「雨宮慶太」タグアーカイブ

『ROKUROKU』総監督・雨宮慶太の公式インタビューが到着


映画情報どっとこむ ralph 映画監督のみならず、イラストレーター、キャラクターデザイナーとして注目を集め、海外のファンも魅了する映像クリエイター・雨宮慶太(『ゼイラム』(91) 「牙狼<GARO>」シリーズ)が原作&総監督を務める、日本古来の妖怪と人間との戦いを描いた映画『ROKUROKU』が2018年1月27日より新宿K’s cinema他にて全国順次公開となります。

ろくろっ首、ぬり壁、カラ傘、猫目など、誰もが知っている異形の存在を大胆不敵にビジュアル化。新しいけれどどこか懐かしい、美しくも恐ろしいモンスターたちと人間との戦いを描いたネオ・サイバー・ホラー作品です!


この度本作の総監督・雨宮慶太さんの公式インタビューが到着しました!

雨宮監督の“妖怪”への想い、また映画に登場する美しくも恐ろしい妖怪たちの独創的なデザインに至るまでのこだわりなど語っています。

映画情報どっとこむ ralph Q.どの妖怪も人に危害を与えるというよりも、その存在を知らしめているように見受けられます。その意図は?

雨宮監督:妖怪とは何なのか?幽霊や亡霊と違って妖怪の正体には様々な解釈があると思います。自分は妖怪とは実体が無い自然現象と、その場に残留した生き物の思念(悪意だけではなく)が融合した物なんだろうと考えています。彼女ら(妖怪)と遭遇した人達は怪異に遭遇して不幸になります。しかしそれらすべてが悪意なのかというと遊んでいるだけなのかもしれません。それらをハッキリとではなく答えが出ない物として描いているからだと思います。妖怪とは何なのか?ひとつだけ明確に言えるのはその答えがみつからない存在、それが妖怪なのです。

Q.今回は登場しなかったものの、出したかった妖怪はいますか?

雨宮監督:一反木綿、大かむろ、泥田坊、濡れ女、河童、ぶるぶる、など。まだまだ出したかった妖怪は沢山あります。

Q.今回オムニバスにされた理由を教えてください。

雨宮監督:企画の原点がオムニバスのホラー映画だったからです。

Q.雨宮さんにとって、もっとも怖いものはなんですか?

雨宮監督:不可解な現象ではなく、やはり人間の中にある狂気が一番恐ろしいです。

Q.撮影、ポストプロダクションを通し、最も苦労した点はどこですか?

雨宮監督:妖怪の造形は完成までに衣装やメイクを試行錯誤しました。合成とCGはいつもそうですが納得するまでやるのでポスプロスタッフは大変だったと思います。

Q.キャラクターをつくりあげていくにあたって注意した点はどこですか?

雨宮監督:怖いけれどどこか憎めない可愛らしさがある妖怪にしたかったので、綺麗だけど子どもっぽい佇まいの野本かりあさんに全ての妖怪を演じてもらいました。野本さんがいなかったらそれらの狙いがカタチにならなかったと思います。

映画情報どっとこむ ralph Q.この作品に込めた思い、メッセージを教えてください。

雨宮監督:便利な物に囲まれて欲しい情報が瞬時に手に入るようになりました。もう怪異がはびこる隙が無さそうな時代ですが、それでも得体の知れないモノ達はいます。でもそれらに対峙する勇気は超人ではない普通の人の中にも有るんだと信じています。

Q.本作を手がけるにあたって、もっとも意識されたことは何でしょうか?また、最も注目してもらいたいところはどこですか?

雨宮監督:ホラー映画というジャンルでありながら幽霊や亡霊ではなく、あくまでも妖怪モノとして作品を完成させる事を意識しました。

Q.なぜ今回“妖怪”を取り上げようとなさったのでしょうか?

雨宮監督:もともと妖怪が好きだったという事が大きいです。子供の頃は水木しげる先生の作品や大映の妖怪映画が好きで、繰り返し読んだり観たりするほどの妖怪好きの少年だったので、いつか自分が考えた妖怪を映像化したいなと思っていました。

Q.全て女性の妖怪である理由は?

雨宮監督:本来、妖怪は実体が無いものでそれを先人達がイマジネーションを駆使してビジュアル化したと解釈しています。それならば自分なりに妖怪をビジュアル化したら楽しいだろうと考えて、今まであまりなかったアプローチ、妖怪をすべて女性モティーフで表現したら?という発想が浮かびました。

Q.いずれも馴染み深い妖怪だとは言え、雨宮作品らしいハイブリットな造形によって全く新しいイメージを与えられます。そのイメージの原点はなんでしょうか?

雨宮監督:幼少の頃のろくろ首のイメージです。今までのろくろ首とは違う、首が異様に太くがっしりした妖怪。それを具現化したのがロクロクです。他の妖怪も怖いけれどどこかユーモラスな部分が同居したデザインに出来ないかと思考錯誤してカタチを考えました。

原作・総監督: 雨宮慶太 (あめみや・けいた)プロファイル
1959年、千葉県浦安市出身。映画監督、イラストレーター、キャラクターデザイナー。88年の『未来忍者 慶雲機忍外伝』で監督デビュー。その他の監督作に『ゼイラム』(91)『仮面ライダーZO』(93)『仮面ライダーJ』(94)『人造人間ハカイダー』(95)『タオの月』(97)など。また近年は自ら原作まで手がけることも多く、これまでに「鉄甲機ミカヅキ」(00・CX)「牙狼<GARO>」(05・TX)「衝撃ゴウライガン!!」(13・TX)など。分野を問わず多彩な活動を見せ、日本に限らず海外でも認知度は高く、熱狂的なファンも多い。


映画情報どっとこむ ralph 映画『ROKUROKU

公式HP:
http://rokuroku.rgr.jp/

1月27日(土)より新宿 K’s cinema他、全国順次ロードショー



物語・・・
地味で真面目なOL・イズミ(中西美帆)は、ある日中学の同級生・ミカ(志保)とホテルのレストランで再会し、近々結婚するのだと知らされる。そんな時、イズミの元に母親(伊藤かずえ)から祖父の仁蔵(ミッキー・カーチス)がいなくなったという電話がかかってきた。家へとひとまず帰ろうとするも、ホテルに閉じ込められ出口を求めてさまよい、「666」とナンバリングされた部屋に辿り着く。そこには赤い着物を着た首の長い女、恐ろしい顔をした“ロクロク”(野本かりあ)が2人を待ち受けていた。
「ヤ…ク…ソ…ク…」
その顔を見たミカは子供の頃、この女と交わしたある“約束”を思い出すーー。
ミカがあの日女と交わした約束とは・・・。

***********************************

キャスト・スタッフ
中西美帆 志保 野本かりあ 
遠山景織子 いしだ壱成 マキタスポーツ 駿河太郎 仁科貴
落合モトキ 朝倉えりか 岩佐真悠子 佐々木心音 妄想キャリブレーション 螢雪次朗
伊藤かずえ ミッキー・カーチス

原作・総監督:雨宮慶太
監督:山口雄大

2014年 日本 カラ― DCP 5.1ch 91分
©2014 雨宮慶太/ロクロク製作委員会


いよいよ明日公開!『牙狼<GARO>神ノ牙』栗山航コメント動画到着


映画情報どっとこむ ralph いよいよ明日!
道外流牙シリーズ最新作『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』が1月6日(土)より、新宿バルト9ほかにて全国公開となります。

この度主演を務める栗山航のコメント動画が到着しました。



本作の最大の見所は、流牙・猛竜・哀空吏の3騎士と、復活を遂げた宿敵・ジンガの戦い。栗山航、池田純矢、青木玄徳、井上正大以外にも、南里美希、桑江咲菜、松野井雅、脇崎智史、小松もか、黒木桃子、そして泉谷しげるなど、「~闇を照らす者~」「-GOLD STORM-翔」のキャストが勢揃いしただけでなく、屋敷紘子、佐咲紗花、斉木しげる、工藤綾乃、野性爆弾のくっきーなど、新たに参戦するキャストも魅力だ。

更に、その戦いを演出するのは、牙狼〈GARO〉の生みの親である雨宮慶太監督とファーストシーズンより牙狼〈GARO〉のアクションを創り上げてきた横山誠アクション監督だ。栗山航、池田純矢、青木玄徳、井上正大ら身体能力の優れた俳優陣と、牙狼ファン待望の監督タッグによって創り上げられたアクションシーンは、流牙シリーズの集大成と言っても過言ではない。前作からさらに成長した騎士たち、法師たちの物語、過去最大スケールのアクション、そしてそれぞれの登場人物の想いが交錯する人間ドラマなど、目が離せない展開となっている。

映画情報どっとこむ ralph 牙狼神ノ牙-KAMINOKIBA-

2018.1.6(Sat)、新宿バルト9ほか全国順次ロードショー

http://garo-project.jp/KAMINOKIBA/

物語・・・
ガロの称号を持つ黄金騎士・道外流牙に、魔戒騎士の鎧が奪われる事件の事実究明の指令が下る。その事件に、かつての仲間だった蛇崩猛竜・楠神哀空吏が関与しているという。更に流牙たちの前に現れたのは、倒したはずの最凶ホラー・ジンガだった―――。流牙、猛竜、哀空吏、そしてジンガ。宿命の再会を果たす時、再び闇を照らせ、黄金騎士ガロ!

***********************************

原作・監督・脚本:雨宮慶太
アクション監督:横山誠
出演:栗山航 池田純矢 青木玄徳 井上正大
南里美希、桑江咲菜、松野井雅、屋敷紘子、佐咲紗花、くっきー(野性爆弾) / 泉谷しげる、斉木しげる
オープニング主題曲:JAM Project「神ノ牙~The Fang of Apocalypse〜」 
挿入歌:奥井雅美「十六夜の送り歌」 エンディング主題曲:佐咲紗花「十六夜の送り歌-ENDING SIDE-」
配給:東北新社 特別協力:サンセイアールアンドディ
制作:東北新社/オムニバスジャパン 
製作:東北新社
©2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社 
     


アニメ「牙狼‐VANISHING LINE‐」ニコ生一挙放送、新ポスター完成


映画情報どっとこむ ralph 「ユーリ!!! on ICE」、「この世界の片隅に」、「神撃のバハムート」などを手がけるMAPPA制作、関智一、釘宮理恵、島﨑信長、小清水亜美、浪川大輔、朴璐美、堀内賢雄など、豪華声優陣が集結した新作アニメーション「牙狼‐VANISHING LINE‐」が、テレビ東京ほかにて絶賛放送中。監督には劇場版「牙狼〈GARO〉-DIVINE FLAME-」の演出を担当した朴性厚、そしてシリーズ構成は「ラストエグザイル‐銀翼のファム‐」の吉村清子が務める。キャラクター原案は「AFRO SAMURAI」の岡崎能士。音楽は「Wake Up, Girls!」のMONACAが担当。キャラクターデザイン・総作画監督には「となりの怪物くん」の岸友洋が担当する。
2018年1月からの2クール目の放送を目前に、1月11日(木)18:30より、ニコニコ生放送にて1クール12話の一挙放送が決定。

そして後半戦突入!ニコ生特番「牙狼<GARO> -VANISHING LINE-」特別編「GUIDE」が22:00より配信される。この番組には、朴性厚監督、プロデューサーの久保亨ほか制作陣が登場し、前半戦のおさらいから制作秘話、そして後半戦の見どころまで、知っているとより本作が楽しめる情報が満載なので、ぜひ本放送とともに視聴してほしい!

この度解禁となった新ビジュアルからは、これまでのアクション満載という印象から、ロードムービーとして新たな展開に進むことが予感される。そして、何より気になるのが、キャッチコピーにある“約束された未来 終焉のその先へ”だ。約束された未来とはいったい?それは、絶望か、それとも明るい希望か?そして、「エルドラド」とはいったいどんな場所なのか?今後の展開に胸が膨らむ。

新OP主題歌として喜多修平による「HOWLING SWORD」が、そして新ED主題歌として米倉千尋による「Promise」にリニューアルされる「牙狼‐VANISHING LINE‐」後半戦の出だしとなる第13話「GOD’S WILL」は、1月12日(金)深夜1時23分よりテレビ東京ほかにて放送。

後半戦突入!ニコ生特番『牙狼 -VANISHING LINE-』特別編 「GUIDE」
日程:1月11日(木) 22:00~23:00
出演:朴性厚(監督)、久保亨(プロデューサー)ほか
番組URL


一挙放送前の1時間、前半話数の振り返りと後半の物語の見どころを、制作陣が集結しお届けします!
「牙狼〈GARO〉-VANISHING LINE-」1話~12話 一挙放送
1/11(木)開場:18:30 開演:18:00
視聴URL

物語・・・
サン・デル・ディオスにて、エルドラドキング配下、三剣が一人ビショップの罠に掛かるも、ジーナの助けにより難を逃れる。合流を果たした三人は、「エルドラド」の正体を確かめるべく更に旅を続ける。
この先に待ち受けるであろう、三剣、ナイト、クイーン、ビショップとの戦い。そして、エルドラドキングの正体とは? 更なる激闘を予見させる物語は、まだまだ加速し続ける。
vanishing-line.jp

原作:雨宮慶太 
監督:朴性厚 
シリーズ構成:吉村清子 
キャラクター原案:岡崎能士 
キャラクターデザイン・総作画監督:岸友洋 
音楽:MONACA 
新OP主題歌:「HOWLING SWORD」喜多修平 
新ED主題歌:「Promise」米倉千尋
キャスト:関智一 釘宮理恵 島﨑信長 小清水亜美 / 浪川大輔 朴璐美 堀内賢雄 / 影山ヒロノブ
特別協力:サンセイアールアンドディ 
制作:MAPPA 
製作:東北新社  
  
©2017「VANISHING LINE」雨宮慶太/東北新社 

映画情報どっとこむ ralph そして!

この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、魔戒騎士たちの姿を描いてきた牙狼<GARO>。
道外流牙シリーズ最新作『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』が1月6日(土)より、新宿バルト9ほかにて全国公開です。
ガロの称号を持つ黄金騎士・道外流牙に、魔戒騎士の鎧が奪われる事件の事実究明の指令が下る。その事件に、かつての仲間だった蛇崩猛竜・楠神哀空吏が関与しているという。更に流牙たちの前に現れたのは、倒したはずの最凶ホラー・ジンガだった―――。流牙、猛竜、哀空吏、そしてジンガ。宿命の再会を果たす時、再び闇を照らせ、黄金騎士ガロ!

http://garo-project.jp/KAMINOKIBA/

***********************************

原作・監督・脚本:雨宮慶太
アクション監督:横山誠

出演:栗山航 池田純矢 青木玄徳 井上正大

南里美希、桑江咲菜、松野井雅、屋敷紘子、佐咲紗花、くっきー(野性爆弾) / 泉谷しげる、斉木しげる

オープニング主題曲:JAM Project「神ノ牙~The Fang of Apocalypse〜」
挿入歌:奥井雅美「十六夜の送り歌」
エンディング主題曲:佐咲紗花「十六夜の送り歌-ENDING SIDE-」

配給:東北新社
特別協力:サンセイアールアンドディ
制作:東北新社/オムニバスジャパン
製作:東北新社
©2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社
 


雨宮慶太総監督!中西美帆&志保&野本かりあで描く妖怪映画『ROKUROKU』予告編公開!


映画情報どっとこむ ralph 雨宮慶太(『ゼイラム』(91) 「牙狼<GARO>」シリーズ)が原作&総監督を務める、日本古来の妖怪と人間との戦いを描いた映画『ROKUROKU』が2018年1月27日より新宿K’s cinema他にて公開が決定、ポスター・予告編が解禁となりました!
美しくも恐ろしい妖怪の世界に巻き込まれる主人公・イズミ役に『東京ウィンドオーケストラ』(17)の中西美帆。イズミの元同級 生・ミカ役に「仮面ライダーフォーゼ」の志保。物語の軸になる妖怪“ロクロク”に「牙狼<GARO>」シリーズの野本かりあ。

他に も伊藤かずえ、ミッキー・カーチス、マキタスポーツ、いしだ壱成、佐々木心音、落合モトキ、岩佐真悠子など豪華キャストが集結!

監督は実写化がありえないコミックを見事に映画化してきた鬼才・山口雄大(『魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE』(04)『珍遊記』 (16))です!

映画情報どっとこむ ralph 2018 年 、冬 。やつらが 、降臨する!
映画『ROKUROKU』ポスタービジュアル解禁!
ろくろっ首、海坊主、ぬり壁 、から傘 、箱女 、一つ目、猫目、かまいたち、だいだら…… 。 誰もが知っている妖怪たちを、雨宮慶太が大胆不敵にビジュアル化! 異形の存在が勢ぞろいしたポスタービジュアルが解禁となりました! 新しくもどこか懐かしい妖怪たちが、イズミ(中西美帆)とミカ(志保)を 恐怖の世界へ誘い込みます。

映画情報どっとこむ ralph そして!予告編も公開。

その約束 、 忘れてないだろうね…… 。

雨宮慶太原作・総監督 山口雄大監督がおくる、美しくも恐ろしい九つの物語 地味で真面目なOL・イズミは、ある日中学の同級生・ミカとホテルのレストランで再会し、 近々結婚するのだと知らされる。そんな時、イズミの元に母親から祖父がいなくなったという 電話がかかってきた。家へとひとまず帰ろうとするも、一向にホテルの出口が見つからない。

「・・・ ヤ・・・・・ク・・ソ・・・・・・・ク・・・」  そこに突然666号室が現れ、赤い着物を着た首の長い 女、恐ろしい顔をした“ロクロク”が2人を待ち受けていた。その顔を見たミカは、子供の頃、 ロクロクに告げた「子供が出来たらあなたにあげる」という約束を思い出す。そしてイズミもま た、ロクロクと約束を交わしていた……。
映画 『ROKUROKU』

2018 年1月27日(土)より新宿 K’s cinema他、 全国順次ロードショー!!
公式HP:http://rokuroku.rgr.jp/


***********************************

中西美帆 志保 野本かりあ  遠山景織子 いしだ壱成 マキタスポーツ 駿河太郎 仁科貴 落合モトキ 朝倉えりか 岩佐真悠子 佐々木心音 妄想キャリブレーション 螢雪次朗 伊藤かずえ ミッキー・カーチス

原作・総監督:雨宮慶太
監督:山口雄大
2014年|日本|カラ―|DCP 5.1ch|91分| 
©2014 雨宮慶太/ロクロク製作委員会 


映画『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』 召還前と召還後のキャラクターポスター到着


映画情報どっとこむ ralph この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、魔戒騎士たちの姿を描いてきた牙狼<GARO>。道外流牙シリーズ最新作『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』が1月6日(土)より、新宿バルト9ほかにて全国公開。


本作の最大の見所は、流牙・猛竜・哀空吏の3騎士と、復活を遂げた宿敵・ジンガの戦い。
栗山航、池田純矢、青木玄徳、井上正大以外にも、南里美希、桑江咲菜、松野井雅、脇崎智史、小松もか、黒木桃子、そして泉谷しげるなど、「~闇を照らす者~」「-GOLD STORM-翔」のキャストが勢揃いしただけでなく、屋敷紘子、佐咲紗花、斉木しげる、工藤綾乃、野性爆弾のくっきーなど、新たに参戦するキャストも魅力だ。

映画情報どっとこむ ralph 更に、その戦いを演出するのは、牙狼〈GARO〉の生みの親である雨宮慶太監督とファーストシーズンより牙狼〈GARO〉のアクションを創り上げてきた横山誠アクション監督だ。栗山航、池田純矢、青木玄徳、井上正大ら身体能力の優れた俳優陣と、牙狼ファン待望の監督タッグによって創り上げられたアクションシーンは、流牙シリーズの集大成と言っても過言ではない。前作からさらに成長した騎士たち、法師たちの物語、過去最大スケールのアクション、そしてそれぞれの登場人物の想いが交錯する人間ドラマなど、目が離せない展開となっている。

この度、召還前と召還後のキャラクターポスターが到着した。

現在梅田ブルグ7では、こちらのポスターを含む10種のポスターが12月22日(金)まで展示されている。また、ディノスシネマズ札幌では、12月30日(土)より8種類のキャラクターポスターが展示予定だ。是非劇場に足を運んでほしい。
映画情報どっとこむ ralph ストーリー
ガロの称号を持つ黄金騎士・道外流牙に、魔戒騎士の鎧が奪われる事件の事実究明の指令が下る。その事件に、かつての仲間だった蛇崩猛竜・楠神哀空吏が関与しているという。更に流牙たちの前に現れたのは、倒したはずの最凶ホラー・ジンガだった―――。流牙、猛竜、哀空吏、そしてジンガ。宿命の再会を果たす時、再び闇を照らせ、黄金騎士ガロ!

http://garo-project.jp/KAMINOKIBA/

***********************************


原作・監督・脚本:雨宮慶太 アクション監督:横山誠

出演:栗山航 池田純矢 青木玄徳 井上正大

南里美希、桑江咲菜、松野井雅、屋敷紘子、佐咲紗花、くっきー(野性爆弾) / 泉谷しげる、斉木しげる

オープニング主題曲:JAM Project「神ノ牙~The Fang of Apocalypse〜」
挿入歌:奥井雅美「十六夜の送り歌」
エンディング主題曲:佐咲紗花「十六夜の送り歌-ENDING SIDE-」

配給:東北新社
特別協力:サンセイアールアンドディ
制作:東北新社/オムニバスジャパン
製作:東北新社

©2017「神ノ牙」雨宮慶太/東北新社