「青柳翔」タグアーカイブ

EXILE HIRO「jam2」・「jam プロジェクト」立ち上げ宣言『jam』初日舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABU監督の最新作、“因果応報”エンターテイメント・ムービー『 jam』が2018年12月1日(土)初日を迎え、新宿バルト9にて満員の客席を前に、青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団 EXILE9名全員とメガホンをとったSABU監督が登壇し、舞台挨拶を行いました。


『jam』初日舞台挨拶
日時:12月1日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:劇団EXILE全員(青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平)SABU監督

映画情報どっとこむ ralph 場末の演歌歌手を演じた青柳さんは、

青柳さん:監督が撮影中に『鈴木くん、よかったよ』『町田くんよかったんだよなぁ』と他の現場のこ とをぼそっというんです。たきつけられてその気になる。そんなふうにテンション上げてもらいました。

と語る。
一途すぎる男を演じた町田さんは、その爽やかな風貌から想像もつかないエピソードを披露。

町田さん:拾ったブラジャーを振るシーンや (寝たきりの彼女に)ハンドクリームを塗るシーンも監督から「いやらしくおねがいします」と言われて。カットがかかったとた ん現場の女性スタッフから『イヤー!!キモーい!!』て言われて(笑)ありがたかったですね。


またヤクザに復讐を仕掛ける男を演じた鈴木さんはセリフが一切なく、アクションに集中することになったが、

鈴木さん:小野塚、小澤さん、 秋山さんと一緒でしたね。…あ、将康さんもか!

八木さん:おい!一番からみが多かったのに!

と劇団EXILEメンバーと仲の良さを うかがわせるかけあいを見せていた。


どうやら鈴木がターゲットにしている劇団EXILEのいじられキャラは小澤さん。

小澤さん:池に入って芝居をするところ、とても緊張してしまって4回もリテイクを出してしまった。

という話から

鈴木さん:衣装ベルサーチでしょ う?

小澤さん:ペレペレだよ!今日髪型決まってますね。●●●●(髪型にこだわりのある芸能人)風だよ!!

鈴木さん:テーマがあったみたいです(笑)

と生き生きといじりまくっていた。

映画情報どっとこむ ralph また、突然MCからメッセージが届いたようです、と伝えられるとスクリーンに映し出されたのはエグゼクティブ・プロデューサ ーでもあるEXILE HIRO!

場内からも驚きの声が上がる。HIROから劇団EXILEの新たな表現の場として「jam2」の制作と「jam プロジェクト」の立ち上げが宣言された。

さっそく

小澤さん:監督!お歳暮は何がいいですか!?

とごまをすり

佐藤さん:僕が『jam』で1シーンの登場だったのはこの伏線だったん ですね!

と聞くと

SABU監督:次も1シーンだったら面白いね!

と切り返して劇団メンバーは「やたらと売り込むのもあぶないぞ!」と戦々恐々としていた。

最後に

青柳さん:初日をメンバー全員と監督、そして観客の皆さんと迎えられて幸せです。HIROさんのサプライズもありました が、jamプロジェクトをみんなで盛り上げていけるように、楽しみにしていてください!

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILE全員参加&SABU監督最新作 “因果応報“エンターテイメント 映画『jam』

2018年12⽉1⽇(⼟)より新宿バルト9ほか全国公開中

公式HP:

jam



物語・・・
主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも 心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴 挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを 望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして 、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やく ざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の”因果応報” が巡り巡って行くのだった・・・。

***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
監督・脚本・編集:SABU
出演:青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 秋山真太郎 八木将康 小澤雄太 小野塚勇人 佐藤寛太 野替愁平 清水くるみ 筒井真理子
配給:LDHPICTURES
宣伝:フリーストーン
スペック:2018/日本/カラー/シネスコサイズ/5.1ch/102分
©2018「jam」製作委員会


デンジャラス・ハンマーボーイ・鈴木伸之特別映像解禁! SABU監督の最新作『jam』


映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABU監督の最新作『jam』。

2018年12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開となる青柳翔、 町田啓太、鈴木伸之が主演を果たし、3つの運命が交錯する“因果応報”エンターテイメ ントです。今回、主演の一人である鈴木伸之演じるテツオにフューチャーした特別本編 映像を解禁。


明るく快活な喋りが魅力の鈴木伸之が今回挑んだのは、自分を刑務所送りにしたやくざ への復讐を誓う男・テツオ。カナヅチ一つで殴り込みをかける姿はまさに鉄砲玉。今回 セリフは一切なし!という難役挑んだ鈴木だが、その恵まれた肢体から繰り出されるア クションは日本離れした迫力で、まさに「体当たり」な演技。テツオに吹っ飛ばされる メンバーの中には劇団EXILEのあの人・この人が要所で登場するのでお見逃しなく!

派手なアクションの一方で、夜の街をただ闊歩する姿や亡き夫の幻影を追い求める老い た祖母の車いすを押す姿からはセリフなくとも体の中に渦巻く怒りや悲しみを全身から 漂わせ、言葉以上のエモーショナルな感情を伝えてくる。俳優・鈴木伸之の新たな一面 にご注目ください。

映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILE全員参加&SABU監督最新作 “因果応報“エンターテイメント

映画『jam(読み:ジャム)

2018年12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

公式HP:
https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/


主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支え られ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコン サート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の 暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷 を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこ と”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして 、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りに したやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らの ストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の”因果応報” が巡り巡って行くのだった・・・。

***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO

監督・脚本・編集:SABU
出演:青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 秋山真太郎 八木将康 小澤雄太 小野塚勇人 佐藤寛太 野替愁平 清水くるみ 筒井真理子

配給:LDH PICTURES
宣伝:フリーストーン
スペック:2018/日本/カラー/シネスコサイズ/5.1ch/102分
©2018「jam」製作委員会


青柳翔・町田啓太・鈴木伸之『jam』劇団EXILEメンバー和太鼓!第31回東京国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABU監督の最新作、“因果応報”エンターテイメント・ムービー『jam』が2018年12月1日(土)からの公開に先駆け、第31回東京国際映画祭特別招待作品として正式上映され、上映後には劇団EXILEメンバーによる和太鼓乱れ打ちと、青柳翔が本作で演じた横山田ヒロシに扮して“最初で最後の歌謡 ショー”を行い、圧巻のエンターテイメントSHOWを繰り広げました。


日付:11月1日(木)
会場:EXシアター六本木
登壇:劇団EXILE(青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、 小野塚 勇人、佐藤寛太)SABU監督
和太鼓演奏:秋山、八木、小澤、小野塚、佐藤
歌唱:青柳翔
青柳応援隊:町田啓太、鈴木伸之

映画情報どっとこむ ralph 暗転し静まり返った場内、舞台上には大きな和太鼓が登場!

秋山真太郎・八木将康・小澤雄太・小野塚勇人・佐藤寛太の5名が登場すると待ちに待ったファンからは熱い声援が!
生の和太鼓パフォーマンスにはファンのみならず会場中のボルテージが上がる。そして再び暗転すると会場に響き渡る力強いイントロ!サイリウム光り輝く客席から華やかに登場したのは…。


ローカル演歌歌手・横山田ヒロシ(青柳翔)
映画さながら「ヒロシ―!」の掛け合い響く中、代表曲「こんばんは、ありがとう」を歌い上げる。
コミカルな動きとセクシーなしぐさで 会場を魅了した。

そして町田啓太・鈴木伸之の2人も客席から登場!
会場のお客様にプレゼントを配りながらステージに登場し た。 SABU監督との現場でのエピソードを問われると

青柳さん:監督と2人で悪だくみをしながら一生懸命撮影させてもらいました。
と語った。劇中のヒロシの振り付けはSABU監督が考えていたそうで

SABU監督:絵コンテにもかいてあります(笑)

とのこと。その振り付けをメンバーと観客で一緒にやってみる一幕も。

映画情報どっとこむ ralph 町田さんは、願掛けのために“善いこと貯金”をする男を演じているがちょっとくせのある役どころ。
町田さん:ブラジャーを拾い上げるシーン があるんですけど、監督からは『もっとイヤーらしく(ブラジャーを)フリフリして!』と言われました!

と語り場内の爆笑を誘っていた。カナヅチを手にやくざに復讐していく男を演じた鈴木さんは全編にわたりセリフはなくアクションで演じていますが
鈴木さん:撮影が冬だったのですごく寒くて、池に入るシーンもありきつかった。でも怪我せず無事終われてよかったです。

と撮影を振り返った。
アクションシーンを鈴木さんとともに演じた秋山さんは

秋山さん:回し蹴りを食らうシーンがあったんですけど、ガードをまいてはいたものの実際 当たると『ぐふぅ!』というような普段ださないような声が出ました(笑)

と笑顔で語っていました。

また、劇団EXILEと映画を作り上げ

SABU監督:『jam』より『jam2』のほうがおもしろいかなって(劇団メンバー「まだ撮っ てないじゃないですか!!」と総ツッコミ、場内爆笑)劇団はみんな仲が良いので、現場も楽しくやれました。作戦通りきっちり ハマった感じです!!
と続編への手ごたえも満面の笑みで語った。 そして最後に

青柳さん:劇団EXILE全員で映画をという貴重な体験をさせていただきました。たくさんの方々にご覧いただきたいと 思います。

と万感の思いで締めくくり、笑いと歓声に満ちた熱気あふれる舞台挨拶が終了した。

映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILE全員参加&SABU監督最新作 “因果応報“エンターテイメント 映画『jam(読み:ジャム)』

2018年12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

公式HP:
https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/

主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも 心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴 挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを 望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして 、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やく ざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の”因果応報” が巡り巡って行くのだった・・・。

映画情報どっとこむ ralph
<第31回東京国際映画祭 開催概要>

イベントタイトル: 第31回東京国際映画祭
主催:公益財団法人ユニジャパン
共催: 経済産業省(TIFFプラス)、国際交流基金アジアセンター(アジア映画交流事業)
東京都(コンペティション部門、ユース部門)
開催期間: 2018年10月25日(木)~11月3日(土・祝)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
公式サイト:www.tiff-jp.net

©TIFF


***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
監督・脚本・編集:SABU
演:青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 秋山真太郎 八木将康 小澤雄太 小野塚勇人 佐藤寛太 野替愁平 清水くるみ 筒井真理子 ◾配給:LDHPICTURES

宣伝:フリーストーン
スペック:2018/日本/カラー/シネスコサイズ/5.1ch/102分
©2018「jam」製作委員会




劇団EXILEメンバー総出演。SABU監督エンタメ・ムービー『jam』


映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILEの全メンバーが総出演、疾走感溢れるSABU監督の最新作、“因果応報”エンターテイメント・ムービー『jam』が2018年12月1日(土)か ら新宿バルト9ほかにて全国公開、この度キービジュアルが解禁となりました。

今回解禁となるキービジュアルでは“この愛は天国か地獄か“というキャッチコピーが踊り、一筋縄ではいかない運命【因果応報】に翻弄される人々を描く本作のテーマを表現。

本作は、EXILE HIROプロデュースによる完全オリジナル新作映画プロジ ェクト。先日本作の歌唱シーンが解禁され、衝撃のクオリティが話題を呼んだ青柳翔、
現在放映中のTVドラマ「中学聖日記(TBS系/毎週火曜22 時)で、”あのイケメンは誰だ!”と再注目を浴びる町田啓太、
「あなたの ことはそれほど」(2017)の鈴木伸之らが主演を果たします。

映画情報どっとこむ ralph 劇団EXILE全員参加&SABU監督最新作 自らの行いはすべて自分にはねかえってくる…“因果応報“エンターテイメント!

映画『jam(読み:ジャム)


2018年12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開

公式HP:
https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/

主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファ ンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えてい る。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・昌子(筒井真理子)に付き まとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だ けを望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識 が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして、刑期を終え、刑務 所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざ に復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのス トーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の”因果 応報”が巡り巡って行くのだった・・・。

***********************************

エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
監督・脚本・編集:SABU
出演:青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 秋山真太郎 八木将康 小澤雄太 小野塚勇人 佐藤寛太 野替愁平 清水くるみ 筒井真理子
配給:LDH PICTURES
宣伝:フリーストーン
2018/日本/カラー/シネスコサイズ/5.1ch/102分
©2018「jam」製作委員会
    


『Our Birthday』青柳翔、Yuki Saito監督、JAY’EDが登壇!『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』


映画情報どっとこむ ralph 6月22日(金)公開の映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。

詩と音楽、映像を一つに融合した<CINEMA FIGHTERS project>の最新作、 映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。公開3週目となる7日(土)には、6作品のうち1作である『Our Birthday』から、青柳翔さん、Yuki Saito監督、JAY’EDさん登壇の公開記念舞台挨拶が行われました。

日付:7月7日(土)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:青柳翔、Yuki Saito監督、JAY’ED

映画情報どっとこむ ralph MCから「Our Birthday」の脚本を読んだときの印象を聞かれると、

青柳さん:まじか…と思いました。英語台詞があったので、不安になりました。でも、チャレンジはしないよりしたほうがいいと思いましたし、監督にこれから 英語作品にも挑戦するきっかけになってほしいと言っていただいたので、チャレンジしました。

と前向きにとらえた当時の事を振り返りました。

しかしながら撮影現場でも緊張したままだったという青柳さんは、

青柳さん:英語芝居への緊張がスタッフさんにも伝わっていて、2日目に英語 芝居が全て終わった時に、“青柳さん、英語クランクアップです!”って言っていただいたのが良い思い出でした。

と語りました。そんな青柳さんに対して、

Yuki監督:勝手にLDH JAPANの人って、みんな英語がペラペラだと思っていたんです。
と話し、自身も青柳さんが英語を話せないことを知って驚いたと述べ、会場には笑いが起きました。

映画情報どっとこむ ralph そして、今回は小竹正人の“詩”から生まれた作品ということで、詩からどのように作品が生まれたのかという質問が及ぶと、
Yuki監督:お二人の声が呼応するような綺麗な曲でした。最初に聴いただけで、イメージが溢れてくるというタ イプの監督もいらっしゃると思うのですが、僕は“これは深いぞ…”と何度も何度も繰り返し聴いて考えました。恋愛の曲なんですが、ただのカップルじゃなくて、2人の間には何か大きな壁がある、そんなイメージを感じました。

と、ストーリーを考えるまで聞き込んだといい、主題歌『How about your love?』というタイトルについても、

Yuki監督:15分の作品の後 にエンドロールが流れるのですが、“映画の中の二人の愛はこういった形でしたが、あなたの愛はどうですか?”と問いかけるようなものにしています。

と述べ、他にはない1つの映画作品の中に6回もエンドロールがある本作のエンドロールはブレイクタイムではなく、それぞれの作品を思い返すような時間にしてほしいと語りました。


また、主題歌を担当したJAY‘EDさんは、
JAY‘EDさん:普段は映画があって、それに合わせて詩を書いたり曲を作ったりするのですが、今回は楽曲が先行というこ とで、とても新鮮でしたし、どのような映画ができるのか楽しみにしていました。実際出来たものを観ると、全く予想と 違ったストーリーで、エンディングの曲が流れたときには、レコーディングで歌った時のイメージともまた違った印象を 感じることができました。」と楽曲と映画のコラボレーションに新鮮さをコメント。

本作が初タッグとなった青柳とYuki監督はお互いの第一印象について、

Yuki監督:過去の出演策を観ていたので、もっと クールでスタイリッシュな方がいらっしゃるのかと思っていたら、青柳さんが意外と天然で接しやすくてびっくりしました。

青柳さん:英語がペラペラだと伺っていたので、びくびくしていました。

と述べました。

さらに撮影中のエピソードを問われると、

Yuki監督:三日間の短い撮影だったんですが、とても濃厚な時間だったねとみ んなで話していました。

と述べ、

青柳さん:カメラに写ってなくても目線でお芝居してくださる佐津川さんに助けられていま した。

と現場を振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph 今回のショートフィルムの製作、そして楽曲について問われると、

Yuki監督:サッカーに例えると、試合時間最初から最 後まで全力で走り続けることはできない。長編作品が緩急をつけながら進むのに対して、ショートフィルムは走り 抜けることができるんです。長編でやると怒られるようなサプライズができるのがショートフィルムの魅力だと感じまし た。

と述べ、

JAY‘EDさん:JAY‘EDらしく歌ってくれと言っていただいたので、気負わずに歌うことができました。今まで 色々な女性アーティストとデュエットしてきましたが、鷲尾さんの声は透き通る綺麗な声で、楽曲の切なさをより引き出して くれていたので、それをサポートするような気持でもありました。

と、観客の楽曲への期待が膨らむコメントを述べました。

映画情報どっとこむ ralph そして、イベント当日は7月7日の“七夕”ということで、登壇者それぞれの願い事についても質問。

EXILEの新アルバムに楽曲のプロデュースや作詞作曲で携わって

JAY‘EDさん:新しい楽曲が一人でも多くの人に届くといいなと思っています。

とコメント。

青柳さん:今年中に監督の作品にまた出られますように。

とすぐ隣にいるYuki監督に願い事。


最後に・・・

Yuki監督:かなっちゃいました。作品でできた縁を大切にしているので、また今回の映画で出会った方々と長編作品や ドラマで会いたいです!

と再タッグに意欲をみせ、

Yuki監督:今も新しい作品を撮影中なんですが、是非青柳さんにも出ていただければ…

と早速のオファーに

青柳さん:是非!

と即答。イベントは幕を 閉じました。

ウタモノガタリ-CINEMAFIGHTERSproject-


本作は、
『トイレのピエタ』松永大司監督作『カナリア』にTAKAHIRO。
『舟を編む』石井裕也監督作『ファンキー』に岩田剛典。
『0.5ミリ』安藤桃子監督作『アエイオウ』に白濱亜嵐。
『663114』平林勇監督作『Kuu』に石井杏奈、山口乃々華、坂東希。
SSFF & ASIAで4度「観客賞」を受賞しているYuki Saito監督作『Our Birthday』に青柳翔。、
映画『こころ、おどる」岸本司監督作『幻光の果て』に山下健二郎。

の6篇からなる短編集。



***********************************

『カナリア』監督・脚本:松永大司
キャスト:TAKAHIRO 夏帆 髙野春樹 塚本晋也
主題歌「Canaria」byEXILE TAKAHIRO

『ファンキー』監督・脚本:石井裕也
キャスト :岩田剛典 池松壮亮 前田航基 芹澤興人 岡根拓哉 美山加恋 / 伊佐山ひろ子 麻生久美子
主題歌「東京」by三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

『アエイオウ』監督・脚本:安藤桃子
キャスト :白濱亜嵐 木下あかり 林寿美 奥田瑛二
主題歌「何もかもがせつない」byGENERATIONS from EXILE TRIBE

『Kuu』監督・脚本:平林勇
キャスト :石井杏奈 山口乃々華 坂東希 麿赤兒 筒井真理子 平山祐介 野島直人
主題歌「あの子のトランク」byDANCE EARTH PARTY

『Our Birthday』監督・脚本:Yuki Saito
キャスト :青柳翔 佐津川愛美 ランディ・ジャクソン/芦名星 余 貴美子
主題歌「How about your love?」byJAY’ED & 鷲尾伶菜

『幻光の果て』監督・脚本:岸本司
キャスト :山下健二郎 中村映里子 大城優紀 加藤雅也
主題歌「Baby Shine」by DEEP
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO

企画・プロデュース:別所哲也
コンセプトプロデューサー:小竹正人
配給:LDH PICTURES
©2018 CINEMA FIGHTERS