「阿知賀女子学院」タグアーカイブ

桜田ひより、浜辺美波!シャッター音が鳴りやまない美少女祭!『咲-Saki-阿知賀編』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 大人気コミック「咲-Saki-」が実写ドラマ・映画化プロジェクト第2弾として制作されたもうひとつのガールズマージャンストーリー本格美少女麻雀物語『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』劇場版。

本日1月20日に初日を迎え、新宿バルト9にて美少女10名(阿知賀女子学院から桜田ひより、伊藤萌々香、恒松祐里、渡邉幸愛、中山莉子、白糸台高校から浜辺美波、志田友美、日比美思、RaMu、岩田華怜)と監督が登壇する舞台挨拶が行われました。

『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』初日舞台挨拶
場所:新宿バルト9
日時:1月20日(土)
登壇 :
阿知賀女子学院:桜田ひより、伊藤萌々香、恒松祐里、渡邉幸愛、中山莉子
白糸台高校:浜辺美波、志田友美、日比美思、RaMu、岩田華怜
小沼雄一監督
MC:川口智美

映画情報どっとこむ ralph 会場を埋め尽くしたファンは、ほぼほぼ男性!記者も心なしか男性比率が高い気が。

阿知賀女子学院の高鴨隠乃役の桜田さんは主演作の公開に
桜田さん:『咲』のCDもそうだし、PVもドラマ主演も映画も、すべてに初めてが詰まった作品。5年、10年経った後にも、いくつになっても初心に戻れる作品になった。このメンバーでまた仕事ができるように頑張りたい。

と感無量のご様子。

前作で咲役を務めた浜辺さんは今作では姉の白糸台高校の宮永照役で出演していて2作連続
浜辺さん:前作で咲、今作で照という役柄で出演するという貴重な経験ができた。初日を迎えられて嬉しいです。

と喜びをファンに向けて話しました。

映画情報どっとこむ ralph 浜辺さん:高校一年生の時に咲、高校2年生で照を演じて、このシリーズは私にとっての青春のようなもの。私の夏は毎年咲に捧げているので、3本目は18歳になって労働基準法がゆるくなったら、もう今昼?夜?みたいな感じで台本を変えてもらって、しかも1日で撮りきっちゃったりして、そんな『咲』の3年目があればいいですね。

とさらなる続編を希望。

そんな浜辺さんに

RaMuさん:みんなでモニターを見ながら『可愛いわ~!』と。本当に浜辺美波さんが美しくて、美しくて。

と美貌絶賛で、ほかの共演者からも「もはや異次元」との声が上がった。それに対して

浜辺さん:私もみんなを見ながら『この角度を耐えられるのはこの子しかいない』と見ていました

と話すと、全員一斉の「いやいやいやー!」の総ツッコミ状態に!
映画情報どっとこむ ralph 『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』への思いについて

阿知賀女子学院
伊藤さん:あと5年したら、ひよりちゃんは20歳。そこに驚くけれど、その時はこのメンバーで集まって思い出話をしたい。
恒松さん:ひよりちゃんが20歳になったら、お酒を飲み交わしながら祝福したい。この作品でそれだけのいいメンバーに出会えたから。
とシミジミ。

渡邉さん:夢を叶えてもらった作品。忘れられない思い出になった
中山さん:このドラマで演じたように、大人になったときに綺麗なスン!とした顔になれるよう、作品から学んでいきたい!
と既に皆将来を見つめる女優陣。

映画情報どっとこむ ralph 白糸台高校

志田さん:この作品で20歳の夏の1か月をマージャンに捧げた思い。それを5年後くらいに改めて今の自分に、『しぶいことしてるね!』と言ってあげたい
日比さん:この作品でアーチェリーに挑戦したので、将来はアーチェリー選手かも。
アーチェリーにハマった?ビックリ発言。

RaMuさん:将来この作品の自分の演技を見て恥ずかしいと思ったら、それは成長。5年後くらいに恥ずかしがって見ながら、お酒を飲みたい!
岩田さん:2作目を上映できるのはありがたいこと。この作品は、萌え系ファンタジー漫画を原作にしたレジェンド的映画になるのではと期待。出演したことは自分の誇りになりました。
と黒髪バッサリ、染めた甲斐があったと口にしました。

映画情報どっとこむ ralph 小沼監督:こういったジャンルの映画がシリーズとして作られ、このように初日を迎えられるのは奇跡。前作をファンの方が後押ししてくれたことで実写化できたし、ファンの方々の思いと、キャストの皆が仲良く真摯に取り組んでくれたことが大きい。

と数多くのエールに感謝。


最後に・・・
桜田さん:最初は不安で緊張したけれど、わからないことがあっても、現場のスタッフ・キャストの皆さんが温かく迎えてくれた。だから伸び伸びと演技ができたと思います!

そして!フォトセッションと
『咲』恒例、サイン入り牌投げの儀が行われて
桜田さんジャンプ投げ!!!
初日舞台挨拶を終えたのでした。


***********************************

原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
コミック作画:五十嵐あぐり(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
制作プロダクション:ダブ
©小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト


桜田ひより 伊藤萌々香 志田友美 中山莉子ら18人登壇『咲-Saki-阿知賀編』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 桜田ひより主演『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』劇場版は1月20日(土)より新宿バルト9ほか全国公開が決定しております。

公開より一足先に、1月11日(木)、新宿バルト9にてキャスト登壇付き完成披露を実施。

阿知賀女子学院麻雀部より桜田ひよりさん、伊藤萌々香さん、渡邉幸愛さん、中山莉子さんの他、全国大会にて激闘を繰り広げる千里山女子高校・新道寺女子高校・白糸台高校の対戦校キャストも登壇して行われました。司会は、福与恒子役で実況アナで出演の川口智美さん!


映画『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』完成披露 舞台挨拶
日付:1月11日(木)
場所:新宿バルト9
登壇:
阿知賀女子学院:桜田ひより、伊藤萌々香、渡邉幸愛、中山莉子
千里山女子高校:咲良菜緒、小倉優香、水春、島崎莉乃、新井愛瞳
新道寺女子高校:岡崎紗絵、岩崎春果、琴海りお、高田里穂、矢野優花
白糸台高校:日比美思、RaMu、岩田華怜、志田友美
小沼雄一監督
MC:川口智美

映画情報どっとこむ ralph 映画「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」(1月20日より全国公開)の完成披露舞台挨拶が11日、東京・新宿バルト9で行われ、桜田ひより、伊藤萌々香、渡邉幸愛、中山莉子ら18名のキャストと小沼雄一監督、司会を務めた福与恒子役の川口智美が登壇。

阿知賀女子学院:
桜田ひより:こんにちは!今日は少ない時間ですが沢山お話しできたらいいなと思います!
伊藤萌々香:この後観ていただく映画をより一層楽しんでいただけるような話をしていきたいなと思っています。
渡邉幸愛:咲-Saki-阿知賀編の魅力が伝わるように精一杯お話していきます。
中山莉子:私たち一人一人のマージャンへの熱い想いを受け取って欲しいです!

千里山女子高校:
咲良菜緒:こんなに沢山で集まることもないと思いますので、楽しんでください!
小倉優香:こんなに多くの方がいるとは思っていなくて面くらっています。
水春:少女たちの熱い麻雀への気持ちを伝えたいです。
島崎莉乃:咲-Saki-阿知賀編世界を存分に楽しんでいただければと思います。
新井愛瞳:役ではノースリーブでへそ出しですが、マネージャーNGで全部隠してきました!

新道寺女子高校:
岡崎紗絵:皆さんと楽しんでいけたらと思っています。
岩崎春果:とっても楽しい作品になっていますので楽しんで帰ってください!
琴海りお:ぜひこの作品を見て青春時代に戻っていただければと思います!
高田里穂:最年長の23歳。うまくごまかせていれば・・・楽しんでいただけたら嬉しいです。
矢野優花:今日は最後までスバラな時間にしてください!

白糸台高校
志田友美:今日は楽しんで帰ってください!
日比美思:皆さんと素敵な時間を過ごせたらいいなと思っています。!
RaMu:チョット、オモチな子役。コメント観たらダイブオモチと書かれていたので凄くうれしい気持ちでございます!
岩田華怜:この作品で19年守ってきた黒髪ボブをバッサリ切って真剣に挑みました。

小沼雄一監督:今日は平日にもかかわらず、大勢ありがとうございます。前作では四校全部そろっての舞台挨拶はなかったので、初めての試みです。若干一名(恒松祐里)、インフルで欠席ですが彼女の分も含めて楽しんでいただければと思います。

右端が監督です。引率の先生ではありません!
映画情報どっとこむ ralph 主人公である阿知賀女子学院の高鴨穏乃役に抜擢されたことを最初に聞いた際の心境を尋ねられ
桜田さん:初めて主演を務めさせていただくということで、心から嬉しかったのですが、ちょっと緊張したり、すごく不安もありました。現場に行くと皆さん本当に温かく迎えてくださったので、伸び伸びと演じることができました。

とニッコリ。

同学院・新子憧役の演じる上で工夫した点を聞かれると
伊藤さん:ずっと黒髪ロングを突き通してきたんですけど、初めて茶髪に染めたのはこの役のためでした。(フェアリーズの)メンバーにも言わずに染めたので、すごくビックリされましたね。ファンの方に『やっぱり黒髪がよかった』って言われるのかなと思っていたんですけど、『茶髪もいいよ』って言ってくれたので嬉しかったです。

と嬉しい反響があったそう。


また、同学院・松実宥役の渡邉さんは、撮影中にふざけて“壁ドン”をしたといい

渡邉さん:壁ドンって憧れがあるじゃないですか。でも今回はキャストが全員女性なので、壁ドンから顎クイまで自分たちでするという遊びをして空き時間を過ごしていました。
と打ち明けて笑いを誘い、無表情のキャラクターである同学院・鷺森灼役を演じた中山さんは

中山さん:現場が楽しかったので、本当は一緒にワイワイしたかったんですけど、撮影中はカメラが回っていないところでもみんなと距離を置いていました。あと、鏡を自分に向けて“あなたは無表情じゃなきゃダメなんだぞ!”って唱えていました(笑)
と役作りでの苦労を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph さらに、撮影前に1ヶ月間、麻雀の練習をしたそうで、エピソードを聞かれた白糸台高校・大星淡役の志田さんは

志田さん:麻雀って本当に頭を使うので、最後のほうまで意味が理解できなかったのですが、ギリギリになってようやく理解できたのでよかったです。

と安堵の表情を浮かべ、新道寺女子高校・白水哩役の高田さんは

高田さん:みんなで(麻雀の)アプリをやっていました。一緒にいなくてもLINEのグループを作っていたので、学校関係なく、各々お家にいるときにやったりしていました。
と回顧。


麻雀練習で

桜田さん:初めて練習をしたときに憧ちゃんとダブロン(2人同時に上がること)ができて、そのときは運命だなって思いました!

伊藤さん:そう!正面で戦ってたんですが、えーって立ち上がって!喜びました。初めてで奇跡だと思いました!
と声を弾ませ、桜田さん、伊藤さん仲良しなご様子。

さらに、注目してほしいシーンを聞かれると、千里山女子高校・二条泉役の新井さんは、小倉さん演じる清水谷竜華が、咲良菜緒演じる園城寺怜にひざ枕をするシーンを挙げ、

咲良さん:優香ちゃんは人にひざ枕をするのが人生で初めてだったみたいで、最初をいただけてすごく嬉しかったです(笑)。病弱な役なのでいろんな場面で寝ているんですけど、やっぱり太ももが1番よかったです。
と目を輝かせ、これに

小倉さん:愛おしくなりました。

と笑顔を見せた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
桜田さん:みんな自分の役を本当に愛していて、(キャラの特徴を)練習して細かいところにも気を付けて演じているので、ぜひそういうところにも注目してもらいたいです。やっぱり皆さん、推しのメンバーがいらっしゃると思うので、そのメンバーの目線に立って応援してもらいたいです。私たちの集大成がこの映画だと思うので、たくさんの方に見ていただけて嬉しいです。ありがとうございました。

と締めました。

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A

1月20日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式HP:
http://www.saki-project.jp
公式Twitter:
@saki_project

***********************************

原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
コミック作画:五十嵐あぐり(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
制作プロダクション:ダブ
©小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト
     


桜田ひより『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』特報!CDリリースも決定!


映画情報どっとこむ ralph 大人気コミック「咲-Saki-」が実写ドラマ・映画化プロジェクトが2016年開始。
浜辺美波主演で第1弾『咲-Saki-』が実写化され評価されるなどドラマ・映画ともに話題となりました!

そして!実写化プロジェクト第2弾として、桜田ひより主演によるもうひとつのガールズマージャンストーリー本格美少女麻雀物語『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』が、12月3日(日)より全4話と特別編を合わせた計5話のTVドラマシリーズの放送をMBS/TBSドラマイズム枠にてOAがスタート。そして、映画版が2018年1月20日(土)から、新宿バルト9ほか全国公開も決定しております。

そして!本日、映画特報が解禁となりました!

幼なじみの原村和との再会を目指して辿り着いた全国大会での阿知賀女子学院麻雀部メンバーの奮闘や、千里山女子・白糸台・新道寺女子それぞれの高校の固い絆で結ばれた友情も描かれております。そして対局の迫力シーンも見所です!

映画情報どっとこむ ralph 今回、阿知賀女子学院麻雀部で歌う楽曲「笑顔ノ花」が、ドラマと劇場版のオープニングテーマであることも解禁となり、特報の中で、楽曲の一部を試聴することができます。「笑顔ノ花」は、阿知賀女子学院麻雀部のキャスト5人がキャラクターソングとして歌唱。

歌唱キャストは、桜田ひより、伊藤萌々香(フェアリーズ)、恒松裕里、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、中山莉子(私立恵比寿中学)。フレッシュな歌声と上品でみずみずしいコーラスが印象的で、阿知賀女子学院麻雀部のチームワークが際立つポップチューンとなっています。

さらに、前作第1弾の主題歌「きみにワルツ」と同様に、今回も作詞・作曲を担当したのは、先日惜しまれつつ解散したみみめめMIMIのユカ。前作と同じ製作陣・スタッフという趣旨に共鳴したユカが、引退前に書き下ろした渾身の楽曲となっています。彼女の独特のメロディと歌詞の世界観が、ドラマのストーリーにさらなる青春ドラマとしての鮮やかな彩りを加えています。

また本日、このオープニング楽曲のCDリリースが決定したことも合わせて発表されました。発売日は年明けの2018年1月17日に決定。初回盤に付属のDVDには「笑顔ノ花」Music Videoのフルverと貴重なメイキング映像が収録されます。

CDのM2では、Hysteric Blueの名曲「春〜spring〜」をカバー。
こちらも阿知賀女子学院麻雀部のキャスト5人が歌唱しており、ドラマと劇場版のエンディングテーマとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A

原作:小林 立
作画:五十嵐あぐり
全6巻好評発売中!! 
定価:本体各552円+税

麻雀の全国大会を目指す、元気いっぱいの女子中学生・穏乃。
その理由はただひとつ――
親友だった天才麻雀少女、原村和と再戦するため。
同じ夢を持つ仲間を集めて進む、長くも険しい全国大会への道。
果たして穏乃の夢は叶うのか?

もうひとつのガールズマージャンストーリー本格美少女麻雀物語――始動!!
©Ritz Kobayashi/SQUARE ENIX
©Aguri Igarashi/SQUARE ENIX

***********************************

原作:小林 立『咲-Saki-』(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
コミック作画:五十嵐あぐり(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
監督:小沼雄一
脚本:森ハヤシ
制作プロダクション:ダブ
©小林 立/SQUARE ENIX・「咲阿知賀編」プロジェクト