「香港国際映画祭」タグアーカイブ

箱田優子 第一回監督作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』香港国際映画祭でワールドプレミア!


映画情報どっとこむ ralph この度「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016」で審査員特別賞を受賞した、箱田優子第一回監督作品『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が、第43回香港国際映画祭 ヤング・シネマ・コンペティション部門に正式出品され、3月28日(木)17:00(日本時間28日(木)18:00)ワールドプレミアとなる公式上映が行われました。

さらに上映後には箱田優子監督が登壇してのQ&Aで盛り上がりました。
日付:3月28日
場所:The Metroplexのスクリーン2
登壇:箱田優子監督

映画情報どっとこむ ralph 初の海外映画祭への参加となった箱田優子監督。
到着翌日からメディア取材が行われ、香港の印象を問われると

箱田監督:東京に似ていて、ひとつの価値観に囚われない多様性のある街だと思いました。映画で描いたような、田舎に住む人特有の他者との密な関係性がなく、都会ならではの希薄さが楽だったり、でも反面さみしかったりする。その2つが同居した面白い感情が生まれる場所だと感じました。香港で初めて作品が招待され、上映されることをとても光栄に思います。

と語った。


また、香港でも人気がある夏帆を主演に迎えたことについては

箱田監督:彼女のことは、子役の頃から知っている人が大勢いる。この映画で彼女のこれまでと、そしてこれからを感じてもらえるのではないか?と考えました。タイトルにもある通り、“時間”を描いた作品なので、彼女だからこそ主人公の砂田を演じてもらえると確信しました。

と力強く想いを語った。

映画情報どっとこむ ralph
3月28日(木)初の公式上映では、会場に入るための長蛇の列ができ、香港でも人気の劇場であるThe Metroplexのスクリーン2が熱心な映画ファンで埋めつくされた。満席で上映が始まると、夏帆演じる砂田とシム・ウンギョン演じる清浦の軽妙な掛け合いの場面では言葉の壁を越えて笑いが溢れ、また時にはすすり泣く声も聞こえた。

上映終了後、盛大な拍手が送られる中、Q&Aに箱田優子監督が登壇。

登場人物のリアルな心の動きを描いた作風について、どこまでが監督の実体験や自身の環境が反映されているのか?と質問が殺到。

箱田監督:モチーフは自らの環境に基づいているが、実は描いている事柄は全てフィクションです。

と言い会場を驚かせた。

また、劇中の女性キャラクターの造形がこれまでの映画にはない新しいものに感じたという質問について、

箱田監督:家族の中での女性が描かれる際に、ハッピーな印象の古き良き女性像が描かれがちだが、実は現代を生きる女性にとって、それはとても残酷なことになることもある。だからこそ従来の映画では女性のキャラクターが語らないことを語らせ、行動しないことを行動させる映画にしたかったのです。

と意図したことを話した。

また、劇中で使われた音楽や効果音については「これまで観たことがない映画音楽の使われ方であり、新しさを感じた」と、観客が口を揃えて感想を述べた。

箱田監督:脚本を書いた際に、通常の映画の尺には収まらないのでは?という意見もあったが、リズムやテンポをとても大事にしつつ、音楽ではやんちゃなこともやって、90分の作品に仕上げていきました。

と解説した。

早くも次回作への期待が高まる中、CMディレクターとして多忙な日々を過ごす箱田監督。長編映画のチャレンジを経て、クリエイターとしての変化があったか?を聞かれると

箱田監督:映画を撮る前と後では、明らかに変わりました。今回香港で、観客の反応を直接受けられたこともとても大きい。自らが女性であるからこそ、女性については常に興味を持っているし、今後も描いていきたいと思っています。『ブルーアワーにぶっ飛ばす』についても、主人公のとても身近で手の届く範囲を描きつつも、それがエンタテインメントと感じられるように気を配りました。観る人には、主人公が自分の周りにいるあの人がそうかも?と感じてもらいながら楽しんでもらえればうれしいです。

と、初の映画祭の参加を感慨深く振り返っていた。Q&Aが終わった後も、感想を伝えようと老若男女さまざまな映画ファンが監督のもとに殺到!サインを求められたり、一緒に写真撮影をしたりと、初めての上映にして監督のファンが早速生まれたようだ。



国を超えて観客に迎え入れられ、確かな手ごたえを感じたお披露目となった。今後も『ブルーアワーにぶっ飛ばす』が世界に羽ばたいていくことを期待したい!

香港国際映画祭の授賞式は、現地時間31日(日)18:30~行われます。


映画情報どっとこむ ralph 『ブルーアワーにぶっ飛ばす』

10月 全国公開!!


STORY
30歳の東京でCMディレクターとして働く砂田(夏帆)は、東京で日々仕事に明け暮れながらも、理解ある優しい夫もいて、満ち足りた人生を送っている…ように見えるが、口をひらけば毒づいてばかりで心は荒みきっている。
そんなある日、病気の祖母を見舞うため、砂田は自由奔放な親友・清浦(シム・ウンギョン)と共に、大嫌いな地元・茨城へ帰ることに。いつものようにたわいもない会話をしながら茨城へ向かう二人だが、実は清浦がついてくるのには理由があったー。

主演は『友罪』『ビブリア古書堂の事件手帖』など、清純派からシリアス役まで幅広い演技が絶賛されている夏帆。親友役は、『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』など韓国で圧倒的な人気を誇るシム・ウンギョン。夏帆とシム・ウンギョンの、等身大で息の合ったコンビの演技合戦が見どころとなっている。ほかにも、渡辺大知、ユースケ・サンタマリア、黒田大輔、嶋田久作、でんでん、南果歩といった豪華俳優陣が脇を固めている。

***********************************


出演:夏帆 シム・ウンギョン 渡辺大知 ユースケ・サンタマリア 黒田大輔 嶋田久作 でんでん 南果歩

監督・脚本:箱田優子
製作:中西一雄 企画・プロデュース:遠山大輔 プロデューサー:星野秀樹 
撮影:近藤龍人 照明:藤井 勇 録音:小川 武 美術:井上心平 編集:今井大介 音楽:松崎ナオ

製作:「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:ツインズジャパン 
配給:ビターズ・エンド 2019年/日本/カラー/アメリカンビスタ/DCP5.1ch/92分  

(C)2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『二階堂家物語』香港初上映に拍手喝采!! 加藤雅也、アイダ・パナハンデ監督 ファンと交流


映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive の作品として誕生した『二階堂家物語』が 3 月 18 日(月)より開催されているアジア三大映画祭のひとつでもある香港国際映画祭の WORLD CINEMA:Global Vision 枠にて上映します。

初の長編作「NAHID(ナヒード)」で 2015 年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・期待すべき新人賞を受賞、なら国際映画祭 2016 にて 最高賞であるゴールデン SHIKA 賞を受賞し、注目を浴びたイランの若手監督アイダ・パナハンデを迎え制作された本作は、奈良県天理市 を舞台に、名家の存続を願いながらも、跡継ぎ問題に悩む 3 世代の家族の愛と葛藤を描いた物語です。 この度、本作の主演を務め、俳優デビュー30 周年を迎えた加藤雅也に加え、本作のメガホンを取ったイラン人監督のアイダ・パナハン デ、脚本アーサラン・アミリらが揃って、舞台挨拶に登壇しました。
映画『二階堂家物語』香港プレミア上映舞台挨拶概要
日時:3 月 19 日(火)
場所:MCL テルフォードシネマ
登壇:加藤雅也、アイダ・パナハンデ監督

映画情報どっとこむ ralph 上映が終わると大きな拍手が起こった。そして加藤雅也、アイダ・パナハンデ監督らが登壇し、加藤が流暢な英語で『二階堂家物語』を香港で初めて鑑賞した観客に感謝の意を述べると会場から拍手が再び起こった。

早速客席から質問を募ると、即座に手が上がり「イラン人のアイダ監督が、なぜ日本の伝統的な家の跡継ぎ問題の物語を つくったのか」と聞かれると、

アイダ監督:日本がどんな地域性をもち、どんな文化を持つ国であるか調べた。天理市で いろいろな人たちから話を聞く中“婿養子”や“跡継ぎ”という話が何度も出てきた。それがとても重要なものなのであると感 じ、映画にすることにした。

と日本の文化を調べ、町の人たちと触れ合う中で出会ったテーマであることを述べた。

続いて客席から「辰也は、跡継ぎを作るために、祖母から結婚を勧められていたが強く拒否をした。そして祖母が亡くな ったとき、そのプレッシャーから解放されるはずであるのに、なぜ彼は問題から解放されなかったのか」と質問が上がると

加藤さん:祖母が亡くなったということは、“二階堂家”の家長が変わるということ。同時に辰也は、祖母ハルが背負っていた 責任を引き継ぐことになった。そして跡継ぎ息子がいない辰也は、一人娘に同じ苦労をさせないために、自分が結婚する道 を選んだのです。

と我が子に責任を負わせまいとする、父親としての優しい決断であったことを語った。

そして会場スタッフから時間の指示が出される中、写真撮影の準備が滞っているカメラマンに、

加藤さん:急ごう、急ごう。
と広東語で冗談めかして伝えると、場内から笑いが起こった。『新宿インシデント』 、『恋戦。OKINAWA Rendezvous』の出演時に広東語を覚えたというエピソードも披露し場内からさらに笑いが起こり、観客も満面の笑みで撮影が行われた。写真を撮り終えた後「スバラシイ演技、アリガトウゴザイマス」とある観客が日本語で感謝を述べて、加藤と握手を 交わすなど、香港の映画ファンとの交流を深め、温かな雰囲気の中トークイベントは幕を閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『二階堂家物語』全国公開中

<Introduction>
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に対し望 まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の 中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

***********************************

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美
出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ

配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival
  





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

第43回香港国際映画祭開幕!『二階堂家物語』加藤雅也 河瀨直美らレッドカーペットに登場


映画情報どっとこむ ralph なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive の作品として誕生した『二階堂家物語』が 3 月 18 日(月)より開催となったアジア三大映 画祭のひとつでもある香港国際映画祭の WORLD CINEMA:Global Vision 枠にて上映します。

この度、本作の主演を務め、俳優デビュー30 周年を迎えた加藤雅也に加え、本作のメガホンを取ったイラン人監督のアイダ・パナハン デ、脚本アーサラン・アミリ、エグゼクティブ・プロデューサーの河瀨直美らが揃って、第 43 回香港国際映画祭オープニングセレモニ ーに登壇。レッドカーペットに登場しました。

映画『二階堂家物語』第 43 回香港国際映画祭レッドカーペット
日時:3月18日(月)
場所:香港コンベンショ・アンド・エキシビジョン・センター
登壇:加藤雅也、アイダ・パナハンデ監督、アーサラン・アミリ、河瀨直美

映画情報どっとこむ ralph 『万引き家族』や『孤狼の血』が受賞を果たし、賑わったアジア・フィルム・アワード授賞式に続き、 アジア三大映画祭のひとつとして名高い第43回香港国際映画祭が3月18日(月)に開幕した。

本日、行われたオープニングセレモニーではアジアを代表する映画人たちがレッドカーペットへ登場。
日本からは昨日アジア・フィルム・アワードにて編集賞を獲得した塚本晋也監督も参加。

そして、『二階堂 家物語』からは加藤雅也、アイダ・パナハンデ監督、脚本のアーサラン・アミリ、エグゼクティブ・プロデュ ーサーの河瀨直美がレッドカーペットに登場。海外メディアから大量のフラッシュを焚かれると加藤らは手を振り、笑顔で応えた。
レセプション会場へ続く階段を 4 人が手をつなぎ、仲睦まじい姿を見せた ジャッキー・チェンとの共演を果たした『新宿インシデント』以来の約 10 年ぶりとなる香港に、

加藤さん:香港映画界のパワー溢れる雰囲気に圧倒された。10 年前のスターが今でも最前線で活躍し続けている香港映画の底力を感じました。

と応えた。

さらに香港国際映画祭開幕に合わせて、加藤雅也に「これは家に飾りたいと」言わしめた、海外版ポスタービジュアルが解禁。
小津安二郎の作品を見て育ったというアイダ・パナハンデ監督の意見を存分に取り入れ た海外版ビジュアルは、人生の行く先に迷っているかのように茜空に漂う凧と、母ハルの着物を整える辰也の 姿が格式ある旧家の行く先を暗示しており、小津安二郎のような家族の在り方を映し出した物語が伺えます。

香港国際映画祭オフィシャル写真:
Courtesy of Hong Kong International Film Festival

映画情報どっとこむ ralph 因に、
日本からは、なら国際映画祭の映画製作プロジェクト NARAtive の作品として誕生した『二階堂家物語』のほか、堤幸彦監督作『十二人の死にたい子どもたち』、塚本晋也監督作『斬、』、中野量太監督最新作『長いお別れ』、そして本作にも主人公の娘・由子役で出演している石橋静河がヒロインを務める『きみの鳥はうたえる』なども上映されます。

『二階堂家物語』

<Introduction>
一人息子を亡くし、代々続く家系が途絶える危機に頭を痛めている辰也とその母ハル。息子を失い妻が出て行ってしまった辰也に対し望 まぬ相手との結婚を迫るハル。そして娘の由子に婿養子をとり、跡を継いでほしいという思いを秘める辰也。名家の跡継ぎを巡り家族の 中が緊迫し、繋がりが崩れだしていくが…。

***********************************


出演:加藤雅也 石橋静河 町田啓太 田中要次 白川和子 陽月華 伊勢佳世 ネルソン・バビンコイ

監督:アイダ・パナハンデ(イラン)
脚本:アイダ・パナハンデ アーサラン・アミリ
エグゼクティブ・プロデューサー:河瀨直美

配給:HIGH BROW CINEMA
Ⓒ 2018 “二階堂家物語” LDH JAPAN, Emperor Film Production Company Limited, Nara International Film Festival




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『BLUE BIRD』舞台挨拶 沖縄国際映画祭


『BLUE BIRD』
3日目となる3月25日(月)、沖縄コンベンションセンターのシアター2にて、地域発信型映画『BLUE BIRD』が上映され、上映後舞台あいさつに石田明さん(NON STYLE)、池端レイナさん、葉山豪さん、黄泰安さん、堀江慶監督が登壇しました。

この映画は香港国際映画祭と沖縄国際映画祭のコラボレーション映画で、香港の中華料理店を舞台に何やら訳ありの多国籍男女4人が繰り広げるリアルタイムサスペンスムービーです。

石田明(NON STYLE)
石田さんは「今回、演技初挑戦でしたが、いい経験ができました。映画祭をこれから盛り上げたいです!」とあいさつ。全編にわたり流ちょうな広東語での演技を披露した石田さんは「この映画の撮影が始まる3日前まで新婚旅行でハワイに行っていたんですよ。新婚旅行中も広東語の勉強してて、嫁に怒られましたよ!」と広東語の難しさを語りました。

「映画のシーンで池端さん演じる女性に『行かないでくれ!』という意味合いで『カウレイ』と広東語で言うシーンがあるんですけど、せりふを言うとスタッフから爆笑が起こるんですよ。発音が微妙に違うみたいで、現地の方には『ナンパしてもいいですか?』って聞こえるらしくて…」と、石田さんの苦労話に客席からは笑いが巻き起こりました。

池端レイナ
石田さんと同じく広東語での演技に苦労したという池端さんは「現地のスタッフの方に何度も発音のことで注意されて大変でしたが、とてもいい経験ができたと思います。日本人、台湾人、香港人という、さまざまな人種、文化が混じり合ったこの作品はとても素敵だと思いますし、参加できてとても嬉しく思います」と語りました。

作品の中で銃を乱射する役を演じた黄泰安さんは「映画は面白かったですか? 面白くなかったって言ったら銃出しますよ!」と、強面の顔で冗談を言うと観客はドッと沸きました。

アジアで活躍している葉山さんは香港の魅力について「香港映画は町全体がロケ地になることがあります。映画を観てから香港に行くと、実際のロケ地が見学できて楽しいと思います」と、香港がロケ地の映画ならではの魅力を語りました。
葉山豪
堀江監督は「香港のスタッフは自由でした。サボったりもするけど、少年のようにはしゃいだりもする。とても楽しい撮影で、それが映画の中にも表れていると思います」と語りました。

最後に石田さんは「ラストの僕の顔がザブングルの『悔しいです!』の顔っぽいので、そこにも注目してください」と客席の笑いをさそい、会場を後にしました。


第5回沖縄国際映画祭は3月23日(土)~3月30日(土)まで開催されます!

第5回沖縄国際映画祭ホームページ:http://www.oimf.jp/
本日のスケジュールはこちら
現地に行けない!そんな人にニコ動生配信スケジュール
http://oimf.jp/jp/live/

********************************************************************






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ