「響 -HIBIKI-」タグアーカイブ

新人女優賞 平手友梨奈クールに登壇!第28回日本映画批評家大賞授賞式


映画情報どっとこむ ralph 今年で 28 年の歴史を数える『日本映画批評家大賞授賞式』。

映画批評家ならではの視点で選ばれる各賞を祝いに大勢の映画人と、映画ファンが集まり、豪華な受賞者を迎えて授賞式を行ないました。

第28回日本映画批評家大賞授賞式
開催日:2019 年5月30日(木)
場所:スパイラルホール(東京・青山)

映画情報どっとこむ ralph 作品賞 ファントム・フィルム『焼肉ドラゴン』
鄭義信監督

監督賞 白石和彌『孤狼の血』 代理

主演男優賞 柄本佑『素敵なダイナマイトスキャンダル』

主演女優賞 石橋静河『きみの鳥はうたえる』

助演男優賞 寛 一 郎『菊とギロチン』

助演女優賞 友近『嘘八百』

新人男優賞(南俊子賞) 佐野勇斗『ちはやふる-結び-』

新人男優賞(南俊子賞) 濱津隆之『カメラを止めるな!』

新人女優賞 (小森和子賞) 南沙良『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

新人女優賞 (小森和子賞) 平手友梨奈『響-HIBIKI-』

特別新人賞 滝川広志(コロッケ)『ゆずりは』

新人監督賞 枝優花『少女邂逅』

ドキュメンタリー賞 松竹株式会社『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』

編集賞(浦岡敬一賞) 川瀬功『空飛ぶタイヤ』
恒例の浦岡夫人の頭なでなで。

特別賞(松永武賞) TAMA 映画フォーラム実行委員会
第28回日本映画批評家大賞授賞式
特別作品賞 株式会社ザフール『STILL LIFE OF MEMORIES』

シルバー賞 小川欽也

アニメーション作品賞 ギャガ株式会社『若おかみは小学生!』

***********************************





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

平手友梨奈 初挑戦映画『響 -HIBIKI-』ビジュアルコメンタリー特典映像を一部公開


映画情報どっとこむ ralph 大人気アイドルグループ・欅坂46で圧倒的な存在感を放つ平手友梨奈が、映画初出演にして初主演を務めた映画『響 -HIBIKI-』。

平手が「第42回日本アカデミー賞」をはじめ、数々の映画賞で新人賞を受賞するなど、公開後も話題を呼んだ衝撃作のBlu-ray&DVDが2019年3月6日(水)に発売となります。
原作は、2017年のマンガ大賞で大賞を受賞した、柳本光晴による大人気コミック。
類稀な才能を持つ”天才”女子高生小説家・鮎喰響が、世間や慣習に囚われた建前をかざす大人たちの常識をぶち壊し、さらに人々を変えていく痛快ドラマが描かれます。
また本作の主題歌で、いまだCD化も配信もされていない平手友梨奈による幻のソロ曲「角を曲がる」も必聴です。

豪華版の特典ディスクには、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督によるビジュアルコメンタリーやキャスト陣の素顔が垣間見えるメイキング映像など、ここでしか見ることのできない貴重な映像が満載。
平手と月川監督が主題歌に込められた思いを語ったスペシャル対談や未公開写真満載の撮影日誌などを含むブックレットも封入。ファン必携の豪華特典となっております。

★この度、豪華版の特典ディスクに収録される、平手友梨奈とアヤカ・ウィルソンが初挑戦したビジュアルコメンタリーの中から、月川翔監督との撮影中のエピソードや平手が劇中で初めて着用したというゴスロリ衣裳の秘話について語る貴重な映像を一部公開!



映画情報どっとこむ ralph 『響 -HIBIKI-』
2019年3月6日(水) Blu-ray&DVD発売、レンタル同時開始

Blu-ray豪華版:¥7,800+税
DVD豪華版:¥6,800+税
DVD通常版¥3,800+税



発売元:小学館/販売元:東宝
(C)2018 「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館

***********************************

   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

平手友梨奈初主演『響 -HIBIKI-』特典ビジュアルコメンタリー収録レポート到着!


映画情報どっとこむ ralph 大人気アイドルグループ・欅坂46で圧倒的な存在感を放つ平手友梨奈が、映画初出演にして初主演を務めた映画『響 –HIBIKI-』。

平手が「第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」で新人賞を受賞するなど、公開後も話題を呼んだ衝撃作のBlu-ray&DVD が2019年3月6日(水)に発売となります。

原作は、2017年のマンガ大賞で大賞を受賞した、柳本光晴による大人気コミック。類稀な才能を持つ”天才”女子高生小説家・鮎喰 響が、世間や慣習に囚われた建前をかざす大人たちの常識をぶち壊し、さらに人々を変えていく痛快ドラマが描かれます。また本作の主題歌で、いまだCD化も配信もされていない平手友梨奈による幻のソロ曲「角を曲がる」も必聴です。 Blu-ray豪華版の特典ディスクには、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督によるビジュアルコメンタリーやキャスト陣の素顔が 垣間見えるメイキング映像など、ここでしか見ることのできない貴重な映像が満載。平手と月川監督が映画公開から 3 ヶ月が経過した タイミングで行った、そこでこそ披露されたエピソードも含む新録対談などを収録したブックレットも封入されるなど、ファン必携の豪華特典と なっております。

そして先日、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督が、『響 -HIBIKI-』の本編を観ながらしゃべりたおすビジュアルコメンタリーの収録が行われました。
映画情報どっとこむ ralph 先日、2019 年 3 月 6 日(水)にリリースとなる映画『響 –HIBIKI-』 Blu-ray&DVD豪華版の特典となるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、 平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督の 3 人が本編を見ながら、 撮影当時のエピソードや本作への想いを熱弁。平手とアヤカは初となるビジュ アルコメンタリーの収録に挑戦し、それぞれの『響 –HIBIKI-』との出会いと 作品への愛を語り尽くした。

約3ヶ月ぶりの再会を果たした 3人がテレビ前に座り、ビジュアルコメンタリ ーがスタート。
月川監督が劇場公開されてからの周りの反応について聞くと、

平手さん:歌番組に出させていただいた時に、久しぶりに会う方に『響 –HIBIKI-』のことで声をかけられることが多くて、欅坂46のメンバーからも『見たよー』ってLINEがきました(笑)

とコメント。一方の

アヤカさん:前にやった作品から時間が経っていたので、お久しぶりといった感覚で話題に挙げて もらいました。あと、(平手と)一緒に共演したんだね、羨ましいと言われまし たね(笑)。(それに対しては)『かっこよかったよ、相変わらず!』って返し ていました。

と振り返った。

響が自転車で買い物に行くシーンでは、

月川監督:(平手は)自転車の練習をしましたね。

と撮影を振り返る。

平手さん:ずっと自転 車に乗っていなくて、乗る感覚を忘れていて(笑)。全然乗れなかった。

と当時の苦労について語ると、

アヤカさん:ブレーキがかからなくて、 スタッフさんが(平手を)追いかけていた記憶がある(笑)

と明かし、撮影中の思い出話に華を咲かせた。

クライマックスシーンで本作のクランクアップを振り返ると、

月川監督:平手さんが号泣してね。まだ響でいたいって。

と語ると、

平手さん:泣いちゃった(笑)

と正直にコメント。しかし、すかさず

平手さん:言い訳していい?まずプロデューサーが号泣したの。で、俳優周りのスタッフさんも 号泣してて、びっくりしたの。

と弁明する可愛らしい一面も。

本編もエンドロールに差し掛かると、

平手さん:(『響 -HIBIKI-』は)いい出会いをさせてもらった現場だなと思います。ずっと今までは 欅坂 46 という世界にいたけど、その一歩外に出ることが初めてだったから、すごい勇気もいるし色々悩んだけど、やってよかったなって思える作品です。

としみじみ。

アヤカさん:再びスタートする作品がこの『響 –HIBIKI』で良かったと思います。ストーリーもそうだし、現場もそうだし、 学ぶことも思い出すこともいっぱいあって、これをきっかけにまた女優を続けたいと思えました。

と本作が自身に与えた影響を語った。

ビジュアルコメンタリーの収録を終え、感想を聞かれると、

平手さん:『響 -HIBIKI-』が公開されてから久しぶりに本編をみたので、新鮮な 気持ちでみることができました。久しぶりに2人に会えて良かったです。

と笑顔。

アヤカさん:楽しかったです。あっという間でした。意外と聞いていなかった話が聞けて良かったです。

と収録を振り返った。そんな2人を見て、

月川監督:家でくつろぎながら映画を見て、思い出話に浸って いるといった感覚でした。当時2人(平手とアヤカ)がどんなことを考えていたのか、聞けて楽しかったです。

と目を細めた。

3月6日(水)の Blu-ray&DVD 発売に向けて、

平手さん:(豪華版は)3 枚入っていると聞いて、盛りだくさんだと思うので、『響 -HIBIKI』にちょっとでも興味をもった方は、見ていただけたら、より面白いんじゃないかなと思います。

とコメント。

アヤカさん:コメンタリーでは 意外と取材で話していない話もあったので、そういった意味でも色々な視点からまた見れると思うので、何度も見ていただけたらいいかなと思 います。

とアピール。そして

月川監督:映画を見た人も、もちろん映画館で見逃した人にも見てもらいたいですし、細かいところまで行き届 いた映画が作れたかなと思うので、何度でも見直してご覧いただけたらなと思います。

と締めくくった。

このビジュアルコメンタリーは、はほんの一部。3月6日(水)に発売となる映画『響 –HIBIKI-』のBlu-ray&DVD豪華版に収録されます。

映画情報どっとこむ ralph 『響 –HIBIKI-』
Blu-ray&DVD 2019年3月6日(水)発売
Blu-ray 豪華版 ¥7,800+税
DVD 豪華版 ¥6,800+税
通常版 ¥3,800+税


<Blu-ray&DVD 豪華版 共通特典>

【特典ディスク①】
本編ビジュアルコメンタリー 平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督が、 「響 -HIBIKI-」を観ながらしゃべりたおすビジュアルコメンタリー!

【特典ディスク②】
・メイキングドキュメンタリー 平手友梨奈 映画初出演にして初主演作「響 -HIBIKI-」の撮影現場に密着。 怒涛の撮影の様子や貴重なオフの表情、キャスト&スタッフのインタビューなどで紡ぐドキュメント。
・完成披露舞台挨拶 (出演:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、野間口徹、月川翔監督)
・公開直前イベント 学生限定試写会 (出演:平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、板垣瑞生、笠松将)
・初日舞台挨拶 (出演:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、板垣瑞生、月川翔監督)

【本編ディスク】
・劇場予告編集 (特報、予告、予告「世界を変える」篇、予告「対大人」篇、コメント入り予告第1弾、コメント入り予告第2弾) ❐TVCM

【封入特典】
・特製ブックレット

発売元:小学館
販売元:東宝
© 2018 映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 © 柳本光晴/小学館

***********************************

   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

平手友梨奈が映画「響-HIBIKI-」ビジュアルコメンタリーに初挑戦!コメント映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 大人気アイドルグループ・欅坂46で圧倒的な存在感を放つ平手友梨奈が、初出演にして初主演を務めた映画「響-HIBIKI-」のBlu-ray&DVDが、2019年3月6日(水)に発売決定しました!

原作は、2017年のマンガ大賞で大賞を受賞した、柳本光晴による大人気コミック。

類稀な才能を持つ”天才”女子高生小説家・鮎喰響が、世間や慣習に囚われた建前をかざす大人たちの常識をぶち壊し、さらに人々を変えていく痛快ドラマが描かれる。可愛らしさと危うさが同居する難しいキャラクターを演じて

平手さん:映画に出るのは絶対に無理だと思ったけど、原作を読んで、(主人公の)響の生き様を届けたいと思い、出演を決めました。(Blu-ray&DVD豪華版は)ディスクが3枚入っていて、盛りだくさんだと思うので、『響–HIBIKI-』にちょっとでも興味をもった方は、見ていただけたら、より面白いんじゃないかなと思います。
とコメントを寄せた。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌はいまだCD化も配信もされていない幻の話題曲!
平手友梨奈によるソロ曲「角を曲がる」!
さらに、平手友梨奈自身がソロで歌う主題歌「角を曲がる」にも注目。
この楽曲は、映画公開前には一切情報が出されず、公開と同時に映画を見たファンから驚きの声が上がり、瞬く間にSNSなどで拡散し話題となった。いまだCD化も配信もされていない、映画『響-HIBIKI-』のためだけに平手が歌ったこの楽曲も、作品に深みを与える一翼を担っていると言えるだろう。

豪華版には、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督によるビジュアルコメンタリー、キャスト陣の秘蔵映像が収録された特典ディスクを2枚封入!さらにオフショット満載の特製ブックレットなど、ファン必見・必聴の豪華特典付き!発売されるBlu-ray&DVD豪華版は、前述のとおり本編に加え2枚の特典ディスクも封入される。その中でも、平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督によるビジュアルコメンタリーはまさに必見。ビジュアルコメンタリーに初挑戦、かつ映画公開後に集まったのはこの収録時が初めてということもあり、これまで明かしてこなかった秘話も披露している。また、平手が響というキャラクターに真正面から向かい合い、作り上げられた本作の制作に密着し、さらには平手だけでなく北川景子や小栗旬ら豪華キャスト陣の素顔が垣間見えるメイキングドキュメント、完成披露舞台挨拶や初日舞台挨拶をはじめとするイベント映像など、ここでしか見ることのできない貴重な映像が満載!
映画情報どっとこむ ralph さらに、平手と月川監督が映画公開から3ヶ月が経過したタイミングで行った、そこでこそ披露されたエピソードも含む新録対談などを収録したブックレットも封入されるなど、ファン必携の豪華特典となっている。

平手友梨奈、アヤカ・ウィルソンによるコメント映像:


映画情報どっとこむ ralph 響-HIBIKI-Blu-ray豪華版SBR29059D¥7,800+税
本編ディスク(Blu-ray)カラー/本編106分+特典/2層(BD50G)/16:9スコープサイズ音声:①日本語5.1chDTS-HDMasterAudio②日本語2.0chDTS-HDMasterAudio③バリアフリー日本語音声ガイド2.0chDTS-HDMasterAudio字幕:①バリアフリー日本語字幕
特典ディスク①、②(DVD)カラー/分数未定/2層/16:9LB音声:①日本語2.0chドルビーデジタル

響-HIBIKI-DVD豪華版SDV29060D¥6,800+税
本編ディスク(DVD)カラー/本編106分+特典/片面2層/16:9LBスコープサイズ音声:①日本語5.1chドルビーデジタル②日本語2.0chドルビーデジタル③バリアフリー日本語音声ガイド2.0chドルビーデジタル字幕:①バリアフリー日本語字幕特典ディスク①、②(DVD)※Blu-ray豪華版と共通

<Blu-ray&DVD豪華版共通特典>
【特典ディスク①】❐本編ビジュアルコメンタリー平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、月川翔監督が、「響-HIBIKI-」を観ながらしゃべりたおすビジュアルコメンタリー!【特典ディスク②】❐メイキングドキュメンタリー平手友梨奈映画初出演にして初主演作「響-HIBIKI-」の撮影現場に密着。怒涛の撮影の様子や貴重なオフの表情、キャスト&スタッフのインタビューなどで紡ぐドキュメント。❐完成披露舞台挨拶(出演:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、野間口徹、月川翔監督)❐公開直前イベント学生限定試写会(出演:平手友梨奈、アヤカ・ウィルソン、板垣瑞生、笠松将)❐初日舞台挨拶(出演:平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、高嶋政伸、北村有起哉、板垣瑞生、月川翔監督)
【本編ディスク】❐劇場予告編集(特報、予告、予告「世界を変える」篇、予告「対大人」篇、コメント入り予告第1弾、コメント入り予告第2弾)❐TVCM
【封入特典】❐特製ブックレット

【ストーリー】
文芸誌「木蓮」の新人賞宛に届けられた、一作の小説「お伽の庭」。偶然その原稿を手に取った編集者・花井ふみは、その才能に驚愕する。小説を書いたのは、女子高生の鮎喰響。ふみは、すぐさま響にコンタクトを試みる。しかし、響のその型破りな言動は周囲の人間に波紋を呼び始める。響は、自分の信じる生き方を絶対曲げず、世間の常識と慣習に囚われた建前をかざす人々の誤魔化しを許すことができない、そんな人間だった。そんな中でも、彼女は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、さまざまな人間が計り知れない影響を与え、彼らの価値観すら変え始める。ある日、響の「お伽の庭」が、日本を代表する文学賞である芥川賞・直木賞にダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展。一躍時の人となった響。果たして、賞の行方は?そして、彼女の行く末は―!?

***********************************


【キャスト】
平手友梨奈、北川景子、アヤカ・ウィルソン、小栗旬、柳楽優弥、高嶋政伸、野間口徹、板垣瑞生、吉田栄作
【スタッフ】
原作:柳本光晴「響~小説家になる方法~」(小学館「ビッグコミックスぺリオール」連載中)
監督:月川翔
脚本:西田征史
音楽:伊藤ゴロー
主題歌:平手友梨奈「角を曲がる」
©2018「響-HIBIKI-」製作委員会©柳本光晴/小学館発売元:小学館販売元:東宝




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

欅坂46 平手友梨奈 主演映画『響 -HIBIKI-』主人公・鮎喰響のLINE@アカウント開設


映画情報どっとこむ ralph 映画『響 -HIBIKI-』の公開を記念し、主人公“あくい鮎喰ひびき響”のLINE@アカウントが8月23日(木)から9月末までの期間限定で開設されました!

そして、本作の公開を記念し、圧倒的な文才を持ち、自分を曲げない15歳の女子高生“鮎喰響”のLINE@アカウントが開設されました。世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができず、自分の信念に反する相手には手をあげることもある“響”。

余計な画像・スタンプなど一切なし!?愛嬌もなし!?ユーザーに媚びることのない彼女らしいアカウントに話しかけ、コミュニケーションを是非お楽しみください。


鮎喰 響 LINE@アカウント

アカウント名:
鮎喰 響

ユーザーID:
@akui-hibiki


映画情報どっとこむ ralph 原作「響~小説家になる方法~」は、2014年よりビッグコミックスペリオール(小学館)にて連載され、既に累計部数・170万部を突破し、「マンガ大賞2017」の大賞も受賞した人気作です。その実写化となる本作では、欅坂46の不動のセンターとして活躍し、今作が映画初出演・初主演となる平手友梨奈が主人公である15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を演じます。響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役には北川景子、響が入部した文芸部の部長・そぶえ祖父江り凛か夏を演じるのはアヤカ・ウィルソン。

そのほか、高嶋政伸、柳楽優弥、北村有起哉、野間口徹、吉田栄作、小栗旬といった実力派俳優陣が脇を固め、監督は『君の膵臓をたべたい』の月川翔が務めます。ヒロインの圧倒的な才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯する、予測不可能な「衝撃作」が誕生しました。

映画『響 -HIBIKI-
9月14日(金)全国東宝系にて公開!

公式サイト:
http://hibiki-the-movie.jp/

Story
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。
15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。
文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。
しかし、響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。

一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

***********************************

原作:柳本光晴「響~小説家になる方法~」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載中)

監督:月川翔
脚本:西田征史

キャスト:平手友梨奈 アヤカ・ウィルソン 
高嶋政伸 柳楽優弥 北村有起哉
野間口徹 小松和重 黒田大輔 板垣瑞生 吉田栄作・小栗旬/北川景子

配給:東宝
Ⓒ2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 Ⓒ柳本光晴/小学館




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

応募期間は1か月!平手友梨奈 主演映画『響 -HIBIKI-』と「54字の物語」とのコラボ!


映画情報どっとこむ ralph この度、平手友梨奈さん主演映画『響 –HIBIKI-』と「54字の物語」とのコラボ企画。

「響文学賞」の開催が決定!
「54字の物語」は2018年2月に出版。Twitterで「あたりまえポエム」のブームを巻き起こした企画作家・響文学賞先生、9マス×6行の原稿用紙54字という非常に短い制限文字数内につづられた世界一短い(かもしれない)短編小説を書籍化したもの。


その出版を記念した「54字の文学賞」キャンペーンは、54字という短い文章とSNS映えする原稿用紙の画像での投稿がTwitterやInstagramなどを使用する若者に刺さり、SNS上で一躍大きな反響を呼びました。
そして!映画『響 –HIBIKI-』は天才女子高生作家が主人公。
作品性も表現しつつ、気軽に若い人に文字に触れてほしい!という思いから、氏田先生へコラボのオファーをしたところ、元々原作漫画の大ファンだったという氏田先生は快諾。

芥川賞・直木賞にダブルノミネートされる鮎喰響と「インスタ小説」の天才・氏田先生との本作ならではの夢のコラボレーションが実現しました!氏田先生は本コラボレーションについて『「決して自分に嘘をつかないこと」これは、大好きな漫画の主人公・鮎喰響さんから学んだことです。ここでも自分に嘘をつかずにコメントします。「コラボできてめちゃくちゃ嬉しい!!」』とコメント。

氏田先生は作品の選定に携わります。

映画情報どっとこむ ralph 今回の響文学賞では、≪響≫というお題のもとに作品を募集。

文字数は「54字の物語」同じく54字ぴったりが条件です。
NEW


募集サイトの作文ジェネレーターで「54字の物語」と同様に原稿用紙の画像で画像作成が可能となっており、用紙の色は通常の色に加えて緑・紫・蒼・桃色と5色が選択可能。自分の気持ちや作風に合わせて作品画像を作成できる仕様となっています。ハッシュタグ#響文学賞とともに作品画像を投稿していただいた方の中から受賞作を選定し、受賞者にはキャストサイン入りプレスシートや、原作者・柳本光晴氏サイン入り原作本セットなどの賞品をプレゼント!

応募受付期間は8月1日(水)~8月31日(金)までの1か月間です。

映画情報どっとこむ ralph 「響文学賞」キャンペーン概要

名称:映画『響 -HIBIKI-』×54字の物語 ≪響文学賞≫

募集期間:8月1日(水)~8月31日(金)

キャンペーンサイトURL:http://info.toho.co.jp/hibiki_movie_cp/

賞品:
最優秀賞(1名様) キャストサイン入りプレスシート+映画『響 –HIBIKI-』オリジナルグッズ
「響」賞(1名様) 原作者サイン入り原作本セット
「響 –HIBIKI-」製作委員会賞
・ビデオパス賞(10名様) chromecast
・ひかりTV賞(3名様) ひかりカエサルぬいぐるみ+フリクションペン
・Yahoo!JAPAN賞(5名様)Yahoo!JAPANオリジナル文具セット
・LINE賞(2名様) LINE Clova「Clova Friends mini」
・ニッポン放送賞(1名様)ラジオ局が作る本気のラジオ「Hint」

映画情報どっとこむ ralph
『響 ‐HIBIKI‐』

9月14日(金)全国東宝系にて公開!


高校生天才小説家・鮎喰(あくい)響(ひびき)、欅坂46の平手友梨奈。
響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役には北川景子。
響が入部した文芸部の部長・祖父江(そぶえ)凛夏(りか)を演じるのはアヤカ・ウィルソン。脇を固めるのは、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、板垣瑞生、小栗旬といった豪華実力派俳優陣。そして監督には「君の膵臓をたべたい」の月川翔、脚本には西田征史を迎え、文学を舞台に響を中心とした人間ドラマを描きます。
***********************************

配給:東宝(株)
撮影期間:2018年4月下旬~6月1日(都内近郊)

Ⓒ2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 Ⓒ柳本光晴/小学館
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

驚愕のシンクロ!平手友梨奈が原作紙完全再現!「響 ‐HIBIKI-」


映画情報どっとこむ ralph 「響 -HIBIKI-」。主人公である15歳の天才女子高生小説家を演じるのは、欅坂46のセンター、今作が映画初出演・初主演となる平手友梨奈。響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役には北川景子。

響が入部した文芸部の部長・を演じるのはアヤカ・ウィルソン。脇を固める実力派俳優陣と、監督には月川翔、脚本は西田征史と発表されると大きな話題となりました。

そしてこの度、原作表紙【完全】再現ビジュアルが解禁となりました!第1集~第5集までの原作表紙を主人公・鮎喰響役を演じる平手友梨奈が完全再現!

本企画の発端は平手自身の発案。原作の世界観に共感した平手が、響自身と完全にシンクロするビジュアル再現を熱望し、企画がスタートしました。「完全に再現すること」にこだわったこの企画。第1集の表紙の再現は、様々なアニメやマンガの世界をリアル化する世界的なグラフィックプロジェクト「ANIMAREAL(アニマリアル)」が担当。響の世界観あふれる背景を忠実に、かつリアルに再現しました。
第4集の独特で艶やかな着物の模様の再現は、映画のVFXを手掛けるピクチャーエレメントが担当。



平手の発案の元に多くのクリエイターが集い、撮影も顔の角度や手の位置など細部にまでこだわった結果、まさしく鮎喰響が実在したかのような、映画と原作をつなぐ奇跡のビジュアルが完成しました。

映画情報どっとこむ ralph 平手さんと柳本先生からのコメントが届いています。

平手友梨奈さんからのコメント
意外と細かいところまで再現するのが難しかったです。
見る人によっていろんな意見が分かれると思いますが、見ていただけたらうれしいです。


原作者・柳本光晴先生からのコメント
このビジュアルを見て真っ先に思ったのは、平手さんが本当にしっくりくる、ピッタリきてるということです。とにかく、パッと見て感動するくらい嬉しかったですし、一つ一つにもこだわりを感じました。嬉しいです。本当にありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph ヒロインの圧倒的な才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯する。

予測不可能。前代未聞。観た後にあなたの価値観を変える新たな「衝撃作」が誕生します!そして、今作の劇場前売券が7月27日(金)より発売決定!!

こちらは響1ショットのデザインとなっています。前売券発売劇場は下記URLをご確認ください。 http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/hibiki_movie.html

「響 -HIBIKI-」

9月14日(金)全国東宝系にて公開!


Story
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。

15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、
文学の世界に革命を起こす力を持っていた。
文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。

しかし、響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。

一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

Cast
●鮎喰 響(あくい・ひびき)・・・平手 友梨奈
圧倒的な文才を持った現役女子高生。絶対に“曲げない”性格で、自分の信念と反する相手には手を出すことも。
●花井 ふみ(はない・ふみ)・・・北川 景子
響が作品を送った出版社の文芸編集部に勤務する、入社3年目の若手女性編集者。
●祖父江 凛夏(そぶえ・りか)・・・アヤカ・ウィルソン
日本を代表する小説家の父を持ち、自身も小説家を志す文芸部の部長。        
●神田 正則(かんだ・まさのり)・・・高嶋 政伸
「木蓮」編集長。ふみの上司。利益になることを最優先に考え動く男。
●田中 康平(たなか・こうへい)・・・柳楽 優弥
響と同じタイミングで木蓮新人賞を受賞した青年。響に挑発的な態度をとる。
●矢野 浩明(やの・ひろあき)・・・野間口 徹
週刊誌記者。木蓮新人賞授賞式をきっかけに、響を執拗に追及する。
●椿 涼太郎(つばき・りょうたろう)・・・板垣 瑞生
響の幼なじみ。
●山本 春平(やまもと・しゅんぺい)・・・小栗 旬
芥川賞受賞を狙う青年作家。
●鬼島 仁(きじま・ひとし)・・・北村 有起哉
過去に芥川賞を受賞し、現在はメディア露出も多い作家。
●祖父江 秋人(そぶえ・あきひと)・・・吉田 栄作
凛夏の父であり、ヒット作を次々に生み出す世界的人気作家。


***********************************

配給:東宝(株)
撮影期間:2018年4月下旬~6月1日(都内近郊)
Ⓒ2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 Ⓒ柳本光晴/小学館




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

「私は、曲げない」平手友梨奈が常識をぶち壊していく『響-HIBIKI- 』待望の予告映像初解禁!


9 月 14 日公開 「私は、曲げない」自分の信念を絶対に曲げず、大人たちや世間の曲がったルール、常識をぶち壊していく“ 天才だけどヤバい ” 響を、平手友梨奈さんが熱演!『響-HIBIKI- 』待望の予告映像初解禁!

そして!追加キャストの吉田栄作さん、北村有起哉さんの出演も発表となりました。



平手が演じる主人公・鮎喰響は、低迷する文学界に革命を起こす力を持つ紛れもない<天才>。一見可憐なその少女は“普通じゃなかった”・・・。不良の指を平気で折り、文芸部の先輩に平手打ちをお見舞いし、芥川賞作家に蹴りを入れる。「私は、曲げない」というメインコピーさながらに、自分の信念を絶対に曲げず、大人たちや世間の曲がったルール、常識をぶち壊していく“天才だけどヤバい”響を、平手さんが熱演しています。

またメインビジュアルは、本に囲まれ鋭い視線を送る響と、北川さんや小栗さんをはじめとする俳優陣とのストーリーを予感させるビジュアルに!!!
さらに今回、吉田栄作さん、北村有起哉さんの出演も発表となりました。

吉田さんは、凛夏の父で世界的に絶大な人気を誇る大物小説家・役。絶対的なオーラを醸しながら、自らと同じ道を歩もうとする娘を優しく見守る父親を演じています。北村さんは、響が応募した新人賞の選考委員も務める芥川賞作家・を演じ、響に蹴りを食らわされながらも、彼女の才能を認めていく役どころです。ヒロインの圧倒的な才能を軸に、周囲の人々の心の葛藤を描いた人間ドラマが交錯します。

予測不可能。前代未聞。
観た後にあなたの価値観を変える新たな「衝撃作」が誕生します!

『響-HIBIKI- 』
9月14日(金)全国東宝系にて公開!

そして、今作の劇場前売券が7月27日(金)より発売決定!!こちらは響1ショットのデザインとなっています。前売券発売劇場は下記URLをご確認ください。

http://theater.toho.co.jp/toho_theaterlist/hibiki_movie.html

既に累計部数・160万部を突破。更には「マンガ大賞2017」の大賞を受賞。その実写化となる本作で、主人公である15歳の天才女子高生小説家・を演じるのは、欅坂46の不動のセンターとして活躍し、今作が映画初出演・初主演となる平手友梨奈さん。響の才能を見出す若手女性編集者・花井ふみ役には北川景子さん。響が入部した文芸部の部長・を演じるのはアヤカ・ウィルソンさん。脇を固める実力派俳優陣と、監督には月川翔さん、脚本は西田征史さんと発表されると大きな話題となりました。脇を固めるのは、高嶋政伸さん、柳楽優弥さん、野間口徹さん、板垣瑞生さん、小栗旬さんといった豪華実力派俳優陣。響を中心に描かれる人間ドラマを彩ります。

キャスト
●鮎喰 響(あくい・ひびき)・・・平手 友梨奈
圧倒的な文才を持った現役女子高生。絶対に“曲げない”性格で、自分の信念と反する相手には手を出すことも。
●花井 ふみ(はない・ふみ)・・・北川 景子
響が作品を送った出版社の文芸編集部に勤務する、入社3年目の若手女性編集者。
●祖父江 凛夏(そぶえ・りか)・・・アヤカ・ウィルソン
日本を代表する小説家の父を持ち、自身も小説家を志す文芸部の部長。        
●神田 正則(かんだ・まさのり)・・・高嶋 政伸
「木蓮」編集長。ふみの上司。利益になることを最優先に考え動く男。
●田中 康平(たなか・こうへい)・・・柳楽 優弥
響と同じタイミングで木蓮新人賞を受賞した青年。響に挑発的な態度をとる。
●矢野 浩明(やの・ひろあき)・・・野間口 徹
週刊誌記者。木蓮新人賞授賞式をきっかけに、響を執拗に追及する。
●椿 涼太郎(つばき・りょうたろう)・・・板垣 瑞生
響の幼なじみ。
●山本 春平(やまもと・しゅんぺい)・・・小栗 旬
芥川賞受賞を狙う青年作家。
●鬼島 仁(きじま・ひとし)・・・北村 有起哉
過去に芥川賞を受賞し、現在はメディア露出も多い作家。
●祖父江 秋人(そぶえ・あきひと)・・・吉田 栄作
凛夏の父であり、ヒット作を次々に生み出す世界的人気作家。

物語・・・
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。

15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、
文学の世界に革命を起こす力を持っていた。
文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。

しかし、響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。

一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

***********************************

配給:東宝(株)
©2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 ©柳本光晴/小学館




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ