「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」タグアーカイブ

石川界人「皆さんは、立派な“青春ブタ野郎”です!」大ヒット御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 劇場公開となった、アニメ「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」。原作シリーズの第6弾と第7弾にあたる、感涙のストーリーを描き切ります。

この度、公開から2週連続で週末の興行成績TOP10入りを果たし、約2.5億円の興行収入(6月28日時点)を記録している『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』。公開3週目に差し掛かろうとしている6月28日(金) には、TOHOシネマズ上野にて大ヒット御礼舞台挨拶が開催された。

皆さんは、立派な“青春ブタ野郎”です!
日付:6月28日(金)
場所:TOHOシネマズ上野
登壇:梓川咲太役・石川界人、桜島麻衣役・瀬戸麻沙美、
司会:天津 向

映画情報どっとこむ ralph イベントには、梓川咲太役・石川界人、桜島麻衣役・瀬戸麻沙美、司会の天津 向が登壇。
本編上映後のファンを前にネタバレありのトークを展開した。

興行成績TOP10入り、興行収入約2.5億円という快挙について、登壇早々に喜びを露わにするキャスト陣。劇場に何度足を運んだのかを尋ねると、当日集まったほぼすべてのファンがリピートしていることが明らかになり、石川は「立派な青春ブタ野郎じゃないですか!」と褒め称える。

さらに、12回も足を運んだ猛者が見られると、ヘビーなリピーターに向けて石川は「どうかしてますよ! みなさんは!!(笑)」と作中の咲太を彷彿とさせるセリフで驚愕した。

なお、Twitterに投稿された感想ツイートを毎日欠かさずにチェックしているという石川。その内容を見て「見どころを理解してもらえているためか、ネタバレをしないように感想を投稿してくれていて、めちゃめちゃ嬉しいです!」と熱く語る。初見の観客への配慮を欠かさない愛情深いファンの多さに「いいお客さんに恵まれた」と笑顔を浮かべた。

瀬戸は初日舞台挨拶の日に検索している中で見つけた、昼からビールを飲みつつ『ゆめみる少女』を観ていたファンのツイートを例に挙げると「映画だけではなく、映画を含めた1日を楽しんでくれているのは嬉しいな」と話し、会場は温かい空気に包まれた。

なお、向が藤沢の初日舞台挨拶で呟かないでほしいと呼びかけた「MCは鷲崎健さんの方が良かった」という内容は、残念ながらツイートされていたそう。さらに「僕も“石川プロ見てる?イェーイ!”という煽りはされていました(笑)」と石川。一方の瀬戸は「私は煽られてなかったなぁ(笑)」と安心していたものの、チェックを欠かさない石川に「よく調べてみて? あったよ?」とアッサリ指摘されてしまった。

今回はネタバレOKの舞台挨拶ということもあり、改めてキャスト陣のお気に入りのシーンを聞いていくことに。

瀬戸は、中学生翔子がクリスマスに咲太と出かけたいことを打ち明ける場面をピックアップ。「病のことで悩んでいると思うんですけど、その中でも自分が想いを寄せる年上の相手に“一緒に出かけたい”と勇気を持って言うところがとても可愛らしくて、翔子さんの女の子らしさや、病を抱えているけど心配させたくない気持ち。そんな彼女の可愛らしい魅力が詰まっているなと思いました」と語る。

石川も「その後に“みんな一緒に……”って付け加えてビビってしまうところが……可愛いよね!!」と溜めながらも激しく同意し、向から「ブタ野郎になってますって!」とツッコミが入れられた。

さらに同シーンについて石川は、咲太が来る前に点滴を隠す仕草を見て「可愛いなぁって思いましたね。しかも、好きな人の前だから前髪もいじっていて……もう可愛い!」とヒートアップさせていく。

続けて、翔子の来訪に包丁を持って迎える場面が麻衣のお気に入りシーンだと答え「本当に可愛い! 全然冷静じゃないのに“私は冷静よ”って言っているところは本当に可愛い!」と語る。

また、石川が一番嬉しかったのは、麻衣に「ちょっと手伝って」と言われたシーンなのだとか。瀬戸から「(収録の際に)強く言い過ぎちゃったかなと思いましたが、OKが出たので“これくらいの距離感でいいんだ”と認識しました。なかなか“手伝って”とは言いづらいじゃないですか」と裏話が明かされると、石川・向ら“自称・ブタ野郎ズ”(命名:向)が声をピッタリ合わせて「たしかに」と頷き賛同していた。

ここで、目前に控えた七夕にちなみ「『青ブタ』に関する願い事は?」との質問が。しかし、瀬戸に「願い事を聞くならまずは自分からでしょ!」と返されてしまった向は、いち『青ブタ』ファンとして「第2期をお願いしたい」と即座に回答。

瀬戸は、先日発表されたドン・キホーテとのコラボを踏まえつつ「まだ『ゆめみる少女』を観ていない人の目にも触れていただきたいので、こういったコラボが増えたらいいな」と、石川は興行収入にちなんで「原作が2億5千万部くらい売れてほしい」と作品のさらなる盛り上がりを願った。

また、個人的な願い事についても尋ねられると、石川は「動画の編集能力がほしい」とコメント。「ハマっているゲームがあるんですけど、そのゲーム実況が面白くて(僕も実況を)やってみたいんです」と理由を明かした。

「動画と言えば私もYou Tube大好きっ子としては編集・撮影技術がほしいですね」と続けたのは瀬戸。すると「勢いだけで三脚を買ってみたんですけど……」とカミングアウト。

「本当はお魚を捌いているところとかを撮りたいんですけど、全然そんな余裕がなくて。唯一撮った動画は、友達が誕生日にプレゼントしてくれた炊飯器の開封動画なんです(笑)」という意外な事実に客席から驚きの声が漏れ聞こえると、石川は「瀬戸さんが身につけてくれたら僕はお金を払って頼むのでそれでいいです(笑)」と先ほどの願い事を撤回。

主人公&ヒロイン声優による動画制作タッグの内定(?)に、すかさず「青ブタチャンネルじゃないんですから!」と向がツッコミを入れると、当の石川からは「いいですね!」と意外と乗り気な返答が飛び出し、会場は笑いに包まれた。

最後の挨拶で石川は、先日行われた打ち上げで多くの関係者の愛を改めて実感できたと語り、ファンにも長く『青ブタ』を愛してほしいと呼びかけ会場を後にした。

映画情報どっとこむ ralph アニメ「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない

【Story】
空と海が輝く街“藤沢”に暮らす梓川咲太は高校二年生。
先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧ノ原翔子の出現により一変する。
何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。
やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。
そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始める――。


***********************************


原作:鴨志田 一(電撃文庫刊 「『青春ブタ野郎』シリーズ」)
原作イラスト:溝口ケージ
監督:増井壮一
脚本:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:田村里美
音楽:fox capture plan
制作:CloverWorks
製作:青ブタ Project
出演:梓川咲太:石川界人、桜島麻衣:瀬戸麻沙美、牧之原翔子:水瀬いのり
古賀朋絵:東山奈央、双葉理央:種﨑敦美、豊浜のどか:内田真礼、梓川花楓:久保ユリカ
  


石川界人、瀬戸麻沙美ら人気声優が思春期当時の自分に伝えたメッセージとは!「青ブタ」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」の初日舞台挨拶が6月15日(土)新宿バルト9にて行なわれました。

TVアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』の放送終了から約半年、ついに公開を迎える『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』。TVアニメ最終回のその後が描かれる本作では、多くの謎を残していった少女・牧之原翔子の真実が明らかになる。

この初日舞台挨拶は、全国30館でのライブビューイングを実施するほどの盛況ぶりを見せた。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
日付:6月15日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:石川界人、瀬戸麻沙美、水瀬いのり、東山奈央、種﨑敦美

映画情報どっとこむ ralph 司会の天津 向の呼び込みによって、梓川咲太役・石川界人さん、桜島麻衣役・瀬戸麻沙美さん、牧之原翔子役・水瀬いのりさん、古賀朋絵役・東山奈央さん、双葉理央役・種﨑敦美さんが登壇すると、会場ならびに全国のファンへ向けて挨拶を述べていく。

「AnimeJapan 2019」のステージぶりに本作のイベントを参加した東山さんと種﨑さん。
公開を迎えた今の心境について、

東山さん:こんなにも優しくて心動かされる作品になることは、アフレコをしているときから感じていましたし、この『ゆめみる少女』にたどり着くためのTVアニメだったのかなという気持ちもあります。(今作で)集大成が描かれて“一片の悔い無し”というくらい、すごい作品が出来上がったように感じました。

とコメント。

種﨑さん:私は『青ブタ』ファンなので、完成披露上映会のときも“早く観たい!”と思っていたんです。“今日を迎えられた嬉しい気持ちが天気に出ちゃったかも”と思っていて、もう嬉し涙が止まりませんね(笑)

と、会場の誰よりも楽しみにしていたことを明かす。

映画情報どっとこむ ralph そんな水瀬さんと掛け合う石川さんは、TVシリーズと比べて圧倒的な台本の厚さに驚いたそう。TVアニメ本編のみだと21分だったものが、今作では約1時間30分。

石川さん:絶対に集中力を切らせられない。

と、TVアニメ以上に気合を入れて臨んだことを明かした。

石川さん:このパワーの台本に、なあなあの芝居をしたら程々のものが出来上がるだろうと思って。せっかく良い台本なら、120%を出していかないと多分負けるだろうという気持ちがありました」とも語る。その熱演ぶりは、収録の翌日に声が出なくなるほどだったそう。

改めて今作で注目してほしいポイントを尋ねられたキャスト陣。
なお、本舞台挨拶は上映を控えた観客に向けているため、ネタバレを避けつつ見どころを紹介しなくてはらない。

すると、真っ先に手を挙げたのは瀬戸さん。声高らかに「麻衣さんの選択!」と呼びかけると、作中で訪れる麻衣の選択について、しっかりと見届けてほしいと熱弁した。その後、すぐさま石川さん・水瀬さんが「咲太の選択!」「翔子の選択!」と瀬戸の答えに倣って回答すると、残されてしまったのは東山さんと種﨑さん。

今作の中心となるのは咲太・麻衣・翔子となるため、先ほど挙げられた“選択”は当てはまらないのだが、それぞれ「朋絵の登場(東山)」「双葉の感情(種﨑)」と答え、瀬戸から続いた流れを崩さずに見事完遂。この回答に対し石川・瀬戸・水瀬は、ふたりを言い表すにはピッタリの言葉だと太鼓判を押した。


映画情報どっとこむ ralph また、30館の劇場で行われているライブビューイングについて

種﨑さん:それだけの方が楽しみに待ってくださっていることを思うと、『青ブタ』は愛されているんだなって。

と、ファンの愛情を噛みしめるように笑顔を見せた。


今作がお当番回の翔子だが、初めて台本に目を通した際の印象について、

水瀬さん:TVシリーズでは、謎めいた女の子という描かれ方だったこともあって、長台詞や幅広いシーンセレクションに合わせて出番があるというより、一対一のシチュエーションが多くて。だから、今作の台本をもらったときは(翔子が)ものすごく喋っていたので、“いい意味で”久しぶりに眼精疲労を伴ったというか……翔子という文字がまぶたに襲いかかるというか……(笑)

と振り返る。

しかし、

水野さん:キービジュアルを見ていただけると分かる通り、“翔子さん”としての姿もあれば、“翔子ちゃん”の姿もあって。それを見て“拍車をかけて大変なことになりそうだな、頑張ろう!”という気持ちになりました。

と続けて、今作へ懸けた熱意が窺える一幕となった。


映画情報どっとこむ ralph ここで、作中の思春期症候群にちなみ、思春期だった当時の自分に伝えたいメッセージを発表することに。

10秒という制限時間が設けられたが、

石川さん:10秒もいらない!頑張って友達を作ろうとしなくていいんだよ……。

と4秒程度で述べ、その言葉を聞いた過去の自分は泣き崩れて走り出すだろうと自己分析していた。続いて、

瀬戸さん:オーディションを受けて良かったね。

と過去の自身へ向けて称賛の言葉を贈る。当時は、声優になるため、養成所や劇団への道を考えていたという瀬戸。しかし、何も知らないが故に、勇気を出して最初からオーディションを受けた自分を褒めたいと語る。

水瀬さん:声優雑誌に載っちゃうぞ♪

と軽快に答え。当時は毎月購入していた上、サイン入りポラロイドのために読者プレゼントまで応募していたそう。しかし、今となっては水瀬さん自身が誌面を飾り、逆に自らのサイン入りポラロイドを欲してもらえるという現状に

水瀬さん:夢のまた夢の世界だと思っていた。

と目を輝かせた。次に

東山さん:10秒じゃ足りない!

と言ったところ、早々と済ませた前の3人から余剰分のタイムを分けてもらうことに。そして

東山さん:まず君は声優を目指しているが、とりあえず10年は声優をやれるぞ。そして、今勉強をめちゃめちゃしているが、それはすべて忘れる! だから、友達をいっぱい作っておけ! 門限は守らなきゃいけないが、ちゃんと友達と遊んでコミュニケーションを取るんだ!

と、時間いっぱいで最大限の想いを言葉にした。

ラストの種﨑さんも先ほどの東山さんと同じく、余剰分のタイムを加算した状態でスタート。

東山さん:思ったことがあったら全部伝えた方がいいですよ! 大人になってそのときのことを思い出しても、恥ずかしいことになっていたとしても“いや、あの頃なんでね……”みたいに考えられるので全然大丈夫ですよ!

と懸命に考えながら発言するものの、時間が迫っていく。そして、

東山さん:あと、声優辞めたいなと思う瞬間がもしかしたら来るかもしれないんですけど、続けていれば……。

と言いかけたところでまさかのタイムアップ。過去の種﨑からすれば、未来の自分が非常に気になることを言いかけて去ってしまったという展開に、会場は笑いに包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・、キャスト陣を代表して

石川さん:観ていただければ絶対に感動できますし、絶対に泣けるし、絶対に心に残る作品になると確信しております。咲太もいっぱい喋りますし、頑張るんですけど、ヒロインたちの活躍がなければこの物語は絶対にありません。ぜひヒロインたちに注目してご覧いただければと思います。

とメッセージが贈られた。

そして、その言葉に対して

水瀬さん:花丸ですね!

とコメントが。

石川さん曰く、本編を観ることで水瀬さんの発言の意図が明らかになるという。そんなファン心をくすぐる置き土産が残されたところで、イベントは締めくくられた。



『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』

2019年6月15日(土)全国ロードショー

BS11 : 2019年7月8日(月) 24:30~ より 放送開始

【Story】
空と海が輝く街“藤沢”に暮らす梓川咲太は高校二年生。
先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧ノ原翔子の出現により一変する。
何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。
やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。
そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始める。



***********************************

原作:鴨志田 一(電撃文庫刊 「『青春ブタ野郎』シリーズ」)
原作イラスト:溝口ケージ
監督:増井壮一
脚本:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:田村里美
音楽:fox capture plan 
制作:CloverWorks
製作:青ブタ Project

出演:

梓川咲太:石川界人、桜島麻衣:瀬戸麻沙美、牧之原翔子:水瀬いのり

古賀朋絵:東山奈央、双葉理央:種﨑敦美、豊浜のどか:内田真礼、梓川花楓:久保ユリカ



『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』 桜島麻衣 湘南藤沢フィルム・コミッションPR大使に!


映画情報どっとこむ ralph 今回、2019年初夏に劇場公開となる『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』のヒロイン桜島麻衣が舞台・藤沢市の「2019年夏 湘南藤沢フィルム・コミッションPR大使」に任命されることとなりました!
さらに!「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」の公開を記念し、藤沢市では6月1日より青ブタデジタルスタンプラリー第2弾を開催‼スタンプラリーを達成した方に湘南藤沢フィルム・コミッションPR大使の桜島麻衣のオリジナル名刺がプレゼントされます!

映画情報どっとこむ ralph ★2019年夏 湘南藤沢フィルム・コミッションPR大使
ヒロイン・桜島麻衣が「2019年夏 湘南藤沢フィルム・コミッションPR大使」に任命‼
期間:2019年6月1日(土)~8月31日(土)

5月27日に藤沢市観光センター案内所で行われた委嘱式では、
湘南藤沢フィルム・コミッション委員会・会長 相澤光春(あいざわ みつはる)から
『青春ブタ野郎』シリーズ原作者 鴨志田 一(かもしだ はじめ)が代表として委嘱状を受け取りました。

<コメント>
相澤 PR大使は様々な目的、経緯からお願いすることがありますが、今回は湘南・藤沢を舞台とするアニメ作品のキャラクターにPR大使をお願いすることとなりました。これは湘南・藤沢とアニメを結び付けることができる今の時代にあった任命ができたのではないかと喜ばしく思います。また、今後のPR大使としてのご活躍を期待しております。

鴨志田 作品の中で生まれたキャラクターが実際の湘南・藤沢のPR大使という大役を担わせていただくということは大変光栄なことだと感じております。少しでも藤沢市のお役に立てるよう麻衣さんには働いていただきたいという思いと共に、ゆめみる少女を見ていただいた方には是非、藤沢市へ足を運んでいただけると嬉しく思います。

委嘱式
左から湘南藤沢フィルム・コミッション委員会・会長 相澤光春、『青春ブタ野郎』シリーズ原作者 鴨志田 一、アニプレックス奈良駿介

映画情報どっとこむ ralph ★青ブタデジタルスタンプラリー第2弾

スマホアプリ「舞台めぐり」を使用したデジタルスタンプラリーの第2弾が開催!藤沢市の全7か所のスポットを巡り、スタンプラリーを達成し、片瀬江の島観光案内所にいらした方には、「桜島麻衣の2019年夏 湘南藤沢フィルム・コミッションPR大使 オリジナル名刺」がプレゼントされます‼また、第2弾のスタンプラリーでは各スポットをクリアすると桜島麻衣のオリジナルボイスを聞くことができます!

【開催期間】2019年6月1日(土)~7月31日(水)
【参 加 費】無料


『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』

■Story
空と海が輝く街“藤沢”に暮らす梓川咲太は高校二年生。
先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧ノ原翔子の出現により一変する。
何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。
やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。
そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始める――。

***********************************

■Cast
梓川咲太:石川界人
桜島麻衣:瀬戸麻沙美
牧之原翔子:水瀬いのり
古賀朋絵:東山奈央
双葉理央:種﨑敦美
豊浜のどか:内田真礼
梓川花楓:久保ユリカ

■Staff
原作:鴨志田 一(電撃文庫刊 「『青春ブタ野郎』シリーズ」)
原作イラスト:溝口ケージ
監督:増井壮一
脚本:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:田村里美
プロップデザイン:髙田 晃
美術設定:藤井一志
美術監督:平柳 悟/薄井久代
色彩設計:横田明日香
CGディレクター:野間裕介
撮影監督:関谷能弘
2Dデザイン・モニターワークス・特殊効果:内海紗耶
編集:三嶋章紀
音響監督:岩浪美和
音楽:fox capture plan
制作:CloverWorks
製作:青ブタ Project
配給:アニプレックス


劇場公開完全新作アニメ「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」本予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 2018年10月より放送され、多くの反響を呼んだTVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」は、空と海が輝く町・藤沢を舞台に描かれる、切なくも瑞々しい思春期ファンタジー。

そしてTVシリーズに続き、6月15日より劇場公開となる完全新作アニメ「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」。原作シリーズの第6弾と第7弾にあたる、感涙のストーリーを描きます。

この度、本作の劇場公開へ向けて、ファン待望の本予告が解禁となりました。
予告では重い病気を抱える中学生の翔子と同一人物だと語る大人の翔子、これまで謎のままだった胸の傷が開く咲太、咲太との未来を願う麻衣が映し出さている。それぞれの思いを抱えながら苦渋の決断を迫られる咲太の姿が描かれています。


映画情報どっとこむ ralph そして「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」の劇場公開を記念し、エンタバアキバにて「青春ブタ野郎展 in 秋葉原」の開催が決定!原作小説イラストやTVアニメシリーズの生原画などを展示のほか、描き下ろしイラストを使用した会場限定グッズの販売も行います!
開催期間:6月1日(土)~24日(月)
会場:エンタバアキバ by WonderGOO SHINSEIDO
営業時間:11:00~20:00
所在地:〒101-0021 
東京都千代田区外神田1丁目2-7 オノデン秋葉原本館B1階
www.wonder.co.jp/eakiba/

映画情報どっとこむ ralph さらに電撃文庫『青春ブタ野郎』シリーズ(著/鴨志田 一、イラスト/溝口ケージ)が、累計発行部数150万部を突破しました。2014年4月に、シリーズ第1弾となる『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』を発売以来、現在までにシリーズ9冊を刊行しております。現在、『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』の劇場公開を記念した特製の期間限定カバーの『青春ブタ野郎』シリーズが書店にて販売中です。2018年の冬に話題を呼んだ企画の第2弾として、今回もご好評をいただいております。
映画情報どっとこむ ralph 「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」

公式HP:
http://ao-buta.com/ 

公式Twitter:
@aobuta_anime

Story
空と海が輝く街“藤沢”に暮らす梓川咲太は高校二年生。
先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧ノ原翔子の出現により一変する。
何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。
やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、
麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。
そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、
咲太の傷跡が疼き始める――。

***********************************

■Cast
梓川咲太:石川界人
桜島麻衣:瀬戸麻沙美
牧之原翔子:水瀬いのり
古賀朋絵:東山奈央
双葉理央:種﨑敦美
豊浜のどか:内田真礼
梓川花楓:久保ユリカ
                            
■Staff
原作:鴨志田 一(電撃文庫刊 「『青春ブタ野郎』シリーズ」)
原作イラスト:溝口ケージ
監督:増井壮一
脚本:横谷昌宏
キャラクターデザイン・作画総監督:田村里美
音楽:fox capture plan
制作:CloverWorks
製作:青ブタ Project
©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project