「韓国」タグアーカイブ

水崎綾女 映画『洗骨』で第14回 済州映画祭クロージングに登壇!


映画情報どっとこむ ralph 映画『洗骨』は、来年、2019年1月18日より沖縄先行公開、2月9日より全国公開となります。

照屋年之監督は、十数年に渡り地道に短編映画を発表し続け、遂に短編『born、bone、骨。』でアジア最大級の国際短編映画祭であるショートショートフィルムフェスティバル&アジアのジャパン部門・優秀賞、SKIP シティ国際 D シネマ・観客賞など数々の賞を受賞。そして長編第二作である本作『洗骨』は、モスクワ国際映画祭を始め、上海映画祭、ハワイ 映画祭など数々の国際映画祭に選出。ニューヨークで開催された北米最大の日本映画祭・第 12 回 JAPAN CUTS では 28 本の作品の中から見事 観客賞を受賞、その評価は確固たるものとして確実に広がりつつあります。沖縄の離島・粟国島を舞台に、亡き人を風葬し、肉が朽ち骨だけになった数年後に対面し、骨を洗い、あの世におくり出すという独特の風習《洗骨》を題材に、奥田瑛二を主演に迎え、 “祖先から現代への生命のリレー”、 “家族の再生”というテーマを描いています。

シリアスな題材を描きながらもコミカルなシーンを絶妙に散りばめ、笑って泣ける珠玉のハートフルヒューマンドラマとし て高く評価されている本作が、11月24日~12月15日に韓国・済州島で行われた、「済州映画祭」のクロージング 作品に選ばれ、本日(15 日)、下記の通り上映を行いました。「済州映画祭」には、娘役で出演している水崎綾女さんが登壇し舞台挨拶を行いました。


『洗骨』第14回 済州映画祭(クロージング)
日程:12月15日(土)上映
場所:韓国・済州島 CGV 老衡洞
登壇:水崎綾女

映画情報どっとこむ ralph 韓国の済州映画祭が 12 月 15 日(土)閉会を迎えCGV 老衡洞に てクロージング作品として上映されたのが『洗骨』。
上映後、鳴りやまない拍手の中、水崎綾女さんが登壇。韓国語でご挨拶
水崎綾女さんの韓国語でコメント
1 ヶ月の撮影期間中、常に妊婦姿で過ごしていたので出産シーンの時に命の誕生に感動し涙が止まらなかったのを覚えています。自分自身 を産み落としたような気持ちになりました。例え家族がバラバラになっても”洗骨”を通して、父、兄、娘、それぞれの想いがまたひとつにな れる。大切な人と、大切な人を思い出して観て頂きたい作品です。

とコメントしました。

登壇中の水崎さんのコメント。

済州映画祭の理事長がこの 3 週間の映画祭の中で『洗骨』の上映が最も拍手が多かったとおっしゃっていました。韓国は 20 回程来た事があります が、一度来てみたかった済州島に映画祭で来ることができ、しかもそれが自分の人生の中で一番思入れのある作品だったので喜びもひとしおです。 「沖縄」と「済州島」は、とても近く、似てる雰囲気があると言われてます。お互い歴史のある島でこのような沖縄の風習を共感してもらい、嬉しく思いま す。早くこの感動を照屋監督、スタッフに伝えてあげたいです。監督、おめでとうございます!私の旦那である「Q 太郎さん」に登場から最後までお客様 が爆笑でした。最後に済州島の皆様に自分で気持ちを伝えたく、覚えた韓国語がきちんと伝わり、嬉しく思います。また、是非来たいです。

質疑応答は制限時間(30 分)を越えても質問が止むことがなく、途中で打ち切りになるほど盛況。

「本当に出演して良かった作品だと 改めて感じました。」

と水崎さんは語り、大盛況のうちに上映を終えました!

「洗骨」と書かれたパネルを持って観客との記念撮影


映画情報どっとこむ ralph 映画『洗骨

1月18日(金)より沖縄先行公開 / 2月9日(土)より全国公開

公式HP:
senkotsu-movie.com

Twitter:
@senkotsu_movie


物語・・・
洗骨――。今はほとんど見なくなったその風習だが、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには残っているとされる。粟国島では西側に位置する「あ の世」に風葬された死者は、肉がなくなり、骨だけになった頃に、縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらうことで、晴れて「この世」と 別れを告げることになる。 沖縄の離島、粟国島・粟国村に住む新城家。長男の新城剛(筒井道隆)は、母・恵美子(筒井真理子)の“洗骨”のために、4 年ぶりに故郷・粟国 島に戻ってきた。 実家には、剛の父・信綱(奥田瑛二)がひとりで住んでいる。生活は荒れており、妻の死をきっかけにやめたはずのお酒も隠れて飲んでいる始末。 そこへ、名古屋で美容師として活躍している長女・優子(水崎綾女)も帰って来 るが、優子の様子に家族一同 驚きを隠せない。様々な人生の苦 労とそれぞれの思いを抱え、家族が一つになるはずの“洗骨”の日まであと数日、果たして 彼らは家族の絆を取り戻せるのだろうか?

***********************************


奥田瑛二 筒井道隆 水崎綾女 / 大島蓉子 坂本あきら 山城智二 前原エリ 内間敢大 外間心絢 城間祐司 普久原明 福田加奈子 古謝美佐子 鈴木Q太郎 筒井真理子

監督・脚本:照屋年之
音楽:佐原一哉 主題歌:「童神」(歌:古謝美佐子)
製作総指揮:白岩久弥 製作:藤原 寛 小西啓介 宮崎伸夫 武富和彦

エグゼクティブ・プロデューサー:片岡秀介 プロデューサー:高畑正和 小西啓介 協力プロデューサー:飯田雅裕 具志堅 毅 アシスタントプロデューサー:南 陽 ラインプロデューサー:金森 保 撮影:今井孝博(J.S.C) 照明:鳥越博文 録音:横澤匡広 美術:木下沙和美 装飾:石上淳一 ヘアメイク:荒井ゆう子 スタイリスト:むらたゆみ キャスティングディレクター:杉野 剛 沖縄コーディネート:鳥越一枝 編集:堀 善介 音響効果:佐藤祐美 助監督:丸谷ちひろ 制作担当:刈屋 真 柴野 淳 宣伝協力:新垣尊大 須藤淳子 平野誠也 スペシャルサンクス:粟国村 粟国村の皆さん 制作協力:キリシマ1945 制作プロダクション:ファントム・フィルム 制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー 製作:『洗骨』製作委員会(吉本興業 ファントム・フィルム 朝日新聞社 沖縄タイムス社) 配給・宣伝:ファントム・フィルム (C)『洗骨』製作委員会

2018/日本/カラー/スコープサイズ/上映時間 111 分


知英 凱旋!肩出しドレスでレッドカーペットに登場!第14回堤川国際音楽映画祭


映画情報どっとこむ ralph 猛暑の韓国・堤川(チェチョン)では第14回堤川(チェチョン)国際音楽映画祭が開催。

音楽と映画の融合をテーマにする韓国唯一の音楽映画祭として、世界38ヶ国、116本の音楽映画が上映されるこの映画祭で、現在日本で公開中の映画「私の人生なのに」の上映が決定し、主演の知英と原桂之介監督が参加しました。

全国にて公開中の青春映画『私の人生なのに』は、金城瑞穂(知英)が新体操スター選手でありながら、脊髄梗塞で倒れ半身不随となり、絶望の中、数年ぶりに瑞穂の前に現れた幼なじみ柏原淳之介(稲葉友)と再会することで音楽と触れ合い、それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、人生がふたたび動き出していく青春ストーリー。劇中ではギターの弾き語りも披露しています。

過去にも良質な作品が数多く選ばれているこの映画祭で、音楽によって救われる主人公を描いたこの作品が映画祭のテーマと合致し、この度上映作品に選出されました。

映画情報どっとこむ ralph 今年は映画「グリーン・デスティニー」や「HERO」などの映画音楽を作曲しアカデミー賞も受賞した譚盾、日本でもリメイクされた「八月のクリスマス」やペ・ヨンジュン主演の映画「四月の雪」の監督ホ・ジノ、映画「暗殺」「10人の泥棒たち」などのヒット作を手掛けた映画監督のチェ・ドンフンもレッドカーペットに登場しました。

レッドカーペットに知英さんが登場すると、3000人を超える観客から大歓声が湧き、世界各国から集まった報道陣からの注目!

映画祭の途中雨が降り出し雨合羽を着る知英さんのレアショット。


映画情報どっとこむ ralph 知英さんからコメントが届きました!

知英さん:先月招待されたプチョン国際映画祭から1か月もたたないうちに、また地元韓国の映画祭に参加することができてとても嬉しいです。
韓国人ですがチェチョンには初めて来ました。日本で映画の撮影の合間をぬって来ましたが、ここは有名な湖と山、自然に囲まれた綺麗な場所なのでとても癒されています。今日チェチョンはとても暑かったのですが、映画祭の最中に雨が降ってきてびっくりしました。


映画情報どっとこむ ralph 私の人生なのに

全国にて絶賛公開中!
http://watashinojinsei.com


物語・・・
絶望の先に見えた、人生の新しいステージ

新体操のスター選手として将来を期待されていた金城瑞穂(知英)は、練習中に脊髄梗塞で
倒れ下半身麻痺となってしまう。
競技人生を絶たれた彼女には、両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二(落合モトキ)の
思いやりを受け入れることができず、絶望と孤独に苛まれる。
塞ぎ込む日々の中、ストリートミュージシャンの幼なじみ・柏原淳之介(稲葉友)と数年ぶりに
再会し、「一緒に歌おう!」と誘われるが戸惑いを隠せない。
瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき・・・人生がふたたび動きはじめた
彼女が見た新たな夢とは?

***********************************

知英

稲葉友  /  落合モトキ
蜷川みほ 江田友莉亜 深沢敦 野中隆光 飯田孝男 根岸季衣 
橋洋  赤間麻里子

監督・脚本|原桂之介
原作|清智英・東きゆう『私の人生なのに』(講談社刊)
製作|瀬井哲也 プロデューサー|行実良、柴原祐一 共同プロデューサー|長井龍
撮影|加藤十大 照明|志村昭裕 録音|小林武史 美術|田口貴久 編集|相良直一郎 
衣裳|岡本華菜子 ヘアメイク|及川奈緒美 キャスティング|あんだ敬一 助監督|岩坪梨絵 
制作担当|金子堅太郎 ラインプロデューサー|傳野貴之
音楽|山本加津彦  主題歌|JY「涙の理由」

制作プロダクション|ダブ  
協力|J-Workout、幸和義肢研究所、松永製作所、コ・イノベーション研究所、Chacott
配給|プレシディオ 宣伝|MUSA
©2018『私の人生なのに』フィルムパートナーズ
2018年/日本映画/日本語/カラー/103分
   


韓国×北朝鮮×米国の関係みておくべき!?映画かも『 V.I.P. 修羅の獣たち 』


映画情報どっとこむ ralph 韓国国家情報院の要員&警察×北朝鮮工作員×米国CIAの息をのむ対立が一目でわかる男たちの狂宴。

『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』が、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。
本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

映画情報どっとこむ ralph 米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。

連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、

北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、

米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、

全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソク。

豪華な顔ぶれが大集合!
中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画情報どっとこむ ralph そして、この度、韓国の国家情報院&警察×北朝鮮の工作員×米国のCIAの息をのむ対立が一目でわかる画像解禁!

国家情報院の要員・パク・ジェヒョクに扮したチャン・ドンゴンが橋上でタバコを吸う姿
北朝鮮から亡命したVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)を間にし、対立していく警察チェ・イド(キム・ミョンミン)の姿。
そして、違う場面でキム・グァンイルの胸ぐらをつかむふたりの姿
まで、熱く感情的なキャラクターらが衝突しながら緊張感が高まる犯罪ドラマの一面を表しております!

映画情報どっとこむ ralph 分断国家という特性を生かした作品は昔話になるかもしれない。そんな”今”だからこそ、”実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作

『V.I.P. 修羅の獣たち』。
原題:브이아이피/英題:V.I.P.
6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』
2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved



韓国×北朝鮮×米国の国家組織を巻き込む連続殺人事件『V.I.P. 修羅の獣たち』브이아이피予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』 、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

そして、この度、本作の本ビジュアル、予告編映像が解禁!



解禁された予告編映像では、連続殺人事件のニュースが流れ、犯人を捕まえようと必死になった崖っぷちに立たされた警察(キム・ミョンミン)、北朝鮮の制服を身にまとった謎の工作員(パク・ヒスン)、“企画亡命者”として韓国にいる要人の息子(イ・ジョンソク)と彼を警戒している国家情報員(チャン・ドンゴン)、<交差する四つの狂気>、<国家機関の攻防戦>というキャッチと共に迫力満点のカーチェイス、激しいアクションシーンが盛り込まれ、最後はVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)の血まみれであざ笑いゾッとする姿が激しく心に余韻を残していく。

また、併せて解禁した本ビジュアルは、警察、工作員、要人の息子、国家情報員、4人の横顔と、下部にはグァンイルに銃を向け合い、息のつまるような緊張感を醸し出す。
“実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作『V.I.P. 修羅の獣たち』。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、そして全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソクが扮し、その豪華な顔ぶれが大集合!中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画『 V.I.P. 修羅の獣たち
原題:브이아이피/英題:V.I.P.

6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』

2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス

©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved


韓国映画賞を席巻!『ザ・キング』日本版ポスタービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph “やられたら、やり返す!それが政治理念だ!”をモットーに1%の成功者になるため翻弄される若き検事の成り上がりの人生を描き、そのセンセーショナルな内容が話題を呼んで、韓国で観客動員530万人をこえる大ヒットを記録した『ザ・キング』が、2018年3月10日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開することが決定!

この度、日本オリジナルのポスタービジュアルと場面写真が解禁になりました!

今回、解禁となった日本オリジナルのポスタービジュアルは、成り上がるために悪に染まる主人公の若き検事パク・テスを演じたチョ・インソン、そして金と権力を持ち合わせた絶対的成功者の検事部長ガンシクを演じたチョン・ウソン、さらに権力には絶対服従する先輩検事役のぺ・ソンウ、テスの幼馴染でチンピラ役のリュ・ジュンヨルら、それぞれの野心を秘める表情が印象的。大統領選の裏に蠢く衝撃のスキャンダルと権力争いに一喜一憂することになる、彼らの闘いを彷彿とさせるビジュアルです。
映画情報どっとこむ ralph メガホンをとったのは『観相師―かんそうし―』で韓国900万人動員を果たしたハン・ジェリム。本作では脚本も担当し、出演した理由を聞かれた主演のチョ・インソンが「まずシナリオが大変素晴らしかったこと。そして、ハン・ジェリム監督作品に対する“演出家としての信頼感”が出演を決めた理由です」と話し、チョン・ウソンも「監督が望むビジョンは明確でした。また一緒に仕事をしたい!」と語るほど現場は俳優たちと監督の絶対的な信頼関係の元、撮影が進められたという。
リアリズムとエンタテインメント性を兼ね備えた『ザ・キング』は「第53回百想芸術大賞」では新人男優賞(リュ・ジュンヨル)など2部門を受賞、「第54回大鐘賞」では助演男優賞(ペ・ソンウ)、シナリオ賞など4部門受賞、さらに「第38回青龍映画賞」では助演女優賞(キム・ソジン)など3部門受賞するなど今年の韓国映画賞レースを席巻中!現代社会のバイブルとして韓国映画史に刻まれるであろう話題作をぜひスクリーンで!

プライドを捨てろ!権力に寄り添え!!若き検事の成り上がり人生!!

ケンカ好きの貧しい青年だったパク・テス(チョ・インソン)は、暴力ではなく権力で悪を制する検事に憧れ、猛勉強の末に夢を実現、新人検事として地方都市で多忙な日々を始める。だが、ある事件をきっかけにソウル中央地検のエリート部長ガンシク(チョン・ウソン)と出会い、平穏だった人生は激変。富も名声も手にしたガンシクは、他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだ“1%の成功者”だった。正義の仮面の下に隠された正体を知ったテスは、次第に悪の魅力に染まっていく。だが、制裁の刃はすぐそこまで迫っていた……。


公式HP:
http://theking.jp/

***********************************

監督:ハン・ジェリム『観相師―かんそうし出演:チョ・インソン「大丈夫、愛だ」 チョン・ウソン『アシュラ』 ペ・ソンウ『インサイダーズ/内部者たち』 
リュ・ジュンヨル「恋のスケッチ ~応答せよ1988~」

© 2017NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.