「関根勤」タグアーカイブ

ナレーションは立木文彦!『映画クレヨンしんちゃん』予告映像解禁だぞ~


映画情報どっとこむ ralph 今作でシリーズ26作目となる映画クレヨンしんちゃんの最新作『映画クレヨンしんちゃん爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』が2018年4月13日(金)に公開!!

現在完成に向けて絶賛製作中だそうです!

そして!待望!
3月3日(土)より全国の劇場にて掲出される、最新予告映像&本ポスタービジュアルが解禁になりました!!

今回のクレヨンしんちゃんは、春日部にある中華街“アイヤータウン”が舞台。

そこで突如巻き起こるラーメンパニック!謎のラーメン“ブラックパンダラーメン”という一度食べるとヤミツキになるラーメンが大流行!でもそのラーメンは、食べた人を凶暴化させてしまう危険なラーメンだった!ピンチを救うのは、カスカベ防衛隊の足をいつもひっぱりがちな小心者のマサオ!?兄弟子であるマサオとともに伝説のカンフー、ぷにぷに拳を習うしんのすけたちカスカベ防衛隊が、アイヤ―タウンを救うため立ち上がる!!ぷにぷに拳で敵と立ち回る姿、キレのある本格カンフーアクションも披露。

そんな中、固く結ばれていたはずのカスカベ防衛隊の友情に亀裂が!?

ゲスト声優のANZEN漫才・みやぞん&あらぽんもアニメキャラクターとして登場し、関根勤演じる師匠が“ぷにぷに拳”の極意ともとれる「ぷにぷにが平和の秘訣なのじゃあ~」と飄々とのたまう本予告のナレーションは、立木文彦(たちき・ふみひこ)が担当。立木氏はももいろクローバーZの楽曲『Z伝説~終わりなき革命~』やライブ演出などでも度々登場する、知る人ぞ知るナレーター。ももいろクローバーZの主題歌「笑一笑〜シャオイーシャオ!〜」が背景に流れて、立木氏のナレーションが入るという、ももクロのファン、通称“モノノフ”にはたまらない予告映像となっております。



また、テレビ朝日系今夜7時(※一部地域除く)放送の「ドラえもんクレヨンしんちゃん 春だ!映画だ!3時間アニメ祭り!」でも予告映像がフル尺にてテレビ初放送となります!

映画情報どっとこむ ralph 本ポスタービジュアルでは本作のメインコピー「アクション大盛り 友情濃いめ!!」を柱に、劇中登場するキャラクターが大集合!カスカベ防衛隊はジャッキー・チェン顔負けのカンフーポーズ、ひろし率いる野原家は必殺の足臭靴下ヌンチャクを振り回し、師匠やカンフー娘・ラン、悪の組織“ブラックパンダラーメン”のボスも登場する、極めてにぎやかな「しんちゃん」らしいポスタービジュアルとなっております。
全篇ノースタントでしんのすけたちが挑むおバカンフーアクション超大作となる映画クレヨンしんちゃん!抱腹絶倒!腹筋崩壊間違いなしの至極の逸品の誕生です!ぜひ劇場でこの笑(衝)撃を体感してください!

『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』

公式サイト
http://www.shinchan-movie.com/

あらすじ。。。
春日部にある中華街、≪アイヤ―タウン≫。
伝説のカンフー“ぷにぷに拳”の修行に励むしんのすけたちカスカベ防衛隊。
一方アイヤ―タウンでは“ブラックパンダラーメン”が大流行!でもそのラーメンは、食べた人を凶暴化させてしまう危険なラーメンだった!アイヤータウンだけでなく春日部をものみこもうとするラーメンパニック!!
そんな中、マサオがカスカベ防衛隊の離脱を宣言!?果たして春日部の平和は!?カスカベ防衛隊の絆は!?
全篇ノースタントで贈る、おバカンフーアクション超大作!!

***********************************

声の出演  :矢島晶子 他
ゲスト声優 :関根勤 みやぞん(ANZEN漫才) あらぽん(ANZEN漫才)
主題歌   :ももいろクローバーZ「笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜」(EVIL LINE RECORDS)

原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:髙橋渉
脚本:うえのきみこ
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画クレヨンしんちゃん新作にANZEN漫才みやぞん・あらぽん&関根勤が参戦!


映画情報どっとこむ ralph 今作でシリーズ26作目となる映画クレヨンしんちゃんの最新作

『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』が2018年4月13日(金)に公開となります!

しんのすけたちカスカベ防衛隊が春日部はもちろん、カンフー大国中国でも大暴れする本作は現在完成に向けて絶賛製作中!だそうです!

そしてこの度、ANZEN漫才のみやぞんさん・あらぽんさん、さらには関根勤さんがゲスト声優に決定しました!

ANZEN漫才はアニメ声優初!関根さんはしんちゃん2度目17年ぶりの声優となります!

映画情報どっとこむ ralph ANZEN漫才・みやぞんさんが演じるのは、悪の組織・ブラックパンダラーメンの刺客“ミヤ・ゾン”。

逃げるしんのすけたちの行く手を阻む、敵の拳法家。“ギター拳法”というカンフースタイルを繰り出しながら、オリジナルソングを熱唱し、カスカベ防衛隊の行く手を阻みます。

みやぞんさんからのコメント
マネージャーから映画の声優決まったよ、と聞かされた時のリアルなリアクションなんですが、「え?・・・」リアルこれです!一瞬パニックです(笑)♪パニックパニックパニックANZENあわててる♪(アニメ「クレヨンしんちゃん」レギュラー放送3代目オープニングテーマ「オラはにんきもの」の替え歌)ただ、僕らの中で、芸能界に入ったときの目標の一つに、こうしてアニメの中で僕らが描かれるっていうのがあったので、それが叶ったんだなと。恵まれてるんです、我々本当に。有り難いと思っております。
しんちゃんと共演するって!実感わかないですけども。実感わかないながらに言わせてもらうと、ホントの意味で実感わかないです。

(即興ソング)♪しんちゃんの映画に出ます ほんと嬉しいことです
♪しんちゃんいっつもありがとう 愛と勇気と希望をありがとう
楽しみたいと思います!しんちゃんよろしく!

映画情報どっとこむ ralph さらに相方・あらぽんさんが演じるのは、ブラックパンダラーメンを食べ凶暴化してしまう客。味の改良でヤミツキ成分が増したブラックパンダラーメンを食べると、どれほど凶暴性が増幅するのか、研究の実験台にされてしまう客を演じます。

あらぽんさんからのコメント
僕らは小学校の頃から見ていたので、「しんちゃん」と軽々しく言ってますけど、芸歴ではしんちゃんの方が上なので、僕はもう「クレヨンさん」と呼びたいです。だから、芸能界のルールとして挨拶は「クレヨンさん、おはようございます!」って言うべきで、先輩と共演できる、それくらいの気持ちではあります。
しんちゃんの映画では僕は「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」がすごく印象的で。しんちゃんの能力で憧れるところがあるんです。最初の方のシーンで“のぼり”を風間くんと取り合うところがあって、おしりの筋肉でしんちゃんが上下うまく、右のケツ上げて左のケツ上げてって棒を引っ張るんです。あのケツ筋をこの歳で持ってるのかと。憧れましたね。


もちろん、二人のアニメ声優は初!しんちゃんとスクリーンで夢の共演をはたします。

映画情報どっとこむ ralph さらにもう一人のゲスト声優関根勤さんが演じるのは、しんちゃんたちカスカベ防衛隊に伝説のカンフー“ぷにぷに拳”を教える師匠、という映画のキーマンとなる役。

関根さんは「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」(2001)以来、17年ぶり2度目の出演。「~嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」は、シリーズ人気投票を行うと“泣ける”しんちゃんとして、今も尚、人気No.1を誇る伝説の1本。芸能界きっての≪しんちゃんファン≫として、コミックスも全巻持っているほどのしんちゃん愛にあふれる関根。役柄同じくクレヨンしんちゃん好きの「師匠」的立ち位置でゲスト声優陣をひっぱります。

関根勤さんからのコメント

師匠の役は年齢が高めなので、大滝秀治さん、あるいは拳法ですから、千葉真一さん、藤岡弘、さんもどうか、でも“ぷにぷに拳”なので、飄々とした柔らかい感じで、「酔拳」の時のジャッキーの師匠をイメージしたりと、色々役作りのイメージをしました。
(共演のANZEN漫才に対して)今ANZEN漫才は勢いがありますからね。キャラクターになっても溶け込めると思います、そもそも二人ともアニメみたいな顔してますから。みやぞんはみやぞんのまま、本当に自由人なので好きなようにやってほしいですね。
 野原家のやっているようなことを僕と娘は偶然にもやってきました。例えば、娘の麻里とやっていたケツケツダンス(※のちに原作コミックスで野原ひろしがひまわりのご機嫌をとるためにお風呂で行うダンスとしても登場)は、無許可では孫に教える訳にはいかなくて。でもこの間、麻里に「孫とケツケツダンスやっていいか」と聞いたら、「楽しかったからいいよ」と言ってくれました。早速孫とお風呂に入る前に裸で、「ここにパーカッションがあるよ」と教えると孫が私のお尻をぺんぺん叩いてくれて、それに合わせて僕が「♪ケツケツケツケツ……」と言いながらダンスしました。まだ2歳なので全部はできないですけど、お尻のぺんぺんだけは教えたので、ケツケツダンスの入り口までいきました。
クレヨンしんちゃんのように育てれば、子供は頭が良くなるし、のびのび育つんですよ。教育学者に言わせると、あれが理想なんだそうです。実際にうちの麻里がのびのび育って、それが正しいということが証明されたので、この実例を増やしていって、その正しさを世の中に伝えていきたいですね。
オファーを貰った時、家族にも伝えたんですが、それはもう喜んでくれました。娘の麻里も喜んでくれて、孫も「観に行く観に行く」と言ってますから、完成したら家族で観にいきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 野原しんのすけくんからもコメント!

関根さ〜ん、お久しぶりぶり〜♪
ANZEN漫才のお2人ははじめまして~♪

関根さんは、オラの映画は2回目の出演なんだよね!ありがとござます〜♪今日から『師匠』と呼ばせてください!!今回は”ぷにぷに拳”っていうカンフーをオラたちに教えてくれる師匠の役なんだけど、途中であんなことになってしまって・・・!?ハラハラドキドキ!一瞬たりとも目が離せないゾ!!

そしてそして!今一番のりにのっているANZEN漫才のお2人と一緒に共演できるなんて、夢のようですな〜。
みやぞんさんはギター拳法っていうカンフーで歌って戦う敵の役、あらぽんさんはヤミツキになるラーメンを食べておかしくなっちゃうお兄さんの役なんだゾ。カスカベの町は大パニック!!オラたちどうなっちゃうの・・・!?安全かどうかはみてのお楽しみ!


皆さんの活躍に今からワクワクですな~。みれば〜。

『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』

4月13日(金)全国ロードショーだゾ!!

公式サイト:
http://www.shinchan-movie.com/

***********************************

原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:髙橋渉
脚本:うえのきみこ
製作:シンエイ動画・テレビ朝日・ADK・双葉社
声の出演:矢島晶子 他
ゲスト声優:関根勤 みやぞん(ANZEN漫才) あらぽん(ANZEN漫才)
主題歌:ももいろクローバーZ「笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜」(EVIL LINE RECORDS)

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2018 
   




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

瑛太:瞬きしないで!見どころは僕!『リングサイド・ストーリー』完成披露上映会で


映画情報どっとこむ ralph 『百円の恋』で日本映画界にセンセーションを巻き起こした武 正晴監督の3年ぶりの最新作で、格闘技界を舞台にした『リングサイド・ストーリー』の完成披露上映会が9月6日(水)、東京・新宿区歌舞伎町の新宿FACEにて開催。

武監督、W主演を務めた佐藤江梨子、瑛太をはじめ、有薗芳記、さらに格闘界から本作に参加しているK-1チャンピオンの武尊、黒潮“イケメン”二郎らを迎えて、リング上での舞台挨拶が行われました。

司会を関根勤が務め、サプライズゲストとして元プロボクサーの亀田興毅&大毅兄弟、そしてプロレス界のレジェンド・武藤敬司も来場し、会場は大きな盛り上がりを見せました。
日付:9月6日(水)
場所:新宿FACE
登壇:佐藤江梨子・瑛太・有薗芳記・武藤敬司・武尊・黒潮“イケメン”二郎・
亀田興毅・亀田大毅・武正春監督
総合司会:関根勤

映画情報どっとこむ ralph 関根さんが司会として登場すると、会場は驚きと歓声に!!!
格闘技への深い造詣で知られる関根さんだが、本作について

関根さん:随所に格闘家へのオマージュが入っていて凝っているし、それに応える瑛太さんの身体能力もすごい! 知らない人が見たらプロの格闘家だと思うくらい素晴らしい!

と本作に太鼓判。その関根さんの紹介で、佐藤さん、瑛太さんらが拍手と歓声の中、リング入場!

4年ぶりの映画主演を果たして

佐藤さん:すごく面白そうな企画で、脚本も素晴らしくて、すぐに(出演を)決めました!

と明かす。武監督とは昨年末にある忘年会で顔を合わせる機会があったそうで、百円の恋を観ていなかった?佐藤さんは・・・

佐藤さん:最初、『百円の監督です』と紹介されて、いやいや、そんなに安くないでしょ! って思った(笑)

と勘違い。笑いを誘いました。


そして、瑛太さんはヒモで売れない俳優という“ダメ男”

瑛太さん:演じているときは僕自身はダメ男とは思ってなかったです。大胆で、ピュアで、役作りを怠らない男だと思っていました。

と明かす。また、俳優の役という点では、自身の若い頃を思い出して演じた部分もあったようで

瑛太さん:俳優仲間と居酒屋で、グダグダと俳優論を語ったり、そういう時期が僕にもあったので…。

と懐かしそうに語っていた。
格闘シーンに関して、瑛太さん自身も空手の経験があり、ジムで一緒に練習をした、現役のK-1王者である武尊さんからも

武尊さん:蹴りがメチャメチャ重くて効きました!ぜひK-1に!

と格闘界デビューのオファーも飛び出したが、

瑛太さん:やめときます(笑)

と照れ笑い。

映画情報どっとこむ ralph その武尊さんは、演技初挑戦、

武尊さん:やったことはなかったけど、興味はあって、格闘技のお話と聞いて『ぜひ!』と…

と出演の経緯を語る。この武尊さんの演技を登壇陣は一様に絶賛!

武監督:他の俳優がヤバいと思うくらい、嫉妬するほど自然な演技でした。

佐藤さん:この中で一番、得してると思います。

とうなずく。瑛太さんは、まさに武監督の言葉通り武尊さんの演技に

瑛太さん:嫉妬しました。才能の塊です。なんでもできるんですよ。K-1のチャンピオンで、今回、映画の新人賞も獲ると思う。

と格闘界から現れた新星への警戒を口にした。

映画情報どっとこむ ralph 武藤敬司率いる団体「WRESTLE-1」所属で、武尊さんと同様に今回、演技初挑戦となった、イケメン二郎さんは

イケメンさん:プロレス以外の仕事をしたことがなくて、ギャラはいくらだろう? とか興味本位でやらせていただき、いろいろ勉強になりました。

とニッコリ。佐藤さんとの共演について

イケメンさん:目の前で見て感動しました! ファン心理で見てしまって、どうしてもプロになりきれず…」と語り、この日も、佐藤さんの隣でデレデレ!

こんな各界から集結した個性派の男たちの戦いを裁くレフェリーを演じた有薗さんは、「WRESTLE-1」のプロのレフェリーの指導を受けたそうで、映画を見た人が本物のレフェリーと勘違いするほどの見事な試合裁きを見せている。

有薗さん:僕らの世代は子どもの頃、ゴールデンタイムにプロレスを見ていたので。

とレフェリー役に感激しきりだった。


ちなみに、この日の会場の新宿FACEは『百円の恋』のボクシングの試合のシーンの撮影が行われた場所であり武監督にとっては特別な場所。

武監督:不思議な気持ちです。またここに戻ってきたと感動してます。プロレスやK-1の人と仕事ができて、映画をやってて本当によかったなと思いました。

と感慨を口にした。

さらに、スペシャルゲストとして亀田兄弟が登場し、佐藤さんと瑛太さんに花束を贈呈。大毅さんは自身の出演シーンについて

大毅さん:見つけられたらすごい! 瞬きで終わった(笑)

と明かし、

興毅さん:格闘技の裏側をこんなにリアルに描いた作品は他に知らない。これを見たら格闘技の見方が変わると思います。

と格闘界の人間として称賛を送った。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー
「俳優ってのはなっ!人に非ずって書くんだよ!」
「役者なら、一世一代の演技見せてよ!」

10年付き合い同棲中の江ノ島カナコ(佐藤江梨子)の彼は、ヒモ?同然の売れない役者“村上ヒデオ”(瑛太)。
出会った頃、舞台袖で見たヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出た時は、カンヌ映画祭に連れていってくれると信じていた。
最近は、相変わらずオーディションに落ち続け、マネージャー百木(近藤芳正)が決めたエロVシネの大役さえ、撮影当日にドタキャンする始末。
ある日、カナコは勤め先の弁当工場を突然クビになり生活は大ピンチ!
プロレス好きだったヒデオは、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1(レッスルワン)」の広報が人員募集している事を知り、彼女の職探しをアシストする。
しかし新天地でイキイキと働きだし、自分を構わないカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。
事件のケリをつけるため、K-1チャンピオン和希(武尊(たける))との一騎討ちを命じられたヒデオ。
果たして、愛するカナコのために、ヒデオはリングに上がるのか?

***********************************

佐藤江梨子 瑛太
有薗芳記 田中要次 伊藤俊輔 奈緒 村上和成 / 高橋和也 峯村リエ
武藤敬司 武尊 黒潮“イケメン”二郎
菅原大吉 小宮孝泰 前野朋哉 / 角替和枝 近藤芳正 余 貴美子

主題歌 「消えぞこない」フラワーカンパニーズ
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

監督|武 正晴
脚本|横幕智裕 李 鳳宇 エグゼクティブ・プロデューサー|矢吹 満 李 鳳宇
プロデューサー|成 宏基 音楽|李 東峻 撮影|西村博光 照明|
常谷良男 録音|岩間 翼 美術|天野竜哉 編集|細野優理子 助監督|山田一洋
企画制作|マンシーズエンターテインメント 制作プロダクション|アニモプロデュース
製作|マンシーズエンターテインメント アービング START
グローバル・リンク・マネジメント KT 彩プロ
配給|彩プロ
特別協力|M-1スポーツメディア GENスポーツエンターテインメント WALK
GENスポーツマネジメント

2017年/日本映画/日本語/カラー/104分
(C)2017 Ringside Partners




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ラストミッション』関根勤TVスポット到着


6月21日(土)より公開のケヴィン・コスナー主演最新作

『ラストミッション』。

この度、関根勤さんがナレーションを担当した本作のTVスポット映像が到着しました!



『ラストミッション』関根勤さんTVスポット完成
先日行われたナレーション撮りイベントで、59歳のケヴィン・コスナーと同世代で娘に翻弄(?)されつつも活躍されている関根勤さん(60歳)は、「ケヴィン・コスナーの背中を押すとまでは言えないので、ふくらはぎを押すくらいの気持ちで、少しでもお力になれればと思います!」と意気込みを語り、「(アフレコの)セリフに“娘にめっぽう弱い”という部分があったんだけど、一緒ですね。(娘に)ダメ出しされるんですよ(笑)」と劇中のイーサンと同じように、父親の顔を覗かせていました。

関根さん自身も同じ境遇なだけに、ナレーションの“娘にはめっぽう弱いんだよな~”部分は特に感情がこもっています!

本CM TVオンエアーは6月7日(土)からです。


『ラストミッション』

6月21日(土)より、新宿バルト9ほかロードショー!!
公式サイト:Lastmission.jp
公式:Facebook:https://www.facebook.com/lastmissionmovie
公式Twitter:https://twitter.com/lastmission0621

映画のストーリーは

余命宣告されたベテランCIAエージェントのイーサンは、残された時間を別れた家族と過ごそうとパリに行く。

ケビン・コスナー 『ラストミッション』ポスター
ケビン・コスナー
『ラストミッション』ポスター
しかし、空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイとは溝が深まるばかり。そんな中、女エージェントのヴィヴィが、病に効く試験薬を餌に現役最後の仕事を持ちかけてくる。

それは、凶悪で冷徹なテロリストを仕留めなければいけないという史上最高に危険な仕事だった―。

果たして彼は、世界の危機を防ぎながら娘の信頼を勝ち取るという同時進行不可能な究極の<ラストミッション>を遂行する事ができるのか!?

********************************************************************


『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)

監督:マックG(『チャーリーズ・エンジェル』『ターミネーター4』) 
脚本:アディ・ハサック、リュック・ベッソン 
キャスト:ケヴィン・コスナー(『カンパニー・メン』『マン・オブ・スティール』『エージェント・ライアン』)、アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』『ラム・ダイアリー』)、ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』『エンダーのゲーム』)、コニー・ニールセン(『グラディエーター』『パーフェクト・センス』) 
配給:ショウゲート 
(C)2013 3DTK INC. 





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

CMナレーション関根勤が挑戦!『ラストミッション』


『チャーリーズ・エンジェル』のマックG監督と、『TAXi』『96時間』シリーズのリュック・ベッソンが脚本として豪華タッグを組み、ケヴィン・コスナーを主演に迎えた
ケビン・コスナー 『ラストミッション』ポスター
ケビン・コスナー
『ラストミッション』ポスター

映画『ラストミッション』が、

いよいよ6月21日(土)より公開となります。

ケヴィン・コスナーが久々の主演作で演じたのは、超凄腕のCIAエージェントだが娘には手を焼く不器用な男イーサン・レナー。パリを舞台に繰り広げられる、エキサイティングなアクション・エンターテイメント大作への期待も次第に高まってまいりました。

そして、この度、本作のCMナレーターが関根勤さんに決定し5月26日(月)に、CMナレーション撮りが実施されました。

『ラストミッション』関根勤さんCMアフレコイベント レポート

【日時】5月26日(月)
【場所】WINK2 代々木公園スタジオ Stage2
【ゲスト】:関根勤さん


0526『ラストミッション』イベント02このたびケヴィン・コスナーと同年代で、娘に翻弄(?)されつつも活躍している関根勤さんにCMのナレーションをつとめていただくこととなり、5月26日(月)都内スタジオにてアフレコイベントを実施いたしました。

イベントトーク内容

MC:本日CMのナレーションをつとめていただきます、関根勤さんです。ご挨拶と作品の感想をお伺いできればと思います。

関根勤さん:みなさん本日はお忙しい中、そして足元の悪い中お越しいただきましてありがとうございます
。いや、足元は悪くなかったですね(笑)。
いやー素晴らしい映画でした。マーベラスですね!
ケヴィン・コスナーが若返って見えました。
地球を救うミッションと、家族と打ち解けていく物語を同時進行させながらこれほどしっかりと描かれた作品は数年に一本じゃないですか。

MC:それではアフレコの意気込みをお伺いしたいと思います。

関根さん:ケヴィン・コスナーの背中を押すとまでは言えないので、ふくらはぎを押すくらいの気持ちで、少しでもお力になれればと思います

※ここでアフレコ実施

0526『ラストミッション』イベント01
MC:アフレコはいかがでしたか?「娘にめっぽう弱い」というセリフがありましたが関根さんはいかがでしたか?

関根さん:「娘にはめっぽう弱い」っていうのは一緒ですね。ダメ出しされるんですよ(笑)。

MC:劇中でケヴィン演じるイーサンは宿敵と戦うことになりますが、関根さんの宿敵はありますか?

関根さん:そうですね、キュウリが宿敵ですね。ツナサンド、ハムサンド、サラダ、アナゴ巻き、太巻きなど何にでも入ってくるので克服したいですね。生のトマトは最近甘いのがあって克服できたんですけどね。

MC:イーサンはヘイリー・スタインフェルド演じる娘のゾーイに翻弄されますが、こういう女性に翻弄されたいというのはありますか?

関根さん:翻弄されたいのはスペインのフラメンコダンサーですね。パエリアの硬いお米を食べて奥歯が痛くなっても、「これを食べなさい!」って言われたりして(笑)。

MC:キュウリ以外でこれにはめっぽう弱いというものはありますか?

関根さん:犬が大好きで、盲導犬の訓練を追ったドキュメンタリーは毎回泣いちゃいますね。

MC:では最後に一言お願いします。

関根さん:つかみのアクションから、地球を救うミッションと家族愛。ケヴィン・コスナーが梅雨をぶっとばします。

【囲み取材の様子】

Q:すごくいい映画だということでしたが?

0526『ラストミッション』イベント関根勤関根さん:面白い映画でした。久しぶりに見たケヴィン・コスナーがかっこよかったですね。2つの話が同時進行していって、ときにはクロスしていくという複雑なストーリーをすっきり見せている。コメディー要素も入っていて観客を飽きさせない、ワクワクさせるっていのはテクニック面でもうまいし、素晴らしいと思いました。女の人はアクションばっかりだと疲れちゃうっていう人もいるかと思いますが、この映画は老若男女誰が観ても楽しめますね。ロールプレイングゲームみたいに徐々に強いやつが出てきてワクワクします。

Q:娘に手を焼く劇中のケヴィンにご自身を重ねてみたりしますか?

関根さん:娘が産まれたときはめちゃくちゃ暇だったのでずっと一緒に遊んだんですよ!思春期のころもずーっと一緒にいました。
この間も家族で映画を観てきました。
だから親っていうより大きい遊び相手だったんじゃないかな?(笑)

Q:そんな娘さんが巣立つときはどういう心境なんでしょうか?

関根さん:僕は早く巣立ってほしいんですよ!
一般のお父さんたちは一番かわいい時の娘と過ごした時間が少ないから、やっと時間ができて一緒に遊ぼうとしたときに巣立つときに「まだ早い!」ってなっちゃうんじゃないかな?僕はみっちり子育てしたから、早く新しいアイテム“孫”をくれ!って思ってます(笑)。 僕は娘が連れてきた相手なら誰を連れてきても全然反対しませんよ!
 
Q:娘さんにせがまれて困ったことは?

関根さん:頼まれて困ったことはあまりないんですよね。
お笑いライブに一緒に行ってくれと言われてよく行ってたんですが、いつもバカにされている僕が芸人さんたちから先輩扱いされるから、それはむしろよかったですね(笑)。

『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)

6月21日(土)より、新宿バルト9ほかロードショー!!

公式サイト:Lastmission.jp  
公式Facebook:https://www.facebook.com/lastmissionmovie
公式Twitter:https://twitter.com/lastmission0621



********************************************************************


『ラストミッション』(原題:3 Days to Kill)
監督:マックG(『チャーリーズ・エンジェル』『ターミネーター4』) 
脚本:アディ・ハサック、リュック・ベッソン 
キャスト:ケヴィン・コスナー(『カンパニー・メン』『マン・オブ・スティール』『エージェント・ライアン』)、
アンバー・ハード(『ザ・ウォード/監禁病棟』『ラム・ダイアリー』)、
ヘイリー・スタインフェルド(『トゥルー・グリット』『エンダーのゲーム』)、
コニー・ニールセン(『グラディエーター』『パーフェクト・センス』) 
(C)2013 3DTK INC.
配給:ショウゲート




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ