「音尾琢真」タグアーカイブ

主演・成田凌率いる豪華キャスト集結‼『カツベン!』レッドカーペット@東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 今からおよそ100年前、日本では映画が「活動写真」と言われ、音がまだなかった時代。独自の“しゃべり”で観客を映画に引き込む「活動弁士」、通称“カツベン”が映画界のスーパースターとして活躍。「Shall we ダンス?」や「それでもボクはやってない」など数々の名作を世に送り出してきた周防正行監督の今回のテーマはこの“しゃべりのスペシャリスト”!一癖も二癖もある個性的なキャラクターたちと共に、“映画のはじまり”を描く物語は空前絶後の大騒ぎ!令和の時代に贈る極上のエンタテインメントの幕が開く!!

そして、この度、本作が第32回東京国際映画祭GALAスクリーニング作品に選出され、映画祭会期中となる10月31日(木)にレッドカーペットセレモニーの開催が決定いたしました!
映画『カツベン!』レッドカーペットセレモニー東京国際映画祭 映画初主演となる成田凌、ヒロインの黒島結菜はもちろん、永瀬正敏、高良健吾、音尾琢真、渡辺えり、小日向文世、竹野内豊、周防正行監督といった日本映画界を代表する面々が六本木ヒルズアリーナへ集結。高さ2.5m、横10mの巨大LEDビジョンでのド派手な演出にあわせて登場した後は映画祭の中でのセレモニーにふさわしく、“映画のはじまり”を描いた本作への熱き想いを語り尽くしました。

映画情報どっとこむ ralph 当日は、マスコミ150媒体、ファンは500名というレッドカーペットからも溢れるほどの大盛況。

成田凌をはじめ、キャスト・監督が舞台に登場すると詰めかけたファンから歓声が上がりました。

主演の成田さんは

成田さん:カツベン!という作品にかれこれ半年間かけてきましたし、こうして豪華なキャスト、監督、カツベン!に関わる全てのスタッフ皆様のおかげで宝物のような作品になりました。映画『カツベン!』12月13日公開なのでよろしくお願いいたします。
と感謝を述べてレッドカーペットセレモニーはスタート。

ヒロイン役を演じて

黒島さん:初めてお芝居をしたときの気持ちを思いだしましたし、本当にみんなで大事に作り上げた作品です、私にとっても大事な作品になりました。
と初々しさを披露。
本作のテーマになる活動弁士役を演じて

永瀬さん:極上の体験でした。毎日毎日が楽しかった。次は皆さんに楽しんでいただきたいです!

と周防組の撮影現場の楽しさを披露。同じく活動弁士役の高良さんは

高良さん:一生に一度出会えるか出会えないかの活動弁士という役をやらせていただけて、本当にうれしかったです。ただ、さっき紹介資料を見たらスター気取りの活動弁士って書いてあって、、あぁそうだったんだ!と。スターだと思って演じていました。

と冗談を交え会場を沸かせた。


泥棒役の音尾は

音尾さん:この映画は僕にとってご褒美です。昔から周防監督の撮る映画の大ファンだったので。まぁ周防監督の映画と言えば竹中直人さん、今日はいらっしゃっていないですが…もしかして皆さん、僕のこと竹中さんと思っていないですよね?

負けじと会場を沸かせた。
そして本日一番の笑いを起こしたのは渡辺さん。

渡辺さん:ほんとに楽しい撮影でしたし、周防監督は何本かやらせていただいていて…

と『舞妓はレディ』での苦労話も披露。

渡辺さん:ほぼカットされず写っててよかった!

と言いながら続けて話そうとすると

渡辺さん:しかも……え?あ、長い? あ、通訳?ここでもう一つなの?

と通訳さんをも困らせる展開に、一気に渡辺ワールド引き込まれ、会場は大爆笑。

渡辺さん:知ってる人がでているのにも関わらず、観たときに笑えてくる。役者の個性がいきいきと出ているし、悪役も楽しんでやっている。私もお客として沢山観たい映画だなっと思いました。あと、撮影中に私ずっといたんですけど、今日みたいな感じで女性が少ないんですね、そしたら衣装さんが…

とまた話続け、すると

成田さん:えりさん、そろそろお時間です!

と成田が突っ込み、

渡辺さん:うるさいね~!オチまで言えないじゃないの!!

と、まさに映画のワンシーンさながら息のあった掛け合いを披露。

渡辺さん:一言で落ち言いますから!衣装さんが私にね、今日は井上真央さんがいて、女優さんが現場にいると、華やかになっていいですね!…私はずっといたんだ!っということをね、はい、これが落ちです!

と終始会場の笑いをかっさらった。劇中で渡辺さんとライバル関係を演じる小日向さんは、

小日向さん:一世紀も前に活動写真に関わった人たちの情熱とか高揚感とかが映画から伝わってきて、できる限り、呼んでんでいただける限り、映画に関わっていきたいなとしみじみ感じました。

と、この作品のテーマが映画の始はじまりを描いたものであることに注目。アクション満載の刑事役を演じた竹野内さんは

竹ノ内さん:役者を続けてきて、いつか監督の作品に出るのが1つの目標でもあったので、特別な作品の1つになりました。

と周防監督への感謝を述べた。

そして、

周防監督:初めての時代劇。それも、日本映画の第一歩を描くということもあって、今までの作品とは違う緊張感がありました。でも、もしかしたら、今までで撮った映画の中で、今までで1番楽しい現場だったかもしれません。

と本作について振り返る。

周防監督:そして大事な発見もありました。映画が音を持っていない時代の映画館。実は音で溢れていて、まさにライブパフォーマンスが大量にあったんです。僕にとっても作品にとっても、もの凄く良い発見でした。是非皆さんには、映画が始まった無声映画時代、それを支えた活動弁士の存在を知って欲しいです!

と公開へ向けた意気込みを披露。そんな豪華キャストに囲まれて主演を務めた感想を聞かれ

成田さん:真ん中に立っているということがわからなかったので、今は本当に不思議でしょうがない。でもそういった方々が、楽しかった!と言ってくださっているのが本当にうれしいです。

と話した。
映画『カツベン!』レッドカーペットセレモニー東京国際映画祭 そしてレットカーペットを歩く前、最後の一言で「今からペン空けといてくださいね!」と色紙を持って集まったファンに投げかけると黄色い歓声がどっと沸き起った。


その後、登壇したキャスト・監督はレットカーペットへと降り、約1時間もの長い間、笑顔でサインや写真といったファンサービスやサウンドバイツを行った。


映画情報どっとこむ ralph <第 32 回東京国際映画祭 開催概要>
開催期間:2019 年 10 月 28 日(月)~11 月 5 日(火)
会場: 六本木ヒルズ、EX シアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか都内の各劇場及び施設・ホールを使用

公式サイト:http://www.tiff-jp.net


©TIFF


映画情報どっとこむ ralph 『カツベン!』

映画『カツベン!』ポスターs
【STORY】
一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れつく。隣町のライバル映画館に客も、人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、「人使いの荒い館主夫婦」、「傲慢で自信過剰な弁士」、「酔っぱらってばかりの弁士」、「気難しい職人気質な映写技師」と曲者揃い。雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現る大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手まで現れ!俊太郎の夢、恋、青春の行方は・・・!俊太郎の活弁が響き渡るとき、世紀のエンターテイナーの物語がはじまる。

***********************************


出演:成田凌 黒島結菜 永瀬正敏 高良健吾 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 井上真央 小日向文世 竹野内豊

監督:周防正行 脚本・監督補:片島章三 音楽:周防義和

撮影:藤澤順一 照明:長田達也 美術:磯田典宏 録音:郡 弘道 活動弁士監修:澤登 翠 活動弁士指導:片岡一郎 坂本頼光

©2019 「カツベン!」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

白石組参加に佐藤健「体の線を太くして体内を汚しました」『ひとよ』ジャパンプレミア


映画情報どっとこむ ralph いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開となります。

この度、9月25日(水)に本作のジャパンプレミア試写会を実施する運びとなりました。
主演の佐藤健さんほか、鈴木亮平さん、松岡茉優さん、音尾琢真さん、佐々木蔵之介さんら各世代を代表する実力派俳優と、本作を手がけた白石和彌監督が登壇。終始笑顔の舞台挨拶となりました。
佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、佐々木蔵之介、白石和彌監督『ひとよ』ジャパンプレミア[1]
『ひとよ』ジャパンプレミア試写会
日時:9月25日(水)
場所:TOHOシネマズ 六本⽊ヒルズ
登壇:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、佐々木蔵之介、白石和彌監督

映画情報どっとこむ ralph 会場の熱気が高まる中、MCの呼びかけで主演の佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さん、音尾琢真さん、佐々木蔵之介さん、白石和彌監督が登壇!
『ひとよ』ジャパンプレミア登場時[1] 華やかな衣装に身を包んだキャスト陣の登壇に、会場が割れんばかりの拍手と黄色い歓声に包まれる中、イベントはスタートした。

本作は、昨年国内賞レースを席巻した『孤狼の血』をはじめとした作品を手掛け、いま俳優たちが最も出演を熱望する白石監督の最新作。本作で「家族」というテーマを初めて真正面から描いた白石監督は、企画の相談を受けた当時のことについて聞かれると、

白石監督:これまでは『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』など、割と疑似家族を描いていたが、どこかで血のつながった家族の話を描なければ、作家としてステップアップできないと思っていました。そんな時に、制作会社のROBOTの長谷川プロデューサーに声をかけてもらいました。そこで脚本の髙橋泉さんも含め皆で話したら、それぞれ家族に抱えている思いや傷があったので、『ここでしっかり家族を描こう!』という話になりました。
白石和彌監督『ひとよ』ジャパンプレミア ときっかけを振り返った。

次男・雄二、長男・大樹役、長女・園子の三兄妹を演じた佐藤さん、鈴木さん、松岡さんは、いずれも白石組に初参加となった。
MCから「三兄妹の皆さんはどうですか?」と声をかけられると、

松岡さん:だんご(3兄弟)!?

と反応。佐藤さんや鈴木さんがすかさずツッコミを入れるという流石の“兄妹の絆”を見せると、会場は大きな笑いに包まれた。白石組への初参加について、監督作への出演を熱望していたという佐藤は、

佐藤さん:本作のお話が来る前から、もし白石組に参加したらこういう役作りをしていこう、と一人で想像していたくらいです。念願叶いました。
佐藤健『ひとよ』ジャパンプレミア と告白した。今回、白石監督も佐藤さんへ熱烈ラブコールを送っていたといい、監督のベタ褒めに佐藤さんが照れる場面も。また、

佐藤さん:具体な役をイメージしたわけではないですが、今より体の線を太くして体内を汚そうと考えていました。

と語ると、

松岡さん:汚いですよ~、今回の佐藤さん(笑)。

と、これまで演じてきた主人公然としたキャラクターとは一味違う、今回の佐藤さんの演技を会場にアピールし、兄妹の掛け合いで再び会場を沸かせていた。

続いて、吃音でコミュニケーションに苦手意識を持つという難役に挑戦した鈴木さんは、

鈴木さん:『日本で一番悪い奴ら』や『凶悪』を観たときに、それがずっと残っていて、事務所の方にも『いつか白石組に参加してみたい』伝えていました。普段は活発な役だが、本作の大樹みたいに内向的な役をやらせてみようと思ってくれたのが嬉しいです。
鈴木亮平『ひとよ』ジャパンプレミア と、改めて感謝の気持ちを語っていた。そこに再び松岡さんがすかさず、

松岡さん:今まで観たことないくらい一番頼りない鈴木亮平です!『西郷どん』はどこいった!?(笑)
松岡茉優『ひとよ』ジャパンプレミア と乗っかり、観客は大爆笑。

そんな松岡さんの今回の役柄について、本人から聞かれた佐藤さんは、間を置かず

佐藤さん:今まで通りの松岡茉優!

と返し、息のあった三兄妹の掛け合いを見せていた。一方、

白石監督:試写で本作を観た方から、『松岡茉優はすさまじい』って言われます。

とフォローすると、松岡さんは照れ笑いを浮かべていた。続けて、佐藤さんと鈴木さんのこれまでの役柄とのギャップのある配役について、松岡さんが逆質問。

白石監督:これまでの作品を観ていて、お二人とも素晴らしい役者さんですし、単純に一緒に仕事をしてみたいと思いました。

と語ると、

松岡さん:そんな三兄妹の新しい形を観られるというのも、本作のポイントです!

とアピールした。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、三兄妹の母・こはるを演じた田中裕子さんとの共演について聞かれると、

佐藤さん:芝居の中で目が合ったときに、理屈じゃなく鳥肌が立ちました。田中さんが皆さんから大女優と言われる理由を、言葉じゃなく体で感じられたのが本当に貴重な経験でした。

と、語った。田中さんと以前から共演したかったという鈴木さんは

鈴木さん:錚々たる先輩方からも、『いつか田中さんとやるといいよ』と言われていました。今回は特殊な親子なので、撮影の合間なども、常に僕らと打ち解けるわけではなく、ちょっとしたぎこちなさを感じられる距離感を保ってくれたのが非常に助かりました。すごい役者さんというのは、自分だけじゃなくて一緒に居る状態から演技をしやすい状態を作ってくれるんだなと思いました。

と、田中さんの役者魂に感激した様子。松岡さんは、15年ぶりに帰ってきたこはると園子が一緒に布団に入るシーンを振り返り、

松岡さん:田中さんがものすごくぎゅっと抱きしめてくださいました。思い切って深呼吸してみたら、私のお母さんとは違うんですが、『お母さんとの匂いだ』となぜかすごく実感しました。それってお芝居じゃない気もして、お芝居とそうじゃない部分の境界線が分からないくらいの気持ちになりました。田中さんとのシーンは、そういう気持ちになることが多かった気がします。

と、語った。


また、白石監督作と言えば欠かせないキャストが音尾さん。
なんと本作で通算9作目の白石監督作への出演について

音尾さん:9作目ですよ。先ほど改めて言われてよろけましたけども…。
音尾琢真『ひとよ』ジャパンプレミア とタジタジ。

佐藤さん:次1回でも声をかけられなかったら、と怖くならないですか?

と質問すると、

音尾さん:そう!もうここまでいくと、その時の最新作が次回作オーディションみたいな気持ちになるんですよ。いつかバッサリ僕が切られてしまうんではないか…。。

と心配そうにコメント。そこに

松岡さん:旅立ち、ですね。だからそうならないように、毎年お歳暮を贈られているんですか?

と乗っかり、妄想は次第にヒートアップ!会場は笑いに包まれるも、仕切り直して、改めて本作の現場の様子について聞かれ

音尾さん:変わらない部分もありつつ、今回も進化した演出法をしていると感じました。僕自身の役柄でいうと、たいてい白石監督作だと、殴ったり蹴ったりの役が多かったが、今回はNO暴力でいいやつでした(笑)

と振り返った。また、稲丸タクシーの新人ドライバー・堂下役を演じ、佐藤さんらと同じく白石組へ初参加となった佐々木さんは、

佐々木さん:50歳の新人タクシードライバーでギャンブル・酒もやらない良い人…。もう絶対闇しかないじゃないですか(笑)

と、笑いを交えつつコメント。また、

佐々木さん:衣装合わせのとあるタイミングで、『これこそ白石組だな!』っていうシーンがあった。ネタバレになるので言えないですけど。
佐々木蔵之介『ひとよ』ジャパンプレミア 意味深な表情を見せ、これから作品を観る観客の期待感を高めていた。そんな今回の撮影は監督も非常に楽しんだようで、

佐々木さん:夢のような時間でした。これからの監督としてのキャリアでも、豊かな時間だったと思います。これだけのキャストにやっていただけたら、ある意味演出する側の監督としてはとても楽ですよね。

と、満足げに語っていた。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作がある「一夜」(ひとよ)の事件に翻弄され、人生が変わってしまった稲村家の面々を描くことにちなみ、最後の質問として、それぞれの思い出深い「特別な一夜」を語るコーナーへ。

音尾さんが同じ高校の後輩だという白石監督は、

白石監督:お互い監督と俳優になったある日、どうしても会いたいと連絡が来まして。飲んで語り合った夜は忘れられないですね。ですから、旅立ちとかないですよ、音尾くん!

と、先ほどの話にかけて語り、二人の固い絆を見せていた。そんな音尾さんは、撮影の時に白石監督と飲みに行った夜について、

音尾さん:監督は映画好きだから映画の話をすごいするんですが、『今年は富士山に登りたい』と言っていました。僕がスケジュールを空けるしかないと思って、登山靴などを全部準備して、日にちも決めて…でも登る前日に白石監督が風邪を引いて延期になりました(笑)

とエピソードを披露。白石監督とリベンジを誓い合っていた。

佐々木さん:家業を継ぐのを諦めて、この仕事をやると決めた日が特別な一夜です。親が思ったように子供は育たないんだなと、正にこの映画のことですね。

と感慨深げ。一方、

松岡さん:佐々木さんは、子役からやってる私には田中さんと同じく神様みたいな存在。劇中で泥酔した園子がタクシーで堂下に送ってもらうシーンがあるんですが、まさか佐々木さんの頭を引っ張ったり叩いたりする日が来るとは…。緊張するやら興奮するやら、忘れられない一夜でした。

と語っていた。

鈴木さん:佐々木さんと同じく、この俳優の仕事をやろうと決めた夜です。上京して大学で演劇サークルに入って、初舞台初日の本番が終わった時、お客さんの見送りに出たとき、最初に出たお客さんが泣いていて…『俺、これを一生やって行こう』と思いました。その時の役は坂本龍馬役でした。

と振り返ると、

音尾さん:西郷さんに飽き足らず坂本龍馬もですか!?(笑)

とつっこみ、会場は笑いの渦に包まれていた。

佐藤さん:本作の現場で忘れられない夜がありました。蔵之介さんに全力飛び蹴りをした夜です。台本にもあるシーンですが、あれは忘れられない。佐々木さんに事前に謝って、全力でいかせてもらいました。

と感慨深げに語り、会場からは驚きと期待の声が上がった。これから作品を観る観客に向けて白石監督は感謝の言葉を交えつつ、

白石監督:家族の形って色々あると思いますが、本作を作って、僕自身の家族についても色々考えました。本作を観て、ぜひそれぞれのご家族の方に想いを馳せて頂ければいいなと思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

佐藤さん:僕も本作の撮影をしていて、『そういえばしばらく家族と連絡とってなかったな』と考えました。家族はそれぞれ皆さんの唯一無二の存在ですので、ぜひご家族に想いを馳せる時間にしてもらえればと思います。

と締めくくり、大歓声の中イベントは幕を閉じた。

佐藤健×白石和彌『ひとよ』
『ひとよ』
www.hitoyo-movie.jp

あらすじ
あまりに切ない“母なる事件”から15年。希望を夢見た者たちのゆく末は━
どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った—。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉 
原作:桑原裕子「ひとよ」 
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子
製作幹事・配給:日活 
企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

香取慎吾 × 音尾琢真 x 白石和彌監督:全国78館にて、『凪待ち』生中継舞台挨拶付き上映が決定!


映画情報どっとこむ ralph 香取慎吾主演・『孤狼の血』『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌監督による映画『凪待ち』が全国85館にて封切られ、好スタートを切りました。

“Yahoo!映画”で4.46の評価!
ぴあ”観たい”映画ランキング1位!

との初週好スタートを記念し、主演・香取慎吾、共演の音尾琢真、そして、白石和彌監督による、全国78館の生中継舞台挨拶付き上映が7月6日(土)17:00~(本編上映前イベント)で決定!
香取慎吾『凪待ち』 公開前キャンペーンとして、塩釜・名古屋・大阪・福岡・札幌で完成披露イベントを実施、また、初日3日間では、ロケ地石巻から始まり、六本木・横浜・川崎・府中・錦糸町・西新井・流山を巡る舞台挨拶を行い、その他エリアの全国の「凪待ち」ファンが舞台挨拶の様子を見たいと熱く希望したことから実施に至る事になったそうです!

中継映像でしか見る事のできないアングルでゲスト登壇の様子を演出予定。舞台挨拶をできる香取による自撮り棒での、観客と一緒の写真撮影はお馴染みに。

「より沢山の人に観て欲しい!」と、キャスト・監督が初日舞台挨拶でも語ったように、公開後になっても“凪待ち”PRキャンペーンは続きます。

キャンペーンと初日舞台挨拶で香取が撮った自撮り棒での観客の方々と一緒の写真をまとめました。
香取慎吾『凪待ち』 香取慎吾『凪待ち』 香取慎吾『凪待ち』
映画情報どっとこむ ralph 7月6日(土)17:00~実施 全国78館 「凪待ち」生中継舞台挨拶付き上映館一覧
小さくてごめんなさい!
香取慎吾『凪待ち』
映画情報どっとこむ ralph 香取慎吾『凪待ち』

白石和彌って天才です!
新たな香取慎吾を是非映画館で!

『凪待ち』

絶賛公開中


ストーリー
毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻で再出発しようとする。
少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。
ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。
そのあと、亜弓は何者かに殺害された。
恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。
次々と襲い掛かる絶望的な状況を変えるために、郁男はギャンブルに手をだしてしまう。


過去記事:

香取慎吾 開口「優しさが辛かった」『凪待ち』完成披露記者会見
http://eigajoho.com/150044
香取慎吾『凪待ち』完成披露記者会見

香取慎吾、白石和彌監督 映画『凪待ち』ロケ地・塩釜水産仲卸市場にて完成報告試写会実施!
http://eigajoho.com/156352
香取慎吾、白石和彌監督『凪待ち』ロケ地・塩釜水産仲卸市場にて完成報告試写会実施

香取慎吾 バラエティーモードONに!映画『凪待ち』初日舞台挨拶
http://eigajoho.com/158046
香取慎吾『凪待ち』初日舞台挨拶


***********************************

出演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

佐藤健 x 白石和彌監督 最新作『ひとよ』佐々木蔵之介、音尾琢真ら第2弾キャスト解禁


映画情報どっとこむ ralph 『凶悪』を世に送り出して以降、昨年公開『孤狼の血』など、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、いま俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとりである白石和彌監督最新作『ひとよ』が11月8日(金)全国公開します。

15年前、ある家族に起こった一夜の事件。
それは、母とその子どもたち三兄妹の運命を大きく狂わせた。一家はその晩の出来事に囚われたまま別々の人生を歩み、15年後に再会。葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける。抗うことのできなかった家族の岐路と向き合う一家が辿り着く先とは−−−−。
『ひとよ』 15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でうだつのあがらないフリーライターとして働く稲村家の次男・雄二を演じるのは、佐藤健。しがない町の電気屋に勤務し、三兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩み、幼少期より人とのコミュニケーションに苦手意識を持つ長男・大樹に鈴木亮平、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡茉優、そして、15年ぶりに三兄妹との再会を果たす母・こはるを田中裕子が演じる。

映画情報どっとこむ ralph この度、稲村家を取り巻く人物たちである、第2弾キャストを解禁!
ひとよ
別れた妻との間に17歳の息子を持ち、稲丸タクシーの生真面目そうな新人ドライバー・堂下道生(どうした・みちお)に、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」への出演が発表された佐々木蔵之介。堂下が抱える息子への想いが、稲村家の行く末にも大きく影響を与えることになる。

堂下道生(どうした・みちお)役 佐々木蔵之介 コメント

初参加の白石組は、撮影の流れ、段取り、雰囲気がとても良く、この空気は良い作品になると感じました。丁寧に作られた作品になっていることは間違いないです。親子、兄弟、家族…日本に限らず世界に共通する問題で、非常に普遍的な映画になる気がしています。映画をご覧いただく皆さんが、特別な家族に、どれだけの感情を乗せていただけるか、もし乗ってきていただけたとしたら高いハードルを越えてきてくださったことになるので、この映画はそういう面で挑戦した作品になっていると思います。同じ観客の立場としても、出来上がりの作品を楽しみにしています。


稲丸タクシーの2代目社長であり、稲村こはる(田中裕子)の甥にあたる、丸井進(まるい・すすむ)を演じるのは、高校の先輩でもある白石監督作品への参加が通算9作目となり、白石組には欠かせない存在となった音尾琢真。

丸井進(まるい・すすむ)役 音尾琢真 コメント

白石監督は温厚な方なので、相変わらず現場の雰囲気は良くて、落ち着くお家に帰ってきたような、故郷に帰ってきたような感覚になりました。作品の手ごたえは自分には分からないですが、ただ白石監督が撮っているのだから大丈夫だと思っています。この作品も世界に羽ばたき、日本だけでなく世界中の皆さんに楽しんでいただけるようなものになったらいいなと思っています。


亡人で一人娘を養う、稲丸タクシーの事務員・柴田弓(しばた・ゆみ)に、来月公開の『よこがお』で再び深田晃司監督とのタッグを組む筒井真理子。

柴田弓(しばた・ゆみ)役 筒井真理子 コメント

白石監督の作品を数多く拝見していて、作風から緊張感のある現場かなと思っていましたが、すごく柔らかくてみんな楽しげで、ちょっと意外でした。良い意味で緊張感を抜いていただける現場で、リラックスして監督の思う世界に入れたかと思います。出来上がりを楽しみにしています。


稲丸タクシーのドライバーで雄二(佐藤健)の同級生・歌川要一(うたがわ・よういち)に「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」「相棒」シリーズなどで幅広い演技力をみせる浅利陽介。

歌川要一(うたがわ・よういち)役 浅利陽介 コメント

白石組が初めてなので、自分が持っている引き出しや芝居のアプローチがうまく白石監督や他の役者さんのヒントになるといいなと思い、撮影に挑みました。クランクアップして、撮影が終わったという達成感と、もう少し撮影現場に居たかったという気持ちが入り混じっています。稲丸タクシーの現場は、ゆったりした時間が流れていたのでリラックスした状態で撮影ができました。台本を読んだ限り、ズシッと残るものがあり、最後に家族の愛っていいなと思ったので、皆さんにも伝われば嬉しいなと思います。それぞれの個性的なキャラクターが相まって、どんなクライマックスになるのか、期待しています。



同じく雄二の同級生で女性ドライバーの牛久真貴(うしく・まき)に鈴木清順監督に見出された『ピストルオペラ』でデビュー以来、存在感を放つ韓英恵。

牛久真貴(うしく・まき)役 韓英恵 コメント

モー(牛久真貴の愛称)はヤンキーながら、稲丸タクシーを支えていく気持ちがあり、頼り甲斐のあるキャラでありたいと思い演じました。白石監督とは助監督時代にご一緒したことはありますが、監督作品への参加は初めてでした。撮影当初は不安もありましたが、監督が役者の芝居にきちんと向き合ってくれて、のびのびと演じることができました。全力を出し切ったのでクランクアップして率直に寂しく、まだあの世界に浸っていたい気持ちが残っています。



別居中の大樹(鈴木亮平)の妻・稲村二三子(いなむら・ふみこ)には、『孤狼の血』に続き白石組への出演を果たし、多才ぶりを発揮するMEGUMI。

稲村二三子(いなむら・ふみこ)役 MEGUMI コメント

スタッフの方全員の想いが一つになった空気感が、本当に気持ちが良く、私もこの場にいれて幸せだなという思いとプロフェッショナルさを感じた現場でした。役柄と同じく私も子供がいるので、感情移入できた部分があり、心が震えるような場面が何度もありました。出演するほぼ全シーンが怒りに震えていて、激しくて、台本を最初に読んだ時よりも何百倍も肉体的に削られましたが、精神的には鈴木亮平さんに監督、そしてスタッフさんに今までの自分にないものを引き出していただき感謝しています。インターネットが流通し、実際に会話するよりもテキストや絵文字でのやりとりがメインになっている世の中とは真逆で、自分の辛さ、弱さ、喜びをぶつけ合っている、すごく人間らしい家族の話です。観た方もちょっと思ったことを言ってみようかなとか、家族に辛いことや喜びをシェアするような、共感のきっかけになったらいいなと思います。


そして、稲丸タクシーに乗りあわせるチンピラ・友國淳也(ともくに・じゅんや)に、バラエティ番組で大活躍中の大悟(千鳥)。

友國淳也(ともくに・じゅんや)役 大悟(千鳥) コメント

白石監督は、『孤狼の血』とかを観て、勝手にめちゃくちゃ怖い人かなと思っていたら、すごい物腰の柔らかい方でビックリしました。「クセ」は強くなかったですね。とても優しい、紳士な方でした。撮影は、緊張しました。フワッフワしたまま、こんなことになるんや、と思いました。

映画情報どっとこむ ralph 今回、佐々木蔵之介、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、大悟(千鳥)は、白石組に初参加。

実力派俳優、芸人、タレントとバラエティ富んだ演者たちが、それぞれの家族が抱える問題に真摯に向き合いながら、物語を紡いでいく。2019年最も豪華な俳優陣が集結し、〈家族の絆〉を問いかける感涙のヒューマンドラマ『ひとよ』は、11月8日(金)全国公開!

www.hitoyo-movie.jp

***********************************

監督:白石和彌
脚本:髙橋泉
原作:桑原裕子「ひとよ」

出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介・田中裕子

製作幹事・配給:日活 企画・制作プロダクション:ROBOT
(c)2019「ひとよ」製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

武蔵野館100周年記念企画映画『カツベン!』周防正行監督トークショー


映画情報どっとこむ ralph 周防正行監督最新作の主人公は“活動弁士”!!

今からおよそ100年前、「映画(活動写真)」がまだサイレントでモノクロだった頃。日本では楽士の奏でる音楽とともに独自の“しゃべり”で物語をつくりあげ、観客たちを映画の世界に誘い、そして、熱狂させる【活動弁士】、通称“活弁”(カツベン)が大活躍。映画『カツベン!』は12月に全国劇場公開となります!

この度、公開に先駆け、武蔵野館100周年記念企画の一環で行われ、貴重な周防監督のトークショーが行なわれました。実際に活動弁士が活躍した歴史をもつ伝統ある映画館で、監督がこの映画に込めた想いなどを現役活動弁士・澤登翠さんとともにたっぷりと語りました!


武蔵野館100周年記念企画 周防正行監督トークショー
日時:6月8日(土)
会場:武蔵野館
登壇:周防正行監督、活動弁士・澤登翠

映画情報どっとこむ ralph
まず初めにかつてこの武蔵野映画館に所属していた活動弁士・徳川夢声さんが説明する映画を本日見られた感想を求められ

周防監督:徳川夢声さんのカツベンを聞いたことがなかったのですが、観れてとても感慨深かったですね。

と活弁上映の内容と本作の共通点に目を輝かせ始まったトークセッション。

本日登壇した100周年を迎えた武蔵野館に対しての思い入れを澤登さんに聞かれると

周防監督:大学生くらいのころは新宿昭和館に来ていて、本当にここに来れるようになったのはちゃんとお金を稼げるようになってからでした。安いところでしか見れなかった当時は憧れの場所でした。

と話す監督。監督にとっても憧れの場所であり

周防監督:当時、武蔵野館で活躍していた山野一郎さん(活動弁士)のひ孫さんの椎名桂子さんには、カツベン!に出てくる無声映画の中に出演していただいているんです。

と武蔵野館と深い縁があると語りました。

映画情報どっとこむ ralph また周防監督最新作「カツベン!」を作ろうと思った動機を聞かれると

周防監督:無声映画はフィルムセンターで見ていて、弁士なし、音楽なしで見ていました。無声映画なんだからそれが当たり前だと思っていたんですが、客観的に当時のことを考えたとき、日本では無声映画を音無しで見るのはあり得なかったんですよね。活動弁士あり、音楽ありだったので、自分は間違った見方をしていたのだと気づき、改めてこういう映画の見方(活動弁士が説明をする無声映画の上映)をしていたのは日本だけだったというのが衝撃過ぎたんです。

と明かした。

また、上映する側が一方的に映画を見せるだけではなく、活動弁士の説明による観客からのリアクションもありきで上映が成り立っていたという双方向からの映画の楽しみに魅力を覚え、そのような盛り上がりを見せていた映画の原点を、現代の映画とは違いサイレント映画なのに映画館が一番盛り上がる時代の素晴らしさを伝えたいというのが本作を撮るきっかけと語る。

また、改めてなぜ今の時代に「カツベン!」を作ったのか聞かれると

周防監督:みんな日本映画がこのようにスタートしたのを知らないだろうからね。日本には語り芸の種類が沢山あって、だから活動弁士付きの映画はごく自然な形で盛り上がったんだと思います。だから一つの文化スタイルになったし、これを知って欲しかったんです。

と映画に解説を入れる文化は現代の日本人にも馴染みやすいはずと指摘。また

周防監督:劇中にも無声映画が登場するが、その活動弁士の語りも昔の難しい言葉ではなく、若者にも伝わる言葉を喋らすこと。また台本を自分で書いて、自分のしゃべりで客を呼ぶんだと個性を出していた当時の弁士さんたちの雰囲気をきちんと表現するために成田くん、高良さんにはそれぞれ現役活動弁士の方に指導していただき、その中でも二人に工夫してもらいました。無声映画は断片でしか出てきませんが、それでも面白さが伝わるようにしています。

と若い人たちにも見てもらいたいと熱く語った。

監督は最後に「カツベン!」って言葉を聞いて映画を説明していた活動弁士のことだ!と認知を皆さんに持って頂けるようになりたいと本作にかける意気込みを劇場の方へ投げかけ、また新宿シネマカリテにて活動弁士の澤登翠さんによる「第七天国」が活弁上映されるので見るべきだ!と最後まで活弁について熱心に話し、トークショーを締めました。

映画情報どっとこむ ralph 『カツベン!』

公式 HP:
www.katsuben.jp

主演には、「MEN’S NON-NO」専属モデルとしても活躍する若手最注目俳優の成田凌、そしてヒロインには若手実力派女優の黒島結菜といった若き新星が大抜擢。

さらに、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、といった実力派キャストと、竹中直人、渡辺えり、小日向文世ら周防作品おなじみのキャストが脇を固めます!

周防作品史上、「一番映画愛に満ち溢れた、笑えて、泣けて、ハラハラドキドキする!」最高傑作が遂に始動!

***********************************

©「2019 カツベン!」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

誰が彼女を殺したのか 香取慎吾 映画『凪待ち』ポスタービジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph このたび、6月28日(金)公開・キノフィルムズ配給映画『凪待ち』の、ポスタービジュアルが解禁!

本作は、『人類資金』『クソ野郎と美しき世界』の香取慎吾(かとりしんご)主演、『孤狼の血』『麻雀放浪記2020』などの白石和彌(しらいしかずや)監督の初タッグによる衝撃のヒューマンサスペンス。『雪に願うこと』『クライマーズ・ハイ』の加藤正人(かとうまさと)の脚本によって、2018年6月~7月、宮城県石巻市を中心に撮影された本作は、人生どん底まで堕ちきった男(郁男役・香取)のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇、そして映画史上最も切ない暴力を描いている。
香取慎吾『凪待ち』ポスタービジュアル 今回、解禁となるビジュアルは、スリリングで終始緊張感漂う本作のストーリーをイメージ。
うつむき気味な主演・香取の表情は、終始心に闇を抱える男・郁男の有り様が伺える。ロケ地となった石巻の港を背景に、鬼気迫るキャスト陣の表情も、本作の衝撃のラストを彷彿とさせる者になっています。。

映画情報どっとこむ ralph また、30秒バージョンの予告編も併せて解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画『凪待ち』

6月28日TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

香取慎吾 吉澤健『凪待ち』 恒松祐里 吉澤健『凪待ち』
【ストーリー】
毎日をふらふらと無為に過ごしていた郁男は、恋人の亜弓とその娘・美波と共に彼女の故郷、石巻で再出発しようとする。少しずつ平穏を取り戻しつつあるかのように見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。ある夜、亜弓から激しく罵られた郁男は、亜弓を車から下ろしてしまう。そのあと、亜弓は何者かに殺害された。恋人を殺された挙句、同僚からも疑われる郁男。次々と襲い掛かる絶望的な状況を変えるために、郁男はギャンブルに手をだしてしまう。

***********************************

主演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

香取慎吾主演、白石和彌監督『凪待ち』6月28日公開決定&場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 香取慎吾主演、白石和彌監督による映画『凪待ち』の初日が2019年6月28日TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーが決定しました!

併せ場面写真も到着しました。
香取慎吾『凪待ち』 香取慎吾『凪待ち』 香取慎吾、吉澤健『凪待ち』 恒松祐里、吉澤健『凪待ち』 香取慎吾、恒松祐里、西田尚美『凪待ち』 香取慎吾 リリー・フランキー『凪待ち』
毎日をふらふらと無為に過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻に戻る決心をした。

そこには、末期がんであるにも関わらず、石巻で漁師を続ける亜弓の父・勝美がいた。
亜弓の娘・美波(恒松祐里)は、母の発案で引っ越しを余儀なくされ不服を抱いている。

美波を助手席に乗せ、高速道路を走る郁男に美波の声が響く。
「結婚しようって言えばいいじゃん」半ばあきらめたように応える郁男。
「言えないよ。仕事もしないで毎日ぶらぶらしてるだけのろくでなしだし…」
実家では、近隣に住む小野寺(リリー・フランキー)が勝美の世話を焼いていた。

人なつっこい小野寺は、郁男を飲み屋へ連れていく。

そこで、ひどく酒に酔った村上(音尾琢真)という中学教師と出会う。

村上は、亜弓の元夫で、美波の父だった。
新しい暮らしが始まり、亜弓は美容院を開業し、郁男は印刷会社で働きだす。
そんな折、郁男は、会社の同僚らの誘いで競輪のアドバイスをすることに。
賭けてはいないもののノミ屋でのレースに興奮する郁男。

ある日、美波は亜弓と衝突し家を飛び出す。その夜、戻らない美波を心配しパニックになる亜弓・・・・。


映画『凪待ち』の初日が2019年6月28日TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーです。



***********************************


出演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS
2018年 6月中旬クランクイン 7月中旬クランクアップ




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主演:香取慎吾 × 監督:白石和彌 映画『凪待ち』予告編映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 香取慎吾主演 x 白石和彌監督による『凪待ち』(なぎまち)の、本年6月公開が決定。

『雪に願うこと』『クライマーズ・ハイ』の加藤正人さんの脚本によって、2018年6月~7月、岩手県石巻市を中心に撮影された本作は、人生どん底まで墜ちきった男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇、そして映画史上最も切ない暴力を描いた衝撃のヒューマンサスペンス。


「こんな香取慎吾、見た事が無い」と、マスコミ陣が口を揃える主演・香取(郁男役)さんの、“悲しみ”と“狂気”が交錯する演技に誰もが目を惹く本作の予告編映像が完成しました。

また、恋人の娘役の美波役・恒松祐里さんの香取と見せるガチンコな演技力には、監督が以前から注目していたというその才能を観る事ができる。郁男の恋人・亜弓を演じた西田尚美さんは、「現場に西田さんがいるととても安心した」という香取さんの言葉からも分かる通り、姉さん女房としての役どころにぴったりとはまっている。

また、監督が若松孝二監督の助監督時代のスターとして見てきた吉澤健さんも、石巻で郁男や美波とともに暮らし始める亜弓の父親役として登場し、本作の重要な役どころを努めた。

白石組常連としてお馴染みの音尾琢真さんは、亜弓の元旦那・美波の実父として石巻に住む男を演じ、本作でもその味のある芝居は健在。そして、香取さんが現場で思わず高揚する気持ちを押し殺したというリリー・フランキーさんの方言まじりのリアリティある演技に息を飲むことは間違いなしです。



未来記事:
ちょうどこの記事が出る時間に記者会見。
行ってきましたので、こちらもどうぞ!
『凪待ち』完成披露記者会見
⇒ http://eigajoho.com/150044


映画情報どっとこむ ralph 映画『凪待ち』(なぎまち)

2019年6月TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー


【ストーリー】
毎日をふらふらと無為に過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻に戻る決心をした。そこには、末期がんであるにも関わらず、石巻で漁師を続ける亜弓の父・勝美がいた。亜弓の娘・美波(恒松祐里)は、母の発案で引っ越しを余儀なくされ不服を抱いている。美波を助手席に乗せ、高速道路を走る郁男に美波の声が響く。「結婚しようって言えばいいじゃん」半ばあきらめたように応える郁男。「言えないよ。仕事もしないで毎日ぶらぶらしてるだけのろくでなしだし…」実家では、近隣に住む小野寺(リリー・フランキー)が勝美の世話を焼いていた。人なつっこい小野寺は、郁男を飲み屋へ連れていく。そこで、ひどく酒に酔った村上(音尾琢真)という中学教師と出会う。村上は、亜弓の元夫で、美波の父だった。新しい暮らしが始まり、亜弓は美容院を開業し、郁男は印刷会社で働きだす。そんな折、郁男は、会社の同僚らの誘いで競輪のアドバイスをすることに。賭けてはいないもののノミ屋でのレースに興奮する郁男。

ある日、美波は亜弓と衝突し家を飛び出す。その夜、戻らない美波を心配しパニックになる亜弓。落ち着かせようとする郁男を亜弓は激しく非難する。

「自分の子供じゃないから、そんな暢気なことが言えるのよ!」激しく捲くし立てる亜弓を車から降ろし、ひとりで探すよう突き放す郁男。

だが、その夜遅く、亜弓は遺体となって戻ってきた。郁男と別れたあと、防波堤の工事現場で何者かに殺害されたのだった。突然の死に、愕然とする郁男と美波――。「籍が入ってねえがら、一緒に暮らすごどはできねえ」年老いた勝美と美波の将来を心配する小野寺は美波に言い聞かせるのだった。

一方、自分のせいで亜弓は死んだという思いがくすぶり続ける郁男。追い打ちをかけるかのように、郁男は、社員をトラブルに巻き込んだという濡れ衣をかけられ解雇となる。「俺がいると悪いことが舞い込んでくる」行き場のない怒りを職場で爆発させる郁男。恋人も、仕事もなくした郁夫は、自暴自棄となっていく。

***********************************

香取慎吾
恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー
監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS 
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ