「韓英恵」タグアーカイブ

自由に生きたい!瀬々敬久監督『菊とギロチン』の貴重なメイキング写真解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、7月7日(土)よりテアトル新宿ほか全国順次公開となる瀬々敬久監督『菊とギロチン』の貴重なメイキング写真解禁。

主演の木竜麻生さん、東出昌大さん、寛 一 郎さん、韓英恵さんの貴重なオフショット写真です。

瀬々敬久監督の三十年越しの企画として、ついに完成した『菊とギロチン』。

舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。かつて日本全国で「女相撲」が興行されていた史実に基づき、女相撲の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会うオリジナルストーリーだ。

映画情報どっとこむ ralph 映画本編では全身全霊の熱気あふれる演技を見せる俳優たちだが、今回解禁されたメイキング写真には、真剣な表情だけでなく思わず心が和む開放的な笑顔も。

主役の女力士・花菊役の木竜麻生の初主演の重責に不安げな表情と女の子らしい素の笑顔、

過去のある女力士・十勝川役の韓英恵も最高に嬉しそうな笑顔。

対してアナキスト・グループ、ギロチン社のリーダーで詩人でもある中濱鐵を演じる東出昌大は気迫溢れる表情で現場を引っ張っているのがわかる。


同じくアナキスト役の寛 一 郎は初めての映画の現場に緊張した表情を浮かべ、
一方では爽やかさ満点の笑みも見せる。

「自由に生きたい!」という若者たちの思いがみなぎる本作にふさわしくメイキング写真にも熱っぽさと現場を思い切り楽しむ自由な開放感が伝わってくる。こんなにいい表情が見られる現場から生まれた本編は絶対に面白い!

映画情報どっとこむ ralph 菊とギロチン

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/

物語・・・

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。

ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。

「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

***********************************

監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久 

出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太 

ナレーション:永瀬正敏 

2018年/日本/189分/カラー/シネスコ/DCP/R15+
配給:トランスフォーマー

©2018 「菊とギロチン」合同製作舎 


木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵「女相撲」×「ギロチン社」瀬々監督『菊とギロチン』予告編完成!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督が傑作『ヘヴンズ ストーリー』(10)から8年振りに放つオリジナル企画、アナーキー青春群像劇『菊とギロチン』(7月7日よりテアトル新宿全国順次公開)の本ビジュアルと予告編が完成しました。


瀬々監督が本作を企画したのは、なんと三十年前。

長年企画を温め続け、「この映画を何としてもつくりたい」という監督の想いからついに完成した入魂作『菊とギロチン』。かつて日本全国で「女相撲」が興行されていた史実に基づき、女相撲の一座と実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが出会うオリジナルストーリー。
舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。様々な過去を背負って女相撲の世界に飛び込んだ女たちが、少し頼りないが「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という大きな夢だけは持っている若者たちと運命的に出会い、立場は違えど、「自由な世界に生きること」を願う彼らが次第に心を通わせ、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑む。

映画情報どっとこむ ralph このたび解禁となった本ビジュアルは、約300名の中から主人公・花菊に選ばれた新人女優・木竜麻生、『寝ても覚めても』、『OVER DRIVE』と年内に相次いで主演作が公開される東出昌大、俳優・佐藤浩市を父に持つ寛 一 郎、演技力は折り紙付きの韓英恵のメインキャスト4人が放つ、力強い眼差しが印象的なデザインとなった。明治に始まり、昭和30年代まで存在した女相撲興行。木竜と韓が演じる女力士とアナキスト・グループ「ギロチン社」のメンバーに扮する東出と寛 一 郎。それぞれの境遇はバラバラだが、「同じ夢を見て闘った」というコピーから彼らの運命的な出会いを予感させ、画面下に配置された女相撲の一座が海辺で生き生きと踊る様子からは、彼らがともに夢見た理想郷とはこういうものかもしれないと思わせる解放的で自由な空気があふれ、本作を通じて“窮屈な世界に風穴を空けたい”と願う瀬々監督の想いも伝わってくる。
映画情報どっとこむ ralph 同時に完成した予告編は、女相撲一座の親方(渋川清彦)の「東西東西(とざいとうざい〜)」という口上の声から始まる。迫力ある女相撲に大喜びで拍手するのはギロチン社のリーダーであり詩人としても名を残した中濱鐵(東出)。一方、土俵下で自分の取り組みを待つのは緊張した面持ちの花菊(木竜)。ギロチン社と女相撲一座の出会いを軽やかさやユーモアも交えて描く前半から、暴力的な夫から逃げて一座に加わった花菊の強くなりたいという夢、社会を変えたいというギロチン社の夢が語られる中盤、そして花菊を連れ戻そうとする夫や、女相撲を中止させようとする警察が登場し、波乱のドラマを感じさせる後半へ一気に盛り上がる。自由に生きることをともに夢見る彼らが辿り着く先は――?本編が待ち遠しくなる「乞うご期待」の予告編をご覧ください。



映画情報どっとこむ ralph 菊とギロチン

テアトル新宿ほか7月7日(土)全国順次公開!

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/


物語・・・
大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。

「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。


***********************************


監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久 

出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太

ナレーション:永瀬正敏 
189分 
配給:トランスフォーマー
©2018 「菊とギロチン」合同製作舎 
  


瀬々敬久監督 アナーキーな青春群像劇『菊とギロチン』特報到着!公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 瀬々監督が本作を企画したのは、なんと三十年前。
長年企画を温め続け、「この映画を何としてもつくりたい」という監督の想いに賛同した多くの会社や個人の支援によってついに完成させた入魂作『菊とギロチン』。
舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。混沌とした情勢の中、急速に不寛容な社会へとむかう時代。登場するのは、かつて実際に日本全国で興行されていた「女相撲」の一座と、実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たち。

様々な過去を背負った女たちが、少し頼りないが「社会を変えたい、弱い者も生きられる世の中にしたい」という大きな夢だけは持っている若者たちと運命的に出会い、立場は違えど、「自由な世界に生きること」を願う彼らが次第に心を通わせ、同じ夢を見て、それぞれの闘いに挑む――という内容。

同時代に「女相撲」と「ギロチン社」が実在したという興味深い史実をベースに、瀬々監督と「空族」の相澤虎之助が書き上げた胸にズシンと響くオリジナルストーリーを、本作が初主演となる木竜麻生、東出昌大、寛一郎と演技力は折り紙つきの韓英恵というフレッシュな魅力触れる主要キャストが演じている今年有数の話題作だ。

映画情報どっとこむ ralph そしてこのたび、特報が完成、初めてその映像が公開された!冒頭は、女力士姿も初々しい木竜麻生演じるヒロイン・花菊の「強くなりてぇ!」という心の底からの叫び。


偶然目にした女相撲一座の強さに魅了され、乱暴な夫から逃げ出して一座に入り、自分も強くなりたいと願う花菊の必死さが伝わる。そして、「ギロチン社」メンバーで実在した詩人の中濱鐵を演じる東出昌大が、同じく中心メンバーで純粋な夢に殉じる古田大次郎役の寛一郎に「女一人助けられなくて、何が革命だ!」と声を絞り出すシーンの迫力、韓英恵扮する過去のある女力士・十勝川と中濱の互いを求める熱情あふれるショットなど、約30秒ながら特報映像は本編の熱量を想像させてくれる。


さらに主要キャストの魅力だけでなく、黒澤明の『羅生門』や溝口健二作品に参加してきた日本映画界の至宝、美術監修の馬場正男らによる当時の混沌を見事に再現したセットや、『ヘヴンズ ストーリー』『彼女の人生は間違いじゃない』の撮影・鍋島淳裕の臨場感あるカメラと見所はたっぷり。また、実際の女相撲をよく知る関係者も感動したという力士役の女優たちが全力で体当たりした女相撲シーンも必見だ。

打楽器がリズムを畳み掛け、映画タイトルデザインの巨匠・赤松陽構造による迫力ある題字がラストを飾る特報映像。もがき、泥だらけになり、時にかっこ悪い姿をさらしながらも、自由を追い求め、世界に風穴をあけたいと願った若者たちのアナーキーなエネルギーが溢れ出してくる。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

大正末期、関東大震災直後の日本には、不穏な空気が漂っていた。軍部が権力を強めるなか、これまでの自由で華やかな雰囲気は徐々に失われ、人々は貧困と出口の見えない閉塞感にあえいでいた。

ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」がやって来る。力自慢の女力士たちの他にも、元遊女の十勝川(韓英恵)や、家出娘など、ワケあり娘ばかりが集まった、この一座には、新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁であったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。いよいよ興行の日。会場には、妙な若者たちの顔ぶれがあった。彼らは「格差のない平等な社会」を標榜するアナキスト・グループ「ギロチン社」の面々で、アナキズム運動を牽引した思想家の大杉栄が殺されたことに憤慨し、復讐を画策すべく、この土地に流れ着いていた。「ギロチン社」中心メンバーの中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになる。

「差別のない世界で自由に生きたい」――その純粋な願いは、性別や年齢を越えて、彼らを強く結びつけていく。次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかる。

テアトル新宿ほか7月7日(土)全国順次公開です!

公式サイト:
http://kiku-guillo.com/

***********************************

監督:瀬々敬久
脚本:相澤虎之助・瀬々敬久 

出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太

ナレーション:永瀬正敏 
189分 配給:トランスフォーマー
©2018「菊とギロチン」合同製作舎 


『大和(カリフォルニア)』米軍基地の町を舞台に新世代音楽青春映画予告解禁!


映画情報どっとこむ ralph ここは神奈川相模 極東の要所。

米軍基地の町を舞台にした新世代音楽青春映画、ここに誕生。

神奈川県大和市。

この町は戦後米軍基地と共に発展、衰退してきた。

厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという。

因みに日本的には厚木基地は厚木市ではなく綾瀬市。というさらに複雑。
10代のラッパー・長嶋サクラは、日本人の母と兄、母の恋人で米兵のアビーに囲まれ、この町同様、複雑な関係性の中で育ってきた。アメリカのラッパーに憧れて、サクラは毎日ラップの練習と喧嘩に明け暮れる。ある日、アビーの娘・レイがカリフォルニアからやってくる。日米のハーフで、サンフランシスコで生まれ育ったレイ。好きな音楽の話をきっかけにして2人は距離を縮めていくのだが――。

映画情報どっとこむ ralph NYタイムズなど海外メディアから絶賛!

本作は米軍基地、貧困といった問題を抱える大和という場所で、ひとりの少女が“語るべき言葉”を獲得していく物語。

サクラを演じるのは、今年『霊的ボリシェヴィキ』(高橋洋監督)、『菊とギロチン』(瀬々敬久監督)など出演作の公開が相次ぐ韓英恵。

監督は、黒沢清監督『トウキョウソナタ』の助監督などを経て、2011年に筒井武文監督『孤独な惑星』で脚本家デビュー、同年に初長編作品『夜が終わる場所』を発表した宮崎大祐。
世界各地の映画祭に招待され、ニューヨーク・タイムズやハリウッド・リポーター、ヴァラエティと言った海外メディアで絶賛された。

地元出身の人気ラッパーNORIKIYO が本人役でライブを披露しているほか、Cherry Brown、割礼の宍戸幸司、GEZANといったミュージシャンたちが多数参加しているのも見どころだ。

映画情報どっとこむ ralph なお、6月には池袋シネマ・ロサにて宮崎監督が参加したオムニバス映画『5TO9』の初劇場公開も決定。今年要注目の監督であることは間違いない。

大和(カリフォルニア)

4/7(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次ロードショー




公式サイト:
http://yamato-california.com/

公式Twitter:
@yamatocali

***********************************

監督:宮崎大祐(『夜が終わる場所』監督、『孤独な惑星』脚本)
出演:韓英恵 遠藤新菜 片岡礼子 内村遥 NORIKIYO GEZAN 宍戸幸司(割礼)
撮影:芦澤明子 音響:黄永昌
サウンドデザイン:森永泰弘 プロデューサー:伊達浩太朗 
音楽:NORIKIYO Cherry Brown GEZAN 割礼 のっぽのグーニー 
配給:boid 2016/DCP/119 分
©DEEP END PICTURES INC.





伊藤沙莉、須賀健太ら登壇『獣道』初日舞台挨拶 MC矢部にクレーム(笑)


映画情報どっとこむ ralph 伊藤沙莉、須賀健太W主演の青春ブラックコメディ『獣道』が、7月15日(土)に、シネマート新宿にて初日を迎え舞台挨拶が行われ、W主演の伊藤沙莉さん、須賀健太さんをはじめ、本作が映画デビューとなるお笑い芸人・アントニーさん、注目の新鋭俳優・吉村界人さん、鈴木清順監督や是枝裕和監督など、名立たる映画監督に起用されてきた韓英恵さん、俳優としても味のある演技で定評のあるお笑い芸人・矢部太郎さん、そして内田英治監督、英国人プロデューサー、トレル・アダムの登壇しました。

日付:7月15日(土)
会場:シネマート新宿
登壇:伊藤沙莉、須賀健太、アントニー、吉村界人、韓英恵、 矢部太郎、内田英治監督、アダム・トレルプロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 族車のホーンが流れる中、MCの矢部さんが改造ミニ自転車で登場!!映画当時のパンチパーマにしてきたそう!

そして呼び込まれたキャストは特攻服姿で登壇!

女性の声であちこちから「沙莉ちゃん可愛い!」の声が飛ぶ会場
伊藤さん:ありがと!!本日はこんなに集まっていただき嬉しいです!

耳に手を当て・・・催促!でかっこいい!!を引きだし満面の笑みの須賀さん
須賀さん:本当に沢山来ていただいて嬉しいです!

内田監督:5年前から脚本を書き始めて、ようやくスクリーンで皆さんに観ていただけます。ヤンキー映画ですが、本当に弱そうな人たちばかりですが・・・スクリーンの中ではヤンキーになってると思います。
アダムさん:特攻服着たかった!

映画情報どっとこむ ralph カミカミで聞き取れない矢部さんのMCに「ちゃんとして!(笑)」と笑顔でたしなめる伊藤さん。自分が演じた役を上映前に話すため探り探り・・・

伊藤さん:演じているのは7歳で宗教団体に預けられて・・・その後に愛を求めて居場所が変わっていくのを表現するのが難しかったですね。
須賀さん目線で語られていく本作
須賀さん:僕が意識したのは、お客さんに一番近いところにいたいなと。共演者の皆さんが個性的で、個性的な役を演じているので
(アントニー:今俺見ただろ!)一番普通に見えるように心がけました!

アントニーさん:僕は、映画のオファーがあったときにドッキリだと。だって台本に北川健太ってあって。監督とお会いした時に少し演じてみたら監督頭抱えたんですよ!僕にとってこの映画で演じることが獣道でした!でも、イタリア・ウディネで高評価で。JAPANESE NO1 ACTORって言っておきました!

エピソードを含めて語り

吉村さん:凄い寂しがり屋のヤンキー役だったんですけど。この作品では本物の地元のヤンキーさんたちが出ているので、その方々に、本当の自分・・根暗で読書好きで、オラッみたいのが嫌いなのが、ばれないようにと思ってました!

韓さん: 私のシーンは沙莉ちゃんと健太くんと一緒が少なくて・・アントニーと男くさい人ばかりに囲まれてました。あとダイビングしまして、まさかのアントニーが泳げないことが発覚しました!

盛り上がりも気にせず、カンペと助手に促される、とても荒い進行を進めるMC矢部さん!

この後、やんちゃなエピソードを其々あかし・・・その中で、吉村界人さんは寝ないということが判明。

さらに、幹さんが子役あるあるで、遊びたかったよね!と同じ子役出身の伊藤さんと須賀さんに同意を求める場面も。
特に修学旅行や運動会に出れなかったことや道を外れられないことなどを明かし・・・

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

須賀さん:今日から公開で、僕らのものだけでなく皆さんの物にもなります。是非是非『獣道』の感想をSNSでつぶやいてください!エゴサーチします!
伊藤さん:あらすじ聞くとダークで重い作品だと思われがちですが、笑えるところやシュールなところが沢山あって笑っていただけると思います。そして、皆の人生がしっかり描かれた群像劇です!一人一人を観ていただければと思います。

と舞台挨拶を締めました!

宗教団体、ネグレクト、少年犯罪、性産業など大人に翻弄される地方都市の若者たちを、実話をベースに描いたブラックコメディ

『獣道』

が、7月15日(土)よりシネマート新宿ほか全国公開ほか全国公開です。

http://www.kemono-michi.com



***********************************

伊藤沙莉 須賀健太 アントニー 吉村界人 韓英恵 冨手麻妙 松本花奈 川上奈々美 毎熊克哉 マシュー・チョジック 矢部太郎 でんでん 広田レオナ 近藤芳正

監督・脚本:内田英治(『下衆の愛』)
撮影:伊藤麻樹(『リアル鬼ごっこ』)
プロデューサー:アダム・トレル
製作:Third Window Films / Libertas / MOVE
制作:NAC
宣伝:フリーストーン 〈2017年/日本、イギリス/カラー/94分〉
©third window films