「韓国」タグアーカイブ

『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph カンヌ国際映画祭 ACID部門正式出品モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭にて 最優秀ドキュメンタリー賞受賞の衝撃作!

2016年カンヌ国際映画祭ACID部門正式出品作の衝撃ドキュメンタリー「マダム・ベー(MRS. B, A NORTH KOREAN WOMAN)」(原題)が、この度、邦題を『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』と決定し、初夏シアター・イメージフォーラム他にて全国順次公開する運びとなりました。
さらに、来る3月3日より開催される、第12回大阪アジアン映画祭にて特別招待作品として日本初上映されることも発表されました。

映画情報どっとこむ ralph 中国へ売られた北朝鮮女性Bの数奇な運命家族のための出稼ぎのはずが騙され、中国の貧しい農村に嫁として売り飛ばされた、ある北朝鮮女性B。

最初は憎んでいた中国の夫と義父母との生活を受け入れ、そこで生き抜くために脱北ブローカーとなる。しかし北朝鮮に残してきた息子たちの将来を案じた彼女は、彼らを脱北させ、自らも韓国へと渡る過酷な道を選ぶ。

監督は、フランスと韓国を拠点に映画製作し、カンヌには同作品のほか短編(「ヒッチハイカー」)も出品された注目の新鋭ユン・ジェホ。 

女性Bの中国での生活、そして韓国への脱北の道中にも密着し、彼女の壮絶な生き様を記録した本作は、カンヌ国際映画祭ACID部門に正式出品されたほか、モスクワ国際映画祭とチューリッヒ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞受賞するなど、世界各国の映画祭で絶賛!

映画情報どっとこむ ralph 名もなき中年女性の貪欲で数奇な人生を追った傑作ドキュメンタリーがついに日本公開となる。                        

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白

ユン・ジェホ(Jero YUN)
韓国・釜山出身。フランス、ナンシーのエコール・デ・ボザール、パリのアール・デコ、ル・フレノワで、美術、写真、映画を学ぶ。中編映画「暗闇の中で」(2009)、短編「赤い道」(2010)を演出したのち、短編「約束」(2011)を演出。アシアナ国際短編映画祭で大賞を受賞する。2012年ドキュメンタリー「北朝鮮人を探して」を演出、メキシコ国債短編環境映画祭にて審査員スペシャルメンション賞を受賞した。2013年台北映像委員会が制作したオムニバス映画に参加し、短編「豚」を台湾の女性監督シンイン・チェンと共同で演出し、カンヌ映画祭監督週間、プサン国際映画祭に招待された。

***********************************

2016年/フランス・韓国/72分/DCP/ドキュメンタリー
監督/ユン・ジェホ(Jero YUN)  
(C)Zorba Production, Su:m
   


第11回アジア・フィルム・アワード各ノミネート発表


映画情報どっとこむ ralph 2017年3月21日(火)に香港にて開催される、アジア全域版アカデミー賞「第11回アジア・フィルム・アワード」(AFA)の記者会見が本日香港にて開催され、各ノミネートが発表されました。

本年は、アジア28カ国・地域、約1,600本の映画より12カ国・地域34作品73ノミネート(全15部門)があり、日本からは作品賞候補として深田晃司監督の『淵に立つ』が選出された他、全部門にてノミネートされました。

作品賞ノミニー

作品名 Film Title 電影名稱
製作国・地域 Country / Region 國家 / 地區

哭声 コクソン The Wailing 哭聲
韓国 South Korea 南韓

密偵(原題) The Age of Shadows 密探
韓国 South Korea 南韓

淵に立つ Harmonium 吹不響的小風琴
日本 Japan 日本

ゴッドスピード Godspeed 一路順風
台湾 Taiwan 台灣

I Am Not Madame Bovary I Am Not Madame Bovary 我不是潘金蓮
中国 Mainland China 中國大陸

映画情報どっとこむ ralph 本年の審査委員長は、中国社会の変化を描いた作品で、国際的に高い評価を得てきた、現代中国映画を代表する名匠ジャ・ジャンクー監督。審査委員は香港・台湾で活躍する人気女優カリーナ・ラムや、国際映画祭プログラマー、批評家、業界関係者などが務めます。

第11回アジア・フィルム・アワード授与式は、2017年3月21日(火)に、クリエイト香港/香港映画発展基金による支援のもと、香港を代表する文化芸術ホールである、香港文化センターのグランド・シアターにて開催されます。

映画情報どっとこむ ralph アジア・フィルム・アワード (主催:アジア・フィルム・アワード・アカデミー)
2007年に創設されたアジア映画を対象とした映画賞。東京国際映画祭は2013年より、香港国際映画祭、釜山国際映画祭と共にアジア・フィルム・アワード・アカデミーを創設し、アジアの映画業界と連携し、その年のアジアの映画人を表彰しスポットライトを当てることでアジア映画ファンの創出、世界へのアジア映画の振興、文化交流を図っています。

アジア・フィルム・アワード公式サイト(英語):
www.asianfilmawards.asia
***********************************

     


『君の名は。』韓国でNo.1!アジア6冠達成!!!


映画情報どっとこむ ralph 大ヒット上映中の新海誠監督作品『君の名は。』。

この度、1月4日に公開を迎えた韓国でも、初日の興収・動員で第1位デビューを飾りました!さらに公開初日で興収1億突破、動員13万人越えの快挙を達成!

韓国では98年に日本映画が解禁され、一時期日本映画ブームも起きましたが、2004年の「ハウルの動く城」以降、目立ったヒットは大幅に減少。そんな中、『君の名は。』は555スクリーンという、同国での日本映画の公開規模としては新記録となるスクリーン数で公開され(それまでの記録は2015年2月12日に公開された「STAND BY MEドラえもん」の423スクリーン)、見事に初日の興収・観客動員で第1位デビューを飾りました。

韓国1/4映画初日ランキングTOP5(Korean Film Council調べ)
1位:君の名は。
2位:Master (イビョンホン主演の韓国映画)
3位:Passengers(米映画)
4位:Because I Love You(韓国映画)
5位:シング(米アニメーション映画)

日本映画が韓国の映画ランキングで第1位となるのは2004年の「ハウルの動く城」以来13年ぶりになり、これで、日本、台湾、タイ、香港、中国に続きアジアで6冠を果たしました。『君の名は。』は、既に世界125の国と地域で海外配給が決定しており、今後も、各国で順次公開予定。

映画情報どっとこむ ralph 因に・・・・

正月興行を迎えた国内の最新成績は1735万人、224億円を記録。1月13日からは全国の一部劇場にてIMAX上映がスタート(2週間限定上映)。大迫力、かつ高品質の映像と音響で本編を更に楽しむ事が出来きます。是非ニュースとしてお取り上げ、何卒よろしくお願い致します。

最新興行成績(国内)動員17,350,485人
興収22,491,589,800円(16/8/26-17/1/5 133日間)

映画『君の名は。』

大大大ヒット公開中!
まだ観ていない方!是非一度映画館へ!

映画公式サイト:
www.kiminona.com

***********************************

原作・脚本・監督:新海誠
作画監督:安藤雅司
キャラクターデザイン:田中将賀
音楽:RADWIMPS
声の出演:神木隆之介 上白石萌音
成田凌 悠木碧 島﨑信長 石川界人 谷花音
長澤まさみ 市原悦子

制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
配給:東宝
©2016「君の名は。」製作委員会


珠玉の青春劇『グローリーデイ』日本版メインビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ mari 韓国を代表するK-POP グループEXO のリーダー スホ、待望のスクリーンデビュー作『グローリーデイ』がこの度、2016 年10 月8 日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー決定!

10月の映画『グローリーデイ』日本公開を前に、ジス、スホ (EXO) 、リュ・ジュンヨル、キム・ヒチャンと豪華メインキャストが勢ぞろいの日本版メインビジュアルが本日解禁となりました!

そのビジュアルは、悩み多き二十歳の若者4人が旅先で遭遇した、それぞれの運命を揺るがす一夜の事件を描いた本作の世界観を表すように、キャストそれぞれが複雑な想いの表情で立ち尽くし、切なさが胸を打つ印象的なショットなんです。

映画情報どっとこむ mari ファン待望の映画初出演でスホ(EXO)が演じるのは、自分の学費を稼ぐために苦労している祖母の姿に心を痛め、大学進学の代わりに軍隊を選ぶ心優しき青年サンウ。

また、彼と共に入隊前最後の旅に出る友人役に、ドラマ「ラブリー・アラン」などで注目を集め、2016年最も注目される俳優の一人と言われるジス、韓国大ヒットとなったドラマ「応答せよ1988」でツンデレ男子を演じ大ブレイクしたリュ・ジュンヨル、「チーズ・イン・ザ・トラップ」「プロデューサー」と立て続けにヒット作に出演し、“ポスト国民の弟”の名を獲得したキム・ヒチャンら今旬の注目若手俳優が集結しています。
『グローリーデイ』
珠玉の青春劇『グローリーデイ

10月8日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショーです。

公式サイト:
gloryday-movie.com

公式Twitter/Instagram:
@gloryday_movie

映画情報どっとこむ mari 物語・・・
二十歳になったばかりのヨンビ(ジス)、サンウ(EXOスホ)、ジゴン(リュ・ジュンヨル)、ドゥマン(キム・ヒチャン)は、入隊するサンウを見送るために
久しぶりに集まって旅行に出掛ける。友達がすべてのヨンビ、大学進学の代わりに軍隊を選んだサンウ、母に言われるがままの浪人生ジゴン、
父親のコネで大学に入ったドゥマンは、それぞれの人生から抜け出して自由を満喫する。浦項(ポハン)のある海辺ですっかり大人になった気分で浮かれていたのも束の間、
4人一緒なら何一つ怖いものなどなかった彼らの心を揺るがす事件に遭遇する。

配給:クロックワークス
(C)2015 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
***********************************


『暗殺』日本オリジナル予告編解禁!&古家正亨トークイベント



映画情報どっとこむ mari チョン・ジヒョン×イ・ジョンジェ×ハ・ジョンウ
韓国を代表する俳優たちの演技対決に注目!日本オリジナル予告編解禁!
暗殺
昨年韓国で1,270万人の動員を記録し大ヒットし、権威ある青龍映画賞作品賞ほか多数の映画賞を受賞した 『暗殺』原題:암살が7月16日(土)シネマート新宿ほかにて公開となります。そして、その日本オリジナル予告編がついに解禁となりました!

映画情報どっとこむ mari 暗殺作戦をめぐり、スナイパー、密偵、殺し屋、3人の運命が交錯する。

本作は、『10人の泥棒たち』で一躍ヒットメーカーに躍り出たチェ・ドンフン監督が、

チェ監督:運命に対して揺るぎなく進む人々の“思い”というものをスクリーンに描きあげてみたかった。

と語った長年の構想を経て完成させた意欲作。

日本統治下の朝鮮半島を舞台に、祖国独立への強い信念と裏切りが交錯する混沌とした時代の中で、名前を残さず消えていったレジスタンスたちの運命をドラマティックに描き出しています。

注目すべきは、その豪華キャスティング!

強い信念をこめた眼差しが印象的なチョン・ジヒョンは、独立軍きってのスナイパー アン・オギュン役を熱演。

男の色香を備えたイ・ジョンジェは暗殺作戦のために暗殺団を呼び集める冷徹な臨時政府隊員ヨム・ソクチンに扮し、役作りのため2か月で15キロ減量し撮影に挑んでいます。

カリスマ性溢れるハ・ジョンウは暗殺団を殺そうとする謎の殺し屋ハワイ・ピストルをミステリアスに演じています。

さらにベテラン俳優イ・ギョンヨン、重厚な存在感チョ・ジヌン、ムードメーカーのオ・ダルスほか、韓国屈指の演技派が脇を固めています。



そして今回解禁となった日本オリジナル予告編では、日本円で18億円という製作費をかけて再現した、1930年代の上海や京城の街並や実在した三越百貨店も登場し、命を懸けて暗殺工作を企てる者たちの姿が緊張感たっぷりに描かれる。韓国を代表する俳優たちの演技対決、そして迫力ある銃撃アクションシーンにも目が離せません!

映画情報どっとこむ mari さらに本作については、先日9日、シネマート新宿10周年記念として『暗殺』特別先行上映会が開催され、上映前にラジオDJ、MCの古家正亨氏をゲストに迎えてのトークイベントを実施!
0509古家正亨
すでに韓国で1回、字幕版で1回本作をご覧になっていて、開口一番

古家さん:よくこの映画公開することにしましたね!韓国で観たときには正直日本で公開されるのかなぁと思っていたんです。本作は人口5千万人の韓国で、1200万人以上が観たとなると、5人に一人が観たことになる大ヒット映画。だからこそ、日本に関する部分が取り上げられたりするわけですが、実際みるとネットなどで言われているような反日的な意味合いは感じませんでしたね。

と率直に語ります。そして

古谷さん:この映画の字幕がすごい!韓国語のニュアンスを残しつつ、この作品の芯の面白さを失わないように翻訳されています!

と小寺由香さんの字幕をほめる古家さんならではの解説も。そして、

古谷さん:この映画は観てから色々語れる映画。僕の大好きなイ・ジョンジェはもちろん、チョン・ジヒョン、ハ・ジョンウも皆すごい演技なので、この素晴らしいメンバーがこの時代のキャラクターをどう演じているのか楽しみにみてもらいたいし、当時のディテールにこだわったセット、アクション、そして人間ドラマを是非観てほしい。

と熱くお勧めしました。

映画『暗殺

7月16日(土)シネマート新宿ほか全国順次公開です。

映画情報どっとこむ mari 【暗殺】ポスター物語・・・
1933年、杭州。日本統治からの祖国独立を目指す韓国臨時政府は、日本政府要人と親日派を暗殺するため、独立軍最高のスナイパーのアン・オギュン(チョン・ジヒョン)、速射砲(チョ・ジヌン)、爆弾職人(チェ・ドクムン)の3名を上海に結集させる。臨時政府の警務隊長で、日本政府の密偵であるヨム・ソクチン(イ・ジョンジェ)は、彼らを招集する一方、仲間と政府を裏切り、巨額の報酬で“ハワイ・ピストル”と呼ばれる殺し屋(ハ・ジョンウ)に暗殺団3名の殺害を依頼する。ヨムの画策を知らぬまま、暗殺実行のため、上海から京城(現・ソウル)へと送り込まれた彼らには、非情なまでの運命が待ち受けていた…。

***********************************

監督・脚本:チェ・ドンフン『10人の泥棒たち』  
製作:アン・スヒョン、チェ・ドンフン 
脚本:チェ・ドンフン、イ・ギチョル 
撮影:キム・ウヒョン
出演:チョン・ジヒョン、イ・ジョンジェ、ハ・ジョンウ、オ・ダルス、イ・ギョンヨン、チョ・ジヌン、チェ・ドクムン
2015年/韓国/139分/5.1chデジタル/カラー
字幕翻訳:小寺由香
配給:ハーク  
© 2015 SHOWBOX AND CAPER FILM ALL RIGHTS RESERVED.