「飯田芳」タグアーカイブ

ディケイドの俳優三浦誠己、大橋トリオ、村上虹郎ら18名登壇!『AMY SAID エイミー・セッド』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 国際映画祭の常連である河瀨直美監督をはじめ塚本晋也監督、山下敦弘監督、若松孝二監督、瀬々敬久監督、諏訪敦彦監督、大森立嗣監督らの国際的評価の高い映画作品に数多く出演する俳優のマネージメント会社ディケイドが設立25周年を記念して自らが企画・製作した『AMY SAID エイミー・セッド』が、9月30日(土)よりテアトル新宿で初日を迎え、主演の三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、柿木アミナ、村上虹郎、白戸達也、村本大志監督、脚本家・狗飼恭子ら総勢18名のキャストが登壇。
本作は、かつて映画に情熱を注いでいた頃の純粋な気持ちを忘れかけ日々それぞれの人生に追われ疲れた40代の男女8名が、20年前の「ある日」を邂逅する一夜を描いた大人の青春群像劇です。

日付:9月30日(土)
会場:テアトル新宿
登壇:三浦誠己、大橋トリオ、渋川清彦、中村優子、山本浩司、石橋けい、テイ龍進、松浦祐也、大西信満、柿木アミナ、村上虹郎、渡辺真起子、飯田芳、小山燿、澁谷麻美、白戸達也、村本大志監督、脚本家・狗飼恭子

映画情報どっとこむ ralph 総勢18名が横に並ぶと圧巻です。

村本大志監督:紺に沢山の方に来ていただけて・・ありがとうございます。みんなで作り上げた小さな映画ですが気持ちがこもった作品です。

狗飼恭子:ご来場ありがとうございます。脚本家を書きました。

大橋トリオ:大橋トリオ 役 テーマ曲の「AMY SAID」今回は、映画の一番良いシーンで流れる曲を英語で創って欲しいと監督にオファーをいただいました。

今回、このメンツの中で主役を張る三浦さんは、

三浦誠己:朝田圭一 役:撮影は皆で集まってリハを十分できたこと、1週間と短いタイトな撮影でしたがスタッフの皆さんが、身を粉にして環境を作ってくれて、本当に集中して臨めました。

渋川清彦:飯田収 役
中村優子:飯田直子 役
山本浩司:岡本亮介 役
石橋けい:安藤美帆 役
テイ龍進:木塚修司 役
松浦祐也:五島春樹 役

映画情報どっとこむ ralph 大西信満:川崎洋 役
柿木アミナ:本庄エミ役
村上虹郎:長谷部瞬也 役 この舞台に最初に立ったのは、河瀨監督の作品で真紀子さんと親子役。2回目は「ディストラクション・ベイビー」そしてここに立てるのは3回目とても嬉しいです。
渡辺真起子:香田文 役 物を作るのって面白いなと、自分の会社で自分お仲間たちと映画が造れて本当にうれしいです。
飯田芳:近藤勝男 役
小山燿:森聡 役
澁谷麻美:松本美香子 役
白戸達也:20年前の朝田圭一 役

映画情報どっとこむ ralph 今回、初日に来られなかった村上淳さん。ここで息子さんである虹郎さんが

村上(虹)さん:うちのオヤジから音声コメントがあるそうです!

と、言うと音声メッセージがしかし内容は無茶苦茶なもの(笑)。

村上(虹)さん:すみません!これチェックしたなかったので!
お宅大丈夫なの?(笑)と渡辺さん!

渡辺さん:明日からも連日トークショーを行います!誰が来るかはオフィシャルホームページを確認してください!2回3回目も観に来てください。

因みに10月1日は村上純さんと大橋トリオさんは登壇予定のようです!

最後に・・・
三浦さん:みんなが力を合わせた映画です!皆さんのお力で大きく育てて下さい!

映画情報どっとこむ ralph

『AMY SAID エイミー・セッド』
9月30日(土)より、テアトル新宿ほか全国公開

公式HP:
http://amy-said.com

物語・・・
映画研究会のファムファタル的存在だったエミ(柿木アミナ)が突然彼等の人生からいなくなって20年。その命日に久しぶりに集まったのは、パン屋を営む朝田(三浦誠 己)、無農薬野菜をつくる飯田と直子(渋川清彦、中村優子)、売れない俳優岡本(山本浩司)、キャリアウーマンの美帆(石橋けい)、介護士の五島(松浦祐也)、IT会社を経営する木塚(テイ龍進)。

「わたし本当は知ってるの、エミが死んだ理由。ずっとみんなに言いたかった」

突然の直子の言葉に、それぞれの中で止まっていた時間が動き出すー。


***********************************

三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳 音楽:janand naomi テーマ曲:「AMY SAID」(大橋トリオ)
監督/脚本:村本大志
脚本:狗飼恭子、
企画・製作:佐伯真吾
プロデュサー:関友彦、田中和磨
制作:株式会社コギトワークス
日本/2016/カラー/96分
配給:ディケイド
宣伝:フリーストーン
©2017「AMY SAID」製作委員会 
    


“逆輸入”公開決定!!鈴木洋平監督作品『丸』現代日本のSF的寓話。


映画情報どっとこむ ralph 鈴木洋平監督作品『丸』が7月8日(土)よりシアター・イメージフォーラムを皮切りに全国順次公開することがわかりました。

併せてメインビジュアル、予告編も到着!


本作は異例の“逆輸入”公開!
世界が注目する新しい映画作家の作品を観てみませんか!

ある家族の暮らす一軒家で起こった、父子心中未遂事件。
部屋に突如として現れた謎の 球体が引き起こす、奇妙な現象の数々。現場で何が起こったのか。独自に調査する 記者・出口隆一は、警察の発表を覆す証拠を掴むが、やがて不可解な引力に引きつけられるように、異常をきたす……。

独特のユーモアと圧倒的な緊張感で描く、現代日本のSF 的寓話。

 
映画情報どっとこむ ralph 一体、この不穏な“丸”とは何なのだ? 映画『丸』はシネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)の助成を得て大阪・西成区で撮影された。ぴあフィルムフェスティバルの PFF アワード 2014 入選。

日本映画への造詣が深く、北野武監督をヨーロッパに紹介したことで知られる映画評論家のトニー・レインズ氏の目に留まり、<大島渚監督の『絞死刑』以来50年を経て、日本に再誕した最良のコメ ディ・ノワールである!>と絶賛され、海外の映画祭プログラマーや批評家のあいだで一躍注目を集めることとなったそう。

以降、バンクーバー国際映画祭新人監督部門にノミネ ート、ウィーン国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭に正式出品、「サイト&サウンド」誌 や「フィルム・コメント」誌でも大きく取り上げられ、さらに、鈴木洋平監督は長編デビュー 作である本作で、新人監督の登竜門であり、ペドロ・アドモドバル、スパイク・リー、ヴィ ム・ヴェンダース、リチャード・リンクレイター、ミヒャエル・ハネケといった映画作家を輩出してきた映画祭「ニュー・ディレクターズ/ ニュー・フィルムズ 2015」に選出されるなど、無名の新人監督としては異例の事態を巻き起こし、世界各地の 見巧者達のあいだで話題を呼んでいます。

映画情報どっとこむ ralph 今回の劇場公開はトニー・レインズ氏による熱烈な応援によって、急遽決定。
鈴木監督は現在、茨城県水戸を拠点 に活動。映画制作に止まらず、映画館「CINEMA VOICE」を企画運営するなど、独自のスタンスで日本映画界に切り込んでいます。



7月8日(土)より、シアター・イメージフォーラムにてロードショー! 8月中旬より水戸CINEMA VOICEほか全国順次公開。

www.yoheisuzuki.com/maru

公式Twitter:@maru_official
***********************************

監督・脚本・編集:鈴木洋平 出演:飯田芳 / 木原勝利 / 子紗里 / 池田将 / 軽部日登美 / 田中しげこ / 渡辺博行 / 真弓 / 芹井祐文 / 島田芯八 / 村上ROCK / 山西竜矢 / 月亭太遊 / 大宮将司 / 松浦祐也

プロデューサー:池田将、今村左悶
共同脚本:小山侑子
撮影:柏田洋平
録音:平井名辰哉
音楽:今村左悶
配給:マグネイズ
2014 年/89 分/カラー


神奈川芸術大学映像学科研究室舞台挨拶


SKIPシティDシネマ国際映画祭2013で審査員特別賞を受賞した

『神奈川芸術大学映像学科研究室』


が、昨日1月25日(土)より新宿・武蔵館で2週間限定レイトショー公開されました。

それに伴い、坂下監督とキャストによる初日舞台挨拶が行われました。

初日舞台挨拶:1月25日(土)
登壇者:
坂下監督、飯田芳、前野朋哉、笠原千尋、前野朋哉、嶺豪一、細井学 

神奈川芸術大学映像学科研究室
MC:初日というのは映画にとってのお誕生日!
本日が『神奈川芸術大学映像学科研究室』のお誕生日となります!

まずは、主役の飯田さん。奥田という映像学科の助手、暴走する学生の尻拭いはさせられるは、隠蔽工作をさせられる役。大変でしたね。

神奈川芸術大学映像学科研究室飯田芳飯田:監督が明確な演出のプランをお持ちだったので、凄く演じやすかったです。印象に残っていることは、撮影現場で監督が一人きりで、お弁当とかも1人だったので、一緒に食べますって聞いたら、「大丈夫ですよ。気になさらなくていいですよ」って、結局ことわられっちゃいました。

MC:無理難題言われてもしれっと、一生懸命頑張って。

神奈川芸術大学映像学科研究室笠原千尋s笠原:そうですね。女性キャストが少ない映画なので、取材でよく女性ですけど紅一点でどうでしたか?って聞かれるのですけど、仕事熱心な役立ったので、「私としては“女性”をあまり考えてなかったです」としかお答えできなくって。

MC:お弁当は?
笠原:飯田さんとのシーンが多かったので、飯田さんと食べたりですね。坂下監督とはお弁当だけでなく会話すらした記憶が無いですね。この1ヶ月の取材の中で初めて会話したんじゃないかと思うくらいです。演出がシンプルで、言葉数もすくなくて。

神奈川芸術大学映像学科研究室前野朋哉前野:坂下君の大阪芸大の先輩で僕も映画を撮るんですけど。現場では、いつもの感じでいいです。なので、ああしてください。っていうのは余りなかったですね。放置。。

坂下監督:自分では凄いしゃべっていたつもりなんですけど。。。。

神奈川芸術大学映像学科研究室嶺豪一MC:インペイしなくてはいけない事件を起こす張本人の役でしたけど。

嶺:飯田さんが大学の直の先輩だったんですけど、この映画は飯田さんにずっと怒られてました。飯田さんこっち側の人間のはずなのに。。。悔しかったですね。(MC:それが、よかったのですかね)はい。凄い楽しい現場でした。

MC:細野さんは、体制側の庶務の嫌な役を演じられましたが。

神奈川芸術大学映像学科研究室細井学細井:本読んだときはもう少しおとなしく粛々と嫌味な感じかと思ったのですが、結構テンション高いのを要求されて。嫌なやつだなこいつーって自分で思いました。

MC:チームワークいいですね。
坂下監督:はい。勿論。

MC:静かな監督さんのようですが、現場で切れるようなことは?
坂下監督:静かに切れてました。壁に向かって。。。本人には言わないですけどね。

神奈川芸術大学映像学科研究室坂下監督MC:東京芸大大学院の終了課程作品が、映画祭で賞を取り、劇場公開ですが。
坂下監督:単純にありがたいなと。大学入って最初は漠然と、採取的には劇場公開を考えるわけですけど。。。全員出来るわけではなくて。映画祭に応募して。。ちょっと旨く行き過ぎな面もあるかと。

MC:内幕描いてますが大学的には大丈夫だったんですか?
坂下監督:もう作っちゃったんで。大学にもシナリオは出してますし。

坂下監督:黒澤清監督はお気に召してらっしゃるとか。。

飯田:大森監督はべた褒めしてましたよ。

坂下監督:よかったです。

神奈川芸術大学映像学科研究室坂下監督2そして連日、坂下監督と豪華ゲストによる舞台挨拶(初日)とトークイベントが開催されています。
今夜は松崎まことさん(放送作家)×松崎健夫さん(映画文筆家)ですね。

(初日のみ上映前21:00より、以降は上映終了後開演。終演は22:45前後を予定)

登壇者(予定) 随時公式Webサイトに掲載 (坂下雄一郎監督は各日登壇)
———————————————————————-
1月25日(土) 【初日舞台挨拶】 出演:飯田芳さん、笠原千尋さん、前野朋哉さん他
1月26日(日) 松崎まことさん(放送作家)×松崎健夫さん(映画文筆家)
1月27日(月) 今泉力哉監督(『サッドティー』)
1月28日(火) 中野量太監督(『チチを撮りに』)
1月29日(水) 森岡龍さん(俳優・映画監督)×前野朋哉×嶺豪一
1月30日(木) 富山省吾さん(日本アカデミー賞協会事務局長)
1月31日(金) 白石和彌監督(『凶悪』)
2月 1日(土)  黒沢清監督(『Seventh Code』)
2月 2日(日)  赤ペン瀧川先生(俳優・演出家・なんでも添削家)
2月 3日(月)  三宅唱監督(『Playback』)
2月 4日(火)  コトブキツカサさん(映画パーソナリティ)
2月 6日(木)  石塚慶生さん(映画プロデューサー『武士の献立』)
——————————————————————-

■上映期間: 1月25日(土)より2月7日(金)までの2週間
■上映時間: 各日共、21:00開映(本編70分)
■劇 場  : 新宿武蔵野館
http://shinjuku.musashino-k.jp/
■入場料金: 当日券¥1,800.-

映画『神奈川芸術大学映像学科研究室』公式サイト
http://kanagei.com/
SKIPシティDシネマプロジェクト 公式サイト
http://s-dp.com/


********************************************************************


『神奈川芸術大学映像科研究室』試写感想


1月25日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次公開の

『神奈川芸術大学映像科研究室』


神奈川芸術大学映像科研究室
サンプル試写しました。

チラシには
「不条理な人間模様をシニカルに描いた、オフビート・ブラック・コメディ!」

って、ありますが。。。
コメディーではないですよ。

僕自身とある学校で講義していることもあり、笑えないっす(笑)。

『諸般の事情により、インペイする事を報告します。

神奈川芸術大学映像学科という架空の大学を舞台に、社会人ならば誰もが思い当たる“組織の理不尽”を描いたこの作品。

コンパクトな70分の中でキッチリストーリーを押さえ、登場人物の性格もわかる脚本。カット割り凝っているし、隙が無い。なさ過ぎる。

東京藝術大学大学院映像研究科第7期修了制作。。。。ですか。
流石です。

『神奈川芸術大学映像科研究室』
大学でよくありがちな日常、無気力な日々が綺麗に切り取られ良くまとまった良い作品です。自主制作とは思えない出来です。

『神奈川芸術大学映像科研究室』

は1月25日(土) 新宿武蔵野館ほか全国順次公開です!!

公式HP:http://kanagei.com/
twitter :@kanagei

『神奈川芸術大学映像科研究室』-2
ただ、映画にどこか“どきどき感”があってほしい僕の好みではなかったかなと。

「映画は人に観られて完成なんだよ」

って言う台詞があるのもシニカルだなぁと思った次第。

是非、新宿武蔵野館ほか映画館へ足をお運びください。
そして、本作完成となります。

因みに若手のラルフ君は絶賛でした。

********************************************************************


『神奈川芸術大学映像科研究室』

STORY
神奈川芸術大学映像学科の助手・奥田は、事なかれ主義の教授陣と問題ばかり起こす学生との間で、板ばさみの日々を過ごしている。そんなある晩、奥田は学生が大学の機材を盗みだす現場に遭遇。事件が表沙汰になることを恐れた教授陣は、ウソの報告書の作成を奥田に指示する。しかしその報告書をきっかけに事態は思わぬ方向へと進んでいく…。

監督・脚本:坂下 雄一郎
坂下-雄一郎監督1986 年生まれ、広島県出身。大阪芸術大学卒業後、東京藝術大学大学院映像研究科に入学。在学中から学外の作品に助監督として参加。2011年に監督した『ビートルズ』はゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012にて北海道知事賞を受賞。他に『猿後家はつらいよ』(オムニバス映画『らくごえいが』(13)の一編)がある。2013年3月同院同研究科修了。


キャスト
飯田芳 笠原千尋 前野朋哉

宮川不二夫 高須和彦 中村有 嶺豪一 中本章太 細井学
早乙女バッハ 生実慧 島野千尋 矢島康美 田口治

製作:佐々木裕 撮影:松井宏樹 録音:稲村健太郎 美術:相澤伶美
編集:田中直毅 音楽:今村左悶 助監督:加治屋彰人
製作:東京藝術大学大学院映像研究科
配給:デジタルSKIPステーション 協力:コミュニティシネマセンター
2013/日本/70分/カラー/ビスタ
©東京藝術大学院映像研究科