「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」タグアーカイブ

精神科医・星野概念が号泣 雨の日は会えない・・・下北沢B&Bイベント


映画情報どっとこむ ralph ジェイク・ギレンホール主演(『ナイト・クローラー』)の主演最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(原題:Demoliton)が、いよいよ今週末2月18日(土)より公開します。メガホンを取ったのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』などで知られる、ジャン=マルク・ヴァレ監督。

『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホールが、妻を亡くしたのに涙の一滴すら流せず、自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを、繊細な演技で見事に表現し、新境地を開拓しております。

今回、作家・B&Bスタッフである木村綾子さんをMCに、総合病院に勤める精神科医でありながら、ミュージシャンとしても活躍されている星野概念さんをゲストにお迎えし、トークイベントが行われました。

日時:2月16日(木)    
場所:下北沢B&B(世田谷区北沢2-12-4)
ゲスト:星野概念さん(精神科医・ミュージシャン)    
MC:木村綾子さん(作家・B&Bスタッフ)

映画情報どっとこむ ralph ****************
ネタバレなので、知りたくない方は読み進まないようにお願いします。
****************

いよいよ今週末より公開となる映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』。劇場で販売されるパンフレットへ寄稿をしている星野さん。まず映画の感想を聞かれた星野さんは、これまで映画を観ても泣くことはほとんどなかったにも関わらず、

「素敵な映画で、とにかく泣けた。圧倒的にいい作品」、

木村さん:自分の中の転機に重なったし、素晴らしい作品だと思った。

と返し、絶賛した。

劇中で家具や家までも破壊する、ジェイク・ギレンホール演じる主人公・デイヴィス。そんな彼がもし診察に来たら・・・?と、精神科医ならではの質問を受けて

星野さん:どんなことがあったかまず聞いて共感をします。詳細を聞けば聞くほどその人の人生と背景が立体的に見えてきます。

と回答。劇中ではその役割を担っていたのが、ナオミ・ワッツ演じる苦情係のカレンの存在であったと考察した。また、デイヴィスと交流を深めるカレンの息子・クリスは停学中の設定。デイヴィスは、そんなクリスに目線を合わせて子どもに戻りつつも、「学校」という社会になじめないクリスと、感情共有できたことで癒されたのではと語った。その考察を受けつつ、

木村さん:人付き合いのヒントも隠されている映画だと思います。

と伝えた。

映画情報どっとこむ ralph 原題(『DEMOLITION』破壊)と邦題のギャップも話題になっている本作。話がその話題に及ぶと・・・

星野さん:無意識に閉まっていた悲しみに気が付く前の、破壊行動に走るデイヴィスを表現したのが原題で、2人の母子との関わりと破壊行動を経て、さらにある些細なきっかけで愛に気が付いた後のデイヴィスを表現したのが邦題なんです。

と、ネタバレを懸念しつつ熱く語った。

星野さん:焦点の当て方は違うけど、どちらも同じデイヴィスを表現したタイトル

と説明し、邦題のきっかけになるシーンに関しては、

星野さん:大げさに演出されていたら泣けないけど、本当に見落としてしまいそうなくらい些細で、だからこそ泣けた。

と振り返った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に星野さんは、本作を観た女性たちが全員、クリスを演じたジューダ・ルイスに夢中になっている!ということを明かすと、木村さんは本日一番のテンションに。

星野さん:彼が劇中で抱えている“ある悩み”。それがきっとすべての女性のたちの母性本能をくすぐるんです!彼だけは速攻で調べました。

とその魅力に太鼓判を押し、大盛り上がりの中、イベントは終了した。

最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

2月18日(土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー!

物語・・・
妻が死んだ。君のドレッサーも人生も、ただ壊すしかなかった。
失ったものを取り戻すために―。
ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。
そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだー?「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが・・・

***********************************

監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』) 
原題:Demoliton
出演:ジェイク・ギレンホール ナオミ・ワッツ クリス・クーパー他
上映時間:101分




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

長場雄ポストカード配布決定!『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』


映画情報どっとこむ ralph ジェイク・ギレンホールの主演最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(原題:Demoliton)は、2017年2月18日(土)より公開です。

本作の主演 ジェイク・ギレンホールが扮する主人公デイヴィスは、妻を失っても泣けない心が壊れてしまった男で、劇中では、ヘッドホンをつけたままノリノリで街中で踊り狂うダンスシーンを披露したり・・・

あるきっかけで出会った少年クリス(ジューダ・ルイス)と妻との思い出が詰まった自宅を壊しまくる破壊シーンを披露したり、印象的なシーンが多数登場します。

そんな本作の劇中シーンを、POPEYEの表紙などで活躍するイラストレーターの長場雄さんが描き下ろしてイラスト化!オリジナルポストカードとして、劇場来場者へプレゼントすることが決定しました。

<長場雄オリジナルポストカードプレゼント特典の詳細>
●特典:劇中シーン描き下ろしオリジナルポストカード(イラスト;長場雄) 
来場1名につき1枚の配布 
●配布日:

2月18日(土)より第一弾
配布は左のイラストポストカード

2月25日より第二弾
配布は左のイラストポストカード

(一部劇場を除く)
●注意点:数に限りがありますので、なくなり次第終了となります。

映画情報どっとこむ ralph メガホンを取ったのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』などで知られる、ジャン=マルク・ヴァレ監督。

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
原題:Demoliton

2月18日(土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー!
http://ame-hare-movie.jp/

デイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたデイヴィス。
彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだ?

「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、デイヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、デイヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが・・・

***********************************

監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』)  
出演:ジェイク・ギレンホール ナオミ・ワッツ クリス・クーパー他
上映時間:101分

提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

美しすぎる少年ジューダ・ルイスが話題『雨の日は会えない・・・


映画情報どっとこむ ralph ジェイク・ギレンホール主演(『ナイト・クローラー』)の主演最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(原題:Demoliton)が2017年2月18日(土)より公開します。

メガホンを取ったのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』などで知られる、ジャン=マルク・ヴァレ監督。

劇中でジェイク・ギレンホールの心を溶かしていく少年・クリスを演じたのが、新鋭・ジューダ・ルイス。
彼の確かな存在感と演技力はもちろん、端正な顔立ち、クールな瞳、美しすぎるルックスに早くも熱視線が集まっており、マスコミ・一般試写会でも絶賛の声が絶えません。


今回解禁する映像では、ジューダ・ルイスが即興で演奏してたというドラムシーンや、ジェイク・ギレンホール演じるデイヴィスとふざけあいながら、彼から身をもって“人生の痛み”を教えられるシーンなどが盛り込まれ、そのわずかなシーンからも光輝やくよう演技を垣間見ることが出来ます。10代にして、難易度の高いヒョウ柄のジャケットをクールに着こなし、早くも独特のオーラを放ちます。

映画情報どっとこむ ralph ★「若い頃のレオナルド・ディカプリオを思い出した」プロデューサーも太鼓判!!
劇中でジューダ・ルイスが演じるのは、ジェイク・ギレンホール演じる主人公デイヴィスの心の扉を開けるきっかけとなる少年、クリス。物語において重要な役を担うクリスのキャスティングに関して、プロデューサーのモリー・スミスは「ニューヨークで大規模なオーディションをして、ジャン=マルク・ヴァレ監督は大勢の子供たちを見たわ。でもジューダは(オーディションの)映像テープの中から見つけたの。彼は映像の中で輝いていて、若い頃のレオナルド・ディカプリオを思い出したわ。彼にはスターの素質があるわ。それに美しい顔立ちとスピリットを持っている。あの若さでもう十分才能が見えたのよ」と語った。

★ジェイク・ギレンホール、ジャン=マルク・ヴァレ監督も絶賛!!
ジェイクはルイスに関して、「彼は、ああいった風に大胆だし、自信を持って現場に入ってくるので、セットでの僕は慰められたりした。そして彼の演技は美しい」と絶賛し、また、ジャン=マルク・ヴァレ監督は、「ジューダ・ルイスはあの役で“化けた”ね。あの子はロックスターなんだ。才能があって、まだ若い。そしてとても自然体だ」太鼓判を押した。

★ジェイクとのドラムシーンはまさかの即興!?
ジェイクとルイス、2人の共演シーンは感情むき出しの重要なものばかり。ジェイクとの共演に関してルイスは、「あんなに経験豊富な人と一緒に仕事ができるなんてホントにクールなことだった。彼からたくさん学べるし、僕自身育ててもらっているかのようだった。あんなにも上手くて経験のある彼と同じシーンにいるだけで、僕も成長しているような気になるよ。本当にすごいことだよ」と語っている。
そんな2人が印象的なのが、クリスが叩くドラムの音に合わせて、デイヴィスが踊るシーン。これはなんと即興で生まれていた。10歳からドラムをしていたジューダ・ルイスは役作りをする中で、音楽を日ごろから聞いており、演奏も記憶。ガレージにドラムがあったので即興で叩き、それにジェイクが踊りだして、それが本編にも使われた。

★今後の活躍も目が離せない!!
The Hollywood Reporterはジューダ・ルイスを生意気でもあり脆くもある「恐ろしいほど素晴らしい若きニューカマー」と称しており、今夏全米公開予定と発表されている『スパイダーマン』新シリーズの主人公、ピーター・パーカー役オーディションで、約1500人の候補の中から、最終6人にまで残るなど、その注目度はどんどん大きくなっている。

今後も、マックG監督(『チャーリーズエンジェル』、『ブラック & ホワイト』など)の「The Babysitter」(原題・日本公開未定)の出演が決定しており、ますます目が離せない。

映画情報どっとこむ ralph 最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
原題:Demoliton

2月18日(土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー!

本作は、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』の監督・ジャン=マルク・ヴァレの待望の最新作。「僕は幸せを掴もうともがいている人に惹かれる。この映画は人生を再び始めるための、勇気いる旅路が美しかったんだ」と語り、何事にも無感覚になっている主人公の心の迷いに寄り添いながら、美しい映像と共にエモーショナルに描き切った。そして、『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホールが、妻を亡くし、自分を見失った空虚な男の脆さを、繊細な演技で見事に表現。また、ナオミ・ワッツが、ジェイク演じるディヴィスの心を溶かしていくシングルマザーを演じている。

妻が死んだ。君のドレッサーも人生も、ただ壊すしかなかった。

失ったものを取り戻すために。

***********************************

監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』) 
出演:ジェイク・ギレンホール ナオミ・ワッツ クリス・クーパー他
上映時間:101分
    




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ジェイク・ギレンホールが周りのものを破壊しまくる特別映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph ジェイク・ギレンホール主演の最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』が2017年2月18日(土)より公開となります。

『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホールが、妻を亡くしたのに涙の一滴すら流せず、自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを、繊細な演技で見事に表現します。

今回、感情の行き場を失くした主人公のデイヴィス(ジェイク・ギレンホール)が、身の回りのあらゆるものを破壊しまくる特別映像が解禁となりました。


通り掛けの工事現場で、家の解体を自らの手持ちの全財産241ドルを支払ってまで働きたいとお願いし、さらにデイヴィス自身の新築並にキレイな自宅を大胆にも粉々に破壊するシーン。

原題の『Demoliton』=破壊を象徴する感情高ぶる大事な1シーンのひとつです。


映画情報どっとこむ ralph スーツ姿でハンマーを持ち、壁をぶち壊していくデイヴィス。お金を払ってまで働きたいと申し出、何かに取りつかれたかのように破壊していくその異様な様に、工事現場の人たちも「野獣だな」「ヤク中だろ」と呆気にとられた様子。さらに、「結婚生活を破壊する」と自身の豪邸を、歳の離れた友人であるナオミ・ワッツ演じるカレンの息子クリス(ジューダ・ルイス)と次々に壊していくデイヴィス。音楽にノリながら、後先考えずテーブルも棚も窓ガラスも、「家」をまるごとが粉々になるくらい、すべてを壊していきます。



実はジェイク、17歳の時に解体工事現場で働いていた経験があり、その経験を活かし、本作で渾身の“破壊”を披露。ラストカットでは、クリスがどこか遠い目をするデイヴィスをはげますような、ほほえましシーンで締めくくられます。

映画情報どっとこむ ralph 妻が死んだ。君のドレッサーも人生も、ただ壊すしかなかった。

失ったものを取り戻すために―。


映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

2月18日(土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー!

ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。

そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだー?「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが・・・

***********************************


監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』)
原題:Demolition
出演:ジェイク・ギレンホール ナオミ・ワッツ クリス・クーパー他 上映時間:101分




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

辛酸なめ子、新作のギレンホールの魅力に萌え!


映画情報どっとこむ ralph ジェイク・ギレンホール主演(『ナイト・クローラー』)の主演最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(原題:Demoliton)が2017年2月18日(土)より公開します。
『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホールが、妻を亡くしたのに涙の一滴すら流せず、自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを、繊細な演技で見事に表現しています。
今回、映画評論家の森直人さんをMCに、漫画家・エッセイストとして活躍される辛酸なめ子さんが登壇して、映画上映後にトークイベントを開催致しました。

日時:1月19日(木)    
場所:ユーロライブ
登壇:辛酸なめ子(漫画家・エッセイスト)    
MC:森直人(映画評論家)

映画情報どっとこむ ralph 映画上映後、作品の余韻が漂う場内に拍手で迎えられた辛酸なめ子さん。
はじめに本作を観ての感想を聞かれ、

辛酸さん:ジェイク・ギレンホール演じるデイヴィスの壊れ方がポエティックで、魅力的。全体の演出が抑え目で、あとから感動がじわじわとくる最高に美しい作品だと思いました。

と語り、もともと主演のジェイク・ギレンホールを以前から注目していたという辛酸さん。改めてその魅力について、

辛酸さん:ずっと見てしまう、吸引力みたいなものがありますよね。

と太鼓判。妻を亡くしても一滴の涙も出ず、破壊行動に走るデイヴィスという役を演じたことに関しても、

辛酸さん:破壊行為にもどこか品があって安心して観られます。

とその演技を絶賛。また、

辛酸さん:眉毛が困っているところもいいですよね。困り顔に萌えます。

と終始メロメロだった。

映画情報どっとこむ ralph また、

辛酸さん:少年がすごい可愛かったですよね。

と、感情を無くしたデイヴィスの心を溶かしていく、少年・クリス役のジューダ・ルイスについても言及。本作を観るまでは全く知らなかったことを明かし、

辛酸さん:顔立ちが本当に綺麗で、フランス人なのかなと思った。彼が演じるクリスの危うい感じが、ちょうどデイヴィスの波長と合ったのでは。

と分析し、印象的なシーンとして、クリスのドラムに合わせてデイヴィスが踊るシーンを挙げた。


邦題にもつながり、本作の中で重要なカギとなる“妻が遺したメモ”。

辛酸さん:もし私の母が亡くなった後に母が書いたメモが見つかると、それは最近もらった手紙みたいな気がして、時空を超えた今のメッセージかなと思う。

と劇中の設定を自身に置き換えつつ、感情移入の対象については、

辛酸さん:人間の描き方が深いというか表面的でないので、どのキャラクターにもシーンごとに感情移入できる映画なのかな。

と本作の魅力を語った。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、

辛酸さん:雪も降りそうな寒さも、この映画の余韻で温まる感じで耐えられるのではないかと思います。

と本作をアピールし、トークイベントは終了しました。


雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
原題:Demoliton ←破壊

2月18日(土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー。

物語・・・
妻が死んだ。君のドレッサーも人生も、ただ壊すしかなかった。
失ったものを取り戻すために―。

ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。

そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだー?「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが・・・


***********************************

監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』) 

原題:Demoliton
出演:ジェイク・ギレンホール ナオミ・ワッツ クリス・クーパー他
上映時間:101分
©2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ