「須賀健太」タグアーカイブ

岩田剛典杉咲花W主演『パーフェクトワールド君といる奇跡』切ない本予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 大切な人に読んでほしいラブストーリーNo.1!有賀リエの大人気漫画『パーフェクトワールド』(「Kiss」連載中/講談社)が、『パーフェクトワールド君といる奇跡』というタイトルで映画化、10⽉5日(金)より全国公開する。


本作は、久しぶりに再会した初恋の人が、車イス生活を送っていた-という設定から始まる純愛ストーリー。

この度、「⼀緒にいられるだけで幸せ」、そんなふたりの美しい時間を切り取った新しい場面写真と、本作のために書き下ろしたE-girlsの主題歌「PerfectWorld」の楽曲にのせた切なすぎる最新予告映像が解禁。


今回解禁された予告映像では、再会した初恋の人である樹に、溢れる「好き」を伝えるつぐみの様子や、諦めていた恋に少しずつ心を開いていく樹の姿が収められている。付き合いたてのふたりが見せる、甘くて幸せすぎるデートシーンのキラキラと輝く笑顔や

「川奈、こっち見て」

と樹がつぐみの頬に手を添え見つめ合う真剣な顔、ふたりの様々な表情に、心が高鳴るようなエピソードを想起させる内容となっています。

⼀方でふたりを隔てる、周囲からの反対や様々な試練を予感させる切ないシーンも。

「川奈にしてあげられることがあまりにも少なくてつらい。」

という樹の葛藤の涙、病院に駆けつけるつぐみの姿が…!果たして⼆人は壁を乗り越えて幸せをつかむことができるのか?思わず胸が熱くなる1分間の予告映像に期待が高まる!

そして、今回の本予告で、E-girls書き下ろしの主題歌「PerfectWorld」が初披露される。樹とつぐみのまっすぐな想いと、葛藤と向き合うそれぞれの心情がそのまま表現されたような楽曲が、本作の世界観をさらに盛り上げます。

映画情報どっとこむ ralph さらに!SNSなどでキャスト予想され注目が集まっていた気になる追加キャストも解禁!

つぐみに想いを寄せる高校時代の同級生・是枝洋貴役には、すっかり”大人の男”になった須賀健太。

看護師として樹のリハビリを支え、今は生活まで支えているヘルパー・長沢葵役には、芦名星。

そして、樹と高校時代より付き合っていたが、事故をきっかけに別れてしまった雪村美姫役には、大政絢。

大切な人と出会い、2人でいくつもの壁を乗り越え、絆を深めた先で、幸せに満ち溢れた完璧な世界にたどりつくことができるのか―この秋、大切な人をもっと大切にしたくなる、珠玉のラブストーリーが誕生。

映画情報どっとこむ ralph パーフェクトワールド君といる奇跡

10月5日(金) 全国ロードショー

原作は、初恋の人との再会によって、再び溢れてくる「好き」の気持ち、好きだけでは越え難い壁に直面しながらも、恋する気持ちをストレートに伝え、前に進もうとする主人公たちの姿に心を打たれる感動作として、今、20代女性を中心に支持を集めている。主人公・川奈つぐみと、つぐみの高校の先輩であり、初恋の相手でもある鮎川樹(あゆかわいつき)の偶然の再会からはじまる本作。

爽やかな高校時代の思い出とともに、当時伝えられなかった想いがよみがえるつぐみが目の当たりにしたのは、車イス生活により様々な壁が立ちはだかるも、夢を諦めずに立ち向かう樹の姿。相手を想うあまり「⼀生ひとりで生きていくって決めたんだ。」と頑なな樹を、数々のドラマや映画に立て続けに出演し、役者としての演技の幅を広げている岩田剛典が演じ、そんな樹をひたむきに想い続けるヒロインのつぐみを映画初主演となり、その存在感と演技⼒で注目を浴びている杉咲花が熱演する。


物語・・・

ひたむきでピュアな気持ちが心を揺さぶる、感動のラブストーリー誕生!

インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲花)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田剛典)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き・・・。大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは・・・。

***********************************

原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)
出演:岩田剛典、杉咲花
須賀健太  芦名星  マギー  大政絢
伊藤かずえ  小市慢太郎  / 財前直見

配給: 松竹 LDH PICTURES 
制作プロダクション:ホリプロ     

©2018「パーフェクトワルド」製作委員会

  


阪本一樹 公約通りふんどし姿を披露!『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph <PFFスカラシップ>に選出。
小田学監督の長編デビュー作『サイモン&タダタカシ』が3月24日公開初日を迎え、主演の阪本一樹さん、須賀健太さん、間宮夕貴さん、小田学監督が和装(監督はオリジナルT)で登壇しての舞台挨拶を行いました。

そして!先日行われた先行上映会で阪本さんが宣誓したとおり、法被&ふんどし姿に生着替えも披露しました!


映画『サイモン&タダタカシ』初日舞台挨拶
日時:3月24日(土) 
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:阪本一樹、須賀健太、間宮夕貴、小田学監督

映画情報どっとこむ ralph 今回PRキャンペーンで色々挑戦した坂本さん思い出に残っているのは

阪本さん:達磨作ったり、須賀さんの分も200度参りしたので、たくさんの方に映画を観ていただければと。公開出来て嬉しいです!

須賀さん:これだけ沢山の方に観ていただける。撮影では色々ありましたが。。あっ特殊な撮影って意味でですけど、こうして観ていただけるのはうれしい。子供が旅脱漢字ですね。

間宮さん:この場に立てて、嬉しいです。初日から沢山のお客様で、良いスタートを切ったなと。観に来てくださったかたに広めていただいて色々な劇場で見られるようになると嬉しいです。

小田監督:ここに来るときに、撮影前の阪本君と稽古している動画見ていて・・・、それから、公開と言う状況になっているのは感動的。雑談から始まって凄いなと思ってます。

思い出を聞かれると、

阪本さん:達磨作りとか。。。二人でタイツでカウントダウンとかね。 

須賀さん:あれ誰考えたのかな・・・でも撮影の思い出話をして!

と、お兄さんにたしなめられ

阪本さん:撮影の3日目くらいに初めて監督のモニター見て・・すると間宮さんおセクシーなシーン。。。須賀さんが、まじまじとみていて、羨ましがってました!

と、撮影時の思い出をまさかの逆襲暴露で!

須賀さん:えー!暴露!確かに いいな~って言いましたが!

と、笑いながら答える懐の深い須賀さん。

映画情報どっとこむ ralph 野望はありますかと聞かれ

阪本さん:海外に行ったことが一回もないので・・・この映画祭とかで海外に出れたらと。それが野望です。
とすると

須賀さん:野望ですか・・・いっぱい仕事がしたいです。純粋に!

間宮さん:この作品で映画祭に行きたいです。願望があって、劇中でお二人が歌っているのでCDデビューしないかと(拍手)大人たちが考えてくれればと切望です!

と、映画の話をする二人に須賀さんも「僕も映画祭にしますと!」付け加えると監督も

監督;もちろん行きたいです!初監督と初主演なのでね。それから成長後、もう一回、このメンバーで作品ができたらと。野望を持っています!
との野望に嬉しいお知らせ。

韓国の全州国際映画祭のコンペ部門にノミネートが発表となったことが告げられ

監督:凄いな。

と、人ごとみたいな監督

阪本:韓国行きたかったんです!いけます?

と、聞くと天の声が「検討します」と会場の端から。

映画情報どっとこむ ralph そして!
完成披露時に約束したふんどし姿に生着替え!

阪本さんのふんどし姿での感謝の気持ち

阪本さん:今日ほんとに公開出来て、このような沢山のお客さもに来ていただいて幸せでした。しあわせでした。撮影では監督、須賀さん、間宮さんたちに助けていただいて乗り切り、大切な作品になりました。これを今後色々な人に見ていただけるよう頑張っていきます。


親友のタダタカシに叶わない想いを抱えながら、タダの運命の女を探す無謀な旅についていくサイモン。独特の存在感を持ち、持ち前の透明感で複雑なサイモンの心の機微を演じきったのは、第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞を受賞し、本作が映画初出演&初主演となる新星・阪本一樹。繊細で内気なサイモンに対し、ロマンチストでどこか抜けている愛されキャラの相棒・タダタカシをエネルギッシュかつコミカルに熱演したのは、2018年にデビュー20周年を迎え、映画・ドラマ・舞台とマルチに活躍する俳優・須賀健太。注目の若手俳優たちが、青春の1ページを描き出します。

サイモン&タダタカシ

3月24日(土) シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。


公式HP:
http://saimon-movie.com/
公式twitter:
@saimon_movie


***********************************



監督・脚本・編集 小田学

出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉

主題歌:どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC)

製作:PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム 配給/日活 2017年/日本/カラー/84分

©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)


阪本一樹 須賀健太 がモジモジ君スタイルで『サイモン&タダタカシ』公開までカウントダウン!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界の第一線で活躍する監督たちを世に送り出してきた新人監督の登竜門「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」。本作の小田学監督はPFFアワード2014に入選し、革新的でチャレンジングな作品に贈られるジェムストーン賞を受賞。PFFスカラシップによって製作された作品が、『サイモン&タダタカシ』。
本作が初出演&初主演となった今年ブレイク必至の阪本一樹とデビュー20周年を迎え、テレビ、映画、舞台とマルチに活躍する須賀健太。対照的なキャラクターであるサイモンとタダタカシを阪本と須賀が演じ、新鮮でかつ魅力ある作品へと昇華させています。

この度、3月14日(水)より、本作の公開初日まで、W主演の阪本&須賀が自ら真っ赤な全身タイツでカウントダウン用の数字をモジモジ君のように体現。2人が作り上げた数字は、公式SNSで、毎日日付が変わる0時に公開していくそうです。
普通ならば絶対にお目見えしないおもしろ企画が、実写だけではなく、アニメーションやジオラマ撮影、特撮まで取り入れて制作され、観客の予測の斜め上を行く本作だからこそ実現‼

キャストに全身タイツを着せるという無茶ぶりをし、10日分のカウントダウン用の数字を作成したそうです。



公式HP:
http://saimon-movie.com/ 
公式twitter:
@saimon_movie



好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。

男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。

ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。

『サイモン&タダタカシ』を応援しよう!クラウドファンディング参加ページ

***********************************

監督・脚本・編集 小田学
出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉
主題歌/どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC) 
製作/PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活) 制作プロダクション/日活 ジャンゴフィルム 配給/日活  2017年/日本/カラー/84分 ©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)


阪本一樹、須賀健太『サイモン&タダタカシ』舞台挨拶 初日は「ふんどし」宣言!


映画情報どっとこむ ralph 新星・阪本一樹とデビュー20周年を迎える須賀健太が “運命の女”を探す青春ロードムービー!

第24回PFFスカラシップ作品映画『サイモン&タダタカシ』2/12(月・祝)舞台挨拶付き先行上映会が行われ、阪本一樹さん、須賀健太さん、小田学監督が登壇しました。
初日舞台挨拶ふんどしで登壇すると宣誓!誓約書にサイン!

また2月14日のバレンタイン直前イベントということで阪本さん&須賀さんよりご来場いただいたお客様にプレゼントを手渡ししました。

映画『サイモン&タダタカシ』先行上映会舞台挨拶
日時:2月12日(月・祝)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:阪本一樹、須賀健太、小田学監督

映画情報どっとこむ ralph 登壇した阪本さんは初めての舞台挨拶と言うことでガチガチ
阪本さん:こんにちは!19歳です!こんなに大勢の前で話すのは緊張します。至らない点もあると思いますが・・大目にみてください。

と、可愛い阪本さん。これに対して芸能生活20周年の須賀さんは

須賀さん:23歳です。いかがでしたでしょうか?いち早く観ていただけてドキドキディています。唯一先輩風を吹かすことが出来る人が横にいるので。リラックスしたいと思います。

小田監督:サイモンとタダタカシを創った小田です。37歳です。
との挨拶からスタート。


脚本を読んで、
阪本さん:演技自体が初めてで台本をもらってセリフが多いな・・・覚える不安が強くて2-3日眠れませんでした!

と、初々しい

須賀さん:僕は4-5日眠れなかったです(笑)。嘘です。台本を読んで、今の日本映画でこんなにチャレンジを詰め込んだ作品があるのか!と。どう映像にするんだろう????と思いました。文字だとね・・・。

と、いろいろな要素をどのように映画にしたのかは劇場でチェック。

映画情報どっとこむ ralph 主演であることを聞かされて、

阪本さん:対策とか準備をしました。早口言葉とか落語とか・・活舌から。

と、少しピントが・・・。相棒の須賀さんは23歳ですがデビュー20周年。なんと、モーニング娘。と同期。

須賀さん:(阪本さんを見て)可愛いなと。事務所の後輩とW主演。やっと後輩が出来たと嬉しかったです。

監督も長編デビュー。この作品の企画時には

小田監督:なんとなくロードムービーにしようと漠然と思いました。PFFのスカラーシップなので、やりたいことを、何でもやっていいんだと聞いていたので、今までの想いを全部詰め込みました。

ろ、語る監督。


好きなシーンを聞かれると

坂本さん:須賀さんと川辺のシーンで期の棒でふざけたり、じゃれたりするシーン。先生役の渡さんがふんどしで太鼓をたたいているのが男らしくて好きです。

と言うと、その場面で特殊メイクで須賀さんはのぞんでいて、

須賀さん:特殊メイクで4時からメイクして4時間かかっていて、、でも、撮影が10分。今となっては良い思い出です・・・。
と。苦労したのに・・・とエピソードを披露してくださいました。

小田監督は、阪本さんが涙を流すシーンが好き。タダタカシのことを思って泣ってなけたと。僕の想いが伝わったかなと思いました。

と話します。そんな阪本さんは

阪本さん:タカシのことを好きになる役でしたが、須賀さんも好きにになろうと、頑張って努力しました!(須賀さん:努力しなくても好きになってほしいな。)
経歴長い大先輩なので、話しかけづらくて。でも、新人の僕にも優しくて。大好きです。。。

と、告白。

映画情報どっとこむ ralph 阪本さんから決意表明発表コーナー
阪本さん:宣伝活動に従事し、3月24日の舞台挨拶には会場を満席にします!そして、来てくださった方に感謝を込めて、ふんどし姿で登壇することを表明します!
と「ふんどし祭宣言!」

調印式。

最後に・・・
阪本さん:いいところをみんなに広めて下さい!ふんどし姿で3月24日に舞台挨拶します。それまでに筋肉を付けたいと思います!

と、ふんどし&筋肉祭にする模様!


そして、イベント最後にお客様へバレンタインが近いので感謝の逆チョコ!
流石20年!物を見せるこのカットを記者用に作る須賀さん。後輩育ててます。

どうやら多くのお客さんは須賀さんにもふんどし姿をお願いしていたようです!


映画情報どっとこむ ralph 『サイモン&タダタカシ』

3月24日(土) シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。


公式HP:
http://saimon-movie.com/
公式twitter:
@saimon_movie
公式instagram:
@saimon_tadatakashi

***********************************

監督・脚本・編集 小田学

出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉

主題歌:どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC)

製作:PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
制作プロダクション:日活 ジャンゴフィルム 配給/日活 2017年/日本/カラー/84分

©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
    


“運命の女”を探す 青春ロードムービー『サイモン&タダタカシ』間宮夕貴・井之脇海・田中日奈子・山本圭祐 場面写到着!


映画情報どっとこむ ralph 園子温監督、橋口亮輔監督、矢口史靖監督、熊切和嘉監督、李相日監督、荻上直子監督、内田けんじ監督、石井裕也監督など日本映画界の第一線で活躍する監督たちを世に送り出してきた新人監督の登竜門「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」。

本作の監督 小田学はPFFアワード2014に入選し、革新的でチャレンジングな作品に贈られるジェムストーン賞を受賞。

さらに受賞監督8人のなかからオリジナル脚本で新作の企画を募り、1名のみが権利を獲得できる<PFFスカラシップ>に選出された。本作で24作品目となるPFFスカラシップによって製作された小田監督長編デビュー作が『サイモン&タダタカシ』。

工業高校に通う高校生のサイモンとタダタカシ。
親友に叶わない恋心を抱えるサイモンと、その想いに全く気づかない鈍感なタダが、男ばかりの学生生活に終止符を打つべく、高校最後の夏休みに“運命の女”を探して一緒に旅に出るという青春ロードムービー。

“好きな人の好きな人を探しに行く”切ないはずの旅路は、誰にも予想できない珍道中へと展開していく。

本作が初出演&初主演となった今年ブレイク必至の阪本一樹演じるサイモンとデビュー20周年を迎え、テレビ、映画、舞台とマルチに活躍する須賀健太が演じるタダタカシ。

映画情報どっとこむ ralph 対照的なキャラクターであるサイモンとタダタカシを阪本と須賀が演じるなか、物語を急展開させていく4人のキャラクター、マイコ・柳田・チヨ・高木。今年ブレイク必至、数多くの作品からひっぱりだこの若手&実力派の俳優陣が短期間撮影によって集結しました!


サイモンとタダタカシの旅路のトリガーとなる、秘密を抱えたファムファタール“マイコ”
“マイコ”を演じたのは、2016年に公開した『風に濡れた女』で第26回日本映画プロフェッショナル大賞の新進女優賞を受賞した間宮夕貴。

『甘い鞭』(13)、『GONINサーガ』(15)など石井隆監督作品の常連で、入江悠監督『ビジランテ』(17)に出演するなど出演作品が続く実力派女優。今作では美しき美貌でタダタカシを魅了し、翻弄するミステリアスなマイコを演じた。プライベートでは天真爛漫、サッパリとした印象の間宮だが、カメラの前では一瞬で役に入り込み、ロマンポルノリブートプロジェクト『風に濡れた女』で花開いた謎めいた色気を本作でも発揮。屋外での肌の露出もサラリとこなしてしまえる度胸の強さも彼女の魅力である。


愛する彼女のため、ある組織と戦う漢のなかの漢 ヤンキー柳田

サイモンとタダが旅先で出会うリーゼントの柳田。よそ者のサイモンたちに詰め寄り、ビビらせながらも、ケンカの仲裁までこなす心優しきヤンキー。作中ではタダへ想いを伝えられないサイモンの背中を後押しする重要なキャラクターである。強さと優しさ、そして愛する彼女のためにある組織と戦う男気を持った柳田には、悪さをにじませた迫力をだしつつも、どこか清潔感を感じさせるキャストが必要となり、井之脇海が抜擢。

黒沢清監督作『トウキョウソナタ』(08)で第82回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞と第23回高崎映画祭新人俳優賞を受賞し、昨年は『帝一の國』、『海辺の生と死』、『月子』、『あゝ、荒野 前・後篇』などの映画に出演、NHK連続テレビ小説「ひょっこ」(17)、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(17)など引っ張りだこの井之脇が数々の作品で培った演技力を発揮した。小田監督も「脚本以上にキャラを深堀りし、お芝居をしてくれるのが、演出する側としても面白く現場でも助かりました。自身も映画を撮っているとのことで、撮る側の視点を持っているのも、客観的に自分の芝居を見れているのかもしれません。」と絶賛する。

映画情報どっとこむ ralph 勝気だが乙女な心を忘れていない柳田の彼女・千代

感情をストレートに表現するチヨ役を演じたのはテレビドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(14)や「白鳥麗子でございます」(16)、「グッドモーニング・コール」(16)、『思春期ごっこ』(14)、『東京無国籍少女』(15)、『セブンデイズ』(15)などに出演する田中日奈子。

小田監督が「オーディションで見た際に、圧倒的に芝居の勘がよく、今の時代にそぐわないヤンキー役に説得力を持たせることができるのではないかと思う力がありました」と語るとおり、井之脇演じるヤンキーの彼女というリアリティを引き出している。フルパワーで怒号を飛ばす姿は必見!


タダタカシとマイコを奪い合う憎めない童貞 高木

間宮夕貴演じるマイコに思いを寄せる高木役を演じたのは山本圭祐。

NHK連続テレビ小説「まれ」(15)、NHK「精霊の守人」(17)、TX「三匹のおっさん3」(17)、TBS「コウノドリ」(17)、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(17)などなど、変幻自在の芝居で数々のテレビドラマ、映画作品に出演。小田監督とは監督の自主映画時代からの仲で「撮影に臨む際には、アイデアを4−5個は少なくても用意してきてくれるので、こちらの要求に対しての答えがいつも早く、かつ面白く、監督としては非常にやりやすい役者」と数多の作品に登用される理由を語る。本作では須賀健太演じるタダタカシとマイコを奪い合い、滑稽さを残した熱い掛け合いを展開する。

映画情報どっとこむ ralph 映画『サイモン&タダタカシ』ポストカード付前売り券情が2月10日(土)より発売決定!!

シネ・リーブル池袋ほか全国の上映劇場にて、2月10日(土)の劇場オープン時より発売いたします。前売り券には、主演の阪本一樹、須賀健太がデザインしたイラストやサインが入ったオリジナルポストカードが特典としてついてきます。

●上映劇場はこちらの劇場情報より確認可能です!

※詳細は各劇場HPにてご確認くださいませ

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。


公式HP:
http://saimon-movie.com/ 
公式twitter:
@saimon_movie
公式instagram:
@saimon_tadatakashi

『サイモン&タダタカシ』を応援しよう!
クラウドファンディング参加ページ

***********************************

監督・脚本・編集 小田学

出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉

主題歌/どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC) 
製作/PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)
制作プロダクション
日活 ジャンゴフィルム
配給/日活
2017年/日本/カラー/84分 

©2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)