「飯豊まりえ」タグアーカイブ

伊藤健太郎 x 玉城ティナ 暴走する青春!変態全開!映画『惡の華』特報到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』の公開日が9月27日(金)に決定しました。この度、本作の特報とティザービジュアルが完成しました。

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男を務めるのは、今最も勢いに乗る若手俳優の伊藤健太郎。

春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、「ViVi」の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナ。

春日が片思いをするクラスのマドンナ・佐伯奈々子役には、雑誌「ニコラ」で注目を浴びた16歳の次世代モデル、秋田汐梨が数百人以上のオーディションを経て大抜擢されました。そして、今回初の映像化となる高校時代、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常磐文役に、モデル、女優と大活躍中の飯豊まりえが扮するなど、最旬キャストの共演も見逃せません。

原作「惡の華」は、別冊少年マガジンに2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化を果たしました。そして今回、原作者からの逆指名を受けた井口昇監督のもと、絶望の思春期を突き進む、超<変態>狂騒劇が幕を開けます!

映画情報どっとこむ ralph 「変態」というワードが散りばめられた特報は、原作でも印象的な「うっせー、クソムシが」という強烈なセリフと、玉城ティナ演じる孤高のヒロイン、仲村佐和の鋭い眼光で始まります。

この映像には、今をときめく人気若手俳優 伊藤健太郎演じる春日高男が、ひょんなことから憧れている女子の体操着の匂いを嗅ぐ姿や、大雨の中半裸で雄叫びを上げる姿が収められており、キラキラした青春映画とは一線を画す様子が伺えます。また、中学時代編の一番のハイライトである深夜の教室を破壊するシーンも収められており、原作ファンは必見。特報と同時に解禁となるティザービジュアルは、是非背景の教室にご注目を。ひっくり返った椅子、墨汁まみれの黒板、そして壁に書き殴られた本能丸出しの落書き。暴走する青春が凝縮され、唯一無二の超変態狂騒劇を予感させるようなビジュアルに仕上がっています。このビジュアルのオリジナルポストカードセット(2枚組)が特典のムビチケは6月14日(金)より発売となります。ポストカードは数量限定となるのでお早めに。


またこのタイミングで、若手俳優をとりまく全キャストが解禁となりました。どんどん変態性が開花していく春日を心配しつつも見守る父親に鶴見辰吾、母親に坂井真紀、娘との距離をうまくとれない仲村の父親は高橋和也、離れて暮らす母親に黒沢あすか、祖母に佐々木すみ江、佐伯の母親には松本若菜と実力派俳優たちが若者たちを見守る家族として出演。クラスメイトには北川美穂、佐久本宝、田中偉登とフレッシュな顔ぶれが揃いました。若手から実力派まで超豪華キャストで贈る超<変態>狂騒劇にご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 映画『惡の華』

公式サイト:
akunohana-movie.jp

twitter:
@akunohana_movie


【ストーリ―】 
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。

仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。

そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

***********************************



伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 飯豊まりえ 
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)  監督:井口昇  脚本:岡田麿里  
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会
   


横浜流星 × 飯豊まりえ『いなくなれ、群青』特報映像初解禁!


映画情報どっとこむ ralph セクシーな横浜流星さんが表紙の6月5日発売の「anan」がネット発売前に完売状態となったと報道がありましたが・・・腹筋凄い!!♡


そんな横浜流星さんが主演の青春ファンタジー映画『いなくなれ、群青』は、9月6日(金)公開となります。

『いなくなれ、群青』
映画情報どっとこむ ralph この度完成した特報は、「階段島、人口はおよそ2,000人。僕たちはある日突然、この島にやってきた。」という七草(横浜流星)の小説の中に登場する印象的なセリフから始まる。

階段島という小さな港のある自然豊かな島の幻想的な美しい光景、七草の通っている高校が映し出される。「どうしてこの島にやってきたのか知る人はいない。みんなその時の記憶を失っている。」七草の意味深なセリフが続く。「なぜ、真辺はこの島にやってきたのだろうか。

ささやかな偶然で僕たちは出会ってまた離れて再会した。」七草と真辺由宇(飯豊まりえ)が、階段島で再会し、始まる物語。「――この物語はどうしようもなく、彼女に出会った時から始まる」という七草の言葉を叙情的な音楽がファンタジックに包み込み、幻想的な映像と台詞によって独創的な世界観を伝える特報となっている。



映画情報どっとこむ ralph 『いなくなれ、群青』第一弾ポスター
『いなくなれ、群青』

公式サイト:
inakunare-gunjo.com

公式ツイッター:
@InakunareG 

公式インスタグラム:@inakunare_gunjo/

主演は、数々の映画で主演を務め若手実力派としての実績を重ねる注目俳優・横浜流星が、ミステリアスな雰囲気を身にまとう「七草」を演じる。
また共演に、誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女「真辺由宇」を飯豊まりえが透明感溢れる演技で体現する。
そのほか、黒羽麻璃央、矢作穂香・松岡広大・松本妃代・中村里帆ら、数々の舞台、ミュージカル、映画などで今注目を集める若手俳優たちが集結した。監督は、新鋭・柳明菜。さらに、本作の主題歌を、小林武史がプロデュースし、Salyu「僕らの出会った場所」が決定。劇中音楽を、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」、TVアニメ「化物語」などの神前暁が担当し、映画の空気感を繊細な映像と旋律で包み込む。

***********************************


原作:河野裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)
公開:2019年9月6日(金)
出演:
横浜流星 飯豊まりえ
矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆 伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗/ 黒羽麻璃央

監督:柳明菜
脚本:高野水登
音楽:神前暁
主題歌:Salyu「僕らの出会った場所」 主題歌プロデューサー:小林武史
配給:KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ
(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会


完全オリジナルホラー映画『シライサン』2人目となるキャストに稲葉友


映画情報どっとこむ ralph 2020年1月に公開の完全オリジナルホラー映画『シライサン』から、この度2人目となるキャストを解禁!

稲葉友の出演が決定いたしました!
稲葉が演じるのは、謎の電話を最期に、密室の部屋で眼球破裂と心不全という不自然な死因によって弟を亡くした大学生の鈴木春男。同じ時期に同様の死因で親友を失った瑞紀(飯豊まりえ)の存在を知り、この一連の死亡事故が単なる事故ではないと疑い始める。

同じ境遇で大切な人を喪った春男と瑞紀は死の謎を解き明かすべく協力して調査を進める中で、連続不審死の鍵を握ると思われる話を耳にしてしまう・・・。

それこそが、「その名を知ると、呪われる―目をそらしたら、殺される。 」というシライサンの呪いによる悲劇の幕開けだった。

『HiGH&LOW THE MOVIE』(16~17)シリーズや『私の人生なのに』『春待つ僕ら』(18)など数多くの映画やドラマ、舞台で活躍する稲葉は、現在AbemaTVオリジナル連続ドラマ「御曹司ボーイズ」(毎週日曜22:00~放送)に出演中。今後も主演舞台「エダニク」公演、映画出演が控えるなど役者として活躍する一方で、ラジオナビゲーターとしても活躍中の若手実力派俳優です。本作への出演にあたっては「シライサンの世界に僕が演じた役を通じてお客さんを引きずり込めたら幸せです」とコメント。ホラー初主演となる飯豊とのタックにも期待が高まります。

映画情報どっとこむ ralph 稲葉友コメント <春男 役>

ホラー映画ならではの張り詰めた空気と安達組ならではの穏やかな空気が同居した不思議な現場で、怯えながら台本を読み、恐怖という感情を楽しみながら参加させていただきました。安達監督の作り上げたシライサンの世界に僕が演じた役を通じてお客さんを引きずり込めたら幸せです。

1993年1月生まれ。神奈川県出身。2010年ドラマ「クローン ベイビー」(TBS)で俳優デビュー。以降、映画、舞台と活躍の場を広げる。主な映画出演作に『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ(16~17/久保茂昭監督)、『N.Y.マックスマン』(18/増田哲英監督)、『私の人生なのに』(18/原桂之介監督)、『春待つ僕ら』(18/平川雄一朗監督)、『この道』(19/佐々部清監督)など。6/22(土)より主演舞台「エダニク」(鄭 義信演出)が浅草九劇にて公演のほか、映画『ダウト-嘘つきオトコは誰?-』、『クソみたいな映画』が公開待機中。

映画情報どっとこむ ralph さらに「貞子」「伽耶子」に続く、「シライサン」の呪いとはどんなものなのか?その恐怖の一部が映像で初解禁!!

にわかには信じがたい呪いの都市伝説が本物だと確信し、逃れることのできない死の呪縛に追い詰められていく人々、不穏に通り過ぎる影、不気味に鳴り響く鈴の音、真紅の鈴緒が貫通し血がにじむ異様な両手・・・、令和元年、今ここに新たなホラー伝説が誕生しました!!迫りくる新時代の怨霊の恐怖に手に汗握る戦慄の30秒間です!



映画情報どっとこむ ralph 映画『シライサン』

は2020年1月に公開予定!

公式HP:
shiraisan.jp

公式Twitter:
@shiraisan_movie

<STORY>
両目の眼球が破裂した死体が連続して発見された。死因は心不全。死の直前“何か”に怯え取り憑かれたようだったという奇妙な共通点があった。親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊まりえ)と弟を失った春男(稲葉友)は死因を不審に思い、共に事件を調べ始める。そして鍵を握る詠子を探し出すが、自殺を図り「シライサン…」という謎の言葉を残し亡くなった。事件に目を付けた雑誌記者の間宮も加わり徐々に明かされていく“シライサン”の呪い…。そこには理解することのできない戦慄の事実が待ち受けていた。
***********************************

出演:飯豊まりえ  稲葉友  ほか 
脚本・監督:安達寛高(乙一)   
配給:松竹メディア事業部
公開:2020年1月 全国公開  
©2020松竹株式会社  


横浜流星主演映画『いなくなれ、群青』主題歌はSalyu × 小林武史。第一弾ポスター解禁


映画情報どっとこむ ralph 「階段島。僕たちはある日突然、この島にやってきた。どうして島にやってきたのかを知る人はいない。
島の秘密なんてものを、解き明かしたいとは思わない。
この物語はどうしようもなく、彼女に出会った時から始まる」

主演・横浜流星、共演・飯豊まりえで描かれる映画『いなくなれ、群青』が9月6日に全国公開いたします。第一弾ポスター、第一弾チラシ完成しました!
映画情報どっとこむ ralph そして、本作の主題歌が、小林武史がプロデュースし、Salyu「僕らの出会った場所」に決定しました。楽曲は、本作「いなくなれ、群青」の世界観にインスピレーションを受けて、小林武史が本作のために書き下ろした新曲となります。Salyu×小林武史による映画主題歌書き下ろしは実に5年半振りになります。音源解禁は今後の予定となります、ぜひご期待ください。
■Salyuコメント
様々に存在する愛の物語の中でも
少年少女の心を歌うことは
また特別なことです。
ひょっとして、それは
この映画のテーマみたいに
自分が成長過程の中で
決して放さなかったもの
或いは切り離したものを
思い出すことになるから
なのかもしれません。
映画のみずみずしい世界観に
魅了されました。
参加させて頂いたことに
感謝です。

映画情報どっとこむ ralph 『いなくなれ、群青』

9月6日(金)全国ロードショー

公式サイト:
inakunare-gunjo.com
公式ツイッター:
@InakunareG


「僕たちは初めから、矛盾しているんだよ」悲観主義の七草と、理想主義の真辺由宇。根本から矛盾し合っている二人が、階段島で再会した。
奇妙だけれど平和で安定した生活を送る住民たち。そんな彼らの日常は、真辺由宇の登場によって大きく動き始める。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。
僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。

主演は、数々の映画で主演を務め若手実力派としての実績を重ねる注目俳優・横浜流星が、ミステリアスな雰囲気を身にまとう「七草」を演じる。また共演に、誰よりも真っ直ぐで、正しく、凜々しい少女「真辺由宇」を飯豊まりえが透明感溢れる演技で体現する。
さらに、黒羽麻璃央、矢作穂香・松岡広大・松本妃代・中村里帆ら、数々の舞台、ミュージカル、映画などで今注目を集める若手俳優たちが集結し、物語の重要なキャラクターを演じます。さらに伊藤ゆみ、片山萌美、君沢ユウキ、岩井拳士朗らもキャスティングされています。

***********************************

原作:河野裕『いなくなれ、群青』(新潮文庫nex)
公開:2019年9月6日(金)
出演:横浜流星 飯豊まりえ
矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆 / 黒羽麻璃央
伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗

監督:柳明菜

脚本:高野水登
音楽:神前暁
主題歌:Salyu「僕らの出会った場所」 主題歌プロデューサー:小林武史

配給:KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ
(C)河野裕/新潮社 (C) 2019映画「いなくなれ、群青」製作委員会


飯豊まりえ 初単独主演は初ホラー!映画『シライサン』2020年1月公開予定!


映画情報どっとこむ ralph 新たな怨霊「シライサン」が、令和に産み落とされます。
本作の主演は、人気モデルで女優の飯豊まりえさん。
ホラーが大の苦手という彼女が、初の単独主演となる本作で恐怖に立ち向かうニューヒロインに、体当たりで挑みます。

「視線を逸らすと、殺される―」という「シライサン」の呪い――

不自然な親友の死の真相を追い続け、決して逃れることのできない呪いの連鎖に巻き込まれてしまった主人公を演じるのは、飯豊まりえさん。
飯豊まりえさんコメント <瑞紀 役>
自分の中で初めての挑戦で、今は緊張しています。台本を読むだけでも、シライさんがどこかに居そうで怖かったです。そして、この作品に携われたことで、ホラーへの印象が変わるかもしれません。頂いた出会いと役を大切に、いまから心の準備をして真剣に、向き合って臨みたいと思っています!映画館でお会いできるの楽しみにしております。
普通の女子大生でありながら、自己犠牲もいとわず恐怖に立ち向かうという複雑な表現が求められる難役に抜擢されました。

『富江』『マザー』など数々のホラーを手掛けた武内プロデューサーは、「透明感と多様性、そして意志の強さを感じる」演技から、彼女以外にこの役を受けられる人はいないと起用理由を述べています。

映画情報どっとこむ ralph
「その名を知ると現れて、視線を逸らすと、殺される」という斬新な呪い、そして、鈴の音と共に現れる。

この新たなホラーキャラクター「シライサン」を生み出したのは、『GOTH』『暗いところで待ち合わせ』などの人気作を生み出してきた小説家・乙一(安達寛高)。脚本家としても活躍する異才が挑む、初の長編監督作品に期待が高まります。

公開は、2020年1月を予定。

「シライサン」

公式HP:
shiraisan.jp

式Twitter:
@shiraisan_movie  

物語・・・
眼球が破裂した死体が連続して発見された。直接の死因は心臓麻痺だった。そして、死の直前“何か”に怯え取り憑かれたようだったという、奇妙な共通点があった。
 親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊)と、弟を失った春男。二人は共に事件を調べ始める。鍵を握る詠子を探し出すが、ほどなく彼女は「シライサン…」という謎の言葉を残し、眼球を破裂させ心臓麻痺で死亡した。
 事件に目を付けた雑誌記者の間宮も加わり、徐々に明かされてゆく“シライサン”の呪い…。核心に近づく三人の前に、理解を超えた、戦慄の事実が待ち受けていた・・・。

***********************************

出演:飯豊まりえ ほか
脚本・監督:安達寛高(乙一)
配給:松竹メディア事業部
©️2020松竹株式会社