、ちゃんとやんなさい!」という強めの口調で返すマ子。
二人は無事この難題を見事クリアすることができるのか?
また、このありえない行動の先に二人が見つけるものとは――。

映画『最高の人生の見つけ方』特報


映画情報どっとこむ ralph さらに、映像にあわせてティザーポスターも解禁。
吉永に天海が寄り添い、微笑みながら遠くを見つめる仲睦まじい様子が伝わってくるビジュアルで、“あなたのせいで、残りの人生楽しくなるなんて”という言葉から、どんなときでも人生を幸せに変えられるメッセージが伝わってくる。


映画『最高の人生の見つけ方』

公式サイト:
http://saikonojinsei.com 

公式Twitter:
@saikonojinsei_ 

ハッシュタグ:#最高の人生の見つけ方


<STORY> 2人の笑顔の秘密とは?
入院して初めて人生の虚しさに気付いた2人は、たまたま手にした12歳の少女の<死ぬまでにやりたいことリスト>を実行するという、ありえない決断をする!今までの自分なら絶対にやらないことも、自らの殻を破って初体験!自分らしく生きることの楽しさに出会えた二人に、ある奇跡が待っていた――。

***********************************

吉永小百合 天海祐希 ムロツヨシ 満島ひかり 賀来賢人 鈴木梨央 駒木根隆介 /ももいろクローバーZ /前川 清

監督:犬童一心
アダプテーション脚本:浅野妙子、小岩井宏悦、犬童一心
音楽:上野耕路
原案:「最高の人生の見つけ方」ジャスティン・ザッカム著
製作:「最高の人生の見つけ方」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2019「最高の人生の見つけ方」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松田龍平、豊田利晃監督 登壇台湾プレミア!「泣き虫しょったんの奇跡」


映画情報どっとこむ ralph この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。

主演を務める松田龍平さんほか、野田洋次郎さん、永山絢斗さん、染谷将太さん、妻夫木聡さん、松たか子さん、國村隼さんといった<主役級>の豪華キャストが集結!本年度の第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品された話題作が、現在、全国の劇場で絶賛ロードショー中!

この度、台湾で本作のプレミア上映が行われ、松田龍平さん、豊田利晃監督が登壇し、舞台挨拶が行われました。


「松田龍平 最高」という手作りのパネルを持つ観客も見られる中、満席となった会場にゲストらが上映前の舞台に登壇!

場内は一気に黄色い歓声に包みこまれる中、そのまま松田さんと監督も席に腰掛け、観客らと共に本編を鑑賞。

劇中、様々なシーンで笑いが起き、上映後には拍手が沸き起こった!
映画情報どっとこむ ralph そして、その後に観客からの質問に答える“ティーチイン”。

まずは女性客から「この映画に想い入れのあるシーンは?」と問われ

松田さん:奨励会でのシーンがキツかったので、奨励会を退会した後、家のシーンの撮影の時はホッとしたのは覚えています。

と回顧。一方で

豊田監督:やっぱり小学校の先生が松たか子さんだったら最高だなと。そのシーンが、一番夢が叶ったシーンですね。

と即答すると、会場では笑い声が響き渡った。


続く男性客からは、「実際にプロ棋士がたくさん出演されていますが、プロ棋士と対局してみていかがでしたか?プロ棋士の演技についての感想は?」という質問。

豊田監督:プロの将棋指しというのは、皆さん侍のように度胸があって、演技をつけなくても自然に芝居してくれたので助かりました。

と語り、一方で

松田さん:プロ棋士の方たちは皆さん個性があって。劇中の対局シーンでピンク色のスーツを着てらっしゃる神吉宏充さんとか…

と呟くと、監督が(神吉氏が)奨励会時代の先輩だったことを明かすと、会場からは驚きの声があがった。

また、今度は女性客から監督に、「映画全体で一番難しかった撮影はどこですか?」と質問が及ぶと、

豊田監督:やっぱり泣くシーンが一番難しくて。色んな方に涙してもらったんですけど、中学時代の晶司を演じた窪塚愛流の泣くシーンは、てこずりましたね。なかなか涙が出なくて・・・。

と撮影時の苦労を明かした。一方で同じ女性客から、「泣くシーンと泥沼に沈んでいくシーンは、どちらが難しかったのでしょうか?」と松田に質問が向けられ、

松田さん:もちろん泣くシーンでした。劇中でも特に辛い場面だったので。泥沼のシーンは、2回ほど撮影させてもらったんです。撮影は大変そうに見えるかもしれないですが、実はあの泥が美容に良くて。お肌ツルツルになりました(笑)

と満足げで語ると、場内は大爆笑!


さらに話題は本作でしょったんの親友役を演じた野田洋次郎に。「松田さんは野田さんに演技面でのアドバイスなどはされましたか?」という観客からの質問に、

松田さん:まったくないです。逆に僕がすごく助けられることが多かったですね。普段から仲良くしている友人でもあるので、そういう意味でも演じながら“ここからここまでがお芝居”という境界線がなく仕事が出来て、ホッとしました。本当に彼には感謝の気持ちしかないです。

と熱く語ると、観客たちは真剣な様子で静かに耳を傾けていた。

また、イベントでは日本語で質問をする男性客の姿も!
台湾で日本語学校に勤務しているという男性が「この映画は小学校の先生が重要な役を担っていましたが、松田さんが小学校の頃、先生に言われた一言で心に残っているものがあれば、教えていただきたいです」と伝えると、


松田あん:中学生くらいの時に、先生に職員室に呼ばれたことがあって。よくそこで説教されていたんですが、その先生とはよく職員室で話をしたのは今でも覚えていますね。

と懐かしんだ。

場内のあちこちで質問の手が上がる中、イベントでは監督と松田のサイン入りのポスターを観客の中から抽選で1名にプレゼント。

当選した観客は喜びのあまり腰を抜かしそうになりながらも、プレゼントを受け取り、さらに松田と握手も交わす姿も見られた。最後には監督と松田が300名もの観客と記念撮影を行い、最後まで熱気漂う中、ゲストらは会場をあとにしました。

映画情報どっとこむ ralph
泣き虫しょったんの奇跡

物語・・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

***********************************

監督・脚本:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
原作:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP 
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

千原ジュニア、渋川清彦、新井浩文ら登壇!豊田組キャスト交流トーク「泣き虫しょったんの奇跡」


映画情報どっとこむ ralph この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。

主演を務める松田龍平ほか、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子、國村隼といった<主役級>の豪華キャストが集結!本年度の第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品された話題作が、現在、全国の劇場で絶賛ロードショー中!


幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)は、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」というプロ棋士養成機関・奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう―。一度は夢破れた“しょったん”が、周囲の人々に支えられながら、史上初めて奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた奇跡の実話を描く。

この度、本作の公開と豊田監督の20周年写真集『MOVIE STILLS FROM TOSHIAKI TOYODA FILMS 1998-2018』の発売を記念した“豊田利晃監督オールナイトミーティング”が開催され、ゲストに、千原ジュニア、渋川清彦、新井浩文、豊田利晃監督らが登壇し、舞台挨拶が実施されました。

映画情報どっとこむ ralph 監督が「『ポルノスター』が公開された際に月に一度、監督と千原兄弟が朝まで行っていたライブ」と説明する本イベントには、深い時間にも関わらず多くの客が訪れ場内は満席に。ゲストらが登場するとそれぞれ一言ずつ挨拶しイベントはスタート。
本イベントでは、『ポルノスター』(98)、『UNCHAINアンチェイン』(01)、『青い春』(02)の三本が上映されるが、まず話題は千原ジュニアが主演を務め、渋川も出演し映画デビュー作となった『ポルノスター』に。主演に迎えた千原について、大阪で知り合いよく遊ぶ間柄だったという。監督は「当時、彼が19歳で、僕が24歳。ジュニアを主演に映画を撮ると決めて、それが実現した作品ですね」と振り返る。一方当時の撮影現場について、「友達からのスタートだったので、「豊田!」とも呼べないし、無理して「監督」と呼ぶようにしてたのは覚えてますね」と茶目っ気たっぷりに明かした千原。さらに「当時、豊田と映画の試写に行ったことがあって。その日は豊田の実家に泊まらせてもらって寝ていたんですが、ふと起きると豊田が勉強机で何か書いているのに気づいて。何してんやろと思ったら、数時間前に観た映画の“自分だったらこう脚本を書く”というのを、一人でひたすら書いていて。それを見て、ほんまに映画好きなんやなと感じましたね」と明かし、監督の並々ならぬ“映画愛”が垣間見えるエピソードも飛び出した。

映画情報どっとこむ ralph 一方で、監督との出会いは『UNCHAINアンチェイン』の試写を観に行ったことがキッカケだったと明かしたのは、新井浩文。その後、オーディションを経て『青い春』への出演に至るが、監督は「新井が演じた青木役を、色んなところから『やりたい』という声は上がっていたんですが、全部跳ね飛ばした」といい、「映画的には(松田)龍平と対照的な雰囲気が良いなと」抜擢した理由を明かした。さらに『青い春』にも出演している渋川は「ワンシーンのみの出演でしたが、監督から何か面白いことをやるように要求されて。毎作品そうですが、大変でしたね。必死に食らいついてました」と本作について振り返る。一方で、監督は新井演じる青木が屋上で立ち尽くすシーンの撮影が楽しかったと語る。「夕方から撮影を開始し、カットをかけたのは朝8時で。“撮ってる”という充足感がたまらなかった。なかなかないワンカットですよね」と回顧。同時にクランクアップの日であったこともあり、印象的だったという。そんな本作から16年が経過しているものの、今もなお監督と“豊田組”キャストらは頻繁に交流しているそうで、新井は「“豊田組”は絆が深いと思います。男同士、みんな仲良いんです」と明かした。

そして話は、既に鑑賞し「すごく良かった!役者さん全員良かったですよね」と千原も大絶賛する、現在公開中の『泣き虫しょったんの奇跡』に。個性的な奨励会員・清又役を演じた新井は「うちは松田龍平が大好きなんで。改めて龍平はスゴいなと感じましたね。監督が元々奨励会にいたこともあって、将棋のシーンも他の将棋映画に比べてかなりこだわっていて。スゴい作品が出来たなと」と、改めて本作の魅力を力説した。さらに、本作で主人公・しょったんに対し、藤田(小林薫)と共にプロ編入試験の話を持ち掛ける新聞記者・新條役を演じた三浦誠己に対し、千原は「『ポルノスター』を撮ってるときに現場で付き人に近い仕事をしていて。だからこうやって豊田作品に役者として出ている姿を見ると、感慨深いですね」と語るなど、本イベントならではの貴重な裏話も飛び出した。

イベントの最後は、ゲストが一言ずつ挨拶。そして監督が「たくさんの方にお集まりいただけて嬉しいです。最後まで楽しんでください」と、これからオールナイトで上映される『ポルノスター』、『UNCHAINアンチェイン』、『青い春』を鑑賞する観客に向けメッセージを送ると、大きな拍手が沸き起こる中、ゲストらは会場をあとにした。

映画情報どっとこむ ralph 泣き虫しょったんの奇跡
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる。

***********************************

監督・脚本:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
原作:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗ら10名登壇 『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前試写会


映画情報どっとこむ ralph この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。

主演を務める松田龍平ほか、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子、國村隼といった<主役級>の豪華キャストが集結!第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門への正式出品も決定している本作は、9月7日(金)全国ロードショーとなります。
この度、本作の公開直前試写会が行われ、松田龍平、永山絢斗、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、豊田利晃監督、瀬川晶司五段、佐藤天彦名人らが舞台挨拶に登壇しました!

『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前試写会舞台挨拶
日付:8月27日(月)
会場:よみうりホール
登壇:松田龍平、永山絢斗、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一
豊田利晃監督、瀬川晶司五段(原作者)、佐藤天彦名人
サプライズゲスト:加藤一二三

映画情報どっとこむ ralph 袴に身を包んだ豪華キャスト陣らが壇上に姿を現すと、会場からは大きな歓声と拍手が!

まずは

松田さん:今日はたくさんの方にお越しいただきありがとうございます。最後までぜひ楽しんでいってください。

と挨拶。他キャスト・スタッフ陣、ゲストらも一言ずつ挨拶し、舞台挨拶がスタート。

映画情報どっとこむ ralph まずは主人公“しょったん”を演じた松田さんに対し、共演シーンも多かったしょったんの奨励会時代の仲間を演じた永山さん、駒木根さん、渋川さんらとの撮影中のエピソードを問われると、

松田さん:監督がたまに台本にない台詞をこっそり足してくることがあって、その台詞に対してアドリブでリアクションすることがありました。それが楽しかったですね。

と振り返る。さらに

渋川さん:台本にない台詞をコソコソ一人ずつ耳元に伝えてくるんですよ。本番はこれやれよ、という感じで。晶司の家でたむろするシーンでも、永山と染谷にアドリブで違うセリフを言わせていたんですが、そのやり取りに僕が笑ってしまって上手くいかなかったこともあったりしましたね。

と撮影秘話を明かした。

一方で、しょったんのライバル役を個性派キャラで演じたのは新井さんと早乙女さん。
役作りに関して話が及ぶと、

早乙女さん:扇子を監督が持たせてくれて。扇子は昔から馴染みがあるので、それを最大限に生かしました。でも撮影中、中学生くらいの子から『(対局中に)人が考えているときに(扇子を)パチパチしないほうがいいですよ』って怒られました(笑)

と明かし、場内の笑いを誘った。

さらに本作でメガホンを取ったのは、自身も9歳から17歳まで奨励会に在籍していた過去を持つ、豊田監督。本作の撮影に関しても、

豊田監督:映画のクライマックスとオープニングで使う駒は、佐藤名人が羽生竜王を倒して名人になった時の駒を使わせていただきました。

と実際に対局で使用した駒を撮影にも使用するという、その徹底したこだわりを語った。

映画情報どっとこむ ralph また、今回特別ゲストとして招かれているのは、瀬川五段がプロ編入試験の第一局で実際に戦った佐藤天彦名人。

当時の様子を問われると、

佐藤名人:奨励会三段というプロではない立場だったんですが、連盟から試験官をしてほしいと言われて。僕自身、瀬川さんはプロになられても不思議ではないと当時は思っていましたが、大きなホールで瀬川さんと公開対局をしたことは、今でも心に残っていますね。

と回顧。一方で

瀬川五段:プロ編入試験は6局中、3局勝利すれば合格という試合。気合いを入れて臨みましたね。

と語り、熱戦の舞台裏を明かした。さらに佐藤名人についても「僕は広い会場での公開対局にとても緊張していましたが、名人はまったく動揺もしていなくて。当時名人は16歳くらいでしたが、堂々としていてスゴイなと。

と当時を振り返った。



さらにイベントでは、“ひふみん”の愛称でお馴染みの将棋界の重鎮・加藤一二三さんがサプライズゲストとして登壇!

まさかの加藤さんの登場に場内からはどよめきが沸き起こる中、

加藤さんは「夢を叶える」という意味が込められた青いバラの花束を松田さんに贈呈。

加藤さん:本当に素晴らしい映画で大変感動しました!

という感想の言葉が贈られ、その一言に松田からも笑みがこぼれた。

瀬川五段とも過去対局した経験がある加藤さん。瀬川五段について

瀬川五段:僕と8年くらい前に対局したときは僕が勝ったんですが、ゴールする寸前で見事な粘りを見せられて、瀬川さんはさすがお強いんだなと感心しました。そのあとの二局は負けました。最近の瀬川さんの棋譜も研究しましたが、作戦がお上手なんだと思います!

と熱弁する場面も見られ、その様子に会場が笑いに包まれた。対する

瀬川五段:そう言っていただけてありがたいです。加藤先生は伝説の方なので、初めて対局した時は心が躍りました。

と微笑んだ。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後に・・・

松田さん:本当に“将棋愛”に溢れたカッコイイ映画になったと思います。温かい気持ちになって帰って貰えたら。

豊田監督:『泣き虫しょったんの奇跡』の原作を読んで、人との出会いが今の自分を作っているということに知らされました。将棋を知らない人にも楽しんでいただける映画になっていると思います。ぜひ観てください。

とイベントは締めました。


STORY
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる。

***********************************

監督・脚本:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』) 
原作:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊) 
音楽:照井利幸

出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼

製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画「ダブルドライブ~狼の掟&龍の絆~」全キャスト情報解禁!ヒロインに小宮有紗、木崎ゆりあ


映画情報どっとこむ ralph 本作は、車が紡ぐ流れ者たちの生き様を描いたクライム・カーアクションムービー。通算23本製作された大ヒットヤンキー映画『ガチバン』。そして通算9本製作し、金への欲望と恐怖を容赦なく活写した映画『闇金ドッグス』。

その時々の旬な役者を配し、時勢に沿ったテーマを描き続けてきた結果、邦画界では長期シリーズ化が難しくなってきた昨今でも長年続く人気シリーズに成長する事が出来た。

その製作スタッフが再集結し、同じ世界観を継承した新シリーズに挑みます。


既に発表している『ダブルドライブ ~狼の掟~』の主人公・我妻アベルを演じる藤田玲さんに加え、ヒロイン中村かなでを演じるのは小宮有紗さん。女優として『特命戦隊ゴーバスターズ』や映画『夢二~愛のとばしり』『新宿スワンⅡ』に出演。声優として『ラブライブ!サンシャイン!!』の「Aqours」メンバーで黒澤ダイヤとして活躍している。

アベルの兄貴分で愚連隊のリーダー村上大児を映画『SR サイタマノラッパー』シリーズの駒木根隆介さんが演じる。さらに、映画『闇金ドッグス』シリーズからの続投で『闇金ドッグス9』でアコギなヤクザ・陣内弘樹を演じた野中隆光さんが出演する。

同じく、『ダブルドライブ ~龍の絆~』の主人公“五十嵐純也”を演じる佐藤流司さんに加え、ヒロイン彦野亜梨紗を演じるのは、木崎ゆりあさん。AKB48およびSKE48の元メンバーで、近年は、舞台「熱海殺人事件」や「『たぶん世界は8年目』―幸せな私たち、興味がないあなた達―」など女優として活躍中。

亜梨紗を奴隷扱いする旦那・彦野利樹をドラマ「ごくせん」の脇知弘さんが演じる。

また、2作品共通して登場する闇金業者・塩田丸雄を演じるのはドラマ・映画で圧倒的存在感を放つ名優・波岡一喜さん。陣内弘樹同様に、塩田は『闇金ドッグス2』『闇金ドッグス3』に登場。冷徹な取立てで山田裕貴さん演じる安藤忠臣と対決してきた塩田が本作ではアベル、純矢の前に立ちはだかる。この度、話題と人気と実力を兼ね備えた俳優陣が集結して物語が紡がれる事となった。

映画情報どっとこむ ralph
小宮有紗(こみや ありさ)さんからのコメント
この度、「狼の掟編」で中村かなで役を演じさせて頂きます小宮有紗です。かなでは負けん気の強い、まっすぐで純粋で素直な心を持った女の子です。元ヤンで派手な容姿ではありますが自分をしっかり持ったかなでが可愛くて仕方なかったです。それをしっかり伝えられるように撮影に臨ませて頂きました。男の熱い友情にかなでがどう関係していくのかを劇場で是非ご覧くださいね。

駒木根隆介(こまきね りゅうすけ)さんからのコメント
まさか自分が真正面からリーダーの役を演じさせてもらえる日が来るとは思っていなかったので、なんとかヘッドとしての威厳を保とうと思っていたのですが、アベル役の藤田君が気を遣ってかカッコイイと言ってくれたので、最後までその気になれました。感謝してます。
男達の強さと弱さ、双方の魅力が伝われば嬉しいです。

木崎ゆりあ(きさき ゆりあ)さんからのコメント
「ダブルドライブ〜龍の絆〜」で彦野亜梨紗役を演じさせて頂きました木﨑ゆりあです。亜梨紗という女性は、今まで演じたことない自分とも似ていない役柄だったので沢山悩み考えました。向き合って見えてきた自分との共通点、彼女なりの生き方が映画を通して皆様に届けられたらと思います。そしてなんといってもカーアクション!とってもかっこいいので男性も女性もぜひ映画館でドキドキ、ワクワクしながら見て頂けたら嬉しいです。

脇知弘(わき ともひろ)さんからのコメント
彦野利樹役の脇知弘です。この役を頂いた時にマネージャーから「DVの住職の役です。」と言われDV!?住職!?となりましたが、台本を読んでいく内に、彦野のDVは、妻の事を本当に本当に愛して愛して病まない愛の表現なんだなと思って演じてみました。今までやった事のない役でしたが元木監督とは『ガチバン』でご一緒させて頂いたこともあり信頼のできる方なので大船に乗った気持ちで演じることが出来ました。むしろ楽しんでやらせて頂きました。とは言っても僕はDVなんて一切したことはありませんよ(笑)これ本当です(笑)袈裟を着ている姿やDVをしたり…きっと見終わったあと僕を嫌いになってるでしょう(笑)今まで観たことのない脇知弘を観ることが出来ると思います。劇場でお待ちしております!

波岡一喜(なみおか かずき)さんからのコメント
「闇金ドッグス」と同じ役の、闇金業者・塩田丸雄をやらせて頂きました。一つの役が違う作品を跨いで登場することはなかなか無いのですが、「闇金ドッグス」からの世界観、キャラクターの変化などを見比べていただいたり、いろいろと楽しんでもらえたら嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph さらに、マニアも唸る劇用車も注目。『ダブルドライブ ~狼の掟~』のメインカーは、「1999年日産スカイラインGT-R(5代目 BNR34型)」。加えて、「1973シボレー・コルベット スティングレイ」、「ホンダ シビックEG6」、「日産シルビアE-PS13」等とハイパワーナショナルブランド車が登場。
『ダブルドライブ ~龍の絆~』のメインカーは、「2008年ダッジバイパーSRT-10」。さらに、「2014年シボレーコルベット(7代目C7型)」、「ポルシェ パナメーラ」と名立たるスポーツカーを総投入。日米の名車たちがスクリーンで躍動する。

映画情報どっとこむ ralph 『ダブルドライブ ~狼の掟~』 8月25日(土)公開
過去に家族同然の仲間たちを次々と残虐したヤクザの広澤を殺してしまった我妻アベル(藤田玲)は、他に頼る当てもなく、少年院時代に世話になった兄貴分の村上大児(駒木根隆介)の元を訪れた。大児は「サガミ連合」という名の愚連隊を率いており、そのメンバーの一人、五十嵐純也(佐藤流司)と出合ったアベルは、お互い車好きな事もあって意気投合する。ある日、大麻の取引に失敗した純也はペナルティとして多額の借金を背負い闇金に手を染める羽目に。闇金会社社長・塩田(波岡一喜)の苛烈な取立てに苦しむ純也、一方で、兄を殺され復讐を誓う広澤の弟・狂介はアベルの行方を追っていて…。


『ダブルドライブ ~龍の絆~』 9月22日(土)公開
五十嵐純也(佐藤流司)の実家はスクラップ工場を経営している。我妻アベル(藤田玲)と共に逃げるように戻り、工場でバイトすることになった。ところが、多額の借金を抱え、首がまわらない純也は、高級車を次々と盗み盗難車ビジネスに手を染める。裏社会のルートを探し出し、何とか換金に成功し意気揚々と盗難を続けていたが、とある高級車を盗んだ時、そのトランクには手足を縛られた謎の美女・亜梨紗(木崎ゆりあ)の姿が。この出会いが純也の運命を大きく変えることになる…。

公式サイト:doubledrive-movie.com

***********************************

『ダブルドライブ ~狼の掟~』
出演:藤田 玲 小宮有紗 駒木根隆介 野中隆光 小國彰裕 波岡一喜 佐藤流司

『ダブルドライブ ~龍の絆~』
出演:佐藤流司 木﨑ゆりあ 脇 知弘 内野 智 波岡一喜 藤田 玲

監督:元木隆史
脚本:池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント 
製作:「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会
2018年/日本/カラー/シネマスコープ
(C)2018「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ