「韓国」タグアーカイブ

韓国×北朝鮮×米国の国家組織を巻き込む連続殺人事件『V.I.P. 修羅の獣たち』브이아이피予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『新しき世界』でセンセーションを巻き起こしたパク・フンジョン監督最新作『V.I.P. 修羅の獣たち』 、6月16日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

そして、この度、本作の本ビジュアル、予告編映像が解禁!



解禁された予告編映像では、連続殺人事件のニュースが流れ、犯人を捕まえようと必死になった崖っぷちに立たされた警察(キム・ミョンミン)、北朝鮮の制服を身にまとった謎の工作員(パク・ヒスン)、“企画亡命者”として韓国にいる要人の息子(イ・ジョンソク)と彼を警戒している国家情報員(チャン・ドンゴン)、<交差する四つの狂気>、<国家機関の攻防戦>というキャッチと共に迫力満点のカーチェイス、激しいアクションシーンが盛り込まれ、最後はVIPキム・グァンイル(イ・ジョンソク)の血まみれであざ笑いゾッとする姿が激しく心に余韻を残していく。

また、併せて解禁した本ビジュアルは、警察、工作員、要人の息子、国家情報員、4人の横顔と、下部にはグァンイルに銃を向け合い、息のつまるような緊張感を醸し出す。
“実際ありそうな物語”を追求し、激しいアクションシーンはもちろん、本国ではスナッフフィルム並みの猟奇的な描写で賛否両論を巻き起こした問題作『V.I.P. 修羅の獣たち』。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、韓国の国家情報院とCIAの企てにより、北から亡命したエリート高官の息子が連続殺人事件の有力な容疑者とされ、これを隠蔽しようとする者、捕らえようとする者、復讐しようとする者、それぞれ別の目的を持つ男たちの物語。全世界で唯一の分断国家という特性を生かし、韓国初の“企画亡命者”を扱った本作は、《もし、北からのVIP(=最重要人物)が実は殺人事件の容疑者だったら?》という疑念からスタートし、スージー・キム事件(※とある企業の香港駐在員だった男性が夫婦喧嘩の末嫁を殺し、それを隠蔽しようと嫁を北朝鮮のスパイだと騙すが、当時の政府はそれがデタラメと認識したものの、当時の独裁政権を維持しようと北朝鮮の仕業と操作した事件)をモチーフにした、韓国×北朝鮮×米国の国家機関間での利害関係と政治、そこから発生するジレンマを描いたクライム・アクション大作!

米CIAと韓国国家情報院を行き来する人物・パク・ジェヒョク役は『泣く男』以来、3年ぶりの映画出演となるチャン・ドンゴン。連続殺人事件の容疑者を追う警察チェ・イド役に『エンドレス 繰り返される悪夢』のキム・ミョンミン、北朝鮮からやってきた保安省所属の冷徹な工作員リ・デボム役に『密偵』のパク・ヒスン、米CIA要員ポール・グレイ役に日本でも大ヒットを記録したハリウッド大作『アルマゲドン』やアカデミー賞2部門に輝く『ファーゴ』、 『ジョン・ウィック:チャプター2』などで強烈な印象を残すスウェーデン出身の名優ピーター・ストーメア、そして全登場人物が追うサイコパス殺人鬼であり、北朝鮮から亡命させられたVIPキム・グァンイル役は、人気・実力共に若手No.1俳優のイ・ジョンソクが扮し、その豪華な顔ぶれが大集合!中でも少年のような清涼な魅力で女心を惹きつけてきたイ・ジョンソクが初の悪役に挑み、北朝鮮のなまりや英語での演技まで、ベテラン俳優に引けを取らない凄まじい集中力と演技への情熱を見せ、驚くべき相乗効果を生み出すと共に新たな姿を披露している。

映画『 V.I.P. 修羅の獣たち
原題:브이아이피/英題:V.I.P.

6.16(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式HP:
http://klockworx-asia.com/vip/

4つの狂気が交錯する――。

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

***********************************

監督:パク・フンジョン『新しき世界』
出演:チャン・ドンゴン『泣く男』、キム・ミョンミン『エンドレス 繰り返される悪夢』、パク・ヒスン『密偵』、イ・ジョンソク「観相師-かんそうし-」、ピーター・ストーメア 『ジョン・ウィック:チャプター2』『ファーゴ』『アルマゲドン』

2017年/韓国公開8月23日/128分/シネマスコープ/レイティング:R15+
配給:クロックワークス

©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved


韓国映画賞を席巻!『ザ・キング』日本版ポスタービジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph “やられたら、やり返す!それが政治理念だ!”をモットーに1%の成功者になるため翻弄される若き検事の成り上がりの人生を描き、そのセンセーショナルな内容が話題を呼んで、韓国で観客動員530万人をこえる大ヒットを記録した『ザ・キング』が、2018年3月10日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開することが決定!

この度、日本オリジナルのポスタービジュアルと場面写真が解禁になりました!

今回、解禁となった日本オリジナルのポスタービジュアルは、成り上がるために悪に染まる主人公の若き検事パク・テスを演じたチョ・インソン、そして金と権力を持ち合わせた絶対的成功者の検事部長ガンシクを演じたチョン・ウソン、さらに権力には絶対服従する先輩検事役のぺ・ソンウ、テスの幼馴染でチンピラ役のリュ・ジュンヨルら、それぞれの野心を秘める表情が印象的。大統領選の裏に蠢く衝撃のスキャンダルと権力争いに一喜一憂することになる、彼らの闘いを彷彿とさせるビジュアルです。
映画情報どっとこむ ralph メガホンをとったのは『観相師―かんそうし―』で韓国900万人動員を果たしたハン・ジェリム。本作では脚本も担当し、出演した理由を聞かれた主演のチョ・インソンが「まずシナリオが大変素晴らしかったこと。そして、ハン・ジェリム監督作品に対する“演出家としての信頼感”が出演を決めた理由です」と話し、チョン・ウソンも「監督が望むビジョンは明確でした。また一緒に仕事をしたい!」と語るほど現場は俳優たちと監督の絶対的な信頼関係の元、撮影が進められたという。
リアリズムとエンタテインメント性を兼ね備えた『ザ・キング』は「第53回百想芸術大賞」では新人男優賞(リュ・ジュンヨル)など2部門を受賞、「第54回大鐘賞」では助演男優賞(ペ・ソンウ)、シナリオ賞など4部門受賞、さらに「第38回青龍映画賞」では助演女優賞(キム・ソジン)など3部門受賞するなど今年の韓国映画賞レースを席巻中!現代社会のバイブルとして韓国映画史に刻まれるであろう話題作をぜひスクリーンで!

プライドを捨てろ!権力に寄り添え!!若き検事の成り上がり人生!!

ケンカ好きの貧しい青年だったパク・テス(チョ・インソン)は、暴力ではなく権力で悪を制する検事に憧れ、猛勉強の末に夢を実現、新人検事として地方都市で多忙な日々を始める。だが、ある事件をきっかけにソウル中央地検のエリート部長ガンシク(チョン・ウソン)と出会い、平穏だった人生は激変。富も名声も手にしたガンシクは、他人を踏み台にして出世し、大統領選挙を利用して権力をつかんだ“1%の成功者”だった。正義の仮面の下に隠された正体を知ったテスは、次第に悪の魅力に染まっていく。だが、制裁の刃はすぐそこまで迫っていた……。


公式HP:
http://theking.jp/

***********************************

監督:ハン・ジェリム『観相師―かんそうし出演:チョ・インソン「大丈夫、愛だ」 チョン・ウソン『アシュラ』 ペ・ソンウ『インサイダーズ/内部者たち』 
リュ・ジュンヨル「恋のスケッチ ~応答せよ1988~」

© 2017NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.


韓国衝撃の実話ベース拉致監禁事件映画『消された女』特報


映画情報どっとこむ ralph 精神病棟 に蠢く底なしの欲望と闇― 韓国で起きた 実在の拉致・監禁事件を基に描く、衝撃の社会派サスペンス!!

この度、映画『消された女』が2018年1月20日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開となります。

併せて縦型の特報映像が解禁となりました。


韓国で実際に起きた衝撃の拉致監禁事件をモチーフに作られた映画『消された女』。

ボックスオフィス3日連続1位をかざり話題をさらった。

韓国では、精神保健法第24条を悪用し、財産や個人の利益のために、合法的に健康な人(親族)を誘拐し、精神病院に強制入院させる事件が頻繁に起こり、社会問題になっていた。本作は、それら実際の事件をモチーフに、人間の欲望のおぞましさ、そして、正常な人間が非日常の世界に 突如放り込まれる狂気の現実を我々に問う問題作!

映画情報どっとこむ ralph 主演は『ハロー・ゴースト』『ハーモニー 心をつなぐ歌 』などで知られる女優カン・イェウォン。これま での愛らしいイメージとは異なり、誰もが認める圧巻の体当たり演技を披露。ぞっとするような表情の中に もどこかエロティックでミステリアスな美しさをもつ女性を怪演し、大鐘賞主演女優賞にノミネート。また、 TV プロデューサー役のイ・サンユンは、日本でもファンクラ ブがある人気急上昇のソウル大物理学科出身 のエリート俳優。主に TV ドラマで活躍し、 「いとしのソヨン」で最高視聴率 47%を獲得。本作で映画に 本格的に挑戦し、見事、大鐘賞と青龍映画賞で新人男優賞にノミネートを果たす。

監督は、韓国の国民的アイドル GODや東方神起、神話の PV を制作しビジュアリストとしての地位を確立したイ・チョルハ。

映画『消された女』
英語題:『INSANE』
が 2018 年 1 月 20 日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開

あらすじ・・・
強制入院 106 日目、私 は狂ってなどいない。
大都会の真昼間、通りを一人歩いていた女、カン・スア(カン・イェウォン)は、理由も分からないまま突 如誘拐され、精神病院に監禁された。そこで待っていたのは、強制的な薬物投与と無慈悲な暴力、そしてこれ まで経験したことのない非現実の世界だった。狂気の中で、彼女は病棟での出来事を手帳に記録し始める。 それから一年後、ヤラセ問題で干されかけていた有名 TV プロデューサーのナ・ナムス(イ・サンユン)宛 に 1 冊の手帳が届く。その手帳に記録されていた信じがたい出来事に興味をもったナムスは、カン・スアを訪 ねるが、彼女は殺人事件の容疑者として収監されていた。取材を重ねるごとにスアが体験した衝撃的な事実と その背後に蠢く底なしの闇が明らかになっていく

***********************************

監督:イ・チョルハ
出演:カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ ほか

字幕翻訳:金 仁恵
提供:キングレコード
配給・宣伝:太秦
【2017 年/韓国/カラー/91 分/シネマスコープサイズ/5.1ch/DCP】
(C) 2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED


『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭 ACID部門正式出品モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭にて 最優秀ドキュメンタリー賞受賞の衝撃作!

2016年カンヌ国際映画祭ACID部門正式出品作の衝撃ドキュメンタリー「マダム・ベー(MRS. B, A NORTH KOREAN WOMAN)」(原題)が、この度、邦題を『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』と決定し、初夏シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開する運びとなりました。
さらに、来る3月3日より開催される、第12回大阪アジアン映画祭にて特別招待作品として日本初上映されることも発表されました。

映画情報どっとこむ ralph 中国へ売られた北朝鮮女性Bの数奇な運命家族のための出稼ぎのはずが騙され、中国の貧しい農村に嫁として売り飛ばされた、ある北朝鮮女性B。

最初は憎んでいた中国の夫と義父母との生活を受け入れ、そこで生き抜くために脱北ブローカーとなる。しかし北朝鮮に残してきた息子たちの将来を案じた彼女は、彼らを脱北させ、自らも韓国へと渡る過酷な道を選ぶ。

監督は、フランスと韓国を拠点に映画製作し、カンヌには同作品のほか短編(「ヒッチハイカー」)も出品された注目の新鋭ユン・ジェホ。 

女性Bの中国での生活、そして韓国への脱北の道中にも密着し、彼女の壮絶な生き様を記録した本作は、カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されたほか、モスクワ国際映画祭とチューリッヒ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞受賞するなど、世界各国の映画祭で絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 名もなき中年女性の貪欲で数奇な人生を追った傑作ドキュメンタリーがついに日本公開となる。                        

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白

ユン・ジェホ(Jero YUN)
韓国・釜山出身。フランス、ナンシーのエコール・デ・ボザール、パリのアール・デコ、ル・フレノワで、美術、写真、映画を学ぶ。中編映画「暗闇の中で」(2009)、短編「赤い道」(2010)を演出したのち、短編「約束」(2011)を演出。アシアナ国際短編映画祭で大賞を受賞する。2012年ドキュメンタリー「北朝鮮人を探して」を演出、メキシコ国債短編環境映画祭にて審査員スペシャルメンション賞を受賞した。2013年台北映像委員会が制作したオムニバス映画に参加し、短編「豚」を台湾の女性監督シンイン・チェンと共同で演出し、カンヌ映画祭監督週間、プサン国際映画祭に招待された。

***********************************

2016年/フランス・韓国/72分/DCP/ドキュメンタリー
監督/ユン・ジェホ(Jero YUN)  
(C)Zorba Production, Su:m
   


第11回アジア・フィルム・アワード各ノミネート発表


映画情報どっとこむ ralph 2017年3月21日(火)に香港にて開催される、アジア全域版アカデミー賞「第11回アジア・フィルム・アワード」(AFA)の記者会見が本日香港にて開催され、各ノミネートが発表されました。

本年は、アジア28カ国・地域、約1,600本の映画より12カ国・地域34作品73ノミネート(全15部門)があり、日本からは作品賞候補として深田晃司監督の『淵に立つ』が選出された他、全部門にてノミネートされました。

作品賞ノミニー

作品名 Film Title 電影名稱
製作国・地域 Country / Region 國家 / 地區

哭声 コクソン The Wailing 哭聲
韓国 South Korea 南韓

密偵(原題) The Age of Shadows 密探
韓国 South Korea 南韓

淵に立つ Harmonium 吹不響的小風琴
日本 Japan 日本

ゴッドスピード Godspeed 一路順風
台湾 Taiwan 台灣

I Am Not Madame Bovary I Am Not Madame Bovary 我不是潘金蓮
中国 Mainland China 中國大陸

映画情報どっとこむ ralph 本年の審査委員長は、中国社会の変化を描いた作品で、国際的に高い評価を得てきた、現代中国映画を代表する名匠ジャ・ジャンクー監督。審査委員は香港・台湾で活躍する人気女優カリーナ・ラムや、国際映画祭プログラマー、批評家、業界関係者などが務めます。

第11回アジア・フィルム・アワード授与式は、2017年3月21日(火)に、クリエイト香港/香港映画発展基金による支援のもと、香港を代表する文化芸術ホールである、香港文化センターのグランド・シアターにて開催されます。

映画情報どっとこむ ralph アジア・フィルム・アワード (主催:アジア・フィルム・アワード・アカデミー)
2007年に創設されたアジア映画を対象とした映画賞。東京国際映画祭は2013年より、香港国際映画祭、釜山国際映画祭と共にアジア・フィルム・アワード・アカデミーを創設し、アジアの映画業界と連携し、その年のアジアの映画人を表彰しスポットライトを当てることでアジア映画ファンの創出、世界へのアジア映画の振興、文化交流を図っています。

アジア・フィルム・アワード公式サイト(英語):
www.asianfilmawards.asia
***********************************